PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02

サムネイル

即日現金化サービスは主婦でも利用OK?

即日現金化サービスは主婦でも利用OK? - 即日現金化ガイド http://goo.gl/T7upgj 即日現金化はご自身名義のカードや家族カードがあれば主婦の方でも利用OKです。利用の前に、ショッピング枠の残高を確認し、その範囲内で利用することが出来ます。クレジットカード現金化で利用できるカードはビザカードやマスターカードおよび提携カードの主要なカードはほとんどの業者で使用することが出来ます。主婦の方なら女性プランを利用すればお得な換金率でご利用頂けます。初めての方で業者選定に困りの際は当サイトを参考にしてみてください。 運営:フルモード http://amdhas.tk/entry4.html

投稿者:サイト名 sp20160002
投稿日時:2016.4.26. 11:09
視聴回数:680回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: 主婦   即日   クレジットカード   現金化   利用   ショッピング枠   ビザカード   マスターカード   女性   換金率   業者   選定  

サムネイル

SNH48お披露目公演

日本の人気アイドルグループ「AKB48」の海外姉妹グループで中国・上海を拠点に活動する「SNH48」が12日、上海市内の会場でお披露目公演を行った。ファン約500人が詰めかけた。AKBのヒット曲「ヘビーローテーション」の中国語版「無尽旋転」など19曲を披露。尖閣諸島をめぐる問題で日中関係は悪化したまま。AKBから移籍した宮沢佐江さんと鈴木まりやさんは芸能ビザが発給されておらず、公演にも参加できなかった。ファンの大学生、李曄さん(19)は「政治は私には関係ない。私は私のアイドルだけに興味がある」と話した。

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2013.1.13. 01:46
視聴回数:808回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 全国   海外   ニュース・天気   エンタメ   芸能・音楽   毎日動画ニュース   ニュース・天気   エンタメ  
タグ: 動画   毎日   AKB   中国  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「イスラム教 クルアーン 第三十章 羅馬人(ローマジン)」「タルムード」「愛の価値」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「イスラム教 クルアーン 第三十章 羅馬人(ローマジン)」「ユダヤ教 タルムード」「愛の価値」「イスラム教 聖クルアーン 第30章 羅馬人(ローマジン)」 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。 1. アリフ・ラーム・ミーム。 2. ビザンチンの民は打ち負かされた。 3. 近接する地において(打ち負かされた)。だがかれらは,(この)敗北の後直ぐに勝つであろう。 4. 数年の中に(勝利を得よう)。前の場合も後の場合も,凡てはアッラーに属する。その日,ムスリムたちは喜ぶであろう。 5. アッラーの勝利を(喜ぶであろう)。かれは御望みの者を助けられる。かれは偉力ならびなく慈悲深き御方であられる。 6. (これは)アッラーの約束である。アッラーはその約束を違えられない。だが人びとの多くは理解しない。 7. かれらの知るのは,現世の生活の表面だけである。かれらは(事物の)結末に就いては注意しない。 「The value of love:愛の価値」 アボットは、ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイ (Rabbi Yohanan ben Zakkai) が、ラビである五人の生徒に与えら普通でない宿題の記録を含んでいる。それは二つの質問からなる。 どれが人の固守すべき正しい道なのか、出て行って見てきなさい......。人が遠ざけなければならない邪悪な道はどれなのか、出て行って見てきなさい。 [ Avot 2:9 ] ヨハナン・ベン・ザカイが「出て行って」と言っているように、彼らの答えを教室の外で、毎日の行動の世界の中で、探すように告げていた。あなたは、五人の学生ラビが彼に与える答えを読み進む前に、紙とペンを取ってあなた自身の答えを少ない言葉で書いてみなさい。正義と公平をするための鍵は何だと思いますか。もし我々が邪悪を避けるつもりなら、避けなければいけないものは何だと思いますか。 我々の各々は、何が我々を痛めているか、我々が痛い時はいつかを知っている。我々が自分自身を愛している時、自分が痛くないようにと、痛くなることから自分を保持しようと努力している。我々が痛みの意味を理解した時のみ、我々は他人がいかに感じるかを理解し始める。 つまりこのことが、ヒレルの質問がこの文で終わっていない理由である。 "If I am not for myself, who will be for me ?" ヒレルの質問はつづく。 "And if I am only for myself, what am I ?" "And if not now, when ?" もし人が彼自身のためだけならば、もし彼が重大な人は自分だけであると考えるほど利己的であるならば、彼は全ての意味を失っている。それは現実を離れて横に歩く道であり、真の愛からはずれた臆病者の道である。臆病者は彼自身を愛すことができない。 ヒレルの質問 "If I am not for myself, who will be for me ?" は、我々が自分自身を評価し我々の可能性を評価しなければならない、我々が自重して行動するよう自分自身を訓練しなければならない、ことを意味している。もし我々がそうすれば、我々が他の人々に対して正しく行動することに、そして自分自身を尊敬すると同様に他の人々を尊敬することについて我々が基礎をもつであろう。何が良いことで寛大なことか、そして何が悪いことで利己的なことか、我々がその間の内部バランスを創る努力をするのとちょうど同じように、また我々自身の考慮と我々の隣人たちの考慮との間の内部バランスを創る努力をしなければならない。我々はお互いを愛さなければならない。 そして、我々の伝統は我々自身を良くする訓練を助け、我々がとる行動の種類において我々自身を愛する理由の発見を助ける、これと同様に、それは他の人々と一緒に我々自身が生活する訓練を助ける。我々の各々が「良い心の道」に従う努力をして、我々がお互いに痛みを避ける努力をするような社会を一緒に築かなければならない。共同体社会の全てのメンバーが個々に良いという理由で、共同体社会が「良い心の道」に従う、そんな社会を我々は築かなければなりません。 これが「The value of community」共同体の価値の本質である、そこでは ヒレルの第二の質問を答える努力をする。 "And if I am only for myself, what am I ?"

