now loading...
PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

文京区小日向 「鷺坂・大日坂」 紹介動画作りました!

投稿日時:11/07/21 19:11  視聴回数:391回
カテゴリ: 暮らし全般 ビジネス全般 住まい・不動産
タグ: 文京区  小日向  有楽町線  江戸川橋  護国寺    鷺坂  大日坂  紹介動画  オレンジルーム  黒澤 

みなさんこんばんわ

オレンジルームの黒澤です。

本日はお久しぶりとなりました

坂特集復活でございます。

本日、向かった坂は 文京区小日向2丁目にある

「鷺坂」と「大日坂」

有楽町線 「江戸川橋」駅 と 「護国寺」駅の間にある坂道です。 

「鷺坂」(さぎさか)

案内板には

この坂上の高台は、徳川幕府の老中職をつとめた

旧関宿藩主・久世大和守の下屋敷のあったところである。

そのため地元の人は「久世山」と呼んで今もなじんでいる。


この久世山も大正以降は住宅地となり、堀口大学(詩人・仏文学者 1892~1981)や

その父で外交官の堀口九万一(号長城)も居住した。この堀口大学や、

近くに住んでいた詩人の三好達治、佐藤春夫らによって山城国の久世の鷺坂と結びつけた

「鷺坂」という坂名が、自然な響きをもって世人に受け入れられてきた。


足元の石碑は、久世山会が昭和7年7月に建てたもので、揮毫は堀口九万一による。

一面には万葉集からの引用で、他面にはその読み下しで

「山城の久世の鷺坂神代より春ハ張りつゝ秋は散りけり」とある。


文学愛好者の発案になる「昭和の坂名」として異色な坂名といえる。

と書かれていました。

この鷺坂は、ちょっと勾配があり短く、まっすぐに上って左に大きく曲がってか ら、

さらに緩やかに上っています。

坂下から見て左側に味のある石垣が続き、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

歴史的に古い坂ではないらしいのですが、

坂下に立った瞬間、一目ぼれをしてしまいました。

とても良い雰囲気を持った、昭和の坂です。

「大日坂」(だいにちさか)

坂の名の由来は、坂の途中に大日堂があったことから里俗に呼ばれるようになったもののよう。


堂のあるこの寺は天台宗で、覚王山妙足院と号し、開祖は浩善尼上人(紀州家の奥女)で、

堂廟の創立は、寛文二年(1662)といわれています。
その後何度か火災にあったので、堂は現在に至っていませんが、

坂の北の方の道造りは、妙足院で施工したと伝えられています。


小日向の名の由来については、鶴高日向という人の領地でしたが絶家した後、

「古日向があと」といっていたものが、いつ頃か「こひなた」と

呼ばれるようになったものであろうと、「御府内備考」では述べています。


紹介動画見て下さいね

コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

寄せられたコメント

削除します。よろしいですか?
この動画を0人が評価 
ブログに貼付け:

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

タグを追加する:

追加されたタグ:

追加したユーザー:

iPod touchで動画を Video Var
著作権侵害報告フォーム
著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2021 PeeVee Corporation. All rights reserved.