PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

(お話です) 2 「タルムード」「律法の価値」「生活の選択」「エルサレムのヤブネ体制」

(お話です) 2 「タルムード」「律法の価値」「生活を選択すること」「エルサレムのヤブネ体制とパリサイ派のラビ」「第二反乱と エルサレムのヤブネ体制 についてと イェフダ・ハナスィ (=総主教の総主教のイェフダ)と ヤブネ議会(=ヤブネ・サンヘドリン) について」 「マカベア(ハスモン)家が ユダヤの独立を回復。 前63年 ユダヤがローマの 属領の属王ヘロデの 圧制が行われて、 以降のローマ人総督が 悪政を行って、 ユダヤ人が大反乱を起す (ユダヤ戦争紀元66~70年)。 反乱は鎮圧され, エルサレム神殿が破壊されて、 神殿祭儀なしに 民族的・宗教的共同体を 維持する意識が 強く受け継がれます。 第2神殿時代に発達した、 礼拝と律法研究のために、 安息日(シャバット)ごとに 各居住地の成員が集まる シナゴーグ(集会所)が パリサイ派律法学者の活動の拠点でした。 これらの拠点に集結して 海岸地方のヤブネに集まって、 破壊された神殿にあった サンヘドリン(議会)を再興して、 派律法学者の 律法と律法解釈の ユダヤ人共同体の形成の維持を行いました。 第2反乱(132‐135) ヤブネが破壊されて、 ユダヤ人共同体が ガリラヤになりました。 5世紀初期 キリスト教が強力になり ローマ帝国の国教になりました。 ペルシア時代以降展開した ディアスポラ・ユダヤ人(離散民)が ヘレニズム・ローマ時代に発展して、 紀元の時期 人口が本国のユダヤ人の数十倍に達していた。 大部分のローマ帝国内の ユダヤ人の幾度もの反乱で ディアスポラ(離散民)が 弾圧を受けて、 ローマ帝国の支配圏外にあった バビロニアのディアスポラ(離散民)が 徐々にユダヤ人の拠点になりました。 このことから 5世紀以降 バビロニア各地の 教学院(イェシバー yeshivah)に集まった 律法学者たちが, 「ラビのユダヤ教」を行って、 ユダヤ民族・宗教共同体の基準の 口伝律法の集大成の バビロニア・タルムードを 編纂しました。 10世紀 バビロニア拠点でしたが 以降のユダヤ人共同体が、 イスラム教徒が展開する 北アフリカとスペインが 拠点になりました。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.28. 00:59
視聴回数:12540回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「タルムード」   「律法の価値」   「生活を選択すること」   「エルサレムのヤブネ体制とパリサイ派のラビ」   「The   value   of   Torah   :律法の価値」   「Choosing   life生活を選択すること」   「第二反乱と   エルサレムのヤブネ体制   についてと   イェフダ・ハナスィ   (=総主教の総主教のイェフダ)と   ヤブネ議会(=ヤブネ・サンヘドリン)   について」   「マカベア(ハスモン)家が   ユダヤの独立を回復。   前63年   ユダヤがローマの   属領の属王ヘロデの   圧制が行われて   以降のローマ人総督が   悪政を行って   ユダヤ人が大反乱を起す   (ユダヤ戦争紀元66~70年)。   反乱は鎮圧され,   エルサレム神殿が破壊されて   神殿祭儀なしに   民族的・宗教的共同体を   維持する意識が   強く受け継がれます。   第2神殿時代に発達した   礼拝と律法研究のために   安息日(シャバット)ごとに   各居住地の成員が集まる   シナゴーグ(集会所)が   パリサイ派律法学者の活動の拠点でした。   これらの拠点に集結して   海岸地方のヤブネに集まって   破壊された神殿にあった   サンヘドリン(議会)を再興して   派律法学者の   律法と律法解釈の   ユダヤ人共同体の形成の維持を行いました。   第2反乱(132‐135)   ヤブネが破壊されて   ユダヤ人共同体が   ガリラヤになりました。   5世紀初期   キリスト教が強力になり   ローマ帝国の国教になりました。   ペルシア時代以降展開した   ディアスポラ・ユダヤ人(離散民)が   ヘレニズム・ローマ時代に発展して   紀元の時期   人口が本国のユダヤ人の数十倍に達していた。   大部分のローマ帝国内の   ユダヤ人の幾度もの反乱で   ディアスポラ(離散民)が   弾圧を受けて   ローマ帝国の支配圏外にあった   バビロニアのディアスポラ(離散民)が   徐々にユダヤ人の拠点になりました。   このことから   5世紀以降   バビロニア各地の   教学院(イェシバー   yeshivah)に集まった   律法学者たちが,   「ラビのユダヤ教」を行って   ユダヤ民族・宗教共同体の基準の   口伝律法の集大成の   バビロニア・タルムードを   編纂しました。   10世紀   バビロニア拠点でしたが   以降のユダヤ人共同体が   イスラム教徒が展開する   北アフリカとスペインが   拠点になりました。」   「The   value   of   Torah   :   トーラの価値」   ラビ・エリアザル・ベン・アザリア(Rabbi   Eleazar   ben   Azariah)は言った。トーラがないところには作法はない   そして作法がないところにはトーラはない。.........小麦粉がないところにはトーラがない   トーラがないところには小麦粉はない。   [   Avot3:21   ]   Religion   and   mankind   ラビ・エリアザルの言うことは奇術師の演技のようである。奇術師の手のちょっとした動きだけで   ボールが空中に浮いているようにも   そして突然動きだすようにも見える。同じように   エリアザルはトーラと作法   トーラと小麦粉の考えで奇術をしている。   「小麦粉」という単語から   彼が象徴的に言っているということを   我々は知っている。小麦粉は我々にとって毎日のパン   我々の身体のえさ   を代表する。トーラは   比較して   我々の精神---我々の宗教---のえさを代表するにちがいない。   同じことがトーラと作法との間に比較される。ここでは   作法は我々が選んだ生活の毎日の方法を代表する。トーラは   我々の最も高い標準   我々のゴール   我々の道徳   我々の法律---再び我々の宗教---を代表する。   もちろん   作法には良い作法あるいは悪い作法がある。我々がただ単語「作法」を使う場合は   我々はいつも「良い作法」---他人への振る舞いに   敏感でそしてあわれみ深い方法---について言っている。   A   world   wiyhout   Torah   我々は人々がこう言っていることをしばしば聞く:良い作法を持つことは   ひとりの人が世界を平和な場所にする必要がある   それが全てである。人々はこう言うかもしれない   「ユダヤ人であることは   世界の他から私をただ離しているに過ぎない」あるいはこう言うかもしれない   「私はただ人間になりたのだ」   これらの人々が忘れていることは   ただ「人間(human)」であるという自然の状態が動物の状態であることである。それはほとんど永続的に生き残る種類の状態ではない。我々のほとんどの人間では   我々はほとんど野生の動物のようである:餓えた時には互いに戦い爪でひっかく   そして親切に対して邪悪をもって応じる。良い作法は立派である   しかしトーラの保護なしでは   我々を案内する法律なしでは   それら(良い作法)は我々の動物の状態から十分遠くに我々を移動させることはない。ラビはこのことを示すために   老人と蛇の物語を話した。   ある寒い日に   老人が彼の暖炉を離れて彼の野原を歩いていた。彼の手には棒を持っていた   荒れ地で彼を助けるために使い   そしてまた野の獣から保護するために使った。彼が歩いていた時に   道の脇の地にとても静かに横たわっている蛇を見つけた。彼は棒を上げそれを殺そうとしたが   しかし蛇は動かなかった。その時   蛇は寒さで凍ってしまっている   とその老人は悟った。   老人はその蛇がかわいそうに感じた。彼は地面から蛇の凍った身体を持ち上げ   彼自身の身体に接近させて暖かく保った。すぐに蛇はより強くなったが   まだ弱いふりをしていた。それから   突然   蛇は老人のまわりに巻きついて彼を締め始めた。   老人は恐れて叫んだ   「おまえは私を殺したいのか?私はちょうどおまえの命を救ったのだ。おまえは感謝をしないのか?」蛇は笑った。そして言った   「トーラは言っている   蛇は人間のかかとを傷つけるであろう。私はあなたを殺さなければならない   それが人間に対する蛇の方法である」老人はひどく恐れた。彼は蛇に嘆願した   しかし蛇は笑った。   その時   老人はこのケースを裁くために法廷に行くよう要求した。「誰が裁判官になるのか?」   蛇は答えた。「さぁ道に添って歩こう」   彼は言った   「そして最初に会った者が裁判をするのだ」蛇は勝つ確信があったので一緒に行くことに同意した。それで彼は   なおも彼に堅く締めつけている蛇とともに   道を下って行った。   一日中歩いた後   道で   老人と蛇は休んでいる強い牛に会った。老人はその牛に近づいた。「私を殺すことは悪いことだ   と蛇に言ってくれ」   と彼は言った   「私はちょうどこの蛇を助けた   そして共通の作法では   蛇が今度は私を助けるべきである   と言っている」「トーラの中で   蛇と人間は敵である   と言う。   それゆえに私が彼を締めつけて殺すことは正しいはずだ」   蛇は答えた。その牛は蛇に同意した。「あなたは親切な行為をした。しかし蛇は邪悪な行為でそれに報いなければならない。この世界では   我々はいつも善を邪悪で報いるのだ」   牛は答えた。   蛇は老人を強く締めつけた。しかし老人が痛さのため大声で叫び始めたちょうどその時に   ロバがたまたま通りかかった。「そのロバに裁いてもらおう」   老人は痛さで曲がった歯の間から声を出して言った。蛇は微笑んで   そしてふたまたに分れた舌をちらりと見せた。そして   いきさつが再び話された時に   そのロバは蛇に同意した。「善を邪悪で報いるのは自然な方法だ」   ロバは追加した   「それが動物の方法なのだ。最も強い者が一番良い者だ。つめやきばの現実の世界において   使う方法に何があるというのか?」「これは公平な裁判ではない」   老人は言った   「もう一回裁く機会をくれ」   空には太陽がほとんど沈みかけていた。エレサレムの町の影が長くなった   そして丘の頂上の向こう側が暗くなってきた。「見よ   もう遅い」   蛇は言った   「あなたが私を助けてから何も食べていないのでおれは腹がへった。これが最後の裁判だ   そしてあなたは死ぬのだ。」彼らが最後の裁判官を探して道を下っている時に   道の脇に奇妙な光景が現われた。一人の高貴な若者が大地の大きな穴の近くに立っていた。その若者はとの穴の中に彼の美しい杖を落としてしまったのだ。彼は召し使いたちにその穴に水を満たすよう命じた   そして彼らがそうした時に   杖は上に浮いてきた   そしてその若者はそれを簡単に手にとった。   「これは賢い人だ」   老人は言った   「彼を最後の裁判官にしよう。」「そうしよう」   蛇は言った。若者はその二つの話しに耳を傾けた。老人は   いかにして蛇の命を助けたか   を細かく説明した。蛇もまた   老人を殺すことが自分の義務である   と説明した。「まず」   若者は蛇に言った   「おまえは老人から降りなければならない   なぜならばトーラの中で言われている:二人が裁判をしている時は   どちらも有利であってはならない」「さて」   若者は蛇に質問した   「おまえの命を助けた老人をなぜ殺したいのか?」「それはトーラの中で言われている」   蛇は言った   「おまえは男のかかとを傷つけよ」   「それはまたトーラの中で言われている」   その若い裁判官は言った   そして老人の方に向いて   「男は蛇の頭を打ちたたけ」老人は   彼がいつでも持っていた杖を上げた。彼は蛇の頭をたたき   それを殺した。   「今わたしは理解した」   老人は若者に言った   「世界には作法がないのだ   トーラの法律によって保護されている作法を除いては」この高貴な若者は微笑んだ。彼はエレサレムのダビデ王の息子   ソロモンの十代の若者以外の何者でもない。   [   Tanhuma   Buber   ]   良い作法を持つことは   人間であることの一つの精練である。   しかし作法を持つことは   それを支援するゴールや価値を持つことを我々に要求する。映画館でチケットを買う列を考えてみなさい。我々がチケットを買う場合に観察する作法は命じている:最初にやってきた人が最初に奉仕されるべきであり   その後に来たすべての人が順番に奉仕されるべきである。我々はみんな忍耐強くはない   我々はみな次になりたいと思っている;それでもなおも   我々は良い作法を現わし   そして我々の順番を待つ。誰かが列に「割り込む」時   あるいは誰かが我々の前に押して入る時   その時   我々はいらいらさせられる。我々は彼がフェアではないと言う   しかし我々は「彼が人間である!」ということには同意しなければならないでろう。   法律は我々を保護する   その国の法律ではなく   確かに   チケットの行列に割り込む人を禁止する特別な法律は   あったとしてもほとんどの国にはない;しかし我々の宗教の法律にはある。