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.7. 03:59
視聴回数:12844回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)「イスラム教   クルアーン   第三十章   羅馬人(ローマジン)」「ユダヤ教   タルムード」「愛の価値」「イスラム教   聖クルアーン   第30章   羅馬人(ローマンジン)」   「ペルシャ軍がローマを敗北させて   キリスト教の権威を落とさせて   絶頂だったペルシャ軍について   いずれ逆にローマが   ペルシャに勝利することを   実際に勝利する数年前に   ムハッマド預言者が予言したことについて   ユダヤ教の預言者エレミアが   エルサレム神殿の礼拝を行わねば   滅びるということを予言して   バビロニアに捕囚されるということが   預言者と信仰対象の神についての   イスラム教徒ユダヤ教の   共通項と異なる事が気になります。」   「タルムード」   「愛の価値」   「聖クルアーン」   「第30章   羅馬人(ローマジン)」   慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。   1.   アリフ・ラーム・ミーム。   2.   ビザンチンの民は打ち負かされた。   3.   近接する地において(打ち負かされた)。だがかれらは,(この)敗北の後直ぐに勝つであろう。   4.   数年の中に(勝利を得よう)。前の場合も後の場合も,凡てはアッラーに属する。その日,ムスリムたちは喜ぶであろう。   5.   アッラーの勝利を(喜ぶであろう)。かれは御望みの者を助けられる。かれは偉力ならびなく慈悲深き御方であられる。   6.   (これは)アッラーの約束である。アッラーはその約束を違えられない。だが人びとの多くは理解しない。   7.   かれらの知るのは,現世の生活の表面だけである。かれらは(事物の)結末に就いては注意しない。   8.   かれらは反省しないのか。アッラーが天と地,そしてその間にある凡てのものを創造なされたのは,唯真理のため,また定めの時のためであることを。だが人びとの多くは,主との会見を否認する。   9.   かれら(マッカの多神教徒)は,地上を旅してかれら以前の者の最後が如何であったかを,観察しないのか。かれら(昔の人)は,かれらよりも力において優れ,地を掘り起こし(て耕作し),またかれらよりも栄えていた。そして使徒たちは明証を持ってかれらのところに来た。アッラーがかれらを損ったのではない。かれらが自ら自分を損ったのである。   10.   所詮悪行の徒の最後は悪い。それはかれらがアッラーの印を虚偽であるとし,それを愚弄していたためである。   11.   アッラーはまず創造を始め,それからそれを繰り返し,それからあなたがたをかれに帰される。   12.   (審判の)   時が到来する日,罪のある者は絶望するであろう。   13.   そしてかれらが(われに)配した(神々の)中には,かれらのために執り成す者もなく,またかれらも,これらの配したものたちを否認する。   14.   (審判の)時が到来するその日には,(凡ての人は)ちりぢりにされるであろう。   15.   その時,善行に勤しんだ者は,緑の野辺で,幸せにされよう。   16.   信仰を拒否しわが印と来世での(主との)会見を虚偽であるとした者は,懲罰に付せられよう。   17.   それで,夕暮にまた暁に,アッラーを讃えなさい。   18.   天においても地にあっても,栄光はかれに属する。午后遅くに,また日の傾き初めに(アッラーを讃えなさい)。   19.   かれは,死から生を(打?)し,また生から死を(打?)され,また枯れ果てた大地を甦らせる。これと同じようにあなたがたも引き出される。   20.   かれが,泥からあなたを創られたのは,かれの印の一つである。見るがいい。やがてあなたがた人間は(繁殖して地上に)散らばった。   21.   またかれがあなたがた自身から,あなたがたのために配偶を創られたのは,かれの印の一つである。あなたがたはかの女らによって安らぎを得るよう(取り計らわれ),あなたがたの間に愛と情けの念を植え付けられる。本当にその中には,考え深い者への印がある。   22.   またかれが,諸天と大地を創造なされ,あなたがたの言語と,肌色を様々異なったものとされているのは,かれの印の一つである。本当にその中には,知識ある者への印がある。   23.   またかれが,あなたがたを夜も昼も眠れるようにし,またかれに恩恵を求めることが出来るのも,かれの印の一つである。本当にその中には,聞く者への印がある。   24.   またかれが,恐れと希望の稲光をあなたがたに示しなされ,天から雨を降らせて,死んだ後の大地を甦らせられるのは,かれの印の一つである。本当にその中には,思慮ある者への印がある。   25.   またかれが,御意志によって,天と地を打ち建てられたのは,かれの印の一つである。そこで,(一声)あなたがたに呼び掛けられると,見るがいい。たちまち大地からあなたがたは(引き)出される。   26.   天と地にある凡てのものは,かれに属する。万有は,真心込めてかれ従属する。   27.   かれこそは先ず創造を始め,それからそれを繰り返される御方。それは,かれにおいてはとてもた易いことである。天と地における,(考え得られる)最高の姿は,かれに属する。かれは偉力ならびなく英明であられる。   28.   かれは,あなたがた自身(の経験)から,一つの譬えを提示なされる。あなたがたは,自分の右手の所有する者たち(奴隷)を,われがあなたがたに与えたものを同等に分配する仲間にするだろうか。あなたがたが互いに気付かうように,かれら(奴隷たち)に気兼ねするだろうか。(そうではあるまい)。このようにわれは,思慮ある者に印を説き明かす。   29.   いや,不義を行う者は知識もなく私利私欲に従う。アッラーが迷うに任せられた者を,誰が導けようか。かれらには救助者はないであろう。   30.   それであなたはあなたの顔を純正な教えに,確り向けなさい。アッラーが人間に定められた天性に基いて。アッラーの創造に,変更がある筈はない。それは正しい教えである。だが人びとの多くは分らない。   31.   悔悟してかれに返り,かれを畏れなさい。礼拝の務めを守り,偶像信者の仲間になってはならない。   32.   それは宗教を分裂させて,分派を作り,それぞれ自分の持っているものに喜び,満足している者。   33.   災厄が人びとを悩ます時かれらは悔悟して主に祈る。だがかれが,慈悲をかれらに味わせると,たちまち一部のをは主に(外の神々を)配し,   34.   われが与えたものを有り難く思わないようになる。(僅かの年月を)享楽するがいい。   だがやがて分るであろう。   35.   われに配しているものを支持する権威を,われがかれらに下したとでもいうのか。   36.   われが人間に慈悲を味わせると,かれらはそれに狂喜する。だが自分の行いのために災厄が下ると,たちまち,かれらは絶望する。   37.   かれらは見ないのか,アッラーが御望みの者に,糧を増し,また減らしなされるのを。本当にその中には,信仰する者への印がある。   38.   それで近親の者に,しかるべきものを与えよ。また貧者と旅人にも。それは,アッラーの慈顔を求める者たちにとり,最も善いことである。これらは,栄える者たちである。   39.   あなたがたが利殖のために,高利で人に貸し与えても,アッラーの許では,何も増えない。だがアッラーの慈顔を求めて喜捨する者には報償が増加される。   40.   アッラーこそは,あなたがたを創り,扶養され,次いで死なせ,更に甦らせられる方である。あなたがたが(捏造しかれに)配したものの中,これらのことの一つでも出来るものがあるか。かれに讃えあれ。かれはかれらが配するものの上に高くおられる。   41.   人間の手が稼いだことのために,陸に海に荒廃がもう現われている。これは(アッラーが),かれらの行ったことの一部を味わわせかれらを(悪から)戻らせるためである。   42.   言ってやるがいい。「地上を旅して,(あなたがた)以前の者たちの最後が,どうであったかを観察しなさい。かれらの多くは多神教徒であった。」   43.   それでアッラーから避け得ない日が来る前に,あなたの顔を正しい教えにしっかり向けなさい。その日かれらは(2群に)分けられよう。   44.   不信心の者は,その不信心のために責めを負う。また正しい行いの者は,自分自身のため(天国に)褥を用意するようなもの。   45.   信仰して善行に動しむ者には,かれは恩恵により報われる。本当にかれは,不信心者を御好みになられない。   46.   吉報の前触れとして風を送るのは,かれの印の一つである。あなたがたにかれの慈悲(降雨と肥次)を味わわせるためであり,またかれの御意志により舟を滑るように進ませ,またあなたがたは,かれの恩恵(海上貿易による利益)を求めるためである。あなたがたは必ず感謝するであろう。   47.   本当にわれはあなた以前にも,使徒たちを(それぞれの)民族に遣わし,かれら(使徒)は,かれらに明証を(西?)した。そしてわれは,罪を犯した者に報復した。だが信仰する者を助けるのは,われの務めである。   48.   アッラーこそは,風を送りそれで雲を起こされる御方であられる。それから御心のままに天にそれを広げ,粉微塵にそれを打ち砕かれる。するとあなたは,その間から出て来る雨滴を見る。かれは,そのしもベの中,御心に適う者にそれを降らせられる。見るがいい。かれらの喜ぶ様子を。   49.   かれらに(雨を)降らせる前,失望にうちひしがれていたのだが。   50.   さあアッラーの慈悲の跡をよくみるがいい。かれが如何に,死んだあとの大地を甦らされるかを。このようにかれは,死んだ者を甦らせる。かれは凡てのことに全能であられる。   51.   だが,われが風を送っても,(作物が)黄ばむのを見ると,その後かれらは,必ず不信心になる。   52.   あなたは,死者にものを聞かせることは出来ない。また,背を向けて逃げ去る聞こえない者に,呼び掛けても聞かせることは出来ない。   53.   またあなたは,(ものごとの)分らない盲目を,迷いから導くことも出来ない。あなたは,只われの印を信じて服従,帰依する者だけに,聞かせることが出来るのである。   54.   