PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)大乗非釈迦仏説についてと三法印と四法印と縁起が相依性であることとマタイ福音書について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)江戸中期の大乗非仏説と明治時代の大乗非釈迦仏説についてと解脱の根拠になるアートマン(自我)を認めて常住で不変の諸法の実相を欲する無明の煩悩と三法印と四法印についてと行為によって行為主体があり、その行為主体によって行為がはたらいてその他の根拠で成立することを確認できません。ゆえに縁起は相依性(そうえしょう)であり行為と行為主体が互いに離れて独立に存在できないものであり、世俗の事物が相依性の領納だけで成立して他は無いということを領解(りょうげ)します。マタイ福音書の祭事のお供え物を捧げるときの心のありようについて

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.8. 09:15
視聴回数:228回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)江戸中期の大乗非仏説と明治時代の大乗非釈迦仏説についてと解脱の根拠になるアートマン(自我)を認めて常住で不変の諸法の実相を欲する無明の煩悩と三法印と四法印についてと行為によって行為主体があり   その行為主体によって行為がはたらいてその他の根拠で成立することを確認できません。ゆえに縁起は相依性(そうえしょう)であり行為と行為主体が互いに離れて独立に存在できないものであり   世俗の事物が相依性の領納だけで成立して他は無いということを領解(りょうげ)します。マタイ福音書の祭事のお供え物を捧げるときの心のありようについて  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.