PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です)メタ理論・タルムード3章・聖クルアーン15章

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 タルムード第3章 聖クルアーン第15章 『メタ定理』 「真のもの」と 「真らしいもの」を 「確実なもの」で 創造的普遍性を 詩的知恵で表象して 時間的次元と空間的次元を 社会的契機に依拠していくときの 原初の人間たちの自然と 人間の身体と 身体の所作のつながりで 知覚していくことについて 「真らしいもの」を追究していく 過程の重要性について 『タルムード第3章』 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。 『聖クルアーン第15章』 アル・ヒジュル章 マッカ啓示99節 15-1.アリフ・ラーム・ラー。これは啓典の印で、まごうかたないクルアーンの印である。 15-2.信じない者たちは、自分たちがムスリムであったならばと、望む時が屡々あろう。 15-3.かれらを放任し、食べさせ楽しませて、(はかない)希望に惑わせておくがいい。間もなくかれらは悟るであろう。 15-4.われはどんな町を滅ぼす場合でも、定められた期限がやって来た時にそうした。 15-5.誰もその時期を早め、また遅らすことは出来ない。 15-6.かれらは言う。「訓戒が啓示された者よ、本当にあなたは憑かれた者である。 15-7.もしあなた(の言うこと)が真実であるならば、何故天使を連れて来ないのか。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.17. 13:23
視聴回数:7487回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   メタ定理   タルムード第3章   聖クルアーン第15章   『メタ定理』   「真のもの」と   「真らしいもの」を   「確実なもの」で   創造的普遍性を   詩的知恵で表象して   時間的次元と空間的次元を   社会的契機に依拠していくときの   原初の人間たちの自然と   人間の身体と   身体の所作のつながりで   知覚していくことについて   「真らしいもの」を追究していく   過程の重要性について   『タルムード第3章』   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。   『聖クルアーン第15章』   アル・ヒジュル章   マッカ啓示99節   15-1.アリフ・ラーム・ラー。これは啓典の印で   まごうかたないクルアーンの印である。   15-2.信じない者たちは   自分たちがムスリムであったならばと   望む時が屡々あろう。   15-3.かれらを放任し   食べさせ楽しませて   (はかない)希望に惑わせておくがいい。間もなくかれらは悟るであろう。   15-4.われはどんな町を滅ぼす場合でも   定められた期限がやって来た時にそうした。   15-5.誰もその時期を早め   また遅らすことは出来ない。   15-6.かれらは言う。「訓戒が啓示された者よ   本当にあなたは憑かれた者である。   15-7.もしあなた(の言うこと)が真実であるならば   何故天使を連れて来ないのか。」   15-8.われは   それなりの理由による以外には天使を遣わさない。そうなれば   かれらは猶予されないのである。   15-9.本当にわれこそは   その訓戒を下し   必ずそれを守護するのである。   15-10.われはあなた以前の   昔の諸集団にも確かに(使徒たちを)遣わした。   15-11.だが使徒たちがかれらの許に来る度に   かれらによって嘲笑されない者はなかった。   15-12.このようにわれは   罪深い者の心に   そうすることを忍び込ませた。   15-13.昔の者たちへの先例があったのに   かれらはこの(啓示)を信じない。   15-14.仮令われがかれらのために天の門を開いて   (随時)かれらを登らせようとしても   15-15.かれらは必ず   「わたしたちの目は本当に眩んでしまった。いやわたしたちは魔法にかけられている。」と言うであろう。   15-16.われは天に星座を定めて見る者に美しく眺めさせ   15-17.また   呪われた凡ての悪魔からもそれらを守る。   15-18.だが盗み聞きする者は別で   かれは紛いのない炎(流星)に追いかけられる。   15-19.またわれは大地を伸ベ広げて   山々をその上に堅固に据えつけた。そこで凡てのものを(妥当な)均衡の下に   生長させる。   15-20.われはあなたがたのためにも   またあなたがたが決して養育者たりえないものにも生計の道を与えた。   15-21.どのようなものでも   われにその(無尽の)蓄えのないものはない。(必要に応じた)一定の分量以外には下さないだけである。   15-22.またわれは豊沃にする風を送り   天から雨を降らせて   それをあなたがたに飲ませる。だがあなたがたはその(宝庫の)管理者ではない。   15-23.本当にわれは   あなたがたを生かし   また死なせる。われはまた相続者である。   15-24.われはあなたがたの中で率先する者を   知っている。また遅れをとる者も   知っている。   15-25.あなたの主は   かれらを(審判の日に)一斉に召集なされる。本当にかれは英明にして全知であられる。   15-26.本当にわれは人類を   泥で形作って陶土から創った。   15-27.またわれは先に燃え盛る炎から幽精〔ジン〕を創った。   15-28.あなたの主が   天使たちに向かって仰せられた時を思え。「本当にわれは人間を泥で形作って   陶土から創ろうとするのである。   15-29.われはかれを(完全に)形作った。それからわれの霊をかれに吹込んだ時   あなたがた(天使)はかれにサジダしなさい。」と(命じた)。   15-30.それで天使たちは   イブリースを除き一斉にサジダした。   15-31.かれは一緒にサジダすることを拒否した。   15-32.かれは仰せられた。「イブリースよ   あなたが一緒にサジダしなかったのは何故か。」   15-33.かれは申し上げた。「わたしにはあなたが泥で形作り   陶土から御創りになった人間にサジダするようなことは   出来ません。」   15-34.かれは仰せられた。「それならあなたはここから下がれ。本当にあなたは   呪われている。   15-35.この呪いは   本当に審判の日まであなたの上にあろう。」   15-36.かれは申し上げた。「主よ   かれらが甦される日まで   わたしを猶予して下さい。」   15-37.かれは仰せられた。「あなたは猶予される   15-38.定められた時の(その)日まで。」   15-39.かれは申し上げた。「主よあなたは   わたしを迷わされましたので   わたしは地上でかれらに(迷いを)好ましく思わせ   必ずかれら凡てを   迷いに陥らせましょう。   15-40.かれらの中で誠実な(恩恵により清められた)あなたのしもベの外は。」   15-41.かれは仰せられた。「この(謙虚で清純なわがしもベの)道こそ   われへの正しい道である。   15-42.あなた(イブリース)に従って   邪道にそれるような者を除き   われのしもベ(信者)に関しては   あなたはかれらの上に何の権威を持たない。   15-43.本当に地獄こそ   かれら凡ての者に約束される場所である。   15-44.それには7つの門があり   各々の門には   かれら(罪人)の一団が割り当てられるのである。」   15-45.本当に主を畏れる者は   泉のある楽園に入る。   15-46.(かれらは挨拶されよう。)「あなたがたは   平安に心安らかにここにお入り。」   15-47.われはかれらの胸にある拘わりを除き   (かれらは)兄弟として高位の寝椅子の上に対座する。   15-48.そこでは疲れ倦ことなく   また(永遠に)そこから追われることもない。   15-49.われのしもべたちに   「われは本当に   寛容で慈悲深い者であり   15-50.われの懲罰は   本当に痛苦な懲罰である。」と告げ知らせなさい。   15-51.それから   イブラーヒームの賓客のことに就いてかれらに語れ。   15-52.かれら(賓客の2天使)が   かれの所に入って来て   「平安あれ。」と挨拶した時   「わたしたちは   あなたがたが   恐いです。」と言った。   15-53.かれらは言った。「恐れることはない。わたしたちは利口な1人の息子が授る吉報を   あなたに齎したのだ。」   15-54.かれは言った。「わたしは既に老齢に達しているのに   あなたがたはわたしに吉報を下さるのか。一体あなたがたに何の吉報があろうか。」   15-55.かれらは言った。「わたしたちは   真理によって吉報をあなたに伝える。だから失望してはならない。」   15-56.かれは(答えて)言った。「迷った者の外は   誰が主の御慈悲に絶望しましょうか。」   15-57.かれは(また)言った。「(主の)使徒の方がたよ   あなたがた(が来られたところ)の用件は   何でしょうか。」   15-58.かれらは言った。「わたしたちは罪深い民に遣わされた。   15-59.(だが)ルートの一族は別である。わたしたちは   かれらの全員を必ず救うであろう。   15-60.だがわたしたちの確認しているかれ(ルート)の妻は別で   かの女は背後に残る人々の一人である」   15-61.それから使徒たちがルートの一族の許に来た時   15-62.かれは言った。「あなたがたは   見なれない方がたです。」   15-63.かれらは言った。「いや   わたしたちはかれらの疑いを抱いていることに関して   あなたのところに来たのである。   15-64.わたしたちは真理を齎した。本当にわたしたちは   真実を告げる。   15-65.それで夜の明けない間に   あなたの家族と一緒に旅立ちなさい。