PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

1 2

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)「ユダヤ教ラビ派カライ派」「タルムード:政府の価値」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ラビのユダヤ教のラビ派とサラセン帝国(イスラム系)のユダヤ教カライ派について」「スペインのキリスト教圏のユダヤ教のスファラド系と欧州のキリスト教圏のユダヤ教のアシュケナーズ系について」「スファラド系合理主義者とアシュケナーズ系神秘主義者のマイモニデス論争(マイモニデスが示した律法の再説ミシュナー・トーラーのミシュナ注解の十三か条)について」「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」「タルムード」「政府の価値」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-07-01 23:45:32.0
視聴回数:755回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   「ラビのユダヤ教のラビ派と   サラセン帝国(イスラム系)の   ユダヤ教のカライ派について」   「スペインのキリスト教圏の   ユダヤ教のスファラド系と   欧州のキリスト教圏の   ユダヤ教のアシュケナーズ系について」   「スファラド系合理主義者と   アシュケナーズ系神秘主義者の   マイモニデス論争   (マイモニデスが示した律法の再説   ミシュナー・トーラーの   ミシュナ注解の十三か条)について」   「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」   「タルムード」   「政府の価値」   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   goverment」   The   importance   of   goverment   Law   enforcement   and   courts   An   eye   for   an   eye   The   perfect   goverment   The   evils   of   goverment   The   Bill   of   Rightst   All   are   created   equal   Unalienable   rights   The   secure   these   rights   Goverment   and   power   The   law   and   the   land   Creating   a   dream   「The   value   of   goverment:政府の価値」   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   The   importance   of   goverment   人々が住んでいるところの法律のシステムは   そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても   それは基本的な価値に影響する   ---   社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって   我々自身の安全   我々の愛する人の安全   そして他人の安全   に対して我々の感心を行動の中に置く。価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である   確かに政府を願ましくする機能である。   我々が個々に知っている言葉で   我々が政府を理解する最善の方法は   「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer   Tov(善の衝動)」との全体の質問を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは   「あなたの心の中で   あなたの隣人を憎んではなりません。」   (レビ記   19:17)   しかし   実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは   まったく別のことである。「十戒」は数千年間存在してきている   そしていまだに毎日の新聞は   殺人や強盗   法廷で偽証を誓った人   他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は   我々の幾人かは我々の「Yetzer   HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方   他の者はそうではない。彼らは   彼らの中にある「Yetzer   HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように   その時   彼らは道路で他のあらゆる人にとって   危険になっている。   そんな人々から我々を保護するために   政府が作られている。我々が個々のレベルで   我々の「Yetzer   HaRa」を統治することを学ばねいけないということ同様に   「Yetzer   HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的である。   Law   enforcement   and   courts   政府が我々を効果的に保護するために   我々の各々は自分自身の自由な意志の幾らかを諦めなければなりません。どれだけ大きな力が政府に与えられるべきかについて継続的な大きな議論や論争がある。しかし   もし政府が我々を効果的に保護するならば   誰もが「幾らか」の力を諦めなければなりません   ということを我々は何の議論もなしで知ることができる。   この一つの良い例は   各個人としての報復の権利を放棄することである。報復はそのグループに破壊的である。AがBから盗みをしたとする   そしてそれからBが返礼にAから盗みをする   これでイーブンと言って。もしこれで終わるならばそれで結構なことであるが   けれども報復はめったに最初の不公平以上により公平にはならない。Bが報復する時   Aが彼から取ったよりも彼はAからより多く取るかもしれない。その時   Aは彼自身が報復の必要を感じる。すぐに   物は手から離れて   そしてAとBは互いに殺すという点にまでくる   ----   また   彼らの友人や親族がその行動に参加するかもしれない。   この種の事態を避けるために   警察や他の代理権の形で実行する法律を規定する力を我々は政府に許す。告訴が設定され聞かれる法廷と同様に。法律を実施する事務所や法廷はどちらも   我々すべてのために   個人よりもむしろグループによって最善に維持される力を代表している。   An   eye   for   an   eye   タルムードは   部分的には   行なわれてきた法廷の記録として見られる。ラビたちは政府の境界線を築くために   事例に事例を積み上げている。我々の例として   タルムードで扱われた古典的な報復の事例は   聖書のきまり文句である「目には目   歯には歯」   のまわりに集中してる。タルムードのラビたちが   「Yetzer   HaRa」のグループを制するために探していた政府とはどんなものかを見るために   次の議論を考えよう。   「目には目」   これは金での支払を意味する。あなたはそれが金での支払だと言うが   おそらくそれは実際に本当の目が没収されなければなりません。という意味だ!しかし   その人の目が一方は大きく他方が小さいとしたとする   そんな場合に「目には目」の法律を私はいかに適応することができるのか?...   あるいは   盲の人が他人の目をたたき出した場合は   またあるいは片足びっこの人が他人を片足びっこの人にした場合は   「目には目」の法律を私はいかに十分に満たすことができるのか?トーラはこう要求している   「あなたは同じ法律を適用せよ(レビ記24:22)」この意味は   あなたたちの全てに対して   法律が同じであるべきだということ。   [   Baba   Kamma   83b   ]   法律はいつも全ての人が同じであるとして扱われなければなりません。我々の基本的な価値は   全てが神によって平等に創造されていることである。もしそれがこの場合   ラビたちが議論した「目には目」の意味はただこうである:もし人が他人の目をたたき出したならば   その有罪人は彼が破壊した目を補償する金額を支払わなければなりません。   このように   社会の全てのメンバーの利益に法律を翻訳するために   政府が割り込む。目や足を失った人にとって   もし彼を傷つけた人が目や足を仕返しに失ったとしても   それは現実に善いことではない。金銭上の支払は   それが元の目や足を取り戻すことはできないが   少なくとも人が傷ついた時に生じた痛みや損失を埋め合わせるために   それはいくらかの方法に役立つ。   The   perfect   goverment   ラビたちはその日   各々の人が神の法律に従って自分自身を統治する時   を楽しみに待った。もし我々の全てがヒレルの原理   ---   「あなた自身が嫌なことを   他人にはするな」   ---   に従うならば   社会を制御する政府や統治者の必要はない。我々の各々は小型の政府であり   成功して「Yetzer   HaRa」を制し   良いことを行なうのに集中している。   このようにラビたちは日々の終わりを夢見た   各々の男も女も神の知恵と畏れの中で大きく成長し   もはや政府の必要がなくなった時を。しかし   彼らは夢想家であったけれども   そして彼らは世界が神だけで統治されるための計画をしていた一方で   ラビたちはまた現実主義者であった。