PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

シャローム福音教会 2016年4月3日

宣教題「人に愛Ⅱ 木田師」Ⅰテモテ2:4~5

投稿者:サイト名 シャローム福音教会
投稿日時:2016.4.3. 19:29
視聴回数:373回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: church   shalom   教会   シャローム   イエス   キリスト   聖書   メッセージ   宣教  

サムネイル

シャローム福音教会 2015年8月30日

宣教題「平和をつくる者は幸い 木田師」マタイ5:9 イザヤ2:4

投稿者:サイト名 シャローム福音教会
投稿日時:2015.8.30. 22:48
視聴回数:501回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: church   shalom   教会   シャローム   イエス   キリスト   聖書   メッセージ   宣教  

サムネイル

シャローム福音教会 2015年4月26日

宣教題「人に愛③ 木田師」マタイ28:18~20、Ⅰテモテ2:4~5

投稿者:サイト名 シャローム福音教会
投稿日時:2015.4.26. 16:45
視聴回数:456回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: church   shalom   教会   シャローム   イエス   キリスト   聖書   メッセージ   宣教  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 21:23
視聴回数:5066回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 17:55
視聴回数:5031回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が それを許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 17:26
視聴回数:4940回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   それを許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはならない。( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。あなたは自分自身にこう質問する、「この人は私に公正でいるであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることによって一つの裁きをしている。あなたはこう質問する、「この人は良い親切な隣人であるのか、または彼はだましたり嘘をついたりするのか?」そしてあなたは一方あるいは他方を決心することによって裁きをする。あなたはこう質問する、「この人は私に公正でいるであろうか?」そして「yes or no」を裁くことによって答える。 あなたは裁判所での裁判官の服を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには良いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして 弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはならない。これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。 ◎In his place 我々が他の人の位置に我々自身を置く時、すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時、裁きはとても複雑になる。しかし、もし我々がこれをするならば、その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において、これはヨシュヤ(Joshua ben Perahyah)が心に思って、こう言った。 「全ての人々の気に入るように裁け」 (Avot 1:6) これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。結局、我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい、特に我々が行なう何かが正当な結果にならないような場合に。人間であることは、誤りをすることを含み、我々がやった誤りを通して学び、成長することを含む。我々の誤りのあらゆる一つが厳しく裁かれる時、我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので、我々の成長が妨げられてしまう。それで、我々が他の人々を好意をもって裁く時、 他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時、それが最善である。結局、これは、我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろう と我々が期待していることである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.5. 14:05
視聴回数:4970回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはならない。(   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。あなたは自分自身にこう質問する   「この人は私に公正でいるであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることによって一つの裁きをしている。あなたはこう質問する   「この人は良い親切な隣人であるのか   または彼はだましたり嘘をついたりするのか?」そしてあなたは一方あるいは他方を決心することによって裁きをする。あなたはこう質問する   「この人は私に公正でいるであろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことによって答える。   あなたは裁判所での裁判官の服を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには良いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして   弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはならない。これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にならないような場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆる一つが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろう   と我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセの物語のところに来た。