PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

1212150365 インディアン チーフ Model 341.t

INDIAN CHEAF Vintage American motorcycle 明治34年~昭和28年の間、アメリカでオートバイの製造/販売を行なっていたインディアン。 チーフは1922年に1000ccのエンジンを搭載して登場。その翌年排気量を1200ccまで拡大し、インディアンが倒産する1953年まで生産されていました(1950年からは1300cc)。 今回出品のインディアン チーフは、とてもキレイにレストアされており、とても70年以上昔の車両とは思えないコンディションを保っています。 数年に一台入荷するかどうかの希少車です。 ライダー身長:176cm [掘出しバイクオークション]詳細写真多数掲載 http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/

投稿者:サイト名 ikmotorcycle12
投稿日時:2013.5.3. 16:43
視聴回数:4811回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 乗り物全般   バイク  
タグ: Indian   インディアン   チーフ   Chief   アメリカン   空冷   バイク王ダイレクトSHOP   掘出しバイクオークション   中古バイク販売   バイク王  

サムネイル

1010140760 ハーレーダビッドソン FLSTS1340

エンボス調の革製サドルバッグ&シート、魚の背びれを思わせるフィッシュテールのマフラーエンドと凝った造りがおしゃれな車体。もちろん外見だけでなく、作動性や乗り心地も配慮された造りになっており内面も十分サポートされた一台です。さらに、シート周辺とサドルバッグのフリンジがインディアンを想わせる独特のデザイン! 【ここがオススメ!】 白地に赤のラインがよりレトロな雰囲気を盛り上げ、フリンジとのデザインバランスもGood!状態も良く、まだまだ現役で頼もしい走りを魅せてくれるはず。とびっきりの一台をお探しの方は特にお見逃しなく!

投稿者:サイト名 ikmotorcycle3
投稿日時:2010.10.29. 19:46
視聴回数:1657回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ:

サムネイル

20100816 ST-Riker A 近鉄ホテル

ゲーム開始時に10人のインディアンが流れます

投稿者:サイト名 yaguchi4940
投稿日時:2010.10.25. 22:17
視聴回数:1175回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 国内旅行   ゲーム  
タグ: 20100816   ST-Riker   近鉄ホテル  

サムネイル

1007080125 カワサキ バルカンドリフター800

往年の名車、インディアンやハーレーのナックルヘッドを彷彿させるディープエスカルゴフェンダーとバディシート、そしてメッキパーツを抑えてブラックペイントされたハンドルと足周りをもつバルカンドリフター800。ライバルと比べても超個性が光る一台です! 【ココがお勧め】 販売台数が極端に少なかったため、中古車市場でも滅多にお目にかかれない超希少車!しかも走行少なめでキレイな車両、お探しの方はこの機会をお見逃し無く!! ライダー身長 167cm 【堀出しバイクオークション】http://www.technosports.co.jp/yahoo/horidashi/c/index.html

投稿者:サイト名 ikmotorcycle2
投稿日時:2010.7.16. 10:03
視聴回数:2058回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: 堀出しバイクオークション   バイク王ダイレクトショップ  

サムネイル

1006020768 カワサキ バルカン400ドリフター

他の国産アメリカンとは趣を異にするスタイルが特徴的なバルカンドリフター。タイヤの大部分を覆うエスカルゴフェンダーとグラブバー付きのバディーシートは往年のハーレーやインディアンを思い浮かばせます。見た目の大きさとは裏腹に思ったほど重くは無く、気負わず乗れる一台です。 【ココがお勧め】 程度のよい車輌がどんどん少なくなっているバルカンドリフター。ここまでキレイな車輌はあまり見かけなくなって来ました。カスタムしなくても目立つのはバルカンドリフター以外には無いのでは?下手にいじらず、是非このままで乗って欲しい車輌です。 【堀出しバイクオークション】http://www.technosports.co.jp/yahoo/horidashi/c/index.html

投稿者:サイト名 ikmotorcycle2
投稿日時:2010.6.11. 10:05
視聴回数:1718回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: 堀出しバイクオークション   バイク王ダイレクトショップ  

サムネイル

インディアンドライブ

AguraからJapurへ移動中の風景

投稿者:サイト名 saltmoon2008
投稿日時:2008.6.15. 22:48
視聴回数:537回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 乗り物全般   国内旅行  
タグ: インド  

サムネイル

インド・ケララ

インディアンコーヒーの店にて 彼らのユニフォームが素敵!!