アッラーは,あなたがたを弱い者に創られ,それから弱い者を後で,強壮にされ,強壮な者を弱い白髪になされる。かれは御自分の望みのままに創られる。かれは全知にして全能であられる。   55.   (審判の)時が,到来するその日,罪深い者たちは,わたしたちは一時しか(墓に)留まらなかったと誓うであろう。このように,かれらは欺かれていた。   56.   だが知識と信仰を授かった者たちは,言うであろう。「あなたがたはアッラーの定めに基いて,復活の日まで確かに滞在しました。これが復活の日です。だがあなたがたは気付かなかったのです。」   57.   だがその日になってからでは,悪を行った者の弁解も益がなく,またかれらは(悔悟して御恵みを請う)ことも出来ないであろう。   58.   本当にわれは人びとのため,このクルアーンの中に種々の譬えを提示した。だがあなたが,仮令どの一節を持ち出しても,信じない者は必ず,「あなたがたは虚偽に従う者に過ぎません。」と言うであろう。   59.   このようにアッラーは,理解しない者の心を封じられる。   60.   だから耐え忍ベ。本当にアッラーの約束は真実である。確りした信心のない者たちのせいで,あなたまでが動揺してはなりません。   「タルムード」   「The   value   of   love:愛の価値」   アボットは   ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイ   (Rabbi   Yohanan   ben   Zakkai)     ラビである五人の生徒に与えら普通でない宿題の記録を含んでいる。それは二つの質問からなる。   どれが人の固守すべき正しい道なのか   出て行って見てきなさい......。人が遠ざけなければならない邪悪な道はどれなのか   出て行って見てきなさい。   [   Avot   2:9   ]   ヨハナン・ベン・ザカイが「出て行って」と言っているように   彼らの答えを教室の外で   毎日の行動の世界の中で   探すように告げていた。あなたは   五人の学生ラビが彼に与える答えを読み進む前に   紙とペンを取ってあなた自身の答えを少ない言葉で書いてみなさい。正義と公平をするための鍵は何だと思いますか。もし我々が邪悪を避けるつもりなら   避けなければならないものは何だと思いますか。   The   answers   五人の学生ラビの答えは   この本の前半の我々の勉強の要約となるのものである。ユダヤ人の行動に対して我々自身がいかに準備したらよいか   これに関してここに集められたアイデアの多くは   ラビたちが与えた答の中に含まれている。これらのアイデアの幾つかは   またあなたが書いた短い答えの中に   おそらく含まれている。我々が勉強してきた道にあなたがどれだけ近づいてきたか見てみよう。あなたはこれらの質問にどのように答えるのでしょうか?   The   answers   of   Rabbi   Eliezer   (1)ラビ・エリエゼルの答え   エリエゼルはスポンジのような記憶力を持った学生であった。注がれた水の全ての一滴までも捕えてしまう水がめのようなので   彼の先生は彼を「セメントの水がめ」と呼んだ。エリエゼルはかって聞いたトーラの全ての教えを記憶していた。そんな人はこの二つの質問にどう答えるであろうか?   エリエゼルは言った   固守すべき正しい道は「良い目」で   避けるべき邪悪な道は「邪悪な目」である。我々は「邪悪な目」によって意味していることを簡単に理解することができる。それは世界を見て   生きる所として醜い   不幸な   みすぼらしい場所を探す道である。「邪悪な目」は   ねたみ   嫉妬   絶えず続く不平そして不幸に耐える。     ある男が彼のラビの前に現われて言った:「私は良いことをするという仕事を止めましたよ。私の一生で   人々は私が良かったら成功するだろうと言っていた。しかし見よ   ここに邪悪であったが成功した人の20人のリストを持っているこれから   私の客をだますことにしよう   そして私もまた金持ちになろう。」ラビは笑って言った:「私は邪悪で成功した人のあなたのリストを見た。しかし   良いことで成功した人のあなたのリストはどこにあるのか?」   人が「邪悪な目」を通して世界を見る時   彼は自然に邪悪であるところの事のみを見ている   そして彼はすべてのものによって妨害されているのだ。「良い目」の人はちょうどその反対である。「良い目」を通しての世界は   喜び   歓声そして   満足   安心の場所である。「良い目」は我々の宗教的な知覚であり   我々を通して世界の中にどんな良いことがもたらせられるのかを知るための我々の能力である。   エリエゼルの答えは   我々にこう告げている:我々が本当に何を見ているかは   我々が物事を見る方法に依存しているのだ。   ことわざが言う:「良い目」を持った人は祝福されるであろう   彼は貧しい者にパンを与えるからである。   (箴言22:9)   言い換えれば   たとえ「良い目」を持った人彼自身が貧しくても   彼はもっと貧しい人を見つけて慈善をするであろう   なぜならば彼の「良い目」が彼自身を金持ちであるとして自分を認めるからである。   箴言=しんげん   箴言22:9の解説:   「良い目」を持った人は祝福されるであろう   彼は貧しい者にパンを与えるからである。   (箴言22:9)   これは聖書の原文であるヘブライ語からの翻訳ですが   日本語や英語の聖書を読むと訳が違っているのに気づきます。   例えば   「新共同訳」聖書では   「寛大な人」は祝福を受ける   自分のパンをさいて弱い人に与えるから。   (箴言22:9)   また   英訳の「Holy   Bible」では   A   generous   man   will   himself   be   blessed   for   he   shares   his   food   with   the   poor.   (   Proverbs   22:9   )   この日本語や英訳の   「寛大な人/generous   man」が慈善をする   というのはあたりまえで   ここには新しい教訓がなく   面白くも何ともない。ヘブライ語原文の   「良い目の人」が慈善をする   という謎めいた教訓の方がはるかに知的で感動しませんか。偉大なソロモン王が創作したことわざ集と言われる「箴言」   その彼の作品の苦労の一端を少し理解できたわけです。   Rabbi   Joshua's   answer   (2)ラビ・ヨシュアの答え   ヨシュアによると   従うべき良い道は「良い友」であり   避けるべき道は「邪悪な友」である。ヨシュアの答えは「腐ったリンゴは束をだめにする」という古い格言を思い起こさせる。しかし彼の考えは   アボットの他の所で別の人々が表現しているものとそんなに変わらなかった。例えばアルベル人のニッタイ   (Nittai   the   Arbelite)   がこう言った:邪悪な友人からあなた自身が離れているように   邪悪と組するな。   [   Avot   1:7   ]   ザドク   (Zadok)   とヒレル   (Hillel)   は同意した:人は共同体社会から彼自身を分離すべきではない。そして   これはまたこう教えられた   我々は邪悪の人々から我々自身を分離すべきであると。あなたはきっと「腐ったリンゴ   (rotten   apple)   」のタイプを知っているでしょう。彼はこう言う人です:「この雑誌を盗もう   本屋は絶対に気付かないから」「今日だけ学校をさぼろう   何と時間を持てるんだから!」彼は   これらの事は結局そんな悪いことではないのだと   あなたに考えさせるような人なのだ。「他の人たちもそうしている   罰っせられないよ。あんたはなぜしないの?」腐ったリンゴの人はあなたに「邪悪の衝動」を直接にしゃべる人なのだ。   ヨシュアによると   従うのに最も悪い道は   邪悪な仲間があなたを導くその道である。最も良い道は   良い友人と共同体社会の道である。我々が選んだ友人たちが良い道の人たちである時   我々は彼らをもっと好きになる。また我々自身が他の人々に良い友人となり   正しい道に彼らを導く。ヨシュアはこの彼自身のようであった。彼は   彼を知っている全てへの祝福であった。   Rabbi   Yose's   answer   (3)ラビ・ヨセの答え   ヨセの答えはヨシュアの答えにとても類似していた。ヨセは答えた:従うべき良い道は「良い隣人」であり   避けるべき道は「邪悪な隣人」である。共同体社会という言葉の考えを除いて   実際に「良い友」と「良い隣人」との差はないであろう。   ヨセが区別しているのはこういうことである。「良い隣人」はグループで一緒に仕事することによってなされる事に関連している。「良い隣人」は彼の芝生が保持されている道を気にかけ   彼のごみをいかに処理するかに気を使う。一般に   彼のまわりに住んでいる人々の気持ちを深く考える。「良い隣人」になるということは   緊張が関係しているところの他の物事に向かってゆく態度を開発するという意味がある:近所に住んでいる人々全ての幸福への関係   共同体社会の将来への関係   共同体社会が選択するところの生活の道への関係。そんな関係は「良い隣人」のしるしである。   「邪悪な隣人」がすることは利己主義である。「邪悪な衝動」が成し遂げることができる最大の害の一つが「邪悪な隣人」に人を変えることである。他の人々は共同体社会にプライドを持つが   一方   「邪悪な隣人」は自分だけのためにしか注意を払わない。共同体社会が危険な状態になる   あるいは悪い時期に落ちる時は   それは単純に「邪悪な隣人」が移り住んで来て   彼はもう一つの共同体社会の中で自分の安らぎを探そうとする時である。   我々は時々   近所が「悪くなってきている」あるいは住むのに難しくなってきている   ということを聞く。通常このことは   近所の人々がお互いに「良い隣人」になることを止めて   彼ら自身のためだけに心配するという「邪悪な隣人」の作法を行ない始めたためなのである。   Rabbi   Simeon's   answer   (4)ラビ・シモンの答え   シモンの答えは全く異なっていた。シモンは言った:従うべき良い道は   自らの行動の「結果を考える人」である。