人々が彼ら自身の「Yetzer   HaRa」の制御がまだできていないと彼らは認めていた。それで彼らは共通の政府の必要を認めた   「その理由はそれに対する怖れがないとき   人は生きたままで互いを食べるであろうからである」   「生きたままで互いを食べる」   この句はとても耳障りに見えるかもしれない。しかしそれは政府が働かない時に起こることの現実的な絵である。あの「Wild   West」としての19世紀のアメリカの西部のことを考えてみよう。法律や秩序は   破壊された方法で維持されていた。法律家たちは   彼らが反対した無法者たちのような全く同じ作法で行動した。その政府は   普通はより弱い者を殺す強い者の結果であった。   The   evils   of   goverment   ラビたちは   もはや政府を必要としない時の日を夢見た   その理由は政府から保護するものと期待していたその市民を   政府が「食べる」という事実を恐れていたからである。すなわち政府は力を成長させ統治されている人々からもっともっと多くの自由を奪い取る方法を持っている。預言者サミュエルの時代にさかのぼるユダヤの人々が   独裁主義の政府の悪を指摘してきている。   人々はサミュエルのところにやって来て   その時代には他の全ての国々がそうであったように   彼らを統治してくれる王様が欲しいと要求した。   「裁きを行なう王を与えよ」との彼らの言い分は   サミュエルには悪と写った。   そこで彼は主に祈った。主はサミュエルに言われた:民があなたに言うままに   彼らの声にしたがうがよい。その理由は彼らが退けたのはあなたではなくこの私だ   私が彼らの王として君臨することを退けているのだ。   [   サミュエル記上   8:6-7   ]   サミュエルはその時   彼らを統治する王を持つことの危険を人々に警告した。   あなたたちの上に君臨する王の権能は次の通りである。まず   あなたたちの息子を徴用する。それは   戦車兵や騎兵にして王の戦車の前に走らせ   千人隊の長   五十人隊の長として任命し   王のための耕作や刈り入れに従事させ   あるいは武器や戦車の用具を造らせるためである。また   あなたたちの娘を徴用し   香料作り   料理女   パン焼き女にする。また   あなたたちの最上の畑   ぶどう畑   オリーブ畑を没収し   家臣に分け与える。...........その日あなたたちは   自分が選んだ王ゆえに   泣き叫ぶ。しかし   主はその日   あなたたちに答えてはくださらない。   [   サミュエル記上   8:11-14   18   ]   これは王の力そして咲きすぎた政府の力に対する古典的なユダヤ人の警告である。我々が   我々自身を統治することを学ぶ代わりに   我々の権利を放棄して政府を形成する時はいつでも   その政府は我々の上に力を得る。   聖書の中では   ユダヤ人の族長   士師/英雄   預言者   王が登場しますが   特に親しまれている人物を時代に合わせてまとめると大体このようになります。   聖書   族長   師士/英雄     預言者   創世記   アブラハム   イサク   ヤコブ   ヨセフ   (12部族)         出エジプト記   レビ記   民数記   申命記         モーゼ   アロン   ヨシュア記     ヨシュア       士師記     ギデオン   サムソン       サムエル記       サウル   ダビデ   サムエル   列王記   歴代誌       ソロモン   アハブ   ...   エリア   エリシャ   ...   イザヤ書       ウジヤ   ヒゼキア   ...   イザヤ   ユダヤ人の最初の王様となったのは「サウル王」ですが   なぜ民は王を必要としたか   もう一度   サムエル記を読んで見ましょう。   サムエル記上   7:7~7:10   ペリシテの領主たちはイスラエル攻め上ってきた。イスラエルの人々はそのことを聞き   ペリシテ軍を恐れて   サムエルに乞うた。「どうか黙っていないで下さい。主がわれわれをペリシテ人の手から救ってくださるように   われわれの神   主に助けを求めて叫んでください。」サムエルはまだ乳離れしない子羊一匹を取り   焼き尽くす献げ物として主にささげ   イスラエルのため主に助けを求めて叫んだ。主は彼に答えられた。サムエルが焼き尽くす献げ物をささげている間に   ペリシテ軍はイスラエルに戦いを挑んできたが   主がこの日   ペリシテ軍の上に激しい雷鳴をとどろかせ   彼らを混乱に陥れたので   彼らはイスラエルに打ち負かされた。   サムエル記上   8:1~8:9   サムエルは年老い   ....イスラエルの長老たちは   全員集まり   ラマのサムエルのもとの来て   彼に申し入れた。「あなたはすでに年を取られ   息子たちはあなたの道を歩んでいません。今こそ   ほかのすべての国々のように   われわれのために裁きを行う王を立ててください。」裁きを行う王を与えよとの彼らの言い分は   サムエルの目には悪と映った。主はサムエルに言われた。「民があなたに言うままに   彼らの声に従うがよい。彼らが退けたのはあなたではない。彼らの上にわたしが王として君臨することを退けているのだ。彼らをエジプトから導き上がった日から今日に至るまで   彼らのすることといえば   わたしを捨てて他の神々に仕えることだった。あなたに対しても同じことをしているのだ。今は彼らの声に従いなさい。ただし   彼らにはっきり警告し   彼らの上に君臨する王の権能を教えておきなさい。」   こうして   預言者サムエルは主の指示に従い   若者のサウルを初代イスラエルの国王に任命することになったわけです。その後はダビデ王   ソロモン王が統治してイスラエルは繁栄するわけですが   神が言っていたように   その後の王たちは主の道をはずれて行き   ついにはイスラエルの国は滅びてしまう。   The   Bill   of   Rightst   聖書の時代には   王たちはトーラそれ自身によって幾分か制御されていた。   王がイスラエルの上に君臨するときは   王の最初の仕事は彼自身の手によって文書のトーラを全て書き写すことが義務であった   これは王が後になってから法律を知らなかったと主張できないように。   アメリカでは   我々の政府は憲法によって制御される   そして我々の基本的な権利は   「the   Bill   of   Rights」と呼ばれる憲法への最初の10の修正条項によって保護されている。ここには各々の人に   礼拝   演説   出版   集会   政府への請願   その自由の保証がある。さらに   兵役に服する権利   兵隊に対する住居を準備しなければならないことからの自由   不当な捜索や捕捉からの自由   犯罪に対する告発無しに監禁されることからの自由   同一犯罪に対して二度も裁判されることからの自由   自分自身に対して証言しなければならないことからの自由   そして「生命   自由あるいは繁栄が   法律の当然の進行無しにはく奪される」ことからの自由   を含む。The   Bill   of   Rights   はまた   公平な陪審によって素早く公開の裁判への我々の権利を護衛する   そして限度を超えた保釈金や罰金   そして「残酷で異常な刑罰」を禁止する。   法律のシステムは人々の価値に影響すると言って   我々はこの章を始めた。   The   Bill   of   Rights   の場合は   これらの価値はもっと初期の文書によって公に発表されている:第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)で   1776年7月4日   独立宣言が採用された。   我々はこれらの真実を自明のものとして支持する:全ての人は平等に造られている   彼らは創造主によって確実な権利を授かっている   これらの中には生命   自由そして幸福の追及がある   ---   これらの権利を安全にするために   政府機構が人々の中に制定される   統治の同意から彼らの正しい力を引き出すように。   これは要点であるが   政府の位置付け   それを造り出す人々の位置付けについての表現である。   All   are   created   equal   独立宣言は   「全ての人は平等」   これが自明であると宣言することによって   始まっている。しかし   それはいつも自明であるということではなかった。エジプトでは   どんな平民もが自分を王様と平等とは考えてはいなかった。王様は神の人であり   分離され   他の全ての人々の上にあると考えられていた。誰一人として王様と平等ではなかった。   他方   イスラエルの王国がその最も偉大な力があって   王が最も力があった時でさえ   王は決して神とは混同されなかった。預言者ナタン(Nathan)はダビデ王を非難するための自由を感じていた:ダビデ王が   他の男の妻を盗み取りその夫を戦いに送り戦死させるという罪を犯した   そのことの間違いを非難した。そして応答においては   「私は王であり   私がしたいことをするのだ」と答えるのとはずっと違っていた。ダビデ王はそうではなくて   神から自分の罪の許しを祈った。   エジプトの王とイスラエルの王との違いは   全ての人々は等しいとユダヤの人々は教えられていたことにあった。なぜ人は一人だけで創造されたのか?   なぜ神は一人だけの男を創造したのか?我々の賢者は説明している   「私は高貴な血統である」と誰もがこのように自慢しないためである。全ての人類が同じ人からの子孫である。全ては神の前に等しい。   [   Sanhedrin   38a   ]   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々が   「全ての人々が等しく造られた」のは自明な真実であると宣言した時の表現がこのラビの教えでした。