PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『タルムード:Avot 第2章・第3章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章・第3章』 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章』 Balance in the community  ラビのユダ・ハナシ(Yehudah HaNasi)が言った、  人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?  それは、それを行なう人にとって名誉であるような道であり、  また、人々から彼に名誉を与えるような道である。                       (Avot 2:1) Goverment and power  我々が見てきたように、 政府に対する必要と、政府を疑うための必要との間に緊張がある。 お互いを「相食べる」ことから我々を保つために、我々は政府を必要とする。 しかし政府から我々を保護するために、 我々はthe Bill of Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ! しばしば、何を行なおうが、政府は良いことだけを行っていると主張する。 「良いこと」とは、「政府の敵」を死に追いやること、市民へ重税をかけること、 あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。 ラバン・ガマリエル(Rabban Gamaliel) が我々に警告したのは不思議ではない。  権力に気をつけなさい。  なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。  それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが、  人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。                        [ Avot 2:3 ] 我々は真に権力と友だちになることはできない。 そして、ラビ・エリエゼル(Rabbi Eliezer)は言った:  あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。                      (Avot 2:15) これらの言葉の両方において、 我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。 各々、その作者は我々のあらゆる人に、彼あるいは彼女「自身」に従って、 彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。 そして各々、その行動は他の人に関係している --- その人の財産と名誉に。 ラビたちはこう実感していた: 我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から、 我々が我々自身について理解しているところのものを、 他人を巻き込んだ我々の行動に移すために、 我々の宗教的知覚をに使うべきであると。 これこそが、ラビ・エリアザル(Rabbi Eleazar)が心に持って ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan ben Zakkai)の質問の答えである:  人が保持すべきところの良い道とはどれか?  エリアザルは言った、「良い心」  このページ先頭へ A feeling for what is right あなたは、正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。 その選択はいつもあなた自身にある。 誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない、 あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。 あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを、あなたは探さなければならない。 もし生まれつきに、あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 あるいは、もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 ただあなたのみが、あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。 最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:  「あなた自身の目に見て邪悪でないように」              (Avot 2:18) 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第3章』  ラビ・ハニナ (Rabbi Hanina) は言った:  政府の繁栄を祈りなさい、なぜならばそれに対する怖れがなければ、  人は生きたままで互いを食べるであろうからである。                          [ Avot 3:2 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.14. 22:22
視聴回数:6684回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章・第3章』   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章』   Balance   in   the   community   その同じバランスが他人との関係に必要である。   ヒレルの有名な言葉の中に   そのバランスを成し遂げるための処方箋が与えられてき   ている。   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   (Avot   1:14)   共同体社会との我々の関係の中で   我々の個人的な欲望と必要   それと他人の欲望と必要   その間のバランスを我々は探さなければならない。   我々の隣人を正しく愛するために   我々はまず自分自身を愛さなければならない。   人は   彼が誇るべきことをするよう努力すべきであり   そうすれば他人が彼をまた尊敬するであろう。   ラビのユダ・ハナシ(Yehudah   HaNasi)が言った   人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?   それは   それを行なう人にとって名誉であるような道であり   また   人々から彼に名誉を与えるような道である。   (Avot   2:1)   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。   お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。   しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。   「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。   ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。   なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。   それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。   選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。   候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。   彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。   結局   我々の投票を必要としている。   しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。   