PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「タルムード」「イスラエル2つの王国の統治の手立て」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「タルムード」「イスラエルの2つの王朝の統治について南ユダ王国がユダ家が安定して支配した手立てに神ヤハウェーのイルラエルの信仰のがございましたが、他方、北イスラエル王国のヤラベアム家・バアシャー家・オムリ家・イェフー家・メナヘム家の各統治の入れ替わりが多ございました。しかし、 ユダ王国もバアル礼拝の 信仰に苦しみました。」「タルムード」「正しい道を見つけること」 When a Jew seeks wisdom  「Seeking the right course」 Listening to everyone Freedom of choice Captain of the ship Our two impulses An inner balance Balance in the community A feeling for what is right 夜になり、その週の日々から安息日を聖別するために、祈祷書が朗読されている。 ラビが木の下に座っている、そして彼はパイプを光らせて、 灰色の煙の巨大な一吹きが澄んだ暗い天に向けて上っている。 ラビがそんな平和な気分になっているのを見て、二人の生徒が来て彼の側に座った。 しばらくの間、三人は黙って座っていた。 ついに、一人の生徒が話した、 「親愛なるラビ、我々がいかに神に奉仕すべきか我々に告げて下さい」 ラビは答えた、「わたしが知り得ることなのかい?」 その時、三人はもう一度黙ってしまった、 ラビがパイプをふかす時につくる小さな音を除いて。 最後にラビは話をした:  昔、二人の友人が一緒に山に登った、  そして彼らの前面に深い割れ目が横たわっているのを見つけた。  彼らは一緒に計画し、その深い割れ目を横切ってロープを取付けたアンカーを  持ち上げて投げた。  このようにして彼らは一方から他方へ狭いロープの橋を造った。  そして最初の者がその深い割れ目を横切って歩いた、  あらゆる歩みで彼の危険を冒して、しかし安全に向こう側に到着した。  もう一方の者、まだ同じ場所に立っていたが彼に向かって叫んだ、  「親愛なる友よ、あなたがいかにコントロールしたのか告げてくれ?」  最初の友は答えた、  「私が知っているのは確かではない。   しかし私自身が一方の側によろめきを感じた時はいつでも、   私は他方の側に向けて傾けたよ」                      「Seeking the right course(正しい道を見つけること)」 もしあなたが、人類の残りから離れて、 ある島の世界で一人だけで生活しているならば、 「良い」と「悪い」という言葉は単に、 「私にとって良いこと」と「私にとって悪いこと」という意味になろう。 しかるに、あなたは他人と一緒の社会で生活している、 そしてあなたは「良い」と「悪い」という言葉に他の意味を与えているような 慣習に参加している。 生活というのは複雑である、 そして規則は時々ちょうど壊されるために作られているように見える。 各々の新しい立場が現われる時に、 あなたが取ろうとしている行動の種類について、あなたは選択を強いられる。 規則や好みを持つことはあなたに決断する助けとなる。 そしてあなたのまわりの人々は、彼らの経験に基づいて、 あなたに助言することで喜んで助ける。 しかし、最後にはその選択はあなただけに依存する。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.22. 14:20
視聴回数:12404回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「タルムード」   「イスラエルの2つの王朝の統治について   南ユダ王国がユダ家が   安定して支配した手立てに   シナイ契約に見立てた   ダビデ契約と神ヤハウェーの   イルラエルの信仰のがございましたが   他方   北イスラエル王国の   ヤラベアム家・バアシャー家・   オムリ家・イェフー家・メナヘム家の   各統治主体の入れ替わりが   多ございました。   しかし   ユダ王国もバアル礼拝の   信仰に苦しみました。」   