PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード・道徳と神の必要性」「ヲシテ文献の ホツマタエ、ミカサフミ、フトマニ」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「道徳と神の必要性」 「ヲシテ文献の ホツマタエ、 ミカサフミ、 フトマニ」 ◎Is God necessary For Morality ? 「道徳のために、神は必要であるのか?」 In the nineteenth century ... The attempt made in recent decades by ... reference(登場する学者の名前) In the nineteenth century ... from Erich Fromm 19世紀に、問題は神が死ぬいうことであった; 20世紀に、問題は人が死ぬということである。 [ --- Erich Fromm, The Sane Society ] 宗教に対抗して人気のある議論は、その宗教の名のもとで多くの悪事が行なわれてきていることである。しかし歴史上で二つの最も殺人的な社会、ナチスとソヴィエト共産主義者、は攻撃的な無心論者であった、ということはめったに説明されていない。ヒトラーは、「ユダヤ人の専制的な神」の破壊を自分の生涯の使命と宣言した、一方でソヴィエト連邦は73年の歴史の間、神の信仰を弁護することを犯罪とした。 フロム(Fromm)が引用している「神の死」とは、19世紀後半の哲学者ニーチェ(Friedrich Nietzsche)によって最初に明確に言われた観念である。およそ同じ時代に、ドストエフスキー(Feodor Dostoevsky)が「カラマゾフの兄弟」の中で、 「もし神がいないのであれば、全てが許される」、と書いた。 ユダヤ教の視野からは、ドストエフスキーのコメントは一つの論理的な結論である:もし神がいないのであれば、何事かが禁止されるべきであるとは誰が言えるのであろうか?今日において、「ヒトラーがなぜ悪かったのか?」という質問に対して、哲学的に強要する答えは全く存在していない、「神がそう言うからである」ということを離れては。 今世紀の最も著名な非宗教的な哲学者ラッセル(Bertrand Russell)は、 彼自身、神のない主観的な道徳の危険を明確に言った:「道徳的な価値の主観性に対する議論をいかにして論破するか、私には分からない。しかし、残酷ないたずらをもった誤ちの全てのことは、私が好まないことである、ということを自分が信じることができないと私は分かっている」 ラッセルは彼の90才代まで良心的に生きたけれども、彼が好まない以上に、 残酷ないたずらに対抗してより強要する議論を作りだすことは決してなかった。 不幸にして、相当な数の人々がそういうことを好んでいる。 from The Tosefta ある哲学者が Rabbi Reuven に聞いた、「世界で誰が最も嫌いな人ですか?」Rabbi Reuven は答えた、「自分の創造者を否定する人」「それはなぜですか?」 そのラビは答えた: 「あなたの父と母を尊敬しなさい....。あなたは殺してはなりません....。あなたは盗んではなりません.....。あなたは隣人に対して嘘の証言を支持してはなりません.....。さぁ聞け、人は彼らの創造者(神)を拒否するまでは、これらの法律のどれも拒否することはない」 [ --- Tosefta Shevuot 3:6 ] The attempt made in recent decades by .... このことから道徳に対して神の必要性についてが思考できます。 ◎「ヲシテ文献の ホツマタエ、 ミカサフミ、 フトマニ」 「初代アマカミの クニトコタチが 木の実を採って 魚、獣を獲って 穴居でございましたが、 木の実の品種の向上を行って 穴居を建物の居場所を造り 改革が行われて 憲法的制度と文字の創始と 人々の生活と文明の度合いの向上があり建国が成立しました。 四代目アマカミの ウビチニ・スビチニの時代に 農耕と乾坤制度が確立して 普及しました。 六代目アマカミの オモタル・カシコネの時代に 季節が寒冷になり 農耕が不作のため 秩序が不安定になり 犯罪者が出て このとき 罪人を斬るホコ(剣)が造られました。 七代目アマカミの イサナギ・イサナミが 新田開発を行って国を再建して 国の言語の整理をしました。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.11. 17:01