どんな人も他の人より神により近いということはない   このことを我々が記憶するときのみ   それは自明である。   Unalienable   rights(譲渡されない権利)   生命   自由そして幸福の追及への我々の権利は   どれも我々自身が夢見てきた単純な価値ではない。独立宣言に従ってさえも   我々の国の市民の法律の多くがそれを基本としており   我々の権利は我々の主なる神から引き出されている。   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたが生きることを許さない」----まさに殺人者が犠牲者言うことである。神は命じている   「あなたは人を殺してはいけない」   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたを自由にすることを許さない」----まさに主人が奴隷に言うことである。神は命じている   「あなたは自由でありなさい」そして   他人が幸福の追及のための権利をどんな人も禁止することはできない。裁判で偽って誓うとか   盗みとか   あるいは隣人を傷つけることによっても。これらの行動のすべては神によって禁止されている   そして幸福を追及する権利は天の法律   神の戒律   によって保証されている。   The   secure   these   rights   今や我々は   人々の中に政府が必要であるという宣言で   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々の論考を   偉大な集団の人々の論考と同様に   理解することができる。その必要は   人間として生まれた全ての人々   神のイメージで創造された人々   の相続財産である権利を保証し安全にするためである。   我々の自由を確実にするために   我々は   我々の自由を制限し安全にするための権力を持った政府を樹立する。その政府から我々自身を保護するために   我々は   今度は   人々のための保護の法律を樹立する。政府の権力はその時   政府が保護するために想定された価値の権力よりも偉大になることは   決して許されるべきではない。   政府の権力は   どこからやって来るのか?それは我々から   「その人々」から来る。しかし我々が見てきたように   政府はそれ自身で先に行きすぎて   より偉大にそしてより強力に成長する傾向を持つ。政府の後ろにある価値の権力は   どこからやって来るのか?この権力は神   創造主   からの授かりものである。「全ての人間は平等に   ...彼らの創造主によって授けられた   確かな譲渡されない権利を持って」   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。結局   我々の投票を必要としている。しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   おそらく   詩編の一つがなぜこう言っているかがこのことである:君主に信頼をおいてはいけない   なぜならば彼らには助けがない。   [   詩編   146:3   ]   14世紀の注解者のナフミアス(Nahmias)は権力の友情について   次のたとえ話をした:     ある王が彼の将校の一人を昇進させた。毎日   王はこの将校の前に上って彼の首に接吻をしていた。最後に   王は彼を殺して言った。「将校の首が切り落とされ時に   刀が落ちるその場所に接吻をしていたのだ」   人々は言っている   「ライオンが歯をむき出した時に   ライオンが笑っていると考えてはいけない   それはむさぼり食うためだけなのだ。人間の王は   また   しばしば動物王国のライオンのようである」   サミュエルの警告   ナフミアスのたとえ話   そしてガマリエルの警告は全ての政府の行く道と関連している。どんな政府も全体的に信頼されることはない。我々は絶えず権力の進行を見張らなければなりません。   The   law   and   the   land   たとえそうであっても   タルムードの格言ではこう言う:   その土地の法律は   法律である。   [   Baba   Kamma   113a   ]   人は   政府を尊敬しなければなりません。   [   Mechilta   Bo   ]   ここで我々は   また   我々の解釈をバランスしなければなりません。その土地の法律はいつでも法律であるとは限りません。ハドリアン皇帝がトーラの勉強とユダヤ教の実施を禁止した時   ラビはローマの法律を無視しなければならなかった。その土地の法律が神のより高い法律と衝突する時は   すべての政府が統治する権利を得ているのは神の法律からであり   従わなければいけないのは神の法律である。   Creating   a   dream   我々の夢はトーラの法律   すなわち同情と親切   正義と公正   熟考と尊敬の法律   に従って統治される一つの世界である。   しかしそんな夢を現実にするために   我々は「国々の上の光」にならなければならない。   もしユダヤ人が「選ばれた」人々であるならば   それは我々がトーラのメッセージを全てに運んでいるからである。   トーラは   誰もが不平を持っていなかった場所で   人前で公開して与えられた。   もしそれがイスラエルの土地で与えられていたならば   世界の国々は言ったであろう   「この中に我々の場所がない」   それゆえトーラは荒野で与えられた   人前で公開して   そして誰もが不平を持っていなかった場所で。   それを受け入れたい人は誰でも   来て受け入れなさい。   [   Mechilta   Bahodesh   Yitro   ]   その仕事は偉大であり   我々はそれを完成する希望さえできない。   しかし   我々の世界に神の法律をもたらす責任を   我々の各々が感じなければならない   ---   トーラを教えること   そして戒律に従って行動することに責任を。   我々は   共同社会から我々を分離すべきではないだけでなく   そこにできる限り多く参加しなければならない   そしてその地の法律をトーラの戒律にますます多く順応させなければならない。   その時には   タルムードの格言「その土地の法律は   法律である」   に従う時に何の問題も恐れもない。   Reflection   ラビたちは   二つの反対する力を認めていた:   人々が「生きたままで互いを食べる」ことがないように   政府を必要とすること。   そして政府が神の統治の前に敬意を払う時を我々が夢見て生き続ける間に   権力の進行を注意深く監視する必要があること。   我々の価値は   我々が通過させ従う法律の種類に反映されている。   それゆえに   地上に神の統治がやって来るために働くことは   共同体から我々自身を分離しないことを意味する。   それは   トーラの法律に対する採用を創造するために   共同体の中で働くことを意味する。   それは   その土地の法律にユダヤ人の教えの価値を反映させるために   懸命に努力することを意味する。   我々はユダヤ人として世界の中に我々を巻き込むことを要求される。   政府の何かが悪いと感じた時   我々は立ち上がって戦わなければならない。   また   我々が信じているところの方針にそのシステムを持ってゆくために   我々が住んでいる所の法律のシステムの範囲内で仕事をすることを   学ばなければならない。   簡潔に言うと   我々は良い市民で責任ある態度で   「その政府の繁栄を祈る」ことをしなければならない。   ラビ・オシャヤ(Rabbi   Oshaya)は教えた:   人間の実行において   人である王が宮殿を建てる時   それは王自身の技術ではなく建築家の技術で建てている。   さらに建築家は彼自身の頭からではなく   従業員が煙突やドアの配置をどうすればよいか知るために   計画し図面を作る。   このように   神は   トーラを相談相手とし   そしてその後に世界を創造した。   [   Genesis   Rabbah   1:1   ]   それと同じく   世界がいかに最善に統治されるかを知りたいならば   正しい世界の建築のための建築家の計画   すなわち   「トーラの法律」を相談相手にしなければならない。   実際に   全体の世界が基本にしているもの   すなわち   「神一人の政府」よりも良い政府はありえない。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-19 21:23:56.0
視聴回数:584回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-19 17:55:32.0
視聴回数:700回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が それを許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-19 17:26:22.0
視聴回数:757回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   それを許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

合唱組曲 島よ (お話です) 「善い人間は9つの挑戦に 出会わねばなりません」 「誠実、不誠実、 その間のグレイエリア」

