PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02

サムネイル

キャラミん♪結月ゆかり G・Tワークス- I still love で踊る!!

第2弾は、G・Tワークス- I still love youでキャラミん♪結月ゆかりさんに踊って頂きました。 TVアニメーソングとしても使える程の素晴らしい作品だと思います。 姉弟で創作活動しているG・Tワークスさん。 ・自分達らしい作品の制作、追求 ・多くの方に楽しんでもらえたり、喜んでもらえる作品の制作 ・無限の作品性の追求 ・誰かの役に立つ音楽製作 この4点を規準としつつ、サークル活動を通じて多くの方と楽しみを共有し、又、多くの方のお役に立つ事が、私達G・Tワークスの願いです!とのこと。 これからも素晴らしい作品を作り続けて ほしいですね。(*^_^*) 映像編集は前田智美が担当。セカンドライフでは、kometto photo kの代表。 http://kometto-photo-k.blogspot.jp/ G・Tワークス http://sakane.2.pro.tok2.com/ キャラミんはキャラミん運営委員会により運営されています。 キャラミん運営委員会は以下の企業により提供されています。 (業務内容) キャラミんOMP開発/キャラミんストア運営 (担当企業) ソフトイーサ株式会社。 http://www.softether.jp/ (事業内容) ダウンロードコンテンツ制作/キャラミんコンテンツ素材制作 (担当企業) 株式会社ツクルス http://www.tkls.co.jp/

投稿者:サイト名 kometto
投稿日時:2013.9.19. 14:13
視聴回数:521回
お気に入り登録:0
カテゴリ: エンタメ全般  
タグ: キャラミん♪   結月ゆかり   G・Tワークス   前田智美  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『タルムード:Avot 第2章・第3章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章・第3章』 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章』 Balance in the community  ラビのユダ・ハナシ(Yehudah HaNasi)が言った、  人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?  それは、それを行なう人にとって名誉であるような道であり、  また、人々から彼に名誉を与えるような道である。                       (Avot 2:1) Goverment and power  我々が見てきたように、 政府に対する必要と、政府を疑うための必要との間に緊張がある。 お互いを「相食べる」ことから我々を保つために、我々は政府を必要とする。 しかし政府から我々を保護するために、 我々はthe Bill of Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ! しばしば、何を行なおうが、政府は良いことだけを行っていると主張する。 「良いこと」とは、「政府の敵」を死に追いやること、市民へ重税をかけること、 あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。 ラバン・ガマリエル(Rabban Gamaliel) が我々に警告したのは不思議ではない。  権力に気をつけなさい。  なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。  それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが、  人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。                        [ Avot 2:3 ] 我々は真に権力と友だちになることはできない。 そして、ラビ・エリエゼル(Rabbi Eliezer)は言った:  あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。                      (Avot 2:15) これらの言葉の両方において、 我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。 各々、その作者は我々のあらゆる人に、彼あるいは彼女「自身」に従って、 彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。 そして各々、その行動は他の人に関係している --- その人の財産と名誉に。 ラビたちはこう実感していた: 我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から、 我々が我々自身について理解しているところのものを、 他人を巻き込んだ我々の行動に移すために、 我々の宗教的知覚をに使うべきであると。 これこそが、ラビ・エリアザル(Rabbi Eleazar)が心に持って ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan ben Zakkai)の質問の答えである:  人が保持すべきところの良い道とはどれか?  エリアザルは言った、「良い心」  このページ先頭へ A feeling for what is right あなたは、正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。 その選択はいつもあなた自身にある。 誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない、 あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。 あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを、あなたは探さなければならない。 もし生まれつきに、あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 あるいは、もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 ただあなたのみが、あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。 最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:  「あなた自身の目に見て邪悪でないように」              (Avot 2:18) 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第3章』  ラビ・ハニナ (Rabbi Hanina) は言った:  政府の繁栄を祈りなさい、なぜならばそれに対する怖れがなければ、  人は生きたままで互いを食べるであろうからである。                          [ Avot 3:2 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.14. 22:22
視聴回数:5666回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章・第3章』   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章』   Balance   in   the   community   その同じバランスが他人との関係に必要である。   ヒレルの有名な言葉の中に   そのバランスを成し遂げるための処方箋が与えられてき   ている。   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   (Avot   1:14)   共同体社会との我々の関係の中で   我々の個人的な欲望と必要   それと他人の欲望と必要   その間のバランスを我々は探さなければならない。   我々の隣人を正しく愛するために   我々はまず自分自身を愛さなければならない。   人は   彼が誇るべきことをするよう努力すべきであり   そうすれば他人が彼をまた尊敬するであろう。   ラビのユダ・ハナシ(Yehudah   HaNasi)が言った   人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?   それは   それを行なう人にとって名誉であるような道であり   また   人々から彼に名誉を与えるような道である。   (Avot   2:1)   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。   お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。   しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。   「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。   ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。   なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。   それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。   選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。   候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。   彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。   結局   我々の投票を必要としている。   しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。   特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   我々の伝統に従うと   正しい道は我々自身を尊敬するために来ると同時に   他人に我々を尊敬させるために行なう真ん中の道である。   それは   我々が我々自身に幸福であり   そしてまた他人が我々に喜ぶように行なう真ん中の道である。   ほとんどすべての関係において   ラビたちは責任を等しく分けた   共同体社会に対する我々の義務と我々自身への我々の義務との間で。   例えば   ラビ・ヨセ(Rabbi   Yose)は言った:   あなたの仲間の財産をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:17)   そして   ラビ・エリエゼル(Rabbi   Eliezer)は言った:   あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:15)   これらの言葉の両方において   我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。   各々   その作者は我々のあらゆる人に   彼あるいは彼女「自身」に従って   彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。   そして各々   その行動は他の人に関係している   ---   その人の財産と名誉に。   ラビたちはこう実感していた:   我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から   我々が我々自身について理解しているところのものを   他人を巻き込んだ我々の行動に移すために   我々の宗教的知覚をに使うべきであると。   これこそが   ラビ・エリアザル(Rabbi   Eleazar)が心に持って   ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan   ben   Zakkai)の質問の答えである:   人が保持すべきところの良い道とはどれか?   エリアザルは言った   「良い心」   このページ先頭へ   A   feeling   for   what   is   right   あなたは   正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。   その選択はいつもあなた自身にある。   誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない   あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。   あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを   あなたは探さなければならない。   もし生まれつきに   あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   あるいは   もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   ただあなたのみが   あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。   最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:   「あなた自身の目に見て邪悪でないように」   (Avot   2:18)   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第3章』   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:   政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   Our   pleasure   is   God's   pleasure   重要なことは共同社会の中にある単なる人気ではなく   共同社会の中の平和を増やすことである。   こんな方法で   成し遂げる価値がある人気の種類があり得るのである。   それは我々のまわりの世界の中に平和と満足をもたらす種類である。   そしてそれは我々が人気がある時に起こる   なぜならば我々が隣人によって尊敬されているので。   しかしここで「人気」という言葉は混乱となるかもしれない。   一つの違った方法でそれに接近してみよう。   人気に対する願望が極端にとられる時   それは邪悪である。   それは我々をたとえ何であっても多勢に従うことに導く。   そしてそれは我々自身が必要とするもの   そして我々の共同社会の本当に必要なものを忘れさせる。   しかし他人に楽しみを与えることは追求する価値がある。   それは我々が我々自身を愛すると同じように   我々の隣人を愛することに基づく。   それは尊敬を与えることを意味し   人気の建設的な形である。   これはハニナ(Hanina)が言った時に   心の中に持っていた種類である:   彼の仲間の精神が喜んでいる者であれば   「the   All-Present(いつもいる神)」の精神もその人から喜んでいる。   (Avot   3:10)   もしハニナが   我々はたとえ何であっても人気になるよう努力すべきである   と我々に言いたかったならば   彼はこう言ったであろう   「彼の仲間が喜んでいる者であれば   ...     しかし   その代わりに   「彼の仲間の『精神』が喜んでいる者であれば   ...     こう言った。   そしてこの注意深い言葉の使用において   意味での重要な違いがある。   神はいつでも人気がある人々で楽しむのだ   とハニナは言ってない。   例えば   預言者たちはしばしば人気とは遠くかけはなれていた。   彼らは共同社会の   人々に向かってしゃべった   彼らの利己的な道を変えて神の道に戻るように叫んだ。   「the   All-Present」の精神がその預言者たちによって喜ばなかった   と我々は想像することができるだろうか?   いいえ   それは人々は預言者たちの言葉の中に真実の声を聞いたからである   これらの言葉はいつでも記録され蓄積された。   人々が預言者たちのようではなかった時でさえ   彼らの「精神」は預言者たちの精神に触れて動かされた。   それでまた   我々が友人や隣人の精神を喜ばす時は   我々は「the   All-Present」の精神を喜ばしている。   