now loading...
PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

【医療機関の損税】緊急対応として、消費税法施行令第48条第5項を改正を【完全版】

投稿日時:16/02/22 0:30  視聴回数:303回
カテゴリ: 事件・事故 ニュース全般 暮らし全般
タグ: 田淵隆明  軽減税率  損税  消費税法施行令  課税売上割合 


 2021年からの「欧州型インボイス制度」への移行で、益税とともに損税は解消すると思われていましたが、
予想に反して、損税のみ継続することになりました。このまま、標準税率が10%に引き上げられると、医療機関の損税は更に拡大し、医療機関の経営を圧迫することになります。

 本来ならば、仮払消費税の全額控除が本筋であり、それが出来ないならば、保健医療等を「非課税」ではなく「免税」にするべきです。しかし、それには法改正が必要であり、2017年4月に間に合わせることは困難です。
 今できることは、「消費税法施行令第48条第5項」を改正して、「課税売上割合」の計算において、保健医療も有価証券同様に×0.05にすることが最も現実的です。
 これは、自公両与党への陳情、パブリック・コメントなどで実現すると思われます。

コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

寄せられたコメント

削除します。よろしいですか?
この動画を0人が評価 
ブログに貼付け:

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

タグを追加する:

追加されたタグ:

追加したユーザー:

iPod touchで動画を Video Var
著作権侵害報告フォーム
著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.