PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第4章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第4章』Judaism and study  ラビたちは三番目の方法を提出した、それはすべて三つの方法を含むと 彼らが考えているもの:勉強。  ベン・ゾーマ(Ben Zoma)は言った、  「誰が賢いか? 全ての人から学ぶ人である。すなわち、   わたしに教えた全ての先生から、わたしは理解する人になったのだ。」                             [ Avot 4:1 ] 「全てから学ぶ」というのはユダヤ人の価値である。 ラビたちはしばしば、いかに単純な人々が行動で賢い教えをしたか、 という物語を話した。 ラビ・ヨシュア(Rabbi Joshua)は昔、畑を通っている近道を見た時 その側の道を歩いていた。 その近道は他の旅人たちによって踏みならされた一つの小さな道であった。 彼がその畑を横切る道に入り始めた、しかし道の中央で彼は少女に会った。 「あなたはどこに行うと考えているのですか?」、と少女は言った。 「わたしはこの畑を横切って向こう側に行くのです」、と彼は答えた。 「これはわたしの父の畑です」、と彼女は彼に言った。 ラビは言った、 「わたしはすでに出来ている一本の道に従っているだけです。」 「そうです」、少女は言った、 「しかしその道は、作物をすでに害させてきたあなたのような他の人々 によって、作らてたのです。あなたは、彼らの足跡に従って、 邪悪をしようとするのですか?」  [ Erubin 53b ]  少女がラビ・ヨシュア・ベン・ハナニア(Rabbi Joshua ben Hananiah)に 教訓を教えたのに驚かされるばなりでなく、この物語がずっと記録され 我々に引き継いでいる!、このことに驚かされる。 言い換えれば、ラビたちは我々に二つのことを見せるために、 この物語を勉強させたかった: (1)人は他人に従って邪悪なことをすべきではない。 (2)人は(最も偉大なラビですら)誰からでも学ぶことができる。 ユダヤ人の勉強の目的は、もちろん、実行である --- ユダヤ人的に選択する芸術の中で。  ラビ・イシマエル(Rabbi Ishmael)は言った、  教えるために学ぶ者には、  天が彼に学ぶためと教えるための機会を許可するであろう。  しかし実行するために学ぶ者には、  天が彼に学ぶためと教えるためと、そして観察し実行するための機会を  許可するであろう。 [ Avot 4:6 ] 第4章 1。 ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているように すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99) 強い者とはどんな者のことでしょうか? その衝動を抑制するもの。なぜなら " 忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32) 豊か者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているとして その持分で喜んでいる者。なぜなら "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/ あなたはいかに恵まれてるものか。" (詩篇128:2)と言われてるからである。" あなたはいかに幸いなものか。 "はこの世においてである。" あなたはいかに恵まれてるものか。" は 来るべき世界を指す。 尊敬される物とはどんな者のことでしょうか? 他人を救う者。なぜなら " 私を重んずるものを私は重んじ 私を侮(あなず)らはす物を軽んずる "(サムエル上2:30)と言われてるからである。 2。 ベン・アッザイは言う 軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して 罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き 別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり 罪の報いは罪であるからである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.17. 17:32
視聴回数:4259回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot   第4章』Judaism   and   study   ラビたちは三番目の方法を提出した   それはすべて三つの方法を含むと   彼らが考えているもの:勉強。   ベン・ゾーマ(Ben   Zoma)は言った   「誰が賢いか?   全ての人から学ぶ人である。すなわち   わたしに教えた全ての先生から   わたしは理解する人になったのだ。」   [   Avot   4:1   ]   「全てから学ぶ」というのはユダヤ人の価値である。   ラビたちはしばしば   いかに単純な人々が行動で賢い教えをしたか   という物語を話した。   ラビ・ヨシュア(Rabbi   Joshua)は昔   畑を通っている近道を見た時   その側の道を歩いていた。   その近道は他の旅人たちによって踏みならされた一つの小さな道であった。   彼がその畑を横切る道に入り始めた   しかし道の中央で彼は少女に会った。   「あなたはどこに行うと考えているのですか?」   と少女は言った。   「わたしはこの畑を横切って向こう側に行くのです」   と彼は答えた。   「これはわたしの父の畑です」   と彼女は彼に言った。   ラビは言った   「わたしはすでに出来ている一本の道に従っているだけです。」   「そうです」   少女は言った   「しかしその道は   作物をすでに害させてきたあなたのような他の人々   によって   作らてたのです。あなたは   彼らの足跡に従って   邪悪をしようとするのですか?」   [   Erubin   53b   ]   少女がラビ・ヨシュア・ベン・ハナニア(Rabbi   Joshua   ben   Hananiah)に   教訓を教えたのに驚かされるばなりでなく   この物語がずっと記録され   我々に引き継いでいる!   このことに驚かされる。   