PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)メタ理論・タルムード5章 ・聖クルアーン 68章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論 ・真なるものを発見する術であるトピカが 発見した真なるものを掲げるとき、 真偽を判断する術であるクリティカで 虚偽なるものを排斥する。 真なるものと真らしきものの判断の場合、 デカルトが 人間誰もが公平に持つ 良識または理性で 真らしきものについて 真偽を正しく区別するための クリティカ的な能力の新しい クリティカという真偽の 判断を行なう判断術にかければ 真らしきものの段階は虚偽であると 真偽の判断の論究を行なったが、 ヴィーコは、 デカルトの方法を認めつつ 真らしきものは虚偽でなく 真らしく見えるが まだはっきりしない真である。 これらは、 真らしきものについての 真偽の判断の未然の段階の 発見の術である新しいトピカの 効果が存在することから、 真らしきものの真偽について 真らしきものを発見する術の 新しいトピカの 発見の術の論究を行なった。 人間の歴史と自然の歴史と 未来の新しい技術と 生き物についての論究から 包括的な歴史を基底に 意欲的な未来を知覚していく ということについて。 存在を離れ不在の表象を 保持する知覚である 持続的表象について 思索するとき、 人間は採取する対象が 現在不在でもそのための 言葉を創作して道具を製作する。 他方、 類人猿が持つ心象場合、 その場限りの知覚である 移行的心象であり、 その状況が消えれば 類人猿が持つその対象の表象の 知覚と意識が消えるが、 これらは、 類人猿とヒトについての差分であり、 大型類人猿のチンパンジーは 獲物を獲得するという行動と 消費するという行動について、 ある程度持続的表象を知覚しながら、 道具を作るための 準備を行なう。 これらについて、 持続的表象と移行的心象で 分けて思索せず、 持続的表象について思索して 大型類人猿とヒトの 質の差分について思索する。 ・タルムード5章 ・聖クルアーン 68章

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.11.5. 13:57
視聴回数:775回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)メタ理論・タルムード5章   ・聖クルアーン   68章  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV589 (お話です)メタ理論・タルムード4章 ・聖クルアーン 67章

Vivaldi Gloria in D Major RV589 (お話です)メタ理論 存在を離れ不在の表象を 保持する知覚である 持続的表象について 思索するとき、 人間は採取する対象が 現在不在でもそのための 言葉を創作して道具を製作する。 他方、 類人猿が持つ心象場合、 その場限りの知覚である 移行的心象であり、 その状況が消えれば 類人猿が持つその対象の表象の 知覚と意識が消えるが、 これらは、 類人猿とヒトについての差分であり、 大型類人猿のチンパンジーは 獲物を獲得するという行動と 消費するという行動について、 ある程度持続的表象を知覚しながら、 道具を作るための 準備を行なう。 これらについて、 持続的表象と移行的心象で 分けて思索せず、 持続的表象について思索して 大型類人猿とヒトの 質の差分について思索する。 ヒトの場合は 道具の製作・使用・欲求充足の 生産と消費の分別された過程であり 不在の表象に対応する。 大型類人猿の場合は 生産と消費の切れ目が無く 採取にふさわしい道具を意識に表象するが、 対象のための行動に関係なく 経験に照らしながら 生産と消費の切れ目がないが その行動を修正するときの 知能(一般知能)を 知覚して対応する という質の差が存在する。・タルムード4章 ・聖クルアーン 67章

