now loading...
PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

文京区春日 「金剛寺坂・牛坂」 紹介動画作りました!

投稿日時:11/07/15 22:01  視聴回数:483回
カテゴリ: 暮らし全般 ビジネス全般 住まい・不動産
タグ: 文京区  春日  金剛寺坂  牛坂  牛天神  北野神社  安動坂  紹介動画  黒澤  区立五中 

こんばんは

オレンジルームの黒澤です。

本日は

「金剛寺様」と「牛坂」をご紹介致します。

黒澤になったつもりでお楽しみください。

この金剛寺坂と牛坂の間には、

以前ご紹介致しました 「安藤坂」 があります。




【金剛寺坂(こんごうじざか)】


[春日2-4と5の間]


江戸時代、この坂の西側、金富小学校寄りに金剛寺という禅寺(ぜんでら)があった。

この寺のわきにある坂道なので、この名がついた。

小石川台地から、神田上水が流れていた水道通り(巻石通り)に下る坂の一つである。
この坂の東寄り(現・春日2-20-25あたり)で、明治12年に生まれ、少年時代をすごした永井荷風は、

当時の「黒田小学校」(現在の第五中学校のある所、昭和20年廃校)に、

この坂を通ってかよっていた。
荷風は、昭和16年ひさしぶりにこの坂を訪ずれ、

むかしを懐しんでいる様子を日記に記している。


(東京都文京区教育委員会立札より)





金剛寺坂の近くには金富小学校もあり、通学路として

歩く子供たちも多く見られます。

ゆるやかにカーブした坂です。





【牛(うし)坂】


[春日一丁目5 北野神社北側]


北野神社(牛天神)の北側の坂で、

古くは潮見(しおみ)坂・蠣殻(かきがら)坂・鮫干(さめほし)坂など

海に関連する坂名でも呼ばれていた。

中世は、今の大曲(おおまがり)あたりまで入江であったと考えられる。


牛坂とは、牛天神の境内に牛石と呼ばれる大石があり、それが坂名の由来といわれる。

(牛石はもと牛坂下にあった)


『江戸志』には、源頼朝の東国経営のとき、小石川の入江に舟をとめ、

老松につないでなぎを待つ。その間、夢に菅神(菅原道真(すがわらのみちざね))が、

牛に乗り衣冠を正して現われ、ふしぎなお告げをした。

夢さめると牛に似た石があった。牛石がこれである。と記されている。
(文京区教育委員会立札より)

詳細

寿永3(1184)年、源頼朝が東国征伐にあたり小石川の入り江に 船をもやい、

波が和むのを待ったとき、牛に乗った菅原道真公が夢に現れ吉事を伝えました。

覚めると 牛の形をした石があったのでそれを奉ったという。天神と坂の名の由来であります。

黒澤の目になったつもりで紹介動画見て下さいね。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
プロパティエージェント株式会社
オレンジルーム
〒112-0002
東京都文京区小石川1-14-3
THE TOWER KOISHIKAWA 1階
フリーダイヤル 0120-974-002
TEL 03-5844-1080 FAX03-5844-1081
E-MAIL info@orangeroom.jp
URL :
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

寄せられたコメント

削除します。よろしいですか?
この動画を0人が評価 
ブログに貼付け:

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

タグを追加する:

追加されたタグ:

追加したユーザー:

iPod touchで動画を Video Var
著作権侵害報告フォーム
著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.