PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

(お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

(お話です) 2「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニアが 全エネルギーと比べたときも同じ値になり ここから運動方程式を 導くことができることについて」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.30. 07:15
視聴回数:4956回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュの未定乗数法についてと   ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が   全エネルギーと比べたときも同じ値になり   ここから運動方程式を   導くことができることについて」   「極値について   0の値の   停留点が鞍点の時と   ヘッシアン(H)についてと   制限がある極値と   ラグランジュの   未定乗数法についてと」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV589(お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を 導くことができることについて」 「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければならないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.28. 01:34
視聴回数:4767回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   1   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を   導くことができることについて」   「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。   あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。   それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。   あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければならないであろう。   それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。   あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。   幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも   難しいかもしれない。   あなたはこう発見するかもしれない:   時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。   たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。   ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人   は誰でも   多くの事に奉仕する;   そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:   彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:   それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;   それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;   それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:   彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。   一人の生徒である場合を考えてみなさい。   我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれ   の分野において全てが平等に備えられてはいない。   我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。   しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が   価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。   そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びの   この考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:   人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。   あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。   ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)     話を繰り返し告げるのを愛した。   レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:   レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる   震えている先生を見て   彼らは驚いた。   彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」   「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」   レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力を   しなければならない。他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている   唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の   生活の各々に与えている方法で。   あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。   我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。   それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『タルムード:Avot 第2章・第3章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章・第3章』 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章』 Balance in the community  ラビのユダ・ハナシ(Yehudah HaNasi)が言った、  人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?  それは、それを行なう人にとって名誉であるような道であり、  また、人々から彼に名誉を与えるような道である。                       (Avot 2:1) Goverment and power  我々が見てきたように、 政府に対する必要と、政府を疑うための必要との間に緊張がある。 お互いを「相食べる」ことから我々を保つために、我々は政府を必要とする。 しかし政府から我々を保護するために、 我々はthe Bill of Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ! しばしば、何を行なおうが、政府は良いことだけを行っていると主張する。 「良いこと」とは、「政府の敵」を死に追いやること、市民へ重税をかけること、 あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。 ラバン・ガマリエル(Rabban Gamaliel) が我々に警告したのは不思議ではない。  権力に気をつけなさい。  なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。  それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが、  人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。                        [ Avot 2:3 ] 我々は真に権力と友だちになることはできない。 そして、ラビ・エリエゼル(Rabbi Eliezer)は言った:  あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。                      (Avot 2:15) これらの言葉の両方において、 我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。 各々、その作者は我々のあらゆる人に、彼あるいは彼女「自身」に従って、 彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。 そして各々、その行動は他の人に関係している --- その人の財産と名誉に。 ラビたちはこう実感していた: 我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から、 我々が我々自身について理解しているところのものを、 他人を巻き込んだ我々の行動に移すために、 我々の宗教的知覚をに使うべきであると。 これこそが、ラビ・エリアザル(Rabbi Eleazar)が心に持って ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan ben Zakkai)の質問の答えである:  人が保持すべきところの良い道とはどれか?  エリアザルは言った、「良い心」  このページ先頭へ A feeling for what is right あなたは、正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。 その選択はいつもあなた自身にある。 誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない、 あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。 あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを、あなたは探さなければならない。 もし生まれつきに、あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 あるいは、もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 ただあなたのみが、あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。 最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:  「あなた自身の目に見て邪悪でないように」              (Avot 2:18) 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第3章』  ラビ・ハニナ (Rabbi Hanina) は言った:  政府の繁栄を祈りなさい、なぜならばそれに対する怖れがなければ、  人は生きたままで互いを食べるであろうからである。                          [ Avot 3:2 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.14. 22:22