我々が共同社会の中に平和   正義そして慈悲をもたらすための行動をする時   我々のまわりに喜びと慰めを与えるような方法で我々は行動している。   我々が真の友情の精神にて友人を作る時   これらの友情は永続し   そして仲間の精神は我々の中に喜びを取る。   それでまた   神はその創造的な果実で喜ぶことによって真の友情の中に参加する。   The   Sodom   type   ---   the   average   人々は自分たちが稼いだ物に権利がある   そしていったん我々が一つの物を稼いだならば   それは我々だけに属する   我々のほとんどはこう信じている。   しかしラビたちは   これが邪悪な考え方   行動の仕方になり得ると感じた。   彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。   ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。   しかしなぜラビたちは   我々のほとんどがソドムの人々のようである   と言うことが正当であると感じたのであろうか?   我々の態度を所有に向ける時に   我々はほんとうに邪悪であるのか?   この答えは   互いに対して   そして時々互いの財産に対して   我々の相互の必要の中に横たわっている。   ラビたちは   その正しい意味のケースを示すために   我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように   我々に思い起こさせた:   Rabbi   Eleazar   of   Bertoda   は言った   神のものは全て神に与えよ。   あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「タルムード」「イスラエル2つの王国の統治の手立て」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「タルムード」「イスラエルの2つの王朝の統治について南ユダ王国がユダ家が安定して支配した手立てに神ヤハウェーのイルラエルの信仰のがございましたが、他方、北イスラエル王国のヤラベアム家・バアシャー家・オムリ家・イェフー家・メナヘム家の各統治の入れ替わりが多ございました。しかし、 ユダ王国もバアル礼拝の 信仰に苦しみました。」「タルムード」「正しい道を見つけること」 When a Jew seeks wisdom  「Seeking the right course」 Listening to everyone Freedom of choice Captain of the ship Our two impulses An inner balance Balance in the community A feeling for what is right 夜になり、その週の日々から安息日を聖別するために、祈祷書が朗読されている。 ラビが木の下に座っている、そして彼はパイプを光らせて、 灰色の煙の巨大な一吹きが澄んだ暗い天に向けて上っている。 ラビがそんな平和な気分になっているのを見て、二人の生徒が来て彼の側に座った。 しばらくの間、三人は黙って座っていた。 ついに、一人の生徒が話した、 「親愛なるラビ、我々がいかに神に奉仕すべきか我々に告げて下さい」 ラビは答えた、「わたしが知り得ることなのかい?」 その時、三人はもう一度黙ってしまった、 ラビがパイプをふかす時につくる小さな音を除いて。 最後にラビは話をした:  昔、二人の友人が一緒に山に登った、  そして彼らの前面に深い割れ目が横たわっているのを見つけた。  彼らは一緒に計画し、その深い割れ目を横切ってロープを取付けたアンカーを  持ち上げて投げた。  このようにして彼らは一方から他方へ狭いロープの橋を造った。  そして最初の者がその深い割れ目を横切って歩いた、  あらゆる歩みで彼の危険を冒して、しかし安全に向こう側に到着した。  もう一方の者、まだ同じ場所に立っていたが彼に向かって叫んだ、  「親愛なる友よ、あなたがいかにコントロールしたのか告げてくれ?」  最初の友は答えた、  「私が知っているのは確かではない。   しかし私自身が一方の側によろめきを感じた時はいつでも、   私は他方の側に向けて傾けたよ」                      「Seeking the right course(正しい道を見つけること)」 もしあなたが、人類の残りから離れて、 ある島の世界で一人だけで生活しているならば、 「良い」と「悪い」という言葉は単に、 「私にとって良いこと」と「私にとって悪いこと」という意味になろう。 しかるに、あなたは他人と一緒の社会で生活している、 そしてあなたは「良い」と「悪い」という言葉に他の意味を与えているような 慣習に参加している。 生活というのは複雑である、 そして規則は時々ちょうど壊されるために作られているように見える。 各々の新しい立場が現われる時に、 あなたが取ろうとしている行動の種類について、あなたは選択を強いられる。 規則や好みを持つことはあなたに決断する助けとなる。 そしてあなたのまわりの人々は、彼らの経験に基づいて、 あなたに助言することで喜んで助ける。 しかし、最後にはその選択はあなただけに依存する。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.22. 14:20
視聴回数:7291回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「タルムード」   「イスラエルの2つの王朝の統治について   南ユダ王国がユダ家が   安定して支配した手立てに   シナイ契約に見立てた   ダビデ契約と神ヤハウェーの   イルラエルの信仰のがございましたが   他方   北イスラエル王国の   ヤラベアム家・バアシャー家・   オムリ家・イェフー家・メナヘム家の   各統治主体の入れ替わりが   多ございました。   しかし   ユダ王国もバアル礼拝の   信仰に苦しみました。」   「タルムード」   「正しい道を見つけること」   When   a   Jew   seeks   wisdom   「Seeking   the   right   course」   Listening   to   everyone   Freedom   of   choice   Captain   of   the   ship   Our   two   impulses   An   inner   balance   Balance   in   the   community   A   feeling   for   what   is   right   夜になり   その週の日々から安息日を聖別するために     祷書が朗読されている。ラビが木の下に座っている   そし   て彼はパイプを光らせて   灰色の煙の巨大な一吹きが澄ん   だ暗い天に向けて上っている。   ラビがそんな平和な気分になっているのを見て   二人の生   徒が来て彼の側に座った。しばらくの間   三人は黙って座   っていた。ついに   一人の生徒が話した   「親愛なるラビ   我々がいかに神に奉仕すべきか我々に告げて下さい」   ラビは答えた   「わたしが知り得ることなのかい?」その     三人はもう一度黙ってしまった   ラビがパイプをふか   す時につくる小さな音を除いて。最後にラビは話をした:     二人の友人が一緒に山に登った   そして彼らの前面に   深い割れ目が横たわっているのを見つけた。彼らは一緒に   計画し   その深い割れ目を横切ってロープを取付けたアン   カーを持ち上げて投げた。このようにして彼らは一方から   他方へ狭いロープの橋を造った。そして最初の者がその深   い割れ目を横切って歩いた   あらゆる歩みで彼の危険を冒   して   しかし安全に向こう側に到着した。もう一方の者   まだ同じ場所に立っていたが彼に向かって叫んだ   「親愛   なる友よ   あなたがいかにコントロールしたのか告げてく   れ?」最初の友は答えた   「私が知っているのは確かでは   ない。しかし私自身が一方の側によろめきを感じた時はい   つでも   私は他方の側に向けて傾けたよ」   ◎「Seeking   the   right   course   (正しい道を見つけること)」   もしあなたが   人類の残りから離れて   ある島の世界で一   人だけで生活しているならば   「良い」と「悪い」という   言葉は単に   「私にとって良いこと」と「私にとって悪い   こと」という意味になろう。しかるに   あなたは他人と一   緒の社会で生活している   そしてあなたは「良い」と「悪   い」という言葉に他の意味を与えているような慣習に参加   している。   生活というのは複雑である   そして規則は時々ちょうど壊   されるために作られているように見える。各々の新しい立   場が現われる時に   あなたが取ろうとしている行動の種類   について   あなたは選択を強いられる。規則や好みを持つ   ことはあなたに決断する助けとなる。そしてあなたのまわ   りの人々は   彼らの経験に基づいて   あなたに助言するこ   とで喜んで助ける。しかし   最後にはその選択はあなただ   けに依存する。   ある日   道路に添って老人と若い少年がロバの手綱を引っ   張っていた。その三者は彼らが動く時に色彩ゆたかな絵画   を描いていた   彼らが歩むに合わせてロバの頭は突然に上   下に振った。道路で見知らぬ者と会うまでは   全てが順調   であった。   見知らぬ者は彼らに言った   「やぁ   こんにちわ。なぜあ   なた方は歩いて   乗らないのですか?ロバは乗るために作   られたのですよ」これは良い助言であると二人は同意した   そしてロバの背に登った。   しかし彼らが町の近くにやってきた時   道路に添って人々   が互いに噂をし始めた。すぐに一人の仲間が彼らを止めた   。彼は頭を両側に振って言った   「そんな小さなロバに   あなた方二人はそのロバの背にはあまりにも重すぎる荷だ     あなた方は恥ずかしくないのか?そんな方法で動物を扱う   のは残酷だ」直ちに   そのおじいさんと少年はその男の知   恵を見て   そして少年はロバの背からすべり降りて   横に   一緒に歩いた。   彼らがこの格好でそんなに遠くまで行かない時に   彼らは   カートを後ろから押して来る行商人に出会った。その行商   人は老人に質問した   「あなたの体重はその貧しいロバの   背には重すぎるとは思わないのですか?あなたが歩くこと   ができれば   なぜその少年とロバは疲れるでしょうか?」   その少年はおじいさんの方を見つめた。彼らは肩をすくめ   た。何が行なわれるべきことであるか?なぜならば彼らは   行商人の言葉に意味を見つけた。老人は重い荷であるのは   真実である   たとえそれは二人両方ほどは重くはないが。   さらに老人は歩くことができる   そして少年は乗ることが   できる。それで老人はロバの背から降りて   そして孫を代   わりに乗せた。   このように彼らは町に向かって再び前進した。またすぐに   友人と一緒に道路の脇に立っていた農夫の呼び声によって   止められた。農夫は叫んだ   「おい   少年よ   お前は年寄   を尊敬しないのか?お前が乗って   貧しい老人が歩くのは   不名誉なことだ」農夫は彼の友人の方に向いて   そしてな   お少年に聞こえるように十分大きな声で話し   彼は言った   「自分が乗っている間に   老人を歩かせるような強権な   若者を想像してごらん!」再び少年はロバの背から降りた   なぜならば彼らは農夫の言葉の中に真実の刺激を感じた   ので。   しかし今や何が行なわれるべきことであったか?彼らが誰   に耳を傾けようが   だれも喜ばなかった。そして彼らが得   た助言の全ては良い助言であった。だれも乗らないロバを   引くことは良いことではなかった。二人が乗ることは良い   ことではなかった。老人だけが乗ることは良いことではな   かった。少年だけが乗ることは良いことではなかった。た   だ一つの選択が残された。ため息をついて   老人とその孫   は彼らの背の上にロバを持ち上げた。   そしてこのように   彼らは町に歩き続けた   ロバの重さの下で奮闘している老   人と少年を道路わきの人々が見てひやかし笑っていた。   ◎Listening   to   everyone   これはばかげた話に見える。しかし我々のまわりのあらゆ   る人に耳を傾けた時に   我々はしばしば「ロバを運ぶ」ような終わりかたをする。   道路のそばにいるあらゆる人が老人と少年に良い助言を与   えた。しかし助言のどの種類も   その人が見たところの観   点のみに基づいていた。このように   見知らぬ人はロバを   引いた少年と老人を見た   そしてもし彼らが乗っていたな   らばいかに良くなるかを考えた。   そしてこのように   農夫は少年だけが乗っているのを見た   。農夫は彼が見る前のすべてを知らなかった---最初にはロ   バにだれも乗っていなかった   その次には二人が乗った   その次には老人だけが降りた。   老人と少年が受け取った助言は   彼らは自分自身では選択   しなかったので   実際に役に立たなかった。しかし彼らは   実際に知的な選択しようとすればできた唯一の人たちで   あった。彼らがしようとすればできた知的な選択は   「彼   らが」最もよく好む方法で支えることであった。生活は複   雑である   しかし我々が自分の意見を言うことを拒む時   それはより複雑になる。   ◎Freedom   of   choice   我々は常に選択をしている   しかし時々選択の自由が我々   にあるということを忘れる。我々が欲するところのことを   そして我々が信じるところのものに従っているところの   ことを   我々は選択することができる。ラビは言った     べてのものが予知されている   しかし選択の自由は与えら   れている。   (Avot   3:19)   昔ある善き者が質問した   「もし神が先に起こるすべての   ことを知っているならば   我々が選択の自由をいかに持つ   ことができるのか?」そして彼はたとえ話を通して彼自身   の質問に答えた:神は   海岸にぽつんと立っている灯台の   守りのようなものである。嵐の真っただ中   暗やみの中で   輝いている明かりで   神は注意して多くの船を見つけ     岸に近寄せる。上の方から   船がぎざぎざの暗礁を避けて   安全に岸に着くのを神が見ている。そして神はまた   どの   船が座礁にこなごなになり滅びるかを知っている。しかし   各々の船長は   彼自身の船をいかに操縦するか   そして   どのコースを追跡するか   という彼自身の選択をする。あ   る者は灯台の警告の明かりを心にとめるであろう   そして   他の者はそうしないであろう。自然には   もし人が警告の   明かりを見て   それに従って操縦するならば人の運はより   善い。しかし   各々の船長は   彼が気に入るように行なう   自由がある。   ◎Captain   of   the   ship   我々の各々は   自分の精神をもったその船長である。その   灯台は   我々の伝統の集められた知恵であり   我々が神の   真実であると支持している法律である。我々はこれらの法   律の自由がある   ---   我々が喜んで従う自由あるいは従わな   い自由である。   しかし   その灯台の光線でのように   これらの法律に我々   が従う時   我々の選択はより良くなる。   我々は選択する自由がある   そしてその選択は我々の前に   広げられている   しかしまたどれによって選択するかのガイドラインがある     我々のユダヤの伝統の価値と一族の慣習。   船長が   海の知覚   「空の中に何があるか」という感覚   そして正しい行動のための素質   を発展させるとちょうど   同じように   我々もまた   我々が確かでない時に我々を導くであろう内   部の感覚   あるいは知覚を発展させなければならない。   これは我々が宗教的な知覚と呼んだところの感覚である。   それは   生活の海を通して我々がそれによって操縦すると   ころの梯子   の種類のように我々に奉仕する   そんな我々の宗教的な知   覚である。   われわれの進路を設定しそれを正しく設定するために何が   必要かを語る。   (And   if   not   now   when?)   ここの50   セント硬貨があり   ケネディ大統領の肖像のまわりに   "   LIBERTY   "   という文字が読めると思います。   下の方に刻ま   れている文字の方はこうです:   "   IN   GOD   WE   TRUST   "       50セントだけでなく   アメリカの全ての硬貨には       "   LIBERTY   "   "   IN   GOD   WE   TRUST   "   が刻まれています     その意味は   今回のテキスト第22章から推測できるので   はないでしょうか。   