PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 「心と身体」 「共同体感覚」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 「文献学」 「批判術」 「インゲニウム(鋭敏)」 「メトドゥス (推理の能力の手立ての方法)」 「心と身体」 「共同体感覚 (コミュニティー・センス)」 「解釈学的理解を 理解の対象の遠近の度合いで 適度であれば効果的だが、 このとき、 理解の対象に対して 自己内省が発生して リトルネロ(反復)でいう 歴史と時間から 過去と過去の縮約の現在の 適度な領域が必要である。 他方、 理解できぬ領域が何かといえば たとえば、時間的または 歴史的に最も昔になる 「原初の人間」 に対して理解しようと 思考を始めたとき、 理解が全くできぬ ということから始まる。 しかも、これらはあらゆる努力の結果 理解できる領域に行きつくことが可能である。 これらが ある階級の全体 ある市民の全体 ある国民の全体 で成立して、 歴史的に可変であり かつ時と場所に応じて異なるが 各々が遮蔽した集団であり ここに、ある時、ある場所、 ある社会にだけ共通する 「共同体感覚 (コミュニティー・センス)」 が存在することに気づく。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.3. 07:34
視聴回数:635回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   メタ定理   「文献学」   「批判術」   「インゲニウム(鋭敏)」   「メトドゥス   (推理の能力の手立ての方法)」   「心と身体」   「共同体感覚   (コミュニティー・センス)」   「解釈学的理解を   理解の対象の遠近の度合いで   適度であれば効果的だが   このとき   理解の対象に対して   自己内省が発生して   リトルネロ(反復)でいう   歴史と時間から   過去と過去の縮約の現在の   適度な領域が必要である。   他方   理解できぬ領域が何かといえば   たとえば   時間的または   歴史的に最も昔になる   「原初の人間」   に対して理解しようと   思考を始めたとき   理解が全くできぬ   ということから始まる。   しかも   これらはあらゆる努力の結果   理解できる領域に行きつくことが可能である。   これらが   ある階級の全体   ある市民の全体   ある国民の全体   で成立して   歴史的に可変であり   かつ時と場所に応じて異なるが   各々が遮蔽した集団であり   ここに   ある時   ある場所   ある社会にだけ共通する   「共同体感覚   (コミュニティー・センス)」   が存在することに気づく。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)意識と身体と有為法の縁巳生法とリトルネロ(反復)の時制と立法について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)意識と身体について予定調和の領域の身体の意識に対しての要求を行う意識を思考したとき意識が実在の外のシグナルだけの平面の世界に示すことができるため、ここに新たな信号を領納(感受)したとき、平坦な意識が身体に与える意識に対する信号も可換であるため実在に対しても可換になります。超越数の世界の有界の領域と無限の領域の境界のありようが、互いに均衡してございますが、この均衡が、お釈迦様の開悟の瞬間とその直近のありようが同程度に領解できることについてとここに有為法の縁巳生法(えんいしょうほう)の実在の領域とアビダルマの有部の胎生学的な縁起の十二支の三世(過去現在未来)についてとリトルネロ(反復)の時制からの過去の縮約の現在までの領域からヨハネ福音書の小さな門についてと未来についてうかがうことをタブーであるというユダヤの方々の身体の外の環境世界で行う祈祷から法を立てる立法を示していくことだけを許容して狭い門のメシア(救世主)の予言を示すということについて

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.17. 15:12
視聴回数:276回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)意識と身体について予定調和の領域の身体の意識に対しての要求を行う意識を思考したとき意識が実在の外のシグナルだけの平面の世界に示すことができるため   ここに新たな信号を領納(感受)したとき   平坦な意識が身体に与える意識に対する信号も可換であるため実在に対しても可換になります。超越数の世界の有界の領域と無限の領域の境界のありようが   互いに均衡してございますが   この均衡が   お釈迦様の開悟の瞬間とその直近のありようが同程度に領解できることについてとここに有為法の縁巳生法(えんいしょうほう)の実在の領域とアビダルマの有部の胎生学的な縁起の十二支の三世(過去現在未来)についてとリトルネロ(反復)の時制からの過去の縮約の現在までの領域からヨハネ福音書の小さな門についてと未来についてうかがうことをタブーであるというユダヤの方々の身体の外の環境世界で行う祈祷から法を立てる立法を示していくことだけを許容して狭い門のメシア(救世主)の予言を示すということについて  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)キリスト教と仏法を領解して教育と権利と秩序のありようを領納します