視聴回数:5666回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章・第3章』   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章』   Balance   in   the   community   その同じバランスが他人との関係に必要である。   ヒレルの有名な言葉の中に   そのバランスを成し遂げるための処方箋が与えられてき   ている。   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   (Avot   1:14)   共同体社会との我々の関係の中で   我々の個人的な欲望と必要   それと他人の欲望と必要   その間のバランスを我々は探さなければならない。   我々の隣人を正しく愛するために   我々はまず自分自身を愛さなければならない。   人は   彼が誇るべきことをするよう努力すべきであり   そうすれば他人が彼をまた尊敬するであろう。   ラビのユダ・ハナシ(Yehudah   HaNasi)が言った   人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?   それは   それを行なう人にとって名誉であるような道であり   また   人々から彼に名誉を与えるような道である。   (Avot   2:1)   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。   お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。   しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。   「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。   ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。   なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。   それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。   選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。   候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。   彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。   結局   我々の投票を必要としている。   しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。   特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   我々の伝統に従うと   正しい道は我々自身を尊敬するために来ると同時に   他人に我々を尊敬させるために行なう真ん中の道である。   それは   我々が我々自身に幸福であり   そしてまた他人が我々に喜ぶように行なう真ん中の道である。   ほとんどすべての関係において   ラビたちは責任を等しく分けた   共同体社会に対する我々の義務と我々自身への我々の義務との間で。   例えば   ラビ・ヨセ(Rabbi   Yose)は言った:   あなたの仲間の財産をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:17)   そして   ラビ・エリエゼル(Rabbi   Eliezer)は言った:   あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:15)   これらの言葉の両方において   我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。   各々   その作者は我々のあらゆる人に   彼あるいは彼女「自身」に従って   彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。   そして各々   その行動は他の人に関係している   ---   その人の財産と名誉に。   ラビたちはこう実感していた:   我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から   我々が我々自身について理解しているところのものを   他人を巻き込んだ我々の行動に移すために   我々の宗教的知覚をに使うべきであると。   これこそが   ラビ・エリアザル(Rabbi   Eleazar)が心に持って   ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan   ben   Zakkai)の質問の答えである:   人が保持すべきところの良い道とはどれか?   エリアザルは言った   「良い心」   このページ先頭へ   A   feeling   for   what   is   right   あなたは   正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。   その選択はいつもあなた自身にある。   誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない   あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。   あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを   あなたは探さなければならない。   もし生まれつきに   あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   あるいは   もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   ただあなたのみが   あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。   最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:   「あなた自身の目に見て邪悪でないように」   (Avot   2:18)   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第3章』   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:   政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   Our   pleasure   is   God's   pleasure   重要なことは共同社会の中にある単なる人気ではなく   共同社会の中の平和を増やすことである。   こんな方法で   成し遂げる価値がある人気の種類があり得るのである。   それは我々のまわりの世界の中に平和と満足をもたらす種類である。   そしてそれは我々が人気がある時に起こる   なぜならば我々が隣人によって尊敬されているので。   しかしここで「人気」という言葉は混乱となるかもしれない。   一つの違った方法でそれに接近してみよう。   人気に対する願望が極端にとられる時   それは邪悪である。   それは我々をたとえ何であっても多勢に従うことに導く。   そしてそれは我々自身が必要とするもの   そして我々の共同社会の本当に必要なものを忘れさせる。   しかし他人に楽しみを与えることは追求する価値がある。   それは我々が我々自身を愛すると同じように   我々の隣人を愛することに基づく。   それは尊敬を与えることを意味し   人気の建設的な形である。   これはハニナ(Hanina)が言った時に   心の中に持っていた種類である:   彼の仲間の精神が喜んでいる者であれば   「the   All-Present(いつもいる神)」の精神もその人から喜んでいる。   (Avot   3:10)   もしハニナが   我々はたとえ何であっても人気になるよう努力すべきである   と我々に言いたかったならば   彼はこう言ったであろう   「彼の仲間が喜んでいる者であれば   ...     しかし   その代わりに   「彼の仲間の『精神』が喜んでいる者であれば   ...     こう言った。   そしてこの注意深い言葉の使用において   意味での重要な違いがある。   神はいつでも人気がある人々で楽しむのだ   とハニナは言ってない。   例えば   預言者たちはしばしば人気とは遠くかけはなれていた。   彼らは共同社会の   人々に向かってしゃべった   彼らの利己的な道を変えて神の道に戻るように叫んだ。   「the   All-Present」の精神がその預言者たちによって喜ばなかった   と我々は想像することができるだろうか?   いいえ   それは人々は預言者たちの言葉の中に真実の声を聞いたからである   これらの言葉はいつでも記録され蓄積された。   人々が預言者たちのようではなかった時でさえ   彼らの「精神」は預言者たちの精神に触れて動かされた。   それでまた   我々が友人や隣人の精神を喜ばす時は   我々は「the   All-Present」の精神を喜ばしている。   我々が共同社会の中に平和   正義そして慈悲をもたらすための行動をする時   我々のまわりに喜びと慰めを与えるような方法で我々は行動している。   我々が真の友情の精神にて友人を作る時   これらの友情は永続し   そして仲間の精神は我々の中に喜びを取る。   それでまた   神はその創造的な果実で喜ぶことによって真の友情の中に参加する。   The   Sodom   type   ---   the   average   人々は自分たちが稼いだ物に権利がある   そしていったん我々が一つの物を稼いだならば   それは我々だけに属する   我々のほとんどはこう信じている。   しかしラビたちは   これが邪悪な考え方   行動の仕方になり得ると感じた。   彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。   ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。   しかしなぜラビたちは   我々のほとんどがソドムの人々のようである   と言うことが正当であると感じたのであろうか?   我々の態度を所有に向ける時に   我々はほんとうに邪悪であるのか?   この答えは   互いに対して   そして時々互いの財産に対して   我々の相互の必要の中に横たわっている。   ラビたちは   その正しい意味のケースを示すために   我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように   我々に思い起こさせた:   Rabbi   Eleazar   of   Bertoda   は言った   神のものは全て神に与えよ。   あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「タルムード」「感受性の価値」 「イスラエルのヤハウェ信仰の回復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「タルムード」 「The value of sensitivity : 感受性の価値」 「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」 紀元前926 イスラエル王国が 南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム) 北イスラエル王国(10部族首都サマリア) に分裂 紀元前722 北イスラエル王国が アッシリアに滅ぼされる (列王記下16~17章)   (失われた10部族) 北王国の10部族は アッシリアに虜囚されて滅亡した。 (文書は残されていない。) アッシリアの政策で異民族と混ざる。 紀元前640 ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年 (列王記下22~23章)(暦代誌下34章) 予言者エレミア登場 紀元前625頃  新バビロニア王国建国 紀元前609 メギドの戦い(アッシリアの没落で エジプトと新バビロニアが争う) ユダはバビロニアの支配下で、 バビロニアのヨシヤ王が エジプト軍との戦いで戦死。 (列王記下23:29、歴代誌下35:20~24) 紀元前598 新バビロニア王国ネブカドネザル2世が エルサレムを包囲。 ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。 第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17) 預言者エゼキエルも共に捕囚 バビロニア時代 紀元前586~538 名前がない極めて有能な預言者 仮に第三のイザヤが 神ヤハウェの信仰と エルサレムの未来について導く。 (イザヤ書 56章~66章) ペルシャ時代 紀元前538~333 第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から 紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間 紀元前586 エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。 第2次バビロン捕囚 (列王記下25章) 神殿破壊され廃墟になる これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。 (エレミヤ書25:11) 南ユダ王国新バビロニアの属州にる 紀元前582 第3次バビロン捕囚(745人) 紀元前538 ペルシャ帝国によるバビロン崩壊 ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。 イスラエルの民が帰還 紀元前515 ペルシャ王クロス2世の勅令で 捕囚から帰還した民が神殿を再建 (エズラ記6章) 第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成 (暦代誌下36章) ペルシャ国内が混乱していたため エルサレムでヤハウェ信仰と 神殿の礼拝を認めて、 かつて衝突していた サマリア人、アラブ人などの 周辺諸部族と混ざって行ったが、 特にサマリア人貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係が結ばれて行き ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。 エズラがバビロニア捕囚が終わっても 帰還が果たせぬまま バビロニアを滅ぼした ペルシャ帝国の寛容な政策で エズラがイスラエルの民でも ペルシャの高官になることができた。 このことから、 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第7年5月に「ソーフエール」 =書記(律法学者)の称号の エズラが、王から免税特権を与えられて バビロニアの力エルサレムに来たが、 ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して エルサレムの祭司に サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の縁戚関係を 離別させようとした「エズラ記10章」 がエルサレム民族共同体の説得に 失敗して13年間エルサレムを離れました。 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第20年紀元前445年に ペルシャ宮廷の 捕囚民出身の高官の ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して、 神殿の城壁を修復して、 「安息日の遵守」 「1/10の税の神政共同体の維持」 「エルサレムの人口の調整」 「下級祭司とレビ人の 給与の支払いの保障」 「サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係の離別」 を断行して エルサレムに戻ったエズラが 「モーセの律法(五書)」 を読み上げた。 こうしてユダヤ人共同体の 社会改革(エヘミヤ記13章) トーラー(モーセ五書)を 聖典とするユダヤ教が確立しました。 * 「詩編、箴言(しんげん)」 「コヘレトの言葉(伝道の書)」 「雅歌」 「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」 がございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.25. 21:55
