PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) メタ理論・意図と欲求・労働と日常の意図の差分・タルムード2章 ・聖クルアーン 53章

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「メタ理論: 意図と欲求の差分と労働と日常の意図の度合いと価値」 「ミシュナー・タルムード ピルケ・アヴォート 第2章」 「聖クルアーン 第53章」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.10.11. 09:09
視聴回数:224回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「メタ理論:   意図と欲求の差分と労働と日常の意図の度合いと価値」   「ミシュナー・タルムード   ピルケ・アヴォート   第2章」   「聖クルアーン   第53章」  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) メタ理論:意識と行為に対する各目的の意義と価値・タルムード4章・聖クルアーン 49章

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「メタ理論: 意識と行為に対する 各目的の意義と価値」 「ミシュナー・タルムード ピルケ・アヴォート 第4章」 「聖クルアーン 第49章」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.10.4. 15:53
視聴回数:346回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「メタ理論:   意識と行為に対する   各目的の意義と価値」   「ミシュナー・タルムード   ピルケ・アヴォート   第4章」   「聖クルアーン   第49章」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード4章・クルアーン10章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「メタ理論」 「タルムード第4章」 「聖クルアーン第10章」 「メタ理論:原初の人間が メタファー(隠喩)を駆使して 表象と意識と無意識について 論究していくとき 言語分節を行って以降に 詩的言語または 自然言語の基底が 隠喩・心象・直喩・比喩で つくられました。 表現したいと意識する知覚と、 直接的に自然につながりがある 身体・物体・行為で会話を行って、 象徴語が発生しました。 特に、 人間は驚嘆すべき事象に接すると わけもわからぬままに 想像して信じ込む特性があり、 このことから 述語的同一性の付与も メタファー(隠喩)的類型分類も、 分節に先行した領域に、 事象的次元の 特異な性質を象徴する 想像的普遍の意味についての 表象である位相の論究を行って、 詩的知恵と 想像的普遍についての 特性と意義を補います。」 「タルムード第4章」 第4章 1。 ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているように、すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99) 強い者とはどんな者のことでしょうか? その衝動を抑制するもの。なぜなら、" 忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32) 豊か者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているとして、その持分で喜んでいる者。なぜなら、 "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/ あなたはいかに恵まれてるものか。" (詩篇128:2)と言われてるからである。" あなたはいかに幸いなものか。 "はこの世においてである。" あなたはいかに恵まれてるものか。" は、来るべき世界を指す。 尊敬される物とはどんな者のことでしょうか? 他人を救う者。なぜなら、" 私を重んずるものを私は重んじ、私を侮(あなず)らはす物を軽んずる "(サムエル上2:30)と言われてるからである。 2。 ベン・アッザイは言う、軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して、罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き、別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり、罪の報いは罪であるからである。 3。 彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし、またそのところを得ない者事物もないからである。 4。 ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は、人前で罰せられる。御名の冒涜は、過失であれ故意であれみな同じである。 「聖クルアーン第10章」 ユーヌス章 マッカ啓示109節 1-1.アリフ・ラーム・ラー。これらは英知に満ちた、啓典の御印である。 1-2.われがかれら(マッカ人)の中の1人(預言者ムハンマド)に啓示して、「あなたは人びとに(不信心の結末を)警告しなさい。また信仰する者には、主の御許で優れた足場を与えられるとの、吉報を伝えなさい。」と命じたことが(マッ力の)人びとに(それ程)驚きであるのか。(だが)不信心者たちは、「これは明らかに魔術師です。」と言う。 1-3.本当にあなたがたの主はアッラーである。6日の間に天と地を創造され、それから(大権の)玉位に鎮座して、凡ての事物を規制統御なされる。かれの許しを得た後でなければ、執り成す者はない。これがあなたがたの主、アッラーである。かれに仕えなさい。あなたがたは、訓戒を受け入れないのか。 1-4.あなたがたは皆一緒にアッラーの御許に帰る。アッラーの約束は真実である。本当にかれは創造を始め、そしてそれを繰り返される。これは信仰して善行をした者に、公正に報われるためである。だがかれを信仰しない者には、煮えたった飲物と、痛ましい懲罰がある。これはかれらが不信心であったためである。 1-5.かれこそは太陽を輝やかせ、月を灯明とされ、その軌道を定め、年数(と時日)の計算をあなたがたに教えられた方である。アッラーがこれらを創造されたのは、只真理(を現わすため)に外ならない。かれは知識ある人びとに印を詳しく述べられる。 1-6.本当に夜と昼との交替、またアッラーが天と地の間に創られる凡てのものの中には、主を畏れる者への印がある。 1-7.本当にわれとの会見を期待しない者、また現世の生活に満足してこれに安心している者、そしてわれの印を疎かにする者、

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.13. 13:34
