PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02 03 04

サムネイル

男が宮城まり子ものまねで『まんが世界昔ばなし』第17作目

前作から半年!ついに新作完成('◇')ゞ 紙芝居・読み聞かせボランティア歴2年、 パペット操作&歌のおにいさん活動歴11年の 宇都宮のパフォーマー、ザッキ~おにいさんが制作を手掛けた声まね動画【ものまね☆まんが世界昔ばなし】第17作目が本日2016年8月28日に完成!今回はフィリピンの『ワニのおくりもの』というお話をご紹介。 ◆まんが世界昔ばなしについて・・ 1976-1979放送の子供向けTVアニメ。 独特の声色を使い分け少女から魔法使いのおばあさん、 王様に動物まで・・世界各地に散らばってるお話、民話の世界を 宮城まり子さん、名古屋章さんが見事に表現されていました。 *****☆ ★ものまねまんが世界昔ばなし・オープニングテーマ 『虹色メダル』作詞作曲/ザッキ~おにいさん。うた/栃木まり子 ★ものまねまんが世界昔ばなし・エンディングテーマ 『まどをあけてみてみたら』作詞作曲/ザッキ~おにいさん。うた/栃木まり子 ※タイトル画像/無料画像配布サイトFhotoAC ※他イラスト/同サイト・イラストAC ※BGM/フリーBGM配布サイト DOVA-SYNDROME より使用。

投稿者:サイト名 ザッキ~おにいさん
投稿日時:2016.8.28. 16:48
視聴回数:761回
お気に入り登録:0
カテゴリ: エンタメ全般   趣味・旅行全般   育児・赤ちゃん  
タグ: 宮城まり子ものまね   まんが世界昔ばなし   フィリピンのお話   ワニ   隣のおばあさん  

サムネイル

馬医(日本語吹き替え版)ぺククァンヒョン声まね2 

韓国ドラマ『馬医』日本語吹き替え版より。 主役ぺククァンヒョンの声をやってる “青木強さん”の声まねをしてみました。 ※今回は第37話の王様との対談シーンから台詞ぬきしてあります。 ◆イラスト&声まね/ザッキ~おにいさん ◆BGM/DOVA-SYNDROME

投稿者:サイト名 ザッキ~おにいさん
投稿日時:2016.2.27. 21:00
視聴回数:661回
お気に入り登録:0
カテゴリ: アート   エンタメ全般   趣味・旅行全般  
タグ: 馬医   ぺククァンヒョン声まね   イラストつき   ザッキ~おにいさん  

サムネイル

韓国宮廷ドラマあるある瞬間声まね!6キャラバージョン

ヒロインの前に立ちはだかる強敵(笑)吊り目の女官長はじめ、部官たちを一喝する王様、頼りない味方? 幼少期の幼なじみ、サクセスへ導く人物と・・宮廷ドラマに出てきそうなキャラクター6人を宇都宮の歌のおにいさん(ザッキ~おにいさんが)ひとり声まねします。 ※ちなみに韓国語版ではなく日本語吹き替え版の“あるある・・”です^^ヾ ※動画オープニングで使用されている画像は “宮廷ドラマあるある顔まねシリーズ”のもの。 流れてるBGMは無料BGMサイト[音々亭]からお借りしました

投稿者:サイト名 ザッキ~おにいさん
投稿日時:2016.1.31. 20:32
視聴回数:503回
お気に入り登録:0
カテゴリ: エンタメ全般   趣味・旅行全般   教育全般  
タグ: 韓国宮廷ドラマ   あるある瞬間声まね   女官長   ザッキ~おにいさん  

サムネイル

カニの王様

君の心にDOBUMEAS

投稿者:サイト名 dobumeas
投稿日時:2015.11.13. 12:32
視聴回数:301回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 映像作品   音楽   お笑い  
タグ:

サムネイル

男が宮城まり子さんの声まねで『まんが世界昔ばなし』第6作目

ナレーション、4人の魔法使い、王様、姫、王子。全8名の登場人物を声変えて演じております^^ヾ ※オープニング主題歌は ただただ このものまね動画をupしたいが為に制作^ヾ^ ◆まんが世界昔ばなし◆ 1976/10~1979/3までTBS系列で放送されてたTVアニメ。 語り/宮城まり子さん、名古屋章さん ※おにいさんが毎回動画でマネてるのは このお二人です^^

投稿者:サイト名 ザッキ~おにいさん
投稿日時:2015.9.22. 00:04
視聴回数:507回
お気に入り登録:0
カテゴリ: アート   趣味・旅行全般   育児・赤ちゃん  
タグ: ものまね   まんが世界昔ばなし   眠れる森の美女   ザッキ~おにいさん  

サムネイル

ドラクエ4 トルネコ LV1 でクリアーした。 (風魔の承太郎)

PS版.(チート・TAS・改造等一切禁止)ガチで、第三章をLV1でクリアーした。ゴールド(999999)所持.銀の女神像入手後売却禁止.王様の注文禁止.ゴールドで買える武器・防具・アイテムを全て(99個)買い揃えてクリアー【ひのきの棒/除外】、スコット・ロレンスの使用禁止. 他にも動画あります➡風魔の承太郎 で検索を('ω')ノ

