now loading...
PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード」「殺人と死罪」「魂は神の所有物」

投稿日時:12/06/12 17:50  視聴回数:1562回
カテゴリ: 暮らし全般 エンタメ全般 教育全般
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス  (お話です)  「ミシュナータルムードアヴォート編」  「殺人と死罪」  「神の所有物」  Murder  And  The  Death  Penalty  The  Conflicting  View  of  the  Bible  and  Talmud  殺人と死罪」  聖書とタルムードの相反する見解  Whoever  sheds  the  blood  of  men  ...  The  Talmudic  View  of  the  Death  Sentence  Two  Additional  Talmudic  rulings  ...  A  Final  Reflection  on  The  Death  Sentence  ...  Whoever  sheds  the  blood  of  men  ...  from  The  Bible  人の血を流す者は誰でも  人によって彼の血が流される  なぜならば  神のイメージで  神が人を創造したからである。  [  ---  創世記  9:6  ]  人は神のイメージで創造されたゆえに  一人の人間を殺すことは  また神に対抗した罪であると考えられている。  人を打って死なせた者は必ず死刑に処せられる。(この法律は計画的な殺人にのみ適用されることが続く句によって示されている):ただし  彼が故意にではないならば......私はあなたのために一つの場所を定める  彼(殺害者)はそこに逃れることができる。  [  ---  出エジプト記  21:12-13  ]  あなたたちは  死罪の判決を受けた殺害者の生命と引き換に保釈金を受け取ってはならない;彼は死刑に処せられなければならない。  [  ---  民数記  35:31  ]  古代のユダヤ人のまわりの社会は  被害者の家族が殺害者から金を受け取ることを許していた  起訴あるいは報復を実行しないという彼らの同意の代償として。マイモニデスが説明しているように  「被害者の魂は彼の家族の所有物ではなく  神の所有物である」  それゆえに聖書はこの慣例を禁止した。  (Mishneh  Torah  "Laws  of  Muder  and  Preservation  of  Life"  1:4  )  聖書は  殺害者と他の特別に憎むべき犯罪者(例えば  ある人が殺人を犯したと虚偽の証言をする証人  他人を誘拐して奴隷にしたり売ったりする人)を処刑するために  二つの理論的解釈を提供する:  その1)  そうすることで  ほかの者たちは聞いて恐れをいだき  このような邪悪な事があなた方の中で二度と繰り返えされないであろう。  [  ---  申命記  19:20  ]  簡潔に言うと  聖書は  殺害者の処刑は抑止として役に立つという議論を提供している。最近では  死刑に反対の人々が  殺害者の処刑がこの機能に役に立つと信じるための理由がない  と議論している。アメリカの前首席検事のRobert  Bork  検事が皮肉をもって回答した:「処刑が抑止とならないという主張は普通の人の常識に反している  そしておそらくこの理由のゆえに  多くの社会学者によって熱烈に支持された一つの教義である」  その2)  そして  あなたの中から邪悪を取り除かねばならない。  [  ---  申命記  19:19  and  24:7  ]  聖書は  それに従う人々に  邪悪を憎むように  そして異様に邪悪な行ないを犯した人々を滅ぼすように義務づけている。(邪悪を行なう人々を必要としていないけれども)  最後の分析で  連合国は  Nuremberg  でナチの指導者たちを絞首刑にした  そしてイスラエルは  Adolf  Eichmann  を処刑した。  彼らは  そうすることが将来の殺人の抑止になるであろう  と考えたからではなく  また  もしこれらの人々を解放すれば再び殺人をするかもしれない  と恐れたからでもなかった。むしろ彼らは  ナチの邪悪が処罰を受けるに足りるほどの巨大な悪であると信じた;ラビたちは言う「measure  for  measure(目には目を)」。  しかし  聖書は大量殺人の場合にのみ処罰を是認していると人々が議論しないように  あらゆる無実の人間の生命は無限の価値がある  とユダヤ人の教えは主張している。一人の無実の人間の殺人は最終の邪悪である  より多い十人の殺人はその等級を増す  しかしその邪悪を増すものではない。  実際に  ラビたちは信じている:たった一人が殺された  その多くの場合は  大量殺人の種類を構成している。これは創世記  4:10  にあるエピソードに基づいた見解である。  カインが弟のアベルを殺した時に  神は彼に叫んだ  「大地からお前の兄弟の血が私に泣き叫んでいる」この神が使った言葉は「d'mai」これは「bloods(血の複数形)」を意味する。ラビたちは質問している  なぜそれは”your  brother's  bloods”なのか  ”your  brother's  blood”ではいのか?彼らは答えている  「彼の血と全ての彼の子孫(決して生まれはしなかったが)の血」  [  ---  Mishna  Sanhedrin  4:5  ]  このように殺人者は  被害者から生まれるはずであった子供たち  そしてその彼らの子孫の全て  時が終わるまでの全て  に対して罪を担う。  聖書は死刑に関してとても多くの制限を置いている:少なくとも二人の証人があった場合に限って  死刑が実行されることができる。  [  ---  申命記  17:6  ] 