人がある方法で行動するときにその結果が何かを知る   そのことの助けとして宗教的な知覚を使う人は   他人に害を与えるような過ちを少なくするであろう。人々は通常は残酷な行動をとろうとはしないものだ   しかし   しばしば考え無しで行動することがある。   例えば   しばしば我々を勝たせるために我々の怒りを許してしまい   そして我々が本当は世話するところの他人を侮辱してしまう。そんな振る舞いが他人に起こす苦痛を前もって考えておくことが   普通にはこんな風に我々の怒りを表わさないで維持できるであろう。   また   我々の行動の「結果を考える」ためには   我々は行動する前に証拠を集めなければならない。我々にとって   このことは結果あるいはその可能な結果を学ぶことを意味する。我々が前もって行動の可能な結果を学ぶ時   我々はもっと親切に行動するようになる。なぜならば我々の行動が他人   そして結局は我々自身   をいかに害するかもしれないと知るからである。   このような老人の物語がある。ある老人が彼の最後の年に彼の息子の家族のもとで住むためにやって来た。さて彼の息子は   彼の父に食事に使うのを許したら   父がその上等な陶器を壊してはしまわないかと恐れた。それでその息子は老人のために食事に使う木のおわんと木のスプーンを準備した。   さてある日   その息子が家に帰ってきて   彼自身の息子がナイフで木の片を削っているのを見た。「何をしているのかい?」   彼は子供に言った。「お父さんがおじいちゃんのように年とった時に   お父さんが食べるための木のおわんを作っているんだよ」   と子供は言った。   シモンの二つ目の質問の答えは   人が避けるべき道は「借りたのに返さない人」であった。最初は   これは彼の行動の「結果を考える」ことの正反対ではないように思われるが   しかし本当の意味では正反対なのである。返すことを考えずに借りる人は明らかに彼の行動の結果を深く考えてはいない。ラビはこう教えた:我々は   自分自身の財産と同じように   他人の財産を尊重すべきである。我々が何かを借りた時   我々自身の所有物にするのと同じように注意深く扱うべきである。   シモンは説明を続けた:我々が他の人から借りた時   我々は「神から借りている人」のようである。最後の分析では   我々が所有している全てのものは「神から借りている」。慈善をすることは我々が借りていたものに対する払戻しの一種である。詩に書かれているように   邪悪な者は借り   そして返さない   正義の者は憐み   そして与える。   (詩編37:21)   The   answers   of   Rabbi   Eleazar   (5)ラビ・エルアザルの答え   最後の答えはラビ・エルアザル・ベン・アラクのものである。エルアザルは言った:従うべき良い道は「良い心」であり   避けるべき道は「邪悪な心」である。   ラビ・ヨハナンは彼の学生たちにの答えをよく聞いた後に   彼は言った:わたしはラビ・エルアザル・ベン・アラクの言葉を取る。あなたたちの言葉は彼の言葉に含まれているからだ。   [   Avot   2:9   ]   「良い心」の考えは   おそらく   我々がもう終わっている「study」の(The   value   of   study   :   勉強の価値)で最もよく要約されている。全ての事が「良い心」を持つという考えの中に入ってゆく......我々の各々が持ち得る人間という種類の性質の全ての事。   「良い心」を持った人は   彼のまわりの全てにあるところの良いものと見る   そして彼自身の行動を通してそれに加える。「良い心」を持った人は   神のイメージで生活し   他の人々を尊敬するよう努力している。ラビの有名な話の一が良い例である:私は(神の)創造物であり   私の隣人もまた彼の創造物である。私の仕事は町にあり   彼の仕事は畑にある。私は私の仕事のために早く起きる   彼は彼の仕事のために早く起きる。彼は私の仕事を越えることはできないように   私も彼の仕事を越えることはできない。しかしあなたは言うであろう   私は大きなことをしている   そして彼は小さなことをしている。我々は学んだ   人がすることが多かろうが少なかろうがそれが問題ではない   もし彼が天に向けて彼の心を導いてさえいれば。   [   Berachot   17a   ]   The   path   of   the   good   heart   我々はこの教えを「良い心の道」と呼ぶかもしれない。ラビがヤバネの学校   (the   academy   at   Yavneh)   時代に教えていた時と同様に   それは今でも真実である。あなたが医者あるいは労働者   料理長   店員   警官あるいは店主であろうともそれが問題ではない。人間を偉大にするところのものは「良い心の道」に従うことである。   人は言うかもしれない   私は賢人になるほど学んでいなかった   私は法律(トーラ)を勉強しなかった   私はすべき何なのか(what   am   I   to   do)?しかし神はそのイスラエル人に言った   全ての知恵も全トーラも簡単な一つのことなのだ。私を恐れる者   そしてトーラを行なう者は   彼の心の中に全ての知恵と全トーラを持っているのだ。   [   Deuteronomy   Rabbah   11:6   ]   全トーラが行ないで見られる   ということを示すために   ラビはこう教えた:トーラの最後の文字は「lamed」であり   トーラの最初の文字は「bet」である。これらの文字を連げると単語「レブ」となる   これは「心」を意味する。このことは   イスラエルの法律であるトーラの中に含まれている全てのものは   各々のユダヤ人の心の中に含まれている   ということを示しているのだ。   トーラの最後の文字は「lamed」であり   トーラの最初の文字は「bet」である。   これについて解説します。トーラの最後の文は   申命記の最後の文章:また   モーセが全イスラエルの目の前で   あらゆる力ある業とあらゆる大いなる恐るべき出来事を示すためであった。   (申命記34:12)   ヘブライ語での原書では   最後の単語が「イスラエル」ですから   最後の文字は「ル」つまりヘブル文字「lamed」です。トーラの最初の文は   創世記の最初の文章:初めに   神は天地を創造された。   (創世記1:1)   ヘブライ語での原書では   最初の単語が「ベレッシート」ですから   最初の文字は「ベ」つまりヘブル文字「bet」です。トーラの最後と最初をつなげる   という発想がユニークなんですが   「..............イスラエル」+「ベレッシート...............」これらの文字を連げると   「ル」+「ベ」   つまり「lamed」+「bet」これは単語「レブ」と発音して「heart(心)」を意味します。   我々はヒレル   (Hillel)   によて提案された質問:   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   について各々が答えを見つけなければならない。   我々の伝統だけではこの質問の答えを我々に教えることはできない   その答えはもっと身近にあるからであり   それは我々の各々の心の中にある。我々の伝統が我々に教えることができるのは   それがあなた自身の「ために」なると意味していることであり   そして   Who   will   be   "for"   you   when   you   act   for   yourself.   ヒレルの質問は一つの中に百の質問がある:   If   I   am   not   myself   who   will   be   me   ?   If   I   do   not   take   part   in   my   community   who   in   the   community   will   take   my   part   for   me   ?   If   I   do   not   take   a   stand   in   my   own   name   who   will   fight   for   what   I   believe   ?   If   I   do   not   work   to   make   myself   better   who   will   do   that   work   for   me   ?   If   I   do   not   direct   my   actions   who   will   direct   them   for   me   ?   And   more.   我々の伝統が我々に教えているのは   我々は我々の行動を通して良くなることができ   良くなることは達成するのにそんなに難しいことではなく   そして良くなることへの報酬は結果として良いことである   ということである。それで   彼自身の「ために」実行することを欲する人は   他の人々の「ために」もまた実行するであろう。   トーラの戒律「あなた自身のようにあなたの隣人を愛しなさい」   これは他の人々を愛すためにはまず最初にあなた自身を愛さなくてはならない   ということを意味している。     ラビがこう教えていた。トーラが「あなた自身のようにあなたの隣人を愛しなさい」と言う時は   何を意味しているのか。彼は一人の学生の方に向いて聞いた。「私を愛していますか?」学生は少し考えてから正直に答えた。「私はそう思います。」ラビは言った。「では   私を痛めているものは何か   言ってみなさい。」学生は答えた。「あなたを痛めているものは何か知りません。」「それなら   あなたは私を愛してはいない。」ラビは言った。「誰かを愛することは彼を痛めているものは何かを知ることを意味する。」   我々の各々は   何が我々を痛めているか   我々が痛い時はいつかを知っている。我々が自分自身を愛している時   自分が痛くないようにと   痛くなることから自分を保持しようと努力している。我々が痛みの意味を理解した時のみ   我々は他人がいかに感じるかを理解し始める。   つまりこのことが   ヒレルの質問がこの文で終わっていない理由である。   "If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?"   