PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

【グルメレース】これが私のやり方だ!アホゥ!

<内容> 「グルメレースをやってくれ!」というリクエストにお応え!! 【サトメグのチャンネル登録よろしくお願いします】 ・サトメグTV(my TV) http://www.youtube.com/satomegutv ・サトメグFM(my FM) http://www.youtube.com/satomegufm ・サトメグの好きな歌集(I love songs) http://www.youtube.com/satomegumusic 【サトメグのコミュニティ】  *サトメグブログ(My blog) http://ameblo.jp/megukakesu/ *face book https://www.facebook.com/satomeguinfo *Twitter https://twitter.com/mytr1218megumi *MyTR(所属グループ:Group membership) http://mytr.boo.jp/

投稿者:サイト名 satomegutv
投稿日時:2014.3.30. 19:56
視聴回数:1204回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 映像作品   お笑い   アート  
タグ: 面白い   コメディー   お笑い   なまり   方言   funny   おかしい   you   tuber   動画制作   サトメグTV   さとめぐみ番組   奄美   グルメレース   本場   本当の   原曲   グルメ   食べ物   食材   本格的   動画   親子丼     カルビ     ピノ   キャベツ   レシピ   評価   楽譜   歌詞   ピアノ   BGM   エレン   カービィ   カービー   青鬼   サザエさん   サザエ   ジャン   星の   ガス   ドナルド   波平   かすたどん   華奢   痩せる   西郷隆盛   合唱   逆再生   ラップ     番組   レポート   特集   ぐるめ   れーす     東京   アニメ   大阪   静岡   大食い  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajorRV589(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot第1章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第1章』 ソクラテスとプラトンについて 自然学者の 「超越への眼差し」を 嗣(し)する(=受け継ぐ) ソフィストと トラシュマコスの 強者の制議論と ソクラテスの反駁的対話(エレンコス) の論駁と (=反駁(はんば(ぱ)く) 他人の主張・批判に対し論じかえす) グラウコンの トラシュマコスの正義論の 検討についてと ギュゲスの指輪の 透明人間になり 戒めから開放されたことから 不義を行い尽くすという物語が 不義を行わぬ人間もいるということを 見落としているため ソクラテスがいう正義についても 幸福をもたらすか否かにかかわらず 成すべき事であるからであり ソクラテスはこれに殉じて処刑された ということについて プロタゴラスの対話でいう あること(x)が他のこと(y)に比べて善い、 と思い成す人は、 絶対に(y)を選択しない。 しかしプラトンが 欲望に従う(x)に比べて 欲望に従わない(y)方が 善いと思い成していても、 欲望に負けて(y)を選択して 欲望に従うことがある。 ことから、 理知に反する欲望の力を ソクラテスが考慮しなかったことを プラトンが破折してございます。 非 - 理知的な徳について 霊魂全体の理知的部分と 非 - 理知的部分の固有の関係を 形成することについて プラトンの霊魂三分説 (霊魂の 理知的部分、欲望的部分、気概的部分)と ギリシャの四元徳 (知恵sophi^a、勇気andrei^a、 節制s^ophrosyn^e、正義dikaiosyn^e) について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.21. 23:49
視聴回数:2557回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第1章』   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第1章』   ソクラテスとプラトンについて   自然学者の   「超越への眼差し」を   嗣(し)する(=受け継ぐ)   ソフィストと   トラシュマコスの   強者の制議論と   ソクラテスの反駁的対話(エレンコス)   の論駁と   (=反駁(はんば(ぱ)く)   他人の主張・批判に対し論じかえす)   グラウコンの   トラシュマコスの正義論の   検討についてと   ギュゲスの指輪の   透明人間になり   戒めから開放されたことから   不義を行い尽くすという物語が   不義を行わぬ人間もいるということを   見落としているため   ソクラテスがいう正義についても   幸福をもたらすか否かにかかわらず   成すべき事であるからであり   ソクラテスはこれに殉じて処刑された   ということについて   プロタゴラスの対話でいう   あること(x)が他のこと(y)に比べて善い   と思い成す人は   絶対に(y)を選択しない。   しかしプラトンが   欲望に従う(x)に比べて   欲望に従わない(y)方が   善いと思い成していても   欲望に負けて(y)を選択して   欲望に従うことがある。   ことから   理知に反する欲望の力を   ソクラテスが考慮しなかったことを   プラトンが破折してございます。     -   理知的な徳について   霊魂全体の理知的部分と     -   理知的部分の固有の関係を   形成することについて   プラトンの霊魂三分説   (霊魂の   理知的部分   欲望的部分   気概的部分)と   ギリシャの四元徳   (知恵sophi^a   勇気andrei^a   節制s^ophrosyn^e   正義dikaiosyn^e)   について   『タルムード:Avot   第1章』   第1章   第1章   1。   モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け   ヨシュアに伝え   ヨシュアは長老たちに   長老たちは預言者たちに   また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。   彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり   多くの弟子を養い育て   トーラーのための垣根をめぐらしなさい。   2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。   彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と   神殿の祭儀の上と   慈しみのわざの上である。   