投稿者:サイト名 muffin
投稿日時:2014.11.16. 23:58
視聴回数:390回
お気に入り登録:0
カテゴリ: ゲーム  
タグ: ドラクエ4   トルネコ   風魔の承太郎   LV1   peevee.tv   第三章  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード6章・聖クルアーン12章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論 タルムード6章 聖クルアーン12章 『メタ理論: 個人と集団の各主語的同一性が 時間という共通述語を知覚して 表象していくとき 自然時間という時間が 個人が自然を知覚する過程に 原初の人間と幼児の意識の 人間の身体と身体の行為を 自然界につなげて 抽象性と自己同一性について 想像的普遍の詩的知恵の形相で 表意して記号に起こしていくとき 共通する自然時間を 暦に与えて 時間の合致について たとえば、 共通時間のある暦の時間に ある暦の時間の空間に集まる人間が その日の経験を表象して 詩的知恵が起きて 想像的普遍性に対して 集団と自然のつながりと 個人と自然のつながりに 共通的自己同一性をつくり 縮約した過去である現在に 事象的・社会的・時間的次元の反復を 記憶と記号が可能にして、 感覚的トピカと異なり、 記憶した事象の再叙述を行います。』 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work それにもかかわらず、勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 『聖クルアーン12章』 ユースフ章 マッカ啓示111節 1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。 2.われは、アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。 3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し、物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。 4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ、わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは、それらが(皆)わたしに、サジダしているのを見ました。」 5.かれは言った。「息子よ、あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。 6.このように主は、あなたを御選びになって、出来事の解釈を教えられ、かれが以前に、あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように、あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」 7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には、(真理を)探求する者への種々の印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.16. 09:29
視聴回数:12164回
お気に入り登録:0
カテゴリ: スポーツ全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   メタ理論   タルムード6章   聖クルアーン12章   『メタ理論:   個人と集団の各主語的同一性が   時間という共通述語を知覚して   表象していくとき   自然時間という時間が   個人が自然を知覚する過程に   原初の人間と幼児の意識の   人間の身体と身体の行為を   自然界につなげて   抽象性と自己同一性について   想像的普遍の詩的知恵の形相で   表意して記号に起こしていくとき   共通する自然時間を   暦に与えて   時間の合致について   たとえば   共通時間のある暦の時間に   ある暦の時間の空間に集まる人間が   その日の経験を表象して   詩的知恵が起きて   想像的普遍性に対して   集団と自然のつながりと   個人と自然のつながりに   共通的自己同一性をつくり   縮約した過去である現在に   事象的・社会的・時間的次元の反復を   記憶と記号が可能にして   感覚的トピカと異なり   記憶した事象の再叙述を行います。』   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   『聖クルアーン12章』   ユースフ章   マッカ啓示111節   1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。   2.われは   アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。   3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し   物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。   4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ   わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは   それらが(皆)わたしに   サジダしているのを見ました。」   5.かれは言った。「息子よ   あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。   6.このように主は   あなたを御選びになって   出来事の解釈を教えられ   かれが以前に   あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように   あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」   7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には   (真理を)探求する者への種々の印がある。   8.かれら(兄たち)がこう言った時を思え。「ユースフとその弟は   わたしたちよりも父に寵愛されている。だがわたしたちは多勢の仲間である。父は明らかに間違っている。」   9.(1人が言った。)「ユースフを殺すか   それともかれを何処か外の地に追え。そうすれば父の顔(好意)はあなたがたに向けられよう。その後に   あなたがたは正しい者になれるというものである。」   10.かれらの1人の者が言った。「ユースフを殺害してはならない   もしあなたがたがどうしてもそうしたいなら   寧ろかれを井戸の底に投げ込めば   恐らく何処かの隊商に拾い上げられることもあろう。」   11.かれらは言った。「父よ   何故あなたはユースフを   わたしたちに御任せにならないのですか   わたしたちは   本当にかれに好意を寄せているではありませんか。」   12.「明日わたしたちと一緒にかれを(野に)行かせ   遊んで気を晴らせるようにしてやって下さい。わたしたちはかれを必ず守ります。」   13.かれ(ヤアコーブ)は言った。「あなたがたがかれを連れて行くのは   わたしにはどうも心配である。あなたがたがかれに気を付けない間に   狼がかれを食いはしないかと恐れている。」   14.かれらは言った。「わたしたちは多勢の仲間だから   もし狼がかれを食うようなら   その時はわたしたちは本当におしまいです。」   15.こうしてかれらは   かれ(ユースフ)を連れて行った。そしてかれを井戸の底に投げ込むことに決めた時   われはかれ(ユースフ)に啓示した。「あなたは必ずかれらの(する)この事を   かれらに告げ知らせる(日が)あろう。その時かれらは(あなたに)気付くまい。」   16.日が暮れてかれらは   泣きながら父の許に(帰って)来た。   17.かれらは言った。「父よ   わたしたちは互いに競争して行き   ユースフをわたしたちの品物のかたわらに残して置いたところ   狼が(来て)かれを食いました。わたしたちは真実を報告しても   あなたはわたしたちを信じては下さらないでしょう。」   18.かれらは   かれ(ユースフ)の下着を偽りの血で(汚し)持って来た。かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや   いや   あなたがたが自分たちのために(大変なことを安易に考えて)   こんなことにしたのである。それで(わたしとしては)耐え忍ぶのが美徳だ。あなたがたの述べることに就いては   (只)アッラーに御助けを御願いする。」   19.そのうちに   隊商がやって来て水扱人を遣わし   かれは釣瓶を降ろした。かれは言った。「ああ吉報だ   これは少年だ。」そこでかれらは一つの売物にしようとしてかれを隠した。だがアッラーは   かれらの凡ての行いを熟知される。   20.かれらは僅かの銀貨でただ同然にかれを売り払った。かれらは   かれから多くを貪らなかった。   21.かれを買ったエジプトの者は   その妻に言った。「優しくかれを待遇しなさい。多分かれはわたしたちを益することになろう。それとも養子に取り立ててもよい。」こうしてわれはユースフをこの国に落ち着かせ   出来事(事象)の意味のとり方をかれに教えることにした。凡そアッラーは御自分の思うところに十分な力を御持ちになられる。だが人びとの多くは知らない。   22.かれが成年に達した頃   われは識見と知識とをかれに授けた。このようにわれは正しい行いをする者に報いる。   23.かれの起居する家の夫人が   かれの心を惑わそうとして   戸を閉めて言った。「さあ   あなたおいでなさい。」かれは(祈って)言った。「アッラーよ   わたしを御守り下さい。本当にかれ(あなたの夫)は   主人です。わたしを気持よく住ませてくれます。本当に不義の徒は   成功いたしません。」   24.確かにかの女は   かれに求めたのである。主の明証を見なかったならば   かれもかの女を求めたであろう。このようにしてわれは   かれから罪悪と醜行を遠ざけた。本当にかれは   謙虚で純真な(選ばれた)わがしもベの一人である。   25.その時両人は戸の方で相競い   かの女は後ろからかれの服を引き裂き   かれら両人は   戸口でかの女の夫に出会った。かの女は言った。「あなたの家族(妻)に悪事を行おうとした者には   投獄か痛ましい懲罰の外にどんな応報がありましょう。」   26.かれは言った。「奥様こそ   わたしの意に反して   わたしを御求めになりました。」その時かの女の家族の中の一人が証言した。「もしかれの服が前から裂けていれば   奥様が真実で   かれは嘘つきです。   27.だがかれの服が   もし後ろから裂けていれば   奥さまが嘘を御付きになったので   かれは真実であります。」   28.主人は   ユースフの服が後ろから裂かれているのを見て   言った。「これはあなたがた(婦人)の悪企みだ。本当にあなたがたの悪企みは   激しいものである。   29.ユースフよ   これを気にしないでくれ。それから(妻よ)   あなたの罪の赦しを願いなさい。本当にあなたは罪深い者である。」   30.町の婦人たちは(評判して)言った。「貴人の奥様が   青年の意に反し   誘惑したそうよ。きっと恋に狂ったのでしょう。わたしたちは   明らかに奥様の誤りだと思います。」   31.かの女は婦人たちの悪意のある(陰ロ)を聞くと   使いを遣わし   かの女たちのために宴席を設け   一人一人にナイフを渡し   それから(ユースフに)   「かの女たちの前に出て行きなさい。」と言った。かの女たちがかれ(ユースフ)を見ると驚歎し   (興奮して)その手を傷つけて言った。「アッラーの(造化の)完全無欠なことよ   これは人間ではない。これは貴い天使でなくて何でしょう。」   32.かの女は言った。「この人よ   あなたがたがわたしを謗るのは。確かにわたしが引っ張ってかれに求めたの。でもかれは貞節を守ったのよ。でも(今度)もしかれがわたしの命令を守らないなら   きっと投獄されて   汚名を被るでしょう。」   33.かれ(ユースフ)は言った。「主よ   わたしはかの女たちが誘惑するものよりも   牢獄が向いています。あなたがもしかの女たちの悪企みを   わたしから取り除いて下さらなければ   わたしは(若年の弱さで)かの女たちに傾いて   無道な者になるでしょう。」   34.それで主はかれ(の祈り)を受け入れ   かの女たちの悪企みをかれから取り払われた。本当にかれは全聴にして全知であられる。   35.そこでかの女たちは(かれが潔白である)証拠を見ていながら   しばらくかれを投獄しよう(それがかの女たちのために良い)と思った。   36.その時2人の若者が   かれと共に下獄した。その1人が言った。「わたしは酒を絞るのを(夢に)見ました。」また外の者は言った。「わたしは(夢に)自分の頭の上にパンを乗せて運んでいると   鳥がそれを啄むのを見ました。わたしたちにその意味を解いて下さい。御見かけしたところ   あなたは善い行いをされる方です。」   37.かれ(ユースフ)は答えて言った。「あなたがた2人に支給される食事が来る前に   わたしは必ずその解釈を告げよう。それはわたしの主が教えて下さるのである。わたしはアッラーを信じず   また来世を認めない不信心者たちの信条を捨てたのである。   38.そしてわたしは祖先   イブラーヒーム   イスハークまたヤアコーブの信条に従う。わたしたちは   アッラーにどんな同位者も決して配すべきではない。これはわたしたち   また凡ての人びとに与えられたアッラーの恩恵である。だが人びとの多くはこれに感謝しない。   39.2人の獄の友よ(わたしはあなたがたに尋ねる)。雑多の神々がよいのか   それとも唯一にして全能であられるアッラーなのか。   40.かれに仕えないならば   あなたがたとその祖先が命名した   (只の)名称に仕えるに過ぎない。