PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02

サムネイル

お話など のりひこサンタ 後半

お話など のりひこサンタ 後半

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2015.12.26. 10:30
視聴回数:241回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: お話など   のりひこサンタ   後半  

サムネイル

お話など のりひこサンタ 前半

お話など のりひこサンタ 前半

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2015.12.26. 10:27
視聴回数:244回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: お話など   のりひこサンタ   前半  

サムネイル

お話など のりひこサンタ

お話など のりひこサンタ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2015.12.25. 05:44
視聴回数:214回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: お話など   のりひこサンタ  

サムネイル

お話など のりひこサンタ

お話など のりひこサンタ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2015.12.24. 10:44
視聴回数:189回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: お話など   のりひこサンタ  

サムネイル

お話など のりひこサンタ

お話など のりひこサンタ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2015.12.22. 08:15
視聴回数:280回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: お話など   のりひこサンタ  

サムネイル

お話など のりひこサンタ

お話など のりひこサンタ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2015.12.18. 05:00
視聴回数:505回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: お話など   のりひこサンタ  

サムネイル

お話など のりひこサンタ

お話など のりひこサンタ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2015.12.16. 05:00
視聴回数:545回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: お話など   のりひこサンタ  

サムネイル

お話など のりひこサンタのお話など

お話など のりひこサンタのお話など

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2015.12.14. 07:23
視聴回数:541回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: お話など   のりひこサンタのお話など  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)「メタ理論:悟性的普遍と想像的普遍とユダヤ教」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「メタ理論:悟性的普遍(学問的悟性の抽象的普遍性)と想像的普遍(想像力の具象的想像性)」 原初の人間が雷鳴雷光を感じるとき、感覚して驚嘆した事象の原因について神々を意識すること以外に、驚嘆した事象を自身の意識と身体で領納できうる感覚を身体の形象に擬して(メタファー:隠喩などで)外界の事物を人間の尺度(メゾスピコック)で表象します。または物神性論を拡張した時、「無知」から生じる物神崇拝を想像的普遍を基底に、ここから神を観想することも領納します。 「同一性と直時の問題」 人の感情は常に生成消滅しますから、人は同じ顔を二度と見ることができないということが先行して意識に存在します。人の顔は常に新しい表情が現れて存在していくことが原初の人間の知覚になります。 「事象と存在と意味」 想像的普遍の象徴性が事象の発生についての関係付けを固有名の多数の接合で知覚して固有名の象徴と象徴の接合が編み出す意味の関係から生起します。 ・指示作用の操作の固定性について普通のメタファー(隠喩:比喩から形容詞(~ようだ、みたい)の形式を外して表象)的転用が想像的普遍に個々の事物を意識の垂直的関係で把握していくということに対して、固有名の多数のの事象相互の水平的意味関係を相互の共通項から見出します。 そして、原初の人間または幼児が類似性の類推と異なる知覚経験から述語同一性に基づく推論を行います。(これらに対して、想像的普遍が主語的同一性に存在します。)そして、原初の人間のまたは幼児が普遍的抽象性で知覚することから、メタファー(隠喩)的表現と統合失調症または分裂症の思考と異なるということを、各事象についての意識を想像的普遍性からおこなうということで説明できます。 これは「りんご」です。 「りんご」は「丸い」です。 