3。   ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。   4。   ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。   ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り   彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。   5。   あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである   貧しい人々をさせ   そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。   これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。   したがって   賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし   律法の研究を無視し   最後に地獄を継承します。   6。   ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai   Arbelite彼らから律法を受けた。   ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し   自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。   7。   邪悪な隣人から離れたまま   邪悪に関連付けることはできません   そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai   Arbeliteは述べています。   8。   ユダベンTabbaiとシモン·ベンShetachは彼らから律法を受けた。   ユダベンTabbaiは言った:裁判官の前に提示しているもののように自分自身をしないでください。   律法の訴訟の当事者があなたの前に立っているとき   彼らは邪悪な男として   あなたの目でなければなりませんが   彼らは判決を受け入れた場合   彼らが出発したとき   彼らは無実のようにあなたの目でなければなりません。   9。   シモン·ベンShetachは言った:熱心に証人を調べ   それらが改ざんすることを学ぶそれらを介しないようにあなたの言葉で注意が必要です。   10。   ShemayahとAvtalion彼らから律法を受けた。   支配を嫌い;愛の仕事は   政府の過度の親密さを求めていない:Shemayahは述べています。   11。   あなたは追放のペナルティが発生し   学習の水は不純と   それらを飲むと死ぬの後に来るの弟子である場所に呼ばれていないように賢者は   あなたの言葉で注意してください   そして天の名前が結果的に汚​​されています。Avtalionは言った。   12。   ヒレルとshammaiは   彼らから律法を受けた。   ヒレルは言った:平和を愛し   平和を追求し   アーロンの弟子である   あなたの仲間の生き物を愛し   律法に近いそれらをもたらす。   13。   彼ヒレルは言っていた。名声を得る者はその名声を失い   増やさない者は減らし   学ばない者は死罪の罪責を負う。冠を利用するものは過ぎ去るであろう。   14。   彼ヒレルは言っていた。わたしは自分のためでないときは   わたしのために誰がいるのであろうか。またわたしがわたし自身のためであれば   わたしは何者であろうか。そして今でなければ   いつであろうか。   15。   シャマイは言う。あなたの律法(トーラー)の学びを決まって行い   口数を減らして多くのわざをなし   すべての人をにこやかな面持ちで受け入れなさい。   16。   ラッパン・ガマリエルは言う。また師について疑問を晴らしなさい。推定から十分の一の捧げ物を納めすぎてはいけません。   17。   彼の息子のシメオンは言う。わたしは生涯を通じて賢者たちの間で大きくなったが   自分にとって沈黙にまさるものは見つからなかった。   肝要なのは律法(トーラー)の解釈でなく   実践である。誰であれ口数の多い人は罪を招く。   18。   ラッパン・シメオン・ベン・ガマリエルは言う。この世は三つの物の上に立っている。正義の上に   真実の上に   平和の上に。「城門では真実と正義に基づき/平和をもたらす裁きをせよ」(ゼカリヤ書8・16)と言われているからである。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajorRV589(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot第1章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第1章』 ソクラテスとプラトンについて 自然学者の 「超越への眼差し」を 嗣(し)する(=受け継ぐ) ソフィストと トラシュマコスの 強者の制議論と ソクラテスの反駁的対話(エレンコス) の論駁と (=反駁(はんば(ぱ)く) 他人の主張・批判に対し論じかえす) グラウコンの トラシュマコスの正義論の 検討についてと ギュゲスの指輪の 透明人間になり 戒めから開放されたことから 不義を行い尽くすという物語が 不義を行わぬ人間もいるということを 見落としているため ソクラテスがいう正義についても 幸福をもたらすか否かにかかわらず 成すべき事であるからであり ソクラテスはこれに殉じて処刑された ということについて プロタゴラスの対話でいう あること(x)が他のこと(y)に比べて善い、 と思い成す人は、 絶対に(y)を選択しない。 しかしプラトンが 欲望に従う(x)に比べて 欲望に従わない(y)方が 善いと思い成していても、 欲望に負けて(y)を選択して 欲望に従うことがある。 ことから、 理知に反する欲望の力を ソクラテスが考慮しなかったことを プラトンが破折してございます。 非 - 理知的な徳について 霊魂全体の理知的部分と 非 - 理知的部分の固有の関係を 形成することについて プラトンの霊魂三分説 (霊魂の 理知的部分、欲望的部分、気概的部分)と ギリシャの四元徳 (知恵sophi^a、勇気andrei^a、 節制s^ophrosyn^e、正義dikaiosyn^e) について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.21. 21:07