特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   我々の伝統に従うと   正しい道は我々自身を尊敬するために来ると同時に   他人に我々を尊敬させるために行なう真ん中の道である。   それは   我々が我々自身に幸福であり   そしてまた他人が我々に喜ぶように行なう真ん中の道である。   ほとんどすべての関係において   ラビたちは責任を等しく分けた   共同体社会に対する我々の義務と我々自身への我々の義務との間で。   例えば   ラビ・ヨセ(Rabbi   Yose)は言った:   あなたの仲間の財産をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:17)   そして   ラビ・エリエゼル(Rabbi   Eliezer)は言った:   あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:15)   これらの言葉の両方において   我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。   各々   その作者は我々のあらゆる人に   彼あるいは彼女「自身」に従って   彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。   そして各々   その行動は他の人に関係している   ---   その人の財産と名誉に。   ラビたちはこう実感していた:   我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から   我々が我々自身について理解しているところのものを   他人を巻き込んだ我々の行動に移すために   我々の宗教的知覚をに使うべきであると。   これこそが   ラビ・エリアザル(Rabbi   Eleazar)が心に持って   ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan   ben   Zakkai)の質問の答えである:   人が保持すべきところの良い道とはどれか?   エリアザルは言った   「良い心」   このページ先頭へ   A   feeling   for   what   is   right   あなたは   正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。   その選択はいつもあなた自身にある。   誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない   あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。   あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを   あなたは探さなければならない。   もし生まれつきに   あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   あるいは   もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   ただあなたのみが   あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。   最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:   「あなた自身の目に見て邪悪でないように」   (Avot   2:18)   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第3章』   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:   政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   Our   pleasure   is   God's   pleasure   重要なことは共同社会の中にある単なる人気ではなく   共同社会の中の平和を増やすことである。   こんな方法で   成し遂げる価値がある人気の種類があり得るのである。   それは我々のまわりの世界の中に平和と満足をもたらす種類である。   そしてそれは我々が人気がある時に起こる   なぜならば我々が隣人によって尊敬されているので。   しかしここで「人気」という言葉は混乱となるかもしれない。   一つの違った方法でそれに接近してみよう。   人気に対する願望が極端にとられる時   それは邪悪である。   それは我々をたとえ何であっても多勢に従うことに導く。   そしてそれは我々自身が必要とするもの   そして我々の共同社会の本当に必要なものを忘れさせる。   しかし他人に楽しみを与えることは追求する価値がある。   それは我々が我々自身を愛すると同じように   我々の隣人を愛することに基づく。   それは尊敬を与えることを意味し   人気の建設的な形である。   これはハニナ(Hanina)が言った時に   心の中に持っていた種類である:   彼の仲間の精神が喜んでいる者であれば   「the   All-Present(いつもいる神)」の精神もその人から喜んでいる。   (Avot   3:10)   もしハニナが   我々はたとえ何であっても人気になるよう努力すべきである   と我々に言いたかったならば   彼はこう言ったであろう   「彼の仲間が喜んでいる者であれば   ...     しかし   その代わりに   「彼の仲間の『精神』が喜んでいる者であれば   ...     こう言った。   そしてこの注意深い言葉の使用において   意味での重要な違いがある。   神はいつでも人気がある人々で楽しむのだ   とハニナは言ってない。   例えば   預言者たちはしばしば人気とは遠くかけはなれていた。   彼らは共同社会の   人々に向かってしゃべった   彼らの利己的な道を変えて神の道に戻るように叫んだ。   「the   All-Present」の精神がその預言者たちによって喜ばなかった   と我々は想像することができるだろうか?   いいえ   それは人々は預言者たちの言葉の中に真実の声を聞いたからである   これらの言葉はいつでも記録され蓄積された。   人々が預言者たちのようではなかった時でさえ   彼らの「精神」は預言者たちの精神に触れて動かされた。   それでまた   我々が友人や隣人の精神を喜ばす時は   我々は「the   All-Present」の精神を喜ばしている。   我々が共同社会の中に平和   正義そして慈悲をもたらすための行動をする時   我々のまわりに喜びと慰めを与えるような方法で我々は行動している。   我々が真の友情の精神にて友人を作る時   これらの友情は永続し   そして仲間の精神は我々の中に喜びを取る。   それでまた   神はその創造的な果実で喜ぶことによって真の友情の中に参加する。   The   Sodom   type   ---   the   average   人々は自分たちが稼いだ物に権利がある   そしていったん我々が一つの物を稼いだならば   それは我々だけに属する   我々のほとんどはこう信じている。   しかしラビたちは   これが邪悪な考え方   行動の仕方になり得ると感じた。   彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。   ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。   しかしなぜラビたちは   我々のほとんどがソドムの人々のようである   と言うことが正当であると感じたのであろうか?   我々の態度を所有に向ける時に   我々はほんとうに邪悪であるのか?   この答えは   互いに対して   そして時々互いの財産に対して   我々の相互の必要の中に横たわっている。   ラビたちは   その正しい意味のケースを示すために   我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように   我々に思い起こさせた:   Rabbi   Eleazar   of   Bertoda   は言った   神のものは全て神に与えよ。   あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.