視聴回数:7650回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「タルムード」   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」   紀元前926   イスラエル王国が   南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム)   北イスラエル王国(10部族首都サマリア)   に分裂   紀元前722   北イスラエル王国が   アッシリアに滅ぼされる   (列王記下16~17章)   (失われた10部族)   北王国の10部族は   アッシリアに虜囚されて滅亡した。   (文書は残されていない。)   アッシリアの政策で異民族と混ざる。   紀元前640   ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年   (列王記下22~23章)(暦代誌下34章)   予言者エレミア登場   紀元前625頃   新バビロニア王国建国   紀元前609   メギドの戦い(アッシリアの没落で   エジプトと新バビロニアが争う)   ユダはバビロニアの支配下で   バビロニアのヨシヤ王が   エジプト軍との戦いで戦死。   (列王記下23:29   歴代誌下35:20~24)   紀元前598   新バビロニア王国ネブカドネザル2世が   エルサレムを包囲。   ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。   第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17)   預言者エゼキエルも共に捕囚   バビロニア時代   紀元前586~538   名前がない極めて有能な預言者   仮に第三のイザヤが   神ヤハウェの信仰と   エルサレムの未来について導く。   (イザヤ書   56章~66章)   ペルシャ時代   紀元前538~333   第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から   紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間   紀元前586   エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。   第2次バビロン捕囚   (列王記下25章)   神殿破壊され廃墟になる   これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。   (エレミヤ書25:11)   南ユダ王国新バビロニアの属州にる   紀元前582   第3次バビロン捕囚(745人)   紀元前538   ペルシャ帝国によるバビロン崩壊   ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。   イスラエルの民が帰還   紀元前515   ペルシャ王クロス2世の勅令で   捕囚から帰還した民が神殿を再建   (エズラ記6章)   第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成   (暦代誌下36章)   ペルシャ国内が混乱していたため   エルサレムでヤハウェ信仰と   神殿の礼拝を認めて   かつて衝突していた   サマリア人   アラブ人などの   周辺諸部族と混ざって行ったが   特にサマリア人貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係が結ばれて行き   ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。   エズラがバビロニア捕囚が終わっても   帰還が果たせぬまま   バビロニアを滅ぼした   ペルシャ帝国の寛容な政策で   エズラがイスラエルの民でも   ペルシャの高官になることができた。   このことから   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第7年5月に「ソーフエール」   =書記(律法学者)の称号の   エズラが   王から免税特権を与えられて   バビロニアの力エルサレムに来たが   ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して   エルサレムの祭司に   サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の縁戚関係を   離別させようとした「エズラ記10章」   がエルサレム民族共同体の説得に   失敗して13年間エルサレムを離れました。   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第20年紀元前445年に   ペルシャ宮廷の   捕囚民出身の高官の   ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して   神殿の城壁を修復して   「安息日の遵守」   「1/10の税の神政共同体の維持」   「エルサレムの人口の調整」   「下級祭司とレビ人の   給与の支払いの保障」   「サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係の離別」   を断行して   エルサレムに戻ったエズラが   「モーセの律法(五書)」   を読み上げた。   こうしてユダヤ人共同体の   社会改革(エヘミヤ記13章)   トーラー(モーセ五書)を   聖典とするユダヤ教が確立しました。     「詩編   箴言(しんげん)」   「コヘレトの言葉(伝道の書)」   「雅歌」   「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」   がございます。   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   sensitivity」   Sensitivity   Keeping   the   group   together   A   full-time   task   Sensitivity   is   sensible   Timing   is   important   The   hour   of   anger   Seeking   and   receiving   forgiveness   In   the   hour   of   death   In   the   time   of   vow   In   the   hour   of   embarrassment   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った。あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはならない   そして死人が彼の前に横たわっている時に彼を慰めてはならない   そして彼が誓いを立てている時に彼に質問してはならない   そして恥ずかしい思いをしている時に彼を見ようとしないように。   (Avot   4:18)   Sensitivity   あなたが特別な秘密を友人に告げて   そして彼があなたの知らない誰かにそれを話したという最初の時をきっとあなたは憶えているでしょう。あなたの友人があなたを当惑させた理由によって   あなたは彼を「wicked」とさえ呼んだかもしれない。   あるいは   おそらくあなたがあるゲームの試合で上手でなかったので   両軍が組み直されあなたがその最後に選ばれた人になり   そして選んでいる選手があなたに陰うつに言った   「おれが思うに   お前はおれの側だよね!」それはチームで最も弱い連結として考えられていることで   正確にあなたを良い気持ちにさせない。   我々の全てはこの種の瞬間をもっている   そして我々の全てはまた他人を時々当惑させている   たとえ故意にではないとしても(そして時々我々は目的をもってまさに故意に他人を当惑させる)。実際に   いかにして他人を当惑させないか   を人は学ばなければならない。これを学ぶことは自然には出来ないのである。   我々は   何が他人を傷つけるか   に敏感であるようには生まれていない。我々は我々自身を訓練しなければならない   いかに他人が傷つくかを学ぶという観点で   それによって我々が他人を傷つけるのを避けるために。そして   もちろん我々のグループは   他人へより多く敏感であるように学ぶことを助ける点で   大きなくいを持っている。   Keeping   the   group   together   グループがしなければいけない   と我々が言ったところのものの一つは   一緒に留まることである。そのメンバーが互いに一緒に暮らさない理由で   もしそのグループが壊れ始めるならば   そのグループは共にいるという感じを失い   そしていずれは解散してしまう。   このことは我々が属している他のグループと同じように   我々のユダヤ人グループにも真である。ユダヤ人共同社会の場合は   そのくいはたいへん高い。もしその共同社会が解散すれば   各々の人は一人での残される;一緒に生活する目的は消え去り   より完全な社会になるように   そしてより良い世界を作ることに向けて   我々が一緒に作ってきたところの全ての前進は失われる。   それでラビたちは   あなたが「何を」するかだけでなく   あなたが「いつ」行なうべきか   そして他人に向けて「いかに」振る舞うべきか   というもっと困難な質問についてとても関心をもった。互いに対して敏感であることは我々を一緒に留める助けとなるであろうと彼らは我々に教えた。   A   full-time   task   互いに対して敏感であることはフルタイムの仕事である。我々が長い間一緒に親密に生活している時でさえ   それはより簡単になることはない。それはほとんどいつでも難しい。例えば   あなたの家族を取り上げてみよう。   あなたが属する他のどんなグループよりも長く   あなたは家族と一緒に生活してきた。ユダヤ人の家族は一緒に親密に   各家族を小さなユダヤ人の人々にして維持するようラビたちがそんなに強く強調しているのは   この理由のためである。   なおも   そして全て   兄弟あるいは姉妹に親切であったと思い出すのが難しい。   我々が自然に嫉妬深い時が何度もある。(ヨセフの物語そして彼の好みの服   彼の兄弟の全てがいかに嫉妬していたか   あなたは思い出すかもしれない。)   我々が両親を困惑させる時が何度もある   両親が我々を困惑させる時が何度もあると同様に。(友人があなたの家で夜を過ごす時に   「あなた」の就寝時刻にあなた方二人が寝なければならないことを思い出すかもしれない。)あなたの両親は他の全ての両親と違っているために   他の両親がそんなに重要であると考えていないような事を   あなたの両親は時々あなたにやらせることがあるかもしれない。それであなたの家族は   敏感な方法で他人と一緒に生活することがいかに難しいかという一つの良い例なのである。   Sensitivity   is   sensible   しかし他人に敏感になるようにやってみることは良いセンスを作る。我々の勉強を通して   全ての種類の支援においていかに多くお互いに依存しているか我々は見てきた。我々の家族は   世話   食物     そして愛を我々に与えている   たとえ他の誰もが与えない時でさえ。そしてユダヤ人民は一種の拡張された家族である----我々ユダヤ人の共同社会は   家族を持っていない人々を世話し   そして家族を持っている人々さえ世話する。我々は共同社会を一緒に築き   そして敏感さは建築の煉瓦の一つである。   それで   病人を訪れることは一つの戒律である。喪に服している人々を慰めることは一つの戒律である。怒っている人を平静に戻すことは一つの戒律である。慈善を与えることは一つの戒律である。必要な時に人を助けることは一つの戒律である。捕虜の身代金を支払うことは一つの戒律である。そして   これらの戒律を実行することは愛の一つの行動   敏感な人の行動である。この行動は   我々の共同社会を強くすること   そして我々人々を密接に一緒にすることを助ける。   Timing   is   important   さらに重要なことは   あなたが何をするかだけではなく   何時それをするかである。例えば   あなたがバレーボールをサービスする場合に   あなたは空中にボールを投げることによって始める。さてあなたは手でそれを打つ最善の瞬間を正確に待つ。もしあんまり早すぎて打つと   ボールは空中に飛んで行ってしまう。もしあまり長く待ち過ぎると   ボールはネットにぶつかる。あなたのタイミングが正確である時のみ   バレーボールであなたがそれを行ないたいことができる。   戒律を実行する場合にも同じことが真である。もしあなたがあんまり早くそれを必要とする前に実行すると   決して来ないかもしれない結果を待つというように   それは空中に止ってします。病気でない友人を病気訪問することを想像してみなさい-----あなたはこう言わないだろうか?「ちょうど今わたしはあなたを訪問している   それは将来ある時に   あなたが気分がすぐれない時に   わたしが遠くからやってきてあなたを訪問しなければならないのがいやだから」   あるいは   盲目の女性が通りを横切りたいと思う前に   彼女が横切るのを助けることを想像してみなさい。