PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

1

サムネイル

(お話です) 2 「タルムード」「イスラエルのダビデ王とソロモン王」

(お話です) 2 「イスラエルのダビデ王とソロモン王」 「タルムード」 「平和の価値」 「平和の価値」 ◎The value of peace ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し、平和を追い求める。 あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせる。 (Avot 1:12) ◎Loving and pursuing peace ヒレルのこれらの言葉は、世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく、我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは、彼の言葉の最初の部分につなげて、「あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて、ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち、個々の人々のグループ、つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。 実際、ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は、一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが、これはどうやって為されるのか、という質問をする時に、ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって、平和を愛し追い求める人、その最善の例はモーゼの兄アロンである、とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時、アロンは彼らの一人の方に行って座わり、そして言った: 「我が息子よ、あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」 彼の心から全ての憎しみが消えるまで、アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから、アロンはもう一人の方に行って座わり、そして言った: 「我が息子よ、あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」 彼の心から全ての憎しみが消えるまで、アロンは彼と一緒に座った。そして、二人の男が互いに会った時に、彼らは抱きしめ合い、そして互いにキスをした。 [ Avot de Rabbi Natan 12 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-21 13:50:24.0
視聴回数:4169回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「イスラエルのダビデ王とソロモン王」   「タルムード」   「平和の価値」   「平和の価値」   ◎The   value   of   peace   ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し   平和を追い求める。   あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる。   (Avot   1:12)   ◎Loving   and   pursuing   peace   ヒレルのこれらの言葉は   世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく   我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは   彼の言葉の最初の部分につなげて   「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて   ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち   個々の人々のグループ   つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。   実際   ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は   一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが   これはどうやって為されるのか   という質問をする時に   ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって   平和を愛し追い求める人   その最善の例はモーゼの兄アロンである   とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時   アロンは彼らの一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから   アロンはもう一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そして   二人の男が互いに会った時に   彼らは抱きしめ合い   そして互いにキスをした。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Ways   of   seeking   peace   イスラエルにいる男と男の間に平和をもたらす時がやって来る時には   アロンは躊躇しなかった。彼は平和をもららす方法を探しに行った。彼は活発に平和を追い求めた。そのことの事実は   我々は平和については躊躇することはできない   我々は平和を「追い求め」なければならない   ということである。平和のための必要性はたいへん大きいので   待つことがしない。それでラビ・シメオン・ベン・エリアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った:   もし人が彼自身の位置に座って   そして不活発であるならば   彼はいかにしてイスラエルにいる男と男の間に平和を追い求めることができるであろうか?代わりに   彼を彼の位置から前に行かせ   世界のまわりに動かせ   そしてイスラエルに平和を追い求めさせなさい   平和を探しそして追い求めよと言われているように。さて   この意味は何であろうか?あなた自身の家の中で平和を探し   そして他の場所の中で平和を追い求めなさい。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Peace   in   your   own   house   始める場所は   あなたの家族と一緒の家である。あなたはすぐに   「あなたの両親を尊敬せよ」という戒律を考えるかもしれない   そしてその戒律が家族に平和をもたらすことといかに重要に関連しているか   を実感するかもしれない。   たとえあなたが   あなたの母や父のがあなたに与える忠告に不一致であるとしても   そして彼らの要求が公平でないと感じるとしても   あなたはそれにもかかわらず尊敬のために彼らに従うべきである   ---   あるいは   最も少なくとも   思いやりのある方法で異議を申し立てるべきである。   兄弟や姉妹とつきあう時に   平和はまたそのゴールであるべきである。兄弟や姉妹はしばしば互いに論争に陥る。我々の両親にとって   これらの論争はたいへん妨害される   たとえ彼らが我々を非常に妨害していない時でさえも。ほとんどの両親は   彼らの子供のうちの一人を他よりも好まないように   たいへん厳しく努力している。両親は彼らの子供たちと一緒に生活するために   また   たいへん厳しく努力している。彼らの子供たちが互いに一緒に生活しようと努力していないように見える時   その時はそれが彼らを困らす。我々の両親を尊敬する一つの方法は   我々自身の中で争わないことである。   家庭の中の平和は   それは     Shalom   Bayit(平和の家)」   という特別な名前さえ持っている   そんな重要なユダヤ人の価値である。ラビ・ナサン(Rabbi   Nathan)は「アボット」に関する彼の注釈の中で教えた   「もし人が家の中に平和をもたらすならば   あたかも平和が全てのイスラエルにもたらされたかのように   聖書がそれを評価する」   [   Avot   de   Rabbi   Natan   28   ]   もしあなたが家庭に平和を確立しているならば   それはまだ十分ではない。あなたは   また   平和に一緒に生活するために他人を助けなければならない。   ◎Aaron   the   peacemaker   他人に「   Shalom   Bayit(平和の家)」をもたらすという拡張に平和を愛し追い求める人   その最善の例それは   再び   アロンがである。アロンが   ある夫と妻がまさに離婚寸前であることを   聞き及ぶならば   彼は急いでその夫の方に急いでそして言う   「あなたとあなたの妻が一緒に暮らしていない   そしてあなたが離婚したいと聞いたので私は来ました。しかしこのことを考えてみなさい:もしあなたが現在の妻と離婚し   そしてもう一人と結婚したとすると   あなたの結婚がより良くなるということを   あなたは確信することができない。なぜならば   あなたが二番目の妻との最初の喧嘩で   彼女はあなたに思い出させる:あなたが喧嘩好きでそして良くない   そうでなければあなたの最初の結婚が離婚で終わることはなかったであろう。私が保証しよう   あなとあなたの現在の妻は幸福になることができる   もしあなたがた二人が努力するならば」   (Legends   3:329)   何千もの結婚がアロンの嘆願と励ましによって救われた。そしてアロンが   喧嘩をしていて離婚の危機にあったこれらの人々を一緒にした時に   そういう夫婦は普通   彼らの結婚を救った高位な祭司を尊敬して彼らの最初の息子をアロンと名付けた。伝説は我々に告げている:   アロンが死んだ時   80   000ものユダヤ人の子供たちがこのようにしてアロンという名前であった。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   我々の共同体社会の平和は   互いのための各々の人の愛に依存している。   もし   我々が口論へかりたてる心の中の刺激を感じた時に   戦う代わりに親切な言葉の形で平和のメッセージを送るならば   その時我々は平和のために働いている。   しかし   もめごとの言葉の代わりに平和のメッセージを送るよう我々をかりたてる   ことができるのは   それは単に我々の仲間である創造物に対する愛なのだ。   我々の仲間である創造物を愛すことによって我々の行動を平和に導くことの教えは   スペインのユダヤ人の詩人であるイブン・ナグレラ(Ibn   Nagrela   993-1055)   の話としての有名な物語の心臓部である。   イブン・ナグレラは   イスラム教スペインの王様の親しい友人であった。   王様はイスラム人   イブン・ナグレラはユダヤ人であったが   けれども彼らの違いは互いを愛することから引き離すことはなかった。   しかし彼らの互いの愛は   王様の宮廷の中でイスラムの詩人たちの中で   とても大きな嫉妬になっていた。ある時   これらの嫉妬の男たちの一人が王様の前に来て裁判を要求した。   王様は尋ねた   「お前にどんな悪いことがあったのか?」   その詩人は報告した   「ユダヤ人   イブン・ナグレラが   自分のものとして読むために   私の書いた詩を盗んだのです。   彼は王様あなたの前で   むこうみずにも   それを読んでさえしまった。   ああ王様   今私はお願いします   この犯罪のゆえに   彼の舌を切り落とすように」   「よし分かった」   王様は答えた。   イブン・ナグレラが   王様の面前にただちに召し出された。   「この告発にお前は何を言うのか?」   と王様はユダヤ人の友に聞いた。   「私は無実です」   とイブン・ナグレラは言った。   「それではお前の無実を   どうやって証明することができるのか?」   「こんな方法で」   イブン・ナグレラは答えた。   その時彼は   彼の詩のオリジナルな原稿を   前方に引き出した。   「これは私の最初の草案です   そしてその上には   私が創作した詩を   より良くするために   全てのマークと変更があります。   私の仕事の全てがここに見られます   最初の粗雑な形から   私が王様の前で読んだ   最後の作品まで」   王様はイブン・ナグレラを   告発した詩人に言った   「そしてお前は   お前のオリジナルな仕事を   私に見せることができるか?」   しかしその嫉妬の詩人は   しおれてしまった。   「何もありません」   彼は静かに認めた。   「それでは   お前の罰は   イブン・ナグレラの手の中にある」   と王様は言った。   そして彼の友の方に向いて王は続けた   「この男の邪悪な舌を切り落としなさい   彼がお前の舌を切り落とそうとしたように」   その日の後に   王様はイブン・ナグレラの部屋を通った   そしてそこから来る笑う声を聞いた。   戸を開いて   王様はその二人の詩人を見て   非常に驚いた。   そのイスラム人とユダヤ人は笑って   一緒にチェスのゲームをしていた。   王様は言った   「イブン・ナグレラ   この男はお前の敵である。   なぜお前は彼の邪悪な舌を   取り除かなかったのか?」   イブン・ナグレラは答えた   「しかし私はそうしました   わが王様   私は彼の邪悪な舌を取り除いて   そしてそれを思いやりのある舌と   交換したのです」   我々の共同社会に平和をもたらすという見地で   この物語から学ぶことが多くある。   イブン・ナグレラの他の選択を考えてみよう。   もし彼が告発人の舌を切り落としたならば   その時   他の詩人たちがイブン・ナグレラに向けて感じた嫉妬は   王様との彼の友情の故に   その嫉妬は絶対の嫌悪に向かったであろう。   その時   また   イブン・ナグレラは彼の告発人を彼の敵のままに一人で残す   ことができたであろう。   王様の審判について自慢し誇ることによって   虚偽の告発人を法廷の人々の中で   とても大きな恥をかかせることができたであろう。   しかし他の誰か敗北者について自慢する人は   彼の隣人である創造物たちを愛する人ではない。   その王様の考え方にとって   報復は正しい解であった。   しかしイブン・ナグレラの宗教的な考え方にとって   それは少しも解ではなかった。   彼の隣人である創造物たちを愛する人に対する解は   敵を友人に変えることであった。   