合唱組曲 島よ (お話です) 「善い人間は9つの挑戦に 出会わねばなりません」 「誠実、不誠実、 その間のグレイエリア」 ◎Mensch ---Nine Challenges a Good Person Must Meet 「善い人間は 9つの挑戦に 出会わねばなりません」 あなたの隣人を あなた自身のように愛しなさい 1. あなたの隣人の 血の上に立ってはいけない 2. 主の目にかなう 正しい良いことをしなさい 3. そのように良い道に従って、 そして正義の道を守りなさい 4. トーラの道は喜ばしく、 平和のうちにたどって行くことができる 5. あなたは聖なる者となりなさい、 なぜならばあなたの神.... 6. 正義、正義を追求しなさい 7. あなたの隣人の妻を 欲してはなりません 8. 家を新築する時は、 屋根にてすりを作りなさい 9. 私は弟の番人なのでしょうか? Not all biblical verses have had an equal impact on Jewish life すべての聖書の句がユダヤ人の生活に同じインパクトを与えてきているわけではない。そしてあるものは、他のものよりずっと、ユダヤ人の書物やユダヤ人の中で引用されている。例えば、聖書で最も有名な句、「あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい」、これはとても多くの論評を刺激している。 また、その他の9つの代表的な聖書の句や法律の編集からなる。それは数千年以上、良い人間(mensch)がいかに振る舞うべきかというユダヤ人の観念に強く影響させてきている。 1. Do not stand by while your neighbor's blood is shed 1.あなたの隣人の血が流されている間、そのそばに立ってはいけない。(文字どおりには、あなたの隣人の血の上に立ってはいけない) [ --- レビ記19:16] from The Talmud もしある人が、他の人から殺そうと追いかけられているならば、その追いかけられた人は、その追跡者の生命の値段と等しく、救われなければならない。--- 我々はこのことをいかにして知るか?この句、「あなたの隣人の血の上に立ってはいけない 」、からである。 [ --- Babylonian Talmud, Sanhedrin 73a] このように、彼を止める他の方法がまったく無い場合に限って、もし「追跡者」を殺すことがその人の能力の範囲内であるとき、その人はそうすることを余儀なくされる。 from The Talmud もしある人が、溺れている人、獣に噛まれている人、あるいは盗賊に襲われている人を見たならば、その人は彼を救う義務がある。--- 我々はこのことをいかにして知るか? この句、「あなたの隣人の血の上に立ってはいけない 」、からである。 [ --- Babylonian Talmud, Sanhedrin 73a] このタルムードは、Kitty Genovese の悪名高いケースを思い起こさせる:1964年3月、ニューヨーク市の通りで28才の女性が35分以上の間に殺された。38人の目撃者が窓から見ていた、しかし誰も警察を呼ばなかった。傷ついた女性の苦悩に満ちた叫び、「あぁ、神様、彼が私を刺した!どうか私を助けて!どうか私を助けて!」、にもかかわらず、彼女の隣人たちの無関心が頑固であった。後に、目撃者たちの提出した言い訳の中のものはこうであった:「私は巻き込まれたくなかった。」「私は疲れていた。ベットに戻った。」「率直に、我々は恐ろしかった。」 もしあなた自身の生命がそうすることによって危険になると予測されるならば、ユダヤ人の法律は、あなたに余儀なく干渉することはしない。しかし少なくとも、あなたは警察または助けてくれる他の人々を呼ばなければならない、そしてもし必要ならば、危険な人の生命を救うことができる人に金を支払わなければならない。 しかし、もしあなた自身のリスクが極小ならば、あなたは余儀なく干渉される。この場合、もし誰かが溺れているならば、そしてあなたが上手な水泳者であり、かつそのリスクが小さく見えているならば、あなたには助ける義務がある。 この命令は聖書の道徳の基盤であるけれども、それはアメリカの法律では拒絶されている。 ユダヤ人の法律の観点からは、そんな傍観者たちはひどい罪人であり邪悪な人々として考慮されるであろ。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-15 11:21:04.0
視聴回数:970回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (お話です)   「善い人間は9つの挑戦に   出会わねばなりません」   「誠実   不誠実   その間のグレイエリア」   ◎Mensch   ---Nine   Challenges   a   Good   Person   Must   Meet   「善い人間は   9つの挑戦に   出会わねばなりません」   あなたの隣人を   あなた自身のように愛しなさい   1.   あなたの隣人の   血の上に立ってはいけない   2.   主の目にかなう   正しい良いことをしなさい   3.   そのように良い道に従って   そして正義の道を守りなさい   4.   トーラの道は喜ばしく   平和のうちにたどって行くことができる   5.   あなたは聖なる者となりなさい   なぜならばあなたの神....   6.   正義   正義を追求しなさい   7.   あなたの隣人の妻を   欲してはなりません   8.   家を新築する時は   屋根にてすりを作りなさい   9.   私は弟の番人なのでしょうか?   Not   all   biblical   verses   have   had   an   equal   impact   on   Jewish   life   すべての聖書の句がユダヤ人の生活に同じイン   パクトを与えてきているわけではない。そして   あるものは   他のものよりずっと   ユダヤ人の   書物やユダヤ人の中で引用されている。例えば   聖書で最も有名な句   「あなたの隣人をあな   た自身のように愛しなさい」   これはとても多   くの論評を刺激している。   また   その他の9つの代表的な聖書の句や法律   の編集からなる。それは数千年以上   良い人間   (mensch)がいかに振る舞うべきかというユダ   ヤ人の観念に強く影響させてきている。   1.   Do   not   stand   by   while   your   neighbor's   blood   is   shed   1.あなたの隣人の血が流されている間   そのそ   ばに立ってはいけない。(文字どおりには     なたの隣人の血の上に立ってはいけない)   [   ---   レビ記19:16]   from   The   Talmud   もしある人が   他の人から殺そうと追いかけら   れているならば   その追いかけられた人は     の追跡者の生命の値段と等しく   救われなけれ   ばならない。---   我々はこのことをいかにして   知るか?この句   「あなたの隣人の血の上に立   ってはいけない     からである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sanhedrin   73a]   このように   彼を止める他の方法がまったく無   い場合に限って   もし「追跡者」を殺すことが   その人の能力の範囲内であるとき   その人はそ   うすることを余儀なくされる。   from   The   Talmud   もしある人が   溺れている人   獣に噛まれてい   る人   あるいは盗賊に襲われている人を見たな   らば   その人は彼を救う義務がある。---   我々   はこのことをいかにして知るか?   この句   「あなたの隣人の血の上に立ってはい   けない     からである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sanhedrin   73a]   このタルムードは   Kitty   Genovese   の悪名高   いケースを思い起こさせる:1964年3月   ニュ   ーヨーク市の通りで28才の女性が35分以上の間   に殺された。38人の目撃者が窓から見ていた   しかし誰も警察を呼ばなかった。傷ついた女性   の苦悩に満ちた叫び   「あぁ   神様   彼が私を   刺した!どうか私を助けて!どうか私を助けて   !」   にもかかわらず   彼女の隣人たちの無関   心が頑固であった。後に   目撃者たちの提出し   た言い訳の中のものはこうであった:「私は巻   き込まれたくなかった。」「私は疲れていた。   ベットに戻った。」「率直に   我々は恐ろしか   った。」   もしあなた自身の生命がそうすることによって   危険になると予測されるならば   ユダヤ人の法   律は   あなたに余儀なく干渉することはしない   。しかし少なくとも   あなたは警察または助け   てくれる他の人々を呼ばなければならない     してもし必要ならば   危険な人の生命を救うこ   とができる人に金を支払わなければならない。   しかし   もしあなた自身のリスクが極小ならば   あなたは余儀なく干渉される。この場合     し誰かが溺れているならば   そしてあなたが上   手な水泳者であり   かつそのリスクが小さく見   えているならば   あなたには助ける義務がある     この命令は聖書の道徳の基盤であるけれども   それはアメリカの法律では拒絶されている。ハ   ーバードの法律の教授である   Mary   Ann   Glendon   は記述している:「法律の一年目の生   徒たちの世代が   次のような架空のケースの一   つか二つの変化を通して法律の基本的な要素を   紹介されていた。あるオリンピックの水泳の選   手がプールの脇を歩いていた   そしてかわいら   しい赤ちゃんが浅い端で溺れているのを見つけ   る。彼は何の自分自身のリスクもなしに彼女を   簡単に救うことが可能だが   しかしその代わり     彼は椅子を止めてそして彼女が死ぬ時を見   ている」   この練習の目的は   その運動家が制定されてい   ない法律に違反したということ   そして実際に   「我々の法律のシステムには   危険にある他の   人を救う義務を掲げていない」ということを将   来の法律家たちに証明するこである     Glendon   は書いている。   