視聴回数:6871回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「メタ理論」   「タルムード第4章」   「聖クルアーン第10章」   「メタ理論:原初の人間が   メタファー(隠喩)を駆使して   表象と意識と無意識について   論究していくとき   言語分節を行って以降に   詩的言語または   自然言語の基底が   隠喩・心象・直喩・比喩で   つくられました。   表現したいと意識する知覚と   直接的に自然につながりがある   身体・物体・行為で会話を行って   象徴語が発生しました。   特に   人間は驚嘆すべき事象に接すると   わけもわからぬままに   想像して信じ込む特性があり   このことから   述語的同一性の付与も   メタファー(隠喩)的類型分類も   分節に先行した領域に   事象的次元の   特異な性質を象徴する   想像的普遍の意味についての   表象である位相の論究を行って   詩的知恵と   想像的普遍についての   特性と意義を補います。」   「タルムード第4章」   第4章   1。   ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているように   すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99)   強い者とはどんな者のことでしょうか?   その衝動を抑制するもの。なぜなら   "   忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32)   豊か者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているとして   その持分で喜んでいる者。なぜなら   "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/   あなたはいかに恵まれてるものか。"   (詩篇128:2)と言われてるからである。"   あなたはいかに幸いなものか。   "はこの世においてである。"   あなたはいかに恵まれてるものか。"     来るべき世界を指す。   尊敬される物とはどんな者のことでしょうか?   他人を救う者。なぜなら   "   私を重んずるものを私は重んじ   私を侮(あなず)らはす物を軽んずる   "(サムエル上2:30)と言われてるからである。   2。   ベン・アッザイは言う   軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して   罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き   別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり   罪の報いは罪であるからである。   3。   彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし   またそのところを得ない者事物もないからである。   4。   ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は   人前で罰せられる。御名の冒涜は   過失であれ故意であれみな同じである。   5。彼の息子ラビ・イシュマエルは言う。教えるために学ぶものは   学びまた教えるための手だてを提供される。また実践されるために学ぶ者は   学び   教え   また遵守し実践するための手だてを提供される。   ラビ・ツァドクは言う。   6。   と言って使用されるラビYishmael息子:彼は教えるために学ぶ学習し   教えることの両方が有効になります。   しかし   実際に順番に学習し   彼は観察すること   教えること   そして練習し   学ぶために有効になります。   7。   律法を自分で殖やすための王冠作る   また   掘るための鍬としてそれを使用しないでください。ラビTzadokは言うために使用されます。   ヒレルが言って使用される:トーラーの王冠の世俗的な使用しています彼は滅びる。   したがって   あなたは律法の言葉を悪用するいずれかの生命の世界から自分を削除することを推論することがあります。   8。   ラビヨシは言うに使用される:彼は律法が人類によって名誉を彼自身である誰が栄誉。   律法をdishonors彼は彼自身が   人類が不渡りされなければならない。   9。   ラビYishmael息子は言った:彼は敵意   窃盗   偽証の裁判官のRID自身の事務所を遠ざかって誰。   彼は律法の問題で僭越ルールは   愚かな邪悪な   と傲慢です。   10。   一人ではない判断し   どれも一つを除いて単独で判断してはならないために:彼が言っていました。   そして   彼らはあなたを決定しないようにすることがあるため   "私の考えを受け入れない"と言う。   11。   ラビYonatanは言った:貧困の中で律法を満たしている彼は   最後には富でそれを満たさなければならない。   富に律法を無視し   彼は最終的に貧困でそれを無視しなければならない。   12。   ラビ・メイアは言った:ビジネスに少しを掛けますが   律法を自分で占有します。   すべての人の前に精神で謙虚である。   しかし   律法後のGdのあなたは労働力があなたを与えるために   豊富な報酬を持っている場合   それはあなたに自分自身を紹介します怠った律法は多くの原因を無視した場合。   13。   ラビエリエゼルベンヤコブは言っていた:1罪を犯した彼が彼自身に1つの告発を得ていながら   1命令を実行する彼は   自分自身に1つの支持者を獲得します。   懺悔と善行は罰に対するシールドのとおりです。   14。   ラビYochananはサンダルメ??ーカーは言った:神聖な目的のためにであるすべてのアセンブリは   最終的に確立しなければならない。   しかし   神聖な目的のためではない任意のアセンブリは   最終的に確立されてはならない。   15。   あなたの学生の名誉は   あなた自身のようにあなたのように貴重になりましょう   そしてあなたの教師敬意として同僚の名誉およびGdのあなたの畏敬の念など   先生に対する尊敬:ラビエラザールベンShammuaは言っていました。   16。   教育に注意して   故意の罪に金額を教えるのエラーのために:ラビユダは言っていました。   17。   ラビシモンは言うに使用:あり3冠です   -   トーラーの王冠   聖職者の冠と   王政の冠はなく   良い名前の冠は   それらすべてを凌駕しています。   18。   ラビNehoraiは言った:それはあなたの永久所有になるあなたの仲間であるために   律法の代わりに自発的な亡命として移動して   律法はあなたに従うことを言うことはありません。   