PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajor RV589 (お話です) メタ理論・タルムード6章・聖クルアーン 51章

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ理論 ・労働の成果を生み出す生産の条件を追及してこれらが従うべきべき事象として認識して、これらの成果として望まれるものが妥当な価値として確認できるための制度の形式に必然的にかかわっていくことになる このとき、 /賛成的態度である欲求 /始点 /矢印の根元の羽 /十分条件 これら対して、 /行為の信条の理由 /矢印の先の剣先 /終点 /必要条件 これらを合致して 必要十分条件 として知覚して 意図が 「行為の支配」 「特有の安定性または慣性」 「積算されたある意図から ある意図を推論して これらの意図から 他の意図を制約する傾向性」 を有することを導く ・タルムード6章 ・聖クルアーン 51章

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.10.8. 09:29
視聴回数:305回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   メタ理論   ・労働の成果を生み出す生産の条件を追及してこれらが従うべきべき事象として認識して   これらの成果として望まれるものが妥当な価値として確認できるための制度の形式に必然的にかかわっていくことになる   このとき   /賛成的態度である欲求   /始点   /矢印の根元の羽   /十分条件   これら対して   /行為の信条の理由   /矢印の先の剣先   /終点   /必要条件   これらを合致して   必要十分条件   として知覚して   意図が   「行為の支配」   「特有の安定性または慣性」   「積算されたある意図から   ある意図を推論して   これらの意図から   他の意図を制約する傾向性」   を有することを導く   ・タルムード6章   ・聖クルアーン   51章  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 「心と身体」 「共同体感覚」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 「文献学」 「批判術」 「インゲニウム(鋭敏)」 「メトドゥス (推理の能力の手立ての方法)」 「心と身体」 「共同体感覚 (コミュニティー・センス)」 「解釈学的理解を 理解の対象の遠近の度合いで 適度であれば効果的だが、 このとき、 理解の対象に対して 自己内省が発生して リトルネロ(反復)でいう 歴史と時間から 過去と過去の縮約の現在の 適度な領域が必要である。 他方、 理解できぬ領域が何かといえば たとえば、時間的または 歴史的に最も昔になる 「原初の人間」 に対して理解しようと 思考を始めたとき、 理解が全くできぬ ということから始まる。 しかも、これらはあらゆる努力の結果 理解できる領域に行きつくことが可能である。 これらが ある階級の全体 ある市民の全体 ある国民の全体 で成立して、 歴史的に可変であり かつ時と場所に応じて異なるが 各々が遮蔽した集団であり ここに、ある時、ある場所、 ある社会にだけ共通する 「共同体感覚 (コミュニティー・センス)」 が存在することに気づく。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.3. 07:34
視聴回数:628回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   メタ定理   「文献学」   「批判術」   「インゲニウム(鋭敏)」   「メトドゥス   (推理の能力の手立ての方法)」   「心と身体」   「共同体感覚   (コミュニティー・センス)」   「解釈学的理解を   理解の対象の遠近の度合いで   適度であれば効果的だが   このとき   理解の対象に対して   自己内省が発生して   リトルネロ(反復)でいう   歴史と時間から   過去と過去の縮約の現在の   適度な領域が必要である。   他方   理解できぬ領域が何かといえば   たとえば   時間的または   歴史的に最も昔になる   「原初の人間」   に対して理解しようと   思考を始めたとき   理解が全くできぬ   ということから始まる。   しかも   これらはあらゆる努力の結果   理解できる領域に行きつくことが可能である。   これらが   ある階級の全体   ある市民の全体   ある国民の全体   で成立して   歴史的に可変であり   かつ時と場所に応じて異なるが   各々が遮蔽した集団であり   ここに   ある時   ある場所   ある社会にだけ共通する   「共同体感覚   (コミュニティー・センス)」   が存在することに気づく。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「インゲニウム(鋭敏)」・「メトドゥス(推理の能力の手立ての方法)」・「批判術」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) トピカ(知覚の能力:学問の知)と クリティカ(判断の能力:実践の知)を つなげるときクリティカがトピカに対して 制限を与えてしまう。 他方、 トピカがクリティカに 先行する根拠が、 デカルトの 「明証性の規則」 「分析」 「総合」 「枚挙の規則」 の「明証性の規則」と 「枚挙の規則」から デカルトがいう 「速断と偏見を避ける。 明晰に意識に現れないものは 自己の判断から外す。 全ての事象に完全な枚挙を行って 全体の見直しを行う。 このとき見落としがないことを 確信する。」 ということが、 ヴィーコがいう 「クリティカで トピカの全てのトポスを 確認したとき 人は明晰かつ判明に 知っていると確信してよい。」 という見解が類似します。 他方、 クリティカの制約がない真理を 発見するとき 固有の能力の 『インゲニウム(鋭敏) =(互いに遠く離れた事物をつなげる 何らかの類似性を見つけ出して、 自分の足下を集めることで 全てを探り出せぬことから、 遠く隔たったトポス(場所)から 自分の領域の事物に 適合する論拠を探り出す)』 が必要であり、 このことから トピカがクリティカに 先行して、 これらがデカルトとヴィーコの 異なる点になります。 ******* オットーが、 メトドゥス(推理の能力の手立ての方法) を幾何学的方法の論究の手立てと 同じであると領納しますが、 他方、 幾何学的方法に拠らず 対象の固有性と多様性に対して メトドゥスの内在論を 論究する必要があります。 このとき、「真らしきもの』の 「確実な真理の発見の手立て」 のメトドゥスである『批判術』が 権威になってしまった「文献学」と「思想学」の破折(はしゃく)の手立てになりました。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.24. 17:04
視聴回数:1032回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   トピカ(知覚の能力:学問の知)と   クリティカ(判断の能力:実践の知)を   つなげるときクリティカがトピカに対して   制限を与えてしまう。   他方   トピカがクリティカに   先行する根拠が   デカルトの   「明証性の規則」   「分析」   「総合」   「枚挙の規則」   の「明証性の規則」と   「枚挙の規則」から   デカルトがいう   「速断と偏見を避ける。   明晰に意識に現れないものは   自己の判断から外す。   全ての事象に完全な枚挙を行って   全体の見直しを行う。   このとき見落としがないことを   確信する。」   ということが   ヴィーコがいう   「クリティカで   トピカの全てのトポスを   確認したとき   人は明晰かつ判明に   知っていると確信してよい。」   という見解が類似します。   他方   クリティカの制約がない真理を   発見するとき   固有の能力の   『インゲニウム(鋭敏)   =(互いに遠く離れた事物をつなげる   何らかの類似性を見つけ出して   自分の足下を集めることで   全てを探り出せぬことから   遠く隔たったトポス(場所)から   自分の領域の事物に   適合する論拠を探り出す)』   が必要であり   このことから   トピカがクリティカに   先行して   これらがデカルトとヴィーコの   異なる点になります。   *******   オットーが   メトドゥス(推理の能力の手立ての方法)   を幾何学的方法の論究の手立てと   同じであると領納しますが   他方   幾何学的方法に拠らず   対象の固有性と多様性に対して   メトドゥスの内在論を   論究する必要があります。   このとき   「真らしきもの』の   「確実な真理の発見の手立て」   のメトドゥスである『批判術』が   権威になってしまった「文献学」と「思想学」の破折(はしゃく)の手立てになりました。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「対象の事物の持続性を認識と悟性的普遍とユダヤ教