アッラーはそれに対し権能を与えてはいない。大権はアッラーにだけ属し   あなたがたはかれ以外の何ものにも仕えてはならないと(アッラーは)命じている。これこそ正しい教えである。だが人びとの多くは知らない。   41.2人の獄の友よ   あなたがたの中1人に就いていえば   主人のために酒を注ぐであろう。また外の1人に就いては   十字架にかけられて   鳥がその頭から啄むであろう。あなたがた2人が尋ねたことは   こう判断される。」   42.そして2人の中   釈放されると思われる者に言った。「あなたの主人にわたしのことを告げなさい。」だが悪魔は   かれがかれ(ユースフ)のことをその主人に告げるのを忘れさせた。それでかれは   なお数年間獄中に留まった。   43.(エジプトの)王が言った。「わたしは7頭の肥えた牛が   7頭の瘠た牛に食われているのを(夢に)見ました。また穀物の7穂が緑で   他(の7穂)が枯れているのを見ました。首長たちよ   あなたがたが夢を解け得るならば   このわたしの夢を解釈して下さい。」   44.かれらは(答えて)言った。「複雑な夢です。わたしたちは夢の解釈は不得手です。」   45.ところが2人の中の(獄から)釈放された者が   時を経て思い出して言った。「わたしがその解釈をあなたがたに知らせましょう。それで(まず)わたしを行かせて下さい。」   46.(かれは牢獄に来て言った。)「ユースフよ   誠実な人よ   わたしたちに解いて下さい。7頭の肥えた牛を   7頭の瘠た牛が食べ   また7つの緑の穀物の穂と   外の(7つの)枯れたものと(の夢)を。わたしは人びとの処に帰って   かれらに理解させたい。」   47.かれは言った。「あなたがたは7年の間   例年のように種を播きなさい。だが刈り取ったものは   あなたがたが食べるのに必要な少量を除いて   (残りを)籾のまま貯蔵しなさい。   48.それから   その後7年(にわたる)厳しい(年)が来て   あなたがたがかれらのため以前に貯蔵したものを食べ   貯えるものの少量(を残す)に過ぎないであろう。   49.それからその後に来る1年には   人びとに豊かな雨があり   たっぷり(果汁を)萎るであろう。」   50.王は(命じて)言った。「かれをわたしの所に連れて来なさい。」それで使いがユースフの所に来た時   かれは言った。「あなたは引き返して   あの手を傷つけた婦人たち(の心境)はどうなっているのか   主人に尋ねなさい。わたしの主は   かの女たちの悪企みを知っておられる。」   51.かれ(王)は   (婦人たちに)言った。「あなたがたがユースフを誘惑した時   結局どうであったのか。」かの女たちは   「アッラーは完全無欠であられます。かれ(ユースフ)には   何の悪いこともないのを存じています。」と言った。貴人の妻は言った。「今   真実が(皆に)明らかになりました。かれを誘惑したのはわたしです。本当にかれは誠実(高潔)な人物です。」   52.かれ(ユースフ)は言った。「これはかれ(主人)に   かれの不在中わたしが決して裏切らないことを知らせ   またアッラーが裏切り者の悪企みを決して御助けになられないことを知らせるためです。   12-53.またわたし自身   無欠とはいえませんが   主が慈悲をかけた以外の(人間の)魂は悪に傾きやすいのです。本当にわたしの主は寛容にして慈悲深くあられます」   12-54.(これらの報告を聞いて)王は言った。「かれをわたしの許に連れて参れ。わたしは側近としてかれを引き立てよう。」そこでかれ(王)は   かれ(ユースフ)と話を交した後   言った。「今日あなたは   確かにわたしの側近である。高位につけられ   信頼されているのである。」   12-55.かれ(ユースフ)は言った。「わたしをこの国の財庫(の管理者)に任命して下さい。わたしは本当に知識ある管財者です。」   12-56.こうしてわれは   この国においてユースフに権力を授けた。それでかれは   意のままにエジプトの国中を何時でも何処にでも住むことが出来た。われは欲する者に慈悲を施す。また善行をなす者への報奨を虚しくしない。   12-57.信仰して   絶えず主を畏れる者には   来世における報奨こそ最も優れたものである。   12-58.その中ユースフの兄たちが来て   かれの前に罷り出た。かれ(ユースフ)はかれらを認めたが   かれら(兄たち)の方はかれに気付かなかった。   12-59.かれは食料をかれらに与えてから言った。「あなたがたと同じ父親の   兄弟を1人わたしのもとに連れて来なさい。あなたがたは   わたしが十分に計量したのを見なかったのか。それはわたしの最上の持て成しではないか。   12-60.もしあなたがたがかれを連れて来ないなら   あなたがたはわたしの所で(穀物を)計ってもらえず   わたしに近付くことも出来ない。」   12-61.かれらは言った。「かれ(弟)に就いて父を納得させ   必ずそれを実行いたしましょう。」   12-62.それからかれ(ユースフ)は   その部下に(命じて)言った。「かれらの(穀物と交換して払った)代価をかれらの袋に入れて置け。かれらは家に帰りそれを見て   恐らく戻って来るであろう。」   12-63.かれらは父のところに帰って言った。「父よ   わたしたちは(穀物を)計ることを拒否されました。弟をわたしたちと一緒に行かせて下さい。そうすれば計って貰えます。わたしたちは(どんな危険があっても)必ずかれを守ります。」   12-64.かれ(ヤアコーブ)は言った。「わたしは以前にかれの兄(ユースフ)に就いてあなたがたを信用した以上に   かれに就いてあなたがたを信用出来ようか。だがアッラーは最も能く(かれを)守られる。かれこそは   慈悲深い御方の中でも最大の慈悲深い御方であられる。」   12-65.かれらが荷物を開くと   代価がかれらに返されているのを見付けた。かれらは言った。「父よ   わたしたちは(この上)何を望みましょう。この代価がわたしたちに戻されています。家族に(もっと)蓄えが貰えます。弟を守り   ラクダ1頭分の増配を得(て帰)るでしょう。そのくらいは   難なく手に入るでしょう。」   12-66.かれは言った。「あなたがたが   避け難い障害に取り囲まれた場合の外必ずかれを連れて戻ると   アッラーにかけて約束しない限り   わたしはかれをあなたがたと一緒に決してやらないであろう。」こうしてかれらがかれに厳粛に誓った時   かれは言った。「アッラーは   わたしたちの言ったことの監視者であられる。」   12-67.更にかれは言った。「息子たちよ   (町に入る時は皆が)1つの門から入ってはならない。あなたがたは別々の門から入りなさい。だが(この用心は)   アッラーに対しては   あなたがたに何も役立たないであろう。裁定は   只アッラーに属する。かれにわたしは信頼した。凡ての頼る者は   かれにこそ頼るべきである。」   12-68.かれらは父の命じたやり方で入った。それは   アッラー(の計画)に対し   何の役にも立たなかった。只ヤアコーブ自身に必要な気休めに過ぎなかった。かれはわれが教えたので   知識を持っていた。だが人びとの多くは知らない。   12-69.さてかれらがユースフの許に行った時   かれはその弟を親しく迎えて言った。「わたしはあなたの兄です。今までかれら(兄たち)がしてきたことに   心を悩ましてはならない。」   12-70.かれ(ユースフ)が   かれらに配給をし終った時   かれは弟の袋の中に盃を入れた。やがて   ある者が呼びかけた。「隊商よ   あなたがたは確かに泥棒です。」   12-71.かれらは振り向いて言った。「あなたがたの何がなくなりましたか。」   12-72.かれらは言った。「わたしたちは   王様の盃をなくしたのです。それを持って来た者にはラクダの一頭分の荷(を与える)でしょう。わたしがその保証人です。」   12-73.かれらは言った。「アッラーにかけて誓います。わたしたちはこの国で   悪事を働く為に来たのではないことを   あなたがたは既に御存じです。わたしたちは   盗みは致しません。」   12-74.かれらは言った。「あなたがたが嘘つきであったら   その(盗みの)処罰は何としようか。」   12-75.かれら(兄たちは答えて)言った。「その処罰は   誰でも袋の中から(盃が)発見された者であります。かれが   その償いです。このように   わたしたちは悪を行う者を罰します。」   12-76.それでかれ(ユースフ)は   弟の袋(の検査)をする前に   かれらの袋を(調べ)始めた。そして(最後に)弟の袋から   それを捜し出した。われはこのように   ユースフに策略を授けた。アッラーが望まれる以外には   かれは弟を(エジプト国)王の法律の下で抑留することが出来なかったのである。われは欲する者の(英知の)階位を高める。全ての知者の上に全知なる御方はいる。   12-77.かれらは言った。「もしかれが盗んだとすれば   かれの兄も以前確かに盗みをしました。」しかしユースフはこれらのことを自分の心に秘めて   かれらにそれ(秘密)を漏さなかった。かれは(独り言のように)言った。「事情はあなたがたに不利である。アッラーはあなたがたの語る真実を最も能く知っておられる。」   12-78.かれらは言った。「申し上げますが   かれには大変年老いた父親があります。それでかれの代りに   わたしたちの1人を拘留して下さい。御見うけしたところ   あなたは本当に善い行いをなさる方でございます。」   12-79.かれは言った。「アッラーは   わたしたちの物を   その許で見付けた者以外は   (誰も)捕えることを禁じられる。(もしそうしないと)本当にわたしたちは   不義を行うことになるであろう。」   12-80.そこでかれらは   かれ(の引き取り)に望みがないことを知り   密に協議した。かれらの中の最年長の者が言った。「あなたがたは   父がアッラー(の御名)によって誓いをたて   また以前ユースフのことに就いても   どのような誤りを犯したかを考えないのか。それで父がわたしを許すか   またアッラーがわたしたちを御裁き下さるまで   わたしは決してこの地を離れないであろう。かれは最も優れた裁決者であられる。   12-81.あなたがたは父のもとに帰って言いなさい。『父よ   あなたの子は   本当に盗みをしました。わたしたちは   唯知っていることの外は証明出来ません。また目に見ていないことに対しては   どうしようもなかったのです。   12-82.それで(あなたは)   わたしたちがいた町で尋ねるか   またはそこを往来した隊商に問いなさい。わたしたちは真実を言っている(ことが分ります)』。」   12-83.かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや嘘である。あなたがた自身のため事件を工夫して作ったに過ぎない。だが耐え忍ぶこそ(わたしには)美徳である。或はアッラーが   かれらを皆わたしに御送りになるかもしれない。かれは本当に全知にして英明であられる。」   12-84.かれはかれらから離れて言った。「ああ   わたしはユースフのことを思うと   悲しくてならない。」かれ(父)の両目は悲嘆の余り白くなり   物思いに沈んだ。   12-85.かれらは言った。「アッラーにかけて申し上げます。あなたはユースフを思うことを止めなければ   重態に陥り   或は死んでしまいます。」   12-86.かれは言った。「わたしは只アッラーに対し   わが悲嘆と苦悩とを訴えている丈である。わたしは   あなたがたが知らないことを   アッラーから教わっている。   12-87.息子たちよ   あなたがたは出掛けてユースフとその弟の消息を尋ねなさい。アッラーの情け深い御恵みに決して絶望してはならない。不信心な者の外は   アッラーの情け深い御恵みに絶望しない。」   12-88.それでかれらは   (また)かれ(ユースフ)の許にやって来て言った。「申し上げます。災難(飢饉)がわたしたちと一族の者に降りかかったので   ほんの粗末な品を持って参いりました。枡目を十分にして   わたしたちに施して下さい。本当にアッラーは施しを与える者を報われます。」   12-89.かれは言った。「あなたがたが無道の余り   ユースフとその弟にどんなことをしたか知っているのか。」   12-90.かれらは驚いて言った。「すると本当にあなたは   ユースフなのですか。」かれは言った。「わたしはユースフです。これはわたしの弟です。アッラーは確かにわたしたちに恵み深くあられる。本当に主を畏れ   堅忍であるならば   アッラーは決して善行の徒への報奨を   虚しくなされない。」   12-91.かれらは言った。「アッラーにかけて。本当にアッラーはわたしたちの上に   あなたを御引き立てなされた。わたしたちは本当に罪深い者です。」   12-92.かれは言った。「今日あなたがたを   (取り立てて)咎めることはありません。アッラーはあなたがたを御赦しになるでしょう。かれは慈悲深き御方の中でも最も優れた慈悲深き御方であられます。   12-93.あなたがたはわたしのこの下着を持って(帰り)   わたしの父の顔に投げかけなさい。かれは眼が見えるようになろう。それからあなたがたは   家族揃ってわたしの処に来なさい。」   12-94.隊商が(エジプトを)たった時   かれらの父は(左右の者に)言った。「わたしは確かにユースフの匂を嗅いだ。だがあなたがたは   老衰のせいだと思うであろう」   12-95.かれらは言った。「アッラーにかけて   全くそれはあなたの(いつもの)老いの迷いです。」   12-96.それから吉報を伝える者が(帰って)来て   (下着を)かれの顔に投げかけると   直かれは視力を回復した。かれは言った。「わたしはあなたがたに言わなかったか。あなたがたが知らないことを   わたしはアッラーから(の啓示で)知っている。」   12-97.かれらは言った。「父よ   わたしたちのために   罪の御赦しを祈って下さい。わたしたちは本当に罪深い者でした。」   12-98.かれは言った。「それではわたしはあなたがたのため   わが主に御赦しを願ってやろう。本当にかれは   寛容で慈悲深くあられる。」   12-99.