彼女は横切った時に感謝を表わし   そしてこう言ったとする   「私が本当に通りの反対側に行きたかったのですか?」あまりにも遅く戒律を実行することは   また   大きく役に立たない。慈善を施す前に   人が餓えて死んでしまうまで待つことは   ほとんど戒律としては数えられない。すでに4年前に死んだ愛する人を失った人を慰めることは   彼が必要な時に彼を慰めると同様な効果を持つことはできない。   戒律とその戒律の実行は正しいタイミングを要求する。そしてタイミングの良いセンスを習得することは   我々の宗教的な知覚の発展において   重要な部分を演じる。こつを習得することは   戒律を行なうための正しい時を知るようになることを含む。何時しゃべり   そして何時黙るか。   The   hour   of   anger   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は我々が他人により敏感になるような4つの方法を話した:最初は   怒っている人をなだめることを含む。2番目は   喪に服している人に慰めをもたらすことを扱う。3番目は   誓いを立てている人にいかに対応するかを扱う。そして4番目は   我々がこの章を始めたところの主題に我々を戻す----当惑させるという話題に。   最初に   シメオンは言った   「あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはなりません。」   (Avot   4:23)   人が怒の道に行く時   もし彼が善き人であれば   彼の知恵は彼から離れる。もし彼が預言者であれば   彼の預言の力は彼から離れる。そしてもし彼に対する偉大さが天によって認められていた時でさえも   怒る人は誰であれそれ(偉大さ)を失う。   (Pesahim   66b)   激怒と怒は   人の中に深く食い込む   まわりのあらゆるものが酸っぱく変わるまで。怒の発作の中で人は   長く後悔するであろうことを言うであろう。誰かがあなたに怒っている時は   あなたが謝罪することが良い   「soft   answer」を与えるために。差分をつぎ当てするよう試みるのが良い   しかしタイミングとこつが必須である。シメオンは我々に警告した   怒りの頂点にいる人に謝罪したり言い訳しないように   なぜならば彼はその時に「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」によってのみ制御されているからである。   「地獄の全ての部門は一人の怒りの男が支配している」   (Nedarim   22a)   その代わりに待ちなさい。あなたの現われる時を選びなさい   その怒りの人から激怒が消えた時を。もしあなたがあまり早すぎて来ると   あなたの出現が彼をもっと怒らせるだけであり   そしてそれはあなたが望むこととはちょうど反対である。   一方   もしあなたがあまり長く待ち過ぎると   怒っていた人はあなたに対して恨みを持つようになる。彼は心の中であなたを嫌うことを覚えるかもしれない。なぜならば怒った人は   「もっともっと愚鈍(stupid)になっている」   (Nedarim   22b)   Seeking   and   receiving   forgiveness   あなたは恨みを持った人々との幾つかの経験があるかもしれない。あなたが何度も何度も謝罪した後でさえ   彼らはあなたが悪いことをしたあらゆることをなお憶えており   あなたを敵と考えている。ラビたちは教えた:   戒律は言う   「あなたは心の中であなたの兄弟を嫌ってはならない。」なぜならば人は考えるかもしれない   「私は彼を殴ってはいけない   あるいは彼を打ってはいけない   あるいは彼をののしってはいけない。(しかし私はなお彼を敵として嫌うことは出来る)」それゆえに戒律は言う   「あなたは心の中で」   (Arachin   16b)   あなたが心から謝罪した後で   そしてあなたが起こしたかもしれないどんな損失も   埋め合わせした後に   もう一人の人があなたを許すことを拒否する時   その時はその人に罪がある。   たとえ彼が侮辱をした他の人に彼が支払をしたとしても   彼は神によって許されてはいない   彼が侮辱をした人から許しを求めるまでは。もし彼が他人を許さないならば   その人は無慈悲と呼ばれる。   (Mishnah   Baba   Kamma   8:7)   我々は他の人に心の中のものを制御することはできない。彼だけが自分の心を制御できる。しかし我々はなお許しを求め   我々の敵を友人に向けることができる希望を求めなければならない。我々が悪い時にこれをすればするほど   我々はもっと多くの友人を持つようになり   我々の共同社会はより良くなるであろう。   時々   ラビは言った   議論で我々が正しいと考えた時でさえ   我々は屈服すべきである。もし重要な議論でないのであれば   正しいことによって勝つよりは平和の方がより重要である。そして我々があまりのも頑固なために恨みが成長することがよくある。不一致で分離するよりも   我々が少しかがむ方が良い。   In   the   hour   of   death   ラビ・シメオンはまた忠告した   「彼の死が彼の前に横たわっている」時に   我々は彼に慰めを提供すべきではない。喪に服している人を慰めることは戒律である。しかし愛する人が死んだまさにその時には   その喪に服している人は私的な深い悲しみと嘆きの時間を持つ権利を持っている。我々はあまりにも早まって慰めようとすべきではない   なぜならば我々は彼をもっと悲しく嘆くようにさせてしまうだけだからである。   この種のこつについてはヨブ記の中から引用される   ヨブの愛する人たちがを死んだ時に   ヨブの三人の友人が彼を慰めようとやって来た。   さてヨブの三人の友人は   ヨブにふりかかった悪の一部始終を聞くと   彼を慰めようとそれぞれの国からやって来た。....彼らは七日七晩   ヨブと共に座っていたが   誰も話しかけることはできなかった   なぜならば彼らはヨブの苦痛が激しいのを見たので。   (ヨブ記2:11-13)   その三人はヨブの気分に対してとても敏感であったので   彼らは実際に七日七晩待った!その最後の時に   「ヨブがしゃべった」。そしてこれが   彼らにとってヨブを慰めるに適切な時であるという彼らの合図であった。   死に直面しては   我々が言えることはほとんどない。時々我々ができる最もよいこつは   ただ黙って座っていることである。ただ我々が居ることが   苦しんでいる人に良い効果をもつことができる。なぜならば   死は共同社会から人の最後の離別である   そしてその別離はとても耐えることが困難である。   ラビ・シメオンは敏感な人の気持ちを表現した。死は開いている傷のようである。   「彼の死が彼の前に横たわっている時」   人は苦しまなければなりません。そして我々は苦しみを許すほど十分に機転がなければなりません。   「ヨブ記」について   聖書の中でも   「ヨブ記」が言わんとしている深い意味を理解するのは難かしいのですが   少し紹介します。   ヨブ記1:1-3   ヨブは正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きていた。   七人の息子と三人の娘をもち   東の国一番の富豪であった。   ヨブ記1:6-12   ある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   サタンは言った   「ヨブが   利益もないのに神を敬うでしょうか。あなたは彼とその一族   全財産を守っておられるではありませんか。彼の手の業をすべて祝福なさいます。おかげで   彼の家畜はその地に溢れるほどです。   ひとつこの辺で   御手を伸ばして彼の財産に触れてごらんなさい。面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンに言われた   「それでは   彼のものを一切お前のいいようにしてみるがよい」   ヨブ記1:18-21   ヨブのもとに召使がやってきて言った   「御報告いたします。   御長男のお宅で   御子息   御息女のみなさまが宴会を開いておられました。すると   荒れ野から大風が吹きつけ   家が倒れ   若い方々は死んでしまわれました」ヨブは立ち上がり   衣を裂き   地にひれ伏した。「主は与え   主は奪う。主の御名はほめたたえられよ」   このような時でも   ヨブは神を非難することはなく   罪を犯さなかった。   ヨブ記2:1-6   またある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   主はサタンは言われた   「お前はわたしの僕ヨブに気づいたか。地上に彼ほどの者はいまい。無垢な正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きている。   お前は理由もなく   わたしをそそのかして彼を破滅させようとしたが   彼はどこまでも無垢だ」サタンは答えた   「皮には皮を   と申します。まして命のためには全財産を差し出すものです。   手を伸ばして彼の骨と肉に触れてごらんなさい。   面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンは言われた   「それでは   彼をお前のいいようにするがよい」   ヨブ記2:7-10   サタンはヨブに手を下し   頭のてっぺんから足の裏までひどい皮膚病にかからせた。   彼の妻は言った   「どこまでも無垢でいるのですか。神を呪って死ぬほうがましでしょう」   ヨブは答えた   「お前まで愚かなことを言うのか。   わたしたちは   神から幸福をいただいたのだから   不幸もいただこうではないか」   このようになっても   神を唇をもって罪を犯すことをしなかった。   ヨブ記2:11   さてヨブと親しいの三人の友人がヨブにふりかかった災難の一部始終を聞くと   見舞い慰めようと相談して   それぞれの国からやって来た。   ヨブ記2:13   彼らは七日七晩   ヨブと共に地面に座っていたが   その激しい苦痛を見ると   話しかけることもできなかった。   ヨブ記3:1   やがてヨブは口を開き   自分が生まれた日を呪って言った。「わたしの生まれた日は消えうせよ。.......   In   the   time   of   vow   ラビ・シメオンが誓いをしている時に見ていることを   我々の近代的な観点から理解することのより困難さは重要である。「彼の誓いの時間には彼に質問しないように」   シメオンは言った。   我々はこれを一般的な方法で理解できる:   人々が強い気持ちで一生懸命でそれがとても強く   それについて何かをすることを誓う時には   意見を言ったり議論せずに   我々は普通彼らの誓いを通すべきである。   普通   我々は人々に彼らの約束を維持してもらいたいと望んでいる   しかし我々が急いで約束をして   そしてそれをした後で後悔する時がよくある。シメオンがおそらく意味したことは   人ができないような約束をしたのを我々が聞いた時に   彼に質問をすべきではないということである。我々の質問は当惑させることになるかもしれない。それらはその人に   彼が本当にはしたくないことをさせるように強いるかもしれない。   もし我々がただ黙り続けることが全てより良いのである。それがこの場合のなすべき機転である。   例えば   友人が彼のための約束を忘れた理由で   「もう両親を決して信用しないと約束する」   というのをあなたが聞いたとしよう。あなたはその時にこんな質問をすべきではない:「あなたがもう両親を決して信用しない   というのは確かなの?」「もしあなたの両親でなければ   ほかの誰を信用できるの?」これらの質問はあなたの友人を当惑させるだけである。彼の誓いは怒り   あるいは急い状態の中で為された種類のものであり   それは本当には正直で真実なものを意味してはいない。   そんな時は少なくとも   あなたはそれを聞き過ごすべきである   たとえもしあなたがそれに不一致であろうとも。   In   the   hour   of   embarrassment   ラビ・シメオンのその最後の忠告は   「彼が不名誉な時間には彼を見ないように努力しなさい」   ここでシメオンは   うわさ話として進んでいる事をがつがつ見るような   機転のない人の話をしている。   ある人々は   他人について「悪い言葉」を広げて   他人を困惑させるの好きである。   しかし   Judaism   は我々に   各々の人間は貴重であり   神のイメージで造られていると教えている。   それでシメオンは   他の人を困惑させることを   人の精神を殺す種類のものとして見ている。   我々が公衆で困惑させられる時はいつでも   我々の中で血が反応を示す。ある善き人が教えた....:もし誰かが彼の隣人を公衆で恥をかかせると   それは彼が血を流すようなものである。   ラブ・ナフマンは答えた   すなわちこう言われている:顔の赤い血が退き   そして人が青ざめたように白さがやって来る   我々は知ることができるからである。   (Baba   Metzia   58b)   もしあなたがいかに困惑されているか感じることについて考えるとき   故意ではなくあながた何かをしたために   あるいはたまたまあなたに起こった何かのために   困惑がいかに深く傷つけるかあなたは知る。そこで   特に   我々が他の人々に敏感であることが必要である。ここに   また   タイミングとこつが重要である。   少女たちが   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女をからかった。   そんな少女たちは残酷である。   しかし少女が   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女を慰めた。   そんな少女は   また残酷である   たとえ同じ方法ではないけれども。   からかった彼女たちは邪悪な方法で残酷である。   彼女たちの行動は「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」の行動である。   しかし   あまりにも早く慰めようとした彼女は   困惑させることを通して残酷である。   