PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajor RV589(お話です)メタ理論・タルムード4章・聖クルアーン 55章

Vivaldi Gloria in D Major RV589 (お話です) メタ理論 ・意図の発現と意図の形成 ・労働の成果の意識を労働の実践で実現することが想起と予期ということから結びつく。これらを記号の表現で知覚した表象の次元を構想として記憶を維持させながら労働の成果に向かって道具を使用するという生産の行為を行なう。これらの過程の結果、労働が労働として現れる。 ・タルムード4章 ・聖クルアーン 55章

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.10.11. 21:20
視聴回数:165回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV589   (お話です)   メタ理論   ・意図の発現と意図の形成   ・労働の成果の意識を労働の実践で実現することが想起と予期ということから結びつく。これらを記号の表現で知覚した表象の次元を構想として記憶を維持させながら労働の成果に向かって道具を使用するという生産の行為を行なう。これらの過程の結果   労働が労働として現れる。   ・タルムード4章   ・聖クルアーン   55章  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajor RV589(お話です)メタ理論 ・タルムード4章 ・聖クルアーン 55章

Vivaldi Gloria in D Major RV589 (お話です) メタ理論 ・意図の発現と意図の形成 ・労働の成果の意識を労働の実践で実現することが想起と予期ということから結びつく。これらを記号の表現で知覚した表象の次元を構想として記憶を維持させながら労働の成果に向かって道具を使用するという生産の行為を行なう。これらの過程の結果、労働が労働として現れる。 ・タルムード4章 ・聖クルアーン 55章

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.10.11. 19:53
視聴回数:147回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV589   (お話です)   メタ理論   ・意図の発現と意図の形成   ・労働の成果の意識を労働の実践で実現することが想起と予期ということから結びつく。これらを記号の表現で知覚した表象の次元を構想として記憶を維持させながら労働の成果に向かって道具を使用するという生産の行為を行なう。これらの過程の結果   労働が労働として現れる。   ・タルムード4章   ・聖クルアーン   55章  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajor RV589(お話です)非物質と意図と生産・タルムード1章・聖クルアーン 46章