やがてかれらがユースフの許に来た時   かれは両親を親しく迎えて言った。「もしアッラーが御望みなら   安らかにエジプトに御入りなさい。」   12-100.かれは両親を高座に上らせた。すると一同はかれにひれ伏した。するとかれは言った。「わたしの父よ   これが往年のわたしの夢の解釈です。わが主は   それを真実になさいました。本当にかれは   わたしに恩寵を与え   牢獄からわたしを御出しになり   また悪魔が   わたしと兄弟との間に微妙な敵意をかきたてた後   砂漠からあなたがたを連れて来られたのであります。わが主は   御望みの者には情け深くあられます。本当にかれは全知にして英明であられます。   12-101.主よ   あなたはわたしに権能を授けられ   また出来事の解釈を御教えになりました。天と地の創造の主よ   あなたは現世と来世でのわたしの守護者です。あなたは   わたしをムスリムとして死なせ   正義の徒の中に加えて下さい。」   12-102.これはわれがあなた(ムハンマド)に啓示した   幽玄界の消息の一つである。かれらが(ユースフに対する)計画を策謀した時   あなたはかれらと(その場に)いなかった。   12-103.仮令あなたが如何に望んでも   人びとの多くは信じないであろう。   12-104.あなたはそれ(使命)に対し   どんな報酬もかれらに求めない。これは   全人類への訓戒に外ならない。   12-105.天と地の間には   (アッラーの唯一性や神慮に関し)如何にも多くの印がある。かれらはその側を過ぎるのだが   それらから(顔を)背ける。   12-106.かれらの多くは   アッラーを多神の1つとしてしか信仰しない。   12-107.かれらに下るアッラーの懲罰が覆いかかることに対し   またかれらが気付かない間に突然来る時に対し   かれらは安心出来るのか。   12-108.言ってやるがいい。「これこそわたしの道。わたしも   わたしに従う者たちも明瞭な証拠の上に立って   アッラーに呼びかける。アッラーに讃えあれ。わたしたちは多神を信じる者ではない。」   12-109.われはあなた以前にも   町に住む者の中から(特に選んで)   われが啓示を授けた人間以外は   (預言者として)遣わさなかった。かれら(マッカの人びと)は   地上を旅して   以前の者たちの最後が   どんな(悲惨な)ものであったかを観察しているではないか。本当に主を畏れる者に対する   来世の住まいこそ最上である。あなたがたは悟らないのか。   12-110.(ムハンマド以前の)使徒たちが(遣わされた民のもとで)一切の希望を失った時   そしてかれら(使徒たち)が(不信仰者に対するアッラーからの勝利の約束の)期待が持てなくなったと思い込んだ時   われの助けがかれら(使徒)に下り   われの欲する者に救いは来るのである。只罪を犯した者は   わが懲罰は免れられない。   12-111.本当にかれらの物語の中には   思慮ある人びとへの教訓がある。これは作られた事柄ではなく   以前にあったもの(啓典)の確証であり   凡ゆる事象の詳細な解明であり   また信仰する者への導き   慈悲である。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)「ユダヤ教ラビ派カライ派」「タルムード:政府の価値」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ラビのユダヤ教のラビ派とサラセン帝国(イスラム系)のユダヤ教カライ派について」「スペインのキリスト教圏のユダヤ教のスファラド系と欧州のキリスト教圏のユダヤ教のアシュケナーズ系について」「スファラド系合理主義者とアシュケナーズ系神秘主義者のマイモニデス論争(マイモニデスが示した律法の再説ミシュナー・トーラーのミシュナ注解の十三か条)について」「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」「タルムード」「政府の価値」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.1. 23:45
視聴回数:13193回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   「ラビのユダヤ教のラビ派と   サラセン帝国(イスラム系)の   ユダヤ教のカライ派について」   「スペインのキリスト教圏の   ユダヤ教のスファラド系と   欧州のキリスト教圏の   ユダヤ教のアシュケナーズ系について」   「スファラド系合理主義者と   アシュケナーズ系神秘主義者の   マイモニデス論争   (マイモニデスが示した律法の再説   ミシュナー・トーラーの   ミシュナ注解の十三か条)について」   「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」   「タルムード」   「政府の価値」   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   goverment」   The   importance   of   goverment   Law   enforcement   and   courts   An   eye   for   an   eye   The   perfect   goverment   The   evils   of   goverment   The   Bill   of   Rightst   All   are   created   equal   Unalienable   rights   The   secure   these   rights   Goverment   and   power   The   law   and   the   land   Creating   a   dream   「The   value   of   goverment:政府の価値」   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   The   importance   of   goverment   人々が住んでいるところの法律のシステムは   そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても   それは基本的な価値に影響する   ---   社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって   我々自身の安全   我々の愛する人の安全   そして他人の安全   に対して我々の感心を行動の中に置く。価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である   確かに政府を願ましくする機能である。   我々が個々に知っている言葉で   我々が政府を理解する最善の方法は   「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer   Tov(善の衝動)」との全体の質問を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは   「あなたの心の中で   あなたの隣人を憎んではなりません。」   (レビ記   19:17)   しかし   実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは   まったく別のことである。「十戒」は数千年間存在してきている   そしていまだに毎日の新聞は   殺人や強盗   法廷で偽証を誓った人   他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は   我々の幾人かは我々の「Yetzer   HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方   他の者はそうではない。彼らは   彼らの中にある「Yetzer   HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように   その時   彼らは道路で他のあらゆる人にとって   危険になっている。   そんな人々から我々を保護するために   政府が作られている。我々が個々のレベルで   我々の「Yetzer   HaRa」を統治することを学ばねいけないということ同様に   「Yetzer   HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的である。   Law   enforcement   and   courts   政府が我々を効果的に保護するために   我々の各々は自分自身の自由な意志の幾らかを諦めなければなりません。どれだけ大きな力が政府に与えられるべきかについて継続的な大きな議論や論争がある。しかし   もし政府が我々を効果的に保護するならば   誰もが「幾らか」の力を諦めなければなりません   ということを我々は何の議論もなしで知ることができる。   この一つの良い例は   各個人としての報復の権利を放棄することである。報復はそのグループに破壊的である。AがBから盗みをしたとする   そしてそれからBが返礼にAから盗みをする   これでイーブンと言って。もしこれで終わるならばそれで結構なことであるが   けれども報復はめったに最初の不公平以上により公平にはならない。Bが報復する時   Aが彼から取ったよりも彼はAからより多く取るかもしれない。その時   Aは彼自身が報復の必要を感じる。すぐに   物は手から離れて   そしてAとBは互いに殺すという点にまでくる   ----   また   彼らの友人や親族がその行動に参加するかもしれない。   この種の事態を避けるために   警察や他の代理権の形で実行する法律を規定する力を我々は政府に許す。告訴が設定され聞かれる法廷と同様に。法律を実施する事務所や法廷はどちらも   我々すべてのために   個人よりもむしろグループによって最善に維持される力を代表している。   An   eye   for   an   eye   タルムードは   部分的には   行なわれてきた法廷の記録として見られる。ラビたちは政府の境界線を築くために   事例に事例を積み上げている。我々の例として   タルムードで扱われた古典的な報復の事例は   聖書のきまり文句である「目には目   歯には歯」   のまわりに集中してる。タルムードのラビたちが   「Yetzer   HaRa」のグループを制するために探していた政府とはどんなものかを見るために   次の議論を考えよう。   「目には目」   これは金での支払を意味する。あなたはそれが金での支払だと言うが   おそらくそれは実際に本当の目が没収されなければなりません。という意味だ!しかし   その人の目が一方は大きく他方が小さいとしたとする   そんな場合に「目には目」の法律を私はいかに適応することができるのか?...   あるいは   盲の人が他人の目をたたき出した場合は   またあるいは片足びっこの人が他人を片足びっこの人にした場合は   「目には目」の法律を私はいかに十分に満たすことができるのか?トーラはこう要求している   「あなたは同じ法律を適用せよ(レビ記24:22)」この意味は   あなたたちの全てに対して   法律が同じであるべきだということ。   [   Baba   Kamma   83b   ]   法律はいつも全ての人が同じであるとして扱われなければなりません。我々の基本的な価値は   全てが神によって平等に創造されていることである。もしそれがこの場合   ラビたちが議論した「目には目」の意味はただこうである:もし人が他人の目をたたき出したならば   その有罪人は彼が破壊した目を補償する金額を支払わなければなりません。   このように   社会の全てのメンバーの利益に法律を翻訳するために   政府が割り込む。目や足を失った人にとって   もし彼を傷つけた人が目や足を仕返しに失ったとしても   それは現実に善いことではない。金銭上の支払は   それが元の目や足を取り戻すことはできないが   少なくとも人が傷ついた時に生じた痛みや損失を埋め合わせるために   それはいくらかの方法に役立つ。   The   perfect   goverment   ラビたちはその日   各々の人が神の法律に従って自分自身を統治する時   を楽しみに待った。もし我々の全てがヒレルの原理   ---   「あなた自身が嫌なことを   他人にはするな」   ---   に従うならば   社会を制御する政府や統治者の必要はない。我々の各々は小型の政府であり   成功して「Yetzer   HaRa」を制し   良いことを行なうのに集中している。   このようにラビたちは日々の終わりを夢見た   各々の男も女も神の知恵と畏れの中で大きく成長し   もはや政府の必要がなくなった時を。しかし   彼らは夢想家であったけれども   そして彼らは世界が神だけで統治されるための計画をしていた一方で   ラビたちはまた現実主義者であった。人々が彼ら自身の「Yetzer   HaRa」の制御がまだできていないと彼らは認めていた。それで彼らは共通の政府の必要を認めた   「その理由はそれに対する怖れがないとき   人は生きたままで互いを食べるであろうからである」   「生きたままで互いを食べる」   この句はとても耳障りに見えるかもしれない。しかしそれは政府が働かない時に起こることの現実的な絵である。あの「Wild   West」としての19世紀のアメリカの西部のことを考えてみよう。法律や秩序は   破壊された方法で維持されていた。法律家たちは   彼らが反対した無法者たちのような全く同じ作法で行動した。その政府は   普通はより弱い者を殺す強い者の結果であった。   The   evils   of   goverment   ラビたちは   もはや政府を必要としない時の日を夢見た   その理由は政府から保護するものと期待していたその市民を   政府が「食べる」という事実を恐れていたからである。すなわち政府は力を成長させ統治されている人々からもっともっと多くの自由を奪い取る方法を持っている。