PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「マーストリヒト条約」「資本主義と労働団体と資産の遮蔽と開示効果」「仏法の時制」「平和の伝道」

合唱組曲島よ(朗読) (お話です) 「マーストリヒト条約」 「マーストリヒト条約 第 17 節 130 条 u項」 「資本主義と労働団体と 資産の収支の 遮蔽と開示の 効果と必要性の是非」 第130条u項2 EU開発援助政策が マーストリヒト条約第130条u項に 国連貿易開発会議UNCTAD (United Nations Conference on Trade and Development)の政策が ロメ協定の政策が 「政治的コンディショナリー」を 重視の方向を示しました。 冷戦の時期の国際社会で、 開発援助政策に 政治的中立性が求められ 政治的調整項目が 付与されませんでしたが、 マーストリヒト条約の場合、 EUの価値基準の 民主主義、法の支配、人権を 政治的調整項目を付与して 援助国に要請することが 可能になりました。 ACP諸国(旧植民地など)の 全体に対する援助が コンディショナリティーで ACP諸国の各国個別に分けて 輸出所得安定制度STABEX (stabilization of export earnings system EUが1976年に設置)が 国際通貨基金IMF、 世界銀行の構造調整政策に はたらきかけが 可能なものになりました。 『第130条v項 EU実施する各種政策が 開発目的の相依性から 「整合性」を示します。 (ACP⇒EU:ACP諸国からEU諸国に対しての 自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』 『第130条x項 EUの開発政策と 構成諸国の反復から 「調整」を示します。 (EU⇒ACP:ACP諸国からEU諸国に対しての 自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』 『そして、ACP諸国の個別の国の権限に対して EUはじめ、UN,NGOなどの組織が 権限の活用の両立を行う 「相補性」を示します。』 ACP諸国内の国家間格差が 存在してございましたが、 ソビエトと、経済相互援助会議 (SEVセフ)諸国の枠内の国家格差、 欧州共同体の各国家の各職種政策 (産業貿易重視型、サービス重視型など)から 世界資本市場の視野を個々に包含して 国家間の情勢が大きく異なるという 現在の仕組みも気になります。 「欧州諸国の産業政策と 貿易と職種の事情と 為替の値の適性について」 「仏法の時制の存在」 「仏法の教えから 端を除いて「ありかた」を説く という手立てから 戦争時に 渇望する平和の伝道を 端諸を外して普遍的に 世から世に 伝えることができます。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.24. 23:44
視聴回数:1051回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「マーストリヒト条約」「マーストリヒト条約第   17     130     u項」   「資本主義と労働団体と   資産の収支の   遮蔽と開示の   効果と必要性の是非」   「欧州諸国の産業政策と   貿易と職種の事情と   為替の値の適性について」   第130条u項2EU開発援助政策がマーストリヒト条約第130条u項に国連貿易開発会議UNCTAD(United   Nations   Conference   on   Trade   and   Development)の政策がロメ協定の政策が「政治的コンディショナリー」を重視の方向を示しました。冷戦の時期の国際社会で   開発援助政策に政治的中立性が求められ政治的調整項目が付与されませんでしたが   マーストリヒト条約の場合   EUの価値基準の民主主義   法の支配   人権を政治的調整項目を付与して援助国に要請することが可能になりました。ACP諸国(旧植民地など)の全体に対する援助がコンディショナリティーでACP諸国の各国個別に分けて輸出所得安定制度STABEX(stabilization   of   export   earnings   system   EUが1976年に設置)が国際通貨基金IMF   世界銀行の構造調整政策にはたらきかけが可能なものになりました。『第130条v項EU実施する各種政策が開発目的の相依性から「整合性」を示します。(ACP⇒EU:ACP諸国からEU諸国に対しての自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』『第130条x項EUの開発政策と構成諸国の反復から「調整」を示します。(EU⇒ACP:ACP諸国からEU諸国に対しての自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』『そして   ACP諸国の個別の国の権限に対してEUはじめ   UN   NGOなどの組織が権限の活用の両立を行う「相補性」を示します。』ACP諸国内の国家間格差が存在してございましたが   ソビエトと   経済相互援助会議(SEVセフ)諸国の枠内の国家格差   欧州共同体の各国家の各職種政策(産業貿易重視型   サービス重視型など)から世界資本市場の視野を個々に包含して国家間の情勢が大きく異なるという現在の仕組みも気になります。   「仏法の時制の存在」「仏法の教えから端を除いて「ありかた」を説くという手立てから戦争時に渇望する平和の伝道を平和の伝道を端諸を外して普遍的に世から世に伝えることができます。」  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「マーストリヒト条約」「資本主義と労働団体と資産の遮蔽と開示効果」「仏法の時制」「平和の伝道」