ヒレルの質問はつづく。   "And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?"   "And   if   not   now   when   ?"   もし人が彼自身のためだけならば   もし彼が重大な人は自分だけであると考えるほど利己的であるならば   彼は全ての意味を失っている。それは現実を離れて横に歩く道であり   真の愛からはずれた臆病者の道である。臆病者は彼自身を愛すことができない。   ヒレルの質問   "If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?"     我々が自分自身を評価し我々の可能性を評価しなければならない   我々が自重して行動するよう自分自身を訓練しなければならない   ことを意味している。もし我々がそうすれば   我々が他の人々に対して正しく行動することに   そして自分自身を尊敬すると同様に他の人々を尊敬することについて我々が基礎をもつであろう。何が良いことで寛大なことか   そして何が悪いことで利己的なことか   我々がその間の内部バランスを創る努力をするのとちょうど同じように   また我々自身の考慮と我々の隣人たちの考慮との間の内部バランスを創る努力をしなければならない。我々はお互いを愛さなければならない。   そして   我々の伝統は我々自身を良くする訓練を助け   我々がとる行動の種類において我々自身を愛する理由の発見を助ける   これと同様に   それは他の人々と一緒に我々自身が生活する訓練を助ける。我々の各々が「良い心の道」に従う努力をして   我々がお互いに痛みを避ける努力をするような社会を一緒に築かなければならない。共同体社会の全てのメンバーが個々に良いという理由で   共同体社会が「良い心の道」に従う   そんな社会を我々は築かなければなりません。   これが「The   value   of   community」共同体の価値の本質である   そこでは   ヒレルの第二の質問を答える努力をする。   "And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?"  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 ユダヤ教徒とイスラエルの歴史についてと仏法のそれ自体(=自性)について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2  BC7~BC4(3755~3758)頃 イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレエムで生まれます。  AC0(3761) AC6(3767) ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領しました。ヘロデ王が築いたカエサリア(カイザリア)の街に、ローマ帝国のユダヤ州総督府を設置しました。 30(3791) イエス様がエルサレムで十字架刑に処せられました。(ゴルゴダの丘、現在の聖墳墓教会) 70(3831) エルサレムのユダヤ人の反乱が起きて、ローマ軍ティトスに鎮圧されました。このとき第2神殿が破壊されて嘆きの壁(=西壁)だけが残りました。 610(4371) ムハンマド様がアッラーの啓示を受けてイスラム教創始しました。 740(4501)頃 コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)でユダヤ教への大量の改宗が起きました。1016(4777)に滅亡しました。 1242(5003) フランスでタルムードの焚書がございました。 1453(5214) オスマントルコでユダヤ教徒の商人と職人を大切に待遇しました。 1492(5253) スペインがユダヤ人に国外追放令を出しました。 (=1492(5253)) コロンブスが新大陸発見の旅に出ました。 1654(5415) 合衆国のニューアムステルダム(=ニューヨーク)にユダヤ人がたどり着きました。 1656(5417) イギリスのクロムウェルがユダヤ教徒の入国を許可しました。(1290(5051) エドワード1世がユダヤ人を国内から追放して以来です。) 1650年頃 ~1870年頃までの時期に、 各国々で ユダヤの方々に対して 名誉の回復が 行われていくことも 気になるので ございますが、 再び、弾圧が 始まるのでございます。 1871(5632)~1903(5664) ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。 1917(5678) バルフォア宣言(イギリス外相がユダヤ人の有力者ロスチャイルド卿にあてた書簡) 1939(5700) 水晶の夜第二次世界大戦中にユダヤ人約600万人がナチス・ドイツに虐殺さました。(ホロコースト) 1948(5709) 5月14日 イスラエルが独立を宣言しました。 1948(5709) 5月15日 第1次中東戦争起きました。 1956(5717) 第2次中東戦争が起きました。 1964(5725) パレスチナ解放機構(PLO)を結成しました。 1967(5728) 第3次中東戦争が起きました。 1973(5734) 第4次中東戦争が起きました。 1979(5740) イスラエルとエジプトが平和条約を締結しました。 1993(5754) パレスチナ暫定自治協定を調印しました。(オスロ合意) 2001(5762) アメリカ合衆国でブッシュ大統領が就任しました。 2001(5762) 3月7日 シャロン政権が発足しました。 2001(5762) 9月11日 米同時テロ事件が起きました。 2001(5762) 10月7日 米空軍がフガニスタンの空爆を開始しました。 2003(5764) 3月20日 米英軍がイラク戦争を開始しました。 2005(5766) 9月12日 イスラエル軍がガザ地区の撤退を完了しました。 2009(5770) 1月3日 イスラエルがガザ地区に侵攻を開始しました。 「ユダヤ教徒エジプト人とマルクス主義」 「アハマド・サーディク・サアドと民衆的思想」 「ヘンリ・クリエルとエジプト共産主義運動」 「エジプト共産主義運動におけるユダヤ教徒問題」 「国連パレスチナ分割決議とエジプト共産主義運動」 「アラブ民族革命とアラブ共産主義者の殉難」 も気になります。 仏法のそれ自体(=自性)について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.29. 21:21
視聴回数:7469回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   ユダヤ教徒とイスラエルの歴史について   紀元前2000年(ユダヤ暦1762年)   ~B.C.1700年(2062年)   アブラハム   子イサク   孫ヤコブが活躍しました。   創世記12・1-3節   アブラハムが神の「あなたの生まれ故郷を出て私が示す地へ行きなさい。私は貴女を大いなる国民として祝福します。地上のすべての民族はあなたのおかげで祝福されます。」という語りかけを聞いてアブラハムの父テラと南メソポタミアから来たメソポタミアに行くことから始まりました。   創世記22章   アブラハムが100歳のとき神が息子イサクを与えましたが   神がイサクを神の犠牲として捧げることを命じ   アブラハムがイサクを殺そうとしたとき神はアブラハムの絶対的神への信頼を見て   アブラハムに殺させることを止めて   別の山羊を捧げさせました。ここから   救世主計画の人物としての教義が始まります。       『ユダヤの方々への迫害が1500年代末まで続きましたが   そこを境に   ユダヤ人神学校が各国につくられて国際社会でユダヤの方々に市民権が開放されていきました。他方   ポグロム(ユダヤ人の粛清)がロシアのオデッサ(1871年)・南ロシア(1881年~1882年)・ロシア(1903年)で起きました。ドイツで水晶の夜(600万人の方々に対するホロコースト)(1939年)   ポーランドでワルシャワゲットーの蜂起(1943年)が起きました。』       BC18世紀   エルサレム旧市街南のオフェルの丘東斜面に城壁跡がございます。   BC14世紀   エルサレムはエジプトの支配下になりました。   BC1270(ユダヤ暦2492)   (出エジプト)   預言者モーセに率いられてエジプトを脱出しました。   BC1100(ユダヤ暦2662)   ヨシュア(預言者モーセの後継者)に率いられてイスラエル十二氏族がカナンの地に定住しました。   BC1020(2742)~BC1004(2726)   サウルがイスラエル王国初代国王になってイスラエル諸部族を統合しました。   BC995(2765)   ユダ族のダビデ王がイスラエルの民十二氏族の国王になりエブスびとのエルサレムを占領して   エルサレムが首都になりました。   BC965(2797)   ダビデの子ソロモン王が即位して   エルサレムに第1神殿建立神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)40年間の「ソロモンの栄華」がございました。   BC928(2834)   イスラエル統一王国   イスラエル王国((北の10氏族)とユダ王国(南の2氏族)に分裂。エルサレムはユダ王国(ユダ族とベンヤミン族で構成)の首都になりました。   BC721(3040)   イスラエル王国(北王国)はアッシリアに滅ぼされる。イスラエル王国(北王国)の住民は連行されたか改教しました。これが失われた十氏族になります。   BC586(3176)   ユダ王国(南王国)は新バビロニアに滅ぼされ   エルサレムの第1神殿が破壊されました。この時に残った西壁が現在の「嘆きの壁」です。ユダ王国の多くの人々がバビロンに連行されました。(バビロン捕囚)   BC586~BC538(3176~3224)   第2神殿時代でございます。   BC538~AD70(3224~3831)   ペルシア時代でございます。   BC538(3224)   ペルシア王が捕囚されたユダヤ人に祖国復帰を許可しました。バビロンにいたユダヤ人15万人中   約1/4がエルサレムに帰還しました。   BC515(3247)   エルサレムで第2神殿が完成しました。   