トーラの中で   我々が自分自身を愛すると同様に他人を愛しなさいという戒律   そして全ての人は平等に造られているという教え   を我々は持っている。トーラは善い作法への我々の案内であり   悪い作法からの我々の保護である。   それでラビ・エリアザルの教え   「トーラがないところには   作法がない」我々はそれをこう読める   我々の行動を制御するための一連の標準と価値観を   我々に教える宗教または伝統がないところには   我々の行動は他人の必要の思いやりがないであろう。   Where   there   are   no   manners   ...   タルムードの善き人の一人は我々に教えた:トーラをたくさん勉強して   戒律を理解し愛している人   しかしそれによって生活していない人は   たずなを持っていない馬のようである。トーラはほんの短い間は馬の上に乗っている   しかしすぐに馬はその騎手を頭から投げ出してしまう。   その反対に   トーラをたくさん勉強している人   そしてトーラを実践している人は   たずなを持っている馬のようである。その騎手   トーラ   はこの馬をあちこちに導き   そしてその馬は喜んでその指導を受ける。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   24   ]   ラビ・エリアザルの教えの第二の部分   「作法がないところには   トーラがない」   これは実践の生活が先に来なければならないことを   我々に告げている。もし人が法律によって喜んで生活しないならば   トーラはほとんど役に立たないであろう。もし人が   世界の中に作法の必要性があると決心する時のみ   その人はトーラの使用法を見つけるであろう。   それで   まず最初の段階はこうである   「神の視点で正しいことをすること」   [   Exodus   15:26   ]   すなわち   何がビジネスあるいは売り買いで正しいことか。それであなたはこう学ぶであろう:真実で正直にビジネスあるいは売り買いを振る舞う人   そして他人を喜ばす人   その人はトーラ全体を満たしたかのようにみなされる。   [   Mechilta   Vayetze   Beshallah   ]   人が   他人の善い作法に従うことによって   単純にその神の法律を守る時   その時   彼の行動はその法律のために行動している人の行動と同じように   どの点からみても善い。このように   グループが   善い生活をするために最も無知の人でさえ助けることができる。   たとえばトーラを勉強してきた人が   敏感さを持たずに行動したり   あるいはトーラの原則い従って行動することに失敗しているのを我々が見る時は   我々はこう言う気になる:「それには私の行動の仕方と何の違いを作っているのか?」しかし   トーラを勉強してきた人が   親切な方法で行動していて   彼のまわりの人々に幸福をもたらしているのを我々が見たその時   我々はよくこう言うのを好む:「私もまたそういう風に行動しよう」これは   ラビが我々に教えた   人間のもつ自然の方法である。   (モーゼの兄)アロンが道にいた時に   邪悪であるとして知られている男に会った   彼はその男に「あなたに平和を」といつも挨拶をしていた。   その次の日   その男が邪悪なことをしたくなった時に   彼は言った   「もし私がこれをしたならば   私は目を上げてアロンを見つめることができるであろうか?私は彼の前に恥じるであろう   なぜならば彼は私に平和の挨拶をくれるから」それでその男は邪悪をすることから戻ってゆくようになった。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   しかし作法はどのようにトーラに導くのであろうか?これの最善の例は   我々がこの本の第1章で勉強した物語の中で示めされる---   シメオン(Simeon)と真珠の物語である。最後に   シメオンが真珠をその正しい所有者に返した時に   その所有者はシメオンの作法によって感情が圧倒された。そしてその驚かされた所有者の答えは:「シメオン・ベン・シェタ(Simeon   ben   of   Shetah)の神を誉め賛えよう」   シメオンと共に   そしてアロンと共にいるように   我々の作法がトーラを基本としている時   その作法は他人をトーラに導く。それでラビは教えた:   人にまず最初に善い行ないをするようにさせなさい   そうしてそれから   神にトーラの知識を質問するようにしなさい。   [   Tanna   de   be   Eliezer   p.31   ]   Where   there   is   no   flour   ...   ラビ・エリアザルの言うことの最後の部分は格言として有名になっている。それはこう始まる   「小麦粉がないところにはトーラがない   ....」   他の伝統の中で平行に言われる   ヒンズー教の先生であるVivekananda   (1863-1902)   は言った   「最初にパン   そして次に宗教。空腹の熱望を満足する教義はないであろう」   もちろん   ラビ・エリアザルはおそらく心の中にもっと何かを持っていた。人は勉強するために食べなければならない   ということは真実ではあるが   我々が言ったようにエリアザルは象徴的に話していた。   貧乏の真っただ中では   人はその瞬間の必要性のことのみを強制的に考えさせられる。死に至る飢えの可能性に直面した時   作法や価値観あるいはトーラのための時間はない。人は   僅かな必需品---食料   衣服そして家---に関心を集中することに自分自身を落としめる。我々は   貧乏人にヘブライ語を教えること申し出ることによって   たとえもし彼がユダヤ人であっても彼を助けることはできない。我々は最初にもっと基本的な種類の援助を申し出なければならない。   Where   there   is   no   Torah   ...   しかし貧乏の種類以上のものがある。ラビ・エリアザルが「小麦粉がないところにはトーラがない」と言った時   我々が彼の心の中に持っていたところのことを理解するようになった時に   テーブルの向きが変わり   彼は続けて言う   「トーラがないところには小麦粉はない」そしてここには新しい種類の貧乏がある   食料のはく奪ではなく   トーラのはく奪である。   トーラなしでは   我々の生活は貧しくなるであろう。我々は精神の飢えに苦しむであろう。トーラは世界にそんな豊かさを提供している   我々が「トーラの冠」として話すような   それを祭司の冠   王国の冠と比較する。   ラビ・シメオンは言った   三つの冠がある:トーラの冠   祭司の冠そして   王国の冠である。しかし   良い名前の冠はそれら全ての上にある。   [   Avot   4:17   ]   シメオンはいかにして言うことができるのか   三つの冠があり   それから名前が   四(番目の冠)なのか?答えはこうである   トーラの冠から良い名前の冠が流れ出る。   なぜそれは祭司の冠からは来ないのか?祭司はアロンと彼の仲間の家系に直接に参照しているために   それは誰にでも開かれているのではない。   同じことが王国の冠にも真である   それは王たちにのみ許されている。祭司の冠のように   この王族の冠は来ては行ってしまう単なる地上の力の問題である。   しかしトーラの力は永続する。それは全てに開かれている。各々そしてどのイスラエル人もがトーラの冠をかぶることが出来る。全てがそれを勉強するために招待される。全てが毎週毎週それを読み聞くように要求される。人はトーラによって知恵を獲得する。そしてトーラの勉強を通して   人は独力で良い名前を創造する方法を学ぶ。   作法を通して   我々は独力で「良い名前の冠」を創造する。そして我々の作法は人間であることの事柄だけではない。それらは我々人々の学びと教えとから引き出される。我々の作法はユダヤ人の作法である。我々の行動を通して   我々はそれらを世界に自由に(at   large)表現する。   しかし我々がこれらの作法を表現することが出来る前に   我々はそれらを知らなければならない。我々は学ぶために待つことができない   我々の勉強は今始まらなければならない---今   精神と心が渇望している時に。もし我々がそれらが餓死するまで待つならば   我々はあんまり長く待ちすぎてしまうであろう。それで   世界の全ての大多数が飢えいるような精神の貧乏を   我々は避けなければならない。   もちろん   あなた自身はそれについて何かをすることを決心しなければなりません。あなただけがトーラを   あなたの心の精神を養う小麦粉にする選択ができる。そしてこれをする方法はトーラを「勉強する」ことによってである。   「それをしっかりとつかむ人には   生命の木となって」   [   箴言   3:18   ]   「トーラがないところには作法はない   そして作法がないところにはトーラはない。   知恵のないところには神への畏れはない   神への畏れのないところには知恵はない。   知識のないところには理解はない   理解のないところには知識はない。   小麦粉がないところにはトーラがない   トーラがないところには小麦粉はない。   [   Avot3:21   ]     神がイスラエル人にトーラを与えた理由について   創造主   神は   トーラを授けるべく世界の民族に啓示を行った。   まず   エサウの子孫のところに行って   「おまえたちはトーラを受け入れるか」とたずねられた。   それには何が書いてあるのか   との彼らの問に対して   神は   「殺すなかれ」とある   と答えられると   「その人たちと彼らの父は人殺しでした。『手はエサウの手.....おまえは剣をもって世を渡ることになろう』(創世記27:40)     と彼らは答えた。   今度は   アンモン人とモアブ人のところに行って   「おまえたちはトーラを受け入れるか」とたずねられた。それには何が書いてあるのか   との彼らの問に対して   神は   「姦淫するなかれ」とある   と答えられると   「我々の民族は不倫のかたまりみたいなものです。『こうしてロトと二人の娘たちは父によってはらんだ』(創世記19:36)」   と彼らは答えた。   今度は   イシマエル人のところに行って   「おまえたちはトーラを受け入れるか」とたずねられた。それには何が書いてあるのか   との彼らの問に対して   神は   「盗むなかれ」とある   と答えられると   「我々の先祖は盗みを生業としていたのです。『彼は野生ロバのような人になり   その手はすべての人に逆い』(創世記16:12)」   と彼らは答えた。   神は   ありとあらゆる民族のところに行って   「おまえたちはトーラを受け入れるか」とたずねられた。『他のすべての王はあなたに感謝するでしょう。彼らはあなたの口のもろもろの仰せ聞いたからです』   (詩編138:4)   ノアの子らが受け入れ七つの戒律ですら彼らは守りきれず   これをイスラエルにやった。----   「申命記スィフレ343節」   ---   もし神の啓示をどの民族も受け入れなければ   創造の目的は達せずに   全人類は抹殺されていたことであろう   というのがラビたちの思想です。これは果樹園を持っていた王にたとえられよう。彼はこれを管理人に任せてどこかに出かけた。しばらく後に果樹園に出てみたところ   いばらやあざみがぼうぼうと生えていたので   人をやって下払いさせた。その中に見事な一輪のばらが目にとまったので   これを手折ってその香をかいでみたところ   生き返る心地がした。このばら一輪のために果樹園全体をこのままにしておいても惜しくない   と思った。   同様に   全宇宙もトーラのために創造されたのである。二十六世代のちに   創造主の神が世界を覗いてごらんになったところ   そこはいばらやあざみだらけであった。   そこで   「主は洪水の上に座し」(詩編29:10)と書いてあるように   この世界を滅ぼそうとなさった。しかし   そこに一輪のばら   すなわちイスラエルが主の目にとまった。彼らこそは   将来シナイ山の前に立って   主に向って「わたしたちは主が仰せられたことをすべて行い   守ります」(出エジ記24:7)と言うような民族であった。   そこで神は   イスラエルのために全世界を助けてやるだけの価値がある   と仰せられた。----「レビ記ラバ23:3」   ---   もしイスラエルの民が   神の啓示(シナイ契約(=義務方契約))を拒否していれば   エジプトを脱出後   荒野で死に絶えていたことであろう。   ラビのこんな話もあります。創造主の神は   シナイ山を巨大な容器のように彼らの頭上におおいかぶせて   もしおまえたちが受け入れるならばよし   さもなくばこれがおまえたちの墓場となろう   と宣言しました。   ----「   BTシャバ88a」---   モーゼの律法の板が「二枚」あるという理由について   神は十戒を定めると   まず一枚の石の板にそれを彫りました。それから   神は自分の作品をたずさえて出かけました。   いろいろな民族にすすめてみることにしたのです。   要らないかね   神はフランス人にききました。   でも   大体   何が書いてあるんですか   と疑わしげにたずねました。生活の規則だよ。たとえば   「隣人の妻によこしまな心を抱いてはならない」   いや   それなら結構   とフランス人がいいました。