Our   two   impulses   我々の船の力は   二つの世界の間で我   々のバランスの中にある。   我々は   動物の存在という状態     我々の中に普通の全ての動物の性癖を持って   人間と   して創造されている。   動物たちのように   我々は力に対す   る欲求をもつ   そして我々が若い時にはそれを我々のゲー   ムの中に表現する   ---   国々が世界の中で最も力がある者に   なるというまじめさを持った     山の王様」になるゲー   ムをして。   動物たちのように   我々は性に対する欲求をも     それは時々我々を圧倒するように脅迫する。   最も不   幸にも   ほとんど他の動物には無いような   復讐のために   そして個人的な利益のために   我々自身の種類を狩をして   追いつめる。   出世したいという我々の欲求   重要な人にな   りたいという我々の欲求   ---   これらはラビたち「Yetzer   HaRa(悪の衝動)」と呼ぶところの   我々の利己的な活力の   中にある。   しかし我々はまたそれ以上の他のものである。   我々の中には   他人を喜ばすという欲求がある   我々の仲   間の唇に笑いをもたらすために。   我々は   信じる力   理由   を考える力   そして疑う力を持つ。   そして   我々は   知っ   ていることを越えた何かを感知する力を持つ。ラビがよく   言っているように:   人間は愛されている   なぜならば彼は   神のイメージで創造されたからである。   しかしそれは     が神のイメージで創造されたことを彼に知らせれているこ   との   特別な愛によってである。イスラエルは愛されてい     なぜならば彼らは存在者(All-Present)の子供たち   と呼ばれているからである。   しかしそれは   彼らが存在者の子供たちと呼ばれているこ   とを彼らに知らせれていることの   特別な愛によってであ   る。イスラエルは愛されている   なぜならば彼らに「トー   ラ」が与えられたために。しかしそれは   世界が創造され   たことを通して「トーラ」が彼らのものであるということ   を彼らに知らせれていることの   特別な愛によってである   。「なぜならば   わたしは良い教本をあなたたちに与えた   ---わたしの教えを見捨ててはならない」   と言われている   ように。   (Avot   3:18)   そして   我々が神のイメージで創造されたということ     々が存在者の子供たちと呼ばれていること   「トーラ」が   我々に許可されてきていること   これらを我々が知ること   を可能にしているその特別な愛とは何なのか?   それは良い   ことをしようとする我々の衝動である   それはラビたちが   「Yetzer   Tov(善の衝動)」と呼んだところのものである     An   inner   balance   我々を人間にしているところのものは   「善の衝動」と「悪の衝動」との間の我々の内部のバラ   ンスである。   我々が以前に見てきたように   我々は「悪   の衝動」によってまったく生活することはできない。     して   もっと驚くべきことに   我々は「善の衝動」によっ   てだけで生活することはできない。   我々は   「悪の衝動」   によってだけで生活することが為すところの害を   容易に見   ることができる   しかし「善の衝動」によってだけで生活   することが   為すところの害とは何か?   一つの例を取り上   げよう:断食すること。   断食は   毎日の世界から我々自身   を隔てることを助ける   祈りの間に我々の精神を集中させ   ることを助ける   そしてほんの短い間であるが食べるとい   う我々の地上の必要性から   我々自身を隔てることを助ける     我々が断食する時   神の精神に近づこうという我々の「善   の衝動」を通して   我々は行動している。   断食は   その時   我々の精神にとって善である。   もし一日の断食が我々の   精神にとって善であるならば   二日間の断食はどんなによ   り善であろうか。   そしてもし二日間の断食が我々の精神に   とってより善であるならば   我々は推論する   三日間の   断食はどんなにより善であろうか   四日間では   あるいは   五日間では   そしてもし我々が死ぬまで断食するならば最   善か?   あるいは   慈善を集める人達が   やって来るラビを   見た時に   反対の方向に走り去る   というほどに過大な慈   善を与えるラビを取り上げよう。   ラビの「善の衝動」は非常に極端になることを許されてい   るので   ラビは自身が貧乏人になる危険であった   そし   てその結果としてその共同体社会に負荷が加わる。   「善の   衝動」が我々を支配することを許すことは   「悪の衝動」   が我々を支配することを許すことと同様に悪いことである     我々がそれら両方を支配しなければならない   そして   我々の中のバランスを成し遂げるための探索をしなければ   ならない   もし我々が共同社会にそして我々自身に何か役   に立とうするならば。   ユダヤ人の共同体社会は   聖人の一   部として行動する人々が必要でもなければ   悪魔のように   行動する人々も必要ではない。   バランスされたユダヤ人の   生活を喜んで導く人々が必要なのである。   Balance   in   the   community   その同じバランスが他人との   関係に必要である。   ヒレルの有名な言葉の中に   そのバラ   ンスを成し遂げるための処方箋が与えられてき   ている。   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   (Avot   1:14)   共同体社会との我々の関係の中で   我々の個人的な欲望と   必要   それと他人の欲望と必要   その間のバランスを我々   は探さなければならない。   我々の隣人を正しく愛するため     我々はまず自分自身を愛さなければならない。人は   彼が誇るべきことをするよう努力すべきであり   そうすれ   ば他人が彼をまた尊敬するであろう。   ラビのユダ・ハナ   シ(Yehudah   HaNasi)が言った   人が彼自身のために選択   すべき正しい道はどれであるか?   それは   それを行なう   人にとって名誉であるような道であり   また   人々から彼   に名誉を与えるような道である。   (Avot   2:1)   我々の伝統に従うと   正しい道は我々自身を尊敬するため   に来ると同時に   他人に我々を尊敬させるために行なう真   ん中の道である。   それは   我々が我々自身に幸福であり   そしてまた他人が我々に喜ぶように行なう真ん中の道であ   る。ほとんどすべての関係において   ラビたちは責任を等   しく分けた   共同体社会に対する我々の義務と我々自身へ   の我々の義務との間で。   例えば   ラビ・ヨセ(Rabbi   Yose   )は言った:あなたの仲間の財産をあなた自身のもののよ   うに大切にしなさい。   (Avot   2:17)   そして   ラビ・エリエゼル(Rabbi   Eliezer)は言った:   あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にし   なさい。   (Avot   2:15)   これらの言葉の両方に対して   我々は自分自身と共同体社   会との間のバランスを見ることができる。   各々   その作者   は我々のあらゆる人に   彼あるいは彼女「自身」に従って   彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。   そして各々   その行動は他の人に関係している   ---   その人   の財産と名誉に。   ラビたちはこう実感していた:   我々が   我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から   我々が   我々自身について理解しているところのものを   他人を巻   き込んだ我々の行動に移すために   我々の宗教的知覚をに   使うべきであると。   これこそが   ラビ・エリアザル   (Rabbi   Eleazar)が心に持って   ヨハナン・ベン・ザカイ   (Yohanan   ben   Zakkai)の質問の答えである:   人が保   持すべきところの良い道とはどれか?   エリアザルは言っ     「良い心」   A   feeling   for   what   is   right   あなたは   正しいバランス   のために感覚をあなた自身で発展させなければならない。   その選択はいつもあなた自身にある。   誰もあなたのための   あなたの生活の仕方を選択することはできない   あなたの   ためにあなたの報酬を受け取る以上には。   あなたにとって   何が「良い心」を意味するものかを   あなたは探さなけれ   ばならない。   もし生まれつきに   あなたがあまりにも寛大   である傾向があるならば   あなたはその偏りをバランスす   ることを学ばなければならない。   あるいは   もしあなたの   性格が利己的になる方向に傾くならば   あなたはその偏り   をバランスすることを学ばなければならない。   ただあなた   のみが   あなたの選択において正しいバランスを感じるこ   とができる。   最善のバランスはいつもあなたの中に存在す   る:   「あなた自身の目に見て邪悪でないように」   (Avot   2:18)  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読) (お話です)ミシュナ・タルムード「アヴォート(Avot)」篇の共同社会について

合唱組曲島よ(朗読) (お話です) ミシュナー・タルムード 「ピルケ・アヴォート (Pirke Avot)」篇 ◎The struggle within us (我々の内での苦闘)」 The forces within us 選択をする時に、われわれの中で2つの力が働いていると、ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求、他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し、Tovは善(good)を意味する。他方、悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。(「Yetzer Tov=善の衝動」、「Yetzer HaRa=悪の衝動」) われわれの各々の人は、これら2つの衝動をいかに操作するかに関わる。「Yetzer Tov」は正義の人をコントロールし、他方「Yetzer HaRa」は邪悪をコントロールする。しかしタルムードでは、両方の衝動が平均的な人をコントロールすると言う。(Berachot 61a) 我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーにあり、全体に正義でもなければ、また全体に邪悪であるわけでもない。   ◎Needing impulses for both right and wrong しかし、何が正しいことで、何が悪いことか、われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって一方の衝動から他方を識別するのか。選択はいつも明瞭であるというものではない。いつでも邪悪な一つの選択があり、いつでも正義の一つの選択がある、ということをラビが暗示している時、単純に示しすぎてはいないのか。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それはちょうど邪悪に向かった傾斜であるのだ。彼らは、「Yetzer HaRa」が多くの局面で有用になりえる、ということまでも理解している。このことを示すために、彼らはこんなたとえ話を言っている。 昔、われらの賢者たちは「Yetzer HaRa」を捕まえて、それを金の鎖で縛り上げた。最初彼らは自分たちでたいへん喜んでいた。盗みは止り、殺人は無くなった。人々は友好的になり、互いを愛するようになった。嫉妬は無くなり、イスラエルの全地においてイスラエル人と隣人との間の論争も無くなった。死ぬ者はいなくなった。 しかし突然、彼らは奇妙な出来事を見るようになり始めた。人々はとても満足したので精を出して働く心配がなくなった。競争が無くなったので人々は働くことを止めてしまった。新しい家はもう作られなくなった。人々はもはや、結婚もしないで、子供を欲しがらなくなった。ラビでさえ不精になり始めた。その時、ラビは「Yetzer HaRa」が世界において如何に必要であったかを理解した。それで彼らは縛ってあった鎖を壊し、それを自由にした。 (Genesisi Rabbah 9:7) ■ピルケ・アボット (Pirke Avot)編 以外の律法 ■ ユダヤ王は真の世界の法王、世界にまたがる教会の総大司教となる。だが、一方で、われわれが青年層を過渡期の新しい伝統の宗教に、後にはわれわれの宗教で再教育する間、われわれは明らさまには既存の教会には指一本触れないけれども、教会内部の軋轢を目ざし批判を加えて宗教人と闘う。その場合、一般的には、われわれの現代の新聞はゴイムの国家問題、宗教、ゴイムの無能さを断罪し続けるが、常に、わが民天与の才能を振い、あらゆる手段を駆使してかれらの威信を剥奪すべく、罵詈雑言を浴びせ百方中傷する。 <十七>

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.1. 00:27
視聴回数:3289回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「ピルケ・アヴォート   (Pirke   Avot)」篇   ◎The   struggle   within   us   (我々の内での苦闘)」   The   forces   within   us   選択をする時に   われわれの中で2つの力が働いていると   ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求   他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し   Tovは善(good)を意味する。他方   悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。(「Yetzer   Tov=善の衝動」   「Yetzer   HaRa=悪の衝動」)   われわれの各々の人は   これら2つの衝動をいかに操作するかに関わる。「Yetzer   Tov」は正義の人をコントロールし   他方「Yetzer   HaRa」は邪悪をコントロールする。しかしタルムードでは   両方の衝動が平均的な人をコントロールすると言う。(Berachot   61a)   我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーにあり   全体に正義でもなければ   また全体に邪悪であるわけでもない。   ◎Needing   impulses   for   both   right   and   wrong   しかし   何が正しいことで   何が悪いことか   われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって一方の衝動から他方を識別するのか。選択はいつも明瞭であるというものではない。いつでも邪悪な一つの選択があり   いつでも正義の一つの選択がある   ということをラビが暗示している時   単純に示しすぎてはいないのか。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer   HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それはちょうど邪悪に向かった傾斜であるのだ。彼らは   「Yetzer   HaRa」が多くの局面で有用になりえる   ということまでも理解している。このことを示すために   彼らはこんなたとえ話を言っている。     われらの賢者たちは「Yetzer   HaRa」を捕まえて   それを金の鎖で縛り上げた。最初彼らは自分たちでたいへん喜んでいた。盗みは止り   殺人は無くなった。人々は友好的になり   互いを愛するようになった。嫉妬は無くなり   イスラエルの全地においてイスラエル人と隣人との間の論争も無くなった。死ぬ者はいなくなった。   