BC400(3362)頃   トーラー(旧約聖書の最初の5書:モーセの5書   律法)の結集を行いました。   BC332(3430)   エルサレム   アレクサンドロス大王の支配下になりました。ゴラン高原バニアス(BC3世紀のヘレニズム時代の牧神パンの神殿跡)がございます。   BC63(3699)   ローマがエルサレムを支配しました。   BC37(3725)   エルサレムをヘロデ王が統治(~BC4)しまた。神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)を大きくしました。   紀元前の値は値が減っていき   紀元になってから値が   増えていきます(加算と減算)が   ユダヤ暦は紀元前2000年から   値が増えていく(加算だけ)   計算でございます。   BC7~BC4(3755~3758)頃   イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレヘムで生まれます。   AC0(3761)   AC6(3767)   ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領とする。ヘロデ王が築いた街   カエサリア(カイザリア)にローマ帝国ユダヤ州総督府を設置。   AC6(3767)   ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領しました。ヘロデ王が築いたカエサリア(カイザリア)の街に   ローマ帝国のユダヤ州総督府を設置しました。   26(3787)   ピラトゥスがユダヤ州総督として着任しました。   30(3791)   イエス様がエルサレムで十字架刑に処せられました。(ゴルゴダの丘   現在の聖墳墓教会)   66~73(3827~3834)   ユダヤ戦争(ユダヤ人のローマ帝国に対する抵抗でございます。)   70(3831)   嘆きの壁について   エルサレムのユダヤ人の反乱が起きて   ローマ軍ティトスに鎮圧されました。このとき第2神殿が破壊されて嘆きの壁(=西壁)だけが残りました。ここからユダヤ人の世界の流浪が始まりました。   313(3984)   コンスタンチヌス帝がキリスト教をローマ帝国で公認しました。(ミラノの勅令)   326(3997)   ローマ皇帝コンスタンティヌス帝の母后ヘレナ   エルサレムを来訪して   ゴルゴダの丘の場所の特定を行って   現在の聖墳墓教会付近であることを特定しました。   392(4153)   テオドシウス帝がキリスト教をローマ帝国の国教にしました。   395(4156)   ローマ帝国が西ローマ帝国と東ローマ帝国(=ビザンツ帝国)に分裂。   610(4371)   ムハンマド様がアッラーの啓示を受けてイスラム教創始しました。   614(4375)   ペルシア軍がエルサレムを蹂躙(蹂躙)しました。   638(4399)   イスラム教徒(正統カリフ時代第二代カリフのウマル)がエルサレムの占領を無血開城で行いました。   691(4452)   岩のドームが完成しました。   715(4476)頃   アルアクサーモスクが完成しました。   740(4501)頃   コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)でユダヤ教への大量の改宗が起きました。   940(4701)   アンダルシアでハスダイ・イブン・シャプルートがコルドバの侍医になり外務大臣になってユダヤ社会指導しました。   1016(4777)   コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)が滅亡しました。   1040(4801)   バビロニアでプンハディテの最後のガオリンがカリフの命令で死刑になりました。   1099(4860)   十字軍がエルサレムを侵略して   キリスト教のためのエルサレム王国を建国しました。ユダヤ教徒とイスラム教徒とカトリック以外のキリスト教徒の大規模な殺戮が行われました。   1187(4947)   サラディンがエルサレムをイスラム教徒の手に奪還しました。ユダヤ教徒やキリスト教徒を寛大に扱って   キリスト教徒巡礼者の自由を保障しました。ユダヤ人コミュニティが回復してエルサレムに各宗派の棲み分けができました。   1215(4976)   ローマ教皇が第4回ラテラノ会議でユダヤ教徒に対してバッジを義務付けさせました。   1236(4997)   神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世がユダヤ教徒を私有財産の扱いにいたしました。   1240(5001)   フランスでタルムード裁判がございました。   1242(5003)   フランスでタルムードの焚書がございました。   1290(5051)   イギリスのエドワード1世がユダヤ人を国内から追放しました。(1656(5417)にクロムウェルがユダヤ人の入国を再度許可しました。)   1298(5059)   神聖ローマ帝国がユダヤ人を迫害して   貴族のカルブフライシュが全ユダヤ人の壊滅を行いなさいという神の命令を受けたと主張しました。   1306(5067)   フランスのフィリップ王が   国内からユダヤ人を追放しました。   1320(5081)   フランスで4万人の羊飼いが十字軍を結成して   聖地の奪回を目指して   ユダヤ人も殺害しました。   1321(5082)   フランスのギエンヌ州で井戸に毒を投げ込んだと尋問を受けたユダヤ人の告白で   5   000人が火刑になりました。   1348(5099)   ドイツと全ヨーロッパでユダヤ人がペストをまく犯人にされて各地でユダヤ人が殺戮されました。ローマ教皇のクレメント6世がユダヤ教徒保護教書を発布しました。   1415(5176)   ローマ教皇のベネディクト13世がタルムードの検閲を命令しました。   1453(5214)   オスマントルコでユダヤ教徒の商人と職人を大切に待遇しました。ポーランドでフランチェスコ会の修道士カピストラーノがユダヤ人の市民権を剥奪するようにポーランド王に進言しました。   1478(5239)   ユダヤ人に対して異端審問が開始されました。   1492(5253)   スペインでユダヤ教徒追放令が発布されて大量の強制改宗が行われました。   (=1492(5253))   シチリアでユダヤ人強制追放が行われました。   (=1492(5253))   ポルトガルでユダヤ人に友好的なマニュエル王がスペインの圧力でユダヤ人が国内から追放または強制改宗が行われました。   (=1492(5253))   スペインがユダヤ人に国外追放令を出しました。   (=1492(5253))   コロンブスが新大陸発見の旅に出ました。   1517(5277)   オスマン帝国がエルサレムを支配下になりました。ヴェネチアで初めてのゲットーができました。   1531(5292)   ポルトガルで異端審問所が発足しました。   1534(5295)   ジギスムント1世がユダヤ教徒のバッジを廃止しました。   1537(5298)   モコッロで最初のメッラーが建立されました。   1540(5301)   ナポリでユダヤ人が追放されました。   1541(5302)   スレイマン大帝がエルサレムの城壁を修復しました。   1550(5301)   ジェノヴァとヴェニスでユダヤ人が追放されました。   1544(5305)   ドイツで宗教改革者のマルチ・ンルターがユダヤ人を攻撃しました。   1555(5316)   ローマ教皇のパウロ4世がユダヤ教徒のゲットーの入植を命令しました。   1569(5330)   ローマ教皇のパウロ4世がユダヤ教徒を追放しました。   1650(5411)   スピノザがユダヤ社会から追放されました。   1654(5415)   合衆国のニューアムステルダム(=ニューヨーク)にユダヤ人がたどり着きました。   1656(5417)   イギリスのクロムウェルがユダヤ教徒の入国を許可しました。(1290(5051)   エドワード1世がユダヤ人を国内から追放して以来です。)   1650年頃   ~1870年頃までの時期に   各国々で   ユダヤの方々に対して   名誉の回復が   行われていくことも   気になるので   ございますが   再び   弾圧が   始まるのでございます。   1711(5472)   ドイツで初の公認のシナゴーグができました。   1730(5491)   合衆国のニューヨークに公認のシナゴーグができました。   1769(5530)   オーストリアでマリア・テレジア女帝がユダヤ人法を発布しました。   1791(5552)   フランスの国民会議で   すべてのユダヤ人に完全な市民権を与えました。   1794(5555)   ロシアでユダヤ人が拘束されて   25年間の軍役を強要して多くのユダヤ人がロシアを離れました。   1808(5569)   モロッコでラバ・トサレとラバトとテトアンにメッラーができました。   1811(5572)   オーストリアのウィーンにシナゴーグの建設が許可されました。   1822(5583)   フランスのメッツにユダヤ人神学校が創立しました。   1829(5590)   イタリアのパドゥアにユダヤ人神学校が創立しました。   1839(5600)   オスマントルコでユダヤ人教徒に対して市民権が与えられました。   1845(5606)   イギリスでユダヤ人対して公職を開放しました。   1847(5607)   イギリスの下院議員ライオネル・ロスチャイルドがキリスト教の宣誓を拒否しました。(1858(5619)年に修正誓約を認めて議席に着きました。)   1870(5631)   イタリアでローマのゲットーが廃止されてユダヤ人の差別が撤廃されました。   1871(5632)   ロシアのオデッサでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1881(5642)~1882(5643)   南ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1903(5664)   ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1917(5678)   バルフォア宣言(イギリス外相がユダヤ人の有力者ロスチャイルド卿にあてた書簡)「イギリス政府はパレスチナにナショナルホームを設立することを約束し   その目的達成のため最善の努力を行う」を行いました。   