Glendon   の文書のように   このケースは架空の   教室の練習として考慮されるべきではない:「   アメリカの裁判上の判決の長い路線の中で     止一貫して   溺れている人にロープを投げる義     切迫した強襲の疑いのない標的への警告を   する義務   あるいは事故の場面で死にそうに出   血している誰かに医療の援助を呼び出す義務   そのようなどんな義務からも   傍観者たちは免   除されてきている」   [   ---   Mary   Ann   Glendon   Rights   Talk   pages   78-80   ]   ユダヤ人の法律の観点からは   そんな傍観者た   ちはひどい罪人であり邪悪な人々として考慮さ   れるであろ。   「マクロ」のレベルでは   おそらく   「あなた   の隣人の血の上に立ってはいけない」の最も獄   悪非道の違反は   ホロコーストが起こっている   間で   同盟者たち(Allies)によって犯された   ことであった。   1944年を通して   ユダヤ人のグループがアメリ   カとイギリスの空軍に   アウシュビッツへユダ   ヤ人を輸送する鉄道線路を爆撃するように主張   した。その時は   その同盟者たちはヨーロッパ   中の空を制御していたので   攻撃される飛行機   のリスクは極小であった。実際に   1944年の間   その同盟者たちは   そこへ導いている鉄道線   路の上を何度も何度も飛んで   有名な死のキャ   ンプの55マイル以内に位置している7つの合成   石油工場を繰り返し爆撃した。しかしその同盟   者たちの軍隊は鉄道線路を爆撃する要求を拒絶   した。その同盟者たちの飛行機が最後にアウシ   ュビッツを2度たたいた時   ユダヤ人や他の入   獄者たちが労働を強制されて実行していた     のゴム製品の工場に彼らは爆撃を限定した。   [   ---   この同盟者たちの無関心の話は   2つの   重要な歴史的な作品の中で告げられている:   David   Wyman     The   Abandonment   of   the   Jews:   America   and   the   Holocaust   1941-   1945     and   Martin   Gilbert     Auschwitz   and   the   Allies   」]   From   The   Talmud   危険の中に住んでいる人々を活発に助けるため     人々に勇気を与えるために   タルムードは命令している:   もしある人が   追跡された人を救出するため     追跡者の後を追って   そしてある道具を壊し   たとしても   彼はそれを賠償する責任はない。   その道具が追跡者のもの   追跡された人のも     あるいは他の人のものであろうとも。   この場合は厳しい法律にそんなに従うべきで   はない。   しかしもしそうでなければ   追跡者から隣人   を救おうとする人はいないであろう。   (彼が支払わなければならない損害のために   そうしようとはしないであろう)   [   ---   Babylonian   Talmud   Sanhedrin   74a   ]   傍観者たちが脅迫された人を見たときに   彼ら   が間に入る動機付けのためだけに   この規則は   発布された。この規則の画期的な性質は   こん   な事実によって強調できる:「もし(追いかけ   られている)人が他の人々の所有する物品を壊   すならば   彼は賠償の責任がある」   (Maimonides   Mishneh   Torah   "Laws   of   Wounding   and   Damaging   "   8:13     この一般則のように   我々の場合の追跡者は同   様に賠償の責任があると   人は考えている。一   般に   追いかけられている人は自分の生命を救   う必要がある何でもするであろう   しかしそれ   と違って傍観者の方は   他人の生命を救うため   に努力することに対して   告訴されることはな   いと   安心させられることが必要である。   From   The   Shulkhan   Arukh   野蛮人あるいは人を害する陰謀の通報者を聞い   た彼(または彼女)は   意図された犠牲者に知   らせる義務がある。もし彼が加害者をなだめて   彼にその行動から思い止まらせることが出来る   のに   そうしないならば彼はこの法律に違反し   たことになる。この句   「あなたの隣人の血の   上に立ってはいけない     [   ---   Shulkhan   Arukh   Hoshen   Mishpat   426:1   ]   聖書のエステル記は記録している:モルデカイ     アハシュエロス王の宮廷の中で   二人の男   が王様を殺そうと陰謀しているのを立ち聞きし   た。モルデカイはこの事をいとこのエステル王   女に報告した。そして王様の命が救われた。   [   ---   エステル記2:21-23   ]   これは後に   モルデカイと彼の仲間のユダヤ人   に対して   ハマンの地獄のような陰謀を実行す   ることから   王様に止めさせる助けをした     ういう事実の一つであった。   By   Aryeh   Carmel   英国の   Rabbi   Aryeh   Carmell     力強い短い   物語「The   Midnight   Rescue」を書いた。この   命令「あなたの隣人の血の上に立ってはいけな   い」の遵守が   いかにして人に対して   「あな   たの隣人をあなた自身のように愛しなさい」の   命令を満たすように導くかを例示している。   それは過ぎたばかりの真夜中であった。私が人   の住まない町を通って川のあちら側の私のホテ   ルに向かって歩いていた。その夜は暗く霧がた   ちこめていて   そしてタクシーをひろうことが   できなかった。   私が橋に近づいた時   橋のらんかんの上にもた   れているみすぼらしい姿を見つけた。なんと「   おちぶれている」ことか   そう思った。その時   彼は消えた。私は   ぼっしゃんという音を聞   いた。おお神よ   私は考えた   彼はそれをした   。自殺だ!私は橋の下に戻っていった   堤防の   上に   そして川の中に歩いて渡った   私は流れ   に運ばれた彼をつかんだ。彼はまったく若いや   つであった。彼はまだ息をしていた。   二人の人が見ていた   そして私は彼らに救急車   を連れてくるように叫んだ。彼らは何とかして   タクシーを止め   そして我々は協力してその男   をタクシーの中に運んだ.....。私は乗って   そして最も近い病院の緊急室に行くように運転   手に告げた。私は   その男が病院に許可される   のを待って   私が報告を与えて   そして最後に   そのタクシーで私のホテルに行った。   私は良いスーツを破壊させてしまった。朝に自   分がひどい寒気があるだろうと知っていたが   それは良くなって来るだろうと感じるた。しか   しともかくも   私は一つの生命を救ったのだ。   私は暑い風呂に入り   そしてベッドに入った。   しかしそれはまだ私を心配させた。そんな若い   男が!   なぜ彼はそんなことをしたのか?   その次の朝   私が自由になるやいなや   大きな   葡萄の房を買って   病院に旅立った。この事の   背景には何があるのかを見つけ出そうと私は決   心した。おそらく私は助けることができるだろ   う。   なぜ私はその男にそんなに興味を持ったのであ   ろうか?この大きな都市には   少なくとも半ダ   ースの人が毎晩に自殺している。彼らの悲境は   私に作用しかった。今度は   それが私の気を引   いた。もちろん。最初にあなたが「与える」   その時あなたが「関心をもつ」   (First   you   "give"   then   you   "care")   私は全く多くのものを与えた。私は自分の生命   のリスクを持った   そしてその買物で悪い風邪   を得た。私はその男に私自身の何かを投資した   のだ。今   私の愛と関心が目をさまされた。す   なわちいかにそれが進むかである。最初に我々   が「与える」   その時我々が愛するようになる     (First   we   "give"   then   we   come   to   love)   [   --   Aryeh   Carmell   Masterplan:   Judaism:   Its   Program   Meaning   Goals   pages   118   -119   ]   もしあなたが誰かに代わって証言をする立場に   あるならば   あなたは黙ったままでいることは   許されない---   我々はこのことをどこから学ぶ   か?この句   「あなたの隣人の血の上に立って   はいけない     からである。   [   --   Sifra   Leviticus   on   19:16   ]   ユダヤ人の法律の観点では   証言するようあな   たを召喚する法廷が的はずれであろうがなかろ   うが   全てのことは   あなたが正義を前進させること   ができる何かを   知っているかどうかである。   もしあなたが知っていて   そして知っているこ   とを告げることを拒否するならば   あなたは重大な罪であり   有罪である。   2.   Do   what   is   right   and   good   in   the   sight   of   the   Lord.   2   主の目にかなう正しい良いことをしなさい。   [   ---   申命記   6:18]   from   The   Talmud   Rav   Judah     Rav's   の名で教えた:もし人が   兄弟たちやパートナーに属している田畑の間   に横たわっている財産の所有を(土地の税金の   支払いを通して)取っているならば   彼はずう   ずうしい男である。