Vivaldi Gloria in DMajor RV589 (お話です) 「メタ理論」 「非物質の意図の存在と生産が ものを製作するように 人を世話することが できぬということから 製作に対して、 ものが配慮できても 世話に対して人への配慮は 包含できない しかし、 労働の成果を あらかじめ想像した目標から 行為の意図の形成の過程で 表象された目標を 労働で達成したとき これらの労働が 意図がある行為として確認して 物質的な資産の生産に限らない 非物質的な資産の生産が 知覚できることになる。 これらから 別の何らかの意図に対しての 位相が表れる。」 「タルムード1章」 「聖クルアーン 46章」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.27. 19:40
視聴回数:487回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   DMajor   RV589   (お話です)   「メタ理論」   「非物質の意図の存在と生産が   ものを製作するように   人を世話することが   できぬということから   製作に対して   ものが配慮できても   世話に対して人への配慮は   包含できない   しかし   労働の成果を   あらかじめ想像した目標から   行為の意図の形成の過程で   表象された目標を   労働で達成したとき   これらの労働が   意図がある行為として確認して   物質的な資産の生産に限らない   非物質的な資産の生産が   知覚できることになる。   これらから   別の何らかの意図に対しての   位相が表れる。」   「タルムード1章」   「聖クルアーン   46章」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「無限集合論と可算集合」 「数の単位と種の判別と抽象性」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「無限集合の 循環小数と有限小数について x_1=0.1234, x_2=0.2468 →α=0.α_1α_2α_3α_4 β=0.β_1β_2β_3β_4 αβ=0.αβ_1αβ_2αβ_3αβ_4」 「無限集合論と可算集合」 「数の単位と種の判別と抽象性」 「数の枚挙を 多種の識別をおこない 認識するとき 空間の占有量で認識する という錯誤がある。 これらは多種の識別を 同じ種として識別して、 繰り返して枚挙を行う ということから 数の表象の場合、 時間の領域の識別であり、 これらは身についた習慣にある。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.18. 13:37
視聴回数:347回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「無限集合の   循環小数と有限小数について   x_1=0.1234   x_2=0.2468   →α=0.α_1α_2α_3α_4   β=0.β_1β_2β_3β_4   αβ=0.αβ_1αβ_2αβ_3αβ_4」   「無限集合論と可算集合」   「数の単位と種の判別と抽象性」   「数の枚挙を   多種の識別をおこない   認識するとき   空間の占有量で認識する   という錯誤がある。   これらは多種の識別を   同じ種として識別して   繰り返して枚挙を行う   ということから   数の表象の場合   時間の領域の識別であり   これらは身についた習慣にある。」  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 「心と身体」 「共同体感覚」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 「文献学」 「批判術」 「インゲニウム(鋭敏)」 「メトドゥス (推理の能力の手立ての方法)」 「心と身体」 「共同体感覚 (コミュニティー・センス)」 「解釈学的理解を 理解の対象の遠近の度合いで 適度であれば効果的だが、 このとき、 理解の対象に対して 自己内省が発生して リトルネロ(反復)でいう 歴史と時間から 過去と過去の縮約の現在の 適度な領域が必要である。 他方、 理解できぬ領域が何かといえば たとえば、時間的または 歴史的に最も昔になる 「原初の人間」 に対して理解しようと 思考を始めたとき、 理解が全くできぬ ということから始まる。 しかも、これらはあらゆる努力の結果 理解できる領域に行きつくことが可能である。 これらが ある階級の全体 ある市民の全体 ある国民の全体 で成立して、 歴史的に可変であり かつ時と場所に応じて異なるが 各々が遮蔽した集団であり ここに、ある時、ある場所、 ある社会にだけ共通する 「共同体感覚 (コミュニティー・センス)」 が存在することに気づく。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.3. 07:34
視聴回数:639回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   メタ定理   「文献学」   「批判術」   「インゲニウム(鋭敏)」   「メトドゥス   (推理の能力の手立ての方法)」   「心と身体」   「共同体感覚   (コミュニティー・センス)」   「解釈学的理解を   理解の対象の遠近の度合いで   適度であれば効果的だが   このとき   理解の対象に対して   自己内省が発生して   リトルネロ(反復)でいう   歴史と時間から   過去と過去の縮約の現在の   適度な領域が必要である。   他方   理解できぬ領域が何かといえば   たとえば   時間的または   歴史的に最も昔になる   「原初の人間」   に対して理解しようと   思考を始めたとき   理解が全くできぬ   ということから始まる。   しかも   これらはあらゆる努力の結果   理解できる領域に行きつくことが可能である。   これらが   ある階級の全体   ある市民の全体   ある国民の全体   で成立して   歴史的に可変であり   かつ時と場所に応じて異なるが   各々が遮蔽した集団であり   ここに   ある時   ある場所   ある社会にだけ共通する   「共同体感覚   (コミュニティー・センス)」   が存在することに気づく。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「感覚的トピカと原初の通俗知から深遠な知の反復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 「感覚的トピカと 最初の人間たちについて。 :原初の通俗知の想像力から 最初の人間たちの感情と知性についての論究。 :最初の人間たちは、 個性と知性がくっついていたから、 顔の表情が変わる度に 新しい顔が生じたと考えました。 根拠は新しい感情が起こる度に、 別の心臓、別の胸、別の意識が 生まれたと考えたからです。 (現代の人間の知覚と認識に 比べて先ずこれが最初にございました。) 対象の知覚、認識が実際に転じても 留まる事を知らずこれに沿っていくだけで、 表情が変わっても 同じ顔と認知することが無く、 別の感情が起きても、 心臓、胸、意識が同じであると 知覚しませんでした。 これらについて、 対象の自己同一性が 与えられていないことと、 開悟の普遍的抽象性の 欠如に起因することもございます。」 特に 「最初の人間たちは、 個性と知性がくっついていたから、 顔の表情が変わる度に 新しい顔が生じたと考えました。 根拠は新しい感情が起こる度に、 別の心臓、別の胸、別の意識が 生まれたと考えたからです。」 ということから 自己同一性を与えることで 普遍的抽象性という 文明的な意識の場所から 自分を認識しますから 「自分探しが無意味である論拠」 が確認できます。 そして、 原初の人間に 「自分探し」 を行うまでも無く 「個性と知性が合致する知」 の知覚が備わっていたから、 現代の人間も自己同一性が 崩れて混乱するときに 「自分探し」 を自らに要求する 意識が発生します。 原初も現代の人間も 知覚の根底に備える 「個性と知性が合致する知」 に回帰してこれらを確認してから 「自己同一性の獲得」 のための手立てを行うことで 解決して行くものである ということがいえるからです。 これらの手立てが 「開悟の普遍的抽象性」 ということになります。 のりひこ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.9. 12:44
視聴回数:975回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」   「感覚的トピカと   最初の人間たちについて。   :原初の通俗知の想像力から   最初の人間たちの感情と知性についての論究。   :最初の人間たちは   個性と知性がくっついていたから   顔の表情が変わる度に   新しい顔が生じたと考えました。   根拠は新しい感情が起こる度に   別の心臓   別の胸   別の意識が   生まれたと考えたからです。   (現代の人間の知覚と認識に   比べて先ずこれが最初にございました。)   対象の知覚   認識が実際に転じても   留まる事を知らずこれに沿っていくだけで   表情が変わっても   同じ顔と認知することが無く   別の感情が起きても   心臓     意識が同じであると   知覚しませんでした。   これらについて   対象の自己同一性が   与えられていないことと   開悟の普遍的抽象性の   欠如に起因することもございます。」   特に   「最初の人間たちは   個性と知性がくっついていたから   顔の表情が変わる度に   新しい顔が生じたと考えました。   根拠は新しい感情が起こる度に   別の心臓   別の胸   別の意識が   生まれたと考えたからです。」   ということから   自己同一性を与えることで   普遍的抽象性という   文明的な意識の場所から   自分を認識しますから   「自分探しが無意味である論拠」   が確認できます。   そして   原初の人間に   「自分探し」   を行うまでも無く   「個性と知性が合致する知」   の知覚が備わっていたから   現代の人間も自己同一性が   崩れて混乱するときに   「自分探し」   を自らに要求する   意識が発生します。   原初も現代の人間も   知覚の根底に備える   「個性と知性が合致する知」   に回帰してこれらを確認してから   「自己同一性の獲得」   のための手立てを行うことで   解決して行くものである   ということがいえるからです。   これらの手立てが   「開悟の普遍的抽象性」   ということになります。   