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)キリスト教のヨハネ福音書の小さな門からのメシア(救世主)の存在を示していく立法と祈祷が均質で空虚でない未来を与えて、リトルネロ(反復)と領域を超えていく時制についてと教育を踏まえての福祉国家と行政の制度についての権利と秩序の乱れに激しい感情を示す(モラルパニック)ことについて仏法の「ありかた」があるの「ある」を説くことを破折(はしゃく)していくということから、秩序そのものに注視して、秩序の指摘の指摘は中止しましょうと思うということとこのことから仏法の時制の存在と禅定についてと曹洞宗の首座法戦式(しゅそほっせんしき)の禅語を使った法問(首座と大衆の禅問答)の各問答が首座(問)の問いが乞尊意(こうそんい=釈尊のみ教えを乞う)と問うて大衆(答)が答えてからそれを問が受けて時にはそこから「問:尊意、尊意」と言って受けてからまたこの意を再び問うて答えを受けたり時には答えを「問:正得」と受けてからまたこの答えについての問を続けて答えを確かめて問答の締めくくりに「問:珍重(ちんちょう)」「答:万歳(ばんぜい)」というやりとりになりますということについてと階級制度を踏まえて権利と秩序について思考したとき、阿弥陀様がどんなに煩悩まみれのときも、大切なみ教えに耳を塞い(ふさい)でいても、いつの時も常に救うと手をさし伸ばし続けてらっしゃるお姿がございますということについて

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.14. 13:45
視聴回数:390回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)キリスト教のヨハネ福音書の小さな門からのメシア(救世主)の存在を示していく立法と祈祷が均質で空虚でない未来を与えて   リトルネロ(反復)と領域を超えていく時制についてと教育を踏まえての福祉国家と行政の制度についての権利と秩序の乱れに激しい感情を示す(モラルパニック)ことについて仏法の「ありかた」があるの「ある」を説くことを破折(はしゃく)していくということから   秩序そのものに注視して   秩序の指摘の指摘は中止しましょうと思うということとこのことから仏法の時制の存在と禅定についてと曹洞宗の首座法戦式(しゅそほっせんしき)の禅語を使った法問(首座と大衆の禅問答)の各問答が首座(問)の問いが乞尊意(こうそんい=釈尊のみ教えを乞う)と問うて大衆(答)が答えてからそれを問が受けて時にはそこから「問:尊意   尊意」と言って受けてからまたこの意を再び問うて答えを受けたり時には答えを「問:正得」と受けてからまたこの答えについての問を続けて答えを確かめて問答の締めくくりに「問:珍重(ちんちょう)」「答:万歳(ばんぜい)」というやりとりになりますということについてと階級制度を踏まえて権利と秩序について思考したとき   阿弥陀様がどんなに煩悩まみれのときも   大切なみ教えに耳を塞い(ふさい)でいても   いつの時も常に救うと手をさし伸ばし続けてらっしゃるお姿がございますということについて  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)リトルネロ(反復)と言語について。

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)リトルネロ(反復)と言語について。活動と言論が人々の間に空間をつくります。空間から時間と場所を見つけて、この空間の最大の領域のものが権力以前の共生力のが実現される空間でございます。未来を探ることを禁止されたユダヤの方々が立法と祈祷が想起を与えて未来に執着するユダヤの方々を解放しました。現在と過去が同時性であるリトルネロ(反復)が現在が昔の現在の立場で過去に向かわずに、過去しか存在しません。現在が過去の縮約された先端で過去が現在を包含していくことを根拠に過去の扱いになるのが現在だからです。他方、ユダヤの方々にとって未来がどの瞬間もメシア(救世主)が潜って突き抜けてやってくる小さな門(ヨハネ福音書)を示す時間の反復(リトルネロ)で、これが極限の脱領土脱空間である必要がございました。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.1. 07:00
視聴回数:277回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)(お話です)リトルネロ(反復)と言語について。活動と言論が人々の間に空間をつくります。空間から時間と場所を見つけて   この空間の最大の領域のものが権力以前の共生力のが実現される空間でございます。未来を探ることを禁止されたユダヤの方々が立法と祈祷が想起を与えて未来に執着するユダヤの方々を解放しました。現在と過去が同時性であるリトルネロ(反復)が現在が昔の現在の立場で過去に向かわずに   過去しか存在しません。現在が過去の縮約された先端で過去が現在を包含していくことを根拠に過去の扱いになるのが現在だからです。他方   ユダヤの方々にとって未来がどの瞬間もメシア(救世主)が潜って突き抜けてやってくる小さな門(ヨハネ福音書)を示す時間の反復(リトルネロ)で   これが極限の脱領土脱空間である必要がございました。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.