PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

YAMAHA GX750_1309010863.t

ヤマハ4ストロークの未来を賭けた世界戦略車 GX750 GX750は、ヤマハが初めて4サイクルマルチシリンダーを750ccクラスに投入したモデルです。先行するライバルと異なる、並列3気筒空冷DOHCエンジン、シャフトドライブ、3into1マフラー、トリプルディスクブレーキの独創的なレイアウトが採用されています。4気筒に比べ幅をコンパクトにできる3気筒エンジンは、バンク角を確保しながらエンジンの搭載位置を低くして低重心化する事が可能です。しかし、120度位相等間隔爆発の3気筒はクランク軸に一次慣性偶力が発生するため、振動が大きい事がデメリットとなります、GX750はサイドカムチェーンを採用し、各シリンダー間隔を狭くして振動を抑え、更にエンジンマウントを工夫する事により振動が車体に伝わらないよう対策されています。開発は「軽量・スリム・コンパクト」にこだわった、4気筒に負けない高性能・高品質な3気筒を作るヤマハのチャレンジスピリットによるものです。 1976年4月登場初期型GX750は、最高出力60PSを発揮するエンジンに3into1エキゾーストマフラーを装着。 1977年5月にマイナーチェンジが行われ、エアクリーナーボックスの容量を拡大、バルブタイミングや燃焼室の形状、点火方式の変更などにより、最高出力を67psとなり、左右2本出しのマフラーが採用となりました。 ライダー身長:176cm

投稿者:サイト名 ikmotorcycle13
投稿日時:2013.10.11. 16:00
視聴回数:2828回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: ヤマハ   GX750   空冷   3気筒   シャフトドライブ   マルチシリンダー   掘出しバイクオークション   中古バイク   ネット   販売   ヤフオク   バイク王ダイレクトSHOP   バイク   動画  

サムネイル

1212020743 YAMAHA GX750.k

ヤマハ4ストロークの未来を賭けた世界戦略車 GX750 GX750は、ヤマハが初めて4サイクルマルチシリンダーを750ccクラスに投入したモデルです。先行するライバルと異なる、並列3気筒・4ストローク空冷DOHCエンジン、シャフトドライブ、3into1マフラー、トリプルディスクブレーキの独創的なレイアウトが採用されています。4気筒に比べ幅をコンパクト出来る3気筒エンジンは、バンク角を確保しながら、エンジンの搭載位置を低くして低重心化する事が可能です。しかし、120度位相・等間隔爆発の3気筒は、クランク軸に一次慣性偶力が発生するため、振動が大きい事がデメリットとなります、GX750 は左寄せたサイドカムチェーンを採用し、各シリンダー間隔を狭くして振動を押さえ、更にエンジンマウントを工夫する事により、振動が車体に伝わらないよう対策されています。開発は「軽量・スリム・コンパクト」に拘った、4気筒に負けない高性能・高品質な3気筒を創る、ヤマハのチャレンジスピリットによるものです。 1976年4月登場初期型GX750は、最高出力60PSを発揮するエンジンに3into1エキゾーストマフラーを装着。 1977年5月にマイナーチェンジが行われ、エアクリーナーボックスの容量を拡大、バルブタイミングや燃焼室の形状、点火方式の変更などにより、最高出力を67psとなり、左右2本出しのマフラーが採用となりました。 [掘出しバイクオークション]詳細写真多数掲載 http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/

投稿者:サイト名 ikmotorcycle11
投稿日時:2012.12.25. 19:46
視聴回数:2064回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: ヤマハ   ジーエックス   3気筒   シャフトドライブ   サイドカムチェーン   バイク王ダイレクトSHOP   掘出しバイクオークション   中古バイク販売   バイク王  

サムネイル

1110250723 カワサキ W650.t

"現代に蘇ったダブワンW650 マルチシリンダーエンジンが誕生する前の1966年、メグロ~カワサキ経て当時国内最大排気量を誇った「W」シリーズか誕生いたしました。 往年の名車「W」を現代技術で復活させたのがW650です。「W」のアイデンティティ、空冷バーティカルツインはOHVから、新設計で世界的に見ても稀な、ベベルギア駆動OHCエンジンに変わり搭載となりましたが、見事にイメージを引き継いでいます、。デザインには徹底的に拘りっており、彫が深い美しい空冷フィンを持つエンジンを始め、質感重視して外装パーツにより多く金属製を採用、特にハンドル周りはの拘りが強く、ハンドルバーの中央部ハンドルポスト付近は「インチバー(外径25.4m)」で、グリップやスイッチボックス部分が「ミリバー(る外径22.2mm)」という途中で径の変わる物が採用され、クラシックなデザインの専用設計した左右スイッチボックスを採用しています。ハンドルの形状は、ローハンドル仕様と、グリップ3本分ほど高くしたアップハンドル仕様の2種類が用意されています。 【カタログスペック】 全長×全幅×全高:2175×905×1140mm、シート高:800mm 燃料タンク容量:15.0L、車輌重量(乾燥):195 kg 燃費(定地走行 60km/h):37.0km/L 最高出力:50ps/7000rpm 、(2005年:48ps/6500rpm) 最大トルク:5.7kg-m/5500rpm、(2005年:5.5kg-m/5000rpm) タイヤ(前)100/90-19、(後) 130/80-18" " 【ココがお勧め】 小ぶりなアルミタンクと前後ショートフェンダーやセパレートシートの装着で軽快なイメージにカスタマイズされてます。リアサスペンションの効果か、歯切れの良いサウンドのマフラーの効果か、テスト走行でもとても軽快な印象を受けます。 走りのネオクラシックカスタムスポーツ!W650お見逃しなく。" ライダー身長 176cm [掘出しバイクオークション]http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/index.html

投稿者:サイト名 ikmotorcycle8
投稿日時:2011.11.7. 20:16
視聴回数:1765回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: カワサキ   W650   Kawasaki   ネイキッド   ダブワン   ダブサン   バイク王ダイレクトSHOP   掘出しバイクオークション   中古バイク販売   バイク王  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.