それでは楽しみがなくなってしまいますよ。神はドイツ人のところに行きました。要らないかね。   何が書いてあるんですか。生活の規則だよ。たとえば   「人を殺してはならない」   なんですって!では   どうやって戦争をすればいいんですか。神はこうして   イギリス人   イタリア人   ギリシャ人   アラブ人   中国人のもとをまわりました。誰もその作品を欲しがりません。神はたいへん困りました。そこで彼はユダヤ人にすすめてみました。ユダヤ人はすぐにたずねました。おいくらですか。ただだよ   と神は勢いこんで答えました。たださ!お金は要らないよ。そうですか   ユダヤ人はいいました   それなら「二枚」いただきましょう。   「Choosing   life(生活を選択すること)」   ラバン・シメオン・ベン・ガマリエル(Rabban   Simeon   ben   Gamaliel)は言った   世界は三つの物の上に立って守られる:真実(by   truth)審判(by   judgment)平和(by   peace)で守られる。   [   Avot   1:18   ]   あなたは海を探しに出かけた魚の話を憶えているかもしれない。いたるところを探した後   海は単純に存在していなかったとその魚は決定した。今年に我々が一緒に勉強したところのものについて   あなたはおそらくこんな風に感じているかもしれない。我々がそれを一緒にする時に   それは全て何の意味があるのか?それが全て何についてであるかを忘れずにいる方法はあるのか?   たとえそうでも   我々の勉強の中にユダヤ人の道徳の全てをカバーしてきているわけではない。ユダヤ人の道徳の主題に関しては厖大な量の文献がある   そして我々は単にその表面をひっかいたにすぎない。我々は氷山の先端だけを勉強してきた   とあなたは言うかもしれない。   しかし   極めて重大な我々の伝統の価値や概念のほとんどのうちの幾つかを我々は話してきた。共同体社会の重要さ   政府の重要さ   労働の重要さ   トーラの重要さ   そして名誉と尊敬の重要さ   その他について我々は触れてきた。   最初   あなたはあなた自身にこう言うかもしれない:「確立」した道徳がある。それらは個人として自由になることを許していない。それらはただグループにとって何が良いかを用意している。   しかし我々は   それはあなたの権利を一個人のものであることを保証し   力と権威の誤った使用からあなたを保護し   あなたの自由を保護している   そのような我々の伝統の価値を話してきた。   これらは生活そのものの価値である   ---選択の自由   互いへの感受性   友情と仲間意識   開かれた信用できる議論   そして公平で平等な審判。   これらの価値の中で   我々は人間の精神の最も深い熱望を認めることができる。一緒に   共同的で個人的な価値は   高貴な人間の共同社会に対する基礎を我々に提供している:真実を基礎に   審判を基礎に   そして平和を基礎にした共同社会である。   Preserving   the   world   あなたが属しているかもしれない多くのグループの中の   ユダヤ人の人々は最も多くの要求がある。我々は命じられている:「あなたは   主あなたの神をあなたの全ての精神をこめて   あなたの全ての心をこめて   そしてあなたの全ての力をこめて   愛さなければなりません」   (申命記   6:5)   何のさらなる要求が作られることがあったのか?しかし我々がアボットの勉強で見てきたように   我々が神を愛するというのは何を意味するのかを解く場合に   それは人間の世界の中で行動する間に神の法律に従うことである   ということをラビたちは見せてきた。商人たちは   彼らから買う人々を公正に扱わなければなりません。農民たちは   公正な測りで収穫物を測らなければなりません   そして彼らの客をだまさないように。人は   彼または彼女の使用人から賃金の支払をたとえ一晩でも控えてはなりません。   ---   賃金の支払は時間どおりになされなければなりません。慈善は全てに対して要求される   ---   貧乏人でさえ慈善をする方法を発見するべきである。「Gemilt   Hasadim(神からの乳離れ)」   報酬なしを約束している愛の行動   が命じられている:我々は病人を見舞わなければなりません。我々は孤児や未亡人を助けなければなりません。我々は見知らぬ人を正当に扱わなければなりません。死人の埋葬の必要が生じた時に我々は援助しなければなりません。。これらの具体的な行動は   これらそしてもっと多くの   神に対する我々の愛の地上での表現である。   しかし特に三つの価値が主要である   その重要さの点で   そして我々が一緒にしてきた勉強の全てのまとめという点において。ラバン・シメオン・ベン・ガマリエルの言葉   [   Avot   1:18   ]     世界は三つの物の上に立って守られる:   真実(by   truth)審判(by   judgment)平和(by   peace)で守られる。   真実(By   truth)   それが真実に来るとき   我々は互いを信頼しなければなりません。信頼が全ての人間の関係に最も深いきずなになっているほどに   我々は互いにたいへん依存している。我々の相続権である我々の伝統を我々に教えてくれる他人を信頼している   そして我々が我々自身でそれを判断するほどに   彼らがそれを我々に真に与えるであろうと信頼している。ヒレルとシャマイについて一つの有名な話がラビによって話された   真実がいかに全ての学びの基礎になっているかを見せるために。   不信仰者がシャマイのところにやってきた   そして言った   「私はあなたと学びたい   しかし最初に私に告げて下さい。一つのトーラ以上のものがあるのですか?」シャマイは答えた   「二つのトーラがある   ---   the   written   Torah(書文のトーラ)と   the   oral   Torah(口伝のトーラ)とが」そのとき不信仰者は言った   「私自身で読むことができる書文トーラに関しては   私はあなたを信頼するでしょう。しかし口伝トーラに関しては   そうではありません」それでシャマイは全く彼を教えることを拒んだ。   その同じ不信仰者がヒレルのところにやってきて同じ質問をした。彼は同じ回答を受けた。「私に書文トーラだけを教えて下さい」   と彼はヒレルに言った。そしてヒレルは同意した。   授業の最初の日に   ヒレルはその不信仰者にアレフ・ベイト(Aleph-Bet)を教えた。正しい順序になるように   彼は文字を何度も繰り返したので   その異教徒はそれらを学んだ。「アレフ(Aleph)   ベイト(Bet)   ギーメル(Gimel)   ダレット(Dalet)   ...   」しかしその次の日に   彼が復習にやってきた時   ヒレルは始めた。「アレフ   ギーメル   ダレット   ベイト   ...   」その不信仰者は混乱して言った   「やめて下さい   昨日あなたはこう教えました『アレフ   ベイト   ギーメル   ダレット   ...』   そして今日は『アレフ   ギーメル   ダレット   ベイト   ...』と教えました。どっちが真実なのですか?」その時   ヒレルは答えた   「あなたはアレフ・ベイトの真実に対して私を信頼しなければならない。同じように   あなたは我々の伝統の真実に対してもまた私を信頼しなければならない」   (Shabbat   31a)   同じように   我々の伝統の真実に対して我々はお互いを信頼しなければならない。この本の中で   我々はアボットの言葉を勉強してきた   そしてそれらをユダヤ人の知識の伝統に立つものと認めてきた。世界は   この伝統を習得し   それで生き続けることをユダヤ人に頼っている。それは   我々が世代から世代に通過させ   それをレビューし   そしてより大きくしてきた真実の伝統である。   今や   真実を探求することはユダヤ人としてあなたの責任である。それは   あなたがそのために選ばれた責任である   そしてそれゆえにユダヤ人は「選ばれた民(Chosen   People)」と呼ばれているのだ。しかし真実はあなたからずっと遠くにいるわけではない   ---   それはあなたの気持ちの中に   あなたの心の中にある。あなたは   あなた自身を信頼することを学び   あなた自身で審判することを学び   あなた自身で決心することを学ばなければならない。あなたは我々の伝統の最も新しい連結(link)である   勉強を通して   探求を通して   あなたは真実を学ばなければならない。次の世代は彼らの相続権をあなたに頼るであろう   あなたが全て充満に学んできた伝統を通過させるであろうことを期待して。あなたが   何がそうであろうかというその真実である。   審判(by   judgment)   我々はまた   あなた自身そしてあなたのまわりの世界の審判として   あなたが演じることの重要な部分を勉強してきた。そしてラバン・シメオンの言葉に中で   市民の世界が頼っているその三つの柱うちの一つは   審判という柱である   ということを彼は我々に思い出させる。   シメオンは   「正義(justice)」という言葉を使わないで   むしろ「審判(judgment)」という言葉を選んだことに注意しなさい   ---   審判は法律の法廷の中としての意味がある。そしてシメオンの選んだ言葉のちょっとしたこの違いを強調すると   意味に一つの違いがある。なぜならば   一方において   「正義」は盲目的である   賢者が言っているように:法律の目には   全ての物事は平等であり   そして何の特別な環境もない。   しかし「審判」は盲目的ではない:審判の目には   あらゆるケースが特別なケースであり   そして全ての環境が異なる。我々はもう一度   帽子をまわしてた裁判官の話   ---   彼は町の人々に「正義」と「慈善」の違いを教えた   ---   を呼び出す必要がある   ラバン・シメオンが「審判」という言葉を使った時に   彼が心の中に持っていたところのものを理解するために。   彼の言葉の選択から   我々がそれを行動に移すまでは「正義」は共同体社会の柱ではない   ということを我々は学ぶかもしれない。我々は公平に他人を審判しなければならない   フェアプレイの掛け声だけではなく。我々は親切に他人を扱わなければならない   親切な語りだけではなく。我々は尊敬して他人を扱わなければならない   優しく正しい話だけではなく。   多くの人々は敏感であるべきことを主張する   しかしこれらの人々の行動が   彼ら自身の必要に加えて他人の必要に向けられている時にのみ   真に敏感である。我々が我々自身について行う審判   そして他人について行う審判に従って   我々は行動しなければならない   ---   その時   我々の審判は真実になるであろう。   平和(by   peace)   タルムードの中のどこかほかで   ある注釈が述べている:ラバン・シメオンの三つの価値   ---   審判   真実   そして平和   ---   は本当のものである   なぜならば真実と審判(原文は審判でなく正義となっているが誤植)は平和が存在するために必要であり   そしてそれの最も確実な保護である。審判が公平に報われている時は   真実が支持され   そしてその結果は平和である。   (Jerusalem   Talmud   Taanit   68a)   そのラビにとっては   平和は人間性の自然な状態である。それは   永遠であるに値する生活のたった一つの方法である。我々が以前に「平和の価値(第20章)」で議論してきたように   人は   平和が彼を見つけることを待つことはできない   ---   彼は平和を活発に「追い求め」なければならない。   平和   審判   そして真実の中の関連はたいへん親密なので   アボットは我々に告げている:正義が無視され   そして真実を誤らせる時は   暴力がその避けられない結果である。正義が遅れるために   そして正義の悪用のために   そしてトーラをその真の意味に従わないで解釈する罪のために   世界に戦争がやって来る。   (Avot   5:11     正しくない状態を正すことについて   我々が待って待ってそして何もしない時   我々は多かれ少なかれ暴力を招いている。国の貧乏人が踏みにじられて飢える時   例えば   金持ちが全体的に苦しんでいる隣人の悪い状態を無視する時   反乱や革命が容易に生じる。正義が悪用され   そして法廷がたやすく賄賂や政治的な興味によって影響される時   その時はまた暴力が遠くはない。法廷が人々を平等に審判することに失敗して   そしてその代わりに彼らを皮膚の色や宗教や社会の地位に従って審判する時   暴力がその結果となる   ---   なぜならば法廷が公平でないならば   いったい他のどこで人々は平和に向きを変えることができるであろうか。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ユダヤ教の途絶えぬ信仰」「ミシュナータルムードアヴォート」「勇気の価値」「忍耐の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠について ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「勇気の価値」 The value of courage 「忍耐の価値」 The value of patience について ◎ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠 ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に、「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。 