マナセは偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセに生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『賢い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。マナセは真に賢い人であった   しかしラブ・アシは『賢い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセが本当に無知であるかのように。その夜   夢の中で   マナセがラブ・アシのところにやって来た。「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」マナセは聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセはあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤの王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセは答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。   事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)   これらをラブ・アシは学びました。   ◎Balancing   justice   真に他人の行動を理解すること   真に彼の位置にあなた自身を置いて想像することは   同情と慈悲を要求する。ベン・アザイ(Ben   Azzai)は少し違った方法でこれを言った。どの人も軽蔑せずに   そして不可能なものは無いと信じなさい。なぜならば   彼の時間を持っていない人はいないし   その場所を持っていない物はないからである。   (Avot   4:3)   人に正義をするために   我々は喜んで彼の靴で「1マイルを歩み」   彼を苦しめていることを学び   そして同情と思いやりをしなければならない。その時   正義と慈悲とは同じコインの両面である。両方が操作される時   社会は最善に奉仕し   最も公正に維持する。どっちか一方では共同体をだめにするが   しかし二つが一緒にになって平和をもたらす助けとなる。アボットの多くは裁きが行なわれるべき方法に関連している。しかし裁きの勉強は   法律家や裁判官になろうとする人たちだけのためにだけ意味があるのではない。いかに我々の友人を注意深く裁くか   いかに同じ裁きの行ないに於て慈悲深くあり   いかに我々の共同体社会が   神---(真実の裁きと全ての慈悲のお方)---のイメージで構築されるべきか   ということを我々の全てがより良く理解するために意味がある。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇「共同の責任」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「共同の責任」 ◎from The Talmud 全てのユダヤ人は、互いに責任がある。 [ ---Babylonian Talmud, Shevuot 39a ] この広く知られたタルムードの格言は、ユダヤ共同体社会の中での、広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に、互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は、「ah-reivin」、文字の意味は「保証人」、すなわち彼自身が、後援者として、名付け親として、借金の保証人として、他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は、聖書の中で、保証人のモデルである。エジプトで、彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに、残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば、食糧を売ってやろう通告する、そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。最初、他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし、カナンの飢饉が増大する時に、彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに、ユダが父ヤコブに言う: 私の世話でその少年を送らせて下さい。.... 私自身が彼の保証人となります。あなたは私に責任を持たせて下さい。もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。(創世記43:8-9) 後に、ユダは、単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が、ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは、ベニヤミンを奴隷として捕まえて、他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは、ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う: さあ、あなたの召し使いである私は、父にその少年の保証人となった、「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに、私を主人あなたの奴隷にして下さい、そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。(創世記44:32-33) 17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した、まさにその兄弟ユダの自発性、今度は、ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性、それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している、この私利を考えない振る舞いの報酬として、全てのユダヤ人はその後、ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で、ユダヤ人を「yehudi」という、これは彼の名前「Yehudah」から来ている)  ユダヤ人は、他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある、これに加えてこの格言はさらに、全てのユダヤ人は絶対的に、全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある、という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には、非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある、という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で、政治的に活動的なユダヤ人たちは、政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために、この文によって動機付けられている。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.5. 01:23