「地球」は「丸い」です。 「りんご」は「地球」です。 ・主語→「りんご」「地球」= 主語の同一性 ・述語→「丸い」= 述語の共通性 これらの表象と知覚の錯識の解決のために、厳密的析出に依拠して思索します。問題点は「主語をまとめて同一視してしまう」ということですから、「述語の同一視の知覚」を思索します。『真の丸』を知覚できるかを思考します。「りんご」は「少し楕円」で「とがったへた」がついた形で「非りんご」が「真の丸」です。「地球」は「でこぼこした山岳」と「波打つ海」が表面に張り付く形で「非地球が」が「真の丸」です。 ・述語→『真の丸』= 主語の共通性 ・主語の厳密的析出→『樹状の突起したへたがあるりんご』『山岳と海が張り付くでこぼこした表面の地球』= 述語の同一性 特に、 ・「非りんご」が「真の丸」です。 ・「非地球が」が「真の丸」です。 このことから ・述語→『真の丸』= 主語の共通性 ・主語の厳密的析出→『真の丸』= 述語の同一性 を知覚します。 ・正常(二次過程)の思考のとき主語の同一性に先立って知覚する基底 ・原初論的(一次過程)思考のとき述語の同一性に先立って知覚する基底 原初の人間が対象に対して自己同一性を与えて抽象性の知覚から悟性的普遍(学問的悟性の抽象的普遍性)と想像的普遍(想像力の具象的想像性)の意識を展開しますが、多数の事象の類似性を析出して表象するという知覚に先行して、直感的思考に知覚があり直感的思考自体が人間自身の意識と身体で事象を領納できうる感覚を身体の形象に擬して(メタファー:隠喩などで)外界の事物を人間の尺度(メゾスピコック)で表象します。 他方、統合失調症的思考またはメタファー(隠喩)的表象から区別した想像的普遍または原初的思考が存在します。このとき詩的知恵の推論がこれらからもまた異なります。詩的知恵の知覚のとき、あらかじめ立てられて選ばれる類似の共通の性質が普遍的な知覚として既知でありません。主語的同一性からでなく述語的同一性から共通する類似性の発見が存在する必要があります。統合失調症的思考でいう各事象の主語的同一性に固執した一般性または隠喩的思考などの知覚が先行して存在しません。そして悟性的または抽象的一般性でなく想像的または具象的類型像として知覚して表象します。 のりひこ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.12. 07:57
視聴回数:1176回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「メタ理論:悟性的普遍(学問的悟性の抽象的普遍性)と想像的普遍(想像力の具象的想像性)」   原初の人間が雷鳴雷光を感じるとき   感覚して驚嘆した事象の原因について神々を意識すること以外に   驚嘆した事象を自身の意識と身体で領納できうる感覚を身体の形象に擬して(メタファー:隠喩などで)外界の事物を人間の尺度(メゾスピコック)で表象します。または物神性論を拡張した時   「無知」から生じる物神崇拝を想像的普遍を基底に   ここから神を観想することも領納します。   「同一性と直時の問題」   人の感情は常に生成消滅しますから   人は同じ顔を二度と見ることができないということが先行して意識に存在します。人の顔は常に新しい表情が現れて存在していくことが原初の人間の知覚になります。   「事象と存在と意味」   想像的普遍の象徴性が事象の発生についての関係付けを固有名の多数の接合で知覚して固有名の象徴と象徴の接合が編み出す意味の関係から生起します。   ・指示作用の操作の固定性について普通のメタファー(隠喩:比喩から形容詞(~ようだ   みたい)の形式を外して表象)的転用が想像的普遍に個々の事物を意識の垂直的関係で把握していくということに対して   固有名の多数のの事象相互の水平的意味関係を相互の共通項から見出します。   そして   原初の人間または幼児が類似性の類推と異なる知覚経験から述語同一性に基づく推論を行います。(これらに対して   想像的普遍が主語的同一性に存在します。)そして   原初の人間のまたは幼児が普遍的抽象性で知覚することから   メタファー(隠喩)的表現と統合失調症または分裂症の思考と異なるということを   各事象についての意識を想像的普遍性からおこなうということで説明できます。   これは「りんご」です。   「りんご」は「丸い」です。   「地球」は「丸い」です。   「りんご」は「地球」です。   ・主語→「りんご」「地球」=   主語の同一性   ・述語→「丸い」=   述語の共通性   これらの表象と知覚の錯識の解決のために   厳密的析出に依拠して思索します。問題点は「主語をまとめて同一視してしまう」ということですから   「述語の同一視の知覚」を思索します。『真の丸』を知覚できるかを思考します。「りんご」は「少し楕円」で「とがったへた」がついた形で「非りんご」が「真の丸」です。「地球」は「でこぼこした山岳」と「波打つ海」が表面に張り付く形で「非地球が」が「真の丸」です。   ・述語→『真の丸』=   主語の共通性   ・主語の厳密的析出→『樹状の突起したへたがあるりんご』『山岳と海が張り付くでこぼこした表面の地球』=   述語の同一性   特に   ・「非りんご」が「真の丸」です。   ・「非地球が」が「真の丸」です。   このことから   ・述語→『真の丸』=   主語の共通性   ・主語の厳密的析出→『真の丸』=   述語の同一性   を知覚します。   ・正常(二次過程)の思考のとき主語の同一性に先立って知覚する基底   ・原初論的(一次過程)思考のとき述語の同一性に先立って知覚する基底   原初の人間が対象に対して自己同一性を与えて抽象性の知覚から悟性的普遍(学問的悟性の抽象的普遍性)と想像的普遍(想像力の具象的想像性)の意識を展開しますが   多数の事象の類似性を析出して表象するという知覚に先行して   直感的思考に知覚があり直感的思考自体が人間自身の意識と身体で事象を領納できうる感覚を身体の形象に擬して(メタファー:隠喩などで)外界の事物を人間の尺度(メゾスピコック)で表象します。   他方   統合失調症的思考またはメタファー(隠喩)的表象から区別した想像的普遍または原初的思考が存在します。このとき詩的知恵の推論がこれらからもまた異なります。詩的知恵の知覚のとき   あらかじめ立てられて選ばれる類似の共通の性質が普遍的な知覚として既知でありません。主語的同一性からでなく述語的同一性から共通する類似性の発見が存在する必要があります。統合失調症的思考でいう各事象の主語的同一性に固執した一般性または隠喩的思考などの知覚が先行して存在しません。そして悟性的または抽象的一般性でなく想像的または具象的類型像として知覚して表象します。   のりひこ  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「感覚的トピカと原初の通俗知から深遠な知の反復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 「感覚的トピカと 最初の人間たちについて。 :原初の通俗知の想像力から 最初の人間たちの感情と知性についての論究。 :最初の人間たちは、 個性と知性がくっついていたから、 顔の表情が変わる度に 新しい顔が生じたと考えました。 根拠は新しい感情が起こる度に、 別の心臓、別の胸、別の意識が 生まれたと考えたからです。 (現代の人間の知覚と認識に 比べて先ずこれが最初にございました。) 対象の知覚、認識が実際に転じても 留まる事を知らずこれに沿っていくだけで、 表情が変わっても 同じ顔と認知することが無く、 別の感情が起きても、 心臓、胸、意識が同じであると 知覚しませんでした。 これらについて、 対象の自己同一性が 与えられていないことと、 開悟の普遍的抽象性の 欠如に起因することもございます。」 特に 「最初の人間たちは、 個性と知性がくっついていたから、 顔の表情が変わる度に 新しい顔が生じたと考えました。 根拠は新しい感情が起こる度に、 別の心臓、別の胸、別の意識が 生まれたと考えたからです。」 ということから 自己同一性を与えることで 普遍的抽象性という 文明的な意識の場所から 自分を認識しますから 「自分探しが無意味である論拠」 が確認できます。 そして、 原初の人間に 「自分探し」 を行うまでも無く 「個性と知性が合致する知」 の知覚が備わっていたから、 現代の人間も自己同一性が 崩れて混乱するときに 「自分探し」 を自らに要求する 意識が発生します。 原初も現代の人間も 知覚の根底に備える 「個性と知性が合致する知」 に回帰してこれらを確認してから 「自己同一性の獲得」 のための手立てを行うことで 解決して行くものである ということがいえるからです。 これらの手立てが 「開悟の普遍的抽象性」 ということになります。 のりひこ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.9. 12:44
視聴回数:893回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」   「感覚的トピカと   最初の人間たちについて。   :原初の通俗知の想像力から   最初の人間たちの感情と知性についての論究。   :最初の人間たちは   個性と知性がくっついていたから   顔の表情が変わる度に   新しい顔が生じたと考えました。   根拠は新しい感情が起こる度に   別の心臓   別の胸   別の意識が   生まれたと考えたからです。   (現代の人間の知覚と認識に   比べて先ずこれが最初にございました。)   対象の知覚   認識が実際に転じても   留まる事を知らずこれに沿っていくだけで   表情が変わっても   同じ顔と認知することが無く   別の感情が起きても   心臓     意識が同じであると   知覚しませんでした。   これらについて   対象の自己同一性が   与えられていないことと   開悟の普遍的抽象性の   欠如に起因することもございます。」   特に   「最初の人間たちは   個性と知性がくっついていたから   顔の表情が変わる度に   新しい顔が生じたと考えました。   根拠は新しい感情が起こる度に   別の心臓   別の胸   別の意識が   生まれたと考えたからです。」   ということから   自己同一性を与えることで   普遍的抽象性という   文明的な意識の場所から   自分を認識しますから   「自分探しが無意味である論拠」   が確認できます。   そして   原初の人間に   「自分探し」   を行うまでも無く   「個性と知性が合致する知」   の知覚が備わっていたから   現代の人間も自己同一性が   崩れて混乱するときに   「自分探し」   を自らに要求する   意識が発生します。   原初も現代の人間も   知覚の根底に備える   「個性と知性が合致する知」   に回帰してこれらを確認してから   「自己同一性の獲得」   のための手立てを行うことで   解決して行くものである   ということがいえるからです。   これらの手立てが   「開悟の普遍的抽象性」   ということになります。   のりひこ  

01 02

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.