彼女は善い意味だけれども   彼女の行動は悪いタイミングであった:   それは機転がない。彼女は宗教的な知覚を使うことに失敗したのである。   あなたが友人に対して   いかにすまないかと感じていることを   彼に走っていって振り向いて告げる前に   あなたが本当にするかもしれないことが   本当に彼を助けることになるであろうかと   最初にあなた自身に質問すべきである。   さもなければ   あなたの「Yetzer   Tov(善の衝動)」を通してあなたが本当に行動していないで   あなたの「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」を通して行動している   ということをあなたは見つけるかもしれない。   あなたの悪いタイミングが故意で残酷である   とあなたは見つけるであろう。   あなたはちょうど比較によって「大きく」見えたかったのかもしれない。   すなわちこれが   なぜシメオンが我々に   彼の不名誉な時間に」その友人を見ないようにと警告したかの理由である。   それは機転がなく   害がある。   そして   それは我々の現実の目的を忘れてしまう方法である。   その目的   ゴールとは   各々の人間は誰もがいかに重要であるか   我々の全てに対して平和がいかに大きく意味があるか   それを我々が思い出すことである。   我々のすべてが平等に造られている   そして我々の各々が唯一で価値がある   ということをただ知るだけでは十分ではない。   毎日の扱いについて   お互いに対して敏感であることを我々は学ばなければなりません。これをするために   我々は戒律を実行するタイミングを学ばなければならない   我々が物事を為されるべき時に正しい方法でするために。   正しい時間に正しい態度で物事を行なうことは   我々がこつと呼ぶところのものである。   我々が機転がある時   彼らを慰め支援することで我々の戒律は他人を助ける。   特に   緊張の時には   我々の情緒が興奮している時   ----   我々が怒っている時   我々が愛する人の死の喪に服している時   我々が急いで約束した時   我々が我々自身の行動によって困惑している時   ----   我々のまわりの人々   友人そして我々が愛する家族   の支援以上のものを我々は必要とする。   他人がそんな緊張を経験している時   彼らに対して良い友人であり   そしてまた親密な家族であることを   我々は同じく学ばなければなりません。   我々の宗教的な知覚を通して   我々は彼らを助ける最善の方法を見つける努力をすべきである   言葉によって   行動によって   あるいは沈黙のいずれかによって。   我々が何をしようとも   我々はより良い共同社会の我々のゴールの視点を   失ってはならない。   我々の行動は   我々自身   我々の友人   そして我々の親類を   ユダヤ人の生活の平和の流れにできるだけ早く戻す方向になされるべきである   そうすれば全体の共同社会が一つの家族として一緒に働くことができるようになる。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「タルムード」「感受性の価値」 「イスラエルのヤハウェ信仰の回復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「タルムード」 「The value of sensitivity : 感受性の価値」 「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」 紀元前926 イスラエル王国が 南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム) 北イスラエル王国(10部族首都サマリア) に分裂 紀元前722 北イスラエル王国が アッシリアに滅ぼされる (列王記下16~17章)   (失われた10部族) 北王国の10部族は アッシリアに虜囚されて滅亡した。 (文書は残されていない。) アッシリアの政策で異民族と混ざる。 紀元前640 ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年 (列王記下22~23章)(暦代誌下34章) 予言者エレミア登場 紀元前625頃  新バビロニア王国建国 紀元前609 メギドの戦い(アッシリアの没落で エジプトと新バビロニアが争う) ユダはバビロニアの支配下で、 バビロニアのヨシヤ王が エジプト軍との戦いで戦死。 (列王記下23:29、歴代誌下35:20~24) 紀元前598 新バビロニア王国ネブカドネザル2世が エルサレムを包囲。 ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。 第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17) 預言者エゼキエルも共に捕囚 バビロニア時代 紀元前586~538 名前がない極めて有能な預言者 仮に第三のイザヤが 神ヤハウェの信仰と エルサレムの未来について導く。 (イザヤ書 56章~66章) ペルシャ時代 紀元前538~333 第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から 紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間 紀元前586 エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。 第2次バビロン捕囚 (列王記下25章) 神殿破壊され廃墟になる これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。 (エレミヤ書25:11) 南ユダ王国新バビロニアの属州にる 紀元前582 第3次バビロン捕囚(745人) 紀元前538 ペルシャ帝国によるバビロン崩壊 ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。 イスラエルの民が帰還 紀元前515 ペルシャ王クロス2世の勅令で 捕囚から帰還した民が神殿を再建 (エズラ記6章) 第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成 (暦代誌下36章) ペルシャ国内が混乱していたため エルサレムでヤハウェ信仰と 神殿の礼拝を認めて、 かつて衝突していた サマリア人、アラブ人などの 周辺諸部族と混ざって行ったが、 特にサマリア人貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係が結ばれて行き ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。 エズラがバビロニア捕囚が終わっても 帰還が果たせぬまま バビロニアを滅ぼした ペルシャ帝国の寛容な政策で エズラがイスラエルの民でも ペルシャの高官になることができた。 このことから、 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第7年5月に「ソーフエール」 =書記(律法学者)の称号の エズラが、王から免税特権を与えられて バビロニアの力エルサレムに来たが、 ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して エルサレムの祭司に サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の縁戚関係を 離別させようとした「エズラ記10章」 がエルサレム民族共同体の説得に 失敗して13年間エルサレムを離れました。 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第20年紀元前445年に ペルシャ宮廷の 捕囚民出身の高官の ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して、 神殿の城壁を修復して、 「安息日の遵守」 「1/10の税の神政共同体の維持」 「エルサレムの人口の調整」 「下級祭司とレビ人の 給与の支払いの保障」 「サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係の離別」 を断行して エルサレムに戻ったエズラが 「モーセの律法(五書)」 を読み上げた。 こうしてユダヤ人共同体の 社会改革(エヘミヤ記13章) トーラー(モーセ五書)を 聖典とするユダヤ教が確立しました。 * 「詩編、箴言(しんげん)」 「コヘレトの言葉(伝道の書)」 「雅歌」 「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」 がございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.25. 17:55
視聴回数:7625回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「タルムード」   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」   紀元前926   イスラエル王国が   南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム)   北イスラエル王国(10部族首都サマリア)   に分裂   紀元前722   北イスラエル王国が   アッシリアに滅ぼされる   (列王記下16~17章)   (失われた10部族)   北王国の10部族は   アッシリアに虜囚されて滅亡した。   (文書は残されていない。)   アッシリアの政策で異民族と混ざる。   紀元前640   ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年   (列王記下22~23章)(暦代誌下34章)   予言者エレミア登場   紀元前625頃   新バビロニア王国建国   紀元前609   メギドの戦い(アッシリアの没落で   エジプトと新バビロニアが争う)   ユダはバビロニアの支配下で   バビロニアのヨシヤ王が   エジプト軍との戦いで戦死。   (列王記下23:29   歴代誌下35:20~24)   紀元前598   新バビロニア王国ネブカドネザル2世が   エルサレムを包囲。   ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。   第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17)   預言者エゼキエルも共に捕囚   バビロニア時代   紀元前586~538   名前がない極めて有能な預言者   仮に第三のイザヤが   神ヤハウェの信仰と   エルサレムの未来について導く。   (イザヤ書   56章~66章)   ペルシャ時代   紀元前538~333   第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から   紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間   紀元前586   エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。   第2次バビロン捕囚   (列王記下25章)   神殿破壊され廃墟になる   これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。   (エレミヤ書25:11)   南ユダ王国新バビロニアの属州にる   紀元前582   第3次バビロン捕囚(745人)   紀元前538   ペルシャ帝国によるバビロン崩壊   ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。   イスラエルの民が帰還   紀元前515   ペルシャ王クロス2世の勅令で   捕囚から帰還した民が神殿を再建   (エズラ記6章)   第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成   (暦代誌下36章)   ペルシャ国内が混乱していたため   エルサレムでヤハウェ信仰と   神殿の礼拝を認めて   かつて衝突していた   サマリア人   アラブ人などの   周辺諸部族と混ざって行ったが   特にサマリア人貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係が結ばれて行き   ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。   エズラがバビロニア捕囚が終わっても   帰還が果たせぬまま   バビロニアを滅ぼした   ペルシャ帝国の寛容な政策で   エズラがイスラエルの民でも   ペルシャの高官になることができた。   このことから   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第7年5月に「ソーフエール」   =書記(律法学者)の称号の   エズラが   王から免税特権を与えられて   バビロニアの力エルサレムに来たが   ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して   エルサレムの祭司に   サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の縁戚関係を   離別させようとした「エズラ記10章」   がエルサレム民族共同体の説得に   失敗して13年間エルサレムを離れました。   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第20年紀元前445年に   ペルシャ宮廷の   捕囚民出身の高官の   ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して   神殿の城壁を修復して   「安息日の遵守」   「1/10の税の神政共同体の維持」   「エルサレムの人口の調整」   「下級祭司とレビ人の   給与の支払いの保障」   「サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係の離別」   を断行して   エルサレムに戻ったエズラが   「モーセの律法(五書)」   を読み上げた。   