視聴回数:6721回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「共同の責任」   ◎from   The   Talmud   全てのユダヤ人は   互いに責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shevuot   39a   ]   この広く知られたタルムードの格言は   ユダヤ共同体社会の中での   広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に   互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は   「ah-reivin」   文字の意味は「保証人」   すなわち彼自身が   後援者として   名付け親として   借金の保証人として   他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は   聖書の中で   保証人のモデルである。エジプトで   彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに   残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば   食糧を売ってやろう通告する   そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。   最初   他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし   カナンの飢饉が増大する時に   彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに   ユダが父ヤコブに言う:   私の世話でその少年を送らせて下さい。....   私自身が彼の保証人となります。   あなたは私に責任を持たせて下さい。   もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。   (創世記43:8-9)   後に   ユダは   単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が   ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは   ベニヤミンを奴隷として捕まえて   他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは   ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う:   さあ   あなたの召し使いである私は   父にその少年の保証人となった   「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに   私を主人あなたの奴隷にして下さい   そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。   (創世記44:32-33)   17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した   まさにその兄弟ユダの自発性   今度は   ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性   それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している   この私利を考えない振る舞いの報酬として   全てのユダヤ人はその後   ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で   ユダヤ人を「yehudi」という   これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は   他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある   これに加えてこの格言はさらに   全てのユダヤ人は絶対的に   全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある   という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には   非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある   という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で   政治的に活動的なユダヤ人たちは   政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために   この文によって動機付けられている。   ◎from   The   Talmud   彼の町の人々を罪から....やめさせることが出来るのに   しない人は誰でも   ...彼の町の人々の罪対して責任がある。   もし彼が全世界を罪からやめさせることが出来るのに   しないならば   彼は全世界を罪に対して責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shabbat   54b   ]   このラビの観点から   個々の人々の行動はもしかしたら全世界の運命に影響を及ぼす:   我々のラビは教えた:   人はいつも   彼の良い行為と彼の悪の行為との間に等しいバランスがあるよう   彼自身を見るべきである。一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼は罪の方向に秤を傾けたからである。....   Rabbi   Elazar   ben   Simeon   は言った:   世界はその大多数のベースによって審判される   そして各個人は彼の行動の優勢のベースで審判される   それゆえに   一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼自身の好意と世界の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼自身に反対して   世界に反対して秤を傾けたからである。   [   ---Babylonian   Talmud   Kiddushin   40a-40b;   with   minor   vartions   I   have   followed   the   trnanslation   of   Ben   Zion   Bokser   The   Talmud:   Selected   Writings   pahe   173   ]   この文の光りで   ユダヤ人たちが罪で苦しめられた人々になったというのは   少々疑わしい!   back   to   this   page   top   Do   not   separate   yourself   from   the   community   共同体から離れてはいけない   ◎from   The   Fathers   共同体社会からあなた自身を分離してはいけない。   [   ---   Ethics   of   the   fathers   2:4   ]   上のことは   暗黙のうちに   他のユダヤ人たちに直面している問題から   彼らは免除されるであろうと信じるユダヤ人を批判している。