言い換えれば   ラビたちは我々に二つのことを見せるために   この物語を勉強させたかった:   (1)人は他人に従って邪悪なことをすべきではない。   (2)人は(最も偉大なラビですら)誰からでも学ぶことができる。   ユダヤ人の勉強の目的は   もちろん   実行である   ---   ユダヤ人的に選択する芸術の中で。   ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)は言った   教えるために学ぶ者には   天が彼に学ぶためと教えるための機会を許可するであろう。   しかし実行するために学ぶ者には   天が彼に学ぶためと教えるためと   そして観察し実行するための機会を   許可するであろう。   [   Avot   4:6   ]第4章   1。   ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているように   すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99)   強い者とはどんな者のことでしょうか?   その衝動を抑制するもの。なぜなら   "   忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32)   豊か者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているとして   その持分で喜んでいる者。なぜなら   "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/   あなたはいかに恵まれてるものか。"   (詩篇128:2)と言われてるからである。"   あなたはいかに幸いなものか。   "はこの世においてである。"   あなたはいかに恵まれてるものか。"     来るべき世界を指す。   尊敬される物とはどんな者のことでしょうか?   他人を救う者。なぜなら   "   私を重んずるものを私は重んじ   私を侮(あなず)らはす物を軽んずる   "(サムエル上2:30)と言われてるからである。   2。   ベン・アッザイは言う   軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して   罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き   別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり   罪の報いは罪であるからである。   3。   彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし   またそのところを得ない者事物もないからである。   4。   ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は   人前で罰せられる。御名の冒涜は   過失であれ故意であれみな同じである。   5。彼の息子ラビ・イシュマエルは言う。教えるために学ぶものは   学びまた教えるための手だてを提供される。また実践されるために学ぶ者は   学び   教え   また遵守し実践するための手だてを提供される。   ラビ・ツァドクは言う。   6。   と言って使用されるラビYishmael息子:彼は教えるために学ぶ学習し   教えることの両方が有効になります。   しかし   実際に順番に学習し   彼は観察すること   教えること   そして練習し   学ぶために有効になります。   7。   律法を自分で殖やすための王冠作る   また   掘るための鍬としてそれを使用しないでください。ラビTzadokは言うために使用されます。   ヒレルが言って使用される:トーラーの王冠の世俗的な使用しています彼は滅びる。   したがって   あなたは律法の言葉を悪用するいずれかの生命の世界から自分を削除することを推論することがあります。   8。   ラビヨシは言うに使用される:彼は律法が人類によって名誉を彼自身である誰が栄誉。   律法をdishonors彼は彼自身が   人類が不渡りされなければならない。   9。   ラビYishmael息子は言った:彼は敵意   窃盗   偽証の裁判官のRID自身の事務所を遠ざかって誰。   彼は律法の問題で僭越ルールは   愚かな邪悪な   と傲慢です。   10。   一人ではない判断し   どれも一つを除いて単独で判断してはならないために:彼が言っていました。   そして   彼らはあなたを決定しないようにすることがあるため   "私の考えを受け入れない"と言う。   11。   ラビYonatanは言った:貧困の中で律法を満たしている彼は   最後には富でそれを満たさなければならない。   富に律法を無視し   彼は最終的に貧困でそれを無視しなければならない。   12。   ラビ・メイアは言った:ビジネスに少しを掛けますが   律法を自分で占有します。   すべての人の前に精神で謙虚である。   しかし   律法後のGdのあなたは労働力があなたを与えるために   豊富な報酬を持っている場合   それはあなたに自分自身を紹介します怠った律法は多くの原因を無視した場合。   13。   ラビエリエゼルベンヤコブは言っていた:1罪を犯した彼が彼自身に1つの告発を得ていながら   1命令を実行する彼は   自分自身に1つの支持者を獲得します。   懺悔と善行は罰に対するシールドのとおりです。   14。   ラビYochananはサンダルメ??ーカーは言った:神聖な目的のためにであるすべてのアセンブリは   最終的に確立しなければならない。   しかし   神聖な目的のためではない任意のアセンブリは   最終的に確立されてはならない。   15。   あなたの学生の名誉は   あなた自身のようにあなたのように貴重になりましょう   そしてあなたの教師敬意として同僚の名誉およびGdのあなたの畏敬の念など   先生に対する尊敬:ラビエラザールベンShammuaは言っていました。   16。   教育に注意して   故意の罪に金額を教えるのエラーのために:ラビユダは言っていました。   17。   ラビシモンは言うに使用:あり3冠です   -   トーラーの王冠   聖職者の冠と   王政の冠はなく   良い名前の冠は   それらすべてを凌駕しています。   