しかし突然   彼らは奇妙な出来事を見るようになり始めた。人々はとても満足したので精を出して働く心配がなくなった。競争が無くなったので人々は働くことを止めてしまった。新しい家はもう作られなくなった。人々はもはや   結婚もしないで   子供を欲しがらなくなった。ラビでさえ不精になり始めた。その時   ラビは「Yetzer   HaRa」が世界において如何に必要であったかを理解した。それで彼らは縛ってあった鎖を壊し   それを自由にした。   (Genesisi   Rabbah   9:7)   ■ピルケ・アボット   (Pirke   Avot)編   以外の律法     ユダヤ王は真の世界の法王   世界にまたがる教会の総大司教となる。だが   一方で   われわれが青年層を過渡期の新しい伝統の宗教に   後にはわれわれの宗教で再教育する間   われわれは明らさまには既存の教会には指一本触れないけれども   教会内部の軋轢を目ざし批判を加えて宗教人と闘う。その場合   一般的には   われわれの現代の新聞はゴイムの国家問題   宗教   ゴイムの無能さを断罪し続けるが   常に   わが民天与の才能を振い   あらゆる手段を駆使してかれらの威信を剥奪すべく   罵詈雑言を浴びせ百方中傷する。   <十七>     重ねて述べるが   臣民は自分たちとは絶対的にかけ離れた力強い手に対しては   盲目的に服従する。彼らはそこに自分たちを襲う社会的な鞭から守ってくれる防御の剣を感じて支持するのである……彼らは王者に天使の心を期待するのか?   彼らが王者に見たいのは力     力の権化なのである。   <二十三>     ダヴィデ王の子孫のうちの数人が   相続権ではなく優れた資質を基準にして王と後継者を選定する。その人々には   政治の最高機密と政府の仕組とが伝授されるが   常に何びとにも極秘の知恵が漏れないように留意する。この方式の真意は   このような秘義を授けられたことがない者には   政府を委すことはできないということを徹底させることにある。これらの人々にのみ   何世紀にもわたる諸経験と比較しつつ   私がこれまでに述べたような計画の実際化や   政治経済運動や社会科学研究の全成果-一言で言えば   人間関係を律する動かしがたい天然法則の大真理-が伝授される。   <二十四>     たとえ残忍であったとしても無条件に断固たる人物にのみ   われらの賢人長老たちから支配統治の手綱を渡されるのである。……通常の時間における王の行動計画と将来に関することはすべて   最も親しい助言者たちにも知らされない。王と三人の顧問のみが   将来の計画を知っている。断乎とした意志で自分と人類を律する王の人柄には   万人が神秘の宿命を認めるのである。何びとも王が何を行おうとしているのかを知らぬので   あえて知らぬ小路を遮ろうとする者はいない。王の頭の中には実行すべき政府計画を理解するに足りる知恵が貯えられていなければならない。王位に就く前に   前に述べた賢人長老たちが試験を行うのは   そのためである。   <二十四>     ユダヤ王は自分の感情   とりわけ情欲のとりこになってはならない。王は自分の人格のどの一面でも   荒々しい本能に精神をしのがせることがあってはならぬ。情欲はいかなる精神的な欠点よりも   明晰に見る力を殺ぎ   思考を人間の性質中最悪の獣的なものに落とし込む。ダヴィデの聖なる子孫である全世界統治王その人は   人類の支柱であり   人民のためにはいかなる個人的希望をも犠牲にしなければならない。われらが至高の王は完全無欠の権化でなければならない。   <二十四>     あなたは   あなたの神   主の聖なる民である。あなたの神   主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び   御自分の宝の民とされた。(申命記   七章六)     主はあなたの意のままにあしらわせ   あなたが彼らを撃つときは   彼らを必ず滅ぼし尽くさねばならない。彼らと協定を結んではならず   彼らを憐れんではならない。   (申命記   七章二)。     掟の言葉より法師の言葉を敬え。   <アシ法師>     汝知るべし   法師の言葉は予言者の言葉より美し   と。   <アシ法師>     もし法師   汝の右の手を左の手と言ひ   左の手を右の手と言ふとも   彼の言葉に違ふべからず。   <アシ法師>     犬は異邦人より勝れたるものなり。   <アシ法師>     拾得物を紛失者に返却すべしとの戒は   ユダヤ人に対してのみ守らるべきものにして   ゴイに対しては然らず。この事に就き亡き吾等の教法師達の言えるあり。即ち   「遺失物とはすべて汝の兄弟の失いしところの物を指すものにして   ゴイの失える物は然らず。その理由は   ゴイは神に属する者に非ずして   地の邪神に属する者なる故なり。故にゴイの失える総べての物は   この世にては再び見付けらるる事なき遺失物にして   その所有者に還るべきにあらず。財宝は唯イスラエル人にふさわしく   他の民はこれに値いせざるものなればなり。これ預言者イザヤ(二六ノ一九)の言えるが如し」と。   <ゲルソン法師>     ゴイの耳は不潔である。かれらの浴槽   住居   田園は不潔である。   (トセフタ・ミクワト   vの一)     ユダヤ人はゴイから奪ってよい。ユダヤ人はゴイから金を騙しとってよい。ゴイは金を持つべきではなく   持てば神の名において不名誉となるだろう。   (シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   三四八)     ゴイの失せ物を見付けた者は自分の所有にしてはならないが   ゴイに返すことは禁じられている。   (シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   二六六の一)。     タルムードの誡において神は命じて曰く   ゴイに金を貸すには必ず高利を以てすべし   と。これ   彼らが借りたる金により利する事なからんため   かつまた   我らが金銭にて彼らに助力を与うることなく   むしろ損害を与えんがためなり。   <モシェー・バル・マエモン>     ゴイにわれらの信教を教える者は   ユダヤ人を殺すに等しい。もしもゴイがわれらの教説を知ったならば   かれらは公然とわれらを殺すだろう。   (リブル・デヴィッドの書   三七)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 ユダヤ教徒とイスラム教とクルアーンの第17章イスラエル(メッカ啓年)について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2  ユダヤ教についてとイスラエルの歴史についてとキリスト教とユダヤ教の歴史について タルムード ユダヤ教の聖典は『旧約聖書』ですが、冒頭の5書、「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」は特に重要とされ「モーセ五書」または「トーラー」(律法)と呼ばれます。さらに、モーセが神から授けられた法で、成文におこされずに口伝で伝えられたものがあり、この口伝は3世紀頃に文書におこされ「ミシュナー」と呼ばています。このミシュナーと、ミシュナーをラビが解釈した「ゲマラ」から作成された日常生活の規範と、時代時代に対応した生きざまを記したものがタルムードです。  タルムードは、6部構成、63編から成る文書群で、現代のユダヤ教の主要教派のほとんどが聖典として認めており、ユダヤ教徒の生活、信仰の基となっているといわるものです。 ■ ユダヤ王は真の世界の法王、世界にまたがる教会の総大司教となる。だが、一方で、われわれが青年層を過渡期の新しい伝統の宗教に、後にはわれわれの宗教で再教育する間、われわれは明らさまには既存の教会には指一本触れないけれども、教会内部の軋轢を目ざし批判を加えて宗教人と闘う。その場合、一般的には、われわれの現代社会はゴイムの国家問題、宗教、ゴイムの無能さを断罪し続けるが、常に、わが民天与の才能を振い、あらゆる手段を駆使してかれらの威信を剥奪すべく、罵詈雑言を浴びせ百方中傷する。<十七> ■ 重ねて述べるが、臣民は自分たちとは絶対的にかけ離れた力強い手に対しては、盲目的に服従する。彼らはそこに自分たちを襲う社会的な鞭から守ってくれる防御の剣を感じて支持するのである……彼らは王者に天使の心を期待するのか? 彼らが王者に見たいのは力、力、力の権化なのである。<二十三> ■ ダヴィデ王の子孫のうちの数人が、相続権ではなく優れた資質を基準にして王と後継者を選定する。その人々には、政治の最高機密と政府の仕組とが伝授されるが、常に何びとにも極秘の知恵が漏れないように留意する。この方式の真意は、このような秘義を授けられたことがない者には、政府を委すことはできないということを徹底させることにある。これらの人々にのみ、何世紀にもわたる諸経験と比較しつつ、私がこれまでに述べたような計画の実際化や、政治経済運動や社会科学研究の全成果-一言で言えば、人間関係を律する動かしがたい天然法則の大真理-が伝授される。<二十四> ■ たとえ残忍であったとしても無条件に断固たる人物にのみ、われらの賢人長老たちから支配統治の手綱を渡されるのである。……通常の時間における王の行動計画と将来に関することはすべて、最も親しい助言者たちにも知らされない。王と三人の顧問のみが、将来の計画を知っている。断乎とした意志で自分と人類を律する王の人柄には、万人が神秘の宿命を認めるのである。何びとも王が何を行おうとしているのかを知らぬので、あえて知らぬ小路を遮ろうとする者はいない。王の頭の中には実行すべき政府計画を理解するに足りる知恵が貯えられていなければならない。王位に就く前に、前に述べた賢人長老たちが試験を行うのは、そのためである。<二十四> ■ ユダヤ王は自分の感情、とりわけ情欲のとりこになってはならない。王は自分の人格のどの一面でも、荒々しい本能に精神をしのがせることがあってはならぬ。情欲はいかなる精神的な欠点よりも、明晰に見る力を殺ぎ、思考を人間の性質中最悪の獣的なものに落とし込む。ダヴィデの聖なる子孫である全世界統治王その人は、人類の支柱であり、人民のためにはいかなる個人的希望をも犠牲にしなければならない。われらが至高の王は完全無欠の権化でなければならない。<二十四> ■ あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。あなたの神、主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた。(申命記、七章六) ■ 主はあなたの意のままにあしらわせ、あなたが彼らを撃つときは、彼らを必ず滅ぼし尽くさねばならない。彼らと協定を結んではならず、彼らを憐れんではならない。 (申命記、七章二)。 ■ 世界はただイスラエル人の為にのみ創造されたるなり。イスラエル人は実にして、他の民は空なる殻皮のみ。従ってイスラエルの他に民族なし。彼らはことごとく空皮に過ぎざればなり。<イェシャヤ法師> ■ 神言い給う、我は我が予言者を畜獣に過ぎざる偶像崇拜の徒の為に遣わしたるにあらず。人間なるイスラエル人の為に遣わしたるなり。(ミトラシュ・コヘレート) ■ 人間の獣に優れる如く、ユダヤ人は他の諸民族に優れるものなり。<アブラハム・ゼバ法師>

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.31. 12:43
視聴回数:9011回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   ユダヤ教についてと   イスラエルの歴史についてと   キリスト教とユダヤ教の歴史について   タルムード   ユダヤ教の聖典は『旧約聖書』ですが   冒頭の5書   「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」は特に重要とされ「モーセ五書」または「トーラー」(律法)と呼ばれます。さらに   モーセが神から授けられた法で   成文におこされずに口伝で伝えられたものがあり   この口伝は3世紀頃に文書におこされ「ミシュナー」と呼ばています。このミシュナーと   ミシュナーをラビが解釈した「ゲマラ」から作成された日常生活の規範と   時代時代に対応した生きざまを記したものがタルムードです。   タルムードは   6部構成   63編から成る文書群で   現代のユダヤ教の主要教派のほとんどが聖典として認めており   ユダヤ教徒の生活   信仰の基となっているといわるものです。     ユダヤ王は真の世界の法王   世界にまたがる教会の総大司教となる。だが   一方で   われわれが青年層を過渡期の新しい伝統の宗教に   後にはわれわれの宗教で再教育する間   われわれは明らさまには既存の教会には指一本触れないけれども   教会内部の軋轢を目ざし批判を加えて宗教人と闘う。その場合   一般的には   われわれの現代社会はゴイムの国家問題   宗教   ゴイムの無能さを断罪し続けるが   常に   わが民天与の才能を振い   あらゆる手段を駆使してかれらの威信を剥奪すべく   罵詈雑言を浴びせ百方中傷する。<十七>     重ねて述べるが   臣民は自分たちとは絶対的にかけ離れた力強い手に対しては   盲目的に服従する。彼らはそこに自分たちを襲う社会的な鞭から守ってくれる防御の剣を感じて支持するのである……彼らは王者に天使の心を期待するのか?   彼らが王者に見たいのは力     力の権化なのである。<二十三>     ダヴィデ王の子孫のうちの数人が   相続権ではなく優れた資質を基準にして王と後継者を選定する。その人々には   政治の最高機密と政府の仕組とが伝授されるが   常に何びとにも極秘の知恵が漏れないように留意する。この方式の真意は   このような秘義を授けられたことがない者には   政府を委すことはできないということを徹底させることにある。これらの人々にのみ   何世紀にもわたる諸経験と比較しつつ   私がこれまでに述べたような計画の実際化や   政治経済運動や社会科学研究の全成果-一言で言えば   人間関係を律する動かしがたい天然法則の大真理-が伝授される。<二十四>     たとえ残忍であったとしても無条件に断固たる人物にのみ   われらの賢人長老たちから支配統治の手綱を渡されるのである。……通常の時間における王の行動計画と将来に関することはすべて   最も親しい助言者たちにも知らされない。王と三人の顧問のみが   将来の計画を知っている。断乎とした意志で自分と人類を律する王の人柄には   万人が神秘の宿命を認めるのである。何びとも王が何を行おうとしているのかを知らぬので   あえて知らぬ小路を遮ろうとする者はいない。王の頭の中には実行すべき政府計画を理解するに足りる知恵が貯えられていなければならない。王位に就く前に   前に述べた賢人長老たちが試験を行うのは   そのためである。<二十四>     ユダヤ王は自分の感情   とりわけ情欲のとりこになってはならない。王は自分の人格のどの一面でも   荒々しい本能に精神をしのがせることがあってはならぬ。情欲はいかなる精神的な欠点よりも   明晰に見る力を殺ぎ   思考を人間の性質中最悪の獣的なものに落とし込む。ダヴィデの聖なる子孫である全世界統治王その人は   人類の支柱であり   人民のためにはいかなる個人的希望をも犠牲にしなければならない。われらが至高の王は完全無欠の権化でなければならない。<二十四>     あなたは   あなたの神   主の聖なる民である。あなたの神   主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び   御自分の宝の民とされた。(申命記   七章六)     主はあなたの意のままにあしらわせ   あなたが彼らを撃つときは   彼らを必ず滅ぼし尽くさねばならない。彼らと協定を結んではならず   彼らを憐れんではならない。   (申命記   七章二)。     世界はただイスラエル人の為にのみ創造されたるなり。イスラエル人は実にして   他の民は空なる殻皮のみ。従ってイスラエルの他に民族なし。彼らはことごとく空皮に過ぎざればなり。<イェシャヤ法師>     神言い給う   我は我が予言者を畜獣に過ぎざる偶像崇拜の徒の為に遣わしたるにあらず。人間なるイスラエル人の為に遣わしたるなり。(ミトラシュ・コヘレート)     人間の獣に優れる如く   ユダヤ人は他の諸民族に優れるものなり。<アブラハム・ゼバ法師>     もしイスラエル人無かりせば   この世に幸福なかりしならん。これ申命記二八の八に記されたる如し。またイスラエル人無かりせば   天の諸星も昇らざるべし。これエレミヤ記三三の三五に記されたる如し。また地の上に雨の降る事なかるべし。これ申命記二八の一二に記されたる如し。<シメオン・ハダルサン法師>     選ばれたる民のみ永遠の生命を受くるにふさわしく   他の国人はロバに等し。<アバルバネル法師>     「汝は主なる汝の神が汝に与え給いしすべての民を喰い尽くさん」との文句(申命記七ノ十六)は   今は亡き吾等の教法師達により次の如く解せられたり。