「タルムード」   「正しい道を見つけること」   When   a   Jew   seeks   wisdom   「Seeking   the   right   course」   Listening   to   everyone   Freedom   of   choice   Captain   of   the   ship   Our   two   impulses   An   inner   balance   Balance   in   the   community   A   feeling   for   what   is   right   夜になり   その週の日々から安息日を聖別するために     祷書が朗読されている。ラビが木の下に座っている   そし   て彼はパイプを光らせて   灰色の煙の巨大な一吹きが澄ん   だ暗い天に向けて上っている。   ラビがそんな平和な気分になっているのを見て   二人の生   徒が来て彼の側に座った。しばらくの間   三人は黙って座   っていた。ついに   一人の生徒が話した   「親愛なるラビ   我々がいかに神に奉仕すべきか我々に告げて下さい」   ラビは答えた   「わたしが知り得ることなのかい?」その     三人はもう一度黙ってしまった   ラビがパイプをふか   す時につくる小さな音を除いて。最後にラビは話をした:     二人の友人が一緒に山に登った   そして彼らの前面に   深い割れ目が横たわっているのを見つけた。彼らは一緒に   計画し   その深い割れ目を横切ってロープを取付けたアン   カーを持ち上げて投げた。このようにして彼らは一方から   他方へ狭いロープの橋を造った。そして最初の者がその深   い割れ目を横切って歩いた   あらゆる歩みで彼の危険を冒   して   しかし安全に向こう側に到着した。もう一方の者   まだ同じ場所に立っていたが彼に向かって叫んだ   「親愛   なる友よ   あなたがいかにコントロールしたのか告げてく   れ?」最初の友は答えた   「私が知っているのは確かでは   ない。しかし私自身が一方の側によろめきを感じた時はい   つでも   私は他方の側に向けて傾けたよ」   ◎「Seeking   the   right   course   (正しい道を見つけること)」   もしあなたが   人類の残りから離れて   ある島の世界で一   人だけで生活しているならば   「良い」と「悪い」という   言葉は単に   「私にとって良いこと」と「私にとって悪い   こと」という意味になろう。しかるに   あなたは他人と一   緒の社会で生活している   そしてあなたは「良い」と「悪   い」という言葉に他の意味を与えているような慣習に参加   している。   生活というのは複雑である   そして規則は時々ちょうど壊   されるために作られているように見える。各々の新しい立   場が現われる時に   あなたが取ろうとしている行動の種類   について   あなたは選択を強いられる。規則や好みを持つ   ことはあなたに決断する助けとなる。そしてあなたのまわ   りの人々は   彼らの経験に基づいて   あなたに助言するこ   とで喜んで助ける。しかし   最後にはその選択はあなただ   けに依存する。   ある日   道路に添って老人と若い少年がロバの手綱を引っ   張っていた。その三者は彼らが動く時に色彩ゆたかな絵画   を描いていた   彼らが歩むに合わせてロバの頭は突然に上   下に振った。道路で見知らぬ者と会うまでは   全てが順調   であった。   見知らぬ者は彼らに言った   「やぁ   こんにちわ。なぜあ   なた方は歩いて   乗らないのですか?ロバは乗るために作   られたのですよ」これは良い助言であると二人は同意した   そしてロバの背に登った。   しかし彼らが町の近くにやってきた時   道路に添って人々   が互いに噂をし始めた。すぐに一人の仲間が彼らを止めた   。彼は頭を両側に振って言った   「そんな小さなロバに   あなた方二人はそのロバの背にはあまりにも重すぎる荷だ     あなた方は恥ずかしくないのか?そんな方法で動物を扱う   のは残酷だ」直ちに   そのおじいさんと少年はその男の知   恵を見て   そして少年はロバの背からすべり降りて   横に   一緒に歩いた。   彼らがこの格好でそんなに遠くまで行かない時に   彼らは   カートを後ろから押して来る行商人に出会った。その行商   人は老人に質問した   「あなたの体重はその貧しいロバの   背には重すぎるとは思わないのですか?あなたが歩くこと   ができれば   なぜその少年とロバは疲れるでしょうか?」   その少年はおじいさんの方を見つめた。