しかし移転させることは出   来ない....   Neherdea(に住むラビの審判)は   こう規定した:彼は   その土地から移転させら   れる(すなわち強制的に売らさせた)....     ぜならば   それはこう書かれているからである   。「主の目にかなう正しい良いことをしなさい     [   --   Babylonian   Talmud   Bava   Mezia   108a   ]   ユダヤ人の法律に従うと   公平がこう要求する   :有効な土地に隣接した財産を所有している人   々は   それを獲得する最初の機会が与えられる   べきである。上のケースにおいては   その買人   はその土地の有効性が知らされる以前に入り   そしてそれを獲得した。聖書の句に明確に書か   れた原則のために   Neherdea   の地   これはバ   ビロニアの都市でユダヤ人の宗教的な生活の主   要な中心地   その地のラビたちは   その買人に   強制的にその土地を売らせた。   そんな論理は   都市の道徳を理解しているほと   んどの人々の面前に飛んでいる。しかしそのト   ーラの句は   「何が利益があるか」ではなく   「何が正しく良いことか」   という標準へユダ   ヤ人を支えている。   マザー・テレサが違った文脈で意見を言った:   神は   成功するように私を召しているのではな     神は   公正であるように私を召しているの   である。   3.   So   follow   the   way   of   the   good   and   keep   to   the   paths   of   the   just.   3.   そのように良い道に従って   そして(人々の)正義の道を守りなさい。   [   ---   箴言   2:20   ]   from   The   Talmud   ある従業員たちが無頓着に   Rabbah   son   of   Bar   Hanana   の所有するワインの樽を壊した。   そして(彼らがその損害の支払に失敗した時に     Rabbah   は彼らのコートを取り上げた。彼   らは   Rav   のところに行って不平を言った。「   彼らにコートを返しなさい」   Rav   は命じた。   「それは法律ですか?」   Rabbah   は質問した   。「そうだ」   彼は答えた   「なぜならばこう   書かれている   "そのように良い道に従って"   」Rabbah   はその運搬人たちにコートを返した     その時   彼らは(Rav   に)不平を言った。「我   々は貧乏人です   我々は一日中働いた   そして   空腹です   そして我々は何も持っていない」「   行って   彼らに支払いなさい」   Rav     Rabbah   に命じた。「それは法律ですか?」   Rabbah   は質問した。「そうだ」   彼は答えた   「なぜならばその句の後ろを見なさい   "そ   して正義の道を守りなさい"     [   --   Babylonian   Talmud   Bava   Mezia   83a   ]   ユダヤ人の法律に従うと   無頓着な従業員は彼   らが働いた損害に対して責任がある。そして   Rabbah     彼らのコートを押収して   彼らに   支払わない   そのことは十分に彼の権利の範囲   内であった。しかしRav   は規定した:この場合   ---   前もっての考えではなく無頓着から生じた   破壊   ---   に法律を文字通りに適用することは   不公平に導くであろう。彼は   Rabbah   がより   高い標準   「lifnim   me-shurat   ha-din   (beyond   the   letter   of   the   low   )」として   知られているところのもの   に責任を持つよう   に支持した。   このタルムードの逸話は   もっと限定された財   産の被告に対して   法律の厳しい適用を主張し   ないように   豊かな人を勇気付けるのにしばし   ば引用される。ある友人が私に言った   巡回の   窓洗い人が不注意に高価な花瓶を壊した時     はこの規則を考えた。彼の最初の本能は   その   男にその花瓶を弁償させること   あるいは少な   くとも彼の仕事に支払をしないことであった。   しかし彼がこのタルムードの規則を思いだした     彼はその男に金を支払い   そして彼の花瓶   を壊した謝りを受け入れた。   4.   Her   ways   [   the   ways   of   Torah]   are   pleasant   and   all   her   paths   peaceful.   4.   彼女の道(トーラの道)は喜ばしく   平和のうちにたどって行くことができる。   [   箴言   3:17   ]   from   The   Talmud   トーラの全体は平和を促進するためである。こ   う書かれているように。「トーラの道は喜ばし     平和のうちにたどって行くことができる」   [   --   Babylonian   Talmud   Gittin   59b   ]   この箴言の句は   トーラの厳格な適用は不公平   に導くであろうという例で案内している。この   句の影響のもとで   タルムードのラビは   「darkei   shalom(The   way   of   peace)」とい   う教義を創作した。これはより平和で公平な個   人間の関係をもたらすように   ある程度の法律   を変えるほどに進めていこうというもの。   例えば   聖書の法律に従うと   人が必要とされ   ている項目の物理的な所有をするまでは   財産   の所有権は許可されない。普通   これは公平の   問題を起こさない。しかしタルムードは質問し   ている   このようなケースはどうなのか?貧し   い人が公衆の領地にあるオリーブの木の頂上に   登り   その後に地面でそれらを拾い集めるとい   うつもりで   オリーブをたたき落とし始めた。   彼はオリーブを拾うまでは所有権がないために   聖書の法律は   通行人が地面からオリーブを   拾って保持することを許すであろう。   しかしそのラビは「Mipnei   darkei   shalom   (because   of   the   way   of   peace)」を規定し   た。そのオリーブはたたき落とした人に属する   。たとえ聖書の法律は技術的に彼または彼女に   そうすることを許しているが   それらを取った   他の誰でもそれは泥棒である。   [   ---   Mishuna   Gittin   5:8]   この原則の現代での一つの適用は   誰かがビジ   ネスの取引をほとんど結んでいる(契約がまだ   サインされていない)時に   ある人がそのビジ   ネスを「盗む」ために入り込むことを禁止する   というものである。   このタルムード(Gittin   61a)は   また   「Mipnei   darkei   shalom(because   of   the   way   of   peace)」の普遍的な例を引用している   :我々は   イスラエルの貧乏人と一緒に   非ユ   ダヤ人の貧乏人を支援する。そしてイスラエル   の病人と一緒に   非ユダヤ人の病人を訪問する   。そしてイスラエルの死人と一緒に   非ユダヤ   人の死人を埋葬する。そして   .......     5.   You   shall   be   holy   for   I   the   Lord   God   am   holy.   5.   あなたは聖なる者となりなさい   なぜならば   (あなたの)神   主であるわたしは   聖なる者であるから。   [   ---   レビ記   19:2   ]   この句に関してタルムードは注釈している。   from   The   Talmud   あなたに   許されているところのものを通して   あなた自身を聖別しなさい。   [   ---   Babylonian   Talmud   Yevamot   20a   ]   トーラの禁止が   その中あるいはそれに   無い   であろう活動から単にさし控えることが   人を   聖なる者に導く。例えば   人はユダヤ人の法律   によって許可されている食べ物を   自分に制限   することができるし   なおも「ブタのように食   べる」こともできる。同様に   人が飲む方法も   ビジネスの活動を実行するのも   そしてユダ   ヤ人の法律を破らないかもしれないセックスを   するのも   なおも聖でないことにもなる。この   ように   ラビたちは上記の警告を加えた。この   ようにして   人が引きつけられるその活動が何   であろうが   聖書の命令   「あなたは聖なる者   となりなさい」   これを十分に満たしているか   どうか   人は自分自身に問わなければならない   。非宗教的な世界は   それに対比して当然     なるという概念を欠いている。   6.   Justice   justice   you   shall   pursue.   6.   正義   正義を追求しなさい。   [   ---   申命記   16:20   ]   by   Hasidic   Rabbe   Ya'akov   Yitzhak   彼らは「the   holy   Yehudi   」(として知られる   Hasidic   Rebbe   Ya'cov   Yitzhak   )に尋ねた。   「なぜこう書かれているのか   "正義   正義を   追求しなさい"?