新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。 この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが、他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。 他方、総督がネヘミアになり、神殿の城壁を修復して、信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。 これだけでなく、移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに、教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。 これらの、「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。 ◎「勇気の価値」 The value of courage 我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば、それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている、我々の各々の中に、利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer Tov」との間に葛藤がある、 我々の各々は自由な意思を与えられているこのように、我々は教えられている。Judaismは、宗教的な知覚を発展させ、そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを、我々は知っている。 それでは、なぜ我々は完全であることを要求されていないのか ◎「忍耐の価値」 The value of patience あなたは、人々が「欲求不満」になっている、と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で、欲求不満は最も共通な心の病気の現われである、と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは、わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは、やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時、それらが妨げられて挫折され、くじけられ、打ちのめされる時。欲求不満であるのは、我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に、欲求不満がやって来る。しかし多くの場合、我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。 欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは、あなたの制御を超えた全体的な事によって、自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。 全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉( Ecclesiastes)」で、我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。 何事にも季節があり、 天でない世界の事態に すべて定められた時がある。 生まれる時、死ぬ時 植える時、植えたものを抜く時 殺す時、癒す時 破壊する時、建てる時、 泣く時、笑う時 嘆く時、踊る時 石を放つ時、石を集める時 抱擁の時、抱擁を遠ざける時 求める時、失う時 保つ時、放つ時 裂く時、縫う時 黙する時、語る時 愛する時、憎む時 戦いの時、平和の時 ( Ecclesiastes 3:1-8) これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である、全てのものには一つの時間があり、各々はその季節にやって来なければならない。 我々はすでに、この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている、なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.7. 04:35
視聴回数:2131回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠について   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「勇気の価値」   The   value   of   courage   「忍耐の価値」   The   value   of   patience   について   ◎ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠   ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に   「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。   新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが   ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。   この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが   他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。   他方   総督がネヘミアになり   神殿の城壁を修復して   信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。   これだけでなく   移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに   教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。   これらの   「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。   紀元前   ユダ王国   622年   ヨシア王宗教革命   597年   バビロン補囚   申命記文書   ゼファニヤ書   エレミヤ書   ナホム書   ハバクク書   ヨシュア記   士師記   サムエル記上下   列王記上下   バビロン補囚時代   587年   ユダ王国滅亡   538年   クロス王の解放令   帰還   祭司(P)文書   エゼキエル書   イザヤ書(40年~55年)   詩編・哀歌   ペルシャ支配   515年   第二神殿完成   458年   エズラの改革   445年   ネヘミヤの宗教改革   モーセ五書   創世記   出エジプト記   レビ記   民数記   申命記   ◎「勇気の価値」   The   value   of   courage   我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば   それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている   我々の各々の中に   利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer   Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer   Tov」との間に葛藤がある   我々の各々は自由な意思を与えられているこのように   我々は教えられている。Judaismは   宗教的な知覚を発展させ   そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを   我々は知っている。   それでは   なぜ我々は完全であることを要求されていないのか   ◎「忍耐の価値」   The   value   of   patience   あなたは   人々が「欲求不満」になっている   と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で   欲求不満は最も共通な心の病気の現われである   と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは   わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは   やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時   それらが妨げられて挫折され   くじけられ   打ちのめされる時。欲求不満であるのは   我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に   欲求不満がやって来る。しかし多くの場合   我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。例えば   あなたは幾つかのあるいはほとんどのテーマでさえうまく行くが   しかしある一つのテーマには絶えず失敗している   と生物学者は言っている。あなたは挑戦し挑戦する   あなたは生活援助システムの定義とリストを記憶したとしも   しかし学年試験が公示され再び失敗したことを知る。そしてあなたは欲求不満になる。   欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは   あなたの制御を超えた全体的な事によって   自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。   全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉(   Ecclesiastes)」で   我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。   何事にも季節があり   天でない世界の事態に   すべて定められた時がある。   生まれる時   死ぬ時   植える時   植えたものを抜く時   殺す時   癒す時   破壊する時   建てる時   泣く時   笑う時   嘆く時   踊る時   石を放つ時   石を集める時   抱擁の時   抱擁を遠ざける時   求める時   失う時   保つ時   放つ時   裂く時   縫う時   黙する時   語る時   愛する時   憎む時   戦いの時   平和の時   (   Ecclesiastes   3:1-8)   これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である   全てのものには一つの時間があり   各々はその季節にやって来なければならない。   我々はすでに   この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている   なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。   我々は   夏にりんごが熟すとか秋にももが熟すことを期待してはいない。農夫は種を蒔く時   雨の時   成長する時   そして収穫の時を忍耐強く待つ。我々は雪の季節   そして暑さの季節を期待することを学ぶ。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ユダヤ教の途絶えぬ信仰」「ミシュナータルムードアヴォート」「勇気の価値」「忍耐の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠について ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「勇気の価値」 The value of courage 「忍耐の価値」 The value of patience について ◎ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠 ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に、「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。 新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。 この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが、他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。 