彼らは肩をすくめ   た。何が行なわれるべきことであるか?なぜならば彼らは   行商人の言葉に意味を見つけた。老人は重い荷であるのは   真実である   たとえそれは二人両方ほどは重くはないが。   さらに老人は歩くことができる   そして少年は乗ることが   できる。それで老人はロバの背から降りて   そして孫を代   わりに乗せた。   このように彼らは町に向かって再び前進した。またすぐに   友人と一緒に道路の脇に立っていた農夫の呼び声によって   止められた。農夫は叫んだ   「おい   少年よ   お前は年寄   を尊敬しないのか?お前が乗って   貧しい老人が歩くのは   不名誉なことだ」農夫は彼の友人の方に向いて   そしてな   お少年に聞こえるように十分大きな声で話し   彼は言った   「自分が乗っている間に   老人を歩かせるような強権な   若者を想像してごらん!」再び少年はロバの背から降りた   なぜならば彼らは農夫の言葉の中に真実の刺激を感じた   ので。   しかし今や何が行なわれるべきことであったか?彼らが誰   に耳を傾けようが   だれも喜ばなかった。そして彼らが得   た助言の全ては良い助言であった。だれも乗らないロバを   引くことは良いことではなかった。二人が乗ることは良い   ことではなかった。老人だけが乗ることは良いことではな   かった。少年だけが乗ることは良いことではなかった。た   だ一つの選択が残された。ため息をついて   老人とその孫   は彼らの背の上にロバを持ち上げた。   そしてこのように   彼らは町に歩き続けた   ロバの重さの下で奮闘している老   人と少年を道路わきの人々が見てひやかし笑っていた。   ◎Listening   to   everyone   これはばかげた話に見える。しかし我々のまわりのあらゆ   る人に耳を傾けた時に   我々はしばしば「ロバを運ぶ」ような終わりかたをする。   道路のそばにいるあらゆる人が老人と少年に良い助言を与   えた。しかし助言のどの種類も   その人が見たところの観   点のみに基づいていた。このように   見知らぬ人はロバを   引いた少年と老人を見た   そしてもし彼らが乗っていたな   らばいかに良くなるかを考えた。   そしてこのように   農夫は少年だけが乗っているのを見た   。農夫は彼が見る前のすべてを知らなかった---最初にはロ   バにだれも乗っていなかった   その次には二人が乗った   その次には老人だけが降りた。   老人と少年が受け取った助言は   彼らは自分自身では選択   しなかったので   実際に役に立たなかった。しかし彼らは   実際に知的な選択しようとすればできた唯一の人たちで   あった。彼らがしようとすればできた知的な選択は   「彼   らが」最もよく好む方法で支えることであった。生活は複   雑である   しかし我々が自分の意見を言うことを拒む時   それはより複雑になる。   ◎Freedom   of   choice   我々は常に選択をしている   しかし時々選択の自由が我々   にあるということを忘れる。我々が欲するところのことを   そして我々が信じるところのものに従っているところの   ことを   我々は選択することができる。ラビは言った     べてのものが予知されている   しかし選択の自由は与えら   れている。   (Avot   3:19)   昔ある善き者が質問した   「もし神が先に起こるすべての   ことを知っているならば   我々が選択の自由をいかに持つ   ことができるのか?」そして彼はたとえ話を通して彼自身   の質問に答えた:神は   海岸にぽつんと立っている灯台の   守りのようなものである。嵐の真っただ中   暗やみの中で   輝いている明かりで   神は注意して多くの船を見つけ     岸に近寄せる。上の方から   船がぎざぎざの暗礁を避けて   安全に岸に着くのを神が見ている。そして神はまた   どの   船が座礁にこなごなになり滅びるかを知っている。しかし   各々の船長は   彼自身の船をいかに操縦するか   そして   どのコースを追跡するか   という彼自身の選択をする。あ   る者は灯台の警告の明かりを心にとめるであろう   そして   他の者はそうしないであろう。自然には   もし人が警告の   明かりを見て   それに従って操縦するならば人の運はより   善い。しかし   各々の船長は   彼が気に入るように行なう   自由がある。   ◎Captain   of   the