now loading...
PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

1211240583 HONDA Monkey Baja.k

投稿日時:13/01/23 15:38  視聴回数:1105回
カテゴリ: オークション 趣味・旅行全般 バイク
タグ: ホンダ  モンキー  バハ  オフロード  4ストミニ  原付ミッション  改造  中古バイク販売  掘出しバイクオークション  バイク王ダイレクトSHOP  バイク王 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス:
表示-改変禁止 表示-改変禁止 2.1 日本

世界一過酷な砂漠レースBAJA1000の名を持つ4ストミニ モンキーBAJA

『モンキー』をベースに世界で最も苛酷なスプリントレースの一つでもある『BAJA1000』の名を冠したヘビービューティな装備が特徴です。ベースのモンキーは、 販売の歴史はスーパーカブに次ぐロングセラーモデルで、モンキーの起源は、1961年レジャーランド多摩テック内の遊具として誕生したZ100になります。1967年には公道用が国内販売され、カブ系OHC 2.5PSエンジンを搭載し、ハンドルとシートは折り畳み式、クルマのトランクに入るように設計され、クルマで持ち運んで遊ぶコンセプトでした。1974年には前後にサスペンションを備えたZ50Jが登場しました。
モンキーバハは車体や足回りをモンキー共用し、ヘッドライトガード内に収められたデュアルヘッドライト(15W×2個)、オフロード風の専用4Lタンク、ナックルガード、フロントフォークプロテクターを身にまとっています。12V電装、CDI式点火、オートカムチェーンテンショナー、両端ベアリング入りカムシャフトなどの電装系やエンジン系は1992年に12V化されるモンキーとほぼ同じで、バッテリーレス化(ニュートラルランプ点灯用除く)されています。
カスタムパーツの豊富さにおいては世界一!?のモンキーと数多く部品を共有するため、カスタマイズは思いのまま。ただしバハはタンクや外装パーツ、一部フレームやフォークブーツ、ハンドル部分などがモンキーとは異なります。モンキー用の社外パーツはそのまま装着できない場合もあるのでご注意ください。

【カタログデータ】
全長×全幅×全高:1.330×0.735×0.875m、軸距:0.895m
最低地上高:0.15m、シート高:0.575m、車両重量/乾燥重量:59/55kg
燃料消費率 30km/h定地走行テスト値:92km/L
最高出力:3.1ps/7,500rpm
最大トルク:0.32kgm/6,000rpm
潤滑油容量:0.8L、燃料タンク:4.0L

コがお勧め
フルノーマルのモンキーBAJAです。
エンジンの調子は良く、まだまだ元気に走ります。年々程度の良い車両が減っており、良い状態のモノを探すのはなかなか困難です。一時期の中古販売価格相場の高騰が収まり、お求め易くなってきました。掘出しバイクお見逃しなく!!
ライダー身長 167cm


[掘出しバイクオークション]詳細写真多数掲載 http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/

コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

寄せられたコメント

削除します。よろしいですか?
この動画を0人が評価 
ブログに貼付け:

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

タグを追加する:

追加されたタグ:

追加したユーザー:

iPod touchで動画を Video Var
著作権侵害報告フォーム
著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.