エステル女王が「全てのユダヤ人を破滅するハマンの布告を取り消すために   アハシュエロス王に仲裁することは出来ない」   とモルデカイに言うとき   モルデカイは彼女に警告する:全てのユダヤ人の中の一人であるあなたが   王の宮殿の中にいるということによってあなたの生命は助かる   と想像してはいけない。反対に   もしあなたがこの危機の中で黙り続けるならば   他の方向から解放と救済がユダヤ人にやって来て   あなたと父の家は滅びるであろう。そしておそらく   ちょうどそんな危機のためにあなたは王宮の地位に到達した   と誰が知るであろうか?   (エステル記4:12-14)   もちろんエステルは仲裁し   そしてユダヤ人の民を救う。   ◎from   The   Mishneh   Torah   しかし   共同体社会から分離することの禁止は絶対的ではない。マイモニデスは警告している:もし人がいなかに住んでいて   その習慣が破壊的であり   その住民が正直な作法で行動していないならば   彼は人々が正義である地へ離れてそして   そして良い人々のように行動すべきである。   [   ---   Mishneh   Torah   "Laws   of   Character   Development   and   Ethical   Conduct   "   6:1   ]   しかし   一般にラビたちは   危機にある彼らの信者仲間から距離をおく人々に対して大いなる軽蔑を保持していた:共同体社会が困難にある時に   人はこう言うべきではない   「私は家に帰ろう   そして食べて飲んで自分は平和になろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   我々のラビは教えた:   ユダヤ人たちが困難に出会っていて   人が彼らから離れている時は   あらゆる人に同伴している2人の天使がその人にやって来て   手を彼の頭の上において   そして言う「共同体社会から自分を分離しているだれそれは   その救助に署名しない....共同体社会の苦悩を分かち合う人は   その救助に署名する利点があろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   モーゼは   彼の共同体社会の苦痛を彼自身が引受たユダヤ人の原形である。   (出エジプト記2:11-19)   彼はエジプト王の宮殿に住んでいたので   ヘブライ人の奴隷たちの苦しみを簡単に無視することができたのであるが   しかし   彼は親類のところに出て行き   彼らの労働を目撃した。そして彼が   ヘブライ人の奴隷を叩いているエジプト人の監督を見たときに   彼を打ち倒した。このことは   ヘブライ人たちを奴隷から解放するよう導くために   モーゼを任命することを神に確信させた   聖書の中で述べられている3つの出来事のうちの一つである。   (過ぎ越しの祭りの儀式で)邪悪な息子は   共同体社会から彼自身を閉めだしている(と指摘される)。   [   ---   Mekhilta   commenting   on   Exodus   13:8   ]   過ぎ越しの祭りの「ハガダ(儀式の本)」では   邪悪な息子はこう言う(と書かれている)   「この礼拝はあなたにとって何の意味があるのですか?」これは彼にとって何の意味もないのだ   ということが明白である。   ◎from   The   Talmud   ある断食において   どんなユダヤ人の罪人も参加していない   というのは断食ではない。   [   ---Babylonian   Talmud   Kritot   6b   ]   ユダヤ人の共同体社会は   罪人たちを閉めだしてしまうほどエリートには決してなるべきではない。このように   13世紀の   Rabbi   Meir   of   Rothenburg   が「Kol   Nidre」   ヨム・キプールの開始での祈り   への序言として今でも暗唱されている一つの決まり文句を創作した:神の認可をもって   そして会衆の認可をもって天の法廷で   地上の法廷で我々は   (ひどく)罪を犯した人々と一緒に祈ることが合法であると宣言する。私は   「ひどく(grievously)」という言葉を追加した   その理由は   それなしではその文章は意味がないからである。なぜならば誰もが幾らかの罪を犯していると想定しているため。   共同社会の規則を無視したために破門されているユダヤ人を特別に含めるために   Rabbi   Meir   がこの決まり文句を創作したことを   我々は知っている。   (参照   Saul   Weiss   Insights   page   212)   ◎from   The   Leviticus   Rabbah   数人の人々が船の中で座っていた   その時   彼らの一人がドリルを持って   船の座席の下に穴を掘る始めた。他の人々は彼に抗議した   「あなたは何をしているのか?」彼は答えた   「あなた方に何かしているのですか?私は自分の座席の下に穴を掘っているのではありませんか?」彼らは言い返した   「しかし水が入ってきて   そして我々みんなが溺れてしまう」(それがユダヤ人の運命。人は罪を犯し   そしてみんなが苦しむ)   [   ---   Leviticus   Rabbah   4:6   ]   少数として   ユダヤ人はしばしば最も煩わしい   あるいは邪悪なメンバーと一緒に   総体として識別されている。反共産主義者でもあり反ユダヤ主義者たちは   いつでもこのように   カール・マルクスはユダヤ人だと述べた。しかし彼は6才でキリスト教に改宗し   そして彼自身が厳しい反ユダヤ主義者であった。   (これは   第65章「Antisemitism」pages   472-473参照)   ソヴィエト連邦は   マルキストの原理で設立された政府であり   反ユダヤ主義者であった。   ◎from   The   Talmud   (3世紀の祈祷文   Rabbi   Hisda   が危険な旅に出発する時に暗唱した)   私の神   主よ   平和に私を導いて   私を歩ませ   私を励まし   私を敵から救い   道に待ち伏兵をおくというあなたの意志がありますように。私の手の仕事に祝福を送り   あなたの目と   私を見つめる全ての人々の目   にある親切と愛と慈悲を私に与えて下さい。人々の祈祷に耳を傾けてくださる主   あなたが祝福されますように。   (しかし   Abbaye   がその言葉に異議を申し立て   そしてコメントした)人は祈祷する時には   いつでも共同体と自分自身を結合させるべきである。人はいかに祈祷すべきであるか?我々の神   主よ   平和に我々を導いて   ....あなたの意志がありますよう。   [   ---Babylonian   Talmud   Berakhot   29b-30a   ]   ユダヤ人の祈祷書の中には   ほとんどどの祈祷者も   その最初の男のような暗唱をしていない。彼らはほとんどいつも複数で行なっている。なぜならば   もし最初の男のように人々が祈るならば   彼らの祈祷文は他の人に対抗するか   あるいは二者選択的に他の人の興味に対抗するようになるかもしれない。このように   ある人が彼が申し込んだ仕事を受け取る時に   実際には   彼はまた他の人の仕事が拒否されるように祈っていることになる。人々が複数で神に呼びかけるときにのみ   普遍的で有益であることに対して祈っているのである。