預言者サミュエルの時代にさかのぼるユダヤの人々が   独裁主義の政府の悪を指摘してきている。   人々はサミュエルのところにやって来て   その時代には他の全ての国々がそうであったように   彼らを統治してくれる王様が欲しいと要求した。   「裁きを行なう王を与えよ」との彼らの言い分は   サミュエルには悪と写った。   そこで彼は主に祈った。主はサミュエルに言われた:民があなたに言うままに   彼らの声にしたがうがよい。その理由は彼らが退けたのはあなたではなくこの私だ   私が彼らの王として君臨することを退けているのだ。   [   サミュエル記上   8:6-7   ]   サミュエルはその時   彼らを統治する王を持つことの危険を人々に警告した。   あなたたちの上に君臨する王の権能は次の通りである。まず   あなたたちの息子を徴用する。それは   戦車兵や騎兵にして王の戦車の前に走らせ   千人隊の長   五十人隊の長として任命し   王のための耕作や刈り入れに従事させ   あるいは武器や戦車の用具を造らせるためである。また   あなたたちの娘を徴用し   香料作り   料理女   パン焼き女にする。また   あなたたちの最上の畑   ぶどう畑   オリーブ畑を没収し   家臣に分け与える。...........その日あなたたちは   自分が選んだ王ゆえに   泣き叫ぶ。しかし   主はその日   あなたたちに答えてはくださらない。   [   サミュエル記上   8:11-14   18   ]   これは王の力そして咲きすぎた政府の力に対する古典的なユダヤ人の警告である。我々が   我々自身を統治することを学ぶ代わりに   我々の権利を放棄して政府を形成する時はいつでも   その政府は我々の上に力を得る。   聖書の中では   ユダヤ人の族長   士師/英雄   預言者   王が登場しますが   特に親しまれている人物を時代に合わせてまとめると大体このようになります。   聖書   族長   師士/英雄     預言者   創世記   アブラハム   イサク   ヤコブ   ヨセフ   (12部族)         出エジプト記   レビ記   民数記   申命記         モーゼ   アロン   ヨシュア記     ヨシュア       士師記     ギデオン   サムソン       サムエル記       サウル   ダビデ   サムエル   列王記   歴代誌       ソロモン   アハブ   ...   エリア   エリシャ   ...   イザヤ書       ウジヤ   ヒゼキア   ...   イザヤ   ユダヤ人の最初の王様となったのは「サウル王」ですが   なぜ民は王を必要としたか   もう一度   サムエル記を読んで見ましょう。   サムエル記上   7:7~7:10   ペリシテの領主たちはイスラエル攻め上ってきた。イスラエルの人々はそのことを聞き   ペリシテ軍を恐れて   サムエルに乞うた。「どうか黙っていないで下さい。主がわれわれをペリシテ人の手から救ってくださるように   われわれの神   主に助けを求めて叫んでください。」サムエルはまだ乳離れしない子羊一匹を取り   焼き尽くす献げ物として主にささげ   イスラエルのため主に助けを求めて叫んだ。主は彼に答えられた。サムエルが焼き尽くす献げ物をささげている間に   ペリシテ軍はイスラエルに戦いを挑んできたが   主がこの日   ペリシテ軍の上に激しい雷鳴をとどろかせ   彼らを混乱に陥れたので   彼らはイスラエルに打ち負かされた。   サムエル記上   8:1~8:9   サムエルは年老い   ....イスラエルの長老たちは   全員集まり   ラマのサムエルのもとの来て   彼に申し入れた。「あなたはすでに年を取られ   息子たちはあなたの道を歩んでいません。今こそ   ほかのすべての国々のように   われわれのために裁きを行う王を立ててください。」裁きを行う王を与えよとの彼らの言い分は   サムエルの目には悪と映った。主はサムエルに言われた。「民があなたに言うままに   彼らの声に従うがよい。彼らが退けたのはあなたではない。彼らの上にわたしが王として君臨することを退けているのだ。彼らをエジプトから導き上がった日から今日に至るまで   彼らのすることといえば   わたしを捨てて他の神々に仕えることだった。あなたに対しても同じことをしているのだ。今は彼らの声に従いなさい。ただし   彼らにはっきり警告し   彼らの上に君臨する王の権能を教えておきなさい。」   こうして   預言者サムエルは主の指示に従い   若者のサウルを初代イスラエルの国王に任命することになったわけです。その後はダビデ王   ソロモン王が統治してイスラエルは繁栄するわけですが   神が言っていたように   その後の王たちは主の道をはずれて行き   ついにはイスラエルの国は滅びてしまう。   The   Bill   of   Rightst   聖書の時代には   王たちはトーラそれ自身によって幾分か制御されていた。   王がイスラエルの上に君臨するときは   王の最初の仕事は彼自身の手によって文書のトーラを全て書き写すことが義務であった   これは王が後になってから法律を知らなかったと主張できないように。   アメリカでは   我々の政府は憲法によって制御される   そして我々の基本的な権利は   「the   Bill   of   Rights」と呼ばれる憲法への最初の10の修正条項によって保護されている。ここには各々の人に   礼拝   演説   出版   集会   政府への請願   その自由の保証がある。さらに   兵役に服する権利   兵隊に対する住居を準備しなければならないことからの自由   不当な捜索や捕捉からの自由   犯罪に対する告発無しに監禁されることからの自由   同一犯罪に対して二度も裁判されることからの自由   自分自身に対して証言しなければならないことからの自由   そして「生命   自由あるいは繁栄が   法律の当然の進行無しにはく奪される」ことからの自由   を含む。The   Bill   of   Rights   はまた   公平な陪審によって素早く公開の裁判への我々の権利を護衛する   そして限度を超えた保釈金や罰金   そして「残酷で異常な刑罰」を禁止する。   法律のシステムは人々の価値に影響すると言って   我々はこの章を始めた。   The   Bill   of   Rights   の場合は   これらの価値はもっと初期の文書によって公に発表されている:第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)で   1776年7月4日   独立宣言が採用された。   我々はこれらの真実を自明のものとして支持する:全ての人は平等に造られている   彼らは創造主によって確実な権利を授かっている   これらの中には生命   自由そして幸福の追及がある   ---   これらの権利を安全にするために   政府機構が人々の中に制定される   統治の同意から彼らの正しい力を引き出すように。   これは要点であるが   政府の位置付け   それを造り出す人々の位置付けについての表現である。   All   are   created   equal   独立宣言は   「全ての人は平等」   これが自明であると宣言することによって   始まっている。しかし   それはいつも自明であるということではなかった。エジプトでは   どんな平民もが自分を王様と平等とは考えてはいなかった。王様は神の人であり   分離され   他の全ての人々の上にあると考えられていた。誰一人として王様と平等ではなかった。   他方   イスラエルの王国がその最も偉大な力があって   王が最も力があった時でさえ   王は決して神とは混同されなかった。預言者ナタン(Nathan)はダビデ王を非難するための自由を感じていた:ダビデ王が   他の男の妻を盗み取りその夫を戦いに送り戦死させるという罪を犯した   そのことの間違いを非難した。そして応答においては   「私は王であり   私がしたいことをするのだ」と答えるのとはずっと違っていた。ダビデ王はそうではなくて   神から自分の罪の許しを祈った。   エジプトの王とイスラエルの王との違いは   全ての人々は等しいとユダヤの人々は教えられていたことにあった。なぜ人は一人だけで創造されたのか?   なぜ神は一人だけの男を創造したのか?我々の賢者は説明している   「私は高貴な血統である」と誰もがこのように自慢しないためである。全ての人類が同じ人からの子孫である。全ては神の前に等しい。   [   Sanhedrin   38a   ]   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々が   「全ての人々が等しく造られた」のは自明な真実であると宣言した時の表現がこのラビの教えでした。どんな人も他の人より神により近いということはない   このことを我々が記憶するときのみ   それは自明である。   Unalienable   rights(譲渡されない権利)   生命   自由そして幸福の追及への我々の権利は   どれも我々自身が夢見てきた単純な価値ではない。独立宣言に従ってさえも   我々の国の市民の法律の多くがそれを基本としており   我々の権利は我々の主なる神から引き出されている。   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたが生きることを許さない」----まさに殺人者が犠牲者言うことである。神は命じている   「あなたは人を殺してはいけない」   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたを自由にすることを許さない」----まさに主人が奴隷に言うことである。神は命じている   「あなたは自由でありなさい」そして   他人が幸福の追及のための権利をどんな人も禁止することはできない。裁判で偽って誓うとか   盗みとか   あるいは隣人を傷つけることによっても。これらの行動のすべては神によって禁止されている   そして幸福を追及する権利は天の法律   神の戒律   によって保証されている。   The   secure   these   rights   今や我々は   人々の中に政府が必要であるという宣言で   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々の論考を   偉大な集団の人々の論考と同様に   理解することができる。その必要は   人間として生まれた全ての人々   神のイメージで創造された人々   の相続財産である権利を保証し安全にするためである。   我々の自由を確実にするために   我々は   我々の自由を制限し安全にするための権力を持った政府を樹立する。その政府から我々自身を保護するために   我々は   今度は   人々のための保護の法律を樹立する。政府の権力はその時   政府が保護するために想定された価値の権力よりも偉大になることは   決して許されるべきではない。   政府の権力は   どこからやって来るのか?それは我々から   「その人々」から来る。しかし我々が見てきたように   政府はそれ自身で先に行きすぎて   より偉大にそしてより強力に成長する傾向を持つ。政府の後ろにある価値の権力は   どこからやって来るのか?この権力は神   創造主   からの授かりものである。「全ての人間は平等に   ...彼らの創造主によって授けられた   確かな譲渡されない権利を持って」   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。結局   我々の投票を必要としている。しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   おそらく   詩編の一つがなぜこう言っているかがこのことである:君主に信頼をおいてはいけない   なぜならば彼らには助けがない。   [   詩編   146:3   ]   14世紀の注解者のナフミアス(Nahmias)は権力の友情について   次のたとえ話をした:     ある王が彼の将校の一人を昇進させた。毎日   王はこの将校の前に上って彼の首に接吻をしていた。最後に   王は彼を殺して言った。「将校の首が切り落とされ時に   刀が落ちるその場所に接吻をしていたのだ」   人々は言っている   「ライオンが歯をむき出した時に   ライオンが笑っていると考えてはいけない   それはむさぼり食うためだけなのだ。人間の王は   また   しばしば動物王国のライオンのようである」   サミュエルの警告   ナフミアスのたとえ話   そしてガマリエルの警告は全ての政府の行く道と関連している。どんな政府も全体的に信頼されることはない。我々は絶えず権力の進行を見張らなければなりません。   The   law   and   the   land   たとえそうであっても   タルムードの格言ではこう言う:   その土地の法律は   法律である。   [   Baba   Kamma   113a   ]   人は   政府を尊敬しなければなりません。   [   Mechilta   Bo   ]   ここで我々は   また   我々の解釈をバランスしなければなりません。その土地の法律はいつでも法律であるとは限りません。ハドリアン皇帝がトーラの勉強とユダヤ教の実施を禁止した時   ラビはローマの法律を無視しなければならなかった。その土地の法律が神のより高い法律と衝突する時は   すべての政府が統治する権利を得ているのは神の法律からであり   従わなければいけないのは神の法律である。   Creating   a   dream   我々の夢はトーラの法律   すなわち同情と親切   正義と公正   熟考と尊敬の法律   に従って統治される一つの世界である。   しかしそんな夢を現実にするために   我々は「国々の上の光」にならなければならない。   もしユダヤ人が「選ばれた」人々であるならば   それは我々がトーラのメッセージを全てに運んでいるからである。   トーラは   誰もが不平を持っていなかった場所で   人前で公開して与えられた。   