これがイブン・ナグレラが行なったことである。   王様によって「戦争のメッセージ」が命じられた時でさえ   彼は「平和のメッセージ」を出した。   我々はこれの全ての成り行きをただ想像することができる   そんなに無理をして想像する必要はないけれども。   おそらく   そのイスラムの詩人はイブン・ナグレラの生涯の友人になったであろう。   そしておそらく   また   彼は忠実な友人になったでろう。   彼は   宮廷の中の他のイスラムの詩人たちとイブン・ナグレラとの間に   あった緊張を止めるのを助けたかもしれない。   それで我々は見ることができる:   敵を友人に変える行動が   いかにして我々の共同社会の中に   平和を増加するために我々を助けることができるか。   ◎Drawing   others   to   Torah   しかし   他の人々をトーラに引き寄せるようにヒレルが我々に要求する時に   彼が意味しているものは何か?   実際に   ヒレルは広い意味でトーラの話をした。   ただモーゼ五書だけでなく   我々の人々の伝統と価値   我々がしっかりと   にぎらなければならない「生命の木」である。   他の人々をトーラに引き寄せるために我々が持つ最善の意味は   我々がユダヤ人の価値   それは我々が議論してきたところの価値に従って   行動することである。   その時   我々と接触に来る全ての人々がトーラに近づいて来るであろう。   我々が行くどこにでも   トーラが我々と共にあるであろう。   そして   我々が行なうあらゆるものの中に   トーラが現われるであろう。   このような方法で   我々は他人に教える   我々の模範によって。   当然に   我々が模範を示すために   我々はまず我々の伝統を学ばなければならない   我々が示すべき模範の種類が何かを知るために。   この光りの中でタルムードは言う:   「賢い学生たちが世界に平和を大きくする」   [   Berachot   64a   ]   Judaism   の我々の勉強は平和を追い求める価値ある方法である   なぜならばそれを通して   平和への毎日の道   善い心の道を我々は学ぶからである。   ◎Hope   for   peace   毎日の祈りの中で   平和の年がやってくるように我々は祈りを朗唱する:   「天に平和を創造しているお方が   我々と全てのイスラエルに   平和をもたらしますように」   我々の祈りは   平和に対する我々の必要の表現として立つだけではなく   世界を通して平和が普及するであろう未来の時を予知する。ユダヤ人としての我々の最も気高い信念の一つは   Messiah(救世主)が   やってくるという信念である。我々がいかにしてMessiahを認めるかを説明する場合に   ラビたちは彼のことをこう言った:   「彼の唇を開くことが祝福と平和のためである」   多くの人が本物のMessiahであると主張してきたが   しかしまだ誰も平和な年が来るというこの兆候を提供してきていない。しかしこれは未来に対する我々の夢である。   それは我々の預言者たちの最後のメッセージである   そしてそれは我々の生活の道の最後の目標である。   「見よ   わたしは創造する新しい天をそして新しい地を。初めからこのことを思い起こす者はない。それはだれの心にも上ることはない。彼らが呼びかけるより先に   わたしは答えまだ語りかけている間に   聞き届ける。狼と小羊は共に草をはみ獅子は牛のようにわらを食べ   蛇は塵を食べものとしわたしの聖なる山のどこにおいても害することも滅ぼすこともない。」   と主は言われる。   [   イザヤ書   65:17   24   25   ]     Reflection   詩編の中の一節は読む:   「平和の人には未来がある」   [   詩編   37:37   ]   平和を愛し追い求める人は   未来の中を見つめ   そして全てに対して平和の可能性を見つける人である。   しかしそれ以上に   平和を追い求める人は   家庭でそして世界の中で各々が毎日   平和を探す人である。平和を追い求める人になるためには   敵を友人に変えるという観点で   あなたが   「あなた自身としてあなたの隣人を愛す」   ようにならなければなりませんない。   そして他人に対するあなたの行動の中で   あなたの人々の教えと法律にあなた自身を近付けるのを維持することによって   あなたは彼らをトーラに近付けるために努力しなければなりませんない。このことに   我々は近代の賢者ラブ・クック(Rav   Kook)の教えを追加ができる。   いかにして全てを平等に愛すことができるのか   と聞かれた時に   次のような方法で回答した:   「Sinat   Hinnam(根拠のない憎しみ)」   として知られている罪がある。   これは嫌われるにふさわしくない人を嫌うこと。しかし我々の時代には   「Ahavat   Hinnam(根拠のない愛)」と呼ばれる新しい戒律の必要性がある。これは愛される価値のない人を愛すこと。我々の時代に   真に   「Rodef   Shalom(平和を追い求める人)」   であるためには   我々は全て(---   我々に同意する人   我々に不一致な人   そして我々が好きな人   我々が嫌いな人   ---   )に対して愛を実行しなければなりません。我々は   「Ahavat   Hinnam」   を実行しなければなりません。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード」「殺人と死罪」「魂は神の所有物」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ミシュナータルムードアヴォート編」 「殺人と死罪」 「神の所有物」 Murder And The Death Penalty The Conflicting View of the Bible and Talmud 殺人と死罪」 聖書とタルムードの相反する見解 Whoever sheds the blood of men, ... The Talmudic View of the Death Sentence Two Additional Talmudic rulings ... A Final Reflection on The Death Sentence ... Whoever sheds the blood of men, ... from The Bible 人の血を流す者は誰でも、人によって彼の血が流される、なぜならば、神のイメージで、神が人を創造したからである。 [ --- 創世記 9:6 ] 人は神のイメージで創造されたゆえに、一人の人間を殺すことは、また神に対抗した罪であると考えられている。 人を打って死なせた者は必ず死刑に処せられる。(この法律は計画的な殺人にのみ適用されることが続く句によって示されている):ただし、彼が故意にではないならば......私はあなたのために一つの場所を定める、彼(殺害者)はそこに逃れることができる。 [ --- 出エジプト記 21:12-13 ] あなたたちは、死罪の判決を受けた殺害者の生命と引き換に保釈金を受け取ってはならない;彼は死刑に処せられなければならない。 [ --- 民数記 35:31 ] 古代のユダヤ人のまわりの社会は、被害者の家族が殺害者から金を受け取ることを許していた、起訴あるいは報復を実行しないという彼らの同意の代償として。マイモニデスが説明しているように、「被害者の魂は彼の家族の所有物ではなく、神の所有物である」、それゆえに聖書はこの慣例を禁止した。 (Mishneh Torah, "Laws of Muder and Preservation of Life" , 1:4 ) 聖書は、殺害者と他の特別に憎むべき犯罪者(例えば、ある人が殺人を犯したと虚偽の証言をする証人、他人を誘拐して奴隷にしたり売ったりする人)を処刑するために、二つの理論的解釈を提供する: その1) そうすることで、ほかの者たちは聞いて恐れをいだき、このような邪悪な事があなた方の中で二度と繰り返えされないであろう。 [ --- 申命記 19:20 ] 簡潔に言うと、聖書は、殺害者の処刑は抑止として役に立つという議論を提供している。最近では、死刑に反対の人々が、殺害者の処刑がこの機能に役に立つと信じるための理由がない、と議論している。アメリカの前首席検事のRobert Bork 検事が皮肉をもって回答した:「処刑が抑止とならないという主張は普通の人の常識に反している、そしておそらくこの理由のゆえに、多くの社会学者によって熱烈に支持された一つの教義である」 その2) そして、あなたの中から邪悪を取り除かねばならない。 [ --- 申命記 19:19 and 24:7 ] 聖書は、それに従う人々に、邪悪を憎むように、そして異様に邪悪な行ないを犯した人々を滅ぼすように義務づけている。(邪悪を行なう人々を必要としていないけれども) 最後の分析で、連合国は Nuremberg でナチの指導者たちを絞首刑にした、そしてイスラエルは Adolf Eichmann を処刑した。 彼らは、そうすることが将来の殺人の抑止になるであろう、と考えたからではなく、また、もしこれらの人々を解放すれば再び殺人をするかもしれない、と恐れたからでもなかった。むしろ彼らは、ナチの邪悪が処罰を受けるに足りるほどの巨大な悪であると信じた;ラビたちは言う「measure for measure(目には目を)」。 しかし、聖書は大量殺人の場合にのみ処罰を是認していると人々が議論しないように、あらゆる無実の人間の生命は無限の価値がある、とユダヤ人の教えは主張している。一人の無実の人間の殺人は最終の邪悪である、より多い十人の殺人はその等級を増す、しかしその邪悪を増すものではない。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-12 17:50:47.0
視聴回数:801回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ミシュナータルムードアヴォート編」   「殺人と死罪」   「神の所有物」   Murder   And   The   Death   Penalty   The   Conflicting   View   of   the   Bible   and   Talmud   殺人と死罪」   聖書とタルムードの相反する見解   Whoever   sheds   the   blood   of   men   ...   The   Talmudic   View   of   the   Death   Sentence   Two   Additional   Talmudic   rulings   ...   A   Final   Reflection   on   The   Death   Sentence   ...   Whoever   sheds   the   blood   of   men   ...   from   The   Bible   人の血を流す者は誰でも   人によって彼の血が流される   なぜならば   神のイメージで   神が人を創造したからである。   [   ---   創世記   9:6   ]   人は神のイメージで創造されたゆえに   一人の人間を殺すことは   また神に対抗した罪であると考えられている。   人を打って死なせた者は必ず死刑に処せられる。(この法律は計画的な殺人にのみ適用されることが続く句によって示されている):ただし   彼が故意にではないならば......私はあなたのために一つの場所を定める   彼(殺害者)はそこに逃れることができる。   [   ---   出エジプト記   21:12-13   ]   あなたたちは   死罪の判決を受けた殺害者の生命と引き換に保釈金を受け取ってはならない;彼は死刑に処せられなければならない。   [   ---   民数記   35:31   ]   古代のユダヤ人のまわりの社会は   被害者の家族が殺害者から金を受け取ることを許していた   起訴あるいは報復を実行しないという彼らの同意の代償として。マイモニデスが説明しているように   「被害者の魂は彼の家族の所有物ではなく   神の所有物である」   それゆえに聖書はこの慣例を禁止した。   (Mishneh   Torah   "Laws   of   Muder   and   Preservation   of   Life"   1:4   )   聖書は   殺害者と他の特別に憎むべき犯罪者(例えば   ある人が殺人を犯したと虚偽の証言をする証人   他人を誘拐して奴隷にしたり売ったりする人)を処刑するために   二つの理論的解釈を提供する:   その1)   そうすることで   ほかの者たちは聞いて恐れをいだき   このような邪悪な事があなた方の中で二度と繰り返えされないであろう。   [   ---   申命記   19:20   ]   簡潔に言うと   聖書は   殺害者の処刑は抑止として役に立つという議論を提供している。最近では   死刑に反対の人々が   殺害者の処刑がこの機能に役に立つと信じるための理由がない   と議論している。アメリカの前首席検事のRobert   Bork   検事が皮肉をもって回答した:「処刑が抑止とならないという主張は普通の人の常識に反している   そしておそらくこの理由のゆえに   多くの社会学者によって熱烈に支持された一つの教義である」   その2)   そして   あなたの中から邪悪を取り除かねばならない。   [   ---   申命記   19:19   and   24:7   ]   聖書は   それに従う人々に   邪悪を憎むように   そして異様に邪悪な行ないを犯した人々を滅ぼすように義務づけている。(邪悪を行なう人々を必要としていないけれども)   最後の分析で   連合国は   Nuremberg   でナチの指導者たちを絞首刑にした   そしてイスラエルは   Adolf   Eichmann   を処刑した。   彼らは   そうすることが将来の殺人の抑止になるであろう   と考えたからではなく   また   もしこれらの人々を解放すれば再び殺人をするかもしれない   と恐れたからでもなかった。むしろ彼らは   ナチの邪悪が処罰を受けるに足りるほどの巨大な悪であると信じた;ラビたちは言う「measure   for   measure(目には目を)」。   しかし   聖書は大量殺人の場合にのみ処罰を是認していると人々が議論しないように   あらゆる無実の人間の生命は無限の価値がある   とユダヤ人の教えは主張している。一人の無実の人間の殺人は最終の邪悪である   より多い十人の殺人はその等級を増す   しかしその邪悪を増すものではない。   実際に   ラビたちは信じている:たった一人が殺された   その多くの場合は   大量殺人の種類を構成している。これは創世記   4:10   にあるエピソードに基づいた見解である。   カインが弟のアベルを殺した時に   神は彼に叫んだ   「大地からお前の兄弟の血が私に泣き叫んでいる」この神が使った言葉は「d'mai」これは「bloods(血の複数形)」を意味する。ラビたちは質問している   なぜそれは”your   brother's   bloods”なのか   ”your   brother's   blood”ではいのか?彼らは答えている   「彼の血と全ての彼の子孫(決して生まれはしなかったが)の血」   [   ---   Mishna   Sanhedrin   4:5   ]   このように殺人者は   被害者から生まれるはずであった子供たち   そしてその彼らの子孫の全て   時が終わるまでの全て   に対して罪を担う。   聖書は死刑に関してとても多くの制限を置いている:少なくとも二人の証人があった場合に限って   死刑が実行されることができる。   [   ---   申命記   17:6   ]  