すなわち   すべての民を喰い尽くし   すべての民より掠奪することは   彼らすべてが吾等の権力下に置かれる時に始まるべし   と。<ベハイ法師>     神はユダヤ人にすべての方法を用い   詐欺   強力   高利貸   窃盗によってキリスト教徒の財産を奪取することを命ずる。(オルディン一   トラクト一   ディスト四)     吾々はタルムードがモーゼの律法書に対して絶対的優越性を有することを認むるものなり。(イスラエル文庫   一八六四年)     律法(聖書)は多少とも重要ではあるが   長老方が聖典に記された言葉は常に重要である。     掟の言葉より法師の言葉を敬え。<アシ法師>     汝知るべし   法師の言葉は予言者の言葉より美し   と。<アシ法師>     教法師の言葉は   生ける神の言葉なり。<ベハイ法師>     教法師の日常の言辞も   誡律同様に重んずべきなり。(ヴェネツィア版ミトラシュ   一五一六年版)     もし法師   汝の右の手を左の手と言ひ   左の手を右の手と言ふとも   彼の言葉に違ふべからず。<アシ法師>     タルムードの決定は   生ける神の言葉である。エホバも天国で問題が起きたときは   現世のラビに意見を聞き給う。(ラビ・メナヘン   第五書の注解)     法師の言葉を嘲る者は   地獄の煮え立つ糞の中にて罰せらるべし。<アシェル法師>     ラビの言葉に背くことはトーラーに背くことよりも   さらに悪い。(ミズナ   サンヘドリン   十の三)。     ラビの言葉を変える者は死罪に処すべきである。(エルビン   二一のb)     トーラを学ぶゴイは死罪に当る者なり。<モシェー・バル・マエモン>     なんじらは人類であるが   世界の他の国民は人類にあらずして獣類である。(ババ・メチア   一四六の六)。     汝等イスラエル人は人間なれど   他の民族は人間に非ず。彼らの魂穢れし霊より出でたればなり。<メナヘム・ベン・シラ法師>     イスラエル人は人間と呼ばる。しかれども偶像礼拝者は汚れし霊より出でしものなれば   豚と呼ばるるなり。<ロイベン法師>     イスラエル人はアダム(人間)と呼ばれん。然れど他の諸族はアダムと呼ばるることなし。<アブラハム・ゼバ法師>     悪魔と世界の諸民族とは   畜獣に数えらるべきなり。<ナフタリ法師>     犬は異邦人より勝れたるものなり。<アシ法師>     聖書に「隣人」と記されたる個処はいづれも非ユダヤ人を含まざるなり。(「シュルハン・アルフ」の注釈書より)     レビ記十九章十一節には   汝は汝の隣人に不法を為すべからず   と記されたり。この文句は   ゴイ(非ユダヤ人)がその中に含まれ居らざる事を明白に示すものなり。     ゴイが住んでいる家を見て   人はこう言った。〝神は傲慢の家を亡ぼすだろう〟。そして家々が亡ぼされたのを見て人は言った。〝復讐の神が顕現されたのだ〟(バビロニアン・タルムード   ベラチョット   五八の六)。     汝殺すなかれ   との掟は   イスラエル人を殺すなかれ   との意なり。ゴイ   ノアの子等   異教徒はイスラエル人にあらず。<モシェー・バル・マエモン>     神はイスラエル人を審くには立ちてなし   尋問も簡単にして速かなり。世の諸民族を審く時は座して   厳格に長々と取調べをなす。<ラバ・バル・ナハマニ法師>     「世界はただイスラエル人のみの為に造られたり。」この文句は極めて明瞭なれど   人々はこれをなおよく熟考し   また味うべきなり。イスラエル人に掟の与えられし時   イスラエル人はその掟によりて種々の美点をことごとく保持せしが   他の民は掟を受入れざりしによりこれらの美点を全く有せざるなり。<アブラハム・ゼバ法師>     イスラエル人は   他のすべての民に対し優越する者なり   他の諸族の中には賢く利き者唯一人も居らざるに   イスラエル人にあっては全部が特に賢く利き人間なり。   <アブラハム・ゼバ法師>     一人のイスラエル人の魂は神の前において他の民族全部の魂より価値多く   また神によって悦ばるるところのものなり。<シェフテル・ホルヴィッツ法師>     ゴイがゴイもしくはユダヤ人を殺した場合は責めを負わねばならぬが   ユダヤ人がゴイを殺すも責めは負わず。(前掲書   Ⅷの五)     悪しき者(非ユダヤ人)を憐むことは   正しき者(ユダヤ人)に相応わしからぬなり。<ゲルソン法師>     ゴイに金を貸す時は必ず高利を以てすべし。<モシェー・バル・マエモン>     拾得物を紛失者に返却すべしとの戒は   ユダヤ人に対してのみ守らるべきものにして   ゴイに対しては然らず。この事に就き亡き吾等の教法師達の言えるあり。即ち   「遺失物とはすべて汝の兄弟の失いしところの物を指すものにして   ゴイの失える物は然らず。その理由は   ゴイは神に属する者に非ずして   地の邪神に属する者なる故なり。故にゴイの失える総べての物は   この世にては再び見付けらるる事なき遺失物にして   その所有者に還るべきにあらず。財宝は唯イスラエル人にふさわしく   他の民はこれに値いせざるものなればなり。これ預言者イザヤ(二六ノ一九)の言えるが如し」と。<ゲルソン法師>     ゴイの耳は不潔である。かれらの浴槽   住居   田園は不潔である。(トセフタ・ミクワト   vの一)     九歳と一日以上のゴイの少年と   三歳と一日以上の少女は   不潔とみなされる。(パーフォコヴィッツ   タルムード   t・v   一一頁)     他民族の有する所有物はすべてユダヤ民族に属すべきものである。ゆえになんらの遠慮なくこれをユダヤ民族の手に収むること差し支えなし。(シュルハンアルクのショッツェン・ハミッバッド三百四十八)     ゴイがゴイまたはユダヤ人を殺した場合には   その責任を負うべきであるが   ユダヤ人がゴイを殺した場合には責任を負うべきものでない。(トセフタ   アブダ・ザラ八の五)     〝盗賊〟という言葉の解釈。ゴイは   ゴイからであろうとユダヤ人からであろうと   盗むこと奪うこと女奴隷を使うことは禁じられる。だがユダヤ人はゴイに禁じられているこれらのすべてのことを為しても禁じられない。(トセフタ   アボダ・ザラ   Ⅷの五)。     すべてのイスラエル人は一定の法式により動物及び動物視されている非ユダヤ人を屠ることを許さる。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     ユダヤ女を求め得る場合には   異邦女の乳を幼児に吸わしむべからず。異邦女の乳は心眼を閉ざし   悪しき性格を形成するが故なり。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     偶像礼拝に帰依せる非ユダヤ人及び賎しき牧人はこれを殺すことを許さず。されど彼らが危険に面しまた死に瀕せりとて彼らを救うことは許されず。例えば彼らの一人水に落ちたる時   報酬ある場合といえども彼を救い上ぐるべからず。また彼らを瀕死の病よりも癒すべからず・・・報酬ある場合といえども。しかれども吾等と彼らの間に敵意の生ずるを防止する為ならば   報酬無き場合にも彼らを救出し   また癒すことを許さる。しかれども偶像を拝む者   罪を犯す者   掟と預言者を否む者は   これを殺すべし。しかして公然と殺すを得ば   その如くなせ。しかするを得ざる場合には   彼らの死を促進せよ。例えば彼らの一人井戸に落ちたる時   その井戸に梯子あらば   これを取去り   直ちに再び持来るべしとの遁辞を用い   かくすることにより落ちたる者の身を救い得べき道を奪うべし。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     非ユダヤ人の証人たるところの証書はすべて無効なり。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     成人せる非ユダヤ人奴隷は   牧者なき家畜の如し。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     すべてゴイは月經時の子にして   根絶さるべきものなり。<ベハイ法師>     キリスト教徒は異教徒なり。<アバルバネル法師>     改宗してユダヤ人となれる者は   同様にユダヤ教に改宗せるその母あるいは伯母と婚姻するも差支えなし。改宗者は新たに生れたる者と見なされ得る故なり。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     二十四項の罪あり。これに触るる者は除名さる。例えば第八項   その地所を非ユダヤ人に売りたる者   第九項   非ユダヤ人法廷においてその隣人(即ちイスラエル人)に対し不当なる証言を為せる者   等。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     非ユダヤ人及び奴隷も証言を為す資格なし。敵・混血児・裏切者・自由思想家・変節者(背教者)   キリスト教の洗礼を受けたる者はゴイ(非ユダヤ人)より更に悪しければ   同じく証言を為すを得ず。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     他の宗教に改宗したる者は   盗賊になりたると等し。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     汝知るべし   イエスの教に従いて迷えるキリスト教諸国民は   その信仰には種々あれども   ことごとく偶像礼拝者なり。故に彼らは偶像礼拝者相応に扱わるべし。これタルムードの説くところなり。<モシェー・バル・マエモン>     決して偶像礼拝者と事を共にするなかれ。また彼らを憫むべからず。その故は   申命記七章二節にその如く記されたればなり。故に非ユダヤ人が生命の危険に瀕するか   あるいは河に溺るるを見るとも   これを救助することは許されず。<モシェー・バル・マエモン>     偽善はこの世においては許さる。すなわち   背神者に対し慇懃になし   彼らを敬い   彼らに向いて「我汝を愛す]と言うもよし。すなわち   必要上止むを得ざる場合   恐怖に駆られたる場合は然り。<ベハイ法師>     すべてこれらの条項(三十箇条のユダヤ信仰箇條)を信ぜざる者は異教徒なり。故にかかる者を憎むは吾等の義務にして   彼を賎しみ   出来得べくんばその亡ぼし   また根絶するは当然の事なり。<アバルバネル法師>     他の諸族はイスラエル人と同じ姿を有すれども   真の人間に比ぶれは模造に過ぎず。彼らは   ダニエル書四の十四・十七に記されたる如く   劣等なる種類の人間なり。これに対しイスラエル人はアダム(人間)なる語の真の意味における高き価値ある人間にして   この故にまた単に人間とも呼ばるるなり。<シメオン・ハダルサン法師>     偶像礼拝者は畜獣と呼ばるべきものにしてただ最広義においてのみ人間と呼ばれ得るに過ぎず。<ロイベン法師>     非ユダヤ人はイスラエル人の財産に対し所有権を有せず。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     ゴイの財産は主なき物品のごとし。(シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   一一六の五)。     ゴイの土地は荒野のごとし。最初に鍬を入れた者に所有権が帰する。(ババ・バトラ   一四のb)。     ユダヤ人はゴイから奪ってよい。ユダヤ人はゴイから金を騙しとってよい。ゴイは金を持つべきではなく   持てば神の名において不名誉となるだろう。(シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   三四八)     ノアの息子は小銭たりとも盗めば死罪に処せらるべきであるが   イスラエル人がゴイに損害を負わせることは差支えなし。なんじの隣人を傷つけるなかれとは書いてあるが   ゴイを傷つけるなかれとは書かれていない。(ミズナ   サンヘドリン   五七)。     ゴイの失せ物を見付けた者は自分の所有にしてはならないが   ゴイに返すことは禁じられている。(シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   二六六の一)。     ユダヤ人はユダヤ同族より利子を取るべからず。唯アクムよりのみこれを取るべし。しかしてかかる取引は使者をしてこれをなさしむべし。使者ならば   かく為しても   罪を犯したるには非ずして   戒律もまた遵守されたるなり。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     タルムードの誡において神は命じて曰く   ゴイに金を貸すには必ず高利を以てすべし   と。これ   彼らが借りたる金により利する事なからんため   かつまた   我らが金銭にて彼らに助力を与うることなく   むしろ損害を与えんがためなり。<モシェー・バル・マエモン>     非ユダヤ人より盗みたる物を用いて女と婚約するは差支えなし。(シュルハン・アルフ   第四巻救いの岩)     ゴイに向って誓いを立てた者は   盗賊であれ税吏であれ   責任を取らなくてよい。(トセフタ・スゼブノット   一一)     結婚   誓約   約束を取り消すには   ユダヤ人はラビの所に行かねばならぬが   ラビが不在の場合は   他のユダヤ人を三人呼び集め   かれらに残念ながら取り消すと言えばよい。そうすると三人は〝なんじは許された〟と言う。(シュルハン・アルーフ     一の二四七)     ゴイにわれらの信教を教える者は   ユダヤ人を殺すに等しい。もしもゴイがわれらの教説を知ったならば   かれらは公然とわれらを殺すだろう。(リブル・デヴィッドの書   三七)     律法の秘密を公にすることは禁ぜられる。これを破る者は全世界を葬るに等しい犯罪である。(ジャクトゥ・ハダズ   一七一の二)     ユダヤ人がラビの書物のどこかを説明してくれと頼まれたなら   ただただ嘘の説明をするべきであり   ほんとうのことを教えてこの指示を裏切る共犯者となってはならない。この律法を破る者は生かしておいてはならない。(リブル・デイヴィド   三七)     ゴイがわれらの書物には何かゴイを害することが書いてあるのではないかと聞いたら   偽りの誓いを立てなければならない。そして   そのようなことは誓って書いてないと言わなければならない。(ザーロット・ウザボット   ジュル・ダの書   一七)     タルムードを学ぶゴイ   それを助けるユダヤ人はことごとく生かしておいてはならない。(サンヘドリン   五九   ア・アボダ・ゾラ   八の六。ザギガ   一三)     神よ   あなたを信ずることなく   その御名を称えざる民どもの上に   あなたの怒りを注がしめ給わんことを。かかる民どもの上にあなたの怒りを下らしめ   あなたの怒りもて屈伏せしめ給え。かの民どもをあなたの怒りもて追い散らし   粉々に打ち砕き給え。おお神よ   かの民どもの骨をすべて抜き取り給え。あなたの民に敵対するものすべてを瞬時に殺傷し給え。これら存在の価値なき民どもを根絶   四散   殱滅し給え。誅殺し給え!   今ただちに誅殺し給え!(プラナイティス   クリスマス・イン・タルムード・ジュデオラム   『シナゴーガ・ジュダイカ』二一二頁   『ミンハギン』二三頁   『クラチ・シャイム』四八〇頁。過越祭の夕の祈りで現在も唱えられているもの)     (新年二日以前のもの)彼ら非ユダヤ人の評議を狂気をもって悩まし   その思想を乱し給え。彼らの君侯を狂気ならしめ   彼らが吾々になしし如く彼らになし給え。(「ユダヤ祈祷集」より)     何者かが三度ユダヤ人を裏切るか   もしくは(ユダヤ人の)金をゴイどもに渡したことが疑いない場合は   賢人会議はその男を放逐しなければならない。     裏切り者を放逐せんがために   何人も共同体に寄付をしなければならない。(前掲書)     涜神者(非ユダヤ人)の血を流す者は   神に生贄を捧ぐるに等しきなり。<シメオン・ハダルサン法師>     自由思想家及びトーラと預言者を否む者を殺すは掟なり。公然と刀剣を以て為し得る時は然かなすべし。もし然か為し得ずば   策計をめぐらして死に至らしむべし。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     トーラーを持たざる者と予言する者とを   すべて殺さなければならない。彼らを殺す力ある者は   剣あれば憚ることなく剣もて殺せ。剣なければ策略もて放逐せよ。(シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   四二五の五〇)。     キリスト教徒の中最も善き者を絞殺すべし。<アシ法師>   クルアーン   <特大>   第17章   イスラエル   (メッカ啓年)</特大>   慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。   