PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

鬼祭 -豊橋市- Oni matsuri (ogre festival)

鬼祭は、2月10・11日に安久美神戸神明社にて行われる天下の奇祭で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。クライマックスは赤鬼が天狗に挑む「からかい(戦いの­こと)」。敗れた赤鬼は境内を出て町内をかけまわり、道行く人にタンキリ飴を配ります。飴といっしょに白い粉をまき散らすため見物人は真っ白になってしまうのですが、この­飴を食べると厄除けになり、夏病みしないと伝えられています。

投稿者:サイト名 kochimika
投稿日時:2012.5.14. 05:09
視聴回数:2965回
お気に入り登録:0
カテゴリ: イベント   地域   国内旅行    
タグ: Oni   matsuri   ogre   festival   鬼祭     赤鬼   天狗   蒼鬼   子鬼   重要無形民俗文化財   愛知県   豊橋市  

サムネイル

鳥羽の火祭り -西尾市鳥羽町- Toba-no-Himatsuri

鳥羽の火祭り -西尾市鳥羽町- こちら三河放送局 http://allmikawa.tv 紹介番組 http://allmikawa.tv/2ch/120212_himatsuri.html 火祭りの詳細については、上記「こちら三河放送局2ch.」に記載しております。 毎年2月第2日曜日に鳥羽神明社を舞台に繰り広げられるのが鳥羽の火祭りです。福地と乾地地の二つの地区の者達が、燃えさかる「すずみ」の中に収められた神木と十二縄を如何に早く神前に納めるかを競い合います。 Pillars of flames rise haughtily in the winter cold as night falls. The fire festival of Toba annually takes place on the second Sunday of February, at Toba Shinmei shrine. The sight of men jumping into the burning "Suzumi" (the torches), in order to take the holy tree and the 12 ropes, is simply breathtaking. It is a festival of pride and tradition.

投稿者:サイト名 kochimika
投稿日時:2012.3.24. 23:40
視聴回数:129130回
お気に入り登録:0
カテゴリ: イベント   国内旅行   趣味・旅行全般    
タグ: こちら三河放送局   愛知県   西尾市   鳥羽町   重要無形民俗文化財   鳥羽神明社   幡豆町       松明   すずみ   ネコ   Fortune-telling   festival   flame   God   Misogi   Fire   Burn   Burning  

サムネイル

鳥羽の火祭り 簡易編集版

国の重要無形民俗文化財、愛知県西尾市鳥羽町の鳥羽の火祭りを見てきました。 思っていたより狭い場所でしたが、そこで繰り広げられた祭は 初めてみた人を魅了させる、ものすごく迫力のあるものでした。 取り敢えず、2台のカメラで撮影した映像を、1本にまとめてみました。

投稿者:サイト名 kochimika
投稿日時:2012.2.18. 20:13
視聴回数:2575回
お気に入り登録:0
カテゴリ: イベント   地域   国内旅行    
タグ: 愛知県   西尾市   鳥羽町   みそぎ   火祭り   重要無形民俗文化財   神明社   奇祭   天下   Tourism   Fire   Festival   Aichi   Toba   Nishio   Japan   Travel   Culture   Events  

サムネイル

蛇も蚊も祭り 横浜市鶴見区生麦6/6

300年以上にわたる伝統行事で横浜市の無形民俗文化財に指定されている「蛇も蚊も祭り」が6日、横浜市鶴見区生麦で行われた。  早朝から蛇も蚊も祭り保存会のメンバーが萱で編み上げた15メートルの大蛇2体を2手に分かれ地元自治会、約100人が担ぎ「蛇も蚊も出たけい、日和の雨けい」「出たけい、出たけい」わっしょい、わっしょいと町内を練り歩いた。夕刻、神明社に戻る。 保存会会長の青木さんのお話によれば、萱(カヤ)の入手が難しく、都筑区まで萱を刈りに行き、1週間乾燥させ使用している。ここ数年子どもの参加が増えている。 江戸時代、河口に位置した生麦には萱が容易に手に入る地だったことから、萱で蛇をつくった。生麦4-27の道念稲荷神社でも同様の行事が行なわれる。 又蛇の角は境内の神木を使用。目玉はツメタ貝を赤く塗って使用。耳は枇杷の葉を使用。舌は菖蒲を使用。2体の蛇は、昔は横浜の海に流したが最近では環境に配慮し翌日境内で燃やしている。 http://www.tsurumi-watchers.com/

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2010.6.23. 15:40
視聴回数:375回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 全国   歳時・イベント   祭り   歳時・イベント  
タグ: 動画   毎日  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.