サムネイル

(お話です) 2 「タルムード」「命の大切さ」「慈善活動」「御皇室」

(お話です) 2  「ミシュナー・タルムード・ アヴォート篇」 「命の大切さと世界」 「慈善活動」 「御皇室」 「神宮」 「それはあたかも 全世界を救ったのと同じ」 It is as if he saved the Entire World ◎The Infinite Value of Each Human Life</色> from the Mishuna 一人の命を救う者は誰でも、それは彼があたかも全世界を救ったと同じである。 [ --- Mishuna Sanhedrin 4:5 ] タルムードに従うと、人間の命の無限の価値の証明は、神が最初に一人の人間、アダムだけを創造したことである。もしアダムが殺されていたならば、全ての人間は滅ぼされていた、そして反対に、彼が救われていたならば、全世界がそうなったであろう。 ユダヤ教の観点からは、各々の人が最高に重要であるということが多くを暗示する。その一つ、罪のない一人の人間を殺す人は、最終の罪を犯したことを意味する。さらに十人の人々を殺すことは、その罪の度合を増やすが、その激烈さを増やすものではない。この教えは、また社会的、政治的、そして経済的に同様な暗示をする。 Rabbi Irwin Kula が言っている: このタルムードの文章の光りの中に、各々の人間が、彼または彼女が無限の価値を持つかのように扱われるような世界をつくるために、我々が何を行なわなければならないか、それを我々は考え出す努力をしなければならない。実際に、一日に一ドルの食べものを欠くために人々が死ぬ時に、あらゆる人間が無限の価値があると言うことは、何の意味があるのであろうか? そのミシュナの中の同じ箇所が、アダムの創造から他の道徳的で論理的な学科を引き出すために、続けて書いている: from the Mishuna 人間の中での平和のために(ただ一人が最初に創造された)、それでひとりの人が彼の仲間に、「私の父はあなたの父よりも偉大であり...」と言うべきでない。 そしてまた神(聖なるお方、主よ祝福あれ)、の偉大さを示すために。人間が同じ鋳型で幾つかのコインを造るならば、それらは全て互いに同じ形である。しかし王の中の王である王(聖なるお方、主よ祝福あれ)は、全ての人間を最初の人間の鋳型で造った。そして、しかも彼らの一人は他の人と同一(identical)ではない。それゆえにあらゆる個人は、「私のために世界が創造された!」と言う義務がある。 [ --- Mishuna Sanhedrin 4:5 ]   悲しいかな、あらゆる個人の異なる型の一つの証明は、今日、主に犯罪学者たちに知られている。あらゆる人間は彼または彼女自身の指紋とオリジナルな面影を持っている:  When To Give, What To Give, How To Give ( Why Tzedaka Is Not Charity ) いつ与えるか、何を与えるか、いかにして与えるか (なぜツェダカは慈善とは違うのか) from The Torah もし、あなたの中の貧しい同胞がいるならば .... その貧しい同胞に対して、心をかたくなにせず、手を閉ざすことなく、彼に大きく手を開いて、必要とするものを十分に貸し与えなさい。 [ 申命記15:7-8 ] 慈善には8つの階級がある。各々はその次より高く、最も高い階級は、どれによっても越えることはできない。最高の慈善とは、貧しいユダヤ人に贈り物あるいはローンを与えることによって、あるいは彼を共同経営に参加させることによって、あるいは彼に仕事を見つけてあげるのを助けることによって、すなわち、他の人々の援助を分配することができる場所に彼を置くことによって、その貧しいユダヤ人を援助する人である。 [ --- Moses Maimonides,Mishuneh Torah, "Laws Concerning Gift to the Poor," 10:7 ] ユダヤ人の法律に従うと、慈善の最も高い形は、短期間であっても、それを必要としないことを保証することである。信頼おける慈善の継続は受取り人の勇気をくじく、という今日広く受け入れられていることを、マイモニデス(Moses Maimonides)は明白に直感していた。この理由で、彼が強調することは、貧しい人にローンを作り彼に仕事を見つけることである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-10 11:15:17.0
視聴回数:7011回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ミシュナー・タルムード・   アヴォート篇」   「命の大切さと世界」   「慈善活動」   「御皇室」   「神宮」   「それはあたかも   全世界を救ったのと同じ」   It   is   as   if   he   saved   the   Entire   World   ◎The   Infinite   Value   of   Each   Human   Life</色>   from   the   Mishuna   一人の命を救う者は誰でも   それは彼があたかも全世界を救ったと同じである。   [   ---   Mishuna   Sanhedrin   4:5   ]   タルムードに従うと   人間の命の無限の価値の証明は   神が最初に一人の人間   アダムだけを創造したことである。もしアダムが殺されていたならば   全ての人間は滅ぼされていた   そして反対に   彼が救われていたならば   全世界がそうなったであろう。   ユダヤ教の観点からは   各々の人が最高に重要であるということが多くを暗示する。その一つ   罪のない一人の人間を殺す人は   最終の罪を犯したことを意味する。さらに十人の人々を殺すことは   その罪の度合を増やすが   その激烈さを増やすものではない。この教えは   また社会的   政治的   そして経済的に同様な暗示をする。   Rabbi   Irwin   Kula   が言っている:   このタルムードの文章の光りの中に   各々の人間が   彼または彼女が無限の価値を持つかのように扱われるような世界をつくるために   我々が何を行なわなければならないか   それを我々は考え出す努力をしなければならない。実際に   一日に一ドルの食べものを欠くために人々が死ぬ時に   あらゆる人間が無限の価値があると言うことは   何の意味があるのであろうか?   そのミシュナの中の同じ箇所が   アダムの創造から他の道徳的で論理的な学科を引き出すために   続けて書いている:   from   the   Mishuna   人間の中での平和のために(ただ一人が最初に創造された)   それでひとりの人が彼の仲間に   「私の父はあなたの父よりも偉大であり...」と言うべきでない。   そしてまた神(聖なるお方   主よ祝福あれ)   の偉大さを示すために。人間が同じ鋳型で幾つかのコインを造るならば   それらは全て互いに同じ形である。しかし王の中の王である王(聖なるお方   主よ祝福あれ)は   全ての人間を最初の人間の鋳型で造った。そして   しかも彼らの一人は他の人と同一(identical)ではない。それゆえにあらゆる個人は   「私のために世界が創造された!」と言う義務がある。   [   ---   Mishuna   Sanhedrin   4:5   ]   悲しいかな   あらゆる個人の異なる型の一つの証明は   今日   主に犯罪学者たちに知られている。あらゆる人間は彼または彼女自身の指紋とオリジナルな面影を持っている:   from   the   Shulhan   Arukh   600   000人のユダヤ人を一緒に見ている人は次の祝福を暗唱している。「祝福されよあなた     我々の神   宇宙の統治者   賢いお方   あらゆる人の最も内部の考えを知っている人(すなわち   各々の人間の唯一さを正しく評価する人)」   [   ---   Shulhan   Arukh   Orakh   Chayyim   224:5   ]   ユダヤ人の法律の標準の法典であるShulhan   Arukh   のこの観点は   直感に反している。ほとんどの人々は巨大な群衆を見る時に   彼らの反応は   現われている各々の人の個性に焦点を当てることよりもむしろ   それを一つの巨大な集団   群衆(a   mob)と見ることである。   タルムードは同様に   大きな集まりの真ん中にいる一人の人に   現われている各々の人の知的な区別を思い起こすよう警告している:   from   the   Talmud   各々の心(mind)は他の人のそれと違っている   ちょうど各々の顔が他の人のそれと違っているように。   [   ---   Babylonian   Talmud   Berakhot   58a   ]   ◎The   Many   Sides   of   Each   Individual   from   A   Hasidic   saying   どの人も二つのポケットを持たなければならない   彼の必要に応じて   彼が一方にあるいは他方に手を伸ばすことができるように。彼の右のポケットには   「私のために世界が創造された」という言葉があり   そして彼の左には   「私はごみであり灰である」   [   ---   A   Hasidic   saying   quoted   by   Martin   Buber   Ten   Rungs   page   106   ]   from   Yiddish   proverb   もし私が彼のようになる努力をするならば   いったい誰が私のようになろうとするであろうか?   [   ---   Yiddish   proverb   ]   ハシディックのラビ   Zusha(d.   1800)がよく言っていた:   私が死んで天の審判の前に来たときに   もし彼らが「   Zusha     なぜお前はアブラハムのように偉大ではなかったのか?」こう私に尋ねるならば   私は恐れないであろう。「私はアブラハムの知的な能力を持って生まれて来なかった」   と私は言うであろう。そして   もし     Zusha     なぜお前はモーゼのようではなかったのか?」   こう私に尋ねるならば   「私はモーゼの指導力の能力を持っていなかった」   と私は言うであろう。しかし彼らが     Zusha     なぜお前は   Zusha   のようではなかったのか?」   こう私に尋ねた時には   私はどんな答えも持っていないであろう。   ハシディックのラビ   Menachem   Mendel   of   Kotzk(d.   1859)はこう主張した。人の特性はあらゆる出会いにおいて光り輝いている   そして彼または彼女が話しているその人を喜ばすためという理由で彼の本質を決して変えるべきではない:   If   I   am   I   because   I   am   I   then   I   am   I   and   you   are   you.   But   if   Iam   I   because   you   are   you   and   you   are   you   because   I   am   I   then   I   am   not   I   and   you   are   not   you.   もし私が私であるゆえに私が私であるならば   私は私でありそしてあなたはあなたである。しかし   もしあなたがあなたであるゆえに私が私であり   そして   私が私であるゆえにあなたがあなたであるならば   私は私ではなくそしてあなたはあなたではない。   When   To   Give   What   To   Give   How   To   Give   (   Why   Tzedaka   Is   Not   Charity   )   いつ与えるか   何を与えるか   いかにして与えるか   (なぜツェダカは慈善とは違うのか)   from   The   Torah   もし   あなたの中の貧しい同胞がいるならば   ....   その貧しい同胞に対して   心をかたくなにせず   手を閉ざすことなく   彼に大きく手を開いて   必要とするものを十分に貸し与えなさい。   [   申命記15:7-8   ]   慈善には8つの階級がある。各々はその次より高く   最も高い階級は   どれによっても越えることはできない。最高の慈善とは   貧しいユダヤ人に贈り物あるいはローンを与えることによって   あるいは彼を共同経営に参加させることによって   あるいは彼に仕事を見つけてあげるのを助けることによって   すなわち   他の人々の援助を分配することができる場所に彼を置くことによって   その貧しいユダヤ人を援助する人である。   [   ---   Moses   Maimonides   Mishuneh   Torah   "Laws   Concerning   Gift   to   the   Poor   "   10:7   ]   ユダヤ人の法律に従うと   慈善の最も高い形は   短期間であっても   それを必要としないことを保証することである。信頼おける慈善の継続は受取り人の勇気をくじく   という今日広く受け入れられていることを   マイモニデス(Moses   Maimonides)は明白に直感していた。この理由で   彼が強調することは   貧しい人にローンを作り彼に仕事を見つけることである。   from   The   Torah   もし同胞が貧しく   自分で生計を立てることができないときは   (文字通りには   「そして彼の手が落ちる」ときは)   寄留者ないし滞在者を助けるように   その人を助け   あなたはその人からローンの金利を取ってはならない   [   レビ記25:35-37   ]   「そして彼の手が落ちる」という語句に関して   あるラビの注解では   人は彼をひどい貧乏に落とすことを許してはならない   と教えているこの命令は   ロバの背に重い荷物の話に類似して説明されよう。ロバが立っている限りは   一人の人が   ロバを押さえてそして荷を乗せる。