now loading...
PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) イドと超自我の間の意識の抑圧・タルムード1章・クルアーン40章・1700年頃のユダヤ教

投稿日時:12/09/21 12:35  視聴回数:468回
カテゴリ: 暮らし全般 エンタメ全般 教育全般
タグ: 合唱組曲  島よ  (朗読)  (お話です)  パトリオティズムとイド(人間の潜在意識の衝動)と超自我の間の意識の抑圧  タルムード1章  クルアーン40章  1700年頃のユダヤ教について  ハシティズム(敬虔主義)のペシト(=バアル・シュムトーヴ=善い名を持つ師=イスラエル・ベン・エリエゼル)が世界救済に先立って個人の魂が救われねばいけないと説いた・ペシトが活躍する前に神秘主義のシャブダイがトルコの王冠を不戦で取り去るという時間単位内が不可欠な予言を行なったが外れてむしろイスラム教に改宗させられた。  これらから集団と個人の単位を時間と空間に起こせば個人の魂を救うことが軸の敬虔主義のとき  各個人の差分の認識が必要になり  個人の日常生活から来る意識と魂ということであれば  生活空間という単位になる。他方  世界救済が軸の神秘主義であれば逆に各個人を枚挙していくときの扱いと同じく  各個人がどれも同じという認識で空間単位でなく時間単位で認識する扱いになる。このとき  時間的正確な予言を起こして集団をまとめてコントロールするが  つきつめれば人間が行なう予言だからは絶対でなく外れることがある。敬虔主義は空間単位で各個人が軸になるが神秘主義でない超純粋性の持続という面について歴史的に堕落して失われてしまうことがあり  これらの集団軸と神秘主義  個人軸と敬虔主義の双方の様相を繰り返す。 

合唱組曲 島よ (朗読)

(お話です)

パトリオティズムと
イド(人間の潜在意識の衝動)と
超自我の間の意識の抑圧

タルムード1章

クルアーン40章

1700年頃のユダヤ教について

ハシティズム(敬虔主義)のペシト(=バアル・シュムトーヴ=善い名を持つ師=イスラエル・ベン・エリエゼル)が世界救済に先立って個人の魂が救われねばいけないと説いた・ペシトが活躍する前に神秘主義のシャブダイがトルコの王冠を不戦で取り去るという時間単位内が不可欠な予言を行なったが外れてむしろイスラム教に改宗させられた。


これらから集団と個人の単位を時間と空間に起こせば個人の魂を救うことが軸の敬虔主義のとき、各個人の差分の認識が必要になり、個人の日常生活から来る意識と魂ということであれば、生活空間という単位になる。他方、世界救済が軸の神秘主義であれば逆に各個人を枚挙していくときの扱いと同じく、各個人がどれも同じという認識で空間単位でなく時間単位で認識する扱いになる。このとき、時間的正確な予言を起こして集団をまとめてコントロールするが、つきつめれば人間が行なう予言だからは絶対でなく外れることがある。敬虔主義は空間単位で各個人が軸になるが神秘主義でない超純粋性の持続という面について歴史的に堕落して失われてしまうことがあり、これらの集団軸と神秘主義、個人軸と敬虔主義の双方の様相を繰り返す。

コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

寄せられたコメント

削除します。よろしいですか?
この動画を1人が評価 
ブログに貼付け:

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

タグを追加する:

追加されたタグ:

追加したユーザー:

iPod touchで動画を Video Var
著作権侵害報告フォーム
著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.