あなた自身の理解に依存しないでください。   19。   ラビYannaiは言うに使用される:それは正しいの邪悪や悲しみのウェルビーイングを説明するために私たちの力ではありません。   20。   すべての人に挨拶の最初に:ラビMatyahベンChereshは言っていました。   ライオンの間で尾はなく   キツネに頭である。   21。   この世界は未来の世界への廊下のようなものです:ラビヤコブは言っていました。   あなたは宴会場に入ることが廊下に自分自身を準備します。   22。   また   彼は言う:世界の全ての生命が来るよりも懺悔とこの世界での善行の1時間です。   より良い   この世界のすべての生命よりも   世界に来るの精神的な休息の1時間です。   23。   ラビシモン・ベンエラザールは言っていた:彼の怒りの時にあなたの仲間をなだめる   また彼の死んだの嘘彼の前にしながら彼を慰めないでください。   彼の誓いの時に彼に質問しないでください。   自分の不名誉の時に彼を見ないようにしてください。   24。   サミュエル   "あなたの敵が倒れたときに喜ぶしないでください   彼らはつまずく   または他の主はそれを見て不快になる   と背を向ける時期あなたの心は喜んでさせない(箴言24:17-18)と言って使用される若い人そこから怒り。   "   25。   エリシャベンAvuyahは言うに使用される。子として学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は新しい紙に書かれたインクのようなものです。   老人のように学習し   彼は   彼は何が好きですか?   彼は紙をブロッティングに書かれたインクのようなものです。   26。   Kefar   HA-Bavliのラビヨシバーユダは言った:若いから学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は未熟なブドウやドリンク彼のワインを押してから新鮮なワインを食べるもののようです。   しかし   高齢者から学ぶ彼は   彼が好き何ですか?   彼は熟したブドウや飲み物昔のワインを食べるもののようです。   27。   ラビ・メイヤーは言うに使用:フラスコを見てはいけないが   何でそれで   昔のワインもその中に新しいワインを持っていない昔のフラスコがいっぱいです新しいフラスコがあるかもしれません。   28。ラビエレアザルHA-Kapparは言っていました。   嫉妬   欲望   野心   を人の世界から消します。   29。   彼はまた言って使用しました。生まれてきた彼らは   死ぬ運命にある。   死んでいる彼らは生きている行うことが運命づけられている。   住んでいると判断することが運命づけられている彼らは   その男性は知っているかもしれないと認識させると彼がG-dであることを理解し   彼は創作者であり   彼は創造主であり   彼はdiscernerですが   彼は裁判官であり   彼が証人であり   彼は訴追人   それは将来の裁判官には   祝福されたその存在が尊崇に値します。収賄もなく   彼になる神です。すべての神です。   すべてが計算によるとあることを知っています。   そして   あなたの邪悪な性質は   墓があなたの隠れ家になることを保証するものではありませましょう:自分の意思にかかわらずのためにあなたが作られ   自分自身の意思にかかわらず   あなたが生まれた   自分自身の意思にかかわらず   あなたは生き   そして自分自身の意思にかかわらず   あなたが死ぬと   自分自身の意思にかかわらず   あなたがに運命づけられているものである神   -   彼は祝福される王の至高王   -   聖なる者の前で申し開きと審判を行うことになってます。   「聖クルアーン第10章」   ユーヌス章   マッカ啓示109節   1-1.アリフ・ラーム・ラー。これらは英知に満ちた   啓典の御印である。   1-2.われがかれら(マッカ人)の中の1人(預言者ムハンマド)に啓示して   「あなたは人びとに(不信心の結末を)警告しなさい。また信仰する者には   主の御許で優れた足場を与えられるとの   吉報を伝えなさい。」と命じたことが(マッ力の)人びとに(それ程)驚きであるのか。(だが)不信心者たちは   「これは明らかに魔術師です。」と言う。   1-3.本当にあなたがたの主はアッラーである。6日の間に天と地を創造され   それから(大権の)玉位に鎮座して   凡ての事物を規制統御なされる。かれの許しを得た後でなければ   執り成す者はない。これがあなたがたの主   アッラーである。かれに仕えなさい。あなたがたは   訓戒を受け入れないのか。   1-4.あなたがたは皆一緒にアッラーの御許に帰る。アッラーの約束は真実である。本当にかれは創造を始め   そしてそれを繰り返される。これは信仰して善行をした者に   公正に報われるためである。だがかれを信仰しない者には   煮えたった飲物と   痛ましい懲罰がある。これはかれらが不信心であったためである。   1-5.かれこそは太陽を輝やかせ   月を灯明とされ   その軌道を定め   年数(と時日)の計算をあなたがたに教えられた方である。アッラーがこれらを創造されたのは   只真理(を現わすため)に外ならない。かれは知識ある人びとに印を詳しく述べられる。   1-6.本当に夜と昼との交替   またアッラーが天と地の間に創られる凡てのものの中には   主を畏れる者への印がある。   1-7.本当にわれとの会見を期待しない者   また現世の生活に満足してこれに安心している者   そしてわれの印を疎かにする者   1-8.これらの者の住まいは   その(悪い)行いのために地獄である。   1-9.本当に信仰して善行に励む者には   かれらの主は   その信仰によってかれらを導かれる。至福の楽園の中に   川はかれらの足元を流れるのである。   1-10.その中でかれらの祈りは   「アッラーよ   あなたの栄光を讃えます。」であり   またそこでのかれらの挨拶は「平安あれ。」であり   そして祈りの結びは   「万有の主アッラーを讃えます。」である。   1-11.かれらが幸福へと急ぐよう   もしアッラーが人びとに対して悪を急がれるならば   (猶予の)期間はきっと終らされたであろう。われとの会見を望まない者には   法外の混乱の中で当てもなくさ迷わせることであろう。   1-12.人びと(不信心者たち)が苦難に会った時は   横たわり   あるいは座り   あるいは立っていても(どんな状態のもとでも)われを呼ぶ。だがわれがかれらから苦難を除くと   (まるで)かれらを苦しめた(以前の)不幸のためわれを呼ばなかったかのように過ごしてしまう。このように愚かな者は   その行いを(悪魔によって)立派だと思わせられる。   1-13.本当にわれはあなたがた以前にも   かれらが不義を行ったために   幾多の民族を滅ぼした。使徒たちが明証をかれらに与えたのだが   かれらは信じようとはしなかった。