しかしロバが倒れてしまうと   五人の人ですら   ロバを起き上がらすことができない。   [   ---   Sifra   Leviticus   on   25:35-38   ]   この命令   「あなたはその人からローン金利を取ってはならない   ....」に関して   聖書の法律は   実際に   「全て」のローンの金利をとることを禁止している。しかし古代のユダヤ人の生活が   独占的な農耕経済から   農業と結合した経済   小さな事業に拡張した時に   事業の利益を分配することによって   貸し手に金利を稼ぐことを許した法律「合法的なfiction」をラビたちは制定した。   私はこれを「合法的なfiction」と呼び   そして通常の投資とは呼ばない。なぜならば   貸し手は   その事業が利益を出そうが出すまいが   彼の設定した割合を「稼ぐ」からである。   しかしこの法律条項は事業の利益だけに適用している。今日までユダヤ人は   必需品を買うための人にまで拡張されたローンに関しては   どんな金利を集めることも禁止されている。ユダヤ人の共同社会は   歴史を通してずっと   貧乏人に金利無しのローンを拡張するために   (貧乏人とは   繁栄を続けることを避けることに努力している人々)「Free-Loan   Societies」(ヘブライ語の”Gemakh”として知られている)を設立してきている。   あらゆる人の必要が   ローンや仕事の提供で満足されるわけではないので   ユダヤ人の伝統では   慈善に関連して二つの別個の提言をしている。貧乏の危機にある人々には   繁栄に変わるためにあらゆる可能性の選択を試みるように主張   そして莫大な財産を所有している人々には   寛大さを主張している。   The   Jewish   Message   To   The   Poor   貧乏の人々へのユダヤ教の教え   from   The   Talmud   通りにある動物の死体の皮をはいで   そして賃金を稼ぎなさい。そして「(私を援助してくれ)   私は偉大な賢者であって   この仕事は私には品位を落とす」   と言わないように。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   110a   ]   あなたの安息日(の食事)を平日(の質素な食事)のようにしなさい   そして他人に援助を求めないように。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   118a   ]   いくつかのラビの書物は   貧乏人に対して難かしい論理的議論を創造した。一方で   どんな選択もないときには   彼らに慈善を受け入れるように命令している。他方で   できるだけ長くその日を遅らす人々を称賛している。   老人   病人   あるいは非常に苦しんでいる個人のような慈善を受けることなしには生き残ることができない人で   しかも助けを頑固に拒む人は誰でも   自分を殺すという罪になる   ...   しかし慈善を必要としているが   それを取るのを遅らせて   そして共同社会に面倒をかけないように貧しく暮らす人は   他人のために支給するように生活しなさい。   [   ---   Rabbi   Jpseph   Karo(1488-1575)   Shulkhan   Arukh(The   Code   of   Jewish   Law)   Yoreh   Deah   255:2   ]   19世紀の   Vilna     ある裕福な男が彼の全ての財産を失った。彼は貧乏であることを大変に恥じて   彼の立場を誰にも知らせなかった   そして実際に栄養不良で死んでしまった。Rabbi   Israel   Salanter   (1810-1883)が恥じた町の人々を慰めた。「その男は飢えで死んでしまった   しかし自尊心が過渡であった。もし彼が自発的に助けを他人に求めて   そして彼の立場を打ち明けていたならば   彼は餓死することはなかったであろう。」   [   ---   Based   on   Shmuel   Himelstein   Words   of   Wit   page   169   ]   慈善を受け取る人が   自分自身を乞食以上に価値がないとして見ることを妨げるために   ラビは注目すべき法律を制定した。   慈善で生き残っている貧乏人でさえも   慈善を与えるべきである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Gittin   7b   ]   Back   to   this   page   top   The   Imperative   To   Respond:   Judaism's   Message   To   Everyone   Except   The   Poor.   応答すべき命令:貧乏の人々を除いたあらゆる人へのユダヤ教の教えユダヤ人の法律は   成功した市民が慈善を与えない理由で   貧乏の人々に向けた教えを引用することを意図していないし   あるいは   その教えを使うことで   物乞いに屈辱を与えることを意図していない。(例えば   「なぜあなたは町で動物の皮をはぎに行かないのか?」といった屈辱   など)   もし金持ちが貧乏人にこう言うならば:なぜあなたは出ていって仕事を見つけに行かないのか?あれらのものを見よ!   あれらの両足を見よ!   あの腹を見よ!   あの筋肉を見よ!その時   主なる神がその金持ちに言うであろう:あなたが彼にあなたのものを何も与えていないということで   あなたにとって十分ではないのか?あなたは   わたしが彼に与えたところのものを   また   ねたまなければならないのか?   [   ---   Leviticus   Rabbah   34:7   ]   ユダヤ人の教科書が   金持ちの人々に向けている時は   それらのメセージは貧乏の人々への教えとは全く違っている:   慈善は   他の全ての戒律を結合したものに   重要さにおいて等しい。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   9a   ]   内密に慈善を与える人は   モーゼよりも偉大である。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   9b   ]   しかしながら   英国のユダヤ人作家   Chaim   Bermant   が皮肉を言った   この種の偉大さは   「ユダヤ人がめったに熱望しないところの一つである。」   マイモニデスに従うと   匿名の寄付は慈善の第2番目に高いランクである。(寄付する側と受け取る側が互いに知らない   すなわち第三者あるいは慈善の組織を含む)私の祖父   Rabbi   Nissan   Telushkin   の聖なる記憶であるが:     貧しくなったあるラビの学生に対して生計の金が必要となった。祖父は   他のラビたちに彼への請願を呼びかけた   しかし受取人の身元を漏らすかもしれない全ての情報は隠した。Cincinnati   のある男   Rabbi   Eliezer   Silver   が祖父に金額欄が空白のままのサインのあるチェックを送ってきた。それにはこう書いてあった   「あなたは受取人の環境と身元を全体的によく知っている人であるので   あなたのみが   記入されるべきた正しい合計を知っているのです。」   マイモニデスが最も低いレベルとして   慈善の8番目のレベルと指摘したのは   人々がしばしば驚嘆する   「気難しく与える人」である。   (Mishuneh   Torah   "Laws   Concerning   Gifts   to   the   Poor   "   10:14)   もちろん   少しも与えないよりはいやいやなでも与える方がまだよいが。理想的には   人は喜んで与えるように熱望すべきである。数年前に   United   Jewish   Appeal   キャンペーンスローガンが勇気付けていた。「それが不都合とならないまで与えなさい!」   Leover   として知られているあるハシディックのラビが   こう教えた。もし人があなたに助けを求めにやって来た時に   「神があなたを助けるでしょう」   とあなたが彼に告げるならば   あなたは神に不信義な行ないをしている。なぜならば   神はあなたに貧乏な人を助けるように送ってきたのであり   その貧乏な人を全能なる神に追い返えさないように   とあなたは理解すべきである。   [   ---   Based   on   Lionel   Blue   with   Jonathan   Magonet   The   Blue   Guide   to   the   Here   and   Hereafter   page   168   ]   Nikolsberg     Rabbi   Shmelke   (d.1778)   が言った:   貧乏人があなたに助けを求めにやって来る時は   彼を助けないための口実として   彼の欠陥を使ってはいけない。なぜならば   その時は   神はあなたの罪を探すであろう   そして神は多くを見つけるに違いない。   Arthur   Kurzweil   は言っている:   この引用は   金を求めている酒飲み人を扱っている時に   何らかの助けとなる。「彼は酒にそれを使うだけだ」   という理由で私が彼に金を拒むことは   助けにはならない。   [   ---   The   Treatment   of   Beggars   According   to   Jewish   Tradition   page   110   ]   乞食の問題に関しては   何が道徳的に正しいか私は知らない   と告白する。   この問題の議論に関して   ほとんど全ての慈善的な組織そして社会のために働く人はコメントした:乞食に与えることは   乞食に対しても   そして継続的に世話する所に対しても   結局は悪い。多くの数の乞食によって洪水のようになった時   私は自分の行動に一貫性がないのを見ている。(私が住むNew   York   City   の歩行者は   一日に20回以上もしつこくせがまれる)私がいつ誰に与えるかを決定する明白な理論的な解釈なしに   私はある人には与え   他の人には通り過ぎる。   私がただ知っていることは   「わたしはずっと食べていない   わたしは腹ぺこだ」   と誰かが言う時に   歩き去るのが難しいと私が見ていることである。もし人が(いくらかの)慈善を与えることを避けるために彼の目を閉じるならば   それはあたかも彼が偶像崇拝の罪を犯している。   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   68a   ]   けちくさいことと偶像崇拝との間の見たところこじつけの関係は   近代のタルムード学士   Rabbi   Adin   Steinsalz   によって解説されている:   彼の金が   神から来ているということを知っている人は   彼の金から貧乏人に与えるであろう。しかし貧乏人に与えない人は   彼自身の力(そして知恵)が単独に彼の持っている全てに責任があると明白に信じている。彼が彼自身をあらゆるものの排他的な源泉であるとして断定する限りにおいて   これは偶像崇拝の一つの形である。   [   ---   Commentary   on   Ketubot   page   302;   Hebrew   edition   of   Steinsalz   Talmud   ]   主要な現代ラビの名士である   Rabbi   Israel   Meir   Ha-Kohen   Kagan   (1838-1933)   彼はthe   Haffetz   Hayyim   として知られている人   彼はこのタルムードの格言を聖書の句に結び付けている:「あなたは   あなた自身のために銀の神   金の神を造ってはいけない(出エジプト記20:20)」   すなわち金や銀を神にしてはいけない。(Ahavat   Chesed   Chapter   10)   ラビたちの観点では   偶像崇拝のローマ社会の破滅的な特徴の一つは   芸術の美的に先進的ではあるが   貧乏人に対する残酷な無関心にあった。ある賢者の報告にある。Rabbi   Joshua   ben   Levi   がローマに行った時に   彼は   布で覆われた大理石の寝台を見た。暑さからひび割れせずに   寒さから凍らないように。彼はまた   ある貧乏人が下にわらのマットだけ   上にわらのマットだけ   であるのを見た。   [   ---   Pesikta   de-Rav   Kahana   9:1   ]   我々は   イスラエルの貧乏人と一緒に生活している非ユダヤ人の貧乏人を支援する。   [   ---   Babylonian   Talmud   Gitten   61a   ]   back   to   this   page   top   ◎Steady   Giving   習慣的な寄付   from   the   Shulkhan   Arukh   祈りの前に慈善を与えることは良いことである。   [   ---   Shulkhan   Arukh   Orakh   Chayim   92:10   ]   今日最も伝統的なシナゴークでは   ウィークデイの朝の祈りのサービスの間   (安息日や祝日には金を扱うことが禁止されている)小さな「プシュケ(慈善箱)」が回される   そして人々は貢献することが期待されている   たとえただ僅かな金額であっても。   ふさわしい一人に千の金貨を与える人よりは   それぞれがふさわしい理由のある千の異なった機会に千の金貨を与える人の方が   寛大である。   [   ---   Anoymous;   sixteenth   century   Orhot   Zaddikim   (The   Ways   of   the   Righteous)   ]   その著者はこう仮定しているものと私は信じている:散発的   衝動的よりは   むしろ習慣的に寄付する行為が人をより寛大になるために慣らす。それがすなわち   安息日に入る直前の毎金曜日の午後に   子供たちに慈善箱の中に金を入れるように習慣とし続けている理由である。これは   今でも多くのユダヤ人によって守られている。   from   the   Talmud   断食の長所は(分配された)慈善である。   [   ---   Babylonian   Talmud   Berakhot   6b   ]   このタルムードの注釈として   中世の学士   the   Maharasha   は説明している:断食の前には   人々は彼らが食べないことによって節約した分の金を慈善として分配する習慣があった(Babylonian   Talmud   Sunhedrin   35a)。不幸にして   この美しい習慣はほとんど全ての現代のユダヤ人に知られていない。