そしてあなたは皆の一番後から着いていき   あなたがたの誰も後ろを振り向かせてはならない。只   命じられた通りに実行しなさい。」   15-66.われがこの決定をかれに知らせたのは   残ったこれらの(罪深い)者たちを(翌)朝滅ぼすためである。   15-67.町の住民たちは   (若者のニュースを聞いて)喜びに駆りたてられてやって来た。   15-68.かれ(ルート)は言った。「この方がたは   わたしの賓客です。わたしを恥さらしにしないでください。   15-69.アッラーを畏れ   わたしに恥をかかせないでください。」   15-70.かれらは言った。「わたしたちは   外国の者(を泊めること)を   あなたに禁じなかったか」   15-71.かれは言った。「もしあなたがたが行おうとするなら   ここにわたしの娘たちがいます。」   15-72.(預言者よ)あなたの生命にかけて(誓う)。本当にかれらは心を乱して   当てもなくさ迷う者である。   15-73.それで一声(懲罰)が   日の出にかれらを襲った。   15-74.われはその(町を)上を下にして転覆し   焼いた泥の石をかれらの上に降らせた。   15-75.本当にこの中には知性ある者への   種々の印がある。   15-76.その(町の跡)は   大道に沿ってなお存在する。   15-77.本当にこの中には信仰する者への一つの印がある。   15-78.また森の仲間も不義を行う者であった。   15-79.そこでわれはそれに報復した。本当にこの2つ(の跡)は大道に沿って   (今)明らか(に見られるの)である。   15-80.ヒジュルの仲間も使徒たちを嘘つきとして拒否した。   15-81.われはかれらにわが種々の印を下したが   かれらはそれらを避け(て無視し)た。   15-82.かれらは(岩)山に家を彫り込み   安全であると考えていた。   15-83.それである朝   一声(懲罰)が   かれらを襲って   15-84.かれらが(特別の知識と技術で)築き営んでいたことは   かれらにとって何も役立たなかった。   15-85.われは天と地   そしてその間にある凡てのものを   只真理に基いて創造した。(審判の)時は本当に来ているのだ。だからあなたは情け深く寛容に(人びとの過失や欠点を)赦してやるがいい。   15-86.本当にあなたの主は   万有を創造した全知の御方であられる。   15-87.われは絶えず繰り返されるべき7つ(の節)と   偉大なクルアーンをあなたに授けた。   15-88.あの者たちの何人かにわれが授けた楽しみに対して羨ましそうにしてはならない。そしてそれに心を痛めてはならない。それよりあなたの翼を低く(して優しく)しなさい。   15-89.そして言ってやるがいい。「本当にわたしは公明な警告者である。」   15-90.(啓示を勝手に)分割した者に対しても   われは啓示しておいた。   15-91.すなわちクルアーンを(かれらの都合のよいように)断片にした者たちにも。   15-92.それで   あなたの主に誓て   われは必ずかれら凡てを尋問するであろう。   15-93.かれらが行った凡てのことに就いて。   15-94.だからあなたが命じられたことを宣揚しなさい。そして多神教徒から遠ざかれ。   15-95.本当にわれは   嘲笑する者に対し   あなたを十分に守ってやる。   15-96.かれらは   アッラーに外の神を配するが   間もなく知るであろう。   15-97.われはかれらの口にすることで   あなたの胸が締めつけられるのを知っている。   15-98.だから   あなたの主を讃えて唱念し   サジダして   15-99.定めの時が訪れるまで   あなたの主に仕えなさい。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 3章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot 第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」 第3章 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.25. 23:41
視聴回数:3797回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot   第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」第3章   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 3章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot 第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」 第3章 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.25. 04:00
視聴回数:3611回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot   第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」第3章   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 3章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot 第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」 第3章 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.24. 23:53
視聴回数:3234回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot   第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」第3章   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「啓蒙主義と敬虔主義と敬虔主義」「タルムード」「知識の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)と 敬虔主義(けいけんしゅぎ:ハスィディズム)と敬虔主義の反対者(ミトナグディーム)とアンティ・セミティズム」「タルムード」「知識の価値」◎「知識の科価値」 迷信と固定的道徳が判断と行為の誤りから迫害を生みます。固定的道徳が予定因果であり 民衆が日常を問題意識なくすごしてしまい 儒教的道徳の場合 民衆が疑問に思うことを質問しにくいという問題がある。迷信と固定的道徳を乗り越える手立てが証拠の収集とこれらの分類を行って選択していくというstady(勉強)がある。 ◎「アブラハムの契約とシナイ契約」 ・アブラハムの契約が神ヤハウェがアブラハムにハラン(ユーフラテスの上流:現在の東トルコ)の地を離れてカナン(現在のイスラエル パレスチナ)の地に行きなさい。繁栄を約束する。という契約の約束型契約。 ・ヘブル人(tbri:ヘブル語・現在のイスラエル人)部族集団(エジプトを脱出した部族)とモーセの神ヤハウェの十戒の条文。という契約の義務型契約。 ◎「The struggle within us」 The forces within us. Needing impulses for both right and wrong. Selfishness. A formula. If I am not for myself who will be for me ? If I am only for myself what am I ? If not now when ? Reflection ◎「The struggle within us(我々の内での苦闘)」 ◎The forces within us 選択をする時に われわれの中で2つの力が働いていると ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求 他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し Tovは善(good)を意味する。他方 悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。「善の衝動」「悪の衝動」である。 われわれの各々の人は これら2つの衝動をいかに操作するか問われる。個人の意識にある「Yetzer Tov」は正義の人を操作し 他方「Yetzer HaRa」は邪悪をコントロールするが タルムードでは両方の衝動が 平均的な人の意識が衝動を操作することを示す(Berachot 61a)。 我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーの「両方の衝動が平均的な人の意識が衝動を操作するということ」にあり 意識の全体が正義でなく全体が邪悪でもない。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.3. 07:08