このようにわれは   罪を犯した民に報いる。   1-14.それからわれはかれらの後に   この地をあなたがたに継がせた。これはあなたがたが   如何に行うかを見るためである。   1-15.ところがわれの明瞭な印が   かれらに読み聞かされた時   われと会うことを望まない者たちは言った。「これとは別のクルアーンを持って来なさい。それともこれを改竄しなさい。」言ってやるがいい。「わたしは自分の裁量でこれを改竄することは出来ない。只   わたしに啓示されたものに従うだけである。わたしがもし主に背いたならば   偉大な日の懲罰を本当に恐れる。」   1-16.言ってやるがいい。「アッラーの御心なら   わたしはあなたがたにそれを読誦せず   またかれは   あなたがたに教えられなかったであろう。その(啓示)前に   わたしは確かにあなたがたの間で   一生ほどの(40年の)歳月を過ごした。あなたがたは未だ悟らないのか。」   1-17.アッラーに就いて偽りを捏造し   その啓示を拒否するほど   甚だしい不義の者があろうか。罪を犯す者は   決して成功しないのである。   1-18.かれらはアッラーの外に   かれらを害せず   また益のないものに仕えて   「これら(の神々)は   アッラーの御前でわたしたちを執り成すものです。」と言う。言ってやるがいい。「あなたがたは   天地においてアッラーの知らないことを   かれに告げようとするのか。」かれを讃えなさい。かれはかれらが配するものの上に高くおられる。   1-19.人間は(元来)唯一族(1つのウンマ)であった。もし以前にあなたの主から下された御言葉がなかったならば   その相違点に就いては   かれらの間に採決が下されてしまっただろう。   1-20.かれらは言うであろう。「何故主から一つの印もかれ(ムハンマド)に下されないのだろう。」言ってやるがいい。「幽玄界のことは   只アッラーが御支配しておられる。だから待て。わたしもまた   あなたがたと共に待つ者である。」   1-21.われが人間に災厄を味わせた後   慈悲を与えると   見よ   かれらはわが印に対して策謀をする。言ってやるがいい。「アッラーは   策謀に対して迅速に処置される。」本当にわが使徒たち(天使)は   あなたがたの策謀することを凡て記録するのである。   1-22.かれこそはあなたがたを陸に   また海に旅をさせられる御方である。それであなたがたが船に乗る時   それが順風に乗って航行すれば   かれらはそれで喜ぶ。暴風が襲うと   大波が四方から押し寄せ   かれらはもうこれまでだと観念して   アッラーに向かって   信心を尽くして祈る。「あなたが   もしわたしたちをこれから救い下されば   必ず感謝を捧げる者になります。」   1-23.だがかれが救助してみると   見よ   かれらは地上において正義を侮って不義を行う。人びとよ   あなたがたの反逆は只自分自身の魂を害し   現世の生活で享楽を得るだけであるが   あなたがたはすぐにわれに帰るのである。その時われは   あなたがたの行ったことを告げ知らせるであろう。   1-24.本当に   現世の生活を例えれば   天からわれが降らせる水(雨)のようなものである。それで土を潤し   人間や家畜の食べ物を茂らせる。大地が美麗な装いで覆われて飾られると   そこの(住)民は   その全権を持ったと思い込む。だがわが命令が   夜も昼も一度下れば   昨日は繁茂していなかったかのように刈り取られたもののように変えてしまう。われはこのように   熟慮する人びとのために(われの)印を解明する。   1-25.本当にアッラーは   人を平安の家に招き   また御好みになられた者を正しい道に導かれる。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)「メタ理論:悟性的普遍と想像的普遍とユダヤ教」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「メタ理論:悟性的普遍(学問的悟性の抽象的普遍性)と想像的普遍(想像力の具象的想像性)」 原初の人間が雷鳴雷光を感じるとき、感覚して驚嘆した事象の原因について神々を意識すること以外に、驚嘆した事象を自身の意識と身体で領納できうる感覚を身体の形象に擬して(メタファー:隠喩などで)外界の事物を人間の尺度(メゾスピコック)で表象します。または物神性論を拡張した時、「無知」から生じる物神崇拝を想像的普遍を基底に、ここから神を観想することも領納します。 「同一性と直時の問題」 人の感情は常に生成消滅しますから、人は同じ顔を二度と見ることができないということが先行して意識に存在します。人の顔は常に新しい表情が現れて存在していくことが原初の人間の知覚になります。 「事象と存在と意味」 想像的普遍の象徴性が事象の発生についての関係付けを固有名の多数の接合で知覚して固有名の象徴と象徴の接合が編み出す意味の関係から生起します。 ・指示作用の操作の固定性について普通のメタファー(隠喩:比喩から形容詞(~ようだ、みたい)の形式を外して表象)的転用が想像的普遍に個々の事物を意識の垂直的関係で把握していくということに対して、固有名の多数のの事象相互の水平的意味関係を相互の共通項から見出します。 そして、原初の人間または幼児が類似性の類推と異なる知覚経験から述語同一性に基づく推論を行います。(これらに対して、想像的普遍が主語的同一性に存在します。)そして、原初の人間のまたは幼児が普遍的抽象性で知覚することから、メタファー(隠喩)的表現と統合失調症または分裂症の思考と異なるということを、各事象についての意識を想像的普遍性からおこなうということで説明できます。 これは「りんご」です。 「りんご」は「丸い」です。 「地球」は「丸い」です。 「りんご」は「地球」です。 ・主語→「りんご」「地球」= 主語の同一性 ・述語→「丸い」= 述語の共通性 これらの表象と知覚の錯識の解決のために、厳密的析出に依拠して思索します。問題点は「主語をまとめて同一視してしまう」ということですから、「述語の同一視の知覚」を思索します。『真の丸』を知覚できるかを思考します。「りんご」は「少し楕円」で「とがったへた」がついた形で「非りんご」が「真の丸」です。「地球」は「でこぼこした山岳」と「波打つ海」が表面に張り付く形で「非地球が」が「真の丸」です。 ・述語→『真の丸』= 主語の共通性 ・主語の厳密的析出→『樹状の突起したへたがあるりんご』『山岳と海が張り付くでこぼこした表面の地球』= 述語の同一性 特に、 ・「非りんご」が「真の丸」です。 ・「非地球が」が「真の丸」です。 このことから ・述語→『真の丸』= 主語の共通性 ・主語の厳密的析出→『真の丸』= 述語の同一性 を知覚します。 ・正常(二次過程)の思考のとき主語の同一性に先立って知覚する基底 ・原初論的(一次過程)思考のとき述語の同一性に先立って知覚する基底 原初の人間が対象に対して自己同一性を与えて抽象性の知覚から悟性的普遍(学問的悟性の抽象的普遍性)と想像的普遍(想像力の具象的想像性)の意識を展開しますが、多数の事象の類似性を析出して表象するという知覚に先行して、直感的思考に知覚があり直感的思考自体が人間自身の意識と身体で事象を領納できうる感覚を身体の形象に擬して(メタファー:隠喩などで)外界の事物を人間の尺度(メゾスピコック)で表象します。 