17-1.   かれに栄光あれ。そのしもべを   (マッカの)聖なるマスジドから   われが周囲を祝福した至遠の(エルサレムの)マスジドに   夜間   旅をさせた。わが種々の印をかれ(ムハンマド)に示すためである。本当にかれこそは全聴にして全視であられる。   17-2.   われはムーサーに啓典を授け   イスラエルの子孫ヘの導きとさせ(命じ)た。「われの外に守護者を持ってはならない。」   17-3.   われがヌーフと一緒に(方舟で)運んだ者の子孫よ。本当にかれは感謝するしもベであった。   17-4.   またわれは啓典の中で   イスラエルの子孫に対しこう啓示を与えた。「あなたがたは必ず地上で2度悪を犯し   必ず甚だしく高慢に思いあがるであろう。」   17-5.   それで2つの中最初の時(預言)が来た時   われはしもべの中の武勇に富んだ者を   あなたがたに遣わし   かれらは家々の最も奥に入り   約束は成し遂げられた。   17-6.   次いでわれは   あなたがたがかれらに勝利を得るようにし   またあなたがたの財産と子女を増やして多くの人々とした。   17-7.   (そして仰せられた。)「もしあなたがたが善を行うなら   自分の身のために善を行うのであり   また悪を行っても   自分のため(に行うの)である。」それで2番目の時が来た時   あなたがたの顔は曇り   最初の時のように   かれらはマスジドに侵入し   凡てはかれらによって徹底して踏み躙られ壊滅に帰した。   17-8.   或るいは主もあなたがたに情けを与えるであろう。だがあなたがたが(罪を)繰り返すならば   われも(懲罰を)繰り返すであろう。われは不信者のために   地獄を牢獄として設けた。   17-9.   本当にこのクルアーンは   正しい(道への)導きであり   また善い行いをする信者への吉報である。かれらには偉大な報奨が授けられる。   17-10.   また来世を信じない者には   われはかれらのために痛ましい懲罰を準備した。   17-11.   人間の祈りは幸福のためであるべきなのに   かれは災厄のために祈る。凡そ人間はいつも性急である。   17-12.   われは夜と昼の2つの印を設け   夜の印を暗くした。だが昼の印は明るくして   あなたがたに(働いて)主の恩恵を祈らせ   また年数を知り   (暦法を)計算させる。われは凡てのことを詳細に説き明かした。   17-13.   一人ひとりに   われはその運命を首に結び付けた。そして復活の日には   (行いの)記録された一巻が突き付けられ   かれは開いて見る。   17-14.   (かれは仰せられよう。)「あなたがたの記録を読みなさい。今日こそは   あなた自身が自分の清算者である」   17-15.   誰でも導かれる者は   只自分の魂を益するために導かれ   また誰でも迷う者は   只自分を損うために迷う。重荷を負う者は   他人の重荷を負うことは出来ない。われは(警告のため)一人の使徒を遣わさない限り決して懲罰を下さない。   17-16.   われが一つの町を滅ぼそうとする時は   かれらの中で裕福に生活し   そこで罪を犯している者に(先ず)命令を下し   言葉(の真実)がかれらに確認されて   それからわれはそれを徹底的に壊滅する。   17-17.   ヌーフの後   如何に多くの世代を   われは滅ぼしたことであろうか。あなたの主は   そのしもべたちのいろいろな罪を知っておられ   見ておられる方として万全である。   17-18.   誰でも束の間(のこの世の事物)を望む者には   われも急いでかれのために   われの欲する物をわれが望む者に与える。それからかれのために地獄を準備する。かれはそこで焼かれ   恥辱を被り   (慈悲を)拒否されるであろう。   17-19.   しかし誰でも来世を望み   それに向かい精出し努力し   信仰する者   これらの者の努力は嘉納される。   17-20.   われは凡ての者に   これらの者にもまたかれらにも   あなたの主の賜物を広く授ける。あなたの主の賜物には限界はないのである。   17-21.   見なさい。われはある者に   如何に外よりも優れた恩恵を与えるかを。しかし来世では   必ずもっと大きい等級や偉大な特典がある。   17-22.   アッラーと一緒に外の神を立ててはならない。さもないと   あなたがたは軽蔑され見捨てられるであろう。   17-23.   あなたの主は命じられる。かれの外何者をも崇拝してはならない。また両親に孝行しなさい。もし両親かまたそのどちらかが   あなたと一緒にいて老齢に達しても   かれらに「ちえっ」とか荒い言葉を使わず   親切な言葉で話しなさい。   17-24.   そして敬愛の情を込め   両親に対し謙虚に翼を低く垂れ(優しくし)て   「主よ   幼少の頃   わたしを愛育してくれたように   2人の上に御慈悲を御授け下さい。」と(祈りを)言うがいい。   17-25.   主はあなたがたの心の中に抱くことを熟知なされる。もしあなたがたが正しい行いをするならば   かれは悔悟して度々(主に)返る者に対し   本当に寛容である。   17-26.   近親者に   当然与えるべきものは与えなさい。また貧者や旅人にも。だが粗末に浪費してはならない。   17-27.   浪費者は本当に悪魔の兄弟である。悪魔は主に対し恩を忘れる。   17-28.   あなたは主からの慈悲を請い願うために   仮令かれらから遠ざかっていても   あなたはかれらに対し優しく語りなさい。   17-29.   あなたの手を   自分の首に縛り付けてはならない。また限界を越え極端に手を開き   恥辱を被り困窮に陥ってはならない。   17-30.   本当にあなたの主は   御心に適う者への報酬を豊かにされ   また控えられる。かれはそのしもべに関し   本当に全知にして全視であられる。   17-31.   貧困を恐れてあなたがたの子女を殺してはならない。われはかれらとあなたがたのために給養する。かれらを殺すのは   本当に大罪である。   17-32.   私通(の危険)に近付いてはならない。それは醜行である。憎むべき道である。   17-33.   正当な理由による以外は   アッラーが尊いものとされた生命を奪ってはならない。誰でも不当に殺害されたならば   われはその相続者に賠償または報復を求める権利を与える。殺害に関して法を越えさせてはならない。本当にかれは(法によって)救護されているのである。   17-34.   孤児が力量(ある年齢)に達するまでは   最善(の管理)をなすための外   かれの財産に近付いてはならない。約束を果たしなさい。凡ての約束は   (審判の日)尋問されるのである。   17-35.   それからあなたがたが計量する時は   (買い手のために)その量を十分にしなさい。また正しい秤で計りなさい。それは立派であり   その方が結果として最良になる。   17-36.   またあなたは   自分の知識のないことに従ってはならない。本当に聴覚   視覚   また心の働きの凡てが(審判の日において)尋問されるであろう。   17-37.   また横柄に地上を歩いてはならない。あなたがたは大地を裂くことも出来ず   また(背丈が)山の高さにもなれない。   17-38.   これらの凡ては悪事で   あなたの主は   これを憎まれる。   17-39.   これらは   主があなたに啓示された英知である。アッラーと一緒に外の神を立ててはならない。そうでないと恥辱を受け(慈悲を)拒否され地獄に投げ込まれるであろう。   17-40.   (多神教徒よ)主は男児をあなたがたに授け   (御自分は)天使の中から女児を取られたとするのか。本当にあなたがたは由々しき言葉を口にする者である。   17-41.   本当にわれはこのクルアーンで   かれらを戒しめるために繰り返し説いた。しかしそれは   只かれらの(真理からの)離反を加えるだけであった。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 ユダヤ教徒とイスラム教とクルアーンの第17章イスラエル(メッカ啓年)について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1  ユダヤ教についてと イスラエルの歴史についてと キリスト教とユダヤ教の歴史について タルムード ユダヤ教の聖典は『旧約聖書』ですが、冒頭の5書、「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」は特に重要とされ「モーセ五書」または「トーラー」(律法)と呼ばれます。さらに、モーセが神から授けられた法で、成文におこされずに口伝で伝えられたものがあり、この口伝は3世紀頃に文書におこされ「ミシュナー」と呼ばています。このミシュナーと、ミシュナーをラビが解釈した「ゲマラ」から作成された日常生活の規範と、時代時代に対応した生きざまを記したものがタルムードです。  タルムードは、6部構成、63編から成る文書群で、現代のユダヤ教の主要教派のほとんどが聖典として認めており、ユダヤ教徒の生活、信仰の基となっているといわるものです。 ■ ユダヤ王は真の世界の法王、世界にまたがる教会の総大司教となる。だが、一方で、われわれが青年層を過渡期の新しい伝統の宗教に、後にはわれわれの宗教で再教育する間、われわれは明らさまには既存の教会には指一本触れないけれども、教会内部の軋轢を目ざし批判を加えて宗教人と闘う。その場合、一般的には、われわれの現代社会はゴイムの国家問題、宗教、ゴイムの無能さを断罪し続けるが、常に、わが民天与の才能を振い、あらゆる手段を駆使してかれらの威信を剥奪すべく、罵詈雑言を浴びせ百方中傷する。<十七> ■ 重ねて述べるが、臣民は自分たちとは絶対的にかけ離れた力強い手に対しては、盲目的に服従する。彼らはそこに自分たちを襲う社会的な鞭から守ってくれる防御の剣を感じて支持するのである……彼らは王者に天使の心を期待するのか? 彼らが王者に見たいのは力、力、力の権化なのである。<二十三> ■ ダヴィデ王の子孫のうちの数人が、相続権ではなく優れた資質を基準にして王と後継者を選定する。その人々には、政治の最高機密と政府の仕組とが伝授されるが、常に何びとにも極秘の知恵が漏れないように留意する。この方式の真意は、このような秘義を授けられたことがない者には、政府を委すことはできないということを徹底させることにある。これらの人々にのみ、何世紀にもわたる諸経験と比較しつつ、私がこれまでに述べたような計画の実際化や、政治経済運動や社会科学研究の全成果-一言で言えば、人間関係を律する動かしがたい天然法則の大真理-が伝授される。<二十四> ■ たとえ残忍であったとしても無条件に断固たる人物にのみ、われらの賢人長老たちから支配統治の手綱を渡されるのである。……通常の時間における王の行動計画と将来に関することはすべて、最も親しい助言者たちにも知らされない。王と三人の顧問のみが、将来の計画を知っている。断乎とした意志で自分と人類を律する王の人柄には、万人が神秘の宿命を認めるのである。何びとも王が何を行おうとしているのかを知らぬので、あえて知らぬ小路を遮ろうとする者はいない。王の頭の中には実行すべき政府計画を理解するに足りる知恵が貯えられていなければならない。王位に就く前に、前に述べた賢人長老たちが試験を行うのは、そのためである。<二十四> ■ ユダヤ王は自分の感情、とりわけ情欲のとりこになってはならない。王は自分の人格のどの一面でも、荒々しい本能に精神をしのがせることがあってはならぬ。情欲はいかなる精神的な欠点よりも、明晰に見る力を殺ぎ、思考を人間の性質中最悪の獣的なものに落とし込む。ダヴィデの聖なる子孫である全世界統治王その人は、人類の支柱であり、人民のためにはいかなる個人的希望をも犠牲にしなければならない。われらが至高の王は完全無欠の権化でなければならない。<二十四> ■ あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。あなたの神、主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた。(申命記、七章六) ■ 主はあなたの意のままにあしらわせ、あなたが彼らを撃つときは、彼らを必ず滅ぼし尽くさねばならない。彼らと協定を結んではならず、彼らを憐れんではならない。 (申命記、七章二)。 ■ 世界はただイスラエル人の為にのみ創造されたるなり。イスラエル人は実にして、他の民は空なる殻皮のみ。従ってイスラエルの他に民族なし。彼らはことごとく空皮に過ぎざればなり。<イェシャヤ法師> ■ 神言い給う、我は我が予言者を畜獣に過ぎざる偶像崇拜の徒の為に遣わしたるにあらず。人間なるイスラエル人の為に遣わしたるなり。(ミトラシュ・コヘレート) ■ 人間の獣に優れる如く、ユダヤ人は他の諸民族に優れるものなり。<アブラハム・ゼバ法師>

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.30. 19:34
視聴回数:8751回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   ユダヤ教についてと   イスラエルの歴史についてと   キリスト教とユダヤ教の歴史について   タルムード   ユダヤ教の聖典は『旧約聖書』ですが   冒頭の5書   「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」は特に重要とされ「モーセ五書」または「トーラー」(律法)と呼ばれます。さらに   モーセが神から授けられた法で   成文におこされずに口伝で伝えられたものがあり   この口伝は3世紀頃に文書化され「ミシュナー」と呼ばています。このミシュナーと   ミシュナーをラビが解釈した「ゲマラ」から作成された日常生活の規範と   時代時代に対応した生きざまを記したものがタルムードです。   タルムードは   6部構成   63編から成る文書群で   現代のユダヤ教の主要教派のほとんどが聖典として認めており   ユダヤ教徒の生活   信仰の基となっているといわるものです。     ユダヤ王は真の世界の法王   世界にまたがる教会の総大司教となる。だが   一方で   われわれが青年層を過渡期の新しい伝統の宗教に   後にはわれわれの宗教で再教育する間   われわれは明らさまには既存の教会には指一本触れないけれども   教会内部の軋轢を目ざし批判を加えて宗教人と闘う。その場合   一般的には   われわれの現代社会はゴイムの国家問題   宗教   ゴイムの無能さを断罪し続けるが   常に   わが民天与の才能を振い   あらゆる手段を駆使してかれらの威信を剥奪すべく   罵詈雑言を浴びせ百方中傷する。<十七>     重ねて述べるが   臣民は自分たちとは絶対的にかけ離れた力強い手に対しては   盲目的に服従する。彼らはそこに自分たちを襲う社会的な鞭から守ってくれる防御の剣を感じて支持するのである……彼らは王者に天使の心を期待するのか?   彼らが王者に見たいのは力     力の権化なのである。<二十三>     ダヴィデ王の子孫のうちの数人が   相続権ではなく優れた資質を基準にして王と後継者を選定する。その人々には   政治の最高機密と政府の仕組とが伝授されるが   常に何びとにも極秘の知恵が漏れないように留意する。この方式の真意は   このような秘義を授けられたことがない者には   政府を委すことはできないということを徹底させることにある。これらの人々にのみ   何世紀にもわたる諸経験と比較しつつ   私がこれまでに述べたような計画の実際化や   政治経済運動や社会科学研究の全成果-一言で言えば   人間関係を律する動かしがたい天然法則の大真理-が伝授される。<二十四>     たとえ残忍であったとしても無条件に断固たる人物にのみ   われらの賢人長老たちから支配統治の手綱を渡されるのである。……通常の時間における王の行動計画と将来に関することはすべて   最も親しい助言者たちにも知らされない。王と三人の顧問のみが   将来の計画を知っている。断乎とした意志で自分と人類を律する王の人柄には   万人が神秘の宿命を認めるのである。何びとも王が何を行おうとしているのかを知らぬので   あえて知らぬ小路を遮ろうとする者はいない。王の頭の中には実行すべき政府計画を理解するに足りる知恵が貯えられていなければならない。王位に就く前に   前に述べた賢人長老たちが試験を行うのは   そのためである。<二十四>     ユダヤ王は自分の感情   とりわけ情欲のとりこになってはならない。王は自分の人格のどの一面でも   荒々しい本能に精神をしのがせることがあってはならぬ。情欲はいかなる精神的な欠点よりも   明晰に見る力を殺ぎ   思考を人間の性質中最悪の獣的なものに落とし込む。ダヴィデの聖なる子孫である全世界統治王その人は   人類の支柱であり   人民のためにはいかなる個人的希望をも犠牲にしなければならない。われらが至高の王は完全無欠の権化でなければならない。<二十四>     あなたは   あなたの神   主の聖なる民である。