もしそれがイスラエルの土地で与えられていたならば   世界の国々は言ったであろう   「この中に我々の場所がない」   それゆえトーラは荒野で与えられた   人前で公開して   そして誰もが不平を持っていなかった場所で。   それを受け入れたい人は誰でも   来て受け入れなさい。   [   Mechilta   Bahodesh   Yitro   ]   その仕事は偉大であり   我々はそれを完成する希望さえできない。   しかし   我々の世界に神の法律をもたらす責任を   我々の各々が感じなければならない   ---   トーラを教えること   そして戒律に従って行動することに責任を。   我々は   共同社会から我々を分離すべきではないだけでなく   そこにできる限り多く参加しなければならない   そしてその地の法律をトーラの戒律にますます多く順応させなければならない。   その時には   タルムードの格言「その土地の法律は   法律である」   に従う時に何の問題も恐れもない。   Reflection   ラビたちは   二つの反対する力を認めていた:   人々が「生きたままで互いを食べる」ことがないように   政府を必要とすること。   そして政府が神の統治の前に敬意を払う時を我々が夢見て生き続ける間に   権力の進行を注意深く監視する必要があること。   我々の価値は   我々が通過させ従う法律の種類に反映されている。   それゆえに   地上に神の統治がやって来るために働くことは   共同体から我々自身を分離しないことを意味する。   それは   トーラの法律に対する採用を創造するために   共同体の中で働くことを意味する。   それは   その土地の法律にユダヤ人の教えの価値を反映させるために   懸命に努力することを意味する。   我々はユダヤ人として世界の中に我々を巻き込むことを要求される。   政府の何かが悪いと感じた時   我々は立ち上がって戦わなければならない。   また   我々が信じているところの方針にそのシステムを持ってゆくために   我々が住んでいる所の法律のシステムの範囲内で仕事をすることを   学ばなければならない。   簡潔に言うと   我々は良い市民で責任ある態度で   「その政府の繁栄を祈る」ことをしなければならない。   ラビ・オシャヤ(Rabbi   Oshaya)は教えた:   人間の実行において   人である王が宮殿を建てる時   それは王自身の技術ではなく建築家の技術で建てている。   さらに建築家は彼自身の頭からではなく   従業員が煙突やドアの配置をどうすればよいか知るために   計画し図面を作る。   このように   神は   トーラを相談相手とし   そしてその後に世界を創造した。   [   Genesis   Rabbah   1:1   ]   それと同じく   世界がいかに最善に統治されるかを知りたいならば   正しい世界の建築のための建築家の計画   すなわち   「トーラの法律」を相談相手にしなければならない。   実際に   全体の世界が基本にしているもの   すなわち   「神一人の政府」よりも良い政府はありえない。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「タルムード」「イスラエル2つの王国の統治の手立て」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「タルムード」「イスラエルの2つの王朝の統治について南ユダ王国がユダ家が安定して支配した手立てに神ヤハウェーのイルラエルの信仰のがございましたが、他方、北イスラエル王国のヤラベアム家・バアシャー家・オムリ家・イェフー家・メナヘム家の各統治の入れ替わりが多ございました。しかし、 ユダ王国もバアル礼拝の 信仰に苦しみました。」「タルムード」「正しい道を見つけること」 When a Jew seeks wisdom  「Seeking the right course」 Listening to everyone Freedom of choice Captain of the ship Our two impulses An inner balance Balance in the community A feeling for what is right 夜になり、その週の日々から安息日を聖別するために、祈祷書が朗読されている。 ラビが木の下に座っている、そして彼はパイプを光らせて、 灰色の煙の巨大な一吹きが澄んだ暗い天に向けて上っている。 ラビがそんな平和な気分になっているのを見て、二人の生徒が来て彼の側に座った。 しばらくの間、三人は黙って座っていた。 ついに、一人の生徒が話した、 「親愛なるラビ、我々がいかに神に奉仕すべきか我々に告げて下さい」 ラビは答えた、「わたしが知り得ることなのかい?」 その時、三人はもう一度黙ってしまった、 ラビがパイプをふかす時につくる小さな音を除いて。 最後にラビは話をした:  昔、二人の友人が一緒に山に登った、  そして彼らの前面に深い割れ目が横たわっているのを見つけた。  彼らは一緒に計画し、その深い割れ目を横切ってロープを取付けたアンカーを  持ち上げて投げた。  このようにして彼らは一方から他方へ狭いロープの橋を造った。  そして最初の者がその深い割れ目を横切って歩いた、  あらゆる歩みで彼の危険を冒して、しかし安全に向こう側に到着した。  もう一方の者、まだ同じ場所に立っていたが彼に向かって叫んだ、  「親愛なる友よ、あなたがいかにコントロールしたのか告げてくれ?」  最初の友は答えた、  「私が知っているのは確かではない。   しかし私自身が一方の側によろめきを感じた時はいつでも、   私は他方の側に向けて傾けたよ」                      「Seeking the right course(正しい道を見つけること)」 もしあなたが、人類の残りから離れて、 ある島の世界で一人だけで生活しているならば、 「良い」と「悪い」という言葉は単に、 「私にとって良いこと」と「私にとって悪いこと」という意味になろう。 しかるに、あなたは他人と一緒の社会で生活している、 そしてあなたは「良い」と「悪い」という言葉に他の意味を与えているような 慣習に参加している。 生活というのは複雑である、 そして規則は時々ちょうど壊されるために作られているように見える。 各々の新しい立場が現われる時に、 あなたが取ろうとしている行動の種類について、あなたは選択を強いられる。 規則や好みを持つことはあなたに決断する助けとなる。 そしてあなたのまわりの人々は、彼らの経験に基づいて、 あなたに助言することで喜んで助ける。 しかし、最後にはその選択はあなただけに依存する。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.22. 14:20
視聴回数:10178回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「タルムード」   「イスラエルの2つの王朝の統治について   南ユダ王国がユダ家が   安定して支配した手立てに   シナイ契約に見立てた   ダビデ契約と神ヤハウェーの   イルラエルの信仰のがございましたが   他方   北イスラエル王国の   ヤラベアム家・バアシャー家・   オムリ家・イェフー家・メナヘム家の   各統治主体の入れ替わりが   多ございました。   しかし   ユダ王国もバアル礼拝の   信仰に苦しみました。」   「タルムード」   「正しい道を見つけること」   When   a   Jew   seeks   wisdom   「Seeking   the   right   course」   Listening   to   everyone   Freedom   of   choice   Captain   of   the   ship   Our   two   impulses   An   inner   balance   Balance   in   the   community   A   feeling   for   what   is   right   夜になり   その週の日々から安息日を聖別するために     祷書が朗読されている。ラビが木の下に座っている   そし   て彼はパイプを光らせて   灰色の煙の巨大な一吹きが澄ん   だ暗い天に向けて上っている。   ラビがそんな平和な気分になっているのを見て   二人の生   徒が来て彼の側に座った。しばらくの間   三人は黙って座   っていた。ついに   一人の生徒が話した   「親愛なるラビ   我々がいかに神に奉仕すべきか我々に告げて下さい」   ラビは答えた   「わたしが知り得ることなのかい?」その     三人はもう一度黙ってしまった   ラビがパイプをふか   す時につくる小さな音を除いて。最後にラビは話をした:     二人の友人が一緒に山に登った   そして彼らの前面に   深い割れ目が横たわっているのを見つけた。彼らは一緒に   計画し   その深い割れ目を横切ってロープを取付けたアン   カーを持ち上げて投げた。このようにして彼らは一方から   他方へ狭いロープの橋を造った。そして最初の者がその深   い割れ目を横切って歩いた   あらゆる歩みで彼の危険を冒   して   しかし安全に向こう側に到着した。もう一方の者   まだ同じ場所に立っていたが彼に向かって叫んだ   「親愛   なる友よ   あなたがいかにコントロールしたのか告げてく   れ?」最初の友は答えた   「私が知っているのは確かでは   ない。しかし私自身が一方の側によろめきを感じた時はい   つでも   私は他方の側に向けて傾けたよ」   ◎「Seeking   the   right   course   (正しい道を見つけること)」   もしあなたが   人類の残りから離れて   ある島の世界で一   人だけで生活しているならば   「良い」と「悪い」という   言葉は単に   「私にとって良いこと」と「私にとって悪い   こと」という意味になろう。しかるに   あなたは他人と一   緒の社会で生活している   そしてあなたは「良い」と「悪   い」という言葉に他の意味を与えているような慣習に参加   している。   生活というのは複雑である   そして規則は時々ちょうど壊   されるために作られているように見える。各々の新しい立   場が現われる時に   あなたが取ろうとしている行動の種類   について   あなたは選択を強いられる。規則や好みを持つ   ことはあなたに決断する助けとなる。そしてあなたのまわ   りの人々は   彼らの経験に基づいて   あなたに助言するこ   とで喜んで助ける。しかし   最後にはその選択はあなただ   けに依存する。   ある日   道路に添って老人と若い少年がロバの手綱を引っ   張っていた。その三者は彼らが動く時に色彩ゆたかな絵画   を描いていた   彼らが歩むに合わせてロバの頭は突然に上   下に振った。道路で見知らぬ者と会うまでは   全てが順調   であった。   見知らぬ者は彼らに言った   「やぁ   こんにちわ。なぜあ   なた方は歩いて   乗らないのですか?ロバは乗るために作   られたのですよ」これは良い助言であると二人は同意した   そしてロバの背に登った。   しかし彼らが町の近くにやってきた時   道路に添って人々   が互いに噂をし始めた。すぐに一人の仲間が彼らを止めた   。彼は頭を両側に振って言った   「そんな小さなロバに   あなた方二人はそのロバの背にはあまりにも重すぎる荷だ     あなた方は恥ずかしくないのか?そんな方法で動物を扱う   のは残酷だ」直ちに   そのおじいさんと少年はその男の知   恵を見て   そして少年はロバの背からすべり降りて   横に   一緒に歩いた。   彼らがこの格好でそんなに遠くまで行かない時に   彼らは   カートを後ろから押して来る行商人に出会った。その行商   人は老人に質問した   「あなたの体重はその貧しいロバの   背には重すぎるとは思わないのですか?あなたが歩くこと   ができれば   なぜその少年とロバは疲れるでしょうか?」   その少年はおじいさんの方を見つめた。彼らは肩をすくめ   た。何が行なわれるべきことであるか?なぜならば彼らは   行商人の言葉に意味を見つけた。老人は重い荷であるのは   真実である   たとえそれは二人両方ほどは重くはないが。   さらに老人は歩くことができる   そして少年は乗ることが   できる。それで老人はロバの背から降りて   そして孫を代   わりに乗せた。   このように彼らは町に向かって再び前進した。またすぐに   友人と一緒に道路の脇に立っていた農夫の呼び声によって   止められた。農夫は叫んだ   「おい   少年よ   お前は年寄   を尊敬しないのか?お前が乗って   貧しい老人が歩くのは   不名誉なことだ」農夫は彼の友人の方に向いて   そしてな   お少年に聞こえるように十分大きな声で話し   彼は言った   「自分が乗っている間に   老人を歩かせるような強権な   若者を想像してごらん!」再び少年はロバの背から降りた   なぜならば彼らは農夫の言葉の中に真実の刺激を感じた   ので。   しかし今や何が行なわれるべきことであったか?彼らが誰   に耳を傾けようが   だれも喜ばなかった。そして彼らが得   た助言の全ては良い助言であった。だれも乗らないロバを   引くことは良いことではなかった。二人が乗ることは良い   ことではなかった。老人だけが乗ることは良いことではな   かった。少年だけが乗ることは良いことではなかった。た   だ一つの選択が残された。ため息をついて   老人とその孫   は彼らの背の上にロバを持ち上げた。   そしてこのように   彼らは町に歩き続けた   ロバの重さの下で奮闘している老   人と少年を道路わきの人々が見てひやかし笑っていた。   ◎Listening   to   everyone   これはばかげた話に見える。しかし我々のまわりのあらゆ   る人に耳を傾けた時に   我々はしばしば「ロバを運ぶ」ような終わりかたをする。   道路のそばにいるあらゆる人が老人と少年に良い助言を与   えた。しかし助言のどの種類も   その人が見たところの観   点のみに基づいていた。