のりひこ  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州域内外の貿易とソビエトと経済相互援助会議の貿易についてと生死観の死と恐怖について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 欧州域内貿易と域外貿易と ソビエトと経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи (СЭВ)セフ)の諸国の 内外市場についてと 1980年~1999年までの 欧州(15カ国)と関係する 相手国別の貿易量が 欧州域全体>途上国>合衆国>日本 ◎各年貿易増加率 欧州 '80~'90 8.14% '90~'99 5.78% 合衆国 '80~'90 5.93% '90~'99 7.26% 日本 '80~'90 8.93% '90~'99 3.96% ◎各年貿易額 欧州 1980年 750 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 2,000 ×(10^9㌦) 合衆国 1980年 200 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 750 ×(10^9㌦) 日本 1980年 100 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 250 ×(10^9㌦) を示します。 他方、共同体内の現在からも ソビエトと経済相互援助会議の諸国と 資本主義世界市場のあり方も気になりますが 制度も時期も異なることを包含して思考します。 1990年代の 旧東欧諸国と欧州の貿易が 産業製品が過剰輸出で 織物製品が過剰輸入でした。 途上国と先進国また、 現在の国家間の 労働賃金の差分も気になります。 現在の中国または 新興国(BRICS)についての 国内のモデルが 資本主義世界市場の 設定に合致して 効果的な値を示すことから 資本主義世界市場の性質が 過去の先進国または 現在の新興国の領域についての 指標で効果的な機能の モデルであるということから 現在の 先進国と新興国と途上国の ありようを どうすり合わせていくべきかも 気になります。 生死観の死と恐怖について 安楽を 領納(感受)する時の 感覚的なものと 恐怖を 領納(感受)する時の 感覚的なものとに対して 論理的に身体の反応として 恐怖の場合筋肉は萎縮して 回避しようとすることになり 生存しますが 感覚的な安楽なものとの 反復(リトルネロ)もございます。 仏法でいう四句分別で、 数学の証明問題の ことでございますが 相依性ゆえに倶(とも)にあらず、 同じ時制で生滅がないことを 領解(りょうげ)します。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.21. 19:40
視聴回数:932回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   欧州域内貿易と域外貿易と   ソビエトと経済相互援助会議(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   (СЭВ)セフ)の諸国の   内外市場についてと   1980年~1999年までの   欧州(15カ国)と関係する   相手国別の貿易量が   欧州域全体>途上国>合衆国>日本   ◎各年貿易増加率   欧州   '80~'90   8.14%   '90~'99   5.78%   合衆国   '80~'90   5.93%   '90~'99   7.26%   日本   '80~'90   8.93%   '90~'99   3.96%   ◎各年貿易額   欧州   1980年   750   ×(10^9㌦)     1999年   2   000   ×(10^9㌦)   合衆国   1980年   200   ×(10^9㌦)     1999年   750   ×(10^9㌦)   日本   1980年   100   ×(10^9㌦)     1999年   250   ×(10^9㌦)   を示します。   他方   共同体内の現在からも   ソビエトと経済相互援助会議の諸国と   資本主義世界市場のあり方も気になりますが   制度も時期も異なることを包含して思考します。   1990年代の   旧東欧諸国と欧州の貿易が   産業製品が過剰輸出で   織物製品が過剰輸入でした。   途上国と先進国また   現在の国家間の   労働賃金の差分も気になります。   現在の中国または   新興国(BRICS)についての   国内のモデルが   資本主義世界市場の   設定に合致して   効果的な値を示すことから   資本主義世界市場の性質が   過去の先進国または   現在の新興国の領域についての   指標で効果的な機能の   モデルであるということから   現在の   先進国と新興国と途上国の   ありようを   どうすり合わせていくべきかも   気になります。   生死観の死と恐怖について   安楽を   領納(感受)する時の   感覚的なものと   恐怖を   領納(感受)する時の   感覚的なものとに対して   論理的に身体の反応として   恐怖の場合筋肉は萎縮して   回避しようとすることになり   生存しますが   感覚的な安楽なものとの   反復(リトルネロ)もございます。   仏法でいう四句分別で   数学の証明問題の   ことでございますが   相依性ゆえに倶(とも)にあらず   同じ時制で生滅がないことを   領解(りょうげ)します。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州域内外の貿易とソビエトと経済相互援助会議の貿易についてと生死観の死と恐怖について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 欧州域内貿易と域外貿易と ソビエトと経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи (СЭВ)セフ)の諸国の 内外市場についてと 1980年~1999年までの 欧州(15カ国)と関係する 相手国別の貿易量が 欧州域全体>途上国>合衆国>日本 ◎各年貿易増加率 欧州 '80~'90 8.14% '90~'99 5.78% 合衆国 '80~'90 5.93% '90~'99 7.26% 日本 '80~'90 8.93% '90~'99 3.96% ◎各年貿易額 欧州 1980年 750 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 2,000 ×(10^9㌦) 合衆国 1980年 200 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 750 ×(10^9㌦) 日本 1980年 100 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 250 ×(10^9㌦) を示します。 他方、共同体内の現在からも ソビエトと経済相互援助会議の諸国と 資本主義世界市場のあり方も気になりますが 制度も時期も異なることを包含して思考します。 1990年代の 旧東欧諸国と欧州の貿易が 産業製品が過剰輸出で 織物製品が過剰輸入でした。 途上国と先進国また、 現在の国家間の 労働賃金の差分も気になります。 現在の中国または 新興国(BRICS)についての 国内のモデルが 資本主義世界市場の 設定に合致して 効果的な値を示すことから 資本主義世界市場の性質が 過去の先進国または 現在の新興国の領域についての 指標で効果的な機能の モデルであるということから 現在の 先進国と新興国と途上国の ありようを どうすり合わせていくべきかも 気になります。 生死観の死と恐怖について 安楽で感覚的なものと 恐怖の感覚的なものに対して 論理的に身体の反応として 恐怖の場合筋肉は萎縮して 回避しようとすることになり 生存しますが 感覚的な安楽なものとの 反復(リトルネロ)もございます。 仏法でいう四句分別で、 数学の証明問題の ことでございますが 相依性ゆえに倶(とも)にあらず、 同じ時制で生滅がないことを 領解(りょうげ)します。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.21. 13:22
視聴回数:978回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   欧州域内貿易と域外貿易と   ソビエトと経済相互援助会議の諸国(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   (СЭВ)セフ)の   内外市場についてと   1980年~1999年までの   欧州(15カ国)と関係する   相手国別の貿易量が   欧州域全体>途上国>合衆国>日本   ◎各年貿易増加率   欧州   '80~'90   8.14%   '90~'99   5.78%   合衆国   '80~'90   5.93%   '90~'99   7.26%   日本   '80~'90   8.93%   '90~'99   3.96%   ◎各年貿易額   欧州   1980年   750   ×(10^9㌦)     1999年   2   000   ×(10^9㌦)   合衆国   1980年   200   ×(10^9㌦)     1999年   750   ×(10^9㌦)   日本   1980年   100   ×(10^9㌦)     1999年   250   ×(10^9㌦)   を示します。   他方   共同体内の現在からも   ソビエトと経済相互援助会議の諸国と   資本主義世界市場のあり方も気になりますが   制度も時期も異なることを包含して思考します。   1990年代の   旧東欧諸国と欧州の貿易が   産業製品が過剰輸出で   織物製品が過剰輸入でした。   途上国と先進国また   現在の国家間の   労働賃金の差分も気になります。   現在の中国または   新興国(BRICS)についての   国内のモデルが   資本主義世界市場の   設定に合致して   効果的な値を示すことから   資本主義世界市場の性質が   過去の先進国または   現在の新興国の領域についての   指標で効果的な機能の   モデルであるということから   現在の   先進国と新興国と途上国の   ありようを   どうすり合わせていくべきかも   気になります。   生死観の死と恐怖について   安楽で感覚的なものと   恐怖の感覚的なものに対して   論理的に身体の反応として   恐怖の場合筋肉は萎縮して   回避しようとすることになり   生存しますが   感覚的な安楽なものとの   反復(リトルネロ)もございます。   仏法でいう四句分別で   数学の証明問題の   ことでございますが   相依性ゆえに倶(とも)にあらず   同じ時制で生滅がないことを   領解(りょうげ)します。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)キリスト教と仏法を領解して教育と権利と秩序のありようを領納します