あなたの神   主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び   御自分の宝の民とされた。(申命記   七章六)     主はあなたの意のままにあしらわせ   あなたが彼らを撃つときは   彼らを必ず滅ぼし尽くさねばならない。彼らと協定を結んではならず   彼らを憐れんではならない。   (申命記   七章二)。     世界はただイスラエル人の為にのみ創造されたるなり。イスラエル人は実にして   他の民は空なる殻皮のみ。従ってイスラエルの他に民族なし。彼らはことごとく空皮に過ぎざればなり。<イェシャヤ法師>     神言い給う   我は我が予言者を畜獣に過ぎざる偶像崇拜の徒の為に遣わしたるにあらず。人間なるイスラエル人の為に遣わしたるなり。(ミトラシュ・コヘレート)     人間の獣に優れる如く   ユダヤ人は他の諸民族に優れるものなり。<アブラハム・ゼバ法師>     もしイスラエル人無かりせば   この世に幸福なかりしならん。これ申命記二八の八に記されたる如し。またイスラエル人無かりせば   天の諸星も昇らざるべし。これエレミヤ記三三の三五に記されたる如し。また地の上に雨の降る事なかるべし。これ申命記二八の一二に記されたる如し。<シメオン・ハダルサン法師>     選ばれたる民のみ永遠の生命を受くるにふさわしく   他の国人はロバに等し。<アバルバネル法師>     「汝は主なる汝の神が汝に与え給いしすべての民を喰い尽くさん」との文句(申命記七ノ十六)は   今は亡き吾等の教法師達により次の如く解せられたり。すなわち   すべての民を喰い尽くし   すべての民より掠奪することは   彼らすべてが吾等の権力下に置かれる時に始まるべし   と。<ベハイ法師>     神はユダヤ人にすべての方法を用い   詐欺   強力   高利貸   窃盗によってキリスト教徒の財産を奪取することを命ずる。(オルディン一   トラクト一   ディスト四)     吾々はタルムードがモーゼの律法書に対して絶対的優越性を有することを認むるものなり。(イスラエル文庫   一八六四年)     律法(聖書)は多少とも重要ではあるが   長老方が聖典に記された言葉は常に重要である。     掟の言葉より法師の言葉を敬え。<アシ法師>     汝知るべし   法師の言葉は予言者の言葉より美し   と。<アシ法師>     教法師の言葉は   生ける神の言葉なり。<ベハイ法師>     教法師の日常の言辞も   誡律同様に重んずべきなり。(ヴェネツィア版ミトラシュ   一五一六年版)     もし法師   汝の右の手を左の手と言ひ   左の手を右の手と言ふとも   彼の言葉に違ふべからず。<アシ法師>     タルムードの決定は   生ける神の言葉である。エホバも天国で問題が起きたときは   現世のラビに意見を聞き給う。(ラビ・メナヘン   第五書の注解)     法師の言葉を嘲る者は   地獄の煮え立つ糞の中にて罰せらるべし。<アシェル法師>     ラビの言葉に背くことはトーラーに背くことよりも   さらに悪い。(ミズナ   サンヘドリン   十の三)。     ラビの言葉を変える者は死罪に処すべきである。(エルビン   二一のb)     トーラを学ぶゴイは死罪に当る者なり。<モシェー・バル・マエモン>     なんじらは人類であるが   世界の他の国民は人類にあらずして獣類である。(ババ・メチア   一四六の六)。     汝等イスラエル人は人間なれど   他の民族は人間に非ず。彼らの魂穢れし霊より出でたればなり。<メナヘム・ベン・シラ法師>     イスラエル人は人間と呼ばる。しかれども偶像礼拝者は汚れし霊より出でしものなれば   豚と呼ばるるなり。<ロイベン法師>     イスラエル人はアダム(人間)と呼ばれん。然れど他の諸族はアダムと呼ばるることなし。<アブラハム・ゼバ法師>     悪魔と世界の諸民族とは   畜獣に数えらるべきなり。<ナフタリ法師>     犬は異邦人より勝れたるものなり。<アシ法師>     聖書に「隣人」と記されたる個処はいづれも非ユダヤ人を含まざるなり。(「シュルハン・アルフ」の注釈書より)     レビ記十九章十一節には   汝は汝の隣人に不法を為すべからず   と記されたり。この文句は   ゴイ(非ユダヤ人)がその中に含まれ居らざる事を明白に示すものなり。     ゴイが住んでいる家を見て   人はこう言った。〝神は傲慢の家を亡ぼすだろう〟。そして家々が亡ぼされたのを見て人は言った。〝復讐の神が顕現されたのだ〟(バビロニアン・タルムード   ベラチョット   五八の六)。     汝殺すなかれ   との掟は   イスラエル人を殺すなかれ   との意なり。ゴイ   ノアの子等   異教徒はイスラエル人にあらず。<モシェー・バル・マエモン>     神はイスラエル人を審くには立ちてなし   尋問も簡単にして速かなり。世の諸民族を審く時は座して   厳格に長々と取調べをなす。<ラバ・バル・ナハマニ法師>     「世界はただイスラエル人のみの為に造られたり。」この文句は極めて明瞭なれど   人々はこれをなおよく熟考し   また味うべきなり。イスラエル人に掟の与えられし時   イスラエル人はその掟によりて種々の美点をことごとく保持せしが   他の民は掟を受入れざりしによりこれらの美点を全く有せざるなり。<アブラハム・ゼバ法師>     イスラエル人は   他のすべての民に対し優越する者なり   他の諸族の中には賢く利き者唯一人も居らざるに   イスラエル人にあっては全部が特に賢く利き人間なり。   <アブラハム・ゼバ法師>     一人のイスラエル人の魂は神の前において他の民族全部の魂より価値多く   また神によって悦ばるるところのものなり。<シェフテル・ホルヴィッツ法師>     ゴイがゴイもしくはユダヤ人を殺した場合は責めを負わねばならぬが   ユダヤ人がゴイを殺すも責めは負わず。(前掲書   Ⅷの五)     悪しき者(非ユダヤ人)を憐むことは   正しき者(ユダヤ人)に相応わしからぬなり。<ゲルソン法師>     ゴイに金を貸す時は必ず高利を以てすべし。<モシェー・バル・マエモン>     拾得物を紛失者に返却すべしとの戒は   ユダヤ人に対してのみ守らるべきものにして   ゴイに対しては然らず。この事に就き亡き吾等の教法師達の言えるあり。即ち   「遺失物とはすべて汝の兄弟の失いしところの物を指すものにして   ゴイの失える物は然らず。その理由は   ゴイは神に属する者に非ずして   地の邪神に属する者なる故なり。故にゴイの失える総べての物は   この世にては再び見付けらるる事なき遺失物にして   その所有者に還るべきにあらず。財宝は唯イスラエル人にふさわしく   他の民はこれに値いせざるものなればなり。これ預言者イザヤ(二六ノ一九)の言えるが如し」と。<ゲルソン法師>     ゴイの耳は不潔である。かれらの浴槽   住居   田園は不潔である。(トセフタ・ミクワト   vの一)     九歳と一日以上のゴイの少年と   三歳と一日以上の少女は   不潔とみなされる。(パーフォコヴィッツ   タルムード   t・v   一一頁)     他民族の有する所有物はすべてユダヤ民族に属すべきものである。ゆえになんらの遠慮なくこれをユダヤ民族の手に収むること差し支えなし。(シュルハンアルクのショッツェン・ハミッバッド三百四十八)     ゴイがゴイまたはユダヤ人を殺した場合には   その責任を負うべきであるが   ユダヤ人がゴイを殺した場合には責任を負うべきものでない。(トセフタ   アブダ・ザラ八の五)     〝盗賊〟という言葉の解釈。ゴイは   ゴイからであろうとユダヤ人からであろうと   盗むこと奪うこと女奴隷を使うことは禁じられる。だがユダヤ人はゴイに禁じられているこれらのすべてのことを為しても禁じられない。(トセフタ   アボダ・ザラ   Ⅷの五)。     すべてのイスラエル人は一定の法式により動物及び動物視されている非ユダヤ人を屠ることを許さる。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     ユダヤ女を求め得る場合には   異邦女の乳を幼児に吸わしむべからず。異邦女の乳は心眼を閉ざし   悪しき性格を形成するが故なり。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     偶像礼拝に帰依せる非ユダヤ人及び賎しき牧人はこれを殺すことを許さず。されど彼らが危険に面しまた死に瀕せりとて彼らを救うことは許されず。例えば彼らの一人水に落ちたる時   報酬ある場合といえども彼を救い上ぐるべからず。また彼らを瀕死の病よりも癒すべからず・・・報酬ある場合といえども。しかれども吾等と彼らの間に敵意の生ずるを防止する為ならば   報酬無き場合にも彼らを救出し   また癒すことを許さる。しかれども偶像を拝む者   罪を犯す者   掟と預言者を否む者は   これを殺すべし。しかして公然と殺すを得ば   その如くなせ。しかするを得ざる場合には   彼らの死を促進せよ。例えば彼らの一人井戸に落ちたる時   その井戸に梯子あらば   これを取去り   直ちに再び持来るべしとの遁辞を用い   かくすることにより落ちたる者の身を救い得べき道を奪うべし。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     非ユダヤ人の証人たるところの証書はすべて無効なり。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     成人せる非ユダヤ人奴隷は   牧者なき家畜の如し。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     すべてゴイは月經時の子にして   根絶さるべきものなり。<ベハイ法師>     キリスト教徒は異教徒なり。<アバルバネル法師>     改宗してユダヤ人となれる者は   同様にユダヤ教に改宗せるその母あるいは伯母と婚姻するも差支えなし。改宗者は新たに生れたる者と見なされ得る故なり。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     二十四項の罪あり。これに触るる者は除名さる。例えば第八項   その地所を非ユダヤ人に売りたる者   第九項   非ユダヤ人法廷においてその隣人(即ちイスラエル人)に対し不当なる証言を為せる者   等。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     非ユダヤ人及び奴隷も証言を為す資格なし。敵・混血児・裏切者・自由思想家・変節者(背教者)   キリスト教の洗礼を受けたる者はゴイ(非ユダヤ人)より更に悪しければ   同じく証言を為すを得ず。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     他の宗教に改宗したる者は   盗賊になりたると等し。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     汝知るべし   イエスの教に従いて迷えるキリスト教諸国民は   その信仰には種々あれども   ことごとく偶像礼拝者なり。故に彼らは偶像礼拝者相応に扱わるべし。これタルムードの説くところなり。<モシェー・バル・マエモン>     決して偶像礼拝者と事を共にするなかれ。また彼らを憫むべからず。その故は   申命記七章二節にその如く記されたればなり。故に非ユダヤ人が生命の危険に瀕するか   あるいは河に溺るるを見るとも   これを救助することは許されず。<モシェー・バル・マエモン>     偽善はこの世においては許さる。すなわち   背神者に対し慇懃になし   彼らを敬い   彼らに向いて「我汝を愛す]と言うもよし。すなわち   必要上止むを得ざる場合   恐怖に駆られたる場合は然り。<ベハイ法師>     すべてこれらの条項(三十箇条のユダヤ信仰箇條)を信ぜざる者は異教徒なり。故にかかる者を憎むは吾等の義務にして   彼を賎しみ   出来得べくんばその亡ぼし   また根絶するは当然の事なり。<アバルバネル法師>     他の諸族はイスラエル人と同じ姿を有すれども   真の人間に比ぶれは模造に過ぎず。彼らは   ダニエル書四の十四・十七に記されたる如く   劣等なる種類の人間なり。これに対しイスラエル人はアダム(人間)なる語の真の意味における高き価値ある人間にして   この故にまた単に人間とも呼ばるるなり。<シメオン・ハダルサン法師>     偶像礼拝者は畜獣と呼ばるべきものにしてただ最広義においてのみ人間と呼ばれ得るに過ぎず。<ロイベン法師>     非ユダヤ人はイスラエル人の財産に対し所有権を有せず。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     ゴイの財産は主なき物品のごとし。(シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   一一六の五)。     ゴイの土地は荒野のごとし。最初に鍬を入れた者に所有権が帰する。(ババ・バトラ   一四のb)。     ユダヤ人はゴイから奪ってよい。ユダヤ人はゴイから金を騙しとってよい。ゴイは金を持つべきではなく   持てば神の名において不名誉となるだろう。(シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   三四八)     ノアの息子は小銭たりとも盗めば死罪に処せらるべきであるが   イスラエル人がゴイに損害を負わせることは差支えなし。なんじの隣人を傷つけるなかれとは書いてあるが   ゴイを傷つけるなかれとは書かれていない。(ミズナ   サンヘドリン   五七)。     ゴイの失せ物を見付けた者は自分の所有にしてはならないが   ゴイに返すことは禁じられている。(シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   二六六の一)。     ユダヤ人はユダヤ同族より利子を取るべからず。唯アクムよりのみこれを取るべし。しかしてかかる取引は使者をしてこれをなさしむべし。使者ならば   かく為しても   罪を犯したるには非ずして   戒律もまた遵守されたるなり。(シュルハン・アルフ   第二巻智慧の教)     タルムードの誡において神は命じて曰く   ゴイに金を貸すには必ず高利を以てすべし   と。これ   彼らが借りたる金により利する事なからんため   かつまた   我らが金銭にて彼らに助力を与うることなく   むしろ損害を与えんがためなり。<モシェー・バル・マエモン>     非ユダヤ人より盗みたる物を用いて女と婚約するは差支えなし。(シュルハン・アルフ   第四巻救いの岩)     ゴイに向って誓いを立てた者は   盗賊であれ税吏であれ   責任を取らなくてよい。(トセフタ・スゼブノット   一一)     結婚   誓約   約束を取り消すには   ユダヤ人はラビの所に行かねばならぬが   ラビが不在の場合は   他のユダヤ人を三人呼び集め   かれらに残念ながら取り消すと言えばよい。そうすると三人は〝なんじは許された〟と言う。(シュルハン・アルーフ     一の二四七)     ゴイにわれらの信教を教える者は   ユダヤ人を殺すに等しい。もしもゴイがわれらの教説を知ったならば   かれらは公然とわれらを殺すだろう。(リブル・デヴィッドの書   三七)     律法の秘密を公にすることは禁ぜられる。これを破る者は全世界を葬るに等しい犯罪である。(ジャクトゥ・ハダズ   一七一の二)     ユダヤ人がラビの書物のどこかを説明してくれと頼まれたなら   ただただ嘘の説明をするべきであり   ほんとうのことを教えてこの指示を裏切る共犯者となってはならない。この律法を破る者は生かしておいてはならない。(リブル・デイヴィド   三七)     ゴイがわれらの書物には何かゴイを害することが書いてあるのではないかと聞いたら   偽りの誓いを立てなければならない。そして   そのようなことは誓って書いてないと言わなければならない。(ザーロット・ウザボット   ジュル・ダの書   一七)     タルムードを学ぶゴイ   それを助けるユダヤ人はことごとく生かしておいてはならない。(サンヘドリン   五九   ア・アボダ・ゾラ   八の六。ザギガ   一三)     神よ   あなたを信ずることなく   その御名を称えざる民どもの上に   あなたの怒りを注がしめ給わんことを。かかる民どもの上にあなたの怒りを下らしめ   あなたの怒りもて屈伏せしめ給え。かの民どもをあなたの怒りもて追い散らし   粉々に打ち砕き給え。おお神よ   かの民どもの骨をすべて抜き取り給え。あなたの民に敵対するものすべてを瞬時に殺傷し給え。これら存在の価値なき民どもを根絶   四散   殱滅し給え。誅殺し給え!   今ただちに誅殺し給え!(プラナイティス   クリスマス・イン・タルムード・ジュデオラム   『シナゴーガ・ジュダイカ』二一二頁   『ミンハギン』二三頁   『クラチ・シャイム』四八〇頁。過越祭の夕の祈りで現在も唱えられているもの)     (新年二日以前のもの)彼ら非ユダヤ人の評議を狂気をもって悩まし   その思想を乱し給え。