他方、統合失調症的思考またはメタファー(隠喩)的表象から区別した想像的普遍または原初的思考が存在します。このとき詩的知恵の推論がこれらからもまた異なります。詩的知恵の知覚のとき、あらかじめ立てられて選ばれる類似の共通の性質が普遍的な知覚として既知でありません。主語的同一性からでなく述語的同一性から共通する類似性の発見が存在する必要があります。統合失調症的思考でいう各事象の主語的同一性に固執した一般性または隠喩的思考などの知覚が先行して存在しません。そして悟性的または抽象的一般性でなく想像的または具象的類型像として知覚して表象します。 のりひこ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.12. 07:57
視聴回数:1187回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「メタ理論:悟性的普遍(学問的悟性の抽象的普遍性)と想像的普遍(想像力の具象的想像性)」   原初の人間が雷鳴雷光を感じるとき   感覚して驚嘆した事象の原因について神々を意識すること以外に   驚嘆した事象を自身の意識と身体で領納できうる感覚を身体の形象に擬して(メタファー:隠喩などで)外界の事物を人間の尺度(メゾスピコック)で表象します。または物神性論を拡張した時   「無知」から生じる物神崇拝を想像的普遍を基底に   ここから神を観想することも領納します。   「同一性と直時の問題」   人の感情は常に生成消滅しますから   人は同じ顔を二度と見ることができないということが先行して意識に存在します。人の顔は常に新しい表情が現れて存在していくことが原初の人間の知覚になります。   「事象と存在と意味」   想像的普遍の象徴性が事象の発生についての関係付けを固有名の多数の接合で知覚して固有名の象徴と象徴の接合が編み出す意味の関係から生起します。   ・指示作用の操作の固定性について普通のメタファー(隠喩:比喩から形容詞(~ようだ   みたい)の形式を外して表象)的転用が想像的普遍に個々の事物を意識の垂直的関係で把握していくということに対して   固有名の多数のの事象相互の水平的意味関係を相互の共通項から見出します。   そして   原初の人間または幼児が類似性の類推と異なる知覚経験から述語同一性に基づく推論を行います。(これらに対して   想像的普遍が主語的同一性に存在します。)そして   原初の人間のまたは幼児が普遍的抽象性で知覚することから   メタファー(隠喩)的表現と統合失調症または分裂症の思考と異なるということを   各事象についての意識を想像的普遍性からおこなうということで説明できます。   これは「りんご」です。   「りんご」は「丸い」です。   「地球」は「丸い」です。   「りんご」は「地球」です。   ・主語→「りんご」「地球」=   主語の同一性   ・述語→「丸い」=   述語の共通性   これらの表象と知覚の錯識の解決のために   厳密的析出に依拠して思索します。問題点は「主語をまとめて同一視してしまう」ということですから   「述語の同一視の知覚」を思索します。『真の丸』を知覚できるかを思考します。「りんご」は「少し楕円」で「とがったへた」がついた形で「非りんご」が「真の丸」です。「地球」は「でこぼこした山岳」と「波打つ海」が表面に張り付く形で「非地球が」が「真の丸」です。   ・述語→『真の丸』=   主語の共通性   ・主語の厳密的析出→『樹状の突起したへたがあるりんご』『山岳と海が張り付くでこぼこした表面の地球』=   述語の同一性   特に   ・「非りんご」が「真の丸」です。   ・「非地球が」が「真の丸」です。   このことから   ・述語→『真の丸』=   主語の共通性   ・主語の厳密的析出→『真の丸』=   述語の同一性   を知覚します。   ・正常(二次過程)の思考のとき主語の同一性に先立って知覚する基底   ・原初論的(一次過程)思考のとき述語の同一性に先立って知覚する基底   原初の人間が対象に対して自己同一性を与えて抽象性の知覚から悟性的普遍(学問的悟性の抽象的普遍性)と想像的普遍(想像力の具象的想像性)の意識を展開しますが   多数の事象の類似性を析出して表象するという知覚に先行して   直感的思考に知覚があり直感的思考自体が人間自身の意識と身体で事象を領納できうる感覚を身体の形象に擬して(メタファー:隠喩などで)外界の事物を人間の尺度(メゾスピコック)で表象します。   他方   統合失調症的思考またはメタファー(隠喩)的表象から区別した想像的普遍または原初的思考が存在します。このとき詩的知恵の推論がこれらからもまた異なります。詩的知恵の知覚のとき   あらかじめ立てられて選ばれる類似の共通の性質が普遍的な知覚として既知でありません。主語的同一性からでなく述語的同一性から共通する類似性の発見が存在する必要があります。統合失調症的思考でいう各事象の主語的同一性に固執した一般性または隠喩的思考などの知覚が先行して存在しません。そして悟性的または抽象的一般性でなく想像的または具象的類型像として知覚して表象します。   のりひこ  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajorRV589(お話です)タルムード3章・クルアーン9章・メタ理論

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「タルムード第3章」 「ソビエトの計画経済と 資本主義の市場経済」 「聖クルアーン第9章」 「メタ理論: 原初の人間と 自己同一性と 抽象的知覚」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.10. 09:33
視聴回数:229回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)「ソビエトの計画経済と   資本主義の市場経済」   「タルムード第3章」「聖クルアーン第9章」「メタ理論:原初の人間と自己同一性と抽象的知覚」  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajorRV589(お話です)ギリシャとヘブライの倫理・タルムード2章・クルアーン8章