視聴回数:6730回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)と   敬虔主義(けいけんしゅぎ:ハスィディズム)と敬虔主義の反対者(ミトナグディーム)とアンティ・セミティズム」「タルムード」「知識の価値」◎「知識の科価値」   迷信と固定的道徳が判断と行為の誤りから迫害を生みます。固定的道徳が予定因果であり   民衆が日常を問題意識なくすごしてしまい   儒教的道徳の場合   民衆が疑問に思うことを質問しにくいという問題がある。迷信と固定的道徳を乗り越える手立てが証拠の収集とこれらの分類を行って選択していくというstady(勉強)がある。   ◎「アブラハムの契約とシナイ契約」   ・アブラハムの契約が神ヤハウェがアブラハムにハラン(ユーフラテスの上流:現在の東トルコ)の地を離れてカナン(現在のイスラエル   パレスチナ)の地に行きなさい。繁栄を約束する。という契約の約束型契約。   ・ヘブル人(tbri:ヘブル語・現在のイスラエル人)部族集団(エジプトを脱出した部族)とモーセの神ヤハウェの十戒の条文。という契約の義務型契約。   ◎「The   struggle   within   us」   The   forces   within   us.   Needing   impulses   for   both   right   and   wrong.   Selfishness.   A   formula.   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   If   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   If   not   now   when   ?   Reflection   ◎「The   struggle   within   us(我々の内での苦闘)」   ◎The   forces   within   us   選択をする時に   われわれの中で2つの力が働いていると   ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求   他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し   Tovは善(good)を意味する。他方   悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。「善の衝動」「悪の衝動」である。   われわれの各々の人は   これら2つの衝動をいかに操作するか問われる。個人の意識にある「Yetzer   Tov」は正義の人を操作し   他方「Yetzer   HaRa」は邪悪をコントロールするが   タルムードでは両方の衝動が   平均的な人の意識が衝動を操作することを示す(Berachot   61a)。   我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーの「両方の衝動が平均的な人の意識が衝動を操作するということ」にあり   意識の全体が正義でなく全体が邪悪でもない。   ◎Needing   impulses   for   both   right   and   wrong   このことから   何が正しいことで   何が悪いことか   われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって片方の衝動から他方の衝動を識別するのか。選択はいつも明瞭でない。いつでも邪悪な選択があり   正義の選択があるということを   ラビが暗示している時単純化しすぎてはいないのかも課題である。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer   HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それは邪悪に向かった傾斜であるといえる。彼らは   「Yetzer   HaRa」が多くの局面で有用になりえるということまでも理解している。このことを示すために   彼らはこんなたとえ話を言っている。     われらの善き者たちは「Yetzer   HaRa」を捕まえて   それを金の鎖で縛り上げた。最初彼らは自分たちでたいへん喜んでいた。盗みは止り   殺人は無くなった。人々は友好的になり   互いを愛するようになった。嫉妬は無くなり   イスラエルの全地においてイスラエル人と隣人との間の論争も無くなった。死ぬ者はいなくなった。   しかし突然   彼らは奇妙な出来事を見るようになり始めた。人々はとても満足したので精を出して働く心配がなくなった。競争が無くなったので人々は働くことを止めてしまった。新しい家はもう作られなくなった。人々はもはや   結婚もしないで   子供を欲しがらなくなった。ラビでさえ不精になり始めた。その時   ラビは「Yetzer   HaRa」が世界において如何に必要であったかを理解して彼らは縛ってあった鎖を壊してそれを自由にした。   (Genesisi   Rabbah   9:7)   ◎Selfishness   「Yetzer   HaRa」を理解する最も簡単な方法は   極端な利己主義としてそれを見てみることである。それは我々の一部でもあり   それは「私のもの」とか「私は欲しい」あるいは「私にくれ」とか言って要求することがそれである。「Yetzer   HaRa」が危険であるのは何かというと   もし我々がそれをバランスしコントロールしないと   それが我々をコントロールするようになる   ということである。   「Yetzer   HaRa」は   本を取り上げて返さない   といった小さなことをするように我々に問いかけてくることで   我々をつかみ始める。そしてやがて   もっと悪い事をするように我々に要求する。それは我々にこう言うかもしれない:「この一回だけやってごらん   あなたがただの一回だけやっても誰も傷つくことはないから」それからやがて   毎回に悪い事をするように要求してくる:「さあ来てこれを傷つけてごらん。彼がいかに弱いか見てみなさい。彼はあなたに仕返しなんか出来ないよ」   最初は   「Yetzer   HaRa」はくもの巣のようであるが   しかし最後には重いロープのようになる。最初は   「Yetzer   HaRa」は通行人のようであり   お客のようであるが   最後にはその家の主人になる。最初は   「Yetzer   HaRa」は甘いが   最後にはにがくなる。   (Sukkot   52a   52b   Jerusalem   Talmud   Shabbat   14c)   ◎A   formula   利己主義をコントロールすることはいつも簡単というわけではない。我々が自分たちに利己主義を許せば許すほど   我々が利己主義になる。その時   選択するという我々の能力を実際に失って行き   我々だけのためにいつも行動し始める。我々の自由   我々の自由意志を放棄し   それに代わって何でも瞬間に行動することが好きになる   これは自由の錯覚にすぎないのであるが。   このことは   もし我々が他の人々と一緒に生活する必要がなかったならば   全て正しいかもしれない。しかし   あなたがこの本の第2章の始めでリストアップしたものを思い出してみれば   あなたはすぐに分かるがあなたの生活のほとんどは他人の周りに   そしてあなたが属している人々の周りに作られている。そこで我々はバランスについてのある種類を探すために勉強しなければならない。利己主義になることはいつでも悪い   というわけではない。しかしまたいつでも正しい   というわけでもない。全てのものを皆で分けることがいつも良いわけではないが   いつも悪いはずがない。間のどこかに行くべき価値のある道がある。   ここで   ミシュナ時代の偉大な先生であるヒレルから   われわれは学習しよう。ヒレルは   自分の生活と繰り返しの教えを通して   知的な選択をする公式を探した。ヒレルは「アボット」に彼の公式をまとめた:"   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   "   "   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me?   "   もしあなたが住んでいる世界にアクティブに参加するのであれば   何かのために耐えることが必要である。次のことに理解を持つようにしなければいけない:あなたが持っているもの   持ちたいもの   自分がなりたい事   喜んで働きたい事   世話をしたい事。言い換えれば   自分自身でスタートしなければならない。   自分自身のために欲しいものが全て利己主義だ   というわけではない。しかし   自分自身のため「だけ」に欲しいものはほとんどが利己主義である。   あなたは知識を得たいかもしれない。このこと自身は利己主義ではない。知識のある人は   無知な者よりも世界にとって役に立つ。しかしもしあなたが他人を傷つけるために   あるいはあなた自身のためにのみ   あなたの知識を使うのなら   あなたが害ある利己主義なものになる。   あなたは人気を得たいかもしれない。このこと自身は利己主義ではない。人気のある人は   接近して連帯したり   議論や討論をしたり   親切や理解を持たらしたりして   隣人を助けることができる。しかし人気のある人が   悪の方向に人々を導くために彼の才能を使う時   彼は「悪の衝動」への道にいるのである。人々を戦争から戦争へと導くために   自分の人気を使った場合   ナポレオンはフランス人民を助ける代わりに   彼らを傷つけ苦しめた。   あなたは財産を得たいかもしれない。このこと自身は利己主義ではない。財産のある人は他の人々を助けることができる。必要としている人々に彼の富を慈善に使うことによって   また貴重な仕事や行動のスポンサーなることで共同体への祝福となることで。しかしもし人が他の人々の犠牲によって財産を欲しがるならば   その時これは真の利己主義を通して「悪の衝動」の一つの例である。   ヒレル(Hillel)の最初の質問   "   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   "これは次のことを暗示している。人は自分自身を助けるために努力すべきである。あなたは自分がなりたい事になるために労働すべきであり   より良くなるために労働すべきである。なぜならば   もしあなたがあなた自身のために働かないのであれば   いったい誰があなたのためにそれを行なってくれるのか。   "   If   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   "   しかしもし全てのあなたの労働があなた自身だけのためであるならば   あなたは何の善であるのか。われわれはいつもここに戻ってくる:あなたの生活には   あなただけがいるのではない。あなたの生活が本当の意味で始まるのは   他人のことを考慮した仕事の方法を選択し始めた時からである。   もしあなた一人だけが生きているならば   いかに振る舞っても誰かとの差ができるわけではない。これがゆえに   ヒレル(Hillel)の第2の質問がとても重要なのである。   他の人々と生活することは   我々が自分たちのことを考えるの同様に   彼らが必要あるいは要望していることを我々が考えなければいけない。   我々だけのためにある   というときはいつも「悪の衝動」が我々を狙っている。これはヒレルの第1の質問を少しばかり変えて我々に問う:"   If   I   don't   get   such   and   such   for   myself   who   else   will   get   it   for   me   ?   "もし私がそんなに自分のために努力しなくても   誰か他人が私のためにそれをやってくれのではないか。しかしヒレルは問を続ける時に適切なバランスを持ってきている。実際に第2の質問において"   If   I   get   such   and   such   at   someone   else's   expense   or   harm   am   I   not   evil   ?   "もし私がそれほど誰か他人を傷つけているとしたら   私は悪ではないのか。ヒレルは「悪の衝動」が重要であることも分かっているが   しかしその2つの衝動がバランスされなければならないことも分かっている。このような場合にのみ   人は社会に   そして結局は自分に奉仕できる。このような場合にのみ   人は社会に   そして結局は自分に奉仕できる。   "   If   not   now   when   ?   ""   ヒレルの第3の質問はまた重要である。われわれは人間である。我々の全ては   明日まで物事を延期するのが好きである。さらに   もし我々が決して始めようとしない   あるいは"   I   will   let   myself   do   evil   just   this   one   time   "   この一回だけは悪をやってみようと言うならば   これは我々が奴隷になることである。我々は選択する自由を失っているのだ。   我々のうち誰かは   行き過ぎた利己主義で悩んでいる。また誰かは   自分たち自身のことをほとんど考えない行き過ぎた非利己主義で悩んでいる。もし我々が生活の中でのバランスを持つよう探し求めないのならば   我々はただ怠け者になるしか期待出来ない:変化や進歩への抵抗   何か新しいことの試みへの恐れ   我々をより良く   あるいはより豊かにする試みへの恐れ。   これに対する唯一の治療があるとヒレルは暗示している。今行動せよ!明日まで待つな   「私は明日始めよう」と言うな。すぐに始めなさい!   Reflection   この本は   「アボット」にあるヒレルの3つの質問を軸にして構成されている。「第1~4章」は   行動に対する我々自身の準備について考えている。「第5~11章」は   我々各々が   自分自身のために生活をする上で   選択しなければならない事柄について語る。(If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   )「第12~21章」は   我々の共同体の中で一緒にうまく生活する場合に   選択しなければならない事柄について語る。(And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?)「第22~23章」は   われわれの進路を設定しそれを正しく設定するために   ただちにしなければならないことは何かについて語る。(And   if   not   now   when?)   いつでも   我々の学習では   このような考えに戻ってくる:・我々の各々は   複合した複雑な人間であり   しかも唯一で一人であるということ。・我々の誰もが   心の内で   良いことと悪いこととの間で苦闘している。そして同様に   我々自身のために正しいことと我々が住んでいる世界のために正しいこととの間で苦闘しているということ。・この苦闘が我々の生活に   そして我々のまわりの世界に意味を与えている   ということ。・そしてこの苦闘の成功は   我々自身の中でまた世界の中で   何が最良で何が最悪かのバランスをいかにして我々がうまくをとるか   最終的にこれにかかっているということ。   我々の苦闘に光を投げるために   そしてこの世界の複雑さの説明で我々を助けるために   我々自身の伝統(ラビの観点)を引き出そう。   ラビの観点:適切な行動と適切な考えを通して邪悪に打ち勝てるということ。邪悪なことをしようとする衝動「Yetzer   HaRa」は   良いことに代わるかもしれないということ。我々はラビ自身の行動   言葉および思考を調べよう。そして彼らの原理がいかに現実となって行くかを見てみよう。   正しさと邪悪の間の選択をするのはいつでもあなたである   ということを忘れずに記憶しなさい。なぜならば   選択の自由はあなたがユダヤ人としての世襲財産であり   また人間として生まれたあなたの権利だからである。じょうずに選ぶことは最終的にあなたの個人的な責任である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「啓蒙主義と敬虔主義と敬虔主義」「タルムード」「知識の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)と 敬虔主義(けいけんしゅぎ:ハスィディズム)と敬虔主義の反対者(ミトナグディーム)とアンティ・セミティズム」「タルムード」「知識の価値」◎「知識の科価値」 迷信と固定的道徳が判断と行為の誤りから迫害を生みます。固定的道徳が予定因果であり 民衆が日常を問題意識なくすごしてしまい 儒教的道徳の場合 民衆が疑問に思うことを質問しにくいという問題がある。迷信と固定的道徳を乗り越える手立てが証拠の収集とこれらの分類を行って選択していくというstady(勉強)がある。 ◎「アブラハムの契約とシナイ契約」 ・アブラハムの契約が神ヤハウェがアブラハムにハラン(ユーフラテスの上流:現在の東トルコ)の地を離れてカナン(現在のイスラエル パレスチナ)の地に行きなさい。繁栄を約束する。という契約の約束型契約。 ・ヘブル人(tbri:ヘブル語・現在のイスラエル人)部族集団(エジプトを脱出した部族)とモーセの神ヤハウェの十戒の条文。という契約の義務型契約。 ◎「The struggle within us」 The forces within us. Needing impulses for both right and wrong. Selfishness. A formula. If I am not for myself who will be for me ? If I am only for myself what am I ? If not now when ? Reflection ◎「The struggle within us(我々の内での苦闘)」 ◎The forces within us 選択をする時に われわれの中で2つの力が働いていると ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求 他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し Tovは善(good)を意味する。他方 悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。「善の衝動」「悪の衝動」である。 われわれの各々の人は これら2つの衝動をいかに操作するか問われる。個人の意識にある「Yetzer Tov」は正義の人を操作し 他方「Yetzer HaRa」は邪悪をコントロールするが タルムードでは両方の衝動が 平均的な人の意識が衝動を操作することを示す(Berachot 61a)。 我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーの「両方の衝動が平均的な人の意識が衝動を操作するということ」にあり 意識の全体が正義でなく全体が邪悪でもない。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.2. 21:38