18。   ラビNehoraiは言った:それはあなたの永久所有になるあなたの仲間であるために   律法の代わりに自発的な亡命として移動して   律法はあなたに従うことを言うことはありません。   あなた自身の理解に依存しないでください。   19。   ラビYannaiは言うに使用される:それは正しいの邪悪や悲しみのウェルビーイングを説明するために私たちの力ではありません。   20。   すべての人に挨拶の最初に:ラビMatyahベンChereshは言っていました。   ライオンの間で尾はなく   キツネに頭である。   21。   この世界は未来の世界への廊下のようなものです:ラビヤコブは言っていました。   あなたは宴会場に入ることが廊下に自分自身を準備します。   22。   また   彼は言う:世界の全ての生命が来るよりも懺悔とこの世界での善行の1時間です。   より良い   この世界のすべての生命よりも   世界に来るの精神的な休息の1時間です。   23。   ラビシモン・ベンエラザールは言っていた:彼の怒りの時にあなたの仲間をなだめる   また彼の死んだの嘘彼の前にしながら彼を慰めないでください。   彼の誓いの時に彼に質問しないでください。   自分の不名誉の時に彼を見ないようにしてください。   24。   サミュエル   "あなたの敵が倒れたときに喜ぶしないでください   彼らはつまずく   または他の主はそれを見て不快になる   と背を向ける時期あなたの心は喜んでさせない(箴言24:17-18)と言って使用される若い人そこから怒り。   "   25。   エリシャベンAvuyahは言うに使用される。子として学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は新しい紙に書かれたインクのようなものです。   老人のように学習し   彼は   彼は何が好きですか?   彼は紙をブロッティングに書かれたインクのようなものです。   26。   Kefar   HA-Bavliのラビヨシバーユダは言った:若いから学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は未熟なブドウやドリンク彼のワインを押してから新鮮なワインを食べるもののようです。   しかし   高齢者から学ぶ彼は   彼が好き何ですか?   彼は熟したブドウや飲み物昔のワインを食べるもののようです。   27。   ラビ・メイヤーは言うに使用:フラスコを見てはいけないが   何でそれで   昔のワインもその中に新しいワインを持っていない昔のフラスコがいっぱいです新しいフラスコがあるかもしれません。   28。ラビエレアザルHA-Kapparは言っていました。   嫉妬   欲望   野心   を人の世界から消します。   29。   彼はまた言って使用しました。生まれてきた彼らは   死ぬ運命にある。   死んでいる彼らは生きている行うことが運命づけられている。   住んでいると判断することが運命づけられている彼らは   その男性は知っているかもしれないと認識させると彼がG-dであることを理解し   彼は創作者であり   彼は創造主であり   彼はdiscernerですが   彼は裁判官であり   彼が証人であり   彼は訴追人   それは将来の裁判官には   祝福されたその存在が尊崇に値します。収賄もなく   彼になる神です。すべての神です。   すべてが計算によるとあることを知っています。   そして   あなたの邪悪な性質は   墓があなたの隠れ家になることを保証するものではありませましょう:自分の意思にかかわらずのためにあなたが作られ   自分自身の意思にかかわらず   あなたが生まれた   自分自身の意思にかかわらず   あなたは生き   そして自分自身の意思にかかわらず   あなたが死ぬと   自分自身の意思にかかわらず   あなたがに運命づけられているものである神   -   彼は祝福される王の至高王   -   聖なる者の前で申し開きと審判を行うことになってます。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 21:23
視聴回数:5660回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 17:55
視聴回数:5628回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が それを許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 17:26
視聴回数:5536回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   それを許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはならない。( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。あなたは自分自身にこう質問する、「この人は私に公正でいるであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることによって一つの裁きをしている。あなたはこう質問する、「この人は良い親切な隣人であるのか、または彼はだましたり嘘をついたりするのか?」そしてあなたは一方あるいは他方を決心することによって裁きをする。あなたはこう質問する、「この人は私に公正でいるであろうか?」そして「yes or no」を裁くことによって答える。 あなたは裁判所での裁判官の服を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには良いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして 弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはならない。これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。 ◎In his place 我々が他の人の位置に我々自身を置く時、すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時、裁きはとても複雑になる。