このように   見知らぬ人はロバを   引いた少年と老人を見た   そしてもし彼らが乗っていたな   らばいかに良くなるかを考えた。   そしてこのように   農夫は少年だけが乗っているのを見た   。農夫は彼が見る前のすべてを知らなかった---最初にはロ   バにだれも乗っていなかった   その次には二人が乗った   その次には老人だけが降りた。   老人と少年が受け取った助言は   彼らは自分自身では選択   しなかったので   実際に役に立たなかった。しかし彼らは   実際に知的な選択しようとすればできた唯一の人たちで   あった。彼らがしようとすればできた知的な選択は   「彼   らが」最もよく好む方法で支えることであった。生活は複   雑である   しかし我々が自分の意見を言うことを拒む時   それはより複雑になる。   ◎Freedom   of   choice   我々は常に選択をしている   しかし時々選択の自由が我々   にあるということを忘れる。我々が欲するところのことを   そして我々が信じるところのものに従っているところの   ことを   我々は選択することができる。ラビは言った     べてのものが予知されている   しかし選択の自由は与えら   れている。   (Avot   3:19)   昔ある善き者が質問した   「もし神が先に起こるすべての   ことを知っているならば   我々が選択の自由をいかに持つ   ことができるのか?」そして彼はたとえ話を通して彼自身   の質問に答えた:神は   海岸にぽつんと立っている灯台の   守りのようなものである。嵐の真っただ中   暗やみの中で   輝いている明かりで   神は注意して多くの船を見つけ     岸に近寄せる。上の方から   船がぎざぎざの暗礁を避けて   安全に岸に着くのを神が見ている。そして神はまた   どの   船が座礁にこなごなになり滅びるかを知っている。しかし   各々の船長は   彼自身の船をいかに操縦するか   そして   どのコースを追跡するか   という彼自身の選択をする。あ   る者は灯台の警告の明かりを心にとめるであろう   そして   他の者はそうしないであろう。自然には   もし人が警告の   明かりを見て   それに従って操縦するならば人の運はより   善い。しかし   各々の船長は   彼が気に入るように行なう   自由がある。   ◎Captain   of   the   ship   我々の各々は   自分の精神をもったその船長である。その   灯台は   我々の伝統の集められた知恵であり   我々が神の   真実であると支持している法律である。我々はこれらの法   律の自由がある   ---   我々が喜んで従う自由あるいは従わな   い自由である。   しかし   その灯台の光線でのように   これらの法律に我々   が従う時   我々の選択はより良くなる。   我々は選択する自由がある   そしてその選択は我々の前に   広げられている   しかしまたどれによって選択するかのガイドラインがある     我々のユダヤの伝統の価値と一族の慣習。   船長が   海の知覚   「空の中に何があるか」という感覚   そして正しい行動のための素質   を発展させるとちょうど   同じように   我々もまた   我々が確かでない時に我々を導くであろう内   部の感覚   あるいは知覚を発展させなければならない。   これは我々が宗教的な知覚と呼んだところの感覚である。   それは   生活の海を通して我々がそれによって操縦すると   ころの梯子   の種類のように我々に奉仕する   そんな我々の宗教的な知   覚である。   われわれの進路を設定しそれを正しく設定するために何が   必要かを語る。   (And   if   not   now   when?)   ここの50   セント硬貨があり   ケネディ大統領の肖像のまわりに   "   LIBERTY   "   という文字が読めると思います。   下の方に刻ま   れている文字の方はこうです:   "   IN   GOD   WE   TRUST   "       50セントだけでなく   アメリカの全ての硬貨には       "   LIBERTY   "   "   IN   GOD   WE   TRUST   "   が刻まれています     その意味は   今回のテキスト第22章から推測できるので   はないでしょうか。   Our   two   impulses   我々の船の力は   二つの世界の間で我   々のバランスの中にある。   我々は   動物の存在という状態     我々の中に普通の全ての動物の性癖を持って   人間と   して創造されている。   動物たちのように   我々は力に対す   る欲求をもつ   そして我々が若い時にはそれを我々のゲー   ムの中に表現する   ---   国々が世界の中で最も力がある者に   なるというまじめさを持った     山の王様」になるゲー   ムをして。   動物たちのように   我々は性に対する欲求をも     それは時々我々を圧倒するように脅迫する。   最も不   幸にも   ほとんど他の動物には無いような   復讐のために   そして個人的な利益のために   我々自身の種類を狩をして   追いつめる。   出世したいという我々の欲求   重要な人にな   りたいという我々の欲求   ---   これらはラビたち「Yetzer   HaRa(悪の衝動)」と呼ぶところの   我々の利己的な活力の   中にある。   しかし我々はまたそれ以上の他のものである。   我々の中には   他人を喜ばすという欲求がある   我々の仲   間の唇に笑いをもたらすために。   我々は   信じる力   理由   を考える力   そして疑う力を持つ。   そして   我々は   知っ   ていることを越えた何かを感知する力を持つ。ラビがよく   言っているように:   人間は愛されている   なぜならば彼は   神のイメージで創造されたからである。   しかしそれは     が神のイメージで創造されたことを彼に知らせれているこ   との   特別な愛によってである。イスラエルは愛されてい     なぜならば彼らは存在者(All-Present)の子供たち   と呼ばれているからである。   しかしそれは   彼らが存在者の子供たちと呼ばれているこ   とを彼らに知らせれていることの   特別な愛によってであ   る。イスラエルは愛されている   なぜならば彼らに「トー   ラ」が与えられたために。しかしそれは   世界が創造され   たことを通して「トーラ」が彼らのものであるということ   を彼らに知らせれていることの   特別な愛によってである   。「なぜならば   わたしは良い教本をあなたたちに与えた   ---わたしの教えを見捨ててはならない」   と言われている   ように。   (Avot   3:18)   そして   我々が神のイメージで創造されたということ     々が存在者の子供たちと呼ばれていること   「トーラ」が   我々に許可されてきていること   これらを我々が知ること   を可能にしているその特別な愛とは何なのか?   それは良い   ことをしようとする我々の衝動である   それはラビたちが   「Yetzer   Tov(善の衝動)」と呼んだところのものである     An   inner   balance   我々を人間にしているところのものは   「善の衝動」と「悪の衝動」との間の我々の内部のバラ   ンスである。   我々が以前に見てきたように   我々は「悪   の衝動」によってまったく生活することはできない。     して   もっと驚くべきことに   我々は「善の衝動」によっ   てだけで生活することはできない。   我々は   「悪の衝動」   によってだけで生活することが為すところの害を   容易に見   ることができる   しかし「善の衝動」によってだけで生活   することが   為すところの害とは何か?   一つの例を取り上   げよう:断食すること。   断食は   毎日の世界から我々自身   を隔てることを助ける   祈りの間に我々の精神を集中させ   ることを助ける   そしてほんの短い間であるが食べるとい   う我々の地上の必要性から   我々自身を隔てることを助ける     我々が断食する時   神の精神に近づこうという我々の「善   の衝動」を通して   我々は行動している。   断食は   その時   我々の精神にとって善である。   もし一日の断食が我々の   精神にとって善であるならば   二日間の断食はどんなによ   り善であろうか。   そしてもし二日間の断食が我々の精神に   とってより善であるならば   我々は推論する   三日間の   断食はどんなにより善であろうか   四日間では   あるいは   五日間では   そしてもし我々が死ぬまで断食するならば最   善か?   あるいは   慈善を集める人達が   やって来るラビを   見た時に   反対の方向に走り去る   というほどに過大な慈   善を与えるラビを取り上げよう。   ラビの「善の衝動」は非常に極端になることを許されてい   るので   ラビは自身が貧乏人になる危険であった   そし   てその結果としてその共同体社会に負荷が加わる。   「善の   衝動」が我々を支配することを許すことは   「悪の衝動」   が我々を支配することを許すことと同様に悪いことである     我々がそれら両方を支配しなければならない   そして   我々の中のバランスを成し遂げるための探索をしなければ   ならない   もし我々が共同社会にそして我々自身に何か役   に立とうするならば。   ユダヤ人の共同体社会は   聖人の一   部として行動する人々が必要でもなければ   悪魔のように   行動する人々も必要ではない。   バランスされたユダヤ人の   生活を喜んで導く人々が必要なのである。   Balance   in   the   community   その同じバランスが他人との   関係に必要である。   ヒレルの有名な言葉の中に   そのバラ   ンスを成し遂げるための処方箋が与えられてき   ている。   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   (Avot   1:14)   共同体社会との我々の関係の中で   我々の個人的な欲望と   必要   それと他人の欲望と必要   その間のバランスを我々   は探さなければならない。   我々の隣人を正しく愛するため     我々はまず自分自身を愛さなければならない。人は   彼が誇るべきことをするよう努力すべきであり   そうすれ   ば他人が彼をまた尊敬するであろう。   ラビのユダ・ハナ   シ(Yehudah   HaNasi)が言った   人が彼自身のために選択   すべき正しい道はどれであるか?   それは   それを行なう   人にとって名誉であるような道であり   また   人々から彼   に名誉を与えるような道である。   (Avot   2:1)   我々の伝統に従うと   正しい道は我々自身を尊敬するため   に来ると同時に   他人に我々を尊敬させるために行なう真   ん中の道である。   それは   我々が我々自身に幸福であり   そしてまた他人が我々に喜ぶように行なう真ん中の道であ   る。ほとんどすべての関係において   ラビたちは責任を等   しく分けた   共同体社会に対する我々の義務と我々自身へ   の我々の義務との間で。   例えば   ラビ・ヨセ(Rabbi   Yose   )は言った:あなたの仲間の財産をあなた自身のもののよ   うに大切にしなさい。   (Avot   2:17)   そして   ラビ・エリエゼル(Rabbi   Eliezer)は言った:   あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にし   なさい。   (Avot   2:15)   これらの言葉の両方に対して   我々は自分自身と共同体社   会との間のバランスを見ることができる。   各々   その作者   は我々のあらゆる人に   彼あるいは彼女「自身」に従って   彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。   そして各々   その行動は他の人に関係している   ---   その人   の財産と名誉に。   ラビたちはこう実感していた:   我々が   我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から   我々が   我々自身について理解しているところのものを   他人を巻   き込んだ我々の行動に移すために   我々の宗教的知覚をに   使うべきであると。   これこそが   ラビ・エリアザル   (Rabbi   Eleazar)が心に持って   ヨハナン・ベン・ザカイ   (Yohanan   ben   Zakkai)の質問の答えである:   人が保   持すべきところの良い道とはどれか?   エリアザルは言っ     「良い心」   A   feeling   for   what   is   right   あなたは   正しいバランス   のために感覚をあなた自身で発展させなければならない。   その選択はいつもあなた自身にある。   誰もあなたのための   あなたの生活の仕方を選択することはできない   あなたの   ためにあなたの報酬を受け取る以上には。   あなたにとって   何が「良い心」を意味するものかを   あなたは探さなけれ   ばならない。   もし生まれつきに   あなたがあまりにも寛大   である傾向があるならば   あなたはその偏りをバランスす   ることを学ばなければならない。   あるいは   もしあなたの   性格が利己的になる方向に傾くならば   あなたはその偏り   をバランスすることを学ばなければならない。   ただあなた   のみが   あなたの選択において正しいバランスを感じるこ   とができる。   最善のバランスはいつもあなたの中に存在す   る:   「あなた自身の目に見て邪悪でないように」   (Avot   2:18)  