最後に   共同体の経費で儲けている利己主義者は   彼らの貪欲のために最後に苦しむであろうと   ラビたちは教えている:我々のラビは教えた:男は   自分の土地から石ころを取り除いて   それらを公衆の土地に投げ捨てるべきではない。ある男が自分の庭からの石ころを公衆の土地に投げ捨ていた   その時に信心深い男が彼に言った   「おろかなことを   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」その男は彼を笑った。   時がたち   その男は彼の畑を売らなければならなくなった   彼が公衆の道を歩いていた時に   彼はこれらの石ころにつまずいた。彼はその時に言った   「あの信心深い男がいかによく話したか   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」   [   ---Babylonian   Talmud   Bava   Kamma   50b   ]  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナ・タルムード「アボット(Avot)」篇「共同の責任」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナ・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「共同の責任」 ◎from The Talmud 全てのユダヤ人は、互いに責任がある。 [ ---Babylonian Talmud, Shevuot 39a ] この広く知られたタルムードの格言は、ユダヤ共同体社会の中での、広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に、互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は、「ah-reivin」、文字の意味は「保証人」、すなわち彼自身が、後援者として、名付け親として、借金の保証人として、他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は、聖書の中で、保証人のモデルである。エジプトで、彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに、 残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば、食糧を売ってやろう通告する、そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。 最初、他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし、カナンの飢饉が増大する時に、彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに、ユダが父ヤコブに言う: 私の世話でその少年を送らせて下さい。.... 私自身が彼の保証人となります。 あなたは私に責任を持たせて下さい。 もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、 私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。 (創世記43:8-9) 後に、ユダは、単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が、ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは、ベニヤミンを奴隷として捕まえて、他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは、ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う: さあ、あなたの召し使いである私は、父にその少年の保証人となった、「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに、私を主人あなたの奴隷にして下さい、そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。 (創世記44:32-33) 17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した、まさにその兄弟ユダの自発性、今度は、ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性、それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している、この私利を考えない振る舞いの報酬として、全てのユダヤ人はその後、ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で、ユダヤ人を「yehudi」という、これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は、他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある、これに加えてこの格言はさらに、全てのユダヤ人は絶対的に、全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある、という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には、非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある、という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で、政治的に活動的なユダヤ人たちは、政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために、この文によって動機付けられている。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.4. 15:12
視聴回数:5375回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナ・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「共同の責任」   ◎from   The   Talmud   全てのユダヤ人は   互いに責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shevuot   39a   ]   この広く知られたタルムードの格言は   ユダヤ共同体社会の中での   広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に   互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は   「ah-reivin」   文字の意味は「保証人」   すなわち彼自身が   後援者として   名付け親として   借金の保証人として   他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は   聖書の中で   保証人のモデルである。