それは復興すべきである。   back   to   this   page   top   ◎How   Much   Charity   Should   A   Person   Give?   一人がいくらの慈善を与えるべきか?理想的には   人は彼または彼女の収入の10パーセントを最小として寄付すべきである   ユダヤ人の法律では下限と同様に上限を置いているけれども。寄付をしたい人は(一般的に)彼の収入の五分の一以上を与えるべきではない   さもなければ彼が慈善を必要とするようになるからである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   50a   ]   修道僧の命令を引受る貧困の誓いによって集約されているように   初期のクリスチャンの貧乏の理想化に対して   タルムード法律は対象的にそれ応答している。ラビたちは貧乏を呪いとして見ていた:   この世には貧乏以上に耐えることが難しいものは他になにもない。なぜならば   貧乏によって潰された人はこの世のもめごとの全てがくっついて離れない人のようである...。我々のラビは言った   「もし   この世の全ての苦難と痛みが(天秤の一方に)集められ   貧乏が他の側に集められたならば   貧乏の方がより重いであろう」   [   ---   Exodus   Rabbah   31:14;   →この本の第61章を見よ   ]   このように   もしそれが正直な方法においては   財産のある人は適切な量の慈善を与える限りは   ユダヤ人の法律は富の蓄積を何か悪いこととは決して見ていない。   慈善の最低額と最高額を設定する場合   その心理学的な知恵は二つの部分からなる:   一つは   彼らがそれ以上を与えるようにと人々を勇気づける。(彼らの収入の2から3パーセントを慈善に与える人は   普通   彼ら自身気前が良いと考えている   と私は見ている)もう一つは   必要な額を寄付した敏感な人々に   彼らの所有を罪なしで楽しむことを可能にする。   ◎But   Aren't   Many   Beggars   Fakers   ?   しかし多くの乞食たちのほとんどは大ぼら吹きであると主張して   乞食に金を与えない人々(おそらく我々を含めて)を我々はみな知っている。ユダヤ人の史料は   この議論をいかに扱っているであろうか?   from   the   Talmud   ラビ・ハニナは貧しい人を知っていた。毎回きちんと   安息日の前に   彼に4ズジームの金銭を送っていた。ある日   ラビ・ハニナが妻を介してその金額を送った。彼女は帰ってきた   そしてその男はそれをもらう必要はないとラビ・ハニナに言った。(ラビ・ハニナは妻に尋ねた)お前は何を見たのか?(彼女は答えた)私は   彼がこう質問されていたのを聞いたのです:「あなたの安息日の食事は   銀色の食卓ですか   あるいは金色の食卓ですか?」(ラビ・ハニナは彼女に答えた)Rabbi   Elazar   ben   Pedat   が言ったのはそんな場合のためである:   「我々は   貧乏人の中に不正直な者たちがいるのをありがたく思うべきである。   もし彼らがそうでなければ   (あらゆる乞食の現われに応答していない)我々は   毎日罪を犯していることになるのだから。」   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   68a   ]   このアプローチは   あるハシディックなラビによって補強されている。Rabbi   Chaim   of   Sanz   (d.   1786)   は言った:慈善の長所は偉大なので   私は百人の乞食に喜んで慈善を与える   たとえ実際に必要としているのがその中のたった一人であっても。しかし何人かの人々は   一人がにせものだという事実をもって   百人の乞食に慈善を与えることを拒むように行動している。Rabbi   Chaim   の誇大な声明にもかかわらず   ラビたちは   裕福なごまかしの乞食を   彼らの盗癖のゆえに   そしてある人々に慈善を与えることを遠ざけているゆえに   軽蔑した。命令によって大ぼら吹きな乞食たちを消し去ることは不可能であったので   ラビたちは彼らの嘘を真実に変えるために天国に熱望した:我々のラビは教えた。もし人がめくら   膨れた腹   あるいは縮んだ足を持っているふりをしているならば   彼は   実際にそんな状態になる前にこの世を去ることはないであろう。   慈善を受け取る人が   それを必要としない人ならば   彼の終わりはこうなる:   「実際にそんな状態(慈善を受け取る必要のある人)になる前にこの世を去ることはない」   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   68a   ]   from   the   Talmud   タルムードは教えている   人は一人の乞食に多額を与える必要はないけれども   少なくとも少額を与える努力をすべきである。マイモニデスは規定した   人が全く何も与えないならば   人は少なくとも楽しい挨拶を広げるべきである。   これは重要な与えられたガイドラインのように見える。我々の多くが   大きな都市に溢れている乞食たちに冷たく向っている。   ある貧乏人が   「私に着物を与えてくれ」と言う時   彼は調査されるべきである(彼にだまされないように)。ある貧乏人が   「私に食べものを与えてくれ」と言う時は   彼は調査されるべきではない(すぐに食事を与えなさい   調査中に餓え死にしないように)。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   9a   ]     Kovno   の町に一人の乞食がやって来た   そして住民から多額の金を集めた。その町の人々はすぐに彼が詐欺師であることを発見した。彼は実際に裕福な男であった。町の評議会は   Kovno   の町に乞食がお金を集めにやってくるのを禁じる条例を作りたかった。Kovno   のラビ   Rabbi   Yitzchak   Elchanan   Specter   (1817-1896)   がその提案された条例について聞いた時   彼は評議会の前に来て話す許しを求めた。彼は言った   「誰があなた方をだましたのですか。金を必要としている人ですか   裕福な人ですか?それは貧乏のふりをした裕福な人であったのです。もしあなた方が条例を作りたいならば   義援金を集めるのを禁ずるのは   金を必要としている乞食ではなく   裕福な人たちを禁じるべきです。」   [   ---   Irving   Bunim   Ethics   from   Sinai   Vol.3   page   121   ]   ◎Isn't   It   God's   Will   That   The   Poor   Be   Poor   ?   貧乏人が貧しいのは神の意志なのか?   from   the   Talmud   タルムード時代のラビは   貧乏人の苦しみは神の意志であるに違いない   という今ではめったに引用されない議論をしばしばさせられた。事実   ある有名なローマの高官によって   タルムードの偉大な賢者に提出された議論がある。   Rabbi   Meir   は言ったものだ。あるユダヤ教への批判家が   あなたに対して議論をしかけてくるかもしれない   「もしあなたの神が貧乏人たちを愛しているならば   なぜ神は彼らを支援しないのか?」彼に言いなさい   「貧乏人たちを通して   我々が死んだ後に我々が罪から救われるためである。」実際に   Turnusrufus(ユダの地のローマの高官)によって   ラビに出された質問。「もしあなたの神が貧乏人たちを愛しているならば   なぜ神は彼らを支援しないのか?」ラビは答えた   「貧乏人たちを通して   我々が死んだ後に我々が罪から救われるためである。」Turnusrufusは言った   「いや   ちょうど反対に   これゆえに   あなたが死んだ後にあなたは罪を追求される。私はたとえ話を通してあなたにそれを証明しよう。これを想像しなさい。ある意地の悪い王様が   彼の召し使いに怒って   彼をろうやに閉じ込めた。そして彼に食べ物も飲み物も与えないように命令した。そしてある男がやって来て   彼に食べ物と飲み物を与えた。もしその王様が聞いたならば   はたして彼はその男を怒らないであろうか?」   ラビは彼に答えた   「私はたとえ話を通してあなたに答えよう。これを想像しなさい。ある意地の悪い王様が彼の息子に怒って   彼をろうやに閉じ込めた。そして彼に食べ物も飲み物も与えないように命令した。そしてある男がやって来て   彼に食べ物と飲み物を与えた。もしその王様が聞いたならば   はたして彼はその男に褒美をあげないであろうか?」   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   10a   ]   ラビは   Turnusrufus   がいう貧乏は神からの罰であるという議論を受け入れたように見えるけれども   貧乏の人々は神の子供たちであり   そしてそれに従って扱われる権利を与える   と彼は主張し続けている。最も重要なことは   貧乏人への我々の助けを神が喜ぶと主張していることである。加えて   神の子供たちであることは   貧しい人々を食べ物   飲み物   お金だけでなく   同様に   恥をかかせないですませる権利を与える。   ◎Guarding   The   Dignity   Of   The   Poor   貧しい人の自尊心は幾つかの方法で安全に守られる。   1.   貧乏のある数量は避けられない   ということをあらゆる人に思い起こすことによって   自尊心は守られる。   私が命令したあなた方の土地に   貧乏人が絶えることは決してないであろう   だから   貧乏人に対してあなた方の手を開きなさい。   [   申命記   15:7-8   ]   2.   金持ちの人々が   慈善を通して神の命令を果たすために   個人的な「必要」を持っている   ということを教えることによって   自尊心は守られる。   Rabbi   Joshua   ben   Hananiah   は言った:金持ちが(慈善を与えることによって)   貧乏人のためにするよりも   貧乏人が(慈善を受け取ることによって)   金持ちのために多くする。   [   ---   Leviticus   Rabbah   34:11   ]   Rabbi   Joshua   の教えは   ユダヤの民間伝承である「shnorrer(乞食)」のイメージを創造することを助けた。(Sigmunt   Freud   が引用した   Jokes   and   Their   Relationship   to   the   Uncinscious     多くのジョークの中で   「shnorrer(乞食)」は恥じるべきで服従的であるよりも   むしろ誇るべきそして肯定的である。乞食は寄付する人の金に「権利がある」と感じている   なぜならば   彼は寄付する人に「戒律」を実行するための機会を与えることで大きな好意をしている。一つの意味深い話ある:   「shnorrer(乞食)」が毎週ある男から決まった寄付を受け取る習慣があった。ある日   彼は金を求めてやって来る時   その男は彼に何も与えることができないと言う。「私は最近恐ろしく出費をしてしまった。私の妻がたいへんな病気になり   そして私は彼女をCarlsbadの健康保養地に送った。そこはとても寒かったので   私は彼女に新しい衣服と毛皮のコートを買ってしまったのだ。」「何と!」   その乞食は叫んだ。「私の金で?」   3.   裕福な人々の現在の経済状態が劇的に変化する   ということを彼らに印象付けることによって   自尊心は守られる。Rabbi   Hiyya   は彼の妻に忠告した   「貧しい人が玄関に来るならば   素早く彼に食べ物を与えなさい   その同じことがあなたの子供たちになされるように」彼女は絶叫した   「あなたは子供たちを呪うのですか(彼らが乞食なるように暗示して)」しかしRabbi   Hiyya   は答えた   「この世界は回転している車輪である」   [   ---   Babylonian   Talmud   Shabbat   151b   ]   人は   生活は回転している車輪のようであり   最後には彼あるいは彼の子供あるいは彼の孫たちが慈善をもらうように変えられるかもしれない   という事実を深く考えるべきである。それゆえ彼は「貧乏人に与えることによって   いったい私がどれほど私の富を減らすことになるのか?」と考えるべきではない。そうでなく   彼の富が彼自身のものではなく   預金者(神)の意志としての信用として彼に預金されただけであるのだ   と理解すべきである。   [   ---   Abridged   Code   of   Jewish   Law   by   Rabbi   Solomon   Ganzfried   (1804-1886)   34:1   ]   ある正直な男   Reuben     Shimon   に金を貸してくれるように求めた。ためらいもなく   Shimon   はローンを与えた   しかしこう言った   「私は実際にこれを贈り物としてあなたに与える」Reuben   はたいへん恥じて   そして当惑させられた。それで彼は決してShimon   に再びローンを求めることはなかった。明らかに   この場合は   Reuben   にその種の贈り物を与えないほうが良かったであろう。   [   ---   Judah   the   Pious   Sefer   Hasidim   (the   thirteenth-century   Book   of   the   Pious)   paragraph   1691   ]   疑いもなく善意であるけれども   Shimon   の振る舞いは受け取り手に屈辱を与えた   彼がもはや平等でなく   より低い社会レベルの乞食であるという感じを与えることによって。このエピソードは私にこうした評論を思い起こす:昔   ラビがある大博愛主義者を論評をした   「彼は   本当に良い人間であるように   あまりにも多くの慈善を与えるのが好きである」すなわち   彼は与えることで慈善を受けている他の人々から   あまりにも多くの満足を引き出している。   ◎Subtlety   In   Giving   与えるときの敏感さ   著名な20世紀の正当派の賢者   Rabbi   Aharin   Kotler   彼は自分の振る舞いが注意深い調査にさらされたのを知っていた。昔   彼がシナゴーグに入ってゆき   そして再び出てきた時に   彼が同じ乞食にお金を与えているのを観察された。