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第2章』 「イスラエルとユダヤの歴史: 神と約束についてと アブラハムと族長について」 「Beethoven Symphony No.9 (Tenor) Corus」 『聖クルアーン 第8章』 「メタ理論: 感覚的トピカについて 無知の知と頑迷な無知について 神々の形象について」 『タルムード:Avot 第2章』 第2章 1。 ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり、また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程、軽い掟にも留意しなさい。なぜならば、あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また、罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち、見ている目、聴いている耳、および、書に記されつづけるあなたのすべての行為。 2。 ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり、また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな、天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け、彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて、あなたたちがそれらを行ったかのごとく、神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。 3。 偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら、彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが、人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。 4。 彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。  ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また、わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。 『聖クルアーン 第8章』 戦利品章(アル・アンファール) マディーナ啓示 75節 8-1.かれらは戦利品に就いてあなたに問う。言ってやるがいい。「戦利品はアッラーと使徒のものである。だからアッラーを畏れて、あなたがたの間の諸関係を公正に処理し、あなたがたが信者ならば、アッラーと使徒に従え。」 8-2.信者は、アッラーのことに話が進んだ時、胸が(畏敬の念で)戦く者たちで、かれらに印が読誦されるのを聞いて信心を深め、主に信頼する者たち、 8-3.礼拝の務めを守り、われが授けたものを(施しに)使う者たち、 8-4.これらの者こそ真の信者である。かれらには主の御許にいくつもの段階があり、寛容と栄誉ある給養を与えられる。 8-5.そのように主は真理のため、あなたをその家から出て行かせられる。だがある信者の少数は、それを好まなかった。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.5. 04:45
視聴回数:6717回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第2章』   「イスラエルとユダヤの歴史:   神と約束についてと   アブラハムと族長について」   「Beethoven   Symphony   No.9   (Tenor)   Corus」   『聖クルアーン   第8章』   「メタ理論:   感覚的トピカについて   無知の知と頑迷な無知について   神々の形象について」   『タルムード:Avot   第2章』   第2章   1。   ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり   また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程   軽い掟にも留意しなさい。なぜならば   あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また   罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち   見ている目   聴いている耳   および   書に記されつづけるあなたのすべての行為。   2。   ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり   また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな   天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け   彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて   あなたたちがそれらを行ったかのごとく   神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。   3。   偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら   彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。   4。   彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。   ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また   わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。   5。   ヒレルは言った:社会から自分を分離しないでください。そしてあなたの死の日まで自分を信頼していない。   あなたが彼の代わりになるまで   あなたの仲間を判断してはいけない。   理解することはできませんが   最終的に理解されるであろう何かを言うことはありません。   いないと言う:私はあなたが時間がないかもしれないので   私は勉強する時間があるとき。   6。   ヒレルは言うに使用される:野蛮な男が罪を恐れることはできません。無知な人は敬虔なことはできません。また   内気な男が学ぶことができるか   せっかちな人は教えています。   ビジネスに過度に従事する彼は賢明になることはできません。   全く男性が存在しない場所で人となるよう努めています。   7。   また   彼は水の表面に浮かんで頭蓋骨を見て   彼はそれを言った:あなたは他人を溺れさせたので   彼らはあなたを溺れさせ   そしてあなたが最終的に溺死され溺死したもの。   8。   彼が言うに使用される詳細の肉より多くのワームを   多くの財産を多くの不安   多くの女性より多くの魔力   より多くの奴隷みだらな   より多くのmanservants多くの盗難。   