PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

ラオス、少数民族が通う小学校

 ◇ラオス、少数民族が通う小学校  ラオス・ビエンチャン県の奥地、ムーン地区ノントン村の小学校です。生徒のほとんどは少数民族のモン族で、家ではモン族の言葉を話していて、学校で初めてラオ語を勉強します。3教室しかなくて教室はボロボロ、3年生までしか教えられないので、4年生以上になると隣村の学校に通います。通学が大変で学校に通うことをやめてしまう子どももあり、特に女子の就学率を引き下げる要因になっているそうです。今年6月にこの学校を改修することがラオス政府と国際協力NGOオックスファムの間で合意されました。もうすぐ、明るい教室で最終学年の5年生まで学べるようになります。このほか、保護者や地域に教育を受けることの大切さを伝える活動なども行われます。

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2009.9.24. 17:18
視聴回数:429回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 全国   海外   観光・旅行   旅・観光   毎日動画ニュース   観光・旅行  
タグ: 動画   毎日   ラオス   ビエンチャン   ムーン   オックスファム   ノントン村   モン族   ラオ語   小学校  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.