合唱組曲島よ(朗読) (お話です) 「マーストリヒト条約」 「マーストリヒト条約 第 17 節 130 条 u項」 「資本主義と労働団体と 資産の収支の 遮蔽と開示の 効果と必要性の是非」 第130条u項2 EU開発援助政策が マーストリヒト条約第130条u項に 国連貿易開発会議UNCTAD (United Nations Conference on Trade and Development)の政策が ロメ協定の政策が 「政治的コンディショナリー」を 重視の方向を示しました。 冷戦の時期の国際社会で、 開発援助政策に 政治的中立性が求められ 政治的調整項目が 付与されませんでしたが、 マーストリヒト条約の場合、 EUの価値基準の 民主主義、法の支配、人権を 政治的調整項目を付与して 援助国に要請することが 可能になりました。 ACP諸国(旧植民地など)の 全体に対する援助が コンディショナリティーで ACP諸国の各国個別に分けて 輸出所得安定制度STABEX (stabilization of export earnings system EUが1976年に設置)が 国際通貨基金IMF、 世界銀行の構造調整政策に はたらきかけが 可能なものになりました。 『第130条v項 EU実施する各種政策が 開発目的の相依性から 「整合性」を示します。 (ACP⇒EU:ACP諸国からEU諸国に対しての 自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』 『第130条x項 EUの開発政策と 構成諸国の反復から 「調整」を示します。 (EU⇒ACP:ACP諸国からEU諸国に対しての 自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』 『そして、ACP諸国の個別の国の権限に対して EUはじめ、UN,NGOなどの組織が 権限の活用の両立を行う 「相補性」を示します。』 ACP諸国内の国家間格差が 存在してございましたが、 ソビエトと、経済相互援助会議 (SEVセフ)諸国の枠内の国家格差、 欧州共同体の各国家の各職種政策 (産業貿易重視型、サービス重視型など)から 世界資本市場の視野を個々に包含して 国家間の情勢が大きく異なるという 現在の仕組みも気になります。 「欧州諸国の産業政策と 貿易と職種の事情と 為替の値の適性について」 「仏法の時制の存在」 「仏法の教えから 端を除いて「ありかた」を説く という手立てから 戦争時に 渇望する平和の伝道を 端諸を外して普遍的に 世から世に 伝えることができます。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.24. 13:15
視聴回数:782回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「マーストリヒト条約」「マーストリヒト条約第   17     130     u項」   「資本主義と労働団体と   資産の収支の   遮蔽と開示の   効果と必要性の是非」   「欧州諸国の産業政策と   貿易と職種の事情と   為替の値の適性について」   第130条u項2EU開発援助政策がマーストリヒト条約第130条u項に国連貿易開発会議UNCTAD(United   Nations   Conference   on   Trade   and   Development)の政策がロメ協定の政策が「政治的コンディショナリー」を重視の方向を示しました。冷戦の時期の国際社会で   開発援助政策に政治的中立性が求められ政治的調整項目が付与されませんでしたが   マーストリヒト条約の場合   EUの価値基準の民主主義   法の支配   人権を政治的調整項目を付与して援助国に要請することが可能になりました。ACP諸国(旧植民地など)の全体に対する援助がコンディショナリティーでACP諸国の各国個別に分けて輸出所得安定制度STABEX(stabilization   of   export   earnings   system   EUが1976年に設置)が国際通貨基金IMF   世界銀行の構造調整政策にはたらきかけが可能なものになりました。『第130条v項EU実施する各種政策が開発目的の相依性から「整合性」を示します。(ACP⇒EU:ACP諸国からEU諸国に対しての自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』『第130条x項EUの開発政策と構成諸国の反復から「調整」を示します。(EU⇒ACP:ACP諸国からEU諸国に対しての自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』『そして   ACP諸国の個別の国の権限に対してEUはじめ   UN   NGOなどの組織が権限の活用の両立を行う「相補性」を示します。』ACP諸国内の国家間格差が存在してございましたが   ソビエトと   経済相互援助会議(SEVセフ)諸国の枠内の国家格差   欧州共同体の各国家の各職種政策(産業貿易重視型   サービス重視型など)から世界資本市場の視野を個々に包含して国家間の情勢が大きく異なるという現在の仕組みも気になります。   「仏法の時制の存在」「仏法の教えから端を除いて「ありかた」を説くという手立てから戦争時に   渇望する平和の伝道を端諸を外して普遍的に世から世に伝えることができます。」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「意識の解釈の基準変更頻度」「ソビエトと経済相互援助会議(SEVセフ)」「十住毘婆沙論」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 意識の解釈の基準の解釈についてと 解釈の基準の変更と頻度についてと、 価値基準の合意と否合意の頻度と 解釈のしくみと 価値基準の方向性と 価値尺度の厳密性と 力への意思と支配への意思が 固定的に領納していくことを 停止するとき 放射状のしくみが これらが固定していくことを防止して 解釈の固定も止めますが、 同時に、解釈の基準の 変更の頻度から 解釈と解釈の 差分を示すとき 不確実性が侵入します。 