しかし   多くの律法より多くの人生   多くの学校より多くの知恵   より多くの助言より多くの理解を   より多くの正義の平和。   男は良い名前を取得したとき   彼は自分自身を豊かにする何かを得ています   しかし   彼は律法の言葉を取得したとき   彼は死後の世界を達成している。   rabbanのYochananベンZakkaiはヒレルからとshammaiから律法を受けた。   あなたは多くを学んだしている場合は律法はこの目的のためにあなたが作成されたために   あなた自身のために道徳的な卓越性を主張しません:彼が言っていました。   9。   rabbanのYochananベンZakkaiは   5人の弟子   これらを持っていた   彼らは   次のとおりです。エリエゼルベンHyrcanus   ジョシュアベ​​ンChananiah   ヨシ·プリースト   シモン·ベンNatanel   とエラザールベンArach。   彼は   彼らの賞賛を言うために使用しました。エリエゼルベンHyrcanusは   ドロップを失うことはありません漆喰水槽です。ジョシュアベ​​ンChananiah   -   幸せは彼に出産した彼女であるヨシ·プリーストは   聖人のような人間である。シモン·ベンNatanelは罪の恐ろしいです。   ;エラザールベンArachは絶えず流れる温泉です。   彼が言うに使用される:イスラエルのすべての賢人はバランスおよびその他の国におけるエリエゼルベンHyrcanusのいずれかの規模であった場合   彼はそれらすべてを上回るだろう。   アバシャウルは   しかし   彼の名前は次のように述べている。一緒にエリエゼルベンHyrcanusとイスラエルのすべての賢人は   バランスのいずれかの規模であった場合   エラザールベンArachはそれらを上回るだろう。   rabbanのYochananベンZakkaiは彼らに言った。移動して   いい男が最も大切にしなければならないです参照してください。   ラビエリエゼルは   良い目を言った。   ラビヨシュアは   良い仲間と述べた。   ラビヨシは   良き隣人と述べた。   ラビシモンは   先見の明は言った。   ラビエラザールは   良い心を語った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   彼は彼らに言った:移動し   男は避けるべき邪悪な方法です参照してください。   ラビエリエゼルは   邪眼は言った。   ラビヨシュアは   邪悪な仲間と述べた。   ラビヨシは   邪悪な隣人と述べた。   ラビシモンが言った   彼は借りて返済しないこと。   それは(詩篇37:21)書かれているために人から借りて   彼は神から借りて一人としては   "邪悪で借りて   返済しませんが   正しい者は寛大であり   与え続ける。"   ラビエラザールは   邪悪な心は言った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   10。   彼らはそれぞれ3つのことを言っていた。   ラビエリエゼルは言った:あなたの仲間の名誉は   あなた自身のようにあなたのように愛するとする。   簡単に怒りに移動しないこと。   あなたの死の前に一日後悔。   賢人の火災前に自分自身を暖めるが   その一口がジャッカルの咬傷で   その蛇のヒスサソリとそのヒスの痛みを刺すためにあなたは   焼かれることを恐れて   彼らの熱烈な石炭の気が利くとし   すべての彼らの言葉は火の炭のようなものです。   11。   ラビヨシュアは言った:邪眼は   彼の仲間の生き物の邪悪な欲望と憎しみは   世界の人を出した。   12。   ラビヨシは言った:あなたの仲間の男のプロパティは   あなた自身のようにあなたに愛するようになりましょう。   それの知識が継承によって自分のものでないために   律法の研究のためにあなた自身を準備します。   すべてのあなたの行為は天のために行われてみましょう。   13。   ラビ・シメオンは言う。シェマアの朗詠と祈りに気をつけなさい。またあなたが祈る時   あなたの祈りを決まりきった仕事でなく   偏在者   -   彼は頌むべきかな   -   の前で哀れみと嘆願の祈りにしなさい。「主は恵みに満ち   哀れみ深く   /   忍耐強く   慈しみに富み   /   くだした災いを悔いられるからだ」(ヨエル書2・13)といわれているからである。また自分自身の前で悪人であってはいけません。   14。   ラビ・エリアザルは言う。トーラー(律法)を勤勉に学びなさい。また不信心の者になんと答えればよいかを知りなさい。あなたが誰の前で労してるか知りなさい。あなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。   15。   ラビ・タルフォンは言う。日は短く仕事は多い。しかい労働者は怠慢で   報酬は多い。そして家の主人はせいている。   16。   彼は言っていた。仕事を完成するのはあなたの責任ではないが   あなたはそれから自由に手を引けるものでもない。もしもあなたがトーラー(律法)を多く学めばあなたに多大な報酬が与えられる。またあなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。しかし義人の報酬の授与は   将来であることを知りなさい。   『聖クルアーン   第8章』   戦利品章(アル・アンファール)   マディーナ啓示   75節   8-1.かれらは戦利品に就いてあなたに問う。言ってやるがいい。「戦利品はアッラーと使徒のものである。だからアッラーを畏れて   あなたがたの間の諸関係を公正に処理し   あなたがたが信者ならば   アッラーと使徒に従え。」   8-2.信者は   アッラーのことに話が進んだ時   胸が(畏敬の念で)戦く者たちで   かれらに印が読誦されるのを聞いて信心を深め   主に信頼する者たち   8-3.礼拝の務めを守り   われが授けたものを(施しに)使う者たち   8-4.これらの者こそ真の信者である。かれらには主の御許にいくつもの段階があり   寛容と栄誉ある給養を与えられる。   8-5.そのように主は真理のため   あなたをその家から出て行かせられる。だが信者の一部は   それを好まなかった。   8-6.真理が既に明瞭にされた後でも   かれらはそれに就いてあなたと論議する。それは丁度死を見ていながら   それに向かって追い立てられるかのように。   8-7.またアッラーが   (敵の)2つの隊の中   1つはあなたがたのものであろう   と約束された時を思え。その時あなたがたは武装しない一隊が   あなたがたのものであるようにと望んだ。だがアッラーは御自分の御言葉により   真理を真理として立てられ   不信者が   根絶することを望まれる。   8-8.仮令罪のある者たちが嫌がっても   かれは真理は真理とし   虚偽は虚偽として立証されるためである。   8-9.