視聴回数:6446回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)と   敬虔主義(けいけんしゅぎ:ハスィディズム)と敬虔主義の反対者(ミトナグディーム)とアンティ・セミティズム」「タルムード」「知識の価値」◎「知識の科価値」   迷信と固定的道徳が判断と行為の誤りから迫害を生みます。固定的道徳が予定因果であり   民衆が日常を問題意識なくすごしてしまい   儒教的道徳の場合   民衆が疑問に思うことを質問しにくいという問題がある。迷信と固定的道徳を乗り越える手立てが証拠の収集とこれらの分類を行って選択していくというstady(勉強)がある。   ◎「アブラハムの契約とシナイ契約」   ・アブラハムの契約が神ヤハウェがアブラハムにハラン(ユーフラテスの上流:現在の東トルコ)の地を離れてカナン(現在のイスラエル   パレスチナ)の地に行きなさい。繁栄を約束する。という契約の約束型契約。   ・ヘブル人(tbri:ヘブル語・現在のイスラエル人)部族集団(エジプトを脱出した部族)とモーセの神ヤハウェの十戒の条文。という契約の義務型契約。   ◎「The   struggle   within   us」   The   forces   within   us.   Needing   impulses   for   both   right   and   wrong.   Selfishness.   A   formula.   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   If   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   If   not   now   when   ?   Reflection   ◎「The   struggle   within   us(我々の内での苦闘)」   ◎The   forces   within   us   選択をする時に   われわれの中で2つの力が働いていると   ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求   他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し   Tovは善(good)を意味する。他方   悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。「善の衝動」「悪の衝動」である。   われわれの各々の人は   これら2つの衝動をいかに操作するか問われる。個人の意識にある「Yetzer   Tov」は正義の人を操作し   他方「Yetzer   HaRa」は邪悪をコントロールするが   タルムードでは両方の衝動が   平均的な人の意識が衝動を操作することを示す(Berachot   61a)。   我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーの「両方の衝動が平均的な人の意識が衝動を操作するということ」にあり   意識の全体が正義でなく全体が邪悪でもない。   ◎Needing   impulses   for   both   right   and   wrong   このことから   何が正しいことで   何が悪いことか   われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって片方の衝動から他方の衝動を識別するのか。選択はいつも明瞭でない。いつでも邪悪な選択があり   正義の選択があるということを   ラビが暗示している時単純化しすぎてはいないのかも課題である。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer   HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それは邪悪に向かった傾斜であるといえる。彼らは   「Yetzer   HaRa」が多くの局面で有用になりえるということまでも理解している。このことを示すために   彼らはこんなたとえ話を言っている。     われらの善き者たちは「Yetzer   HaRa」を捕まえて   それを金の鎖で縛り上げた。最初彼らは自分たちでたいへん喜んでいた。盗みは止り   殺人は無くなった。人々は友好的になり   互いを愛するようになった。嫉妬は無くなり   イスラエルの全地においてイスラエル人と隣人との間の論争も無くなった。死ぬ者はいなくなった。   しかし突然   彼らは奇妙な出来事を見るようになり始めた。人々はとても満足したので精を出して働く心配がなくなった。競争が無くなったので人々は働くことを止めてしまった。新しい家はもう作られなくなった。人々はもはや   結婚もしないで   子供を欲しがらなくなった。ラビでさえ不精になり始めた。その時   ラビは「Yetzer   HaRa」が世界において如何に必要であったかを理解して彼らは縛ってあった鎖を壊してそれを自由にした。   (Genesisi   Rabbah   9:7)   ◎Selfishness   「Yetzer   HaRa」を理解する最も簡単な方法は   極端な利己主義としてそれを見てみることである。それは我々の一部でもあり   それは「私のもの」とか「私は欲しい」あるいは「私にくれ」とか言って要求することがそれである。「Yetzer   HaRa」が危険であるのは何かというと   もし我々がそれをバランスしコントロールしないと   それが我々をコントロールするようになる   ということである。   「Yetzer   HaRa」は   本を取り上げて返さない   といった小さなことをするように我々に問いかけてくることで   我々をつかみ始める。そしてやがて   もっと悪い事をするように我々に要求する。それは我々にこう言うかもしれない:「この一回だけやってごらん   あなたがただの一回だけやっても誰も傷つくことはないから」それからやがて   毎回に悪い事をするように要求してくる:「さあ来てこれを傷つけてごらん。彼がいかに弱いか見てみなさい。彼はあなたに仕返しなんか出来ないよ」   最初は   「Yetzer   HaRa」はくもの巣のようであるが   しかし最後には重いロープのようになる。最初は   「Yetzer   HaRa」は通行人のようであり   お客のようであるが   最後にはその家の主人になる。最初は   「Yetzer   HaRa」は甘いが   最後にはにがくなる。   (Sukkot   52a   52b   Jerusalem   Talmud   Shabbat   14c)   ◎A   formula   利己主義をコントロールすることはいつも簡単というわけではない。我々が自分たちに利己主義を許せば許すほど   我々が利己主義になる。その時   選択するという我々の能力を実際に失って行き   我々だけのためにいつも行動し始める。我々の自由   我々の自由意志を放棄し   それに代わって何でも瞬間に行動することが好きになる   これは自由の錯覚にすぎないのであるが。   このことは   もし我々が他の人々と一緒に生活する必要がなかったならば   全て正しいかもしれない。しかし   あなたがこの本の第2章の始めでリストアップしたものを思い出してみれば   あなたはすぐに分かるがあなたの生活のほとんどは他人の周りに   そしてあなたが属している人々の周りに作られている。そこで我々はバランスについてのある種類を探すために勉強しなければならない。利己主義になることはいつでも悪い   というわけではない。しかしまたいつでも正しい   というわけでもない。全てのものを皆で分けることがいつも良いわけではないが   いつも悪いはずがない。間のどこかに行くべき価値のある道がある。   ここで   ミシュナ時代の偉大な先生であるヒレルから   われわれは学習しよう。ヒレルは   自分の生活と繰り返しの教えを通して   知的な選択をする公式を探した。ヒレルは「アボット」に彼の公式をまとめた:"   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   "   "   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me?   "   もしあなたが住んでいる世界にアクティブに参加するのであれば   何かのために耐えることが必要である。次のことに理解を持つようにしなければいけない:あなたが持っているもの   持ちたいもの   自分がなりたい事   喜んで働きたい事   世話をしたい事。言い換えれば   自分自身でスタートしなければならない。   自分自身のために欲しいものが全て利己主義だ   というわけではない。しかし   自分自身のため「だけ」に欲しいものはほとんどが利己主義である。   あなたは知識を得たいかもしれない。このこと自身は利己主義ではない。知識のある人は   無知な者よりも世界にとって役に立つ。しかしもしあなたが他人を傷つけるために   あるいはあなた自身のためにのみ   あなたの知識を使うのなら   あなたが害ある利己主義なものになる。   あなたは人気を得たいかもしれない。このこと自身は利己主義ではない。人気のある人は   接近して連帯したり   議論や討論をしたり   親切や理解を持たらしたりして   隣人を助けることができる。しかし人気のある人が   悪の方向に人々を導くために彼の才能を使う時   彼は「悪の衝動」への道にいるのである。人々を戦争から戦争へと導くために   自分の人気を使った場合   ナポレオンはフランス人民を助ける代わりに   彼らを傷つけ苦しめた。   あなたは財産を得たいかもしれない。このこと自身は利己主義ではない。財産のある人は他の人々を助けることができる。必要としている人々に彼の富を慈善に使うことによって   また貴重な仕事や行動のスポンサーなることで共同体への祝福となることで。しかしもし人が他の人々の犠牲によって財産を欲しがるならば   その時これは真の利己主義を通して「悪の衝動」の一つの例である。   ヒレル(Hillel)の最初の質問   "   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   "これは次のことを暗示している。人は自分自身を助けるために努力すべきである。あなたは自分がなりたい事になるために労働すべきであり   より良くなるために労働すべきである。なぜならば   もしあなたがあなた自身のために働かないのであれば   いったい誰があなたのためにそれを行なってくれるのか。   "   If   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   "   しかしもし全てのあなたの労働があなた自身だけのためであるならば   あなたは何の善であるのか。われわれはいつもここに戻ってくる:あなたの生活には   あなただけがいるのではない。あなたの生活が本当の意味で始まるのは   他人のことを考慮した仕事の方法を選択し始めた時からである。   もしあなた一人だけが生きているならば   いかに振る舞っても誰かとの差ができるわけではない。