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「悟性的普遍とユダヤ教のアブラハムの族長時代の一神礼拝教の信仰とモーセのヤハウェ一神教の信仰についてと 対象に自己同一性を与えて実存の存在を感覚的に推理して知覚を行う基底に 想像的普遍で個々の事物に共通した事物を抽象的につかみ対象の事物の持続性を認識する意識がございます。 個々の事象と事象に対して相依性~表彰できますが、これらが水平的弁別関係に先行して垂直的弁別関係が存在する面がございます。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.10. 15:43
視聴回数:326回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「悟性的普遍とユダヤ教のアブラハムの族長時代の一神礼拝教の信仰とモーセのヤハウェ一神教の信仰についてと   対象に自己同一性を与えて実存の存在を感覚的に推理して知覚を行う基底に   想像的普遍で個々の事物に共通した事物を抽象的につかみ対象の事物の持続性を認識する意識がございます。   個々の事象と事象に対して相依性~表彰できますが   これらが水平的弁別関係に先行して垂直的弁別関係が存在する面がございます。」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「意識の解釈の基準変更頻度」「ソビエトと経済相互援助会議(SEVセフ)」「十住毘婆沙論」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 意識の解釈の基準の解釈についてと 解釈の基準の変更と頻度についてと、 価値基準の合意と否合意の頻度と 解釈のしくみと 価値基準の方向性と 価値尺度の厳密性と 力への意思と支配への意思が 固定的に領納していくことを 停止するとき 放射状のしくみが これらが固定していくことを防止して 解釈の固定も止めますが、 同時に、解釈の基準の 変更の頻度から 解釈と解釈の 差分を示すとき 不確実性が侵入します。 常識の強い健全性のについて ソビエトと 経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи ((СЭВ) SEVセフ)の諸国についてと 社会主義とソビエト共産党についてと 労働系、社会運動系の組織が 各国の政府与党であることから 雇用者が仮にも資本市場の取引を 開示してございますから、 組合費、農業団体の費用の 収支の開示の 必要性についてと 十住毘婆沙論について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.24. 02:41
視聴回数:343回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   意識の解釈の基準の解釈についてと解釈の基準の変更と頻度についてと   価値基準の合意と否合意の頻度と解釈のしくみと価値基準の方向性と価値尺度の厳密性と力への意思と支配への意思が固定的に領納していくことを停止するとき放射状のしくみがこれらが固定していくことを防止して解釈の固定も止めますが   同時に   解釈の基準の変更の頻度から解釈と解釈の差分を示すとき不確実性が侵入します。   常識の強い健全性のについて   ソビエトと経済相互援助会議(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   ((СЭВ)   SEVセフ)の諸国についてと社会主義とソビエト共産党についてと   労働系   社会運動系の組織が各国の政府与党であることから雇用者が仮にも資本市場の取引を開示してございますから   組合費   農業団体の費用の収支の開示の必要性についてと   十住毘婆沙論について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「意識の解釈の基準変更頻度」「ソビエトと経済相互援助会議(SEVセフ)」「十住毘婆沙論」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 意識の解釈の基準の解釈についてと 解釈の基準の変更と頻度についてと、 価値基準の合意と否合意の頻度と 解釈のしくみと 価値基準の方向性と 価値尺度の厳密性と 力への意思と支配への意思が 固定的に領納していくことを 停止するとき 放射状のしくみが これらが固定していくことを防止して 解釈の固定も止めますが、 同時に、解釈の基準の 変更の頻度から 解釈と解釈の 差分を示すとき 不確実性が侵入します。 常識の強い健全性のについて ソビエトと 経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи (СЭВ) SEVセフ)の諸国についてと 社会主義とソビエト共産党についてと 労働系、社会運動系の組織が 各国の政府与党であることから 雇用者が仮にも資本市場の取引を 開示してございますから、 組合費、農業団体の費用の 収支の開示の 必要性についてと 十住毘婆沙論について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.23. 15:40
視聴回数:384回
お気に入り登録:0
カテゴリ: エンタメ全般   趣味・旅行全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)意識の解釈の基準の解釈についてと解釈の基準の変更と頻度についてと   価値基準の合意と否合意の頻度と解釈のしくみと価値基準の方向性と価値尺度の厳密性と力への意思と支配への意思が固定的に領納していくことを停止するとき放射状のしくみがこれらが固定していくことを防止して解釈の固定も止めますが   同時に   解釈の基準の変更の頻度から解釈と解釈の差分を示すとき不確実性が侵入します。常識の強い健全性のについてソビエトと経済相互援助会議(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   (СЭВ)   SEVセフ)の諸国についてと社会主義とソビエト共産党についてと労働系   社会運動系の組織が各国の政府与党であることから雇用者が仮にも資本市場の取引を開示してございますから   組合費   農業団体の費用の収支の開示の必要性についてと十住毘婆沙論について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)キリスト教の正教会。教育を踏まえての福祉国家と行政の制度。仏法の時制の存在について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)◎キリスト教の正教会について神性の無限と仏教の無量寿と数論の部分と全体の無限論からアリストテレスの無限論の有理整数環ZのZ(全体) ={0,1,2,...,n,n+1} についてと◎教育について親が子どもに期待する将来像についての分類から先ず『福祉国家と行政の制度のありよう』を示して、『保護と矯正』の必要性を確認して『子どもの権利論(⇔市民社会論)と社会秩序を外れた集団に対する強い感情(=モラル・パニック⇔生活保守主義)』を示して、ここから『大人の従属から解放(⇔社会批判論)と『大人と同等の責任(⇔新自由主義)』を示します。これらが社会的共有財としての子どもになり、グローバリゼーションに縮約してございます。◎仏法の「時制の存在」について思考したときに、「見ることと聞くことと感受作用ということ」をもつ主体が、「見る聞く感受する」という「はたらき」に比べて時制上、先に存在しません。主体が「見る側聞く側感受する側」の主体ですから受け手であり仕手でないので、主体が「見る聞く感受するはたらき」に比べて先に存在しません。「見る聞く感受するはたらき」をあわせて単体の主体として存在することを領納しますが「見る聞く感受するはたらき」をあわせてもつその主体と異なる別の「見る聞く感受するはたらき」をあわせてもつその主体の互いの「感受などの作用」が異なることで異なる時制を示します。◎ For Orthodox Christian ◎ schemes for the welfare state and government of the basis of education ◎ tense of Buddhism for the presence