視聴回数:4972回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第1章』   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第1章』   ソクラテスとプラトンについて   自然学者の   「超越への眼差し」を   嗣(し)する(=受け継ぐ)   ソフィストと   トラシュマコスの   強者の制議論と   ソクラテスの反駁的対話(エレンコス)   の論駁と   (=反駁(はんば(ぱ)く)   他人の主張・批判に対し論じかえす)   グラウコンの   トラシュマコスの正義論の   検討についてと   ギュゲスの指輪の   透明人間になり   戒めから開放されたことから   不義を行い尽くすという物語が   不義を行わぬ人間もいるということを   見落としているため   ソクラテスがいう正義についても   幸福をもたらすか否かにかかわらず   成すべき事であるからであり   ソクラテスはこれに殉じて処刑された   ということについて   プロタゴラスの対話でいう   あること(x)が他のこと(y)に比べて善い   と思い成す人は   絶対に(y)を選択しない。   しかしプラトンが   欲望に従う(x)に比べて   欲望に従わない(y)方が   善いと思い成していても   欲望に負けて(y)を選択して   欲望に従うことがある。   ことから   理知に反する欲望の力を   ソクラテスが考慮しなかったことを   プラトンが破折してございます。     -   理知的な徳について   霊魂全体の理知的部分と     -   理知的部分の固有の関係を   形成することについて   プラトンの霊魂三分説   (霊魂の   理知的部分   欲望的部分   気概的部分)と   ギリシャの四元徳   (知恵sophi^a   勇気andrei^a   節制s^ophrosyn^e   正義dikaiosyn^e)   について   『タルムード:Avot   第1章』   第1章   第1章   1。   モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け   ヨシュアに伝え   ヨシュアは長老たちに   長老たちは預言者たちに   また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。   彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり   多くの弟子を養い育て   トーラーのための垣根をめぐらしなさい。   2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。   彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と   神殿の祭儀の上と   慈しみのわざの上である。   3。   ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。   4。   ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。   ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り   彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。   5。   あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである   貧しい人々をさせ   そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。   これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。   したがって   賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし   律法の研究を無視し   最後に地獄を継承します。   6。   ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai   Arbelite彼らから律法を受けた。   ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し   自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。   7。   邪悪な隣人から離れたまま   邪悪に関連付けることはできません   そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai   Arbeliteは述べています。   8。   ユダベンTabbaiとシモン·ベンShetachは彼らから律法を受けた。   ユダベンTabbaiは言った:裁判官の前に提示しているもののように自分自身をしないでください。   律法の訴訟の当事者があなたの前に立っているとき   彼らは邪悪な男として   あなたの目でなければなりませんが   彼らは判決を受け入れた場合   彼らが出発したとき   彼らは無実のようにあなたの目でなければなりません。   9。   シモン·ベンShetachは言った:熱心に証人を調べ   それらが改ざんすることを学ぶそれらを介しないようにあなたの言葉で注意が必要です。   10。   ShemayahとAvtalion彼らから律法を受けた。   支配を嫌い;愛の仕事は   政府の過度の親密さを求めていない:Shemayahは述べています。   11。   あなたは追放のペナルティが発生し   学習の水は不純と   それらを飲むと死ぬの後に来るの弟子である場所に呼ばれていないように賢者は   あなたの言葉で注意してください   そして天の名前が結果的に汚​​されています。Avtalionは言った。   12。   ヒレルとshammaiは   彼らから律法を受けた。   ヒレルは言った:平和を愛し   平和を追求し   アーロンの弟子である   あなたの仲間の生き物を愛し   律法に近いそれらをもたらす。   13。   彼ヒレルは言っていた。名声を得る者はその名声を失い   増やさない者は減らし   学ばない者は死罪の罪責を負う。冠を利用するものは過ぎ去るであろう。   14。   彼ヒレルは言っていた。わたしは自分のためでないときは   わたしのために誰がいるのであろうか。またわたしがわたし自身のためであれば   わたしは何者であろうか。そして今でなければ   いつであろうか。   15。   シャマイは言う。あなたの律法(トーラー)の学びを決まって行い   口数を減らして多くのわざをなし   すべての人をにこやかな面持ちで受け入れなさい。   16。   ラッパン・ガマリエルは言う。また師について疑問を晴らしなさい。推定から十分の一の捧げ物を納めすぎてはいけません。   17。   彼の息子のシメオンは言う。わたしは生涯を通じて賢者たちの間で大きくなったが   自分にとって沈黙にまさるものは見つからなかった。   肝要なのは律法(トーラー)の解釈でなく   実践である。誰であれ口数の多い人は罪を招く。   18。   ラッパン・シメオン・ベン・ガマリエルは言う。この世は三つの物の上に立っている。正義の上に   真実の上に   平和の上に。「城門では真実と正義に基づき/平和をもたらす裁きをせよ」(ゼカリヤ書8・16)と言われているからである。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.