now loading...
PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

110914S003 DUCATI Multistrada 1200S Touring Edition.t

投稿日時:11/09/23 12:22  視聴回数:3706回
カテゴリ: バイク
タグ: ドカティ  ムルティストラーダ  1200SS  ツーリングエディション  ディアルパーパス  ツアラーツアラー  バイク王ダイレクトSHOP  掘出しバイクオークション  中古バイク販売  バイク王 

ムルティストラーダ1200S ツーリングエディション
初代は2003年に登場したムルティストラーダは「道を選ばない」という意味で、その名の通り走破性能を持つツーリングバイクとして、にデビューしました。他社デュアルパーパースモデル同様、ストロークの長い前後サスを装備しオフロードバイクのようなディメンションですが、ドゥカティは割り切って前後ともに17インチラジアルタイヤを装着、他社同カテゴリーバイクは、大径フロントホイールを装着する事が定番となっていますが、17インチホイールを採用しハンドリング重視する所は、ドゥカティらしいところです。
搭載されるエンジンは、スーパーバイク1198に搭載されるテスタストレッタエボルツィオーネを改良した『テスタストレッタ11°』で、吸気弁と排気弁が同時に開いている間のクランクシャフト回転のインターバルが、従来の41°から11°に変更されたのが由来で、燃焼効率が高まり、燃費向上と環境性能向上実現しています。最高出力を170psから150ps(日本仕様最高出力は102ps)へとし、低回転域のトルクをアップさせ、低回転域での扱いやすさが向上し、ムルティストラーダ性格に合わせた扱いやすい特性となっています。
ムルティストラーダ120は出力特性を4種類に変化させる事が可能で、パワー重視の『SPORT』、出力特性を滑らかにする『TOURING』、最高出力を100psに抑え、扱いやすさ重視『URBAN』、100psをマイルドにしスベリ易い路面に対応した『ENDURO』の4種類です。(※日本仕様はすべてのモードで最高出力は102ps)。これらのモード変更はエンジン出力のみではなく、トラクションコントロール(DTC)とサスペンション特性を当時に調整し、走行条件に最適化します。オーリンズ製電子制御サスペンション(DES)は、このモード変更にプラスして、パッセンジャーや荷物の積載状況にあわせてサス特性を変化させることも可能です。
電子キーを携帯していればボタンを操作でエンジンを始動可能なハンズフリーイグニッション、バルブタイミングチェックが従来の2倍である24,000kmに伸びたことや、76°と大きいイハンドル切れ角、スリッパークラッチ内蔵の湿式クラッチ等を装備します
スポーツエディションはオーリンズ製電子制御サスペンション、ABSボディ同色のサイドパニアケース、グリップヒーター、センタースタンドを標準装備。ドゥカティで旅をを重視した仕様です。



"【ココがお勧め】
とてもキレイなワンオーナー車です。まだ慣らし運転さえ終えてないピッカピカ、新車と言っても誰も疑わないほどです。
車検もほぼ3年近く付いて超お買い得です。"
ライダー身長 176cm

コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

寄せられたコメント

削除します。よろしいですか?
この動画を0人が評価 
ブログに貼付け:

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

タグを追加する:

追加されたタグ:

追加したユーザー:

iPod touchで動画を Video Var
著作権侵害報告フォーム
著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.