投稿者:サイト名 chandra
投稿日時:2008.2.10. 08:08
視聴回数:501回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 海外旅行  
タグ: コーヒー  

サムネイル

スティールヘッド海外ツアー「スペイで釣るオレゴン」予告編

東京都台東区-新・御徒町-(しん・おかちまち)のフライショップ「クレオール」では、 日本国内スクールはもとより、海外ツアーでも、 それぞれの『フライフィッシング』の“旬”を釣るコトに徹しています! まずは、大河川コロンビアリバー支流、西部劇の舞台のような風景の中「インディアン居住区」を横切って流れるセントラル・オレゴンの銘河川、名称もインディアン語である「デシューツ・リバー」への行程プロローグを。 初心者から安心&安全に楽しめる11月恒例の「オレゴン&ハワイの旅」フライフィッシング海外ツアーは、アメリカ開拓の道『オレゴン・トレイル』など、オレゴン州各地を巡りスティールヘッドを釣って、そのうえ、帰路ハワイにも立ち寄ってボーンフィシュや、 さらには、サーフィンなども!と、 何とも「欲張り」、かつ、ゆったりとした日程も自由に組める「大人のゆとり旅」的な、 フライフィッシング海外旅行です。 さて、肝心のフライフィッシング、「釣り」に関して言えば、オレゴンのスティールヘッドは、時には目の前を一日に百匹以上が次々と遡上して行く、 アラスカでの『北限のスティールヘッド』あたりと比べると、数も含めて「二十分の一」ってぐらいのレベルですが、それこそ、日本でよく目にするカナダ各所のスティールヘッドあたりと比べれば、逆に「十倍」ってぐらいの、十二分に楽しめる"数"も含めたレベル。 それにしても、北米各地などでスティールヘッドの実態を、現地に実際に行って詳細に知れば知る程に、なぜ?秋のシーズンになると、数多くのアメリカ人やカナダ人が、こぞって、アラスカの河に来るのか?その理由が至って明白で納得させられマス。 やはり、アラスカでの『北限のスティールヘッド』は、まさしく“圧巻”以外の言葉がアリマセン。 他の場所とはまったく比べられないホドの凄さで、 私自身も、毎回1週間~10日間ほどの滞在中に、 実際に百匹を超えるスティールヘッドを掛けた経験が、この十年間ダケでも何度も有り、 キチンと数を一匹一匹数えるホド酔狂じゃあアリマセンが、 区切りのイイ「千匹」にはまだ届かないとは言え、今までに、ざっと600~700匹ぐらいは最低でも掛けていますし、 それこそ、少なくとも500匹ぐらいのスティールヘッドだったら楽に釣り上げています。 (実録の一部は、「スティールヘッド をスペイで釣る。」 http://creole.exblog.jp/i27/ 「スティールヘッド バンブーロッドでの釣り」 http://creole.exblog.jp/i23/ はたまた、「ALASKA」 http://creole.exblog.jp/i10/ などのブログを) そもそもの遡上数が少ないトコロじゃあ、対象となる絶対数が少ないダケで、肝心なテクニック云々を語る以前に、遡上してからしばらく経ってしまい、目の前通るモノには、それこそ何にだって手を出しちゃうようになってる個体ばかりを相手に、まるで、「ひとつおぼえ」の河のなかをただ引っ掻きまわすヤリ方で、「釣り」じゃあナクて、むしろ「運」ダケに頼るような、 自虐的なガマン比べにも成っちゃいマスが、 アラスカはモチロンのこと、オレゴンのように「まともな数」さえ、居さえすれば、 そして、現地のやり方とも違った“釣り方”も含めた“準備”さえが、キチンと出来ていれば、 遡上魚の入門用には『スティールヘッド』はスッゴク手軽でイイですヨ! 日本ではサーモンよりもスティールヘッドのほうが人気が高いようですが、アメリカ本土やカナダあたりとはまるで違って、アラスカのなかでもダントツのキーナイ河では、 何故?各種のサーモン類にしても、「チヌーク」や「コーホ」などの別称で呼ばれずに、 「SILVER」や「KING」と威厳と尊厳をもって呼ばれるのか? 今までのクレオール・アラスカ・ツアー参加者同様に、実際にまったく別格の「本当の野性」を体験さえすれば明解な判断が・・・。 詳しくは、ブログ http://creole.exblog.jp/i0 や、動画ブログ http://creole1.exblog.jp/  東京都台東区小島1-17-7 フライショップ「クレオール」まで。

投稿者:サイト名 クレオール
投稿日時:2007.12.22. 23:30
視聴回数:2779回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 渓流   淡水大もの / 淡水小もの   ソルトウォーター   トラウト   フライフィッシング      
タグ: オレゴン   ハワイ   アラスカ   フライフィッシング   海外   ツアー   キングサーモン   釣り   スペイ   スティールヘッド  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.