なぜ彼が同じ男に二度与えたのかと質問された時に   Kotlerは答えた   「自分がその貧乏人を見過ごしている   と誰かが見ていて   その男が援助される価値がないと判断するかもしれないことを恐れた」   ◎If   All   Else   Fails:   Pragmatic   Reasons   For   Giving   Charity   慈善を与えるための実用本位な理由   慈善は死から救う。[   ---   箴言   10:2   ]   ほとんどのユダヤの文献はこのことを   慈善は寄付する人を早い死から救うという意味であると理解している。多分この句は文字どおりに   慈善は受取人を救う   と翻訳されるべきである。   ある人が   「私はこのコインを慈善に与えている   私の子供が生きるように」   あるいは「次の世界の中に私がそれを作るように」   と言うならば   彼は完全に正当であると認められる(彼の自己本位な動機であるにもかかわらず)。   [   ---   Babylonian   Talmud   Pesachim   8a-b   ]   Something   Greater   Than   Charity:   Gemilut   Chesed   Acts   Of   Loving-kindness   慈善よりも偉大なこと:Gemilut   Chesed   愛のある親切な行動   from   the   Talmud   我々のラビは教えた:「愛のある親切な行動(Gemilut   Chesed)」は3つの方法で慈善よりも偉大である。慈善は   人の金でなされる   一方   「愛のある親切な行動」は   人の金でなされるか   あるいは   人自身でなされる。(例えば   病人に時間を費やすこと)慈善は   貧乏人のみに与えられる   一方   「愛のある親切な行動」は   貧乏人と金持ちの両方に与えられる。(例えば   喪中あるいは気のふさがった人を慰めること)慈善は   生きている人にのみ与えられる   一方   「愛のある親切な行動」は   生きている人と死んだ人の両方に与えられる。(例えば   貧しく死んだ人に対して正しい埋葬を整えることによって)   [   ---   Babylonian   Talmud   Sukkot   49b   ]   ラビは   神を   愛のある親切な行動の原形の模範であると考えた。トーラ自体が   人々に主の道を歩くように命令している。   (申命記13:5)   神が裸の人に衣服を着せた----それゆえ   あなたもまた裸の人に衣服を着せるべきである。「そして主はアダムと彼の妻のために皮の衣服を作った   そして彼らに着せた」   (創世記3:21)   神が病人を訪問した----それゆえ   あなたもまた病人を訪問すべきである。「主はマムレのテレピンの木のそばで   (アブラハムに)現われた」   (創世記18:1   これはアブラハムが90才で割礼をしてすぐ後であった)   神が死人を埋葬した----それゆえ   あなたもまた病人を埋葬すべきである。「主はモアブの谷で(モーゼを)埋葬した」   (申命記34:6)   神が喪中の人を慰めた----それゆえ   あなたもまた喪中の人を慰めるべきである。「そしてアブラハムの死んだ後   主は彼の息子イサクを祝福した」   (創世記25:11)   [   ---   Babylonian   Talmud   Sotah   14a]   そのラビは   卓越と同等に   死人の埋葬を「愛のある親切な行動」として見た   なぜならば   「受取人」である死人に   必然的にその良い行動の見帰りを支払うどんな希望もないからである。実際   Haffetz   Hayyim   は「愛のある親切な行動(Gemilut   Chesed)」を   「人が見帰りとして何も得ないで   他人のために行なう良い行為」として定義した。   ◎A   Final   Thought   一つの最終的な思想   人は   物質的なもの以上に精神的に関係を持つべきである   しかし他の人の物質的な繁栄は   その彼自身の精神的な関心事である。   [   ---   Rabbi   Israel   Salanter   (1810-1883)   founder   of   the   Mussar   movement   a   movement   that   put   particular   emphasis   on   ethical   self-improvement   ]   ロシアの宗教的   な理想主義者   Nikolai   Berdyaev   (1874-1948)   はより詩的に同じ考えを表した。私自身のためのパンの質問は   物質的な質問である。しかし私の隣人のためのパンの質問は   精神的な質問である。  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「ユダヤ教の途絶えぬ信仰」「ミシュナータルムードアヴォート」「生活を選択すること」「平和の価値」

合唱組曲島よ(朗読) (お話です) 「ユダヤの方々の歴史と意識と特色」 「ミシュナー・タルムード(アヴォート編)」 「生活を選択すること」 「平和の価値」 「生活を選択すること」 ◎Choosing life ラバン・シメオン・ベン・ガマリエル(Rabban Simeon ben Gamaliel)は言った、世界は三つの物の上に立って守られている: 真実(by truth)と 審判(by judgment)と 平和(by peace)とによって。 [ Avot 1:18 ] あなたは海を探しに出かけた魚の話を憶えているかもしれない。いたるところを探した後、海は単純に存在していなかったとその魚は決定した。今年に我々が一緒に勉強したところのものについて、あなたはおそらくこんな風に感じているかもしれない。我々がそれを一緒にする時に、それは全て何の意味があるのか?それが全て何についてであるかを忘れずにいる方法はあるのか? たとえそうでも、我々の勉強の中にユダヤ人の道徳の全てをカバーしてきているわけではない。ユダヤ人の道徳の主題に関しては厖大な量の文献がある、 そして我々は単にその表面をひっかいたにすぎない。我々は氷山の先端だけを勉強してきた、とあなたは言うかもしれない。しかし、極めて重大な我々の伝統の価値や概念のほとんどのうちの幾つかを我々は話してきた。共同体社会の重要さ、政府の重要さ、労働の重要さ、トーラの重要さ、そして名誉と尊敬の重要さ、その他について我々は触れてきた。 最初、あなたはあなた自身にこう言うかもしれない:「確立」した道徳がある。それらは個人として自由になることを許していない。それらはただグループにとって何が良いかを用意している。しかし我々は、それはあなたの権利を一個人のものであることを保証し、力と権威の誤った使用からあなたを保護し、あなたの自由を保護している、そのような我々の伝統の価値を話してきた。 これらは生活そのものの価値である ---選択の自由、互いへの感受性、友情と仲間意識、開かれた信用できる議論、そして公平で平等な審判。これらの価値の中で、我々は人間の精神の最も深い熱望を認めることができる。一緒に、共同的で個人的な価値は、高貴な人間の共同社会に対する基礎を我々に提供している:真実を基礎に、審判を基礎に、そして平和を基礎にした共同社会である。 ◎Preserving the world あなたが属しているかもしれない多くのグループの中の、ユダヤ人の人々は最も多くの要求がある。我々は命じられている:「あなたは、主あなたの神をあなたの全ての精神をこめて、あなたの全ての心をこめて、そしてあなたの全ての力をこめて、愛さなければならない」(申命記 6:5)何のさらなる要求が作られることがあったのか?しかし我々がアボットの勉強で見てきたように、我々が神を愛するというのは何を意味するのかを解く場合に、それは人間の世界の中で行動する間に神の法律に従うことである、ということをラビたちは見せてきた。商人たちは、彼らから買う人々を公正に扱わなければならない。農民たちは、公正な測りで収穫物を測らなければならない、そして彼らの客をだまさないように。人は、彼または彼女の使用人から賃金の支払をたとえ一晩でも控えてはならない --- 賃金の支払は時間どおりになされなければならない。慈善は全てに対して要求される --- 貧乏人でさえ慈善をする方法を発見するべきである。「Gemilt Hasadim(神からの乳離れ)」、報酬なしを約束している愛の行動、が命じられている: 我々は病人を 見舞わなければならない、 我々は孤児や未亡人を 助けなければならない、 我々は見知らぬ人を正当に 扱わなければならない、 死人の埋葬の必要が生じた時に 我々は援助しなければならない。 これらの具体的な行動は、 これらそしてもっと多くの、 神に対する我々の 愛の地上での表現である。 しかし特に三つの価値が主要である、その重要さの点で、そして我々が一緒にしてきた勉強の全てのまとめという点において。ラバン・シメオン・ベン・ガマリエルの言葉 [ Avot 1:18 ] では、世界は三つの物の上に立って守られている: 真実(by truth)と 審判(by judgment)と 平和(by peace)を示して。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-07 17:37:07.0
視聴回数:4804回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)   (お話です)   「ユダヤの方々の歴史と意識と特色」   「ミシュナー・タルムード(アヴォート編)」   「生活を選択すること」   「平和の価値」   「生活を選択すること」   ◎Choosing   life   ラバン・シメオン・ベン・ガマリエル(Rabban   Simeon   ben   Gamaliel)は言った   世界は三つの物の上に立って守られている:   真実(by   truth)と   審判(by   judgment)と   平和(by   peace)とによって。   [   Avot   1:18   ]   あなたは海を探しに出かけた魚の話を憶えているかもしれない。いたるところを探した後   海は単純に存在していなかったとその魚は決定した。今年に我々が一緒に勉強したところのものについて   あなたはおそらくこんな風に感じているかもしれない。我々がそれを一緒にする時に   それは全て何の意味があるのか?それが全て何についてであるかを忘れずにいる方法はあるのか?   たとえそうでも   我々の勉強の中にユダヤ人の道徳の全てをカバーしてきているわけではない。ユダヤ人の道徳の主題に関しては厖大な量の文献がある   そして我々は単にその表面をひっかいたにすぎない。我々は氷山の先端だけを勉強してきた   とあなたは言うかもしれない。しかし   極めて重大な我々の伝統の価値や概念のほとんどのうちの幾つかを我々は話してきた。共同体社会の重要さ   政府の重要さ   労働の重要さ   トーラの重要さ   そして名誉と尊敬の重要さ   その他について我々は触れてきた。   最初   あなたはあなた自身にこう言うかもしれない:「確立」した道徳がある。それらは個人として自由になることを許していない。それらはただグループにとって何が良いかを用意している。しかし我々は   それはあなたの権利を一個人のものであることを保証し   力と権威の誤った使用からあなたを保護し   あなたの自由を保護している   そのような我々の伝統の価値を話してきた。   これらは生活そのものの価値である   ---選択の自由   互いへの感受性   友情と仲間意識   開かれた信用できる議論   そして公平で平等な審判。これらの価値の中で   我々は人間の精神の最も深い熱望を認めることができる。一緒に   共同的で個人的な価値は   高貴な人間の共同社会に対する基礎を我々に提供している:真実を基礎に   審判を基礎に   そして平和を基礎にした共同社会である。   ◎Preserving   the   world   あなたが属しているかもしれない多くのグループの中の   ユダヤ人の人々は最も多くの要求がある。我々は命じられている:「あなたは   主あなたの神をあなたの全ての精神をこめて   あなたの全ての心をこめて   そしてあなたの全ての力をこめて   愛さなければならない」(申命記   6:5)何のさらなる要求が作られることがあったのか?しかし我々がアボットの勉強で見てきたように   我々が神を愛するというのは何を意味するのかを解く場合に   それは人間の世界の中で行動する間に神の法律に従うことである   ということをラビたちは見せてきた。商人たちは   彼らから買う人々を公正に扱わなければならない。農民たちは   公正な測りで収穫物を測らなければならない   そして彼らの客をだまさないように。人は   彼または彼女の使用人から賃金の支払をたとえ一晩でも控えてはならない   ---   賃金の支払は時間どおりになされなければならない。慈善は全てに対して要求される   ---   貧乏人でさえ慈善をする方法を発見するべきである。「Gemilt   Hasadim(神からの乳離れ)」   報酬なしを約束している愛の行動   が命じられている:   我々は病人を   見舞わなければならない   我々は孤児や未亡人を   助けなければならない   我々は見知らぬ人を正当に   扱わなければならない   死人の埋葬の必要が生じた時に   我々は援助しなければならない。   これらの具体的な行動は   これらそしてもっと多くの   神に対する我々の   愛の地上での表現である。   しかし特に三つの価値が主要である   その重要さの点で   そして我々が一緒にしてきた勉強の全てのまとめという点において。ラバン・シメオン・ベン・ガマリエルの言葉   [   Avot   1:18   ]   では   世界は三つの物の上に立って守られている:   真実(by   truth)と   審判(by   judgment)と   平和(by   peace)とによって。   ■真実(By   truth)   それが真実に来るとき   我々は互いを信頼しなければならない。信頼が全ての人間の関係に最も深いきずなになっているほどに   我々は互いにたいへん依存している。我々の相続権である我々の伝統を我々に教えてくれる他人を信頼している   そして我々が我々自身でそれを判断するほどに   彼らがそれを我々に真に与えるであろうと信頼している。ヒレルとシャマイについて一つの有名な話がラビによって話された   真実がいかに全ての学びの基礎になっているかを見せるために。   不信仰者がシャマイのところにやってきた   そして言った   「私はあなたと学びたい   しかし最初に私に告げて下さい。一つのトーラ以上のものがあるのですか?」   シャマイは答えた   「二つのトーラがある   ---   the   written   Torah(書文のトーラ)と   the   oral   Torah(口伝のトーラ)とが」そのとき不信仰者は言った   「私自身で読むことができる書文トーラに関しては   私はあなたを信頼するでしょう。しかし口伝トーラに関しては   そうではありません」それでシャマイは全く彼を教えることを拒んだ。その同じ不信仰者がヒレルのところにやってきて同じ質問をした。彼は同じ回答を受けた。