now loading...
PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

妖怪倉庫

投稿日時:11/06/26 5:56  視聴回数:565回
カテゴリ: 暮らし全般 趣味・旅行全般
タグ: 妖怪倉庫  ゲゲゲのパワースポット  妖怪イラスト  水木茂  水木茂ロード  水木茂記念館  妖怪ブロンズ象  妖怪列車  ひさとも  久朋  HISATOMO  hisatomo 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス:
表示 表示 2.1 日本

倉庫の壁面に妖怪画を描いた「妖怪倉庫」が完成。この妖怪画は、境港が妖怪の中心地になることを願う「日本妖怪地図」と陸・海・空の安全を見守る「出撃ゲゲゲの鬼太郎」、それに妖怪が自然に溶け込む姿を描いた「妖怪のつづら」の3点。この妖怪画3点は、「境港が貿易・交流の中心になること」、「海陸運送が地域、ならびにお客様に信頼される会社になること」、さらに「地域との共生関係にある当社が積極的に地域貢献する。」という決意を3枚の妖怪画に託したもの。

鬼太郎パワー授かれる
ゲゲゲのパワースポット 鬼太郎妖怪倉庫HPこちらを見てくださいね。
http://www.youkaikikaku.com/
鳥取県境港市の観光名所・水木しげるロードに近い同市大正町に19日、お化け屋敷風の娯楽施設「ゲゲゲのパワースポット 鬼太郎妖怪倉庫」がオープンする。
地元企業「妖怪企画」が、外壁に妖怪の絵が描かれた平屋倉庫(270平方メートル)を借りて改装。暗闇の中に、人に悪さをする妖怪約30体の人形や蛍光塗料の絵が浮かび上がる約100メートルのコースをこしらえた。人形7体には入場者を感知するセンサーがあり、近づくと「井戸仙人」が井戸の中から出てきたり、西洋の目玉妖怪「バックベアード」がまぶたを開けたりする。通路の一部には「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげるさん(88)の生家にあるトチノキの枯れ葉を敷き詰めた。出口には鬼太郎ファミリーの人形や邪気をはらうという石も置かれ、妖怪企画の松浦常明社長は「鬼太郎パワーを授かるスポットとして売り出したい」。入場料は大人700円、中・高生500円、小学生300円。年中無休で営業時間は午前9時30分~午後7時(夏季)。

コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

寄せられたコメント

削除します。よろしいですか?
hisatomo

サイト名hisatomo

   
この動画を0人が評価 
ブログに貼付け:

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

タグを追加する:

追加されたタグ:

追加したユーザー:

iPod touchで動画を Video Var
著作権侵害報告フォーム
著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.