他方、総督がネヘミアになり、神殿の城壁を修復して、信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。 これだけでなく、移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに、教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。 これらの、「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。 ◎「勇気の価値」 The value of courage 我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば、それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている、我々の各々の中に、利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer Tov」との間に葛藤がある、 我々の各々は自由な意思を与えられているこのように、我々は教えられている。Judaismは、宗教的な知覚を発展させ、そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを、我々は知っている。 それでは、なぜ我々は完全であることを要求されていないのか ◎「忍耐の価値」 The value of patience あなたは、人々が「欲求不満」になっている、と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で、欲求不満は最も共通な心の病気の現われである、と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは、わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは、やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時、それらが妨げられて挫折され、くじけられ、打ちのめされる時。欲求不満であるのは、我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に、欲求不満がやって来る。しかし多くの場合、我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。 欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは、あなたの制御を超えた全体的な事によって、自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。 全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉( Ecclesiastes)」で、我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。 何事にも季節があり、 天でない世界の事態に すべて定められた時がある。 生まれる時、死ぬ時 植える時、植えたものを抜く時 殺す時、癒す時 破壊する時、建てる時、 泣く時、笑う時 嘆く時、踊る時 石を放つ時、石を集める時 抱擁の時、抱擁を遠ざける時 求める時、失う時 保つ時、放つ時 裂く時、縫う時 黙する時、語る時 愛する時、憎む時 戦いの時、平和の時 ( Ecclesiastes 3:1-8) これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である、全てのものには一つの時間があり、各々はその季節にやって来なければならない。 我々はすでに、この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている、なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.6. 19:17
視聴回数:1854回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠について   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「勇気の価値」   The   value   of   courage   「忍耐の価値」   The   value   of   patience   について   ◎ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠   ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に   「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。   新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが   ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。   この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが   他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。   他方   総督がネヘミアになり   神殿の城壁を修復して   信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。   これだけでなく   移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに   教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。   これらの   「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。   紀元前   ユダ王国   622年   ヨシア王宗教革命   597年   バビロン補囚   申命記文書   ゼファニヤ書   エレミヤ書   ナホム書   ハバクク書   ヨシュア記   士師記   サムエル記上下   列王記上下   バビロン補囚時代   587年   ユダ王国滅亡   538年   クロス王の解放令   帰還   祭司(P)文書   エゼキエル書   イザヤ書(40年~55年)   詩編・哀歌   ペルシャ支配   515年   第二神殿完成   458年   エズラの改革   445年   ネヘミヤの宗教改革   モーセ五書   創世記   出エジプト記   レビ記   民数記   申命記   ◎「勇気の価値」   The   value   of   courage   我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば   それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている   我々の各々の中に   利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer   Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer   Tov」との間に葛藤がある   我々の各々は自由な意思を与えられているこのように   我々は教えられている。Judaismは   宗教的な知覚を発展させ   そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを   我々は知っている。   それでは   なぜ我々は完全であることを要求されていないのか   ◎「忍耐の価値」   The   value   of   patience   あなたは   人々が「欲求不満」になっている   と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で   欲求不満は最も共通な心の病気の現われである   と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは   わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは   やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時   それらが妨げられて挫折され   くじけられ   打ちのめされる時。欲求不満であるのは   我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に   欲求不満がやって来る。しかし多くの場合   我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。例えば   あなたは幾つかのあるいはほとんどのテーマでさえうまく行くが   しかしある一つのテーマには絶えず失敗している   と生物学者は言っている。あなたは挑戦し挑戦する   あなたは生活援助システムの定義とリストを記憶したとしも   しかし学年試験が公示され再び失敗したことを知る。そしてあなたは欲求不満になる。   欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは   あなたの制御を超えた全体的な事によって   自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。   全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉(   Ecclesiastes)」で   我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。   何事にも季節があり   天でない世界の事態に   すべて定められた時がある。   生まれる時   死ぬ時   植える時   植えたものを抜く時   殺す時   癒す時   破壊する時   建てる時   泣く時   笑う時   嘆く時   踊る時   石を放つ時   石を集める時   抱擁の時   抱擁を遠ざける時   求める時   失う時   保つ時   放つ時   裂く時   縫う時   黙する時   語る時   愛する時   憎む時   戦いの時   平和の時   (   Ecclesiastes   3:1-8)   これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である   全てのものには一つの時間があり   各々はその季節にやって来なければならない。   我々はすでに   この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている   なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。   我々は   夏にりんごが熟すとか秋にももが熟すことを期待してはいない。農夫は種を蒔く時   雨の時   成長する時   そして収穫の時を忍耐強く待つ。我々は雪の季節   そして暑さの季節を期待することを学ぶ。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇「共同の責任」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「共同の責任」 ◎from The Talmud 全てのユダヤ人は、互いに責任がある。 [ ---Babylonian Talmud, Shevuot 39a ] この広く知られたタルムードの格言は、ユダヤ共同体社会の中での、広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に、互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は、「ah-reivin」、文字の意味は「保証人」、すなわち彼自身が、後援者として、名付け親として、借金の保証人として、他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は、聖書の中で、保証人のモデルである。エジプトで、彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに、残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば、食糧を売ってやろう通告する、そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。最初、他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし、カナンの飢饉が増大する時に、彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに、ユダが父ヤコブに言う: 私の世話でその少年を送らせて下さい。.... 私自身が彼の保証人となります。あなたは私に責任を持たせて下さい。もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。