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.13. 07:11
視聴回数:432回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)◎キリスト教の正教会について神性の無限と仏教の無量寿と数論の部分と全体の無限論からアリストテレスの無限論の有理整数環ZのZ(全体)   ={0   1   2   ...   n   n+1}   についてと◎教育について親が子どもに期待する将来像についての分類から先ず『福祉国家と行政の制度のありよう』を示して   『保護と矯正』の必要性を確認して『子どもの権利論(⇔市民社会論)と社会秩序を外れた集団に対する強い感情(=モラル・パニック⇔生活保守主義)』を示して   ここから『大人の従属から解放(⇔社会批判論)と『大人と同等の責任(⇔新自由主義)』を示します。これらが社会的共有財としての子どもになり   グローバリゼーションに縮約してございます。◎仏法の「時制の存在」について思考したときに   「見ることと聞くことと感受作用ということ」をもつ主体が   「見る聞く感受する」という「はたらき」に比べて時制上   先に存在しません。主体が「見る側聞く側感受する側」の主体ですから受け手であり仕手でないので   主体が「見る聞く感受するはたらき」に比べて先に存在しません。「見る聞く感受するはたらき」をあわせて単体の主体として存在することを領納しますが「見る聞く感受するはたらき」をあわせてもつその主体と異なる別の「見る聞く感受するはたらき」をあわせてもつその主体の互いの「感受などの作用」が異なることで異なる時制を示します。◎   For   Orthodox   Christian     schemes   for   the   welfare   state   and   government   of   the   basis   of   education     tense   of   Buddhism   for   the   presence  