これがゆえに   ヒレル(Hillel)の第2の質問がとても重要なのである。   他の人々と生活することは   我々が自分たちのことを考えるの同様に   彼らが必要あるいは要望していることを我々が考えなければいけない。   我々だけのためにある   というときはいつも「悪の衝動」が我々を狙っている。これはヒレルの第1の質問を少しばかり変えて我々に問う:"   If   I   don't   get   such   and   such   for   myself   who   else   will   get   it   for   me   ?   "もし私がそんなに自分のために努力しなくても   誰か他人が私のためにそれをやってくれのではないか。しかしヒレルは問を続ける時に適切なバランスを持ってきている。実際に第2の質問において"   If   I   get   such   and   such   at   someone   else's   expense   or   harm   am   I   not   evil   ?   "もし私がそれほど誰か他人を傷つけているとしたら   私は悪ではないのか。ヒレルは「悪の衝動」が重要であることも分かっているが   しかしその2つの衝動がバランスされなければならないことも分かっている。このような場合にのみ   人は社会に   そして結局は自分に奉仕できる。このような場合にのみ   人は社会に   そして結局は自分に奉仕できる。   "   If   not   now   when   ?   ""   ヒレルの第3の質問はまた重要である。われわれは人間である。我々の全ては   明日まで物事を延期するのが好きである。さらに   もし我々が決して始めようとしない   あるいは"   I   will   let   myself   do   evil   just   this   one   time   "   この一回だけは悪をやってみようと言うならば   これは我々が奴隷になることである。我々は選択する自由を失っているのだ。   我々のうち誰かは   行き過ぎた利己主義で悩んでいる。また誰かは   自分たち自身のことをほとんど考えない行き過ぎた非利己主義で悩んでいる。もし我々が生活の中でのバランスを持つよう探し求めないのならば   我々はただ怠け者になるしか期待出来ない:変化や進歩への抵抗   何か新しいことの試みへの恐れ   我々をより良く   あるいはより豊かにする試みへの恐れ。   これに対する唯一の治療があるとヒレルは暗示している。今行動せよ!明日まで待つな   「私は明日始めよう」と言うな。すぐに始めなさい!   Reflection   この本は   「アボット」にあるヒレルの3つの質問を軸にして構成されている。「第1~4章」は   行動に対する我々自身の準備について考えている。「第5~11章」は   我々各々が   自分自身のために生活をする上で   選択しなければならない事柄について語る。(If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   )「第12~21章」は   我々の共同体の中で一緒にうまく生活する場合に   選択しなければならない事柄について語る。(And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?)「第22~23章」は   われわれの進路を設定しそれを正しく設定するために   ただちにしなければならないことは何かについて語る。(And   if   not   now   when?)   いつでも   我々の学習では   このような考えに戻ってくる:・我々の各々は   複合した複雑な人間であり   しかも唯一で一人であるということ。・我々の誰もが   心の内で   良いことと悪いこととの間で苦闘している。そして同様に   我々自身のために正しいことと我々が住んでいる世界のために正しいこととの間で苦闘しているということ。・この苦闘が我々の生活に   そして我々のまわりの世界に意味を与えている   ということ。・そしてこの苦闘の成功は   我々自身の中でまた世界の中で   何が最良で何が最悪かのバランスをいかにして我々がうまくをとるか   最終的にこれにかかっているということ。   我々の苦闘に光を投げるために   そしてこの世界の複雑さの説明で我々を助けるために   我々自身の伝統(ラビの観点)を引き出そう。   ラビの観点:適切な行動と適切な考えを通して邪悪に打ち勝てるということ。邪悪なことをしようとする衝動「Yetzer   HaRa」は   良いことに代わるかもしれないということ。我々はラビ自身の行動   言葉および思考を調べよう。そして彼らの原理がいかに現実となって行くかを見てみよう。   正しさと邪悪の間の選択をするのはいつでもあなたである   ということを忘れずに記憶しなさい。なぜならば   選択の自由はあなたがユダヤ人としての世襲財産であり   また人間として生まれたあなたの権利だからである。じょうずに選ぶことは最終的にあなたの個人的な責任である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「啓蒙主義と敬虔主義と敬虔主義」「タルムード」「知識の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)と 敬虔主義(けいけんしゅぎ:ハスィディズム)と敬虔主義の反対者(ミトナグディーム)とアンティ・セミティズム」「タルムード」「知識の価値」◎「知識の科価値」 迷信と固定的道徳が判断と行為の誤りから迫害を生みます。固定的道徳が予定因果であり 民衆が日常を問題意識なくすごしてしまい 儒教的道徳の場合 民衆が疑問に思うことを質問しにくいという問題がある。迷信と固定的道徳を乗り越える手立てが証拠の収集とこれらの分類を行って選択していくというstady(勉強)がある。 ◎「アブラハムの契約とシナイ契約」 ・アブラハムの契約が神ヤハウェがアブラハムにハラン(ユーフラテスの上流:現在の東トルコ)の地を離れてカナン(現在のイスラエル パレスチナ)の地に行きなさい。繁栄を約束する。という契約の約束型契約。 ・ヘブル人(tbri:ヘブル語・現在のイスラエル人)部族集団(エジプトを脱出した部族)とモーセの神ヤハウェの十戒の条文。という契約の義務型契約。 ◎「The struggle within us」 The forces within us. Needing impulses for both right and wrong. Selfishness. A formula. If I am not for myself who will be for me ? If I am only for myself what am I ? If not now when ? Reflection ◎「The struggle within us(我々の内での苦闘)」 ◎The forces within us 選択をする時に われわれの中で2つの力が働いていると ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求 他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し Tovは善(good)を意味する。他方 悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。「善の衝動」「悪の衝動」である。 われわれの各々の人は これら2つの衝動をいかに操作するか問われる。個人の意識にある「Yetzer Tov」は正義の人を操作し 他方「Yetzer HaRa」は邪悪をコントロールするが タルムードでは両方の衝動が 平均的な人の意識が衝動を操作することを示す(Berachot 61a)。 我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーの「両方の衝動が平均的な人の意識が衝動を操作するということ」にあり 意識の全体が正義でなく全体が邪悪でもない。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.2. 19:19
視聴回数:4193回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)と   敬虔主義(けいけんしゅぎ:ハスィディズム)と敬虔主義の反対者(ミトナグディーム)とアンティ・セミティズム」「タルムード」「知識の価値」◎「知識の科価値」   迷信と固定的道徳が判断と行為の誤りから迫害を生みます。固定的道徳が予定因果であり   民衆が日常を問題意識なくすごしてしまい   儒教的道徳の場合   民衆が疑問に思うことを質問しにくいという問題がある。迷信と固定的道徳を乗り越える手立てが証拠の収集とこれらの分類を行って選択していくというstady(勉強)がある。   ◎「アブラハムの契約とシナイ契約」   ・アブラハムの契約が神ヤハウェがアブラハムにハラン(ユーフラテスの上流:現在の東トルコ)の地を離れてカナン(現在のイスラエル   パレスチナ)の地に行きなさい。繁栄を約束する。という契約の約束型契約。   ・ヘブル人(tbri:ヘブル語・現在のイスラエル人)部族集団(エジプトを脱出した部族)とモーセの神ヤハウェの十戒の条文。という契約の義務型契約。   ◎「The   struggle   within   us」   The   forces   within   us.   Needing   impulses   for   both   right   and   wrong.   Selfishness.   A   formula.   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   If   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   If   not   now   when   ?   