なぜ単語   "正義(Justice)"   が2回なのか?」彼は答えた:「我々は正義を   正義で従うべきである   そして不正で従うべ   きではない」その意味はこうである:正義の終   わりに手段として不正を使うのは   それ自身不   正な終わりを作る。   [   --   Hasidic   Rabbe   Ya'akov   Yitzhak   of   Pzhysha(1766-1814)   quoted   in   Martin   Buber   ed.   Ten   Rungs:   Hasidic   Sayings   page   7   ]   タルムードは   「正義   正義を追求しなさい」   の句を   2つの「権利」が対決する場合での案   内を提供するものとして理解している。双方の   パーティが妥協することによって正義が奉仕さ   れる   とタルムードは説明している。   例えば   川で帆走している2つのボートが出会   うところで   もし双方が同時に通過しようと試   みるならば   双方が沈むであろう。そうでなく   もし一方が他方のために行く道を作っている   とき   双方が災害に会わずに通過することがで   きよう。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sunhedrin   32b]   タルムードは同様に   「正義   正義を追求しな   さい」の句を   より少ない苦しみを生じるであ   ろうパーティが   より多い苦しみを生じるであ   ろうパーティに対して恩恵を施す物として理解   している。これは個人的な   そして同様に     族の論争で従うべき良い案内になる。   2頭のラクダが   Beit-Horon   への登り道の途中   で出会った。もし彼ら双方が同時に登るならば   双方が(谷の中に)ころげ落ちるであろう。   もし彼らが一方の後にもう一方が登るとき     方が安全に登ることができる。彼らはいかに行   動すべきであるか?もし一方が荷を積み   他方   が荷を積んで無いなければ   荷を積んで無い方   のラクダが   荷を積んだラクダを先に行かせる   べきである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sunhedrin   32b]   1952年にイスラエルでは   この何ともあいまい   なタルムード的な議論が広く討論された。その   秋に   国の軍事奉仕に女性を懲兵する政府の権   利に関して   宗教的/非宗教的な論争によって   この国は分裂された。その論争の真只中で     理大臣ベン・グリオン(David   Ben-Gurian       the   Hazon   Ish(Rabbi   Avraham   Yeshayahu   Karelitz   1878-1953   )に会うた   めに   Bnai   Brak   に旅立った。   彼はイスラエルの超正統派ユダヤ人(ultra-   Orthodox   Jews)の指導者であった。ベン・グ   リオンはこの宗教的な賢者に質問した。いかに   したら宗教的なユダヤ人と非宗教的なユダヤ人   が調和して一緒に生活することができるか。   The   Hazon   Ish   の応答は前述のタルムード的な   議論を基本にしていた:   タルムードはこう述べている。2つの船が川を   下っている。一方が荷を積み   他方が空で     して双方が出会う。もし彼らが互いに通過しよ   うとすれば   双方が沈んでしまうであろう。空   の船はバックして   荷を積んだ船を先に行かせ   なければならない。宗教的なユダヤ人の   船.....神の名前とトーラの献身を神聖にして   いる何千年もの荷を積んでいる。その船は我々   の時代の狭い海峡の中で   非宗教家たちの空の   船に出会ってきている。そこには妥協をするこ   とができない。そこには調和ができない。船の   間の衝突は避けられないようである。それゆえ     どちらの船がどちらの船より前に戻るべき   であろうか?我々の荷を積んだ船より前に     なた方の空の船ではないのですか?   [   ---   Lawrence   Kaplan   が引用した   "The   Hazon   Ish:   Haredi   Critic   of   Traditional   Orthodoxy   "   page   169   ]   言うまでもなく   非正統派イスラエル人(non   -Orthodox   )の社会を空とした   the   Hazon   Ish   の特性描写を   総理大臣   Ben-Gurian   は激   しく否定した。しかし市民戦争を避けることを   切望して   彼は宗教的な女性を軍隊の懲兵から   免除した。   7.   You   shall   not   covet   your   neighbor's   wife:   You   shall   not   crave   your   neighbor's   house   or   his   field   ...   or   his   ox   or   his   donkey   or   anything   that   is   your   neighbor's   7.あなたの隣人の妻を欲してはならない。隣   人の家     ...牛   ろばなど   隣人のものを   一切欲しがってはなりません。。   [   ---   申命記   5:21   十戒の第10番目の戒律     り]   あなたが今持っている以上に欲しがることは悪   いことではない   しかしあなたの隣人の出費で   のそれを欲しがることは悪いことである。トー   ラの法律は   「考え」を取り締まる企てはほと   んど決してしてなく「行為」のみである。この   場合に一つの例外はある   なぜならば   他人の   ものを欲しがることは   不品行な行為へと必然   的に導くような強い欲望を現わすからである。   from   The   Bible   聖書は   他人のものを欲しがることの罪を犯し   たとして   二人の王を書き表している。彼らは   多分ほとんど他の誰よりも多くを所有していた     ダビデ王はウリヤの妻であるバテシバを欲しが   った(サミエル記下11章)。結果として   彼は   すぐに十戒の他の2つを破った:ダビデ王は   彼女と姦通の罪を犯した(第7番の戒律)。   彼女が妊娠した時に   潜在したスキャンダルを   覆い隠すために彼女の夫を殺した(第6番の戒   律)。   その一世紀以上後に   アハブ王がナボテという   男のワイン畑を欲しがった(列王記上21章)。   ナボテがアハブ王に土地を売るのを拒否した時     アハブ王は深く意気消沈した。彼の妻イザ   ベルは   彼のために必要などんな方法をとって     その土地を獲得する決意をした。彼女は   にせの目撃者たちが   ナボテが反逆罪を犯した   と証言するように手はずを整えた   そしてその   証言は彼を死刑執行に導き   その後に王が彼の   畑を所有した(第8番の戒律)。   このように   他人のものを欲しがることで始ま   った事が   十戒の3つ以上を破ることで終わっ   た:「うその証言を支えること」を禁止する第   9番の戒律   殺人を禁止する第6番の戒律   そし   て盗みを禁止する第8番の戒律。   人は   彼あるいは彼女が   他人のものを欲しが   る衝動を制御することを学ばないならば   良い   人間(mensch)になることができない。人は   常に自分自身で思い起こさなければなりません   。他の人に属しているものは   彼あるいは彼女   に許されてはいないことを。   8.   When   you   build   a   new   house   you   shall   make   a   parapet   for   your   roof   so   that   you   do   not   bring   bloodguilt   on   your   house   if   anyone   should   fall   from   it.   8.   家を新築する時は   屋根にてすりを作りなさい   そうすればもし人がそこから落ちても   あな   たの家が血を流した罪に問われることがないよ   うに。   [   ---   申命記   22:8   ]   from   The   Shulkhan   Arukh   ユダヤ人の法律に従うと   もしあなたの家が平   な屋根を持つならば   人が落ちることなしにそ   れにもたれることができるほど強いてすりを取   付けなければなりません。   (Shulkhan   Arukh   Hoshen   Mishpat   427:1   5     同様に   もしあなたがあなたの土地に井戸ある   いは穴を掘るとき   誰もが落ちないようにそのまわりにてすりを付   けるか   あるいはおおいを施さなければなりま   せん。   (Shulkhan   Arukh   Hoshen   Mishpat   427:7   ;   この聖書の法律の変化した派生がリストされて   いる---   Zelig   Pliskin   Love   Your   Neighbor   pages   415-416     ラビたちはまたこの聖書の法律を   破壊的な傷   害を起こすであろう彼の財産から何かを取り除   くように人に義務つけているものとして理解し   ていた:人は   邪悪な犬を元気付けるべきでは   ないし   また家の中にぐらぐらした階段を放置   すべきではない   ということを我々はどこから   学ぶであろうか?