1917(5678)   イギリス軍がパレスチナを占領しました。オスマン帝国軍のエルサレム守備隊がイギリスに降伏しました。   1922(5683)   イギリスによるパレスチナ委任統治正式に始まりました。エルサレムが委任統治領の首都になりました。   1925(5686)   ヘブライ大学が成立しました。   1929(5690)   「嘆きの壁」事件でユダヤ教徒とイスラム教徒の対立で双方の死者が約300人になりました。   1936(5697)   パレスチナ・アラブ大反乱「アラブの大蜂起」がございました。   1939(5700)   水晶の夜第二次世界大戦中にユダヤ人約600万人がナチス・ドイツに虐殺さました。(ホロコースト)   1947(5708)   2月   イギリスがパレスチナの委任統治を放棄することを宣言しました。   1947(5708)   11月   国連がパレスチナ分割決議案採択しました。   1948(5709)   5月14日   イスラエルが独立を宣言しました。そのときのイスラエルのユダヤ人の人口が約70万人です。   1948(5709)   5月15日   第1次中東戦争起きました。アラブ諸国がパレスチナに侵攻しました。アラブ・パレスチナ側が「パレスチナ戦争」と呼んで   イスラエルは「独立戦争」と呼びます。第1次中東戦争でアラブ・パレスチナ人の難民が約80万人になりました。エルサレム旧市街のユダヤ人地区からユダヤ人全員が離れました。。   1949(5710)   イスラエルとヨルダンが休戦協定を締結しました。   1951(5712)   7月20日   ヨルダン国王アブドッラーがアラブ人過激派にアル・アクサー・モスク前で暗殺されて亡くなりました。   1956(5717)   第2次中東戦争が起きました。   1964(5725)   東エルサレム   オリーブ山山頂のホテルでパレスチナ解放機構(PLO)を結成しました。   1967(5728)   第3次中東戦争が起きました。   1968(5729)   スペインはユダヤ人に対する追放令を公式に解除しました。476年ぶりでございましたが   1800年末にロスチャイルド商会のマドリード支店ができて実質的に無効になってございました。   1972(5733)   日本赤軍3名がテルアビブのロッド空港(=現在のベン・グリオン国際空港)で自動小銃を乱射して24人が亡くなって100人近くが負傷しました。   1973(5734)   第4次中東戦争が起きました。   1979(5740)   イスラエルとエジプトが平和条約を締結しました。   1981(5742)   エジプトのサダト大統領が暗殺されて亡くなりました。   1982(5743)   イスラエルがシナイ半島の撤退が完了して   シナイ半島をエジプトに返還しました。   1993(5754)   パレスチナ暫定自治協定を調印しました。イスラエルとPLOが相互承認しました。(オスロ合意)   1995(5756)   イスラエルのラビン首相が暗殺されて亡くなりました。   2000(5761)   リクード党のシャロン党首がアルアクサーモスクを訪問しました。アルアクサー・インティファーダ(第2次インティファーダ)が始まりました。~現在)   2000(5761)   イスラエルのバラク首相とアラファト・パレスチナ自治政府議長がパリで会談しました。   2001(5762)   アメリカ合衆国でブッシュ大統領が就任しました。   2001(5762)   3月7日   シャロン政権が発足しました。   2001(5762)   8月27日   アリー・ムスタファPFLP議長がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2001(5762)   9月11日   米同時テロ事件が起きました。   2001(5762)   10月7日   米空軍がフガニスタンの空爆を開始しました。   2001(5762)   10月17日   イスラエルのゼエヴィ観光相が暗殺されて亡くなりました。(8月27日アリー・ムスタファPFLP議長の暗殺の報復でした。)   2001(5762)   12月3日   シャロン首相が「対テロ戦争」を宣言しました。   2002(5763)   1月22日   ハマスがイスラエルに対して「全面戦争」を宣言しました。   2002(5763)   2月21日   シャロン首相が「分離壁」設置を宣言しました。   2002(5763)   6月   「分離壁」の建設が始まりました。   2003(5764)   1月28日   イスラエルの総選挙でリクード党が圧勝してシャロン首相の続投が決まりました。   2003(5764)   3月20日   米英軍がイラク戦争を開始しました。   2003(5764)   4月9日   バグダッドが陥落しました。イラク・フセイン政権が事実上崩壊しました。   2004(5765)   2月2日   シャロン首相がガザ地区からの一方的な撤退を発表しました。   2004(5765)   3月22日   ハマス指導者ヤシン師がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2004(5765)   4月17日   ハマス新指導者ランティシ師がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2004(5765)   11月11日   PLO議長でパレスチナ自治政府議長のヤセル・アラファト氏(75)が死去しました。   2005(5766)   1月9日   パレスチナ自治政府の議長選挙でアッバース氏が当選しました。   2005(5766)   2月8日   イスラエルのシャロン首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長の首脳会談が行われました。(この2者の初の首脳会談で   エジプトのシャルムエルシェイクで行われました。双方が暴力停止を宣言しましたが   ハマスが暴力停止宣言に拘束されないと言明してパレスチナ内部でねじれが起きました。2012年現在の国際社会の各国の政権の現状に似てございます。)   2005(5766)   6月21日   イスラエルのシャロン首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長の首脳会談が行われました。(エルサレムで行われましたが   進展しませんでした。共同会見も行われませんでした。)   2005(5766)   8月15日   イスラエルのガザ地区からのユダヤ人の入植者約8   000人が撤退を開始しました。   2005(5766)   9月12日   イスラエル軍がガザ地区の撤退を完了しました。   (ガザ地区が1967年以来38年ぶりにパレスチナの方々の支配下になりました。)   2005(5766)   11月21日   シャロン首相がリクード党を離れて新党「カディマ(=前進)」を結成しました。   2006(5767)   1月4日   シャロン首相が脳出血で重体になりました。   2006(5767)   1月25日   パレスチナ評議会の選挙でハマスが与党第1党になりました。132議席中74議席を獲得しました。   2006(5767)   6月8日   イスラエルがガザ地区南部のラファを空爆してハマス治安部隊のトップなどが亡くなりました。   <特大><特大>2005年2月8日   ~2006年6月8日   奇跡的に   平和な状態の   時期でございました。</特大></特大>   2006(5767)   6月9日   イスラエルがガザ地区北部の海水浴場を誤爆して   家族連れなど7人が亡くなりました。   同日   ハマスは停戦を破棄してイスラエルに対する攻撃を再開すると宣言しました。   2006(5767)   7月12日   レバノンのヒズボラがイスラエルとの戦闘中にイスラエル兵を2名拉致しました。イスラエルはベイルートの空爆を開始しました。   2006(5767)   8月14日   イスラエルとレバノンが停戦に合意しました。   2007(5768)   6月   ハマスがガザ地区を制圧しました。イスラエルが境界を封鎖しました。   2008(5769)   2月27日   イスラエル軍がガザで武装勢力の掃討作戦を行いました。6日間で110人以上の方が亡くなりました。   2008(5769)   6月19日   イスラエルとハマスの停戦の合意が発効しました。   2008(5769)   12月19日   イスラエルとハマスの停戦の合意が終了しました。   2008(5769)   12月27日   イスラエルがガザ地区のハマス拠点に大規模の空爆を開始しました。   2009(5770)   1月3日   イスラエルがガザ地区に侵攻を開始しました。   2010(5771)   中国新彊ウイグル自治区で暴動が起きました。   キルギスで政変が起きました。   タイで反政府デモが起きました。   韓国の哨戒艦が撃沈されました。   北朝鮮が韓国のヨンピョン島を砲撃しました。   ナイジェリアで民族紛争が起きました。   メキシコで麻薬戦争が起きました。   2011(5772)   ヨルダンとシリアとイエメンで反政府運動が激化しました。   チュニジアで反政府暴動が起きて政権が転覆しました。   エジプトで大規模な反政府民主運動が起きて政権が転覆しました。   リビアで政府と反政府勢力の武力衝突が起きて内戦になり政権が崩壊しました。   コートジボアールで内紛が起きて武力衝突しました。   南スーダンが独立しました。   2012(ユダヤ暦5773)   シリアで反政府勢力に対する弾圧が激しくなりました。   マリでクーデターが起きました。   「ユダヤ教徒エジプト人とマルクス主義」   「アハマド・サーディク・サアドと民衆的思想」   「ヘンリ・クリエルとエジプト共産主義運動」   「エジプト共産主義運動におけるユダヤ教徒問題」   「国連パレスチナ分割決議とエジプト共産主義運動」   「アラブ民族革命とアラブ共産主義者の殉難」   も気になります。   仏法のそれ自体(=自性)について  