(創世記43:8-9) 後に、ユダは、単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が、ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは、ベニヤミンを奴隷として捕まえて、他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは、ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う: さあ、あなたの召し使いである私は、父にその少年の保証人となった、「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに、私を主人あなたの奴隷にして下さい、そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。(創世記44:32-33) 17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した、まさにその兄弟ユダの自発性、今度は、ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性、それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している、この私利を考えない振る舞いの報酬として、全てのユダヤ人はその後、ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で、ユダヤ人を「yehudi」という、これは彼の名前「Yehudah」から来ている)  ユダヤ人は、他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある、これに加えてこの格言はさらに、全てのユダヤ人は絶対的に、全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある、という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には、非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある、という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で、政治的に活動的なユダヤ人たちは、政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために、この文によって動機付けられている。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.5. 01:23
視聴回数:7364回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「共同の責任」   ◎from   The   Talmud   全てのユダヤ人は   互いに責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shevuot   39a   ]   この広く知られたタルムードの格言は   ユダヤ共同体社会の中での   広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に   互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は   「ah-reivin」   文字の意味は「保証人」   すなわち彼自身が   後援者として   名付け親として   借金の保証人として   他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は   聖書の中で   保証人のモデルである。エジプトで   彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに   残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば   食糧を売ってやろう通告する   そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。   最初   他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし   カナンの飢饉が増大する時に   彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに   ユダが父ヤコブに言う:   私の世話でその少年を送らせて下さい。....   私自身が彼の保証人となります。   あなたは私に責任を持たせて下さい。   もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。   (創世記43:8-9)   後に   ユダは   単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が   ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは   ベニヤミンを奴隷として捕まえて   他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは   ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う:   さあ   あなたの召し使いである私は   父にその少年の保証人となった   「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに   私を主人あなたの奴隷にして下さい   そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。   (創世記44:32-33)   17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した   まさにその兄弟ユダの自発性   今度は   ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性   それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している   この私利を考えない振る舞いの報酬として   全てのユダヤ人はその後   ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で   ユダヤ人を「yehudi」という   これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は   他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある   これに加えてこの格言はさらに   全てのユダヤ人は絶対的に   全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある   という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には   非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある   という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で   政治的に活動的なユダヤ人たちは   政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために   この文によって動機付けられている。   ◎from   The   Talmud   彼の町の人々を罪から....やめさせることが出来るのに   しない人は誰でも   ...彼の町の人々の罪対して責任がある。   もし彼が全世界を罪からやめさせることが出来るのに   しないならば   彼は全世界を罪に対して責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shabbat   54b   ]   このラビの観点から   個々の人々の行動はもしかしたら全世界の運命に影響を及ぼす:   我々のラビは教えた:   人はいつも   彼の良い行為と彼の悪の行為との間に等しいバランスがあるよう   彼自身を見るべきである。一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼は罪の方向に秤を傾けたからである。....   Rabbi   Elazar   ben   Simeon   は言った:   世界はその大多数のベースによって審判される   そして各個人は彼の行動の優勢のベースで審判される   それゆえに   一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼自身の好意と世界の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼自身に反対して   世界に反対して秤を傾けたからである。   [   ---Babylonian   Talmud   Kiddushin   40a-40b;   with   minor   vartions   I   have   followed   the   trnanslation   of   Ben   Zion   Bokser   The   Talmud:   Selected   Writings   pahe   173   ]   この文の光りで   ユダヤ人たちが罪で苦しめられた人々になったというのは   少々疑わしい!   back   to   this   page   top   Do   not   separate   yourself   from   the   community   共同体から離れてはいけない   ◎from   The   Fathers   共同体社会からあなた自身を分離してはいけない。   [   ---   Ethics   of   the   fathers   2:4   ]   上のことは   暗黙のうちに   他のユダヤ人たちに直面している問題から   彼らは免除されるであろうと信じるユダヤ人を批判している。エステル女王が「全てのユダヤ人を破滅するハマンの布告を取り消すために   アハシュエロス王に仲裁することは出来ない」   とモルデカイに言うとき   モルデカイは彼女に警告する:全てのユダヤ人の中の一人であるあなたが   王の宮殿の中にいるということによってあなたの生命は助かる   と想像してはいけない。反対に   もしあなたがこの危機の中で黙り続けるならば   他の方向から解放と救済がユダヤ人にやって来て   あなたと父の家は滅びるであろう。そしておそらく   ちょうどそんな危機のためにあなたは王宮の地位に到達した   と誰が知るであろうか?   (エステル記4:12-14)   もちろんエステルは仲裁し   そしてユダヤ人の民を救う。   ◎from   The   Mishneh   Torah   しかし   共同体社会から分離することの禁止は絶対的ではない。マイモニデスは警告している:もし人がいなかに住んでいて   その習慣が破壊的であり   その住民が正直な作法で行動していないならば   彼は人々が正義である地へ離れてそして   そして良い人々のように行動すべきである。   [   ---   Mishneh   Torah   "Laws   of   Character   Development   and   Ethical   Conduct   "   6:1   ]   しかし   一般にラビたちは   危機にある彼らの信者仲間から距離をおく人々に対して大いなる軽蔑を保持していた:共同体社会が困難にある時に   人はこう言うべきではない   「私は家に帰ろう   そして食べて飲んで自分は平和になろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   我々のラビは教えた:   ユダヤ人たちが困難に出会っていて   人が彼らから離れている時は   あらゆる人に同伴している2人の天使がその人にやって来て   手を彼の頭の上において   そして言う「共同体社会から自分を分離しているだれそれは   その救助に署名しない....共同体社会の苦悩を分かち合う人は   その救助に署名する利点があろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   モーゼは   彼の共同体社会の苦痛を彼自身が引受たユダヤ人の原形である。   (出エジプト記2:11-19)   彼はエジプト王の宮殿に住んでいたので   ヘブライ人の奴隷たちの苦しみを簡単に無視することができたのであるが   しかし   彼は親類のところに出て行き   彼らの労働を目撃した。そして彼が   ヘブライ人の奴隷を叩いているエジプト人の監督を見たときに   彼を打ち倒した。このことは   ヘブライ人たちを奴隷から解放するよう導くために   モーゼを任命することを神に確信させた   聖書の中で述べられている3つの出来事のうちの一つである。   (過ぎ越しの祭りの儀式で)邪悪な息子は   共同体社会から彼自身を閉めだしている(と指摘される)。   [   ---   Mekhilta   commenting   on   Exodus   13:8   ]   過ぎ越しの祭りの「ハガダ(儀式の本)」では   邪悪な息子はこう言う(と書かれている)   「この礼拝はあなたにとって何の意味があるのですか?」