PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)縁起について有部の十二支の解釈と中観派の相依性の解釈の論争について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)縁起について有部の十二支の解釈と中観派の相依性の解釈の論争について十二因縁の各項の(無明→行→識→名色→六処→触→受→愛→取→有→生→老死)を示して、まるでメタ定理の如く否定の論旨を開示します。矢印の根の項目から滅していくとき矢印の先の方向の項目が生じないため苦蘊(くうん=苦の個人の存在)が完全に滅します。中観派は見・可見から有部の識・触・受・愛の四法についての解釈が縁起について領納できぬことを領解(りょうげ)して十二支ということを排斥しました。人間の輪廻からの縁起の解釈のアビダルマ(部派仏教)の有部の説を中観派が諸法を超えられぬ人間の煩悩を根拠に十二支を排斥して縁起を領解しました。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.7. 11:49
視聴回数:156回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)縁起について有部の十二支の解釈と中観派の相依性の解釈の論争について十二因縁の各項の(無明→行→識→名色→六処→触→受→愛→取→有→生→老死)を示して   まるでメタ定理の如く否定の論旨を開示します。矢印の根の項目から滅していくとき矢印の先の方向の項目が生じないため苦蘊(くうん=苦の個人の存在)が完全に滅します。中観派は見・可見から有部の識・触・受・愛の四法についての解釈が縁起について領納できぬことを領解(りょうげ)して十二支ということを排斥しました。人間の輪廻からの縁起の解釈のアビダルマ(部派仏教)の有部の説を中観派が諸法を超えられぬ人間の煩悩を根拠に十二支を排斥して縁起を領解しました。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)諸法実相を領解する智慧についてと十二因縁について

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)諸法実相を領解する智慧(=般若波羅蜜に住して滅を得る人は相依性(相対性)の真性を見る人=十二縁起)の逆観で十二因縁の各項目を滅するためには無明(諸法実相を領解しないこと)を滅します。このとき、十二因縁の各項の(無明→行→識→名色→六処→触→受→愛→取→有→生→老死)を示して、まるでメタ定理の如く否定の論旨を開示します。矢印の根の項目から滅していくとき矢印の先の方向の項目が生じないため苦蘊(くうん=苦の個人の存在)が完全に滅します。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.4.27. 13:30
視聴回数:116回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)諸法実相を領解する智慧(=般若波羅蜜に住して滅を得る人は相依性(相対性)の真性を見る人=十二縁起)の逆観で十二因縁の各項目を滅するためには無明(諸法実相を領解しないこと)を滅します。このとき   十二因縁の各項の(無明→行→識→名色→六処→触→受→愛→取→有→生→老死)を示して   まるでメタ定理の如く否定の論旨を開示します。矢印の根の項目から滅していくとき矢印の先の方向の項目が生じないため苦蘊(くうん=苦の個人の存在)が完全に滅します。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.