視聴回数:3288回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「道徳と神の必要性」   「ヲシテ文献の   ホツマタエ   ミカサフミ   フトマニ」   ◎Is   God   necessary   For   Morality   ?   「道徳のために   神は必要であるのか?」   In   the   nineteenth   century   ...   The   attempt   made   in   recent   decades   by   ...   reference(登場する学者の名前)   In   the   nineteenth   century   ...   from   Erich   Fromm   19世紀に   問題は神が死ぬいうことであった;   20世紀に   問題は人が死ぬということである。   [   ---   Erich   Fromm   The   Sane   Society   ]   宗教に対抗して人気のある議論は   その宗教の名のもとで多くの悪事が行なわれてきていることである。しかし歴史上で二つの最も殺人的な社会   ナチスとソヴィエト共産主義者   は攻撃的な無心論者であった   ということはめったに説明されていない。ヒトラーは   「ユダヤ人の専制的な神」の破壊を自分の生涯の使命と宣言した   一方でソヴィエト連邦は73年の歴史の間   神の信仰を弁護することを犯罪とした。   フロム(Fromm)が引用している「神の死」とは   19世紀後半の哲学者ニーチェ(Friedrich   Nietzsche)によって最初に明確に言われた観念である。およそ同じ時代に   ドストエフスキー(Feodor   Dostoevsky)が「カラマゾフの兄弟」の中で   「もし神がいないのであれば   全てが許される」   と書いた。   ユダヤ教の視野からは   ドストエフスキーのコメントは一つの論理的な結論である:もし神がいないのであれば   何事かが禁止されるべきであるとは誰が言えるのであろうか?今日において   「ヒトラーがなぜ悪かったのか?」という質問に対して   哲学的に強要する答えは全く存在していない   「神がそう言うからである」ということを離れては。   今世紀の最も著名な非宗教的な哲学者ラッセル(Bertrand   Russell)は   彼自身   神のない主観的な道徳の危険を明確に言った:「道徳的な価値の主観性に対する議論をいかにして論破するか   私には分からない。しかし   残酷ないたずらをもった誤ちの全てのことは   私が好まないことである   ということを自分が信じることができないと私は分かっている」   ラッセルは彼の90才代まで良心的に生きたけれども   彼が好まない以上に   残酷ないたずらに対抗してより強要する議論を作りだすことは決してなかった。   不幸にして   相当な数の人々がそういうことを好んでいる。   from   The   Tosefta   ある哲学者が   Rabbi   Reuven   に聞いた   「世界で誰が最も嫌いな人ですか?」Rabbi   Reuven   は答えた   「自分の創造者を否定する人」「それはなぜですか?」   そのラビは答えた:   「あなたの父と母を尊敬しなさい....。あなたは殺してはなりません....。あなたは盗んではなりません.....。あなたは隣人に対して嘘の証言を支持してはなりません.....。さぁ聞け   人は彼らの創造者(神)を拒否するまでは   これらの法律のどれも拒否することはない」   [   ---   Tosefta   Shevuot   3:6   ]   The   attempt   made   in   recent   decades   by   ....   from   Will   Herberg   最近の数十年に   非宗教的な思想家たちは   彼らの(聖書に基づいた)宗教的な文脈から(西洋文明の道徳的な原理を)分離するために   「人類愛」の道徳として彼ら自身の生活をすることができるということに確信にもって   行った試みは   ある作家が「切り花文化(cut-flower   culture)」と呼んだ結果となった。   切り花はそれらのオリジナルな美と香を保持している   しかし今それらの根から供給されている生命力を保持している間だけである;それが使い果たされた後には   切り花は枯れて死んでしまう。自由   兄弟関係   正義   そして個人の尊厳   ---   我々文明の道徳的な土台を形成している価値   ---   も同じである。   それらがわき出てくる信仰の元気つける力を無くしては   それらは意味をもたないし生命力もない。神に根拠がない道徳は   実際に砂の上に建てられた家であり   衝動からの気まぐれや   権力と私利私欲の野蛮な圧力に対抗して耐えることができない。   [   ---   Will   Herberg   Judaism   and   Modern   Man   page   91-92   ]   from   Irving   Kristol   (西洋世界で非宗教家である我々人々は)ニーチェの挑戦によって我々自身が悩まされたと見ていた:もし神が本当に死んだのであれば   どの特別な実行が禁止されている   あるいは許されている   ということを我々は何の権威によって言うことができるのか?   