「私に書文トーラだけを教えて下さい」   と彼はヒレルに言った。そしてヒレルは同意した。授業の最初の日に   ヒレルはその不信仰者にアレフ・ベイト(Aleph-Bet)を教えた。正しい順序になるように   彼は文字を何度も繰り返したので   その異教徒はそれらを学んだ。   「アレフ(Aleph)   ベイト(Bet)   ギーメル(Gimel)   ダレット(Dalet)   ...     しかしその次の日に   彼が復習にやってきた時   ヒレルは始めた。   「アレフ   ギーメル   ダレット   ベイト   ...     その不信仰者は混乱して言った   「やめて下さい   昨日あなたはこう教えました   『アレフ   ベイト   ギーメル   ダレット   ...』   そして今日は   『アレフ   ギーメル   ダレット   ベイト   ...』   と教えました。   どっちが真実なのですか?」   その時   ヒレルは答えた   「あなたはアレフ・ベイトの真実に対して私を信頼しなければならない。同じように   あなたは我々の伝統の真実に対してもまた私を信頼しなければならない」   (Shabbat   31a)   同じように   我々の伝統の真実に対して我々はお互いを信頼しなければならない。   この本の中で   我々はアボットの言葉を勉強してきた   そしてそれらをユダヤ人の知識の伝統に立つものと認めてきた。世界は   この伝統を習得し   それで生き続けることをユダヤ人に頼っている。それは   我々が世代から世代に通過させ   それをレビューし   そしてより大きくしてきた真実の伝統である。   今や   真実を探求することはユダヤ人としてあなたの責任である。それは   あなたがそのために選ばれた責任である   そしてそれゆえにユダヤ人は「選ばれた民(Chosen   People)」と呼ばれているのだ。しかし真実はあなたからずっと遠くにいるわけではない   ---   それはあなたの気持ちの中に   あなたの心の中にある。   あなたは   あなた自身を信頼することを学び   あなた自身で審判することを学び   あなた自身で決心することを学ばなければならない。あなたは我々の伝統の最も新しい連結(link)である   勉強を通して   探求を通して   あなたは真実を学ばなければならない。次の世代は彼らの相続権をあなたに頼るであろう   あなたが全て充満に学んできた伝統を通過させるであろうことを期待して。あなたが   何がそうであろうかというその真実である。   ■<審判(by   judgment)   我々はまた   あなた自身そしてあなたのまわりの世界の審判として   あなたが演じることの重要な部分を勉強してきた。そしてラバン・シメオンの言葉に中で   市民の世界が頼っているその三つの柱うちの一つは   審判という柱である   ということを彼は我々に思い出させる。シメオンは   「正義(justice)」という言葉を使わないで   むしろ「審判(judgment)」という言葉を選んだことに注意しなさい   ---   審判は法律の法廷の中としての意味がある。そしてシメオンの選んだ言葉のちょっとしたこの違いを強調すると   意味に一つの違いがある。なぜならば   一方において   「正義」は盲目的である   賢者が言っているように:法律の目には   全ての物事は平等であり   そして何の特別な環境もない。しかし「審判」は盲目的ではない:審判の目には   あらゆるケースが特別なケースであり   そして全ての環境が異なる。我々はもう一度   帽子をまわしてた裁判官の話---   彼は町の人々に「正義」と「慈善」の違いを教えた   ---   を呼び出す必要がある   ラバン・シメオンが「審判」という言葉を使った時に   彼が心の中に持っていたところのものを理解するために。彼の言葉の選択から   我々がそれを行動に移すまでは「正義」は共同体社会の柱ではない   ということを我々は学ぶかもしれない。我々は公平に他人を審判しなければならない   フェアプレイの掛け声だけではなく。我々は親切に他人を扱わなければならない   親切な語りだけではなく。我々は尊敬して他人を扱わなければならない   優しく正しい話だけではなく。多くの人々は敏感であるべきことを主張する   しかしこれらの人々の行動が   彼ら自身の必要に加えて他人の必要に向けられている時にのみ   真に敏感である。我々が我々自身について行う審判   そして他人について行う審判に従って   我々は行動しなければならない   ---   その時   我々の審判は真実になるであろう。   ■平和(by   peace)   タルムードの中のどこかほかで   ある注釈が述べている:ラバン・シメオンの三つの価値   ---   審判   真実   そして平和   ---   は本当のものである   なぜならば真実と審判/*原文は審判でなく正義となっているが誤植*/は平和が存在するために必要であり   そしてそれの最も確実な保護である。   審判が公平に報われている時は   真実が支持され   そしてその結果は平和である。   (Jerusalem   Talmud   Taanit   68a)   そのラビにとっては   平和は人間性の自然な状態である。それは   永遠であるに値する生活のたった一つの方法である。我々が以前に「平和の価値(第20章)」で議論してきたように   人は   平和が彼を見つけることを待つことはできない   ---   彼は平和を活発に「追い求め」なければならない。   平和   審判   そして真実の中の関連はたいへん親密なので   アボットは我々に告げている:正義が無視され   そして真実を誤らせる時は   暴力がその避けられない結果である。   正義が遅れるために   そして正義の悪用のために   そしてトーラをその真の意味に従わないで解釈する罪のために   世界に戦争がやって来る。   (Avot   5:11     正しくない状態を正すことについて   我々が待って待ってそして何もしない時   我々は多かれ少なかれ暴力を招いている。国の貧乏人が踏みにじられて飢える時   例えば   金持ちが全体的に苦しんでいる隣人の悪い状態を無視する時   反乱や革命が容易に生じる。正義が悪用され   そして法廷がたやすく賄賂や政治的な興味によって影響される時   その時はまた暴力が遠くはない。法廷が人々を平等に審判することに失敗して   そしてその代わりに彼らを皮膚の色や宗教や社会の地位に従って審判する時   暴力がその結果となる   ---   なぜならば法廷が公平でないならば   いったい他のどこで人々は平和に向きを変えることができるであろうか?   ◎Paths   of   peace   平和は良い心の道の真のゴールである。それはユダヤ人のビジョンであり夢である。それはユダヤ人の道徳およびユダヤ人の価値の心にある。それはまたユダヤ人の生活の道の心にある。しかしそれは   シメオンの言葉に従うと   世界を支えている三つの柱のただ一つである。正義の無い平和は真の平和ではない   そして真実の無い平和は永続することができない   ということを我々に思い出させるべきである。我々の伝統の偉大な鎖の中の最も最近のリンクとして   あなたの世界で平和だけではなく   真実と正義もまたあなたは探さなければならない。   これが   あなた自身の価値の本当のテストである   あなた自身そしてあなたの宗教的な知覚を信頼するためのあなたの能力   そして平和の道を歩くためのあなたの能力の本当のテストである。それがアボットの勉強で我々を導いてきたこのポイントにある:あなたに戻れ(back   to   you)。   ユダヤ的に行動することは容易な仕事ではない。それは   我々が我々のゴールを視野の中に絶えず維持することを要求する。現実を巻き込む我々の衝突がある時   例えば   金曜の夜にフットボールの試合に行くか   または金曜の夕べのシナゴーグや神殿の礼拝に参加するか   またあるいは宗教的な学校に参加するか   または友人とキャンプの旅にでるか   そのどちらかを決心する努力をする時   我々の最終ゴールを視野の中に維持することは氷の壁を登ると同じように難しく見えるかもしれない。しかし6点を獲得するためにどのゴールラインを横切らなければならないかを絶えず忘れているようなフットボール選手に対して   我々がどんな種類の尊敬を持つであろうか。   ◎Choose   well   小さな町に   賢いラビが住んでいた。彼の名声は遠く隅々まで広がっていた。数マイル離れているまわりのユダヤ人たちが   これやあれの問題でラビの意見を得るために   あるいは単に彼のトーラの教えを聞くためにやって来たものだ。   その同じ町で   そのラビに嫉妬を持っている若い生徒がいた。「私はあの老人と同じほど賢いのだ」と生徒は考えた。「なぜ人々はそんなに彼の知恵に感銘を受けるのだろうか?」   それでその生徒は   そのラビが答えられないような質問を夢見る事に夢中になった。「その時   そのラビのまわりに群がるユダヤ人たちの全てが   その賢いラビは単なるいかさま師であることを知るであろう」   と考えた。   時がたち再び   人々が質問したり耳を傾けるためにラビのまわりに集まってくるところの「学びの家」に   その生徒はやって来た。毎回   その学生は彼の考えた難しい問題をラビに質問をした。しかし毎回   ラビが答えたのは   その嫉妬深い学生の大きな失望であった。   ついにその学生は巧妙な計画を考えついた。彼は小さな鳥を捕まえてラビの前に持ってきた   小鳥を両手で包み   その鳥が見えないようにした。   彼は言った   「ラビ   私はあなたが答えることができない質問を持っています。私の両手の中に   小さな鳥を包んでいます。さぁ言って下さい   賢いラビ   その鳥は生きていますかそれとも死んでいますか?」   何と奇妙な質問であろう?そこにいた人々は   ラビの答えを待つために近づいて集まってきた。しかしラビはどのように知るのであろうか?   そして生徒は笑った。ラビがこの質問に答えることができないことを彼は確信していたので。なぜならば   彼は巧妙な計画を持っていたからである。   もしラビが   「鳥は死んでいる」   と答えれば   その時は   その少年は彼の手を開き   そして鳥は飛び去るであろう。   そしてもしラビが   「鳥は生きている」   と答えれば   その少年は彼の両手の平で   素早く小鳥を押し潰して   それから彼の手を開いて   死んだ鳥を見せるであろう。   しばらくの間   ラビは座って深く考えた。彼の目は閉じ   彼の左手はあごひげをさすった。ついに彼は目を開き   生徒の両目をの中をじっと見つめた。   彼は言った   「我が息子よ   あなたの手の中に   あなたが一つの命を   にぎっている。   "Choose   well   what   you   will   do   with   it"   (あなたが   それにしたいことを   うまく選択しなさい)   あらゆる世代の中で   我々ユダヤ人は我々の慣習を再び新しくすることを要求される。あらゆる世代の中で   我々は我々の伝統の長い鎖を続けるために選択することを要求される。あなたは   まさに今   要求されている。あなたは   仕事を完成することを要求されてはいないが   しかしまたあなたは   それを止める自由はない。誕生によって   そして世襲財産によって   Judaism   の仕事   つまり真実の   正義の   慈愛の   そして平和の保存   を続けるためにあなたが   選択されてきている。この瞬間に   あなたはあの賢いラビによって話かけられている。   「あなたの手の中に   あなた自身の生活をにぎっている。あなたがそれにしたいことを   うまく選択しなさい」   さて今や   あなたは行動を通してあなたの選択をしなければならない。もし今でなければ   いつであろうか?If   not   now   when   ?   「平和の価値」   ◎The   value   of   peace   ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し   平和を追い求める。   あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる。   (Avot   1:12)   ◎Loving   and   pursuing   peace   ヒレルのこれらの言葉は   世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく   我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは   彼の言葉の最初の部分につなげて   「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて   ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち   個々の人々のグループ   つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。   実際   ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は   一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが   これはどうやって為されるのか   という質問をする時に   ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって   平和を愛し追い求める人   その最善の例はモーゼの兄アロンである   とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時   アロンは彼らの一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから   アロンはもう一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そして   二人の男が互いに会った時に   彼らは抱きしめ合い   そして互いにキスをした。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Ways   of   seeking   peace   イスラエルにいる男と男の間に平和をもたらす時がやって来る時には   アロンは躊躇しなかった。彼は平和をもららす方法を探しに行った。彼は活発に平和を追い求めた。そのことの事実は   我々は平和については躊躇することはできない   我々は平和を「追い求め」なければならない   ということである。平和のための必要性はたいへん大きいので   待つことがしない。それでラビ・シメオン・ベン・エリアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った:   もし人が彼自身の位置に座って   そして不活発であるならば   彼はいかにしてイスラエルにいる男と男の間に平和を追い求めることができるであろうか?