こうしてユダヤ人共同体の   社会改革(エヘミヤ記13章)   トーラー(モーセ五書)を   聖典とするユダヤ教が確立しました。     「詩編   箴言(しんげん)」   「コヘレトの言葉(伝道の書)」   「雅歌」   「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」   がございます。   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   sensitivity」   Sensitivity   Keeping   the   group   together   A   full-time   task   Sensitivity   is   sensible   Timing   is   important   The   hour   of   anger   Seeking   and   receiving   forgiveness   In   the   hour   of   death   In   the   time   of   vow   In   the   hour   of   embarrassment   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った。あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはならない   そして死人が彼の前に横たわっている時に彼を慰めてはならない   そして彼が誓いを立てている時に彼に質問してはならない   そして恥ずかしい思いをしている時に彼を見ようとしないように。   (Avot   4:18)   Sensitivity   あなたが特別な秘密を友人に告げて   そして彼があなたの知らない誰かにそれを話したという最初の時をきっとあなたは憶えているでしょう。あなたの友人があなたを当惑させた理由によって   あなたは彼を「wicked」とさえ呼んだかもしれない。   あるいは   おそらくあなたがあるゲームの試合で上手でなかったので   両軍が組み直されあなたがその最後に選ばれた人になり   そして選んでいる選手があなたに陰うつに言った   「おれが思うに   お前はおれの側だよね!」それはチームで最も弱い連結として考えられていることで   正確にあなたを良い気持ちにさせない。   我々の全てはこの種の瞬間をもっている   そして我々の全てはまた他人を時々当惑させている   たとえ故意にではないとしても(そして時々我々は目的をもってまさに故意に他人を当惑させる)。実際に   いかにして他人を当惑させないか   を人は学ばなければならない。これを学ぶことは自然には出来ないのである。   我々は   何が他人を傷つけるか   に敏感であるようには生まれていない。我々は我々自身を訓練しなければならない   いかに他人が傷つくかを学ぶという観点で   それによって我々が他人を傷つけるのを避けるために。そして   もちろん我々のグループは   他人へより多く敏感であるように学ぶことを助ける点で   大きなくいを持っている。   Keeping   the   group   together   グループがしなければいけない   と我々が言ったところのものの一つは   一緒に留まることである。そのメンバーが互いに一緒に暮らさない理由で   もしそのグループが壊れ始めるならば   そのグループは共にいるという感じを失い   そしていずれは解散してしまう。   このことは我々が属している他のグループと同じように   我々のユダヤ人グループにも真である。ユダヤ人共同社会の場合は   そのくいはたいへん高い。もしその共同社会が解散すれば   各々の人は一人での残される;一緒に生活する目的は消え去り   より完全な社会になるように   そしてより良い世界を作ることに向けて   我々が一緒に作ってきたところの全ての前進は失われる。   それでラビたちは   あなたが「何を」するかだけでなく   あなたが「いつ」行なうべきか   そして他人に向けて「いかに」振る舞うべきか   というもっと困難な質問についてとても関心をもった。互いに対して敏感であることは我々を一緒に留める助けとなるであろうと彼らは我々に教えた。   A   full-time   task   互いに対して敏感であることはフルタイムの仕事である。我々が長い間一緒に親密に生活している時でさえ   それはより簡単になることはない。それはほとんどいつでも難しい。例えば   あなたの家族を取り上げてみよう。   あなたが属する他のどんなグループよりも長く   あなたは家族と一緒に生活してきた。ユダヤ人の家族は一緒に親密に   各家族を小さなユダヤ人の人々にして維持するようラビたちがそんなに強く強調しているのは   この理由のためである。   なおも   そして全て   兄弟あるいは姉妹に親切であったと思い出すのが難しい。   我々が自然に嫉妬深い時が何度もある。(ヨセフの物語そして彼の好みの服   彼の兄弟の全てがいかに嫉妬していたか   あなたは思い出すかもしれない。)   我々が両親を困惑させる時が何度もある   両親が我々を困惑させる時が何度もあると同様に。(友人があなたの家で夜を過ごす時に   「あなた」の就寝時刻にあなた方二人が寝なければならないことを思い出すかもしれない。)あなたの両親は他の全ての両親と違っているために   他の両親がそんなに重要であると考えていないような事を   あなたの両親は時々あなたにやらせることがあるかもしれない。それであなたの家族は   敏感な方法で他人と一緒に生活することがいかに難しいかという一つの良い例なのである。   Sensitivity   is   sensible   しかし他人に敏感になるようにやってみることは良いセンスを作る。我々の勉強を通して   全ての種類の支援においていかに多くお互いに依存しているか我々は見てきた。我々の家族は   世話   食物     そして愛を我々に与えている   たとえ他の誰もが与えない時でさえ。そしてユダヤ人民は一種の拡張された家族である----我々ユダヤ人の共同社会は   家族を持っていない人々を世話し   そして家族を持っている人々さえ世話する。我々は共同社会を一緒に築き   そして敏感さは建築の煉瓦の一つである。   それで   病人を訪れることは一つの戒律である。喪に服している人々を慰めることは一つの戒律である。怒っている人を平静に戻すことは一つの戒律である。慈善を与えることは一つの戒律である。必要な時に人を助けることは一つの戒律である。捕虜の身代金を支払うことは一つの戒律である。そして   これらの戒律を実行することは愛の一つの行動   敏感な人の行動である。この行動は   我々の共同社会を強くすること   そして我々人々を密接に一緒にすることを助ける。   Timing   is   important   さらに重要なことは   あなたが何をするかだけではなく   何時それをするかである。例えば   あなたがバレーボールをサービスする場合に   あなたは空中にボールを投げることによって始める。さてあなたは手でそれを打つ最善の瞬間を正確に待つ。もしあんまり早すぎて打つと   ボールは空中に飛んで行ってしまう。もしあまり長く待ち過ぎると   ボールはネットにぶつかる。あなたのタイミングが正確である時のみ   バレーボールであなたがそれを行ないたいことができる。   戒律を実行する場合にも同じことが真である。もしあなたがあんまり早くそれを必要とする前に実行すると   決して来ないかもしれない結果を待つというように   それは空中に止ってします。病気でない友人を病気訪問することを想像してみなさい-----あなたはこう言わないだろうか?「ちょうど今わたしはあなたを訪問している   それは将来ある時に   あなたが気分がすぐれない時に   わたしが遠くからやってきてあなたを訪問しなければならないのがいやだから」   あるいは   盲目の女性が通りを横切りたいと思う前に   彼女が横切るのを助けることを想像してみなさい。彼女は横切った時に感謝を表わし   そしてこう言ったとする   「私が本当に通りの反対側に行きたかったのですか?」あまりにも遅く戒律を実行することは   また   大きく役に立たない。慈善を施す前に   人が餓えて死んでしまうまで待つことは   ほとんど戒律としては数えられない。すでに4年前に死んだ愛する人を失った人を慰めることは   彼が必要な時に彼を慰めると同様な効果を持つことはできない。   戒律とその戒律の実行は正しいタイミングを要求する。そしてタイミングの良いセンスを習得することは   我々の宗教的な知覚の発展において   重要な部分を演じる。こつを習得することは   戒律を行なうための正しい時を知るようになることを含む。何時しゃべり   そして何時黙るか。   The   hour   of   anger   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は我々が他人により敏感になるような4つの方法を話した:最初は   怒っている人をなだめることを含む。2番目は   喪に服している人に慰めをもたらすことを扱う。3番目は   誓いを立てている人にいかに対応するかを扱う。そして4番目は   我々がこの章を始めたところの主題に我々を戻す----当惑させるという話題に。   最初に   シメオンは言った   「あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはなりません。」   (Avot   4:23)   人が怒の道に行く時   もし彼が善き人であれば   彼の知恵は彼から離れる。もし彼が預言者であれば   彼の預言の力は彼から離れる。そしてもし彼に対する偉大さが天によって認められていた時でさえも   怒る人は誰であれそれ(偉大さ)を失う。   (Pesahim   66b)   激怒と怒は   人の中に深く食い込む   まわりのあらゆるものが酸っぱく変わるまで。怒の発作の中で人は   長く後悔するであろうことを言うであろう。誰かがあなたに怒っている時は   あなたが謝罪することが良い   「soft   answer」を与えるために。差分をつぎ当てするよう試みるのが良い   しかしタイミングとこつが必須である。シメオンは我々に警告した   怒りの頂点にいる人に謝罪したり言い訳しないように   なぜならば彼はその時に「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」によってのみ制御されているからである。   「地獄の全ての部門は一人の怒りの男が支配している」   (Nedarim   22a)   その代わりに待ちなさい。あなたの現われる時を選びなさい   その怒りの人から激怒が消えた時を。もしあなたがあまり早すぎて来ると   あなたの出現が彼をもっと怒らせるだけであり   そしてそれはあなたが望むこととはちょうど反対である。   一方   もしあなたがあまり長く待ち過ぎると   怒っていた人はあなたに対して恨みを持つようになる。彼は心の中であなたを嫌うことを覚えるかもしれない。なぜならば怒った人は   「もっともっと愚鈍(stupid)になっている」   (Nedarim   22b)   Seeking   and   receiving   forgiveness   あなたは恨みを持った人々との幾つかの経験があるかもしれない。あなたが何度も何度も謝罪した後でさえ   彼らはあなたが悪いことをしたあらゆることをなお憶えており   あなたを敵と考えている。ラビたちは教えた:   戒律は言う   「あなたは心の中であなたの兄弟を嫌ってはならない。」なぜならば人は考えるかもしれない   「私は彼を殴ってはいけない   あるいは彼を打ってはいけない   あるいは彼をののしってはいけない。(しかし私はなお彼を敵として嫌うことは出来る)」それゆえに戒律は言う   「あなたは心の中で」   (Arachin   16b)   あなたが心から謝罪した後で   そしてあなたが起こしたかもしれないどんな損失も   埋め合わせした後に   もう一人の人があなたを許すことを拒否する時   その時はその人に罪がある。   たとえ彼が侮辱をした他の人に彼が支払をしたとしても   彼は神によって許されてはいない   彼が侮辱をした人から許しを求めるまでは。もし彼が他人を許さないならば   その人は無慈悲と呼ばれる。   (Mishnah   Baba   Kamma   8:7)   我々は他の人に心の中のものを制御することはできない。彼だけが自分の心を制御できる。しかし我々はなお許しを求め   我々の敵を友人に向けることができる希望を求めなければならない。我々が悪い時にこれをすればするほど   我々はもっと多くの友人を持つようになり   我々の共同社会はより良くなるであろう。   時々   ラビは言った   議論で我々が正しいと考えた時でさえ   我々は屈服すべきである。もし重要な議論でないのであれば   正しいことによって勝つよりは平和の方がより重要である。そして我々があまりのも頑固なために恨みが成長することがよくある。不一致で分離するよりも   我々が少しかがむ方が良い。   In   the   hour   of   death   ラビ・シメオンはまた忠告した   「彼の死が彼の前に横たわっている」時に   我々は彼に慰めを提供すべきではない。喪に服している人を慰めることは戒律である。しかし愛する人が死んだまさにその時には   その喪に服している人は私的な深い悲しみと嘆きの時間を持つ権利を持っている。我々はあまりにも早まって慰めようとすべきではない   なぜならば我々は彼をもっと悲しく嘆くようにさせてしまうだけだからである。   この種のこつについてはヨブ記の中から引用される   ヨブの愛する人たちがを死んだ時に   ヨブの三人の友人が彼を慰めようとやって来た。   さてヨブの三人の友人は   ヨブにふりかかった悪の一部始終を聞くと   彼を慰めようとそれぞれの国からやって来た。....彼らは七日七晩   ヨブと共に座っていたが   誰も話しかけることはできなかった   なぜならば彼らはヨブの苦痛が激しいのを見たので。   (ヨブ記2:11-13)   その三人はヨブの気分に対してとても敏感であったので   彼らは実際に七日七晩待った!その最後の時に   「ヨブがしゃべった」。そしてこれが   彼らにとってヨブを慰めるに適切な時であるという彼らの合図であった。   死に直面しては   我々が言えることはほとんどない。