近親相姦(incest)が悪いことである   ということを純粋な理由だけで我々に告げることはできない。獣的欲望(bestiality)が悪いことである   ということを純粋な理由だけで我々に告げることはできない。実際に   今日   獣的欲望に対抗する唯一の議論はこうである:動物たちがそれを楽しむのかどうかを   我々が知ることはできないために   それは「動物の権利」に違反している。   [   ---   Irving   Kristol   "Afterword   "   in   David   Dalin   ed.   American   Jews   and   the   Separationist   Faith   page   161   ]   from   J.David   Bleich   昔のイーデッシュの格言   私が偉大な祖母から子供の時に最初に聞いた:「あなたが荷馬車に乗って   そして教会の門を通過する時に   もし運転手が彼自身で十字を切らないならば   ただちに降りなさい」   [   ---   J.David   Bleich   in   David   Dalin   ed.   American   Jews   and   the   Separationist   Faith   page   29   ]   Bleich   は説明している:「その警告は神学と関係しているものではない   安全と生き残りと関係しているあらゆるものを持っている。ユダヤ人は理解した:彼自身の安全は非ユダヤ人が一つの宗教を自称することを要求する   そんな目的のために   どんな宗教でも無いよりは良いことであると。   ボルテア(Voltaire     彼自身が純粋な理論家の無神論者の彼は   無神論は知識人に対してのみ安全であると信じた。彼はこう言ったと報告されている:『私の弁護士   洋服屋   ボーイたち   さらに私の妻でさえも神を信じて欲しい。   もし彼らがそうするならば   私が盗まれることが少なく   また騙されることが少ない   と私は考えている』」   フロイト(Sigmond   Freud   )はボルテアの確信を分担した:知的な傾向の無神論者は   神を信じること無しにさえも道徳的であると信頼されることができる。フロイトは1927年ウイーンでの書物で議論した:低い知的な成就の人々は彼らの道徳を保護するために宗教を必要としているかもしれないけれども   「文明は教育された人々から恐れることはほとんどない.....。彼らの中では   他人によって洗練された振る舞いのために宗教的な動機の代用   非宗教的な動機が謙虚に進(The   Future   of   an   Illusion   page   39)   人間の性質についてのフロイト学派の楽天主義のこのまれな例の10年以内に   フロイト自身が立証した:文明は   教育されていない人々からと同様に   教育された人々から恐れるに大きいものを持っている。彼の仲間のオーストリア人およびドイツ人の知識人たちが   彼らの仲間の市民の他のグループ以上により偉大な道徳的な洞察   力あるいは勇気を全く表さなかった;   実際に   彼らの多くは医者や教授たちであるが   ナチの残酷さの中に参加した。   例えば   第二次世界対戦後に   24人の   "Einsatzgruppen"   の指導者たちが   彼らの大規模なユダヤ人刈り集めをして   ソビエトユダヤ人の百万人以上を殺人したということで裁判にかけられた。これらの中には9人の法律家   2人の経済学者   1人の建築家   教授   銀行家   高校の先生   そして歯医者を含んでいた。   このことから道徳に対して神の必要性についてが思考できます。   ◎「ヲシテ文献の   ホツマタエ   ミカサフミ   フトマニ」   「初代アマカミの   クニトコタチが   木の実を採って     獣を獲って   穴居でございましたが   木の実の品種の向上を行って   穴居を建物の居場所を造り   改革が行われて   憲法的制度と文字の創始と   人々の生活と文明の度合いの向上があり建国が成立しました。   四代目アマカミの   ウビチニ・スビチニの時代に   農耕と乾坤制度が確立して   普及しました。   六代目アマカミの   オモタル・カシコネの時代に   季節が寒冷になり   農耕が不作のため   秩序が不安定になり   犯罪者が出て   このとき   罪人を斬るホコ(剣)が造られました。   七代目アマカミの   イサナギ・イサナミが   新田開発を行って国を再建して   国の言語の整理をしました。」  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.