サムネイル

川霧と樹氷と氷塊

北海道富良野の中心を流れる空知川です。 氷塊が流れ出し、時より氷の割れる音が聞こえきた。 川霧と樹氷と氷塊、これらが一つずつ消えてゆき、やがて春を迎える。

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2010.2.25. 14:40
視聴回数:789回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 北海道   ニュース・天気   旅・観光  
タグ: 動画   毎日  

サムネイル

ホームセキュリティ 泥棒対策

ホームセキュリティ 泥棒対策 インテリコーダーは、既設のドアスコープに簡単に設置できる、モニターを備えたモーションセンサー式ビデオカメラです。 来訪者を感知し、動画と音を記録します。 知らない間ののストーカーもドアの前で 自動録画いたします。 本体モニターとPCで閲覧できます。 生活の中で不安に感じる 犯罪は侵入犯罪だけではなく、 いやがらせやいたずらなどの 迷惑行為も軽度の犯罪ですし、 これらが侵入犯罪の前触れになっていることも あるでしょう。 そういった犯罪を未然に防ぐ、 軽犯罪・迷惑行為の対策として、 自分の代わりに見張ってくれる “見張り番”の「インテリコーダ-」は、 あなたの部屋の玄関先でふたつの役目を果たします。

投稿者:サイト名 sotrytv
投稿日時:2008.11.11. 14:53
視聴回数:905回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故   イベント   お天気   ニュース全般   映像作品   乗り物全般   音楽   スポーツ全般   ゲーム   暮らし全般   お笑い   サイエンス   動物全般   グルメ   自動車   エンタメ全般   ショッピング   オークション   商品紹介   CM   ビジネス全般                  
タグ: ホームセキュリティ   インテリコーダー   アイアイ   和気産業   アイギス  

サムネイル

無言電話 が 多い と ドアの外には。

インテリコーダーは、既設のドアスコープに簡単に設置できる、モニターを備えたモーションセンサー式ビデオカメラです。 来訪者を感知し、動画と音を記録します。 本体モニターとPCで閲覧できます。 生活の中で不安に感じる 犯罪は侵入犯罪だけではなく、 いやがらせやいたずらなどの 迷惑行為も軽度の犯罪ですし、 これらが侵入犯罪の前触れになっていることも あるでしょう。 そういった犯罪を未然に防ぐ、 軽犯罪・迷惑行為の対策として、 自分の代わりに見張ってくれる “見張り番”の「インテリコーダ-」は、 あなたの部屋の玄関先でふたつの役目を果たします。

投稿者:サイト名 sotrytv
投稿日時:2008.10.28. 11:48
視聴回数:795回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故   イベント   お天気   ニュース全般   映像作品   乗り物全般   音楽   スポーツ全般   ゲーム   暮らし全般   お笑い   サイエンス   動物全般   グルメ   自動車   エンタメ全般   ショッピング   オークション   商品紹介   CM   ビジネス全般                  
タグ: インテリコーダー   事件   事故   犯罪   ストーカー  

01 02

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.