時々我々ができる最もよいこつは   ただ黙って座っていることである。ただ我々が居ることが   苦しんでいる人に良い効果をもつことができる。なぜならば   死は共同社会から人の最後の離別である   そしてその別離はとても耐えることが困難である。   ラビ・シメオンは敏感な人の気持ちを表現した。死は開いている傷のようである。   「彼の死が彼の前に横たわっている時」   人は苦しまなければなりません。そして我々は苦しみを許すほど十分に機転がなければなりません。   「ヨブ記」について   聖書の中でも   「ヨブ記」が言わんとしている深い意味を理解するのは難かしいのですが   少し紹介します。   ヨブ記1:1-3   ヨブは正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きていた。   七人の息子と三人の娘をもち   東の国一番の富豪であった。   ヨブ記1:6-12   ある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   サタンは言った   「ヨブが   利益もないのに神を敬うでしょうか。あなたは彼とその一族   全財産を守っておられるではありませんか。彼の手の業をすべて祝福なさいます。おかげで   彼の家畜はその地に溢れるほどです。   ひとつこの辺で   御手を伸ばして彼の財産に触れてごらんなさい。面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンに言われた   「それでは   彼のものを一切お前のいいようにしてみるがよい」   ヨブ記1:18-21   ヨブのもとに召使がやってきて言った   「御報告いたします。   御長男のお宅で   御子息   御息女のみなさまが宴会を開いておられました。すると   荒れ野から大風が吹きつけ   家が倒れ   若い方々は死んでしまわれました」ヨブは立ち上がり   衣を裂き   地にひれ伏した。「主は与え   主は奪う。主の御名はほめたたえられよ」   このような時でも   ヨブは神を非難することはなく   罪を犯さなかった。   ヨブ記2:1-6   またある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   主はサタンは言われた   「お前はわたしの僕ヨブに気づいたか。地上に彼ほどの者はいまい。無垢な正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きている。   お前は理由もなく   わたしをそそのかして彼を破滅させようとしたが   彼はどこまでも無垢だ」サタンは答えた   「皮には皮を   と申します。まして命のためには全財産を差し出すものです。   手を伸ばして彼の骨と肉に触れてごらんなさい。   面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンは言われた   「それでは   彼をお前のいいようにするがよい」   ヨブ記2:7-10   サタンはヨブに手を下し   頭のてっぺんから足の裏までひどい皮膚病にかからせた。   彼の妻は言った   「どこまでも無垢でいるのですか。神を呪って死ぬほうがましでしょう」   ヨブは答えた   「お前まで愚かなことを言うのか。   わたしたちは   神から幸福をいただいたのだから   不幸もいただこうではないか」   このようになっても   神を唇をもって罪を犯すことをしなかった。   ヨブ記2:11   さてヨブと親しいの三人の友人がヨブにふりかかった災難の一部始終を聞くと   見舞い慰めようと相談して   それぞれの国からやって来た。   ヨブ記2:13   彼らは七日七晩   ヨブと共に地面に座っていたが   その激しい苦痛を見ると   話しかけることもできなかった。   ヨブ記3:1   やがてヨブは口を開き   自分が生まれた日を呪って言った。「わたしの生まれた日は消えうせよ。.......   In   the   time   of   vow   ラビ・シメオンが誓いをしている時に見ていることを   我々の近代的な観点から理解することのより困難さは重要である。「彼の誓いの時間には彼に質問しないように」   シメオンは言った。   我々はこれを一般的な方法で理解できる:   人々が強い気持ちで一生懸命でそれがとても強く   それについて何かをすることを誓う時には   意見を言ったり議論せずに   我々は普通彼らの誓いを通すべきである。   普通   我々は人々に彼らの約束を維持してもらいたいと望んでいる   しかし我々が急いで約束をして   そしてそれをした後で後悔する時がよくある。シメオンがおそらく意味したことは   人ができないような約束をしたのを我々が聞いた時に   彼に質問をすべきではないということである。我々の質問は当惑させることになるかもしれない。それらはその人に   彼が本当にはしたくないことをさせるように強いるかもしれない。   もし我々がただ黙り続けることが全てより良いのである。それがこの場合のなすべき機転である。   例えば   友人が彼のための約束を忘れた理由で   「もう両親を決して信用しないと約束する」   というのをあなたが聞いたとしよう。あなたはその時にこんな質問をすべきではない:「あなたがもう両親を決して信用しない   というのは確かなの?」「もしあなたの両親でなければ   ほかの誰を信用できるの?」これらの質問はあなたの友人を当惑させるだけである。彼の誓いは怒り   あるいは急い状態の中で為された種類のものであり   それは本当には正直で真実なものを意味してはいない。   そんな時は少なくとも   あなたはそれを聞き過ごすべきである   たとえもしあなたがそれに不一致であろうとも。   In   the   hour   of   embarrassment   ラビ・シメオンのその最後の忠告は   「彼が不名誉な時間には彼を見ないように努力しなさい」   ここでシメオンは   うわさ話として進んでいる事をがつがつ見るような   機転のない人の話をしている。   ある人々は   他人について「悪い言葉」を広げて   他人を困惑させるの好きである。   しかし   Judaism   は我々に   各々の人間は貴重であり   神のイメージで造られていると教えている。   それでシメオンは   他の人を困惑させることを   人の精神を殺す種類のものとして見ている。   我々が公衆で困惑させられる時はいつでも   我々の中で血が反応を示す。ある善き人が教えた....:もし誰かが彼の隣人を公衆で恥をかかせると   それは彼が血を流すようなものである。   ラブ・ナフマンは答えた   すなわちこう言われている:顔の赤い血が退き   そして人が青ざめたように白さがやって来る   我々は知ることができるからである。   (Baba   Metzia   58b)   もしあなたがいかに困惑されているか感じることについて考えるとき   故意ではなくあながた何かをしたために   あるいはたまたまあなたに起こった何かのために   困惑がいかに深く傷つけるかあなたは知る。そこで   特に   我々が他の人々に敏感であることが必要である。ここに   また   タイミングとこつが重要である。   少女たちが   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女をからかった。   そんな少女たちは残酷である。   しかし少女が   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女を慰めた。   そんな少女は   また残酷である   たとえ同じ方法ではないけれども。   からかった彼女たちは邪悪な方法で残酷である。   彼女たちの行動は「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」の行動である。   しかし   あまりにも早く慰めようとした彼女は   困惑させることを通して残酷である。   彼女は善い意味だけれども   彼女の行動は悪いタイミングであった:   それは機転がない。彼女は宗教的な知覚を使うことに失敗したのである。   あなたが友人に対して   いかにすまないかと感じていることを   彼に走っていって振り向いて告げる前に   あなたが本当にするかもしれないことが   本当に彼を助けることになるであろうかと   最初にあなた自身に質問すべきである。   さもなければ   あなたの「Yetzer   Tov(善の衝動)」を通してあなたが本当に行動していないで   あなたの「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」を通して行動している   ということをあなたは見つけるかもしれない。   あなたの悪いタイミングが故意で残酷である   とあなたは見つけるであろう。   あなたはちょうど比較によって「大きく」見えたかったのかもしれない。   すなわちこれが   なぜシメオンが我々に   彼の不名誉な時間に」その友人を見ないようにと警告したかの理由である。   それは機転がなく   害がある。   そして   それは我々の現実の目的を忘れてしまう方法である。   その目的   ゴールとは   各々の人間は誰もがいかに重要であるか   我々の全てに対して平和がいかに大きく意味があるか   それを我々が思い出すことである。   我々のすべてが平等に造られている   そして我々の各々が唯一で価値がある   ということをただ知るだけでは十分ではない。   毎日の扱いについて   お互いに対して敏感であることを我々は学ばなければなりません。これをするために   我々は戒律を実行するタイミングを学ばなければならない   我々が物事を為されるべき時に正しい方法でするために。   正しい時間に正しい態度で物事を行なうことは   我々がこつと呼ぶところのものである。   我々が機転がある時   彼らを慰め支援することで我々の戒律は他人を助ける。   特に   緊張の時には   我々の情緒が興奮している時   ----   我々が怒っている時   我々が愛する人の死の喪に服している時   我々が急いで約束した時   我々が我々自身の行動によって困惑している時   ----   我々のまわりの人々   友人そして我々が愛する家族   の支援以上のものを我々は必要とする。   他人がそんな緊張を経験している時   彼らに対して良い友人であり   そしてまた親密な家族であることを   我々は同じく学ばなければなりません。   我々の宗教的な知覚を通して   我々は彼らを助ける最善の方法を見つける努力をすべきである   言葉によって   行動によって   あるいは沈黙のいずれかによって。   我々が何をしようとも   我々はより良い共同社会の我々のゴールの視点を   失ってはならない。   我々の行動は   我々自身   我々の友人   そして我々の親類を   ユダヤ人の生活の平和の流れにできるだけ早く戻す方向になされるべきである   そうすれば全体の共同社会が一つの家族として一緒に働くことができるようになる。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード」「ユダヤ教の本質と道徳」「神の手立てと人格と人の心」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ユダヤ教の本質と道徳」 「神の手立てと人格と人の心」 Does Judaism Have An Essence ? 「ユダヤ教には本質があるのか?」 God's First Questions Other Biblical And Rabbinic Views Of ... An ancient rabbinic tradition teaches ... Additonal Statements of Judaism's Essence God's First Questions 神の最初の質問 from The Talmud 個々の人は、天国の法廷の前に審判のために連れて来られた時に、その人は質問される:あなたは、あなた(の仕事)の業務を正直に営みましたか?あなたは、トーラの勉強のために規則的に時間をさきましたか?あなたは、子供たちを持つことで働きましたか?あなたは、世界のあがないを期待しましたか? [ --- Babylonian Talmud, Shabbat 31a ] 最初の質問 天国で問われる最初の質問は、「あなたは神を信じましたか?」、または、「全ての儀式を守りましか?」ではなく、「仕事で正直でしたか?」であることに注目しなさい。不幸にも、道徳の第一位を主張している多くのテキストにもかかわらず、ほとんどのユダヤ人は儀式を守ることが宗教的であると単純に連想している。ユダヤ人の共同体を通して、「だれそれは宗教的なユダヤ人であるのか?」と質問する時、その応答はいつでもその人の宗教的な法律の遵守に基づいている:「彼(または彼女)はコーシェル(Kosher)を守り、安息日を守っている。彼は宗教的だ」あるいは、「彼女はコーシェルを守らないし、安息日を守っていない。彼女は宗教的でない」そんな応答から、ユダヤ教は道徳的な振る舞いを「余分な教科の活動」、望ましい何かであるがしかし基本的でないとみなしていると、人は容易に結論してしまうであろう。タルムードの節は明らかに、道徳がユダヤ教の核心であると主張している。 神の最初の関心は人の品格である。 2番目の質問 トーラの勉強に関する。なぜならばユダヤ教はトーラを学ぶことを通して人は完全に道徳的である方法を学ぶ。 3番目の質問 子供たちを持つことから来る。(子無しの人々は養子をとることで可能である)Rabbi Irving Greenbergは書いた:家族を育てることは、「次の世代のための世界を完全にする夢と、仕事を進めるための戒律の義務」を果たす。 4番目の質問 完全さへの希望とそれに向けた仕事である。 最初の3つの質問は「微視的な問題」を話しかけている。各個人に排他的に話しかけられたユダヤ教で十分であったかもしれない。しかし、ユダヤ人はまた人々の一部であり、より広い世界の一部であり、そしてユダヤ教はユダヤ人の人々に「tikkun olam」、つまり世界の修繕(あるいは完全)をもたらす助けをする義務を負っている。「Ethics of Fathers 2:21(アボット)」の中でしばしば引用される節に、Rabbi Tarfon は教えている: 「(世界を完全にする)仕事を完成させるのはあなたの義務ではない、しかし(あなたができる全てをすることを)断念する自由はまたあなたにはない」 このタルムードの節についての一つの最後の考え。ユダヤ人の子供が生まれる時に提供される祈りは、その子がその最初の3つの質問に肯定的に応答することができるように、という希望を表現している:トーラを愛し、そして良い行ないを実現するようにと、両親がこの子(息子あるいは娘)に吹き込んで大人に育てるように、そして両親が彼(または彼女)を結婚式の天蓋に導くように。 この祈りは、少女に対して、そして少年に対して割礼の時に、シナゴーグあるいは他の有名な式典で朗唱される。私の友人、Rabbi Irwin Kula、は書いた:4つ目の質問は、すべての割礼式で準備されている「kisei eliyahu(エリヤの椅子)」を通して言及されている。ユダヤ人の伝統では、エリヤ(Elijah)は世界のあがないを先導する預言者である。 Other Biblical And Rabbinic Views Of What Matters Most To God 聖書の預言者やタルムードのユダヤ教の偉大な人物たちは、また、道徳的な振る舞いが人類に対する神の主要な要求である、という観点を表現してきた。  

