PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)メタ理論・タルムード5章 ・聖クルアーン 68章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論 ・真なるものを発見する術であるトピカが 発見した真なるものを掲げるとき、 真偽を判断する術であるクリティカで 虚偽なるものを排斥する。 真なるものと真らしきものの判断の場合、 デカルトが 人間誰もが公平に持つ 良識または理性で 真らしきものについて 真偽を正しく区別するための クリティカ的な能力の新しい クリティカという真偽の 判断を行なう判断術にかければ 真らしきものの段階は虚偽であると 真偽の判断の論究を行なったが、 ヴィーコは、 デカルトの方法を認めつつ 真らしきものは虚偽でなく 真らしく見えるが まだはっきりしない真である。 これらは、 真らしきものについての 真偽の判断の未然の段階の 発見の術である新しいトピカの 効果が存在することから、 真らしきものの真偽について 真らしきものを発見する術の 新しいトピカの 発見の術の論究を行なった。 人間の歴史と自然の歴史と 未来の新しい技術と 生き物についての論究から 包括的な歴史を基底に 意欲的な未来を知覚していく ということについて。 存在を離れ不在の表象を 保持する知覚である 持続的表象について 思索するとき、 人間は採取する対象が 現在不在でもそのための 言葉を創作して道具を製作する。 他方、 類人猿が持つ心象場合、 その場限りの知覚である 移行的心象であり、 その状況が消えれば 類人猿が持つその対象の表象の 知覚と意識が消えるが、 これらは、 類人猿とヒトについての差分であり、 大型類人猿のチンパンジーは 獲物を獲得するという行動と 消費するという行動について、 ある程度持続的表象を知覚しながら、 道具を作るための 準備を行なう。 これらについて、 持続的表象と移行的心象で 分けて思索せず、 持続的表象について思索して 大型類人猿とヒトの 質の差分について思索する。 ・タルムード5章 ・聖クルアーン 68章

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.11.5. 13:57
視聴回数:639回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)メタ理論・タルムード5章   ・聖クルアーン   68章  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「インゲニウム(鋭敏)」・「メトドゥス(推理の能力の手立ての方法)」・「批判術」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) トピカ(知覚の能力:学問の知)と クリティカ(判断の能力:実践の知)を つなげるときクリティカがトピカに対して 制限を与えてしまう。 他方、 トピカがクリティカに 先行する根拠が、 デカルトの 「明証性の規則」 「分析」 「総合」 「枚挙の規則」 の「明証性の規則」と 「枚挙の規則」から デカルトがいう 「速断と偏見を避ける。 明晰に意識に現れないものは 自己の判断から外す。 全ての事象に完全な枚挙を行って 全体の見直しを行う。 このとき見落としがないことを 確信する。」 ということが、 ヴィーコがいう 「クリティカで トピカの全てのトポスを 確認したとき 人は明晰かつ判明に 知っていると確信してよい。」 という見解が類似します。 他方、 クリティカの制約がない真理を 発見するとき 固有の能力の 『インゲニウム(鋭敏) =(互いに遠く離れた事物をつなげる 何らかの類似性を見つけ出して、 自分の足下を集めることで 全てを探り出せぬことから、 遠く隔たったトポス(場所)から 自分の領域の事物に 適合する論拠を探り出す)』 が必要であり、 このことから トピカがクリティカに 先行して、 これらがデカルトとヴィーコの 異なる点になります。 ******* オットーが、 メトドゥス(推理の能力の手立ての方法) を幾何学的方法の論究の手立てと 同じであると領納しますが、 他方、 幾何学的方法に拠らず 対象の固有性と多様性に対して メトドゥスの内在論を 論究する必要があります。 このとき、「真らしきもの』の 「確実な真理の発見の手立て」 のメトドゥスである『批判術』が 権威になってしまった「文献学」と「思想学」の破折(はしゃく)の手立てになりました。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.24. 17:04
視聴回数:852回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   トピカ(知覚の能力:学問の知)と   クリティカ(判断の能力:実践の知)を   つなげるときクリティカがトピカに対して   制限を与えてしまう。   他方   トピカがクリティカに   先行する根拠が   デカルトの   「明証性の規則」   「分析」   「総合」   「枚挙の規則」   の「明証性の規則」と   「枚挙の規則」から   デカルトがいう   「速断と偏見を避ける。   明晰に意識に現れないものは   自己の判断から外す。   全ての事象に完全な枚挙を行って   全体の見直しを行う。   このとき見落としがないことを   確信する。」   ということが   ヴィーコがいう   「クリティカで   トピカの全てのトポスを   確認したとき   人は明晰かつ判明に   知っていると確信してよい。」   という見解が類似します。   他方   クリティカの制約がない真理を   発見するとき   固有の能力の   『インゲニウム(鋭敏)   =(互いに遠く離れた事物をつなげる   何らかの類似性を見つけ出して   自分の足下を集めることで   全てを探り出せぬことから   遠く隔たったトポス(場所)から   自分の領域の事物に   適合する論拠を探り出す)』   が必要であり   このことから   トピカがクリティカに   先行して   これらがデカルトとヴィーコの   異なる点になります。   *******   オットーが   メトドゥス(推理の能力の手立ての方法)   を幾何学的方法の論究の手立てと   同じであると領納しますが   他方   幾何学的方法に拠らず   対象の固有性と多様性に対して   メトドゥスの内在論を   論究する必要があります。   このとき   「真らしきもの』の   「確実な真理の発見の手立て」   のメトドゥスである『批判術』が   権威になってしまった「文献学」と「思想学」の破折(はしゃく)の手立てになりました。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.