彼らの君侯を狂気ならしめ   彼らが吾々になしし如く彼らになし給え。(「ユダヤ祈祷集」より)     何者かが三度ユダヤ人を裏切るか   もしくは(ユダヤ人の)金をゴイどもに渡したことが疑いない場合は   賢人会議はその男を放逐しなければならない。     裏切り者を放逐せんがために   何人も共同体に寄付をしなければならない。(前掲書)     涜神者(非ユダヤ人)の血を流す者は   神に生贄を捧ぐるに等しきなり。<シメオン・ハダルサン法師>     自由思想家及びトーラと預言者を否む者を殺すは掟なり。公然と刀剣を以て為し得る時は然かなすべし。もし然か為し得ずば   策計をめぐらして死に至らしむべし。(シュルハン・アルフ   第三巻正義の楯)     トーラーを持たざる者と予言する者とを   すべて殺さなければならない。彼らを殺す力ある者は   剣あれば憚ることなく剣もて殺せ。剣なければ策略もて放逐せよ。(シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   四二五の五〇)。     キリスト教徒の中最も善き者を絞殺すべし。<アシ法師>   クルアーン   <特大>   第17章   イスラエル   (メッカ啓年)</特大>   慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。   17-1.   かれに栄光あれ。そのしもべを   (マッカの)聖なるマスジドから   われが周囲を祝福した至遠の(エルサレムの)マスジドに   夜間   旅をさせた。わが種々の印をかれ(ムハンマド)に示すためである。本当にかれこそは全聴にして全視であられる。   17-2.   われはムーサーに啓典を授け   イスラエルの子孫ヘの導きとさせ(命じ)た。「われの外に守護者を持ってはならない。」   17-3.   われがヌーフと一緒に(方舟で)運んだ者の子孫よ。本当にかれは感謝するしもベであった。   17-4.   またわれは啓典の中で   イスラエルの子孫に対しこう啓示を与えた。「あなたがたは必ず地上で2度悪を犯し   必ず甚だしく高慢に思いあがるであろう。」   17-5.   それで2つの中最初の時(預言)が来た時   われはしもべの中の武勇に富んだ者を   あなたがたに遣わし   かれらは家々の最も奥に入り   約束は成し遂げられた。   17-6.   次いでわれは   あなたがたがかれらに勝利を得るようにし   またあなたがたの財産と子女を増やして多くの人々とした。   17-7.   (そして仰せられた。)「もしあなたがたが善を行うなら   自分の身のために善を行うのであり   また悪を行っても   自分のため(に行うの)である。」それで2番目の時が来た時   あなたがたの顔は曇り   最初の時のように   かれらはマスジドに侵入し   凡てはかれらによって徹底して踏み躙られ壊滅に帰した。   17-8.   或るいは主もあなたがたに情けを与えるであろう。だがあなたがたが(罪を)繰り返すならば   われも(懲罰を)繰り返すであろう。われは不信者のために   地獄を牢獄として設けた。   17-9.   本当にこのクルアーンは   正しい(道への)導きであり   また善い行いをする信者への吉報である。かれらには偉大な報奨が授けられる。   17-10.   また来世を信じない者には   われはかれらのために痛ましい懲罰を準備した。   17-11.   人間の祈りは幸福のためであるべきなのに   かれは災厄のために祈る。凡そ人間はいつも性急である。   17-12.   われは夜と昼の2つの印を設け   夜の印を暗くした。だが昼の印は明るくして   あなたがたに(働いて)主の恩恵を祈らせ   また年数を知り   (暦法を)計算させる。われは凡てのことを詳細に説き明かした。   17-13.   一人ひとりに   われはその運命を首に結び付けた。そして復活の日には   (行いの)記録された一巻が突き付けられ   かれは開いて見る。   17-14.   (かれは仰せられよう。)「あなたがたの記録を読みなさい。今日こそは   あなた自身が自分の清算者である」   17-15.   誰でも導かれる者は   只自分の魂を益するために導かれ   また誰でも迷う者は   只自分を損うために迷う。重荷を負う者は   他人の重荷を負うことは出来ない。われは(警告のため)一人の使徒を遣わさない限り決して懲罰を下さない。   17-16.   われが一つの町を滅ぼそうとする時は   かれらの中で裕福に生活し   そこで罪を犯している者に(先ず)命令を下し   言葉(の真実)がかれらに確認されて   それからわれはそれを徹底的に壊滅する。   17-17.   ヌーフの後   如何に多くの世代を   われは滅ぼしたことであろうか。あなたの主は   そのしもべたちのいろいろな罪を知っておられ   見ておられる方として万全である。   17-18.   誰でも束の間(のこの世の事物)を望む者には   われも急いでかれのために   われの欲する物をわれが望む者に与える。それからかれのために地獄を準備する。かれはそこで焼かれ   恥辱を被り   (慈悲を)拒否されるであろう。   17-19.   しかし誰でも来世を望み   それに向かい精出し努力し   信仰する者   これらの者の努力は嘉納される。   17-20.   われは凡ての者に   これらの者にもまたかれらにも   あなたの主の賜物を広く授ける。あなたの主の賜物には限界はないのである。   17-21.   見なさい。われはある者に   如何に外よりも優れた恩恵を与えるかを。しかし来世では   必ずもっと大きい等級や偉大な特典がある。   17-22.   アッラーと一緒に外の神を立ててはならない。さもないと   あなたがたは軽蔑され見捨てられるであろう。   17-23.   あなたの主は命じられる。かれの外何者をも崇拝してはならない。また両親に孝行しなさい。もし両親かまたそのどちらかが   あなたと一緒にいて老齢に達しても   かれらに「ちえっ」とか荒い言葉を使わず   親切な言葉で話しなさい。   17-24.   そして敬愛の情を込め   両親に対し謙虚に翼を低く垂れ(優しくし)て   「主よ   幼少の頃   わたしを愛育してくれたように   2人の上に御慈悲を御授け下さい。」と(祈りを)言うがいい。   17-25.   主はあなたがたの心の中に抱くことを熟知なされる。もしあなたがたが正しい行いをするならば   かれは悔悟して度々(主に)返る者に対し   本当に寛容である。   17-26.   近親者に   当然与えるべきものは与えなさい。また貧者や旅人にも。だが粗末に浪費してはならない。   17-27.   浪費者は本当に悪魔の兄弟である。悪魔は主に対し恩を忘れる。   17-28.   あなたは主からの慈悲を請い願うために   仮令かれらから遠ざかっていても   あなたはかれらに対し優しく語りなさい。   17-29.   あなたの手を   自分の首に縛り付けてはならない。また限界を越え極端に手を開き   恥辱を被り困窮に陥ってはならない。   17-30.   本当にあなたの主は   御心に適う者への報酬を豊かにされ   また控えられる。かれはそのしもべに関し   本当に全知にして全視であられる。   17-31.   貧困を恐れてあなたがたの子女を殺してはならない。われはかれらとあなたがたのために給養する。かれらを殺すのは   本当に大罪である。   17-32.   私通(の危険)に近付いてはならない。それは醜行である。憎むべき道である。   17-33.   正当な理由による以外は   アッラーが尊いものとされた生命を奪ってはならない。誰でも不当に殺害されたならば   われはその相続者に賠償または報復を求める権利を与える。殺害に関して法を越えさせてはならない。本当にかれは(法によって)救護されているのである。   17-34.   孤児が力量(ある年齢)に達するまでは   最善(の管理)をなすための外   かれの財産に近付いてはならない。約束を果たしなさい。凡ての約束は   (審判の日)尋問されるのである。   17-35.   それからあなたがたが計量する時は   (買い手のために)その量を十分にしなさい。また正しい秤で計りなさい。それは立派であり   その方が結果として最良になる。   17-36.   またあなたは   自分の知識のないことに従ってはならない。本当に聴覚   視覚   また心の働きの凡てが(審判の日において)尋問されるであろう。   17-37.   また横柄に地上を歩いてはならない。あなたがたは大地を裂くことも出来ず   また(背丈が)山の高さにもなれない。   17-38.   これらの凡ては悪事で   あなたの主は   これを憎まれる。   17-39.   これらは   主があなたに啓示された英知である。アッラーと一緒に外の神を立ててはならない。そうでないと恥辱を受け(慈悲を)拒否され地獄に投げ込まれるであろう。   17-40.   (多神教徒よ)主は男児をあなたがたに授け   (御自分は)天使の中から女児を取られたとするのか。本当にあなたがたは由々しき言葉を口にする者である。   17-41.   本当にわれはこのクルアーンで   かれらを戒しめるために繰り返し説いた。しかしそれは   只かれらの(真理からの)離反を加えるだけであった。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 ユダヤ教徒とイスラム教と聖クルアーンの第17章イスラエル(メッカ啓年)について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1   ユダヤ教についてと イスラエルの歴史についてと キリスト教とユダヤ教の歴史について イスラム教の聖典の聖クルアーンの 第17章イスラエル(メッカ啓年)について。 イスラエルとユダヤ教徒、キリスト教徒など他宗教の信者に対する破邪がございますが、他宗教の信者の方々自身に対しては非常に敬意を持って領納してございますから、経の表象も敬意を持って領解(りょうげ)してございます。 聖クルアーン 第17章 イスラエル (メッカ啓年) 慈悲深く、恵み遍くアッラーの御名において。 17-1. かれに栄光あれ。そのしもべを、(マッカの)聖なるマスジドから、われが周囲を祝福した至遠の(エルサレムの)マスジドに、夜間、旅をさせた。わが種々の印をかれ(ムハンマド)に示すためである。本当にかれこそは全聴にして全視であられる。 17-2. われはムーサーに啓典を授け、イスラエルの子孫ヘの導きとさせ(命じ)た。「われの外に守護者を持ってはならない。」 17-3. われがヌーフと一緒に(方舟で)運んだ者の子孫よ。本当にかれは感謝するしもベであった。 17-4. またわれは啓典の中で、イスラエルの子孫に対しこう啓示を与えた。「あなたがたは必ず地上で2度悪を犯し、必ず甚だしく高慢に思いあがるであろう。」 17-5. それで2つの中最初の時(預言)が来た時、われはしもべの中の武勇に富んだ者を、あなたがたに遣わし、かれらは家々の最も奥に入り、約束は成し遂げられた。 17-6. 次いでわれは、あなたがたがかれらに勝利を得るようにし、またあなたがたの財産と子女を増やして多くの人々とした。 17-7. (そして仰せられた。)「もしあなたがたが善を行うなら、自分の身のために善を行うのであり、また悪を行っても、自分のため(に行うの)である。」それで2番目の時が来た時、あなたがたの顔は曇り、最初の時のように、かれらはマスジドに侵入し、凡てはかれらによって徹底して踏み躙られ壊滅に帰した。 17-8. 或るいは主もあなたがたに情けを与えるであろう。だがあなたがたが(罪を)繰り返すならば、われも(懲罰を)繰り返すであろう。われは不信者のために、地獄を牢獄として設けた。 17-9. 本当にこのクルアーンは、正しい(道への)導きであり、また善い行いをする信者への吉報である。かれらには偉大な報奨が授けられる。 17-10. また来世を信じない者には、われはかれらのために痛ましい懲罰を準備した。 17-11. 人間の祈りは幸福のためであるべきなのに、かれは災厄のために祈る。凡そ人間はいつも性急である。 17-12. われは夜と昼の2つの印を設け、夜の印を暗くした。だが昼の印は明るくして、あなたがたに(働いて)主の恩恵を祈らせ、また年数を知り、(暦法を)計算させる。われは凡てのことを詳細に説き明かした。 17-13. 一人ひとりに、われはその運命を首に結び付けた。そして復活の日には、(行いの)記録された一巻が突き付けられ、かれは開いて見る。 17-14. (かれは仰せられよう。)「あなたがたの記録を読みなさい。今日こそは、あなた自身が自分の清算者である」 17-15. 誰でも導かれる者は、只自分の魂を益するために導かれ、また誰でも迷う者は、只自分を損うために迷う。重荷を負う者は、他人の重荷を負うことは出来ない。われは(警告のため)一人の使徒を遣わさない限り決して懲罰を下さない。 17-16. われが一つの町を滅ぼそうとする時は、かれらの中で裕福に生活し、そこで罪を犯している者に(先ず)命令を下し、言葉(の真実)がかれらに確認されて、それからわれはそれを徹底的に壊滅する。 17-17. ヌーフの後、如何に多くの世代を、われは滅ぼしたことであろうか。あなたの主は、そのしもべたちのいろいろな罪を知っておられ、見ておられる方として万全である。 17-18. 誰でも束の間(のこの世の事物)を望む者には、われも急いでかれのために、われの欲する物をわれが望む者に与える。それからかれのために地獄を準備する。かれはそこで焼かれ、恥辱を被り、(慈悲を)拒否されるであろう。 17-19. しかし誰でも来世を望み、それに向かい精出し努力し、信仰する者、これらの者の努力は嘉納される。 17-20. われは凡ての者に、これらの者にもまたかれらにも、あなたの主の賜物を広く授ける。あなたの主の賜物には限界はないのである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.30. 18:23
視聴回数:6961回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   ユダヤ教についてと   イスラエルの歴史についてと   キリスト教とユダヤ教の歴史について   イスラム教の聖典クルアーンの   第17章イスラエル(メッカ啓年)の   イスラエルとユダヤ教徒   キリスト教徒など他宗教の信者に対する破邪がございますが   他宗教の信者の方々自身に対しては非常に敬意を持って領納してございますから   経の表象も敬意を持って領解(りょうげ)してございます。   クルアーン   第17章   イスラエル   (メッカ啓年)   慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。   17-1.   かれに栄光あれ。そのしもべを   (マッカの)聖なるマスジドから   われが周囲を祝福した至遠の(エルサレムの)マスジドに   夜間   旅をさせた。わが種々の印をかれ(ムハンマド)に示すためである。本当にかれこそは全聴にして全視であられる。   17-2.   われはムーサーに啓典を授け   イスラエルの子孫ヘの導きとさせ(命じ)た。「われの外に守護者を持ってはならない。」   17-3.   われがヌーフと一緒に(方舟で)運んだ者の子孫よ。本当にかれは感謝するしもベであった。   17-4.   またわれは啓典の中で   イスラエルの子孫に対しこう啓示を与えた。「あなたがたは必ず地上で2度悪を犯し   必ず甚だしく高慢に思いあがるであろう。」   17-5.   それで2つの中最初の時(預言)が来た時   われはしもべの中の武勇に富んだ者を   あなたがたに遣わし   かれらは家々の最も奥に入り   約束は成し遂げられた。   17-6.   次いでわれは   あなたがたがかれらに勝利を得るようにし   またあなたがたの財産と子女を増やして多くの人々とした。   17-7.   (そして仰せられた。)「もしあなたがたが善を行うなら   自分の身のために善を行うのであり   また悪を行っても   自分のため(に行うの)である。」それで2番目の時が来た時   あなたがたの顔は曇り   最初の時のように   かれらはマスジドに侵入し   凡てはかれらによって徹底して踏み躙られ壊滅に帰した。   17-8.   或るいは主もあなたがたに情けを与えるであろう。だがあなたがたが(罪を)繰り返すならば   われも(懲罰を)繰り返すであろう。われは不信者のために   地獄を牢獄として設けた。   17-9.   本当にこのクルアーンは   正しい(道への)導きであり   また善い行いをする信者への吉報である。かれらには偉大な報奨が授けられる。   17-10.   また来世を信じない者には   われはかれらのために痛ましい懲罰を準備した。   17-11.   人間の祈りは幸福のためであるべきなのに   かれは災厄のために祈る。凡そ人間はいつも性急である。   17-12.   われは夜と昼の2つの印を設け   夜の印を暗くした。だが昼の印は明るくして