常識の強い健全性のについて ソビエトと 経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи ((СЭВ) SEVセフ)の諸国についてと 社会主義とソビエト共産党についてと 労働系、社会運動系の組織が 各国の政府与党であることから 雇用者が仮にも資本市場の取引を 開示してございますから、 組合費、農業団体の費用の 収支の開示の 必要性についてと 十住毘婆沙論について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.24. 02:41
視聴回数:436回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   意識の解釈の基準の解釈についてと解釈の基準の変更と頻度についてと   価値基準の合意と否合意の頻度と解釈のしくみと価値基準の方向性と価値尺度の厳密性と力への意思と支配への意思が固定的に領納していくことを停止するとき放射状のしくみがこれらが固定していくことを防止して解釈の固定も止めますが   同時に   解釈の基準の変更の頻度から解釈と解釈の差分を示すとき不確実性が侵入します。   常識の強い健全性のについて   ソビエトと経済相互援助会議(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   ((СЭВ)   SEVセフ)の諸国についてと社会主義とソビエト共産党についてと   労働系   社会運動系の組織が各国の政府与党であることから雇用者が仮にも資本市場の取引を開示してございますから   組合費   農業団体の費用の収支の開示の必要性についてと   十住毘婆沙論について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「意識の解釈の基準変更頻度」「ソビエトと経済相互援助会議(SEVセフ)」「十住毘婆沙論」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 意識の解釈の基準の解釈についてと 解釈の基準の変更と頻度についてと、 価値基準の合意と否合意の頻度と 解釈のしくみと 価値基準の方向性と 価値尺度の厳密性と 力への意思と支配への意思が 固定的に領納していくことを 停止するとき 放射状のしくみが これらが固定していくことを防止して 解釈の固定も止めますが、 同時に、解釈の基準の 変更の頻度から 解釈と解釈の 差分を示すとき 不確実性が侵入します。 常識の強い健全性のについて ソビエトと 経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи (СЭВ) SEVセフ)の諸国についてと 社会主義とソビエト共産党についてと 労働系、社会運動系の組織が 各国の政府与党であることから 雇用者が仮にも資本市場の取引を 開示してございますから、 組合費、農業団体の費用の 収支の開示の 必要性についてと 十住毘婆沙論について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.23. 15:40
視聴回数:428回
お気に入り登録:0
カテゴリ: エンタメ全般   趣味・旅行全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)意識の解釈の基準の解釈についてと解釈の基準の変更と頻度についてと   価値基準の合意と否合意の頻度と解釈のしくみと価値基準の方向性と価値尺度の厳密性と力への意思と支配への意思が固定的に領納していくことを停止するとき放射状のしくみがこれらが固定していくことを防止して解釈の固定も止めますが   同時に   解釈の基準の変更の頻度から解釈と解釈の差分を示すとき不確実性が侵入します。常識の強い健全性のについてソビエトと経済相互援助会議(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   (СЭВ)   SEVセフ)の諸国についてと社会主義とソビエト共産党についてと労働系   社会運動系の組織が各国の政府与党であることから雇用者が仮にも資本市場の取引を開示してございますから   組合費   農業団体の費用の収支の開示の必要性についてと十住毘婆沙論について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州域内外の貿易とソビエトと経済相互援助会議の貿易についてと生死観の死と恐怖について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 欧州域内貿易と域外貿易と ソビエトと経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи (СЭВ)セフ)の諸国の 内外市場についてと 1980年~1999年までの 欧州(15カ国)と関係する 相手国別の貿易量が 欧州域全体>途上国>合衆国>日本 ◎各年貿易増加率 欧州 '80~'90 8.14% '90~'99 5.78% 合衆国 '80~'90 5.93% '90~'99 7.26% 日本 '80~'90 8.93% '90~'99 3.96% ◎各年貿易額 欧州 1980年 750 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 2,000 ×(10^9㌦) 合衆国 1980年 200 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 750 ×(10^9㌦) 日本 1980年 100 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 250 ×(10^9㌦) を示します。 