あなたがたが主に援助を歎願した時を思いなさい。その時あなたがたに答えられた。「われは   次ぎ次ぎに来る一千の天使であなたがたを助けるであろう。」   8-10.アッラーは   只これをあなたがたへの吉報となされ   あなたがたの心をそれで安らげられる。勝利はアッラーからだけ(来る)。アッラーは偉力ならびなく英明な御方であられる。   8-11.その時   かれは平安を与え   あなたがたを微睡で包み   また天から雨を降らせ   それであなたがたを清めて   悪魔の汚れを洗い去り   更にあなたがたの心を引き締めて   あなたがたの足場を   これ(雨)によって固められた。   8-12.あなたの主が   天使たちに啓示された時を思いなさい。「われはあなたがたと一緒にいるのだ。信仰する者たちを堅固にせよ。」われは不信者たちの心の中に   恐れを染み込ませよう。その時あなたがたはかれらの首を刎ね   またそれぞれの指先を打ち切れ。   8-13.これは   かれらがアッラーとその使徒に反抗したためである。アッラーとその使徒に反抗する者には   本当にアッラーは痛烈な懲罰を下される。   8-14.これこそは   (主が行われる)不信者への火刑である。あなたがたはそれを味わえ。   8-15.信仰する者よ   あなたがたが不信者の進撃に会う時は   決してかれらに背を向けてはならない。   8-16.その日かれらに背を向ける者は   作戦上または(味方の)軍に合流するための外   必ずアッラーの怒りを被り   その住まいは地獄である。何と悪い帰り所であることよ。   8-17.あなたがたがかれらを殺したのではない。アッラーが殺したのである。あなたが射った時   あなたが当てたのではなく   アッラーが当てたのである。(これは)かれからの良い試練をもって   信者を試みになられたためである。本当にアッラーは全聴にして   全知であられる。   8-18.このようにアッラーは   不信者の計略を無力になされる。   8-19.(不信者よ)もしあなたがたが決定を求めたのならば   その決定はもう来たのである。あなたがたが(不義な事を)止めるなら   それはあなたがたのために最もよい。もしあなたがたが(攻撃を)繰り返すなら   わたしたちも繰り返すであろう。あなたがたの軍勢が仮令多くても   あなたがたにとっては無益であろう。本当にアッラーは   信者たちと共においでになられる。   8-20.あなたがた信仰する者よ   アッラーとその使徒に従え。(かれの言葉を)聞きながら   かれに背いてはならない。   8-21.また   「わたしたちは聞いた」といいながら   耳を傾けない者のようであってはならない。   8-22.本当にアッラーの御許で最悪の罪人とは   (事理を)理解しない聞かない物言わない者である。   8-23.アッラーがもしかれらに良いところを認められれば   かれは必ずかれらに聞かせられる。だがかれが仮令聞かせられたとしても   かれらは(辞退して)背き去るであろう。   8-24.信仰する者よ   アッラーと使徒の呼びかけに応えなさい。アッラーが(使徒を通じて)あなたがたを(現世と来世で)生かすために呼びかけたときは。アッラーは   人間とその心の間に入られることを知れ。またあなたがたは   必ずかれに召集されるのである。   8-25.また試みの災厄に対して   あなたがたの身を守れ。それはあなたがたの中不義を行う者(だけ)に下るものではない。アッラーは懲罰に厳正であることを知れ。   8-26.あなたがたは地上において少数で弱く   虐待されていた時を思いなさい。人びと(マッカの多神教徒たち)があなたがたを   うち滅ぼしてしまうのではないかと恐れた。だがかれは避難所を与えられ   御助けによりあなたがたを強くされ   また種々の清きよいものを与えられた。恐らくあなたがたは   感謝するであろう。   8-27.あなたがた信仰する者よ   アッラーとその使徒を裏切ってはならない。また故意に   あなたがたへの信頼を裏切ってはならない。   8-28.あなたがたの財産と子女とは一つの試みであり   またアッラーはあなたがたへの最高の報奨を持つ方であることを知れ。   8-29.信仰する者よ   もしあなたがたがアッラーを畏れるならば   かれはあなたがたに識別を与え   あなたがたの諸悪を消滅し赦して下される。本当にアッラーは偉大な恩恵の主であられる。   8-30.また不信心者たちが   あなた(ムハンマド)に対し如何に策謀したかを思い起しなさい。あなたを拘禁し   あるいは殺害し   あるいはまた放逐しようとした。かれらは策謀したが   アッラーもまた計略をめぐらせられた。本当にアッラーは最も優れた計略者であられる。   8-31.またわが印がかれらに読誦された時   かれらは言った。「わたしたちは(先に)聞いている。もしわたしたちが望むならば   これらと同じことが言えるであろう。本当にこれは   昔の物語に過ぎない。」   8-32.またかれらがこう言った時を思いなさい。「アッラーよ   もしこれが本当にあなたからの真理であるならば   わたしたちの上に天から石(の雨)を降らせ   またわたしたちに痛ましい懲罰を科して下さい。」   8-33.だがアッラーは   あなたがかれらの中にいる間   懲罰をかれらに下されなかった。またかれらが御赦しを請うている間は   処罰されなかった。   8-34.かれらは聖なるマスジドの管理者でもないのに   (アッラーのしもベを)そこに入れまいと妨げたことに対して   アッラーがかれらを処罰されずにおかない。(真の)管理者は(主に対し)義務を果たす者だけである。だがかれらの多くはそれが分らない。   8-35.(アッラーの)家におけるかれらの礼拝ぶりは   只ロ笛を吹いて両手で拍手するに過ぎない。あなたがたは不信心であったのだから懲罰を味わえ。   8-36.本当に信じない者たちはアッラーの道から(人びとを)妨げるために   その財資を費やしている。それを費やさせなさい。間もなくそれはかれらの苦悩となり   その中かれらは征服されよう。これら不信心者は地獄に集められるであろう。   8-37.それはアッラーが   善良な者から邪悪な者を区別されるためで   かれは邪悪なものを次々と積み重ね一緒にして   地獄に投げ込まれる。これらの者こそ失敗者である。   8-38.不信心の者に言ってやるがいい。「あなたがたが(信者に対する迫害を)止めるならば   過去のことは赦されよう。」だがかれらがもし繰り返すなら   昔の先例が既にあるのだ。   8-39.だから   迫害と奸計がなくなるまで   また(かれらの)教えがすべてアッラーを示すまで   かれらと戦え。だがかれらがもし(敵対を)止めるならば   本当にアッラーは   かれらの行うことを御存知であられる。   8-40.かれらがもし背き去るなら   アッラーはあなたがたの守護者であることを知れ。何とよい守護者であり   また何とよい救助者であられることよ。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.