エジプトで   彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに   残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば   食糧を売ってやろう通告する   そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。   最初   他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし   カナンの飢饉が増大する時に   彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに   ユダが父ヤコブに言う:   私の世話でその少年を送らせて下さい。....   私自身が彼の保証人となります。   あなたは私に責任を持たせて下さい。   もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。   (創世記43:8-9)   後に   ユダは   単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が   ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは   ベニヤミンを奴隷として捕まえて   他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは   ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う:   さあ   あなたの召し使いである私は   父にその少年の保証人となった   「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに   私を主人あなたの奴隷にして下さい   そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。   (創世記44:32-33)   17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した   まさにその兄弟ユダの自発性   今度は   ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性   それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している   この私利を考えない振る舞いの報酬として   全てのユダヤ人はその後   ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で   ユダヤ人を「yehudi」という   これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は   他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある   これに加えてこの格言はさらに   全てのユダヤ人は絶対的に   全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある   という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には   非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある   という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で   政治的に活動的なユダヤ人たちは   政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために   この文によって動機付けられている。   ◎from   The   Talmud   彼の町の人々を罪から....やめさせることが出来るのに   しない人は誰でも   ...彼の町の人々の罪対して責任がある。   もし彼が全世界を罪からやめさせることが出来るのに   しないならば   彼は全世界を罪に対して責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shabbat   54b   ]   このラビの観点から   個々の人々の行動はもしかしたら全世界の運命に影響を及ぼす:   我々のラビは教えた:   人はいつも   彼の良い行為と彼の悪の行為との間に等しいバランスがあるよう   彼自身を見るべきである。一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼は罪の方向に秤を傾けたからである。....   Rabbi   Elazar   ben   Simeon   は言った:   世界はその大多数のベースによって審判される   そして各個人は彼の行動の優勢のベースで審判される   それゆえに   一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼自身の好意と世界の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼自身に反対して   世界に反対して秤を傾けたからである。   [   ---Babylonian   Talmud   Kiddushin   40a-40b;   with   minor   vartions   I   have   followed   the   trnanslation   of   Ben   Zion   Bokser   The   Talmud:   Selected   Writings   pahe   173   ]   この文の光りで   ユダヤ人たちが罪で苦しめられた人々になったというのは   少々疑わしい!   back   to   this   page   top   Do   not   separate   yourself   from   the   community   共同体から離れてはいけない   ◎from   The   Fathers   共同体社会からあなた自身を分離してはいけない。   [   ---   Ethics   of   the   fathers   2:4   ]   上のことは   暗黙のうちに   他のユダヤ人たちに直面している問題から   彼らは免除されるであろうと信じるユダヤ人を批判している。エステル女王が「全てのユダヤ人を破滅するハマンの布告を取り消すために   アハシュエロス王に仲裁することは出来ない」   とモルデカイに言うとき   モルデカイは彼女に警告する:全てのユダヤ人の中の一人であるあなたが   王の宮殿の中にいるということによってあなたの生命は助かる   と想像してはいけない。反対に   もしあなたがこの危機の中で黙り続けるならば   他の方向から解放と救済がユダヤ人にやって来て   あなたと父の家は滅びるであろう。そしておそらく   ちょうどそんな危機のためにあなたは王宮の地位に到達した   と誰が知るであろうか?   (エステル記4:12-14)   もちろんエステルは仲裁し   そしてユダヤ人の民を救う。   ◎from   The   Mishneh   Torah   しかし   共同体社会から分離することの禁止は絶対的ではない。マイモニデスは警告している:もし人がいなかに住んでいて   その習慣が破壊的であり   その住民が正直な作法で行動していないならば   彼は人々が正義である地へ離れてそして   そして良い人々のように行動すべきである。   [   ---   Mishneh   Torah   "Laws   of   Character   Development   and   Ethical   Conduct   "   6:1   ]   しかし   一般にラビたちは   危機にある彼らの信者仲間から距離をおく人々に対して大いなる軽蔑を保持していた:共同体社会が困難にある時に   人はこう言うべきではない   「私は家に帰ろう   そして食べて飲んで自分は平和になろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   我々のラビは教えた:   ユダヤ人たちが困難に出会っていて   人が彼らから離れている時は   あらゆる人に同伴している2人の天使がその人にやって来て   手を彼の頭の上において   そして言う「共同体社会から自分を分離しているだれそれは   その救助に署名しない....共同体社会の苦悩を分かち合う人は   その救助に署名する利点があろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   モーゼは   彼の共同体社会の苦痛を彼自身が引受たユダヤ人の原形である。   (出エジプト記2:11-19)   彼はエジプト王の宮殿に住んでいたので   ヘブライ人の奴隷たちの苦しみを簡単に無視することができたのであるが   しかし   彼は親類のところに出て行き   彼らの労働を目撃した。そして彼が   ヘブライ人の奴隷を叩いているエジプト人の監督を見たときに   彼を打ち倒した。このことは   ヘブライ人たちを奴隷から解放するよう導くために   モーゼを任命することを神に確信させた   聖書の中で述べられている3つの出来事のうちの一つである。   (過ぎ越しの祭りの儀式で)邪悪な息子は   共同体社会から彼自身を閉めだしている(と指摘される)。   [   ---   Mekhilta   commenting   on   Exodus   13:8   ]   過ぎ越しの祭りの「ハガダ(儀式の本)」では   邪悪な息子はこう言う(と書かれている)   「この礼拝はあなたにとって何の意味があるのですか?」これは彼にとって何の意味もないのだ   ということが明白である。   ◎from   The   Talmud   ある断食において   どんなユダヤ人の罪人も参加していない   というのは断食ではない。   [   ---Babylonian   Talmud   Kritot   6b   ]   ユダヤ人の共同体社会は   罪人たちを閉めだしてしまうほどエリートには決してなるべきではない。このように   13世紀の   Rabbi   Meir   of   Rothenburg   が「Kol   Nidre」   ヨム・キプールの開始での祈り   への序言として今でも暗唱されている一つの決まり文句を創作した:神の認可をもって   そして会衆の認可をもって天の法廷で   地上の法廷で我々は   (ひどく)罪を犯した人々と一緒に祈ることが合法であると宣言する。私は   「ひどく(grievously)」という言葉を追加した   その理由は   それなしではその文章は意味がないからである。なぜならば誰もが幾らかの罪を犯していると想定しているため。   共同社会の規則を無視したために破門されているユダヤ人を特別に含めるために   Rabbi   Meir   がこの決まり文句を創作したことを   我々は知っている。   (参照   Saul   Weiss   Insights   page   212)   ◎from   The   Leviticus   Rabbah   数人の人々が船の中で座っていた   その時   彼らの一人がドリルを持って   船の座席の下に穴を掘る始めた。他の人々は彼に抗議した   「あなたは何をしているのか?」彼は答えた   「あなた方に何かしているのですか?私は自分の座席の下に穴を掘っているのではありませんか?」彼らは言い返した   「しかし水が入ってきて   そして我々みんなが溺れてしまう」(それがユダヤ人の運命。人は罪を犯し   そしてみんなが苦しむ)   [   ---   Leviticus   Rabbah   4:6   ]   少数として   ユダヤ人はしばしば最も煩わしい   あるいは邪悪なメンバーと一緒に   総体として識別されている。反共産主義者でもあり反ユダヤ主義者たちは   いつでもこのように   カール・マルクスはユダヤ人だと述べた。しかし彼は6才でキリスト教に改宗し   そして彼自身が厳しい反ユダヤ主義者であった。   (これは   第65章「Antisemitism」pages   472-473参照)   ソヴィエト連邦は   マルキストの原理で設立された政府であり   反ユダヤ主義者であった。   ◎from   The   Talmud   (3世紀の祈祷文   Rabbi   Hisda   が危険な旅に出発する時に暗唱した)   私の神   主よ   平和に私を導いて   私を歩ませ   私を励まし   私を敵から救い   道に待ち伏兵をおくというあなたの意志がありますように。私の手の仕事に祝福を送り   あなたの目と   私を見つめる全ての人々の目   にある親切と愛と慈悲を私に与えて下さい。人々の祈祷に耳を傾けてくださる主   あなたが祝福されますように。   (しかし   Abbaye   がその言葉に異議を申し立て   そしてコメントした)人は祈祷する時には   いつでも共同体と自分自身を結合させるべきである。人はいかに祈祷すべきであるか?我々の神   主よ   平和に我々を導いて   ....あなたの意志がありますよう。   [   ---Babylonian   Talmud   Berakhot   29b-30a   ]   ユダヤ人の祈祷書の中には   ほとんどどの祈祷者も   その最初の男のような暗唱をしていない。彼らはほとんどいつも複数で行なっている。なぜならば   もし最初の男のように人々が祈るならば   彼らの祈祷文は他の人に対抗するか   あるいは二者選択的に他の人の興味に対抗するようになるかもしれない。このように   ある人が彼が申し込んだ仕事を受け取る時に   実際には   彼はまた他の人の仕事が拒否されるように祈っていることになる。人々が複数で神に呼びかけるときにのみ   普遍的で有益であることに対して祈っているのである。最後に   共同体の経費で儲けている利己主義者は   彼らの貪欲のために最後に苦しむであろうと   ラビたちは教えている:我々のラビは教えた:男は   自分の土地から石ころを取り除いて   それらを公衆の土地に投げ捨てるべきではない。ある男が自分の庭からの石ころを公衆の土地に投げ捨ていた   その時に信心深い男が彼に言った   「おろかなことを   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」その男は彼を笑った。   時がたち   その男は彼の畑を売らなければならなくなった   彼が公衆の道を歩いていた時に   彼はこれらの石ころにつまずいた。彼はその時に言った   「あの信心深い男がいかによく話したか   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」   [   ---Babylonian   Talmud   Bava   Kamma   50b   ]  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.