代わりに   彼を彼の位置から前に行かせ   世界のまわりに動かせ   そしてイスラエルに平和を追い求めさせなさい   平和を探しそして追い求めよと言われているように。さて   この意味は何であろうか?あなた自身の家の中で平和を探し   そして他の場所の中で平和を追い求めなさい。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Peace   in   your   own   house   始める場所は   あなたの家族と一緒の家である。あなたはすぐに   「あなたの両親を尊敬せよ」という戒律を考えるかもしれない   そしてその戒律が家族に平和をもたらすことといかに重要に関連しているか   を実感するかもしれない。   たとえあなたが   あなたの母や父のがあなたに与える忠告に不一致であるとしても   そして彼らの要求が公平でないと感じるとしても   あなたはそれにもかかわらず尊敬のために彼らに従うべきである   ---   あるいは   最も少なくとも   思いやりのある方法で異議を申し立てるべきである。   兄弟や姉妹とつきあう時に   平和はまたそのゴールであるべきである。兄弟や姉妹はしばしば互いに論争に陥る。我々の両親にとって   これらの論争はたいへん妨害される   たとえ彼らが我々を非常に妨害していない時でさえも。ほとんどの両親は   彼らの子供のうちの一人を他よりも好まないように   たいへん厳しく努力している。両親は彼らの子供たちと一緒に生活するために   また   たいへん厳しく努力している。彼らの子供たちが互いに一緒に生活しようと努力していないように見える時   その時はそれが彼らを困らす。我々の両親を尊敬する一つの方法は   我々自身の中で争わないことである。   家庭の中の平和は   それは「   Shalom   Bayit(平和の家)」という特別な名前さえ持っている   そんな重要なユダヤ人の価値である。ラビ・ナサン(Rabbi   Nathan)は「アボット」に関する彼の注釈の中で教えた   「もし人が家の中に平和をもたらすならば   あたかも平和が全てのイスラエルにもたらされたかのように   聖書がそれを評価する」   [   Avot   de   Rabbi   Natan   28   ]   もしあなたが家庭に平和を確立しているならば   それはまだ十分ではない。あなたは   また   平和に一緒に生活するために他人を助けなければならない。   ◎Aaron   the   peacemaker   他人に「   Shalom   Bayit(平和の家)」をもたらすという拡張に平和を愛し追い求める人   その最善の例それは   再び   アロンがである。アロンが   ある夫と妻がまさに離婚寸前であることを   聞き及ぶならば   彼は急いでその夫の方に急いでそして言う   「あなたとあなたの妻が一緒に暮らしていない   そしてあなたが離婚したいと聞いたので私は来ました。しかしこのことを考えてみなさい:もしあなたが現在の妻と離婚し   そしてもう一人と結婚したとすると   あなたの結婚がより良くなるということを   あなたは確信することができない。なぜならば   あなたが二番目の妻との最初の喧嘩で   彼女はあなたに思い出させる:あなたが喧嘩好きでそして良くない   そうでなければあなたの最初の結婚が離婚で終わることはなかったであろう。私が保証しよう   あなとあなたの現在の妻は幸福になることができる   もしあなたがた二人が努力するならば」   (Legends   3:329)   何千もの結婚がアロンの嘆願と励ましによって救われた。そしてアロンが   喧嘩をしていて離婚の危機にあったこれらの人々を一緒にした時に   そういう夫婦は普通   彼らの結婚を救った高位な祭司を尊敬して彼らの最初の息子をアロンと名付けた。伝説は我々に告げている:   アロンが死んだ時   80   000ものユダヤ人の子供たちがこのようにしてアロンという名前であった。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   我々の共同体社会の平和は   互いのための各々の人の愛に依存している。   もし   我々が口論へかりたてる心の中の刺激を感じた時に   戦う代わりに親切な言葉の形で平和のメッセージを送るならば   その時我々は平和のために働いている。   しかし   もめごとの言葉の代わりに平和のメッセージを送るよう我々をかりたてる   ことができるのは   それは単に我々の仲間である創造物に対する愛なのだ。   我々の仲間である創造物を愛すことによって我々の行動を平和に導くことの教えは   スペインのユダヤ人の詩人であるイブン・ナグレラ(Ibn   Nagrela   993-1055)   の話としての有名な物語の心臓部である。   イブン・ナグレラは   イスラム教スペインの王様の親しい友人であった。   王様はイスラム人   イブン・ナグレラはユダヤ人であったが   けれども彼らの違いは互いを愛することから引き離すことはなかった。   しかし彼らの互いの愛は   王様の宮廷の中でイスラムの詩人たちの中で   とても大きな嫉妬になっていた。ある時   これらの嫉妬の男たちの一人が王様の前に来て裁判を要求した。   王様は尋ねた   「お前にどんな悪いことがあったのか?」   その詩人は報告した   「ユダヤ人   イブン・ナグレラが   自分のものとして読むために   私の書いた詩を盗んだのです。   彼は王様あなたの前で   むこうみずにも   それを読んでさえしまった。   ああ王様   今私はお願いします   この犯罪のゆえに   彼の舌を切り落とすように」   「よし分かった」   王様は答えた。   イブン・ナグレラが   王様の面前にただちに召し出された。   「この告発にお前は何を言うのか?」   と王様はユダヤ人の友に聞いた。   「私は無実です」   とイブン・ナグレラは言った。   「それではお前の無実を   どうやって証明することができるのか?」   「こんな方法で」   イブン・ナグレラは答えた。   その時彼は   彼の詩のオリジナルな原稿を   前方に引き出した。   「これは私の最初の草案です   そしてその上には   私が創作した詩を   より良くするために   全てのマークと変更があります。   私の仕事の全てがここに見られます   最初の粗雑な形から   私が王様の前で読んだ   最後の作品まで」   王様はイブン・ナグレラを   告発した詩人に言った   「そしてお前は   お前のオリジナルな仕事を   私に見せることができるか?」   しかしその嫉妬の詩人は   しおれてしまった。   「何もありません」   彼は静かに認めた。   「それでは   お前の罰は   イブン・ナグレラの手の中にある」   と王様は言った。   そして彼の友の方に向いて王は続けた   「この男の邪悪な舌を切り落としなさい   彼がお前の舌を切り落とそうとしたように」   その日の後に   王様はイブン・ナグレラの部屋を通った   そしてそこから来る笑う声を聞いた。   戸を開いて   王様はその二人の詩人を見て   非常に驚いた。   そのイスラム人とユダヤ人は笑って   一緒にチェスのゲームをしていた。   王様は言った   「イブン・ナグレラ   この男はお前の敵である。   なぜお前は彼の邪悪な舌を   取り除かなかったのか?」   イブン・ナグレラは答えた   「しかし私はそうしました   わが王様   私は彼の邪悪な舌を取り除いて   そしてそれを思いやりのある舌と   交換したのです」   我々の共同社会に平和をもたらすという見地で   この物語から学ぶことが多くある。   イブン・ナグレラの他の選択を考えてみよう。   もし彼が告発人の舌を切り落としたならば   その時   他の詩人たちがイブン・ナグレラに向けて感じた嫉妬は   王様との彼の友情の故に   その嫉妬は絶対の嫌悪に向かったであろう。   その時   また   イブン・ナグレラは彼の告発人を彼の敵のままに一人で残す   ことができたであろう。   王様の審判について自慢し誇ることによって   虚偽の告発人を法廷の人々の中で   とても大きな恥をかかせることができたであろう。   しかし他の誰か敗北者について自慢する人は   彼の隣人である創造物たちを愛する人ではない。   その王様の考え方にとって   報復は正しい解であった。   しかしイブン・ナグレラの宗教的な考え方にとって   それは少しも解ではなかった。   彼の隣人である創造物たちを愛する人に対する解は   敵を友人に変えることであった。   これがイブン・ナグレラが行なったことである。   王様によって「戦争のメッセージ」が命じられた時でさえ   彼は「平和のメッセージ」を出した。   我々はこれの全ての成り行きをただ想像することができる   そんなに無理をして想像する必要はないけれども。   おそらく   そのイスラムの詩人はイブン・ナグレラの生涯の友人になったであろう。   そしておそらく   また   彼は忠実な友人になったでろう。   彼は   宮廷の中の他のイスラムの詩人たちとイブン・ナグレラとの間に   あった緊張を止めるのを助けたかもしれない。   それで我々は見ることができる:   敵を友人に変える行動が   いかにして我々の共同社会の中に   平和を増加するために我々を助けることができるか。   ◎Drawing   others   to   Torah   しかし   他の人々をトーラに引き寄せるようにヒレルが我々に要求する時に   彼が意味しているものは何か?   実際に   ヒレルは広い意味でトーラの話をした。   ただモーゼ五書だけでなく   我々の人々の伝統と価値   我々がしっかりと   にぎらなければならない「生命の木」である。   他の人々をトーラに引き寄せるために我々が持つ最善の意味は   我々がユダヤ人の価値   それは我々が議論してきたところの価値に従って   行動することである。   その時   我々と接触に来る全ての人々がトーラに近づいて来るであろう。   我々が行くどこにでも   トーラが我々と共にあるであろう。   そして   我々が行なうあらゆるものの中に   トーラが現われるであろう。   このような方法で   我々は他人に教える   我々の模範によって。   当然に   我々が模範を示すために   我々はまず我々の伝統を学ばなければならない   我々が示すべき模範の種類が何かを知るために。   この光りの中でタルムードは言う:   「賢い学生たちが世界に平和を大きくする」   [   Berachot   64a   ]   Judaism   の我々の勉強は平和を追い求める価値ある方法である   なぜならばそれを通して   平和への毎日の道   善い心の道を我々は学ぶからである。   ◎Hope   for   peace   毎日の祈りの中で   平和の年がやってくるように我々は祈りを朗唱する:   「天に平和を創造しているお方が   我々と全てのイスラエルに   平和をもたらしますように」   我々の祈りは   平和に対する我々の必要の表現として立つだけではなく   世界を通して平和が普及するであろう未来の時を予知する。ユダヤ人としての我々の最も気高い信念の一つは   Messiah(救世主)が   やってくるという信念である。我々がいかにしてMessiahを認めるかを説明する場合に   ラビたちは彼のことをこう言った:   「彼の唇を開くことが祝福と平和のためである」   多くの人が本物のMessiahであると主張してきたが   しかしまだ誰も平和な年が来るというこの兆候を提供してきていない。しかしこれは未来に対する我々の夢である。   それは我々の預言者たちの最後のメッセージである   そしてそれは我々の生活の道の最後の目標である。   「見よ   わたしは創造する新しい天をそして新しい地を。初めからこのことを思い起こす者はない。それはだれの心にも上ることはない。彼らが呼びかけるより先に   わたしは答えまだ語りかけている間に   聞き届ける。狼と小羊は共に草をはみ獅子は牛のようにわらを食べ   蛇は塵を食べものとしわたしの聖なる山のどこにおいても害することも滅ぼすこともない。」   と主は言われる。   [   イザヤ書   65:17   24   25   ]     Reflection   詩編の中の一節は読む:   「平和の人には未来がある」   [   詩編   37:37   ]   平和を愛し追い求める人は   未来の中を見つめ   そして全てに対して平和の可能性を見つける人である。   しかしそれ以上に   平和を追い求める人は   家庭でそして世界の中で各々が毎日   平和を探す人である。平和を追い求める人になるためには   敵を友人に変えるという観点で   あなたが   「あなた自身としてあなたの隣人を愛す」   ようにならなければなりませんない。   そして他人に対するあなたの行動の中で   あなたの人々の教えと法律にあなた自身を近付けるのを維持することによって   あなたは彼らをトーラに近付けるために努力しなければなりませんない。このことに   我々は近代の賢者ラブ・クック(Rav   Kook)の教えを追加ができる。   いかにして全てを平等に愛すことができるのか   と聞かれた時に   次のような方法で回答した:   「Sinat   Hinnam(根拠のない憎しみ)」   として知られている罪がある。   これは嫌われるにふさわしくない人を嫌うこと。しかし我々の時代には   「Ahavat   Hinnam(根拠のない愛)」と呼ばれる新しい戒律の必要性がある。これは愛される価値のない人を愛すこと。我々の時代に   真に   「Rodef   Shalom(平和を追い求める人)」   であるためには   我々は全て(---   我々に同意する人   我々に不一致な人   そして我々が好きな人   我々が嫌いな人   ---   )に対して愛を実行しなければなりません。我々は   「Ahavat   Hinnam」   を実行しなければなりません。  

サムネイル

軍帥論壇 ─伯壬旭談話録─ 第5回「中間搾取」

キリストの死後、弟子たちはキリスト教会を作り教えを後世に残そうとしました。でも、実際にはキリストの教えは歪曲され、信徒とキリストの間には教会が常に介在しています。光と闇、男と女、善と悪に代表されるようにこの世界は2つの相反するものがペアとして成り立っていますが、そこに無理矢理入り込む「中間者」とは如何なるものか?そのカラクリを大暴露します。

投稿者:サイト名 古代王朝
投稿日時:2007-01-23 11:10:59.0
視聴回数:93219回
お気に入り登録:0
カテゴリ: イベント   ニュース全般  
タグ: 伯壬旭   談話録   キリスト  

1

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-Sat Dec 15 11:16:48 JST 2018 PeeVee Corporation. All rights reserved.