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)キリスト教のヨハネ福音書の小さな門からのメシア(救世主)の存在を示していく立法と祈祷が均質で空虚でない未来を与えて、リトルネロ(反復)と領域を超えていく時制についてと教育を踏まえての福祉国家と行政の制度についての権利と秩序の乱れに激しい感情を示す(モラルパニック)ことについて仏法の「ありかた」があるの「ある」を説くことを破折(はしゃく)していくということから、秩序そのものに注視して、秩序の指摘の指摘は中止しましょうと思うということとこのことから仏法の時制の存在と禅定についてと曹洞宗の首座法戦式(しゅそほっせんしき)の禅語を使った法問(首座と大衆の禅問答)の各問答が首座(問)の問いが乞尊意(こうそんい=釈尊のみ教えを乞う)と問うて大衆(答)が答えてからそれを問が受けて時にはそこから「問:尊意、尊意」と言って受けてからまたこの意を再び問うて答えを受けたり時には答えを「問:正得」と受けてからまたこの答えについての問を続けて答えを確かめて問答の締めくくりに「問:珍重(ちんちょう)」「答:万歳(ばんぜい)」というやりとりになりますということについてと階級制度を踏まえて権利と秩序について思考したとき、阿弥陀様がどんなに煩悩まみれのときも、大切なみ教えに耳を塞い(ふさい)でいても、いつの時も常に救うと手をさし伸ばし続けてらっしゃるお姿がございますということについて