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.11.4. 23:54
視聴回数:1055回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV589   (お話です)メタ理論   存在を離れ不在の表象を   保持する知覚である   持続的表象について   思索するとき   人間は採取する対象が   現在不在でもそのための   言葉を創作して道具を製作する。   他方   類人猿が持つ心象場合   その場限りの知覚である   移行的心象であり   その状況が消えれば   類人猿が持つその対象の表象の   知覚と意識が消えるが   これらは   類人猿とヒトについての差分であり   大型類人猿のチンパンジーは   獲物を獲得するという行動と   消費するという行動について   ある程度持続的表象を知覚しながら   道具を作るための   準備を行なう。   これらについて   持続的表象と移行的心象で   分けて思索せず   持続的表象について思索して   大型類人猿とヒトの   質の差分について思索する。   ヒトの場合は   道具の製作・使用・欲求充足の   生産と消費の分別された過程であり   不在の表象に対応する。   大型類人猿の場合は   生産と消費の切れ目が無く   採取にふさわしい道具を意識に表象するが   対象のための行動に関係なく   経験に照らしながら   生産と消費の切れ目がないが   その行動を修正するときの   知能(一般知能)を   知覚して対応する   という質の差が存在する。・タルムード4章   ・聖クルアーン   67章  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「感覚的トピカと原初の通俗知から深遠な知の反復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 「感覚的トピカと 最初の人間たちについて。 :原初の通俗知の想像力から 最初の人間たちの感情と知性についての論究。 :最初の人間たちは、 個性と知性がくっついていたから、 顔の表情が変わる度に 新しい顔が生じたと考えました。 根拠は新しい感情が起こる度に、 別の心臓、別の胸、別の意識が 生まれたと考えたからです。 (現代の人間の知覚と認識に 比べて先ずこれが最初にございました。) 対象の知覚、認識が実際に転じても 留まる事を知らずこれに沿っていくだけで、 表情が変わっても 同じ顔と認知することが無く、 別の感情が起きても、 心臓、胸、意識が同じであると 知覚しませんでした。 これらについて、 対象の自己同一性が 与えられていないことと、 開悟の普遍的抽象性の 欠如に起因することもございます。」 特に 「最初の人間たちは、 個性と知性がくっついていたから、 顔の表情が変わる度に 新しい顔が生じたと考えました。 根拠は新しい感情が起こる度に、 別の心臓、別の胸、別の意識が 生まれたと考えたからです。」 ということから 自己同一性を与えることで 普遍的抽象性という 文明的な意識の場所から 自分を認識しますから 「自分探しが無意味である論拠」 が確認できます。 そして、 原初の人間に 「自分探し」 を行うまでも無く 「個性と知性が合致する知」 の知覚が備わっていたから、 現代の人間も自己同一性が 崩れて混乱するときに 「自分探し」 を自らに要求する 意識が発生します。 原初も現代の人間も 知覚の根底に備える 「個性と知性が合致する知」 に回帰してこれらを確認してから 「自己同一性の獲得」 のための手立てを行うことで 解決して行くものである ということがいえるからです。 これらの手立てが 「開悟の普遍的抽象性」 ということになります。 のりひこ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.9. 12:44
視聴回数:921回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」   「感覚的トピカと   最初の人間たちについて。   :原初の通俗知の想像力から   最初の人間たちの感情と知性についての論究。   :最初の人間たちは   個性と知性がくっついていたから   顔の表情が変わる度に   新しい顔が生じたと考えました。   根拠は新しい感情が起こる度に   別の心臓   別の胸   別の意識が   生まれたと考えたからです。   (現代の人間の知覚と認識に   比べて先ずこれが最初にございました。)   対象の知覚   認識が実際に転じても   留まる事を知らずこれに沿っていくだけで   表情が変わっても   同じ顔と認知することが無く   別の感情が起きても   心臓     意識が同じであると   知覚しませんでした。   これらについて   対象の自己同一性が   与えられていないことと   開悟の普遍的抽象性の   欠如に起因することもございます。」   特に   「最初の人間たちは   個性と知性がくっついていたから   顔の表情が変わる度に   新しい顔が生じたと考えました。   根拠は新しい感情が起こる度に   別の心臓   別の胸   別の意識が   生まれたと考えたからです。」   ということから   自己同一性を与えることで   普遍的抽象性という   文明的な意識の場所から   自分を認識しますから   「自分探しが無意味である論拠」   が確認できます。   そして   原初の人間に   「自分探し」   を行うまでも無く   「個性と知性が合致する知」   の知覚が備わっていたから   現代の人間も自己同一性が   崩れて混乱するときに   「自分探し」   を自らに要求する   意識が発生します。   原初も現代の人間も   知覚の根底に備える   「個性と知性が合致する知」   に回帰してこれらを確認してから   「自己同一性の獲得」   のための手立てを行うことで   解決して行くものである   ということがいえるからです。   これらの手立てが   「開悟の普遍的抽象性」   ということになります。   のりひこ  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.