PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

1205220035 BMW S1000RR Premium-Line.k

BMW初スーパースポーツS1000RR Premium-Line(2009年-2010年) WSBK(スーパーバイク世界選手権)初参戦マシンでもあるS1000RRは、新開発直列4気筒排気量999ccエンジンを搭載し、最高出力156ps/10,000rpm、最大トルク 110Nm/10,000rpmを発揮します。エアクリーナーボックス内の可変式インテークマニホールドや、エキゾースト内に設置された排気デバイスで、最適なトルクカーブによる優れたマシンコントロール特性と、マックスパワーの両立を実現しています。 エンジン出力特性を手元のスイッチで簡単に切り替えられる、「3+1」のエンジンモードを搭載、「レイン」・「スポーツ」・「レース」+サーキットでの使用に限定した「スリック」という4つのモードが組み込まれています、スリックモードにするにはライセンスプレートベースの取り外しや別途「コーディングプラグ」が必要です。 更にプレミアムラインでは、標準装備の「DTC + レースABS」を合わせた総合的なコントロールをマシンが自動的行ってくれます。 軽量アルミニウム燃料タンク、アルミニウム製薄型スイングアームなど、各所で軽量化の抜かりはありません。 足回りは、前後サスペンションのコンプレッションとリバウンドの設定がメインキーの先端部分を使って簡単に調整可能で、1~10までの目盛りも刻まれておりセッティングが一目両全です。ブレンポモノブロックブレーキキャリパーが採用され、エンジンの軽量コンパクト化で実現した592mmスイングアームを採用、クラストップレベルの長さとなっておりBMWの独自性が織り込まれた構成となっています。 DTC (ダイナミック・トラクション・コントロール)はホイールの空転を検知してエンジントルクを制御、レースABSは緻密なコントロールで、サーキットレベルの走りにも対応し、任意にABS機能を解除する事も可能です。 HPギアシフトアシスは、走行中のクラッチ操作無しでシフト操作が可能で、ライダーはより走りに集中する事が可能です。 サーキットレベルの走りに対応する安全装備、DTC + レースABS等を採用する所に、BMW 意気込みや理念をの現れです。 [カタログスペック] 全長×全幅×全高:2,056mm×826mm×1,138mm、 ホイールベース:1,432mm、シート高:820mm、ミッション:6速 車輌重量(満タン、走行可能状態):204kg (DTC、レースABSを含めて206.5kg) 燃料タンク容量:17.5L(内予備約4L)、燃料:無鉛プレミアムガソリン 燃費(90km/h走行時)ISOモード100km定速走行:17.5km/L 最高出力:115kW(156ps)/10,000rpm 最大トルク:110Nm/10,000rpm タイヤ:前 120/70 ZR17、後 190/55 ZR17 ココがお勧め "とてもキレイなワンオーナー車です。 距離も少なく新車で買ったと言っても誰も疑わないほどです。お買い得プライスでスタートしますので、是非お見逃し無く!" ライダー身長 167cm [掘出しバイクオークション]http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/

投稿者:サイト名 ikmotorcycle9
投稿日時:2012.6.11. 14:24
視聴回数:2350回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: BMW   S1000RR   vsCBR1000RR   YZF-R1   GSX-R1000   ZX-10R   スーパースポーツ   1000cc   輸入車   バイク王ダイレクトSHOP   掘出しバイクオークション   中古バイク販売   バイク王  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.