この句からである   「あなた   の家が血を流した罪に問われることがないよう       [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   41b]   この法律が明らかにしているように   人間は   彼らの行動あるいは受動性の結果として引き続   いて起こり得る傷害を予知することを期待され   ている:もしある人が公衆の領地に一つのガラ   スの器を置いて   そして旅の人がそれを壊した   ならば   それを壊した人はその破壊に責任はな     なぜならば人々が歩いている時にそんなに   注意深くすることを期待されていないからであ   る。実際にもし旅の人が怪我をしたならば     のガラスの器の所有者はその傷害に対して責任   がある。   [---Moses   Maimonides   Mishneh   Torah   "Laws   Concerning   Property   Damage   "   13:5   ]   9.   Am   I   my   brother's   keeper?   9.   私は弟の番人なのでしょうか?   [   ---   創世記4:9   ]   最後に   我々は   カインが弟アベルを殺した後     カインによって神に提出された質問に来る   。聖書のその残りの部分の全ては   カインの疑   念の質問に対して鳴り響く肯定の回答であるの     と主張することは誇張ではない。   ◎Honesty   Dishonesty   and   the   "Gray   Areas"   in   between   「誠実   不誠実   その間のグレイエリア」   商売の誠実さ   盗みの最悪の型   盗人の要求する正義とは何か   商売の道徳   なぜ正直な人々は   正直でない世界に   注意深くなければならないのか   完全に正直であることの意味は何か   Business   Honsty   商売の誠実さ   from   The   Mekhilta   もし人が彼の商売の取り引きで誠実であり     々が彼を尊敬するならば   彼はトーラ全体の義   務を果たしかのようにみなされる。   [   ---   Mekhilta   Vayeesa   chapter   1   (see   Lauterbach   Vol.II   page   96;see   also   page   3   and   the   teaching   that   the   first   question   posed   to   a   person   after   death   concerns   honesty   in   business)   ]   あなたの友人の資産を   あたかもあなた自身の   ものであるように扱いなさい。   [   ---   Ethics   of   the   Fathers   2:17   ]   小売商人は   物差し(measure)を週に二度   ふき取らなければならない   重り(weight)を   週に一度   ふき取らなければならない   秤り(   scale)を重さを計る度に   ふき取らなければ   ならない。   [   ---   Mishna   Bava   Bathra   5:10   ]   言い替えれば   商人は注意しなさい!   売り主は   一つの置き場に異なった等級の生産   物を混在させてはいけない。(より親しみのあ   る用語で言えば   売り主は   全てが同じ品質で   ないならば   最も素晴しく最も赤くなったいち   ごを一番上に置いてはいけない)ブドウ酒を水   で薄めた売り主は   それを客に全て明かさない   で売ってはいけない。そしてどんなことがあっ   ても   彼はそれを卸売り業者には売ってはいけ   ない   たとえ彼が卸売り業者に薄めたことを明   かしたとしても。なぜならば   その卸売り業者   が客をだますかもしれないからである。   [   ---   Mishna   Bava   Mezia   4:11   ;I   have   followed   the   translation   of   and   included   the   annotations   of   Gordon   Tucker   "Jewish   Business   Ethics   "   page   35   ]   自分自身を比較的に誠実だと考えている人々が   盗品である商品を買うことに関して   ラビは   たとえ話をした。盗品の受取り人を死刑にして   盗人の方は許していた統治者の話がある。誰   もがこの統治者を合理的な行動をとならいと非   難した。それで彼は何をしたのか?彼は領地内   に宣言した   「全ての人々は闘技場に!」次に   彼は何をしたのか?彼は   多くのねずみを連   れてきた   そして彼らの前に食べ物の分け前を   置いた。ねずみたちは   その分け前を取って   彼らの穴の中に運んだ。   その翌日   彼は宣言した   「全ての人々は闘技   場に!」再び   彼は   多くのねずみを連れてき   て彼らの前に食べ物の分け前を置いた。しかし   今度   彼は   ねずみたちの穴をふさいでしまっ   た。それでねずみたちが分け前を取って運んだ   とき   穴がふさがれているのを知り   元の場所   に分け前を戻した。このように   ねずみは行動   してみせた。しかし盗品の受取り人にとっては   どこにも盗人がいないであろう。   [   ---   Leviticus   Rabbah   6:2;I   have   followed   almost   verbatim   the   translation   of   William   Braude   in   H.N.Bialik   and   Y.H.Ravnitzky   The   Book   of   Legends   page   652   ]   あるタルムードの討論コースの中で   Rabbi   Joseph   がこのたとえ話の架空の統治者と同じ   ような観点で表現した:ねずみではない   その   穴が盗人なのだ。   彼と同じ時代のAbbayeは   不注意にもその盗人   を無罪にしたことで彼に挑戦した:それでも   もしねずみがいなかったなら   いかにしてその   穴が盗品で満たされるであろうか?   [   ---   Babylonian   Talmud   Gitten   45a   ]   もしあなたが盗人から盗むのであれば   あなた   もまた盗みを味わったことになる。   [   ---   Babylonian   Talmud   Berakhot   5b   ]   The   Worst   Forms   of   Stealing   盗みの最悪の型   from   The   Tosefta   一個人から盗むよりは   多数から盗む方が最悪   である。なぜならば   個人から盗む人は   その   盗品を返すことによって彼をなだめることがで   きる。しかし多数から盗む人は   それができな   い。   (なぜならば   彼が盗んだ人々の全てですら彼   は知らないからである)   [   ---   Tosefta   Bava   Kama   10:14   ]   その行為は取り消せないので   公衆をだまし取   ることは   殺人や中傷のような   許されない罪   となる。公衆から盗みをして   後悔したい人々   にはこう助言される   「だまし取ったのを知っ   ている人には支払いなさい   そして公衆の必要   に見合う労力をささげなさい。(例えば公園の   作ったり   井戸を掘ったり)」   [   ---   Tosefta   Bava   Mezia   8:26   ]   非ユダヤ人から盗みをする者は   ユダヤ人から   盗みをする者より悪い。なぜならば   神の名を   汚すからである。   [   ---   Tosefta   Bava   Kama   10;15   ]   このように   他のユダヤ人から盗みをする者は   聖書の法律の盗みに関して違反する   しかしそ   れは彼あるいは彼女自身だけの罪である。しか     ユダヤ人が非ユダヤ人から盗みをするとき   彼はまたユダヤ教とユダヤ民族に悪評をもた   らす   それゆえに彼の罪は重大である。   15歳のアンネ・フランクが日記に記した   「一   人のクリスチャンが行ったことは   彼自身の責   任である。一人のユダヤ人が行ったことは     てのユダヤ人にふりかかってくる。」   [   ---   The   Diary   of   a   Young   Girl   ]   What   Justice   Demands   of   a   Thief   盗人の要求する正義とは何か   from   The   Mishna   もし人が   他人の木を盗んで道具を作るとか   他人の毛糸を盗んで衣を作るならば   彼は     んだ当時の物質の価値で支払うことを要求され   る。もし人が   他人の妊娠している雌牛を盗ん     続けて子牛を生んだとか   他人の毛のふさ   ふさした羊を盗んで   後に毛をかったならば   彼は   盗んだ当時の雌牛(子牛を生む直前)の   価値   羊(毛をかる直前)の価値で支払うこと   を要求される。もし人が   他人の雌牛を盗んで   その後に妊娠して子牛を生んだとか   他人の   羊を盗んで   その後に毛がふさふさ生えて毛を   かったならば   彼は   盗んだ当時の雌牛の価値   羊の価値で支払うことを要求される。これが   一般規則である:全ての盗人は   盗んだ当時の   物品の価値で支払わなければなりません。   [   ---   Mishna   Bava   Kamma   9:1   ]   最初に読むとき   このミシュナの規則は論理的   でないようにみえる:妊娠している雌牛を盗ん   だ盗人は