しかし、もし我々がこれをするならば、その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において、これはヨシュヤ(Joshua ben Perahyah)が心に思って、こう言った。 「全ての人々の気に入るように裁け」 (Avot 1:6) これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。結局、我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい、特に我々が行なう何かが正当な結果にならないような場合に。人間であることは、誤りをすることを含み、我々がやった誤りを通して学び、成長することを含む。我々の誤りのあらゆる一つが厳しく裁かれる時、我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので、我々の成長が妨げられてしまう。それで、我々が他の人々を好意をもって裁く時、 他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時、それが最善である。結局、これは、我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろう と我々が期待していることである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.5. 14:05
視聴回数:5559回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはならない。(   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。あなたは自分自身にこう質問する   「この人は私に公正でいるであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることによって一つの裁きをしている。あなたはこう質問する   「この人は良い親切な隣人であるのか   または彼はだましたり嘘をついたりするのか?」そしてあなたは一方あるいは他方を決心することによって裁きをする。あなたはこう質問する   「この人は私に公正でいるであろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことによって答える。   あなたは裁判所での裁判官の服を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには良いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして   弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはならない。これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にならないような場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆる一つが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろう   と我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセの物語のところに来た。マナセは偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセに生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『賢い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。マナセは真に賢い人であった   しかしラブ・アシは『賢い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセが本当に無知であるかのように。その夜   夢の中で   マナセがラブ・アシのところにやって来た。「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」マナセは聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセはあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤの王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセは答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。   事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)   これらをラブ・アシは学びました。   ◎Balancing   justice   真に他人の行動を理解すること   真に彼の位置にあなた自身を置いて想像することは   同情と慈悲を要求する。ベン・アザイ(Ben   Azzai)は少し違った方法でこれを言った。どの人も軽蔑せずに   そして不可能なものは無いと信じなさい。なぜならば   彼の時間を持っていない人はいないし   その場所を持っていない物はないからである。   (Avot   4:3)   人に正義をするために   我々は喜んで彼の靴で「1マイルを歩み」   彼を苦しめていることを学び   そして同情と思いやりをしなければならない。その時   正義と慈悲とは同じコインの両面である。両方が操作される時   社会は最善に奉仕し   最も公正に維持する。どっちか一方では共同体をだめにするが   しかし二つが一緒にになって平和をもたらす助けとなる。アボットの多くは裁きが行なわれるべき方法に関連している。しかし裁きの勉強は   法律家や裁判官になろうとする人たちだけのためにだけ意味があるのではない。いかに我々の友人を注意深く裁くか   いかに同じ裁きの行ないに於て慈悲深くあり   いかに我々の共同体社会が   神---(真実の裁きと全ての慈悲のお方)---のイメージで構築されるべきか   ということを我々の全てがより良く理解するために意味がある。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.