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.13. 17:34
視聴回数:4631回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ユダヤ教の本質と道徳」   「神の手立てと人格と人の心」   Does   Judaism   Have   An   Essence   ?   「ユダヤ教には本質があるのか?」   God's   First   Questions   Other   Biblical   And   Rabbinic   Views   Of   ...   An   ancient   rabbinic   tradition   teaches   ...   Additonal   Statements   of   Judaism's   Essence   God's   First   Questions   神の最初の質問   from   The   Talmud   個々の人は   天国の法廷の前に審判のために連れて来られた時に   その人は質問される:あなたは   あなた(の仕事)の業務を正直に営みましたか?あなたは   トーラの勉強のために規則的に時間をさきましたか?あなたは   子供たちを持つことで働きましたか?あなたは   世界のあがないを期待しましたか?   [   ---   Babylonian   Talmud   Shabbat   31a   ]   最初の質問   天国で問われる最初の質問は   「あなたは神を信じましたか?」   または   「全ての儀式を守りましか?」ではなく   「仕事で正直でしたか?」であることに注目しなさい。不幸にも   道徳の第一位を主張している多くのテキストにもかかわらず   ほとんどのユダヤ人は儀式を守ることが宗教的であると単純に連想している。ユダヤ人の共同体を通して   「だれそれは宗教的なユダヤ人であるのか?」と質問する時   その応答はいつでもその人の宗教的な法律の遵守に基づいている:「彼(または彼女)はコーシェル(Kosher)を守り   安息日を守っている。彼は宗教的だ」あるいは   「彼女はコーシェルを守らないし   安息日を守っていない。彼女は宗教的でない」そんな応答から   ユダヤ教は道徳的な振る舞いを「余分な教科の活動」   望ましい何かであるがしかし基本的でないとみなしていると   人は容易に結論してしまうであろう。タルムードの節は明らかに   道徳がユダヤ教の核心であると主張している。   神の最初の関心は人の品格である。   2番目の質問   トーラの勉強に関する。なぜならばユダヤ教はトーラを学ぶことを通して人は完全に道徳的である方法を学ぶ。   3番目の質問   子供たちを持つことから来る。(子無しの人々は養子をとることで可能である)Rabbi   Irving   Greenbergは書いた:家族を育てることは   「次の世代のための世界を完全にする夢と   仕事を進めるための戒律の義務」を果たす。   4番目の質問   完全さへの希望とそれに向けた仕事である。   最初の3つの質問は「微視的な問題」を話しかけている。各個人に排他的に話しかけられたユダヤ教で十分であったかもしれない。しかし   ユダヤ人はまた人々の一部であり   より広い世界の一部であり   そしてユダヤ教はユダヤ人の人々に「tikkun   olam」   つまり世界の修繕(あるいは完全)をもたらす助けをする義務を負っている。「Ethics   of   Fathers   2:21(アボット)」の中でしばしば引用される節に   Rabbi   Tarfon   は教えている:   「(世界を完全にする)仕事を完成させるのはあなたの義務ではない   しかし(あなたができる全てをすることを)断念する自由はまたあなたにはない」   このタルムードの節についての一つの最後の考え。ユダヤ人の子供が生まれる時に提供される祈りは   その子がその最初の3つの質問に肯定的に応答することができるように   という希望を表現している:トーラを愛し   そして良い行ないを実現するようにと   両親がこの子(息子あるいは娘)に吹き込んで大人に育てるように   そして両親が彼(または彼女)を結婚式の天蓋に導くように。   この祈りは   少女に対して   そして少年に対して割礼の時に   シナゴーグあるいは他の有名な式典で朗唱される。私の友人   Rabbi   Irwin   Kula   は書いた:4つ目の質問は   すべての割礼式で準備されている「kisei   eliyahu(エリヤの椅子)」を通して言及されている。ユダヤ人の伝統では   エリヤ(Elijah)は世界のあがないを先導する預言者である。   Other   Biblical   And   Rabbinic   Views   Of   What   Matters   Most   To   God   聖書の預言者やタルムードのユダヤ教の偉大な人物たちは   また   道徳的な振る舞いが人類に対する神の主要な要求である   という観点を表現してきた。   from   The   Bible   彼はあなた方に言った。おお人よ   何が良いことであり何があなた方への主の要求であるか:ただ   正義を行なうこと   良いことを愛すること   そしてあなた方の神と共に控えめに歩くこと。   [   ミカ書   6:8   ]   ---   紀元前8世紀   このように主が言った。知恵において   知恵がある方の光栄でないように。資産において   金持ちの光栄でないように。しかし   人はただ私     への熱望的な愛において光栄であるべきだ。なぜならば     主は親切   正義そして平等をもって世界の中で行動するからである。なぜならば   これらの中で私が喜ぶからである。   [   エレミア書   9:22-23   ]   ---   紀元前6世紀   預言者ミカと同様に   預言者エレミアは   神に楽しみを与える振る舞うの3つのタイプを列挙している。エレミアの場合は   親切   正義そして平等。   from   The   Talmud   (シャマイとヒレルは彼らの時代の2つの指導的なラビであった)シャマイの前に   一人の異教徒がやって来て   そして彼に言った   「もし私が片足で立っている間に   トーラ全部を私に教えて   私をユダヤ教に改宗しなさい」シャマイは   彼の頭に建築者の棒をもって追いやった。その異教徒はヒレルの前にやって来た時に   ヒレルは彼を改宗させて言った   「あなたが嫌なことをあなたの隣人にしてはいけない。これがトーラの全てである。その残りは注解である   さぁ行って学びなさい。」   [   ---   Babylonian   Talmud   Shabbat   31a   ]   ---   紀元の始めの少し前   タルムードのユダヤ教の偉大な人物の一人ヒレルが   この道徳的な原則を受け入れるという基本において非ユダヤ人を喜んで改宗したということは確かに   道徳的な振る舞いがユダヤ教の本質を構成していることを証明している。   (これはプロテスタント(抗議派)の原則主義者が自称「改宗の受け入れ」を主張しているのと同じ方法。イエスキリストが人間の罪を贖って死んだ神の子であった   ということをクリスチャンの本質として見ているところのものを受け入れること)   ヒレルがこの道徳的な原則を認めているように   これがトーラの全てである。   重要なことは   ヒレルがその男にトーラを学び始めることを命令していること   なぜならばこの「注解」を学ぶことによってのみ   その男はユダヤ教の教えを実行することができるから。   ヒレルの後   1世紀後   偉大な学者で彼の時代の先生であったラビはユダヤ教の道徳の卓越を繰り返した:「あなた自身のようにあなたの隣人を愛しなさい(レビ記19:18)」これがトーラの主要な原則である。   [   ---   Palestinian   Talmud   Nedarim   9:4   ]   ---   紀元第2世紀   預言者ミカ   預言者エレミア   そしてラビは全て   神に最も重要である特別な「方法」を見つけることに関心を持っていた。その一方で   ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイは   その実践が良い生活を導くということを保証する傾向がある「人格の特性」を分離することに関心を持っていた:彼(ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイ)は   彼ら(五人の優れた学生)に言った:「どれが人間が従うべき最善の方法か行って見つけなさい」   Rabbi   Eliezer   は言った   「良い親切な目を(人は持つべきである)」   Rabbi   Joshua   は言った   「良い友人(であるべきである)」   Rabbi   Yossi   は言った   「良い隣人(であるべきである)」   Rabbi   Simeon   は言った   「彼の行動の未来の影響を予知する人」   Rabbi   Elazar   は言った   「良い心を(人は持つべきである)」   彼(ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイは彼らに)言った:「私はあなた方にElazar   の言葉を好む   なぜならば彼の言葉の中に   あなた方が含まれるからである」   [   ---   Ethics   of   Fathers   2:9   ]   ---   紀元第1世紀   An   ancient   rabbinic   tradition   teaches   ラビの伝統は教えている   トーラには613の法律がある。(トーラそれ自身はその数を決して示していない)ある有名なタルムードの節は   最も本質的なものがどれかを判読することを試みている。Rabbi   Simlai   は教えた:   モーゼから613の戒律   「モーゼから613個の戒律を表わされた。365が否定の戒律で   ...   248が肯定の戒律で...」   ダビデが11の原則に   「ダビデ(詩編の著者)が来て   彼が613の戒律を要約して11個の(道徳的な)原則にまとめた」   主よ   どのような人があなたの幕屋に滞在し   あなたの聖なる山に住むことができますか?   (1)   非難がなく生活する人   (2)   正しい行ないをする人   (3)   彼の心に真実を話す人   (4)   彼の舌が詐欺を言わない人   (5)   彼の友人を傷つけていない人   (6)   彼の隣人(に対して彼の行動)を   非難することを耐えている人   (7)   卑劣な人に対しては大嫌いな人   (8)   主を畏れる人々を尊敬する人   (9)   彼に不利である時でさえ   彼の誓いを守る人   (10)   決して利息のために金を貸さない人   (11)   無実に対抗して賄賂を受け取らない人   [   詩編15:1-5   ]   原則の(3)   彼の心に真実を話す人   はどんな意味であるのか?彼(または彼女)にのみ知らされている時でさえ   そして実際の条件では不利であっても   その真実に従う人を言及している。タルムードの注解者は   Rabbi   Safra   の場合を引用している:ある日   そのラビが「聞けイスラエルよ」という祈り(Sh'ma)を繰り返していた時   ある男が彼の事務所に入ってきて   ラビが売っている品物を注文した。   Rabbi   Safra   は彼の祈りを中断することを望まなかったので   何も言わなかった。その自称売買人は   その沈黙を拒否として解釈した   そして彼の注文金額を何度も高めていった。Rabbi   Safra   が祈りを終えた時に   彼がなぜ黙っていたかを説明して   その最初の申し出の金額を受け入れた。彼が最初にそれを聞いた時に   彼はその品物をその金額で喜んで売るつもりでいたと説明した。   (そのタルムードの節はつづく)   イザヤが6の原則に   「イザヤがやって来た時に   彼は613の戒律を要約して6つの(道徳的な)原則にまとめた」   (1)   正しく歩む人   (2)   正直に話す人   (3)   詐欺の扱いからの利益を蹴飛ばす人   (4)   賄賂を取らずに手を振って拒む人   (5)   彼の耳を閉じて悪意のある言葉を聞かない人   (6)   悪を見ることに対抗して彼の目を閉じる人   [   イザヤ書   33:15-16   ]   (そのタルムードは次に)   ミカが3の原則に   すでに前に述べたように   ミカは613の戒律を要約して3つの原則にまとめた。   (1)   ただ   正義を行なうこと   (2)   良いことを愛すること   (3)   そしてあなた方の神と共に控えめに歩くこと。   [   ミカ書   6:8   ]   (その次には)   イザヤが2の原則に   イザヤ書の違った節に戻っている。   「彼は613の戒律を要約して2つの原則にまとめた」   (1)   正義を行なう   (2)   正しさ(あるいは慈善)の行ないを実行する   [   イザヤ書   56:1   ]   それから   アモスが戒律を一つの原則に要約したかどうかという短い論争が続く。   「私を探しなさい