サムネイル

シェフ部門で永住権を取得した方への音声インタビューをプレゼント!

シェフ部門で永住権を取得した方への音声インタビューをプレゼント! (56分32秒) 本編は→http://www.nzeiju.com/ ・どうやって仕事を見つけたか? ・雇用主の協力をどうやって得たか? ・職場の仲間はこんな人たち ・英語環境でどうやって生活を? ・申請の際のポイントはいくらだった? ・NZ人と化した日本人ビザコンサルタント ・移民局の担当官でラッキー、アンラッキー? ・どんなところに住んでいるの? ・NZで学校?日本で学校?どちらがいい? を収録しています。 本編は ↓ http://www.nzeiju.com/

投稿者:サイト名 norako
投稿日時:2010.2.19. 11:44
視聴回数:2253回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 海外旅行   住まい・不動産   英会話        
タグ: ニュージーランド永住権   海外移住   ニュージーランド移住  

サムネイル

良い世さ来い あずきチーム

2008年の良い世さ来い踊りから、あずきチームの踊りが素晴らしかったので再度編集をしてお届けいたします。見ているだけで元気をもらえます。 撮影デター カメラソニーHC3 三脚使用なし カメラスタビザイラー使用

投稿者:サイト名 日本ネットTV
投稿日時:2009.1.4. 23:34
視聴回数:535回
お気に入り登録:0
カテゴリ: イベント   映像作品   エンタメ全般      
タグ: よさこい   新横浜   黒船祭り  

サムネイル

#752 続・映画「タイタニック」で英語の勉強。 米国ビザ、事前申請が必要に。

英文スクリプト+日本語訳+番組詳細 http://tdes.blog120.fc2.com/blog-entry-211.html

投稿者:サイト名 The Daily English Show
投稿日時:2008.6.24. 16:03
視聴回数:971回
お気に入り登録:0
カテゴリ: ニュース全般   エンタメ全般   英会話    
タグ: 米国ビザ   タイタニック   映画のセリフ   英語   勉強   英語学習   英語教材   視聴   スクリプト   英語ニュース   解説   キーワード   リスニング   教材  

サムネイル

アヤソフィヤ博物館

複雑な歴史の聖堂は博物館となりビザンチン美術を今に伝えている。

投稿者:サイト名 misakikm
投稿日時:2008.6.9. 15:05
視聴回数:465回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 国内旅行  
タグ:

サムネイル

#671 バニラ・アイスの歌で英語の勉強。 米国査証詐欺で逮捕。

英文スクリプト+日本語訳+番組詳細 http://tdes.blog120.fc2.com/blog-entry-107.html

投稿者:サイト名 The Daily English Show
投稿日時:2008.3.24. 14:34
視聴回数:2011回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故   国内旅行   英会話      
タグ: バニラ   アイス   ヴァニラ   ベイビー   歌詞   英語   学習   勉強   ビザ   詐欺   査証   インド   映画業界   ローフ   ニセコ   niseko   Loaf   skate   スケート   パーク   trevor   ponting   トレバー  

サムネイル

Moment

ショートドラマ:「モメント」、アメリカでの生活、仕事、愛に悩む3人の若い男女についての短編映画。ビザの不安を抱えるアジア人の若い女、ネット上で知り合った女性を追いNYに来てみれば彼女はトランスバスタイト、それでも愛を貫くか悩む男、アーティストとして壁に突き当たった女。3人の男女の出会い。監督・脚本:リー・ソン、撮影:堀脇幸作、共同制作:イメージシリーズスタジオ&イーストリバーフィルム、2004、11分、英語(日本語字幕なし)

投稿者:サイト名 eastriverfilms
投稿日時:2007.12.22. 15:13
視聴回数:1484回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 映像作品  
タグ: 短編   NYC   Brooklyn   Short   Film   ブルックリン  

01 02

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.