Reflection   ◎「The   struggle   within   us(我々の内での苦闘)」   ◎The   forces   within   us   選択をする時に   われわれの中で2つの力が働いていると   ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求   他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し   Tovは善(good)を意味する。他方   悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。「善の衝動」「悪の衝動」である。   われわれの各々の人は   これら2つの衝動をいかに操作するか問われる。個人の意識にある「Yetzer   Tov」は正義の人を操作し   他方「Yetzer   HaRa」は邪悪をコントロールするが   タルムードでは両方の衝動が   平均的な人の意識が衝動を操作することを示す(Berachot   61a)。   我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーの「両方の衝動が平均的な人の意識が衝動を操作するということ」にあり   意識の全体が正義でなく全体が邪悪でもない。   ◎Needing   impulses   for   both   right   and   wrong   このことから   何が正しいことで   何が悪いことか   われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって片方の衝動から他方の衝動を識別するのか。選択はいつも明瞭でない。いつでも邪悪な選択があり   正義の選択があるということを   ラビが暗示している時単純化しすぎてはいないのかも課題である。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer   HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それは邪悪に向かった傾斜であるといえる。彼らは   「Yetzer   HaRa」が多くの局面で有用になりえるということまでも理解している。このことを示すために   彼らはこんなたとえ話を言っている。     われらの善き者たちは「Yetzer   HaRa」を捕まえて   それを金の鎖で縛り上げた。最初彼らは自分たちでたいへん喜んでいた。盗みは止り   殺人は無くなった。人々は友好的になり   互いを愛するようになった。嫉妬は無くなり   イスラエルの全地においてイスラエル人と隣人との間の論争も無くなった。死ぬ者はいなくなった。   しかし突然   彼らは奇妙な出来事を見るようになり始めた。人々はとても満足したので精を出して働く心配がなくなった。競争が無くなったので人々は働くことを止めてしまった。新しい家はもう作られなくなった。人々はもはや   結婚もしないで   子供を欲しがらなくなった。ラビでさえ不精になり始めた。その時   ラビは「Yetzer   HaRa」が世界において如何に必要であったかを理解して彼らは縛ってあった鎖を壊してそれを自由にした。   (Genesisi   Rabbah   9:7)   ◎Selfishness   「Yetzer   HaRa」を理解する最も簡単な方法は   極端な利己主義としてそれを見てみることである。それは我々の一部でもあり   それは「私のもの」とか「私は欲しい」あるいは「私にくれ」とか言って要求することがそれである。「Yetzer   HaRa」が危険であるのは何かというと   もし我々がそれをバランスしコントロールしないと   それが我々をコントロールするようになる   ということである。   「Yetzer   HaRa」は   本を取り上げて返さない   といった小さなことをするように我々に問いかけてくることで   我々をつかみ始める。そしてやがて   もっと悪い事をするように我々に要求する。それは我々にこう言うかもしれない:「この一回だけやってごらん   あなたがただの一回だけやっても誰も傷つくことはないから」それからやがて   毎回に悪い事をするように要求してくる:「さあ来てこれを傷つけてごらん。彼がいかに弱いか見てみなさい。彼はあなたに仕返しなんか出来ないよ」   最初は   「Yetzer   HaRa」はくもの巣のようであるが   しかし最後には重いロープのようになる。最初は   「Yetzer   HaRa」は通行人のようであり   お客のようであるが   最後にはその家の主人になる。最初は   「Yetzer   HaRa」は甘いが   最後にはにがくなる。   (Sukkot   52a   52b   Jerusalem   Talmud   Shabbat   14c)   ◎A   formula   利己主義をコントロールすることはいつも簡単というわけではない。我々が自分たちに利己主義を許せば許すほど   我々が利己主義になる。その時   選択するという我々の能力を実際に失って行き   我々だけのためにいつも行動し始める。我々の自由   我々の自由意志を放棄し   それに代わって何でも瞬間に行動することが好きになる   これは自由の錯覚にすぎないのであるが。   このことは   もし我々が他の人々と一緒に生活する必要がなかったならば   全て正しいかもしれない。しかし   あなたがこの本の第2章の始めでリストアップしたものを思い出してみれば   あなたはすぐに分かるがあなたの生活のほとんどは他人の周りに   そしてあなたが属している人々の周りに作られている。そこで我々はバランスについてのある種類を探すために勉強しなければならない。利己主義になることはいつでも悪い   というわけではない。しかしまたいつでも正しい   というわけでもない。全てのものを皆で分けることがいつも良いわけではないが   いつも悪いはずがない。間のどこかに行くべき価値のある道がある。   ここで   ミシュナ時代の偉大な先生であるヒレルから   われわれは学習しよう。ヒレルは   自分の生活と繰り返しの教えを通して   知的な選択をする公式を探した。ヒレルは「アボット」に彼の公式をまとめた:"   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   "   "   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me?   "   もしあなたが住んでいる世界にアクティブに参加するのであれば   何かのために耐えることが必要である。次のことに理解を持つようにしなければいけない:あなたが持っているもの   持ちたいもの   自分がなりたい事   喜んで働きたい事   世話をしたい事。言い換えれば   自分自身でスタートしなければならない。   自分自身のために欲しいものが全て利己主義だ   というわけではない。しかし   自分自身のため「だけ」に欲しいものはほとんどが利己主義である。   あなたは知識を得たいかもしれない。このこと自身は利己主義ではない。知識のある人は   無知な者よりも世界にとって役に立つ。しかしもしあなたが他人を傷つけるために   あるいはあなた自身のためにのみ   あなたの知識を使うのなら   あなたが害ある利己主義なものになる。   あなたは人気を得たいかもしれない。このこと自身は利己主義ではない。人気のある人は   接近して連帯したり   議論や討論をしたり   親切や理解を持たらしたりして   隣人を助けることができる。しかし人気のある人が   悪の方向に人々を導くために彼の才能を使う時   彼は「悪の衝動」への道にいるのである。人々を戦争から戦争へと導くために   自分の人気を使った場合   ナポレオンはフランス人民を助ける代わりに   彼らを傷つけ苦しめた。   あなたは財産を得たいかもしれない。このこと自身は利己主義ではない。財産のある人は他の人々を助けることができる。必要としている人々に彼の富を慈善に使うことによって   また貴重な仕事や行動のスポンサーなることで共同体への祝福となることで。しかしもし人が他の人々の犠牲によって財産を欲しがるならば   その時これは真の利己主義を通して「悪の衝動」の一つの例である。   ヒレル(Hillel)の最初の質問   "   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   "これは次のことを暗示している。人は自分自身を助けるために努力すべきである。あなたは自分がなりたい事になるために労働すべきであり   より良くなるために労働すべきである。なぜならば   もしあなたがあなた自身のために働かないのであれば   いったい誰があなたのためにそれを行なってくれるのか。   "   If   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   "   しかしもし全てのあなたの労働があなた自身だけのためであるならば   あなたは何の善であるのか。われわれはいつもここに戻ってくる:あなたの生活には   あなただけがいるのではない。あなたの生活が本当の意味で始まるのは   他人のことを考慮した仕事の方法を選択し始めた時からである。   もしあなた一人だけが生きているならば   いかに振る舞っても誰かとの差ができるわけではない。これがゆえに   ヒレル(Hillel)の第2の質問がとても重要なのである。   他の人々と生活することは   我々が自分たちのことを考えるの同様に   彼らが必要あるいは要望していることを我々が考えなければいけない。   我々だけのためにある   というときはいつも「悪の衝動」が我々を狙っている。これはヒレルの第1の質問を少しばかり変えて我々に問う:"   If   I   don't   get   such   and   such   for   myself   who   else   will   get   it   for   me   ?   "もし私がそんなに自分のために努力しなくても   誰か他人が私のためにそれをやってくれのではないか。しかしヒレルは問を続ける時に適切なバランスを持ってきている。実際に第2の質問において"   If   I   get   such   and   such   at   someone   else's   expense   or   harm   am   I   not   evil   ?   "もし私がそれほど誰か他人を傷つけているとしたら   私は悪ではないのか。ヒレルは「悪の衝動」が重要であることも分かっているが   しかしその2つの衝動がバランスされなければならないことも分かっている。このような場合にのみ   人は社会に   そして結局は自分に奉仕できる。このような場合にのみ   人は社会に   そして結局は自分に奉仕できる。   "   If   not   now   when   ?   ""   ヒレルの第3の質問はまた重要である。われわれは人間である。我々の全ては   明日まで物事を延期するのが好きである。さらに   もし我々が決して始めようとしない   あるいは"   I   will   let   myself   do   evil   just   this   one   time   "   この一回だけは悪をやってみようと言うならば   これは我々が奴隷になることである。我々は選択する自由を失っているのだ。   我々のうち誰かは   行き過ぎた利己主義で悩んでいる。また誰かは   自分たち自身のことをほとんど考えない行き過ぎた非利己主義で悩んでいる。もし我々が生活の中でのバランスを持つよう探し求めないのならば   我々はただ怠け者になるしか期待出来ない:変化や進歩への抵抗   何か新しいことの試みへの恐れ   我々をより良く   あるいはより豊かにする試みへの恐れ。   これに対する唯一の治療があるとヒレルは暗示している。今行動せよ!明日まで待つな   「私は明日始めよう」と言うな。すぐに始めなさい!   Reflection   この本は   「アボット」にあるヒレルの3つの質問を軸にして構成されている。「第1~4章」は   行動に対する我々自身の準備について考えている。「第5~11章」は   我々各々が   自分自身のために生活をする上で   選択しなければならない事柄について語る。(If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   )「第12~21章」は   我々の共同体の中で一緒にうまく生活する場合に   選択しなければならない事柄について語る。(And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?)「第22~23章」は   われわれの進路を設定しそれを正しく設定するために   ただちにしなければならないことは何かについて語る。(And   if   not   now   when?)   いつでも   我々の学習では   このような考えに戻ってくる:・我々の各々は   複合した複雑な人間であり   しかも唯一で一人であるということ。・我々の誰もが   心の内で   良いことと悪いこととの間で苦闘している。そして同様に   我々自身のために正しいことと我々が住んでいる世界のために正しいこととの間で苦闘しているということ。・この苦闘が我々の生活に   そして我々のまわりの世界に意味を与えている   ということ。・そしてこの苦闘の成功は   我々自身の中でまた世界の中で   何が最良で何が最悪かのバランスをいかにして我々がうまくをとるか   最終的にこれにかかっているということ。   我々の苦闘に光を投げるために   そしてこの世界の複雑さの説明で我々を助けるために   我々自身の伝統(ラビの観点)を引き出そう。   ラビの観点:適切な行動と適切な考えを通して邪悪に打ち勝てるということ。邪悪なことをしようとする衝動「Yetzer   HaRa」は   良いことに代わるかもしれないということ。我々はラビ自身の行動   言葉および思考を調べよう。そして彼らの原理がいかに現実となって行くかを見てみよう。   正しさと邪悪の間の選択をするのはいつでもあなたである   ということを忘れずに記憶しなさい。なぜならば   選択の自由はあなたがユダヤ人としての世襲財産であり   また人間として生まれたあなたの権利だからである。じょうずに選ぶことは最終的にあなたの個人的な責任である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード」「アブラハムの契約とシナイ契約」「知識の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ミシュナー・タルムード・アヴォート(Avot)篇」 「アブラハムの契約とシナイ契約」「知識の価値」 ◎「知識の科価値」 迷信と固定的道徳が判断と行為の誤りから迫害を生みます。固定的道徳が予定因果であり、民衆が日常を問題意識なくすごしてしまい、儒教的道徳の場合、民衆が疑問に思うことを質問しにくいという問題がある。迷信と固定的道徳を乗り越える手立てが証拠の収集とこれらの分類を行って選択していくというstady(勉強)がある。 ◎「アブラハムの契約とシナイ契約」 ・アブラハムの契約が神ヤハウェがアブラハムにハラン(ユーフラテスの上流:現在の東トルコ)の地を離れてカナン(現在のイスラエル、パレスチナ)の地に行きなさい。繁栄を約束する。という契約の約束型契約。 ・ヘブル人(tbri:ヘブル語・現在のイスラエル人)部族集団(エジプトを脱出した部族)とモーセの神ヤハウェの十戒の条文。という契約の義務型契約。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 02:39
視聴回数:5591回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ミシュナー・タルムード・アヴォート(Avot)篇」   「アブラハムの契約とシナイ契約」「知識の価値」   ◎「知識の科価値」   迷信と固定的道徳が判断と行為の誤りから迫害を生みます。固定的道徳が予定因果であり   民衆が日常を問題意識なくすごしてしまい   儒教的道徳の場合   民衆が疑問に思うことを質問しにくいという問題がある。迷信と固定的道徳を乗り越える手立てが証拠の収集とこれらの分類を行って選択していくというstady(勉強)がある。   ◎「アブラハムの契約とシナイ契約」   ・アブラハムの契約が神ヤハウェがアブラハムにハラン(ユーフラテスの上流:現在の東トルコ)の地を離れてカナン(現在のイスラエル   パレスチナ)の地に行きなさい。繁栄を約束する。という契約の約束型契約。   ・ヘブル人(tbri:ヘブル語・現在のイスラエル人)部族集団(エジプトを脱出した部族)とモーセの神ヤハウェの十戒の条文。という契約の義務型契約。◎「The   struggle   within   us」   The   forces   within   us.   Needing   impulses   for   both   right   and   wrong.   Selfishness.   A   formula.   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   If   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   If   not   now   when   ?   Reflection   ◎「The   struggle   within   us(我々の内での苦闘)」   ◎The   forces   within   us   選択をする時に   われわれの中で2つの力が働いていると   ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求   他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し   Tovは善(good)を意味する。他方   悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。「善の衝動」「悪の衝動」である。   われわれの各々の人は   これら2つの衝動をいかに操作するか問われる。個人の意識にある「Yetzer   Tov」は正義の人を操作し   他方「Yetzer   HaRa」は邪悪をコントロールするが   タルムードでは両方の衝動が   平均的な人の意識が衝動を操作することを示す(Berachot   61a)。   我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーの「両方の衝動が平均的な人の意識が衝動を操作するということ」にあり   意識の全体が正義でなく全体が邪悪でもない。   ◎Needing   impulses   for   both   right   and   wrong   このことから   何が正しいことで   何が悪いことか   われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって片方の衝動から他方の衝動を識別するのか。選択はいつも明瞭でない。いつでも邪悪な選択があり   正義の選択があるということを   ラビが暗示している時単純化しすぎてはいないのかも課題である。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer   HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それは邪悪に向かった傾斜であるといえる。彼らは   「Yetzer   HaRa」が多くの局面で有用になりえるということまでも理解している。このことを示すために