アヴェ・ヴェルム・コルプス

(お話です)

「ミシュナータルムードアヴォート編」

「殺人と死罪」

「神の所有物」

Murder And The Death Penalty
The Conflicting View of the Bible and Talmud

殺人と死罪」 聖書とタルムードの相反する見解

Whoever sheds the blood of men, ...
The Talmudic View of the Death Sentence
Two Additional Talmudic rulings ...
A Final Reflection on The Death Sentence ...


Whoever sheds the blood of men, ...


from The Bible

人の血を流す者は誰でも、人によって彼の血が流される、なぜならば、神のイメージで、神が人を創造したからである。
[ --- 創世記 9:6 ]

人は神のイメージで創造されたゆえに、一人の人間を殺すことは、また神に対抗した罪であると考えられている。

人を打って死なせた者は必ず死刑に処せられる。(この法律は計画的な殺人にのみ適用されることが続く句によって示されている):ただし、彼が故意にではないならば......私はあなたのために一つの場所を定める、彼(殺害者)はそこに逃れることができる。
[ --- 出エジプト記 21:12-13 ]


あなたたちは、死罪の判決を受けた殺害者の生命と引き換に保釈金を受け取ってはならない;彼は死刑に処せられなければならない。
[ --- 民数記 35:31 ]


古代のユダヤ人のまわりの社会は、被害者の家族が殺害者から金を受け取ることを許していた、起訴あるいは報復を実行しないという彼らの同意の代償として。マイモニデスが説明しているように、「被害者の魂は彼の家族の所有物ではなく、神の所有物である」、それゆえに聖書はこの慣例を禁止した。
(Mishneh Torah, "Laws of Muder and Preservation of Life" , 1:4 )


聖書は、殺害者と他の特別に憎むべき犯罪者(例えば、ある人が殺人を犯したと虚偽の証言をする証人、他人を誘拐して奴隷にしたり売ったりする人)を処刑するために、二つの理論的解釈を提供する:

その1)
そうすることで、ほかの者たちは聞いて恐れをいだき、このような邪悪な事があなた方の中で二度と繰り返えされないであろう。
[ --- 申命記 19:20 ]

簡潔に言うと、聖書は、殺害者の処刑は抑止として役に立つという議論を提供している。最近では、死刑に反対の人々が、殺害者の処刑がこの機能に役に立つと信じるための理由がない、と議論している。アメリカの前首席検事のRobert Bork 検事が皮肉をもって回答した:「処刑が抑止とならないという主張は普通の人の常識に反している、そしておそらくこの理由のゆえに、多くの社会学者によって熱烈に支持された一つの教義である」


その2)
そして、あなたの中から邪悪を取り除かねばならない。
[ --- 申命記 19:19 and 24:7 ]

聖書は、それに従う人々に、邪悪を憎むように、そして異様に邪悪な行ないを犯した人々を滅ぼすように義務づけている。(邪悪を行なう人々を必要としていないけれども)

最後の分析で、連合国は Nuremberg でナチの指導者たちを絞首刑にした、そしてイスラエルは Adolf Eichmann を処刑した。

彼らは、そうすることが将来の殺人の抑止になるであろう、と考えたからではなく、また、もしこれらの人々を解放すれば再び殺人をするかもしれない、と恐れたからでもなかった。むしろ彼らは、ナチの邪悪が処罰を受けるに足りるほどの巨大な悪であると信じた;ラビたちは言う「measure for measure(目には目を)」。


しかし、聖書は大量殺人の場合にのみ処罰を是認していると人々が議論しないように、あらゆる無実の人間の生命は無限の価値がある、とユダヤ人の教えは主張している。一人の無実の人間の殺人は最終の邪悪である、より多い十人の殺人はその等級を増す、しかしその邪悪を増すものではない。


コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

寄せられたコメント

削除します。よろしいですか?
この動画を2人が評価 
ブログに貼付け:

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

タグを追加する:

追加されたタグ:

追加したユーザー:

iPod touchで動画を Video Var
著作権侵害報告フォーム
著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.