これは彼にとって何の意味もないのだ   ということが明白である。   ◎from   The   Talmud   ある断食において   どんなユダヤ人の罪人も参加していない   というのは断食ではない。   [   ---Babylonian   Talmud   Kritot   6b   ]   ユダヤ人の共同体社会は   罪人たちを閉めだしてしまうほどエリートには決してなるべきではない。このように   13世紀の   Rabbi   Meir   of   Rothenburg   が「Kol   Nidre」   ヨム・キプールの開始での祈り   への序言として今でも暗唱されている一つの決まり文句を創作した:神の認可をもって   そして会衆の認可をもって天の法廷で   地上の法廷で我々は   (ひどく)罪を犯した人々と一緒に祈ることが合法であると宣言する。私は   「ひどく(grievously)」という言葉を追加した   その理由は   それなしではその文章は意味がないからである。なぜならば誰もが幾らかの罪を犯していると想定しているため。   共同社会の規則を無視したために破門されているユダヤ人を特別に含めるために   Rabbi   Meir   がこの決まり文句を創作したことを   我々は知っている。   (参照   Saul   Weiss   Insights   page   212)   ◎from   The   Leviticus   Rabbah   数人の人々が船の中で座っていた   その時   彼らの一人がドリルを持って   船の座席の下に穴を掘る始めた。他の人々は彼に抗議した   「あなたは何をしているのか?」彼は答えた   「あなた方に何かしているのですか?私は自分の座席の下に穴を掘っているのではありませんか?」彼らは言い返した   「しかし水が入ってきて   そして我々みんなが溺れてしまう」(それがユダヤ人の運命。人は罪を犯し   そしてみんなが苦しむ)   [   ---   Leviticus   Rabbah   4:6   ]   少数として   ユダヤ人はしばしば最も煩わしい   あるいは邪悪なメンバーと一緒に   総体として識別されている。反共産主義者でもあり反ユダヤ主義者たちは   いつでもこのように   カール・マルクスはユダヤ人だと述べた。しかし彼は6才でキリスト教に改宗し   そして彼自身が厳しい反ユダヤ主義者であった。   (これは   第65章「Antisemitism」pages   472-473参照)   ソヴィエト連邦は   マルキストの原理で設立された政府であり   反ユダヤ主義者であった。   ◎from   The   Talmud   (3世紀の祈祷文   Rabbi   Hisda   が危険な旅に出発する時に暗唱した)   私の神   主よ   平和に私を導いて   私を歩ませ   私を励まし   私を敵から救い   道に待ち伏兵をおくというあなたの意志がありますように。私の手の仕事に祝福を送り   あなたの目と   私を見つめる全ての人々の目   にある親切と愛と慈悲を私に与えて下さい。人々の祈祷に耳を傾けてくださる主   あなたが祝福されますように。   (しかし   Abbaye   がその言葉に異議を申し立て   そしてコメントした)人は祈祷する時には   いつでも共同体と自分自身を結合させるべきである。人はいかに祈祷すべきであるか?我々の神   主よ   平和に我々を導いて   ....あなたの意志がありますよう。   [   ---Babylonian   Talmud   Berakhot   29b-30a   ]   ユダヤ人の祈祷書の中には   ほとんどどの祈祷者も   その最初の男のような暗唱をしていない。彼らはほとんどいつも複数で行なっている。なぜならば   もし最初の男のように人々が祈るならば   彼らの祈祷文は他の人に対抗するか   あるいは二者選択的に他の人の興味に対抗するようになるかもしれない。このように   ある人が彼が申し込んだ仕事を受け取る時に   実際には   彼はまた他の人の仕事が拒否されるように祈っていることになる。人々が複数で神に呼びかけるときにのみ   普遍的で有益であることに対して祈っているのである。最後に   共同体の経費で儲けている利己主義者は   彼らの貪欲のために最後に苦しむであろうと   ラビたちは教えている:我々のラビは教えた:男は   自分の土地から石ころを取り除いて   それらを公衆の土地に投げ捨てるべきではない。ある男が自分の庭からの石ころを公衆の土地に投げ捨ていた   その時に信心深い男が彼に言った   「おろかなことを   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」その男は彼を笑った。   時がたち   その男は彼の畑を売らなければならなくなった   彼が公衆の道を歩いていた時に   彼はこれらの石ころにつまずいた。彼はその時に言った   「あの信心深い男がいかによく話したか   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」   [   ---Babylonian   Talmud   Bava   Kamma   50b   ]  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナ・タルムード「アボット(Avot)」篇「共同の責任」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナ・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「共同の責任」 ◎from The Talmud 全てのユダヤ人は、互いに責任がある。 [ ---Babylonian Talmud, Shevuot 39a ] この広く知られたタルムードの格言は、ユダヤ共同体社会の中での、広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に、互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は、「ah-reivin」、文字の意味は「保証人」、すなわち彼自身が、後援者として、名付け親として、借金の保証人として、他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は、聖書の中で、保証人のモデルである。エジプトで、彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに、 残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば、食糧を売ってやろう通告する、そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。 最初、他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし、カナンの飢饉が増大する時に、彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに、ユダが父ヤコブに言う: 私の世話でその少年を送らせて下さい。.... 私自身が彼の保証人となります。 あなたは私に責任を持たせて下さい。 もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、 私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。 (創世記43:8-9) 後に、ユダは、単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が、ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは、ベニヤミンを奴隷として捕まえて、他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは、ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う: さあ、あなたの召し使いである私は、父にその少年の保証人となった、「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに、私を主人あなたの奴隷にして下さい、そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。 (創世記44:32-33) 17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した、まさにその兄弟ユダの自発性、今度は、ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性、それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している、この私利を考えない振る舞いの報酬として、全てのユダヤ人はその後、ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で、ユダヤ人を「yehudi」という、これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は、他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある、これに加えてこの格言はさらに、全てのユダヤ人は絶対的に、全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある、という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には、非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある、という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で、政治的に活動的なユダヤ人たちは、政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために、この文によって動機付けられている。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.4. 15:12
視聴回数:5954回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナ・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「共同の責任」   ◎from   The   Talmud   全てのユダヤ人は   互いに責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shevuot   39a   ]   この広く知られたタルムードの格言は   ユダヤ共同体社会の中での   広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に   互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は   「ah-reivin」   文字の意味は「保証人」   すなわち彼自身が   後援者として   名付け親として   借金の保証人として   他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は   聖書の中で   保証人のモデルである。エジプトで   彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに   残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば   食糧を売ってやろう通告する   そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。   最初   他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし   カナンの飢饉が増大する時に   彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに   ユダが父ヤコブに言う:   私の世話でその少年を送らせて下さい。....   私自身が彼の保証人となります。   あなたは私に責任を持たせて下さい。   もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。   (創世記43:8-9)   後に   ユダは   単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が   ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは   ベニヤミンを奴隷として捕まえて   他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは   ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う:   さあ   あなたの召し使いである私は   父にその少年の保証人となった   「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに   私を主人あなたの奴隷にして下さい   そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。   (創世記44:32-33)   17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した   まさにその兄弟ユダの自発性   今度は   ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性   それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している   この私利を考えない振る舞いの報酬として   全てのユダヤ人はその後   ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で   ユダヤ人を「yehudi」という   これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は   他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある   これに加えてこの格言はさらに   全てのユダヤ人は絶対的に   全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある   という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には   非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある   という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で   政治的に活動的なユダヤ人たちは   政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために   この文によって動機付けられている。   ◎from   The   Talmud   彼の町の人々を罪から....やめさせることが出来るのに   しない人は誰でも   ...彼の町の人々の罪対して責任がある。   もし彼が全世界を罪からやめさせることが出来るのに   しないならば   彼は全世界を罪に対して責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shabbat   54b   ]   このラビの観点から   個々の人々の行動はもしかしたら全世界の運命に影響を及ぼす:   我々のラビは教えた:   人はいつも   彼の良い行為と彼の悪の行為との間に等しいバランスがあるよう   彼自身を見るべきである。一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼は罪の方向に秤を傾けたからである。....   Rabbi   Elazar   ben   Simeon   は言った:   世界はその大多数のベースによって審判される   そして各個人は彼の行動の優勢のベースで審判される   それゆえに   一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼自身の好意と世界の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼自身に反対して   世界に反対して秤を傾けたからである。   [   ---Babylonian   Talmud   Kiddushin   40a-40b;   with   minor   vartions   I   have   followed   the   trnanslation   of   Ben   Zion   Bokser   The   Talmud:   Selected   Writings   pahe   173   ]   この文の光りで   ユダヤ人たちが罪で苦しめられた人々になったというのは   少々疑わしい!   back   to   this   page   top   Do   not   separate   yourself   from   the   community   共同体から離れてはいけない   ◎from   The   Fathers   共同体社会からあなた自身を分離してはいけない。   [   ---   Ethics   of   the   fathers   2:4   ]   上のことは   暗黙のうちに   他のユダヤ人たちに直面している問題から   彼らは免除されるであろうと信じるユダヤ人を批判している。エステル女王が「全てのユダヤ人を破滅するハマンの布告を取り消すために   アハシュエロス王に仲裁することは出来ない」   とモルデカイに言うとき   モルデカイは彼女に警告する:全てのユダヤ人の中の一人であるあなたが   王の宮殿の中にいるということによってあなたの生命は助かる   と想像してはいけない。反対に   もしあなたがこの危機の中で黙り続けるならば   他の方向から解放と救済がユダヤ人にやって来て   あなたと父の家は滅びるであろう。そしておそらく   ちょうどそんな危機のためにあなたは王宮の地位に到達した   と誰が知るであろうか?   (エステル記4:12-14)   もちろんエステルは仲裁し   そしてユダヤ人の民を救う。   ◎from   The   Mishneh   Torah   しかし   共同体社会から分離することの禁止は絶対的ではない。マイモニデスは警告している:もし人がいなかに住んでいて   その習慣が破壊的であり   その住民が正直な作法で行動していないならば   彼は人々が正義である地へ離れてそして   そして良い人々のように行動すべきである。   [   ---   Mishneh   Torah   "Laws   of   Character   Development   and   Ethical   Conduct   "   6:1   ]   しかし   一般にラビたちは   危機にある彼らの信者仲間から距離をおく人々に対して大いなる軽蔑を保持していた:共同体社会が困難にある時に   人はこう言うべきではない   「私は家に帰ろう   そして食べて飲んで自分は平和になろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   我々のラビは教えた:   ユダヤ人たちが困難に出会っていて   人が彼らから離れている時は   あらゆる人に同伴している2人の天使がその人にやって来て   手を彼の頭の上において   そして言う「共同体社会から自分を分離しているだれそれは   その救助に署名しない....共同体社会の苦悩を分かち合う人は   その救助に署名する利点があろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   モーゼは   彼の共同体社会の苦痛を彼自身が引受たユダヤ人の原形である。   (出エジプト記2:11-19)   彼はエジプト王の宮殿に住んでいたので   ヘブライ人の奴隷たちの苦しみを簡単に無視することができたのであるが   しかし   彼は親類のところに出て行き   彼らの労働を目撃した。そして彼が   ヘブライ人の奴隷を叩いているエジプト人の監督を見たときに   彼を打ち倒した。このことは   ヘブライ人たちを奴隷から解放するよう導くために   モーゼを任命することを神に確信させた   聖書の中で述べられている3つの出来事のうちの一つである。   (過ぎ越しの祭りの儀式で)邪悪な息子は   共同体社会から彼自身を閉めだしている(と指摘される)。   [   ---   Mekhilta   commenting   on   Exodus   13:8   ]   過ぎ越しの祭りの「ハガダ(儀式の本)」では   邪悪な息子はこう言う(と書かれている)   「この礼拝はあなたにとって何の意味があるのですか?」これは彼にとって何の意味もないのだ   ということが明白である。   ◎from   The   Talmud   ある断食において   どんなユダヤ人の罪人も参加していない   というのは断食ではない。   [   ---Babylonian   Talmud   Kritot   6b   ]   ユダヤ人の共同体社会は   罪人たちを閉めだしてしまうほどエリートには決してなるべきではない。このように   13世紀の   Rabbi   Meir   of   Rothenburg   が「Kol   Nidre」   ヨム・キプールの開始での祈り   への序言として今でも暗唱されている一つの決まり文句を創作した:神の認可をもって   そして会衆の認可をもって天の法廷で   地上の法廷で我々は   (ひどく)罪を犯した人々と一緒に祈ることが合法であると宣言する。私は   「ひどく(grievously)」という言葉を追加した   その理由は   それなしではその文章は意味がないからである。なぜならば誰もが幾らかの罪を犯していると想定しているため。   共同社会の規則を無視したために破門されているユダヤ人を特別に含めるために   Rabbi   Meir   がこの決まり文句を創作したことを   我々は知っている。   (参照   Saul   Weiss   Insights   page   212)   ◎from   The   Leviticus   Rabbah   数人の人々が船の中で座っていた   その時   彼らの一人がドリルを持って   船の座席の下に穴を掘る始めた。他の人々は彼に抗議した   「あなたは何をしているのか?」彼は答えた   「あなた方に何かしているのですか?私は自分の座席の下に穴を掘っているのではありませんか?」彼らは言い返した   「しかし水が入ってきて   そして我々みんなが溺れてしまう」(それがユダヤ人の運命。人は罪を犯し   そしてみんなが苦しむ)   [   ---   Leviticus   Rabbah   4:6   ]   少数として   ユダヤ人はしばしば最も煩わしい   あるいは邪悪なメンバーと一緒に   総体として識別されている。反共産主義者でもあり反ユダヤ主義者たちは   いつでもこのように   カール・マルクスはユダヤ人だと述べた。しかし彼は6才でキリスト教に改宗し   そして彼自身が厳しい反ユダヤ主義者であった。   (これは   第65章「Antisemitism」pages   472-473参照)   ソヴィエト連邦は   マルキストの原理で設立された政府であり   反ユダヤ主義者であった。   ◎from   The   Talmud   (3世紀の祈祷文   Rabbi   Hisda   が危険な旅に出発する時に暗唱した)   私の神   主よ   平和に私を導いて   私を歩ませ   私を励まし   私を敵から救い   道に待ち伏兵をおくというあなたの意志がありますように。私の手の仕事に祝福を送り   あなたの目と   私を見つめる全ての人々の目   にある親切と愛と慈悲を私に与えて下さい。人々の祈祷に耳を傾けてくださる主   あなたが祝福されますように。   (しかし   Abbaye   がその言葉に異議を申し立て   そしてコメントした)人は祈祷する時には   いつでも共同体と自分自身を結合させるべきである。人はいかに祈祷すべきであるか?我々の神   主よ   平和に我々を導いて   ....あなたの意志がありますよう。   [   ---Babylonian   Talmud   Berakhot   29b-30a   ]   ユダヤ人の祈祷書の中には   ほとんどどの祈祷者も   その最初の男のような暗唱をしていない。彼らはほとんどいつも複数で行なっている。なぜならば   もし最初の男のように人々が祈るならば   彼らの祈祷文は他の人に対抗するか   あるいは二者選択的に他の人の興味に対抗するようになるかもしれない。このように   ある人が彼が申し込んだ仕事を受け取る時に   実際には   彼はまた他の人の仕事が拒否されるように祈っていることになる。人々が複数で神に呼びかけるときにのみ   普遍的で有益であることに対して祈っているのである。最後に   共同体の経費で儲けている利己主義者は   彼らの貪欲のために最後に苦しむであろうと   ラビたちは教えている:我々のラビは教えた:男は   自分の土地から石ころを取り除いて   それらを公衆の土地に投げ捨てるべきではない。ある男が自分の庭からの石ころを公衆の土地に投げ捨ていた   その時に信心深い男が彼に言った   「おろかなことを   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」その男は彼を笑った。   時がたち   その男は彼の畑を売らなければならなくなった   彼が公衆の道を歩いていた時に   彼はこれらの石ころにつまずいた。彼はその時に言った   「あの信心深い男がいかによく話したか   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」   [   ---Babylonian   Talmud   Bava   Kamma   50b   ]  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.