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.14. 13:45
視聴回数:390回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)キリスト教のヨハネ福音書の小さな門からのメシア(救世主)の存在を示していく立法と祈祷が均質で空虚でない未来を与えて   リトルネロ(反復)と領域を超えていく時制についてと教育を踏まえての福祉国家と行政の制度についての権利と秩序の乱れに激しい感情を示す(モラルパニック)ことについて仏法の「ありかた」があるの「ある」を説くことを破折(はしゃく)していくということから   秩序そのものに注視して   秩序の指摘の指摘は中止しましょうと思うということとこのことから仏法の時制の存在と禅定についてと曹洞宗の首座法戦式(しゅそほっせんしき)の禅語を使った法問(首座と大衆の禅問答)の各問答が首座(問)の問いが乞尊意(こうそんい=釈尊のみ教えを乞う)と問うて大衆(答)が答えてからそれを問が受けて時にはそこから「問:尊意   尊意」と言って受けてからまたこの意を再び問うて答えを受けたり時には答えを「問:正得」と受けてからまたこの答えについての問を続けて答えを確かめて問答の締めくくりに「問:珍重(ちんちょう)」「答:万歳(ばんぜい)」というやりとりになりますということについてと階級制度を踏まえて権利と秩序について思考したとき   阿弥陀様がどんなに煩悩まみれのときも   大切なみ教えに耳を塞い(ふさい)でいても   いつの時も常に救うと手をさし伸ばし続けてらっしゃるお姿がございますということについて  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)道徳と宗教について人間の意識と韻について~仏説阿弥陀経~金融経済の循環モデルについて

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)道徳と宗教についてと信心と行と法についてと人間の意識がどうしても韻を踏んでいくものになるというつくりということから制度を超えたい意識も超えられぬ面について~仏説阿弥陀経読経~金融経済の循環モデルの高度経済成長型の現在の新興国のものと途上国の循環モデルと現在の先進国の循環モデルの展開と情勢について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.4.13. 03:42
視聴回数:111回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)道徳と宗教についてと信心と行と法についてと人間の意識がどうしても韻を踏んでいくものになるというつくりということから制度を超えたい意識も超えられぬ面について~仏説阿弥陀経読経~金融経済の循環モデルの高度経済成長型の現在の新興国のものと途上国の循環モデルと現在の先進国の循環モデルの展開と情勢について  

01 02

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.