サムネイル

(お話です) 2 「タルムード」「イスラエルのダビデ王とソロモン王」

(お話です) 2 「イスラエルのダビデ王とソロモン王」 「タルムード」 「平和の価値」 「平和の価値」 ◎The value of peace ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し、平和を追い求める。 あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせる。 (Avot 1:12) ◎Loving and pursuing peace ヒレルのこれらの言葉は、世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく、我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは、彼の言葉の最初の部分につなげて、「あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて、ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち、個々の人々のグループ、つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。 実際、ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は、一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが、これはどうやって為されるのか、という質問をする時に、ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって、平和を愛し追い求める人、その最善の例はモーゼの兄アロンである、とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時、アロンは彼らの一人の方に行って座わり、そして言った: 「我が息子よ、あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」 彼の心から全ての憎しみが消えるまで、アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから、アロンはもう一人の方に行って座わり、そして言った: 「我が息子よ、あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」 彼の心から全ての憎しみが消えるまで、アロンは彼と一緒に座った。そして、二人の男が互いに会った時に、彼らは抱きしめ合い、そして互いにキスをした。 [ Avot de Rabbi Natan 12 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.21. 13:50
視聴回数:9968回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「イスラエルのダビデ王とソロモン王」   「タルムード」   「平和の価値」   「平和の価値」   ◎The   value   of   peace   ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し   平和を追い求める。   あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる。   (Avot   1:12)   ◎Loving   and   pursuing   peace   ヒレルのこれらの言葉は   世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく   我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは   彼の言葉の最初の部分につなげて   「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて   ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち   個々の人々のグループ   つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。   実際   ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は   一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが   これはどうやって為されるのか   という質問をする時に   ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって   平和を愛し追い求める人   その最善の例はモーゼの兄アロンである   とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時   アロンは彼らの一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから   アロンはもう一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そして   二人の男が互いに会った時に   彼らは抱きしめ合い   そして互いにキスをした。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Ways   of   seeking   peace   イスラエルにいる男と男の間に平和をもたらす時がやって来る時には   アロンは躊躇しなかった。彼は平和をもららす方法を探しに行った。彼は活発に平和を追い求めた。そのことの事実は   我々は平和については躊躇することはできない   我々は平和を「追い求め」なければならない   ということである。平和のための必要性はたいへん大きいので   待つことがしない。それでラビ・シメオン・ベン・エリアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った:   もし人が彼自身の位置に座って   そして不活発であるならば   彼はいかにしてイスラエルにいる男と男の間に平和を追い求めることができるであろうか?代わりに   彼を彼の位置から前に行かせ   世界のまわりに動かせ   そしてイスラエルに平和を追い求めさせなさい   平和を探しそして追い求めよと言われているように。さて   この意味は何であろうか?あなた自身の家の中で平和を探し   そして他の場所の中で平和を追い求めなさい。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Peace   in   your   own   house   始める場所は   あなたの家族と一緒の家である。あなたはすぐに   「あなたの両親を尊敬せよ」という戒律を考えるかもしれない   そしてその戒律が家族に平和をもたらすことといかに重要に関連しているか   を実感するかもしれない。   たとえあなたが   あなたの母や父のがあなたに与える忠告に不一致であるとしても   そして彼らの要求が公平でないと感じるとしても   あなたはそれにもかかわらず尊敬のために彼らに従うべきである   ---   あるいは   最も少なくとも   思いやりのある方法で異議を申し立てるべきである。   兄弟や姉妹とつきあう時に   平和はまたそのゴールであるべきである。兄弟や姉妹はしばしば互いに論争に陥る。我々の両親にとって   これらの論争はたいへん妨害される   たとえ彼らが我々を非常に妨害していない時でさえも。ほとんどの両親は   彼らの子供のうちの一人を他よりも好まないように   たいへん厳しく努力している。両親は彼らの子供たちと一緒に生活するために   また   たいへん厳しく努力している。彼らの子供たちが互いに一緒に生活しようと努力していないように見える時   その時はそれが彼らを困らす。我々の両親を尊敬する一つの方法は   我々自身の中で争わないことである。   家庭の中の平和は   それは     Shalom   Bayit(平和の家)」   という特別な名前さえ持っている   そんな重要なユダヤ人の価値である。ラビ・ナサン(Rabbi   Nathan)は「アボット」に関する彼の注釈の中で教えた   「もし人が家の中に平和をもたらすならば   あたかも平和が全てのイスラエルにもたらされたかのように   聖書がそれを評価する」   [   Avot   de   Rabbi   Natan   28   ]   もしあなたが家庭に平和を確立しているならば   それはまだ十分ではない。あなたは   また   平和に一緒に生活するために他人を助けなければならない。   ◎Aaron   the   peacemaker   他人に「   Shalom   Bayit(平和の家)」をもたらすという拡張に平和を愛し追い求める人   その最善の例それは   再び   アロンがである。アロンが   ある夫と妻がまさに離婚寸前であることを   聞き及ぶならば   彼は急いでその夫の方に急いでそして言う   「あなたとあなたの妻が一緒に暮らしていない   そしてあなたが離婚したいと聞いたので私は来ました。しかしこのことを考えてみなさい:もしあなたが現在の妻と離婚し   そしてもう一人と結婚したとすると   あなたの結婚がより良くなるということを   あなたは確信することができない。なぜならば   あなたが二番目の妻との最初の喧嘩で   彼女はあなたに思い出させる:あなたが喧嘩好きでそして良くない   そうでなければあなたの最初の結婚が離婚で終わることはなかったであろう。私が保証しよう   あなとあなたの現在の妻は幸福になることができる   もしあなたがた二人が努力するならば」   (Legends   3:329)   何千もの結婚がアロンの嘆願と励ましによって救われた。そしてアロンが   喧嘩をしていて離婚の危機にあったこれらの人々を一緒にした時に   そういう夫婦は普通   彼らの結婚を救った高位な祭司を尊敬して彼らの最初の息子をアロンと名付けた。伝説は我々に告げている:   アロンが死んだ時   80   000ものユダヤ人の子供たちがこのようにしてアロンという名前であった。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   我々の共同体社会の平和は   互いのための各々の人の愛に依存している。   もし   我々が口論へかりたてる心の中の刺激を感じた時に   戦う代わりに親切な言葉の形で平和のメッセージを送るならば   その時我々は平和のために働いている。   しかし   もめごとの言葉の代わりに平和のメッセージを送るよう我々をかりたてる   ことができるのは   それは単に我々の仲間である創造物に対する愛なのだ。   我々の仲間である創造物を愛すことによって我々の行動を平和に導くことの教えは   スペインのユダヤ人の詩人であるイブン・ナグレラ(Ibn   Nagrela   993-1055)   の話としての有名な物語の心臓部である。   イブン・ナグレラは   イスラム教スペインの王様の親しい友人であった。   王様はイスラム人   イブン・ナグレラはユダヤ人であったが   けれども彼らの違いは互いを愛することから引き離すことはなかった。   しかし彼らの互いの愛は   王様の宮廷の中でイスラムの詩人たちの中で   とても大きな嫉妬になっていた。ある時   これらの嫉妬の男たちの一人が王様の前に来て裁判を要求した。   王様は尋ねた   「お前にどんな悪いことがあったのか?」   その詩人は報告した   「ユダヤ人   イブン・ナグレラが   自分のものとして読むために   私の書いた詩を盗んだのです。   彼は王様あなたの前で   むこうみずにも   それを読んでさえしまった。   ああ王様   今私はお願いします   この犯罪のゆえに   彼の舌を切り落とすように」   「よし分かった」   王様は答えた。   イブン・ナグレラが   王様の面前にただちに召し出された。   「この告発にお前は何を言うのか?」   と王様はユダヤ人の友に聞いた。   「私は無実です」   とイブン・ナグレラは言った。   「それではお前の無実を   どうやって証明することができるのか?」   「こんな方法で」   イブン・ナグレラは答えた。   その時彼は   彼の詩のオリジナルな原稿を   前方に引き出した。   「これは私の最初の草案です   そしてその上には   私が創作した詩を   より良くするために   全てのマークと変更があります。   私の仕事の全てがここに見られます   最初の粗雑な形から   私が王様の前で読んだ   最後の作品まで」   王様はイブン・ナグレラを   告発した詩人に言った   「そしてお前は   お前のオリジナルな仕事を   私に見せることができるか?」   しかしその嫉妬の詩人は   しおれてしまった。   「何もありません」   彼は静かに認めた。   「それでは   お前の罰は   イブン・ナグレラの手の中にある」   と王様は言った。   そして彼の友の方に向いて王は続けた   「この男の邪悪な舌を切り落としなさい   彼がお前の舌を切り落とそうとしたように」   その日の後に   王様はイブン・ナグレラの部屋を通った   そしてそこから来る笑う声を聞いた。   戸を開いて   王様はその二人の詩人を見て   非常に驚いた。   そのイスラム人とユダヤ人は笑って   一緒にチェスのゲームをしていた。   王様は言った   「イブン・ナグレラ   この男はお前の敵である。   なぜお前は彼の邪悪な舌を   取り除かなかったのか?」   イブン・ナグレラは答えた   「しかし私はそうしました   わが王様   私は彼の邪悪な舌を取り除いて   そしてそれを思いやりのある舌と   交換したのです」   我々の共同社会に平和をもたらすという見地で   この物語から学ぶことが多くある。   イブン・ナグレラの他の選択を考えてみよう。   もし彼が告発人の舌を切り落としたならば   その時   他の詩人たちがイブン・ナグレラに向けて感じた嫉妬は   王様との彼の友情の故に   その嫉妬は絶対の嫌悪に向かったであろう。   その時   また   イブン・ナグレラは彼の告発人を彼の敵のままに一人で残す   ことができたであろう。   王様の審判について自慢し誇ることによって   虚偽の告発人を法廷の人々の中で   とても大きな恥をかかせることができたであろう。   しかし他の誰か敗北者について自慢する人は   彼の隣人である創造物たちを愛する人ではない。   その王様の考え方にとって   報復は正しい解であった。   しかしイブン・ナグレラの宗教的な考え方にとって   それは少しも解ではなかった。   彼の隣人である創造物たちを愛する人に対する解は   敵を友人に変えることであった。   これがイブン・ナグレラが行なったことである。   王様によって「戦争のメッセージ」が命じられた時でさえ   彼は「平和のメッセージ」を出した。   我々はこれの全ての成り行きをただ想像することができる   そんなに無理をして想像する必要はないけれども。   おそらく   そのイスラムの詩人はイブン・ナグレラの生涯の友人になったであろう。   そしておそらく   また   彼は忠実な友人になったでろう。   彼は   宮廷の中の他のイスラムの詩人たちとイブン・ナグレラとの間に   あった緊張を止めるのを助けたかもしれない。   それで我々は見ることができる:   敵を友人に変える行動が   いかにして我々の共同社会の中に   平和を増加するために我々を助けることができるか。   ◎Drawing   others   to   Torah   しかし   他の人々をトーラに引き寄せるようにヒレルが我々に要求する時に   彼が意味しているものは何か?   実際に   ヒレルは広い意味でトーラの話をした。   ただモーゼ五書だけでなく   我々の人々の伝統と価値   我々がしっかりと   にぎらなければならない「生命の木」である。   他の人々をトーラに引き寄せるために我々が持つ最善の意味は   我々がユダヤ人の価値   それは我々が議論してきたところの価値に従って   行動することである。   その時   我々と接触に来る全ての人々がトーラに近づいて来るであろう。   我々が行くどこにでも   トーラが我々と共にあるであろう。   そして   我々が行なうあらゆるものの中に   トーラが現われるであろう。   このような方法で   我々は他人に教える   我々の模範によって。   当然に   我々が模範を示すために   我々はまず我々の伝統を学ばなければならない   我々が示すべき模範の種類が何かを知るために。   この光りの中でタルムードは言う:   「賢い学生たちが世界に平和を大きくする」   [   Berachot   64a   ]   Judaism   の我々の勉強は平和を追い求める価値ある方法である   なぜならばそれを通して   平和への毎日の道   善い心の道を我々は学ぶからである。   ◎Hope   for   peace   毎日の祈りの中で   平和の年がやってくるように我々は祈りを朗唱する:   「天に平和を創造しているお方が   我々と全てのイスラエルに   平和をもたらしますように」   我々の祈りは   平和に対する我々の必要の表現として立つだけではなく   世界を通して平和が普及するであろう未来の時を予知する。ユダヤ人としての我々の最も気高い信念の一つは   Messiah(救世主)が   やってくるという信念である。我々がいかにしてMessiahを認めるかを説明する場合に   ラビたちは彼のことをこう言った:   「彼の唇を開くことが祝福と平和のためである」   多くの人が本物のMessiahであると主張してきたが   しかしまだ誰も平和な年が来るというこの兆候を提供してきていない。しかしこれは未来に対する我々の夢である。   それは我々の預言者たちの最後のメッセージである   そしてそれは我々の生活の道の最後の目標である。   「見よ   わたしは創造する新しい天をそして新しい地を。初めからこのことを思い起こす者はない。それはだれの心にも上ることはない。彼らが呼びかけるより先に   わたしは答えまだ語りかけている間に   聞き届ける。狼と小羊は共に草をはみ獅子は牛のようにわらを食べ   蛇は塵を食べものとしわたしの聖なる山のどこにおいても害することも滅ぼすこともない。」   と主は言われる。   [   イザヤ書   65:17   24   25   ]     Reflection   詩編の中の一節は読む:   「平和の人には未来がある」   [   詩編   37:37   ]   平和を愛し追い求める人は   未来の中を見つめ   そして全てに対して平和の可能性を見つける人である。   しかしそれ以上に   平和を追い求める人は   家庭でそして世界の中で各々が毎日   平和を探す人である。平和を追い求める人になるためには   敵を友人に変えるという観点で   あなたが   「あなた自身としてあなたの隣人を愛す」   ようにならなければなりませんない。   そして他人に対するあなたの行動の中で   あなたの人々の教えと法律にあなた自身を近付けるのを維持することによって   あなたは彼らをトーラに近付けるために努力しなければなりませんない。このことに   我々は近代の賢者ラブ・クック(Rav   Kook)の教えを追加ができる。   いかにして全てを平等に愛すことができるのか   と聞かれた時に   次のような方法で回答した:   「Sinat   Hinnam(根拠のない憎しみ)」   として知られている罪がある。   これは嫌われるにふさわしくない人を嫌うこと。しかし我々の時代には   「Ahavat   Hinnam(根拠のない愛)」と呼ばれる新しい戒律の必要性がある。これは愛される価値のない人を愛すこと。我々の時代に   真に   「Rodef   Shalom(平和を追い求める人)」   であるためには   我々は全て(---   我々に同意する人   我々に不一致な人   そして我々が好きな人   我々が嫌いな人   ---   )に対して愛を実行しなければなりません。我々は   「Ahavat   Hinnam」   を実行しなければなりません。  

01 02 03 04

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.