now loading...
PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

1303100981 Kawasaki ZXR250 '95.k

投稿日時:13/04/10 15:30  視聴回数:1732回
カテゴリ: オークション 趣味・旅行全般 バイク
タグ: カワサキ  レーサーレプリカ  クォーターマルチ  プロダクションレース  掘出しバイクオークション  中古バイク  ネット  販売  ヤフオク  バイク王ダイレクトSHOP  バイク  動画 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス:
表示-改変禁止 表示-改変禁止 2.1 日本

満を持して登場カワサキクォーターマルチ ZXR250

初代ZXR250(ZX250-A1)は、1989年に登場した250cc水冷DOHC4バルブ並列4気筒エンジンを搭載しレーサーレプリカです。
当時のカワサキは、レーサーレプリカには否定的な考えで、全てのクラスでレーサーレプリカタイプの投入が後発となりました。特に「250ccはツインエンジンがベスト」と言う思想を貫いていました。250cc4気筒エンジン最後発となったカワサキは、初代ZXR250(ZX250-A1)にクラス自主規制値いっぱいの、45ps/15000rpmを発揮するエンジンを搭載して参入となりました、しかもレッドゾーンは19000rpmから始まる超高回転型で、レッドゾーンもトップクラスです。
アッパーカウルのエアダクトからタンク前方へパイプを通して新鮮な空気を取り入れ、シリンダーヘッドへ周辺ね冷気をあて、熱ダレを防いでくれる、K-CAS(カワサキクールエアシステム)と、サイドカバー下方から走行風を直接エアクリーナーボックスへ導き、吸気効率を高めるK-RAS(カワサキラムエアシステム)」も搭載されています。
車体周りは、高剛性アルミ製ツインスパータイプのe-BOXフレームを採用し、市販ロードモデルでは初となる倒立フロンとフォークが採用となり、リアはユニラックサスペンションの組み合わせとなります。
マイナーチェンジを重ね、1991年には、400ccと同じイメージのスラントノーズアッパーカウルへフェイスリフト(ZX250-C1)。1993年には、業界自主規制により最高出力45PS→40PSへ変更(ZX250-C3)となり、その後カラーチェンジ1995年(ZX250-D5)、1999年(ZX250-D7)で最終型となり、ZXR250は生産を終了しました。

【カタログデータ】 ZX250-C3~-C7
全長×全幅×全高:2000×685×1090mm
最高出力:40ps/15500rpm
最大トルク:2.3kg・m/11000rpm
変速機形:常噛6段リターン
燃料タンク容量:15.0L、エンジンオイル容量:2.6L
タイヤ:前 110/70 R17 54H、後 140/60 R18 64H

ココがお勧め
距離が少なくキレイなZXR250が入荷しました。
非常に流通台数が少なく、また程度の良い車両は滅多に入荷される事はありません。お買い得価格でスタートしますので、お見逃し無く!
ライダー身長 167cm



[掘出しバイクオークション]詳細写真多数掲載 http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/

コメント

名前:
メール:
コメント:

投稿

寄せられたコメント

削除します。よろしいですか?
この動画を0人が評価 
ブログに貼付け:

サイズ大   サイズ中   サイズ小  

タグを追加する:

追加されたタグ:

追加したユーザー:

iPod touchで動画を Video Var
著作権侵害報告フォーム
著作権を侵害しているコンテンツ、もしくは公序良俗に反すると思われるコンテンツを発見した時は、報告フォームよりお知らせください。ご協力お願い致します。

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.