他方、共同体内の現在からも ソビエトと経済相互援助会議の諸国と 資本主義世界市場のあり方も気になりますが 制度も時期も異なることを包含して思考します。 1990年代の 旧東欧諸国と欧州の貿易が 産業製品が過剰輸出で 織物製品が過剰輸入でした。 途上国と先進国また、 現在の国家間の 労働賃金の差分も気になります。 現在の中国または 新興国(BRICS)についての 国内のモデルが 資本主義世界市場の 設定に合致して 効果的な値を示すことから 資本主義世界市場の性質が 過去の先進国または 現在の新興国の領域についての 指標で効果的な機能の モデルであるということから 現在の 先進国と新興国と途上国の ありようを どうすり合わせていくべきかも 気になります。 生死観の死と恐怖について 安楽を 領納(感受)する時の 感覚的なものと 恐怖を 領納(感受)する時の 感覚的なものとに対して 論理的に身体の反応として 恐怖の場合筋肉は萎縮して 回避しようとすることになり 生存しますが 感覚的な安楽なものとの 反復(リトルネロ)もございます。 仏法でいう四句分別で、 数学の証明問題の ことでございますが 相依性ゆえに倶(とも)にあらず、 同じ時制で生滅がないことを 領解(りょうげ)します。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.21. 19:40
視聴回数:1877回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   欧州域内貿易と域外貿易と   ソビエトと経済相互援助会議(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   (СЭВ)セフ)の諸国の   内外市場についてと   1980年~1999年までの   欧州(15カ国)と関係する   相手国別の貿易量が   欧州域全体>途上国>合衆国>日本   ◎各年貿易増加率   欧州   '80~'90   8.14%   '90~'99   5.78%   合衆国   '80~'90   5.93%   '90~'99   7.26%   日本   '80~'90   8.93%   '90~'99   3.96%   ◎各年貿易額   欧州   1980年   750   ×(10^9㌦)     1999年   2   000   ×(10^9㌦)   合衆国   1980年   200   ×(10^9㌦)     1999年   750   ×(10^9㌦)   日本   1980年   100   ×(10^9㌦)     1999年   250   ×(10^9㌦)   を示します。   他方   共同体内の現在からも   ソビエトと経済相互援助会議の諸国と   資本主義世界市場のあり方も気になりますが   制度も時期も異なることを包含して思考します。   1990年代の   旧東欧諸国と欧州の貿易が   産業製品が過剰輸出で   織物製品が過剰輸入でした。   途上国と先進国また   現在の国家間の   労働賃金の差分も気になります。   現在の中国または   新興国(BRICS)についての   国内のモデルが   資本主義世界市場の   設定に合致して   効果的な値を示すことから   資本主義世界市場の性質が   過去の先進国または   現在の新興国の領域についての   指標で効果的な機能の   モデルであるということから   現在の   先進国と新興国と途上国の   ありようを   どうすり合わせていくべきかも   気になります。   生死観の死と恐怖について   安楽を   領納(感受)する時の   感覚的なものと   恐怖を   領納(感受)する時の   感覚的なものとに対して   論理的に身体の反応として   恐怖の場合筋肉は萎縮して   回避しようとすることになり   生存しますが   感覚的な安楽なものとの   反復(リトルネロ)もございます。   仏法でいう四句分別で   数学の証明問題の   ことでございますが   相依性ゆえに倶(とも)にあらず   同じ時制で生滅がないことを   領解(りょうげ)します。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州域内外の貿易とソビエトと経済相互援助会議の貿易についてと生死観の死と恐怖について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 欧州域内貿易と域外貿易と ソビエトと経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи (СЭВ)セフ)の諸国の 内外市場についてと 1980年~1999年までの 欧州(15カ国)と関係する 相手国別の貿易量が 欧州域全体>途上国>合衆国>日本 ◎各年貿易増加率 欧州 '80~'90 8.14% '90~'99 5.78% 合衆国 '80~'90 5.93% '90~'99 7.26% 日本 '80~'90 8.93% '90~'99 3.96% ◎各年貿易額 欧州 1980年 750 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 2,000 ×(10^9㌦) 合衆国 1980年 200 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 750 ×(10^9㌦) 日本 1980年 100 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 250 ×(10^9㌦) を示します。 他方、共同体内の現在からも ソビエトと経済相互援助会議の諸国と 資本主義世界市場のあり方も気になりますが 制度も時期も異なることを包含して思考します。 1990年代の 旧東欧諸国と欧州の貿易が 産業製品が過剰輸出で 織物製品が過剰輸入でした。 途上国と先進国また、 現在の国家間の 労働賃金の差分も気になります。 現在の中国または 新興国(BRICS)についての 国内のモデルが 資本主義世界市場の 設定に合致して 効果的な値を示すことから 資本主義世界市場の性質が 過去の先進国または 現在の新興国の領域についての 指標で効果的な機能の モデルであるということから 現在の 先進国と新興国と途上国の ありようを どうすり合わせていくべきかも 気になります。 生死観の死と恐怖について 安楽で感覚的なものと 恐怖の感覚的なものに対して 論理的に身体の反応として 恐怖の場合筋肉は萎縮して 回避しようとすることになり 生存しますが 感覚的な安楽なものとの 反復(リトルネロ)もございます。 仏法でいう四句分別で、 数学の証明問題の ことでございますが 相依性ゆえに倶(とも)にあらず、 同じ時制で生滅がないことを 領解(りょうげ)します。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.21. 13:22
視聴回数:4620回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   欧州域内貿易と域外貿易と   ソビエトと経済相互援助会議の諸国(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   (СЭВ)セフ)の   内外市場についてと   1980年~1999年までの   欧州(15カ国)と関係する   相手国別の貿易量が   欧州域全体>途上国>合衆国>日本   ◎各年貿易増加率   欧州   '80~'90   8.14%   '90~'99   5.78%   合衆国   '80~'90   5.93%   '90~'99   7.26%   日本   '80~'90   8.93%   '90~'99   3.96%   ◎各年貿易額   欧州   1980年   750   ×(10^9㌦)     1999年   2   000   ×(10^9㌦)   合衆国   1980年   200   ×(10^9㌦)     1999年   750   ×(10^9㌦)   日本   1980年   100   ×(10^9㌦)     1999年   250   ×(10^9㌦)   を示します。   他方   共同体内の現在からも   ソビエトと経済相互援助会議の諸国と   資本主義世界市場のあり方も気になりますが   制度も時期も異なることを包含して思考します。   1990年代の   旧東欧諸国と欧州の貿易が   産業製品が過剰輸出で   織物製品が過剰輸入でした。   途上国と先進国また   現在の国家間の   労働賃金の差分も気になります。   現在の中国または   新興国(BRICS)についての   国内のモデルが   資本主義世界市場の   設定に合致して   効果的な値を示すことから   資本主義世界市場の性質が   過去の先進国または   現在の新興国の領域についての   指標で効果的な機能の   モデルであるということから   現在の   先進国と新興国と途上国の   ありようを   どうすり合わせていくべきかも   気になります。   生死観の死と恐怖について   安楽で感覚的なものと   恐怖の感覚的なものに対して   論理的に身体の反応として   恐怖の場合筋肉は萎縮して   回避しようとすることになり   生存しますが   感覚的な安楽なものとの   反復(リトルネロ)もございます。   仏法でいう四句分別で   数学の証明問題の   ことでございますが   相依性ゆえに倶(とも)にあらず   同じ時制で生滅がないことを   領解(りょうげ)します。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州とキリスト教と社会運動と第二次世界大戦とオセアニアとトルコとソビエトと禅問答ついて

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州とキリスト教の各宗派と社会運動と第二次世界大戦とオセアニアの歴史とオスマントルコとソビエト連邦と禅問答ついて仏道を「労使関係の基盤」におけば「社会が崩壊する」ということについてと「非行をなくす手立て」を問うて「非行という言い方考え方をやめればいい」という答についてと「真の自由」とは「時間と空間の喪失」であるということについてと「真に生きがいのある人生」とは「最もつまらん人生のこと」であることにつて

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.15. 09:02
視聴回数:168回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州とキリスト教の各宗派と社会運動と第二次世界大戦とオセアニアの歴史とオスマントルコとソビエト連邦と禅問答ついて仏道を「労使関係の基盤」におけば「社会が崩壊する」ということについてと「非行をなくす手立て」を問うて「非行という言い方考え方をやめればいい」という答についてと「真の自由」とは「時間と空間の喪失」であるということについてと「真に生きがいのある人生」とは「最もつまらん人生のこと」であることにつて  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.