PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02 03 04 05 06

サムネイル

真言宗 妙法山のお寺を訪ねる(Short take radio12)

世界遺産 那智大社から5分のところにある真言宗の阿弥陀寺があります。早速、出かけみました。秋の阿弥陀寺はなんとも言えない美しさがありました。心休まる時間をダイジェストでお楽しみください。 使用音源(フリー音源) 甘茶の音楽工房 様 [配信者:熊野DEリフレッシュ] http://kumanoderefresh.holy.jp/

投稿者:サイト名 Angel
投稿日時:2015.11.17. 09:54
視聴回数:661回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 国内旅行   暮らし全般   エンタメ全般  
タグ: 真言宗     阿弥陀如来   仏教   幸せ   ラジオ  

サムネイル

信州うえだ「ため池フェスティバル」雨乞い祈祷

上田市手塚とっこ館前で、塩田仏教会の僧侶4人が、百八手に先立って雨乞いの祈祷をしました。

投稿者:サイト名 春風館
投稿日時:2013.7.14. 20:14
視聴回数:331回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 地域活性   国内旅行   暮らし全般  
タグ: ため池   雨乞い   百八手   塩田   祈祷   仏教  

サムネイル

(お話です) 3 「神宮と国民奉賛」「御皇室」「三文献のホツマタエ、ミカサフミ、フトマニ」

(お話です) 3  「神宮と国民奉賛の手立て」 「御皇室」 「三文献の ホツマタエ ミカサフミ フトマニ」 「アマテルカミの葛の葉のお話について八代目のアマキミ(天皇)の時代のハタレの乱をアマテルカミ(アマキミを補佐する臣)が治めた記録でございます。 モノノベの職掌(軍人)を含むモノノベの方々の総数がわずか八百人に対して、ハタレの方々の総数が七十万九千人でございました。」 「シリア情勢がチェチェン紛争の情勢を思い起こし、ミャンマーの民主運動と仏教徒とイスラム教徒の対立も気になります。他方、イスラエルがNATO軍とトルコ軍の協定に参加できぬ情勢も気になります。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.11. 07:50
視聴回数:574回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   3   「神宮と国民奉賛の手立て」   「御皇室」   「三文献の   ホツマタエ   ミカサフミ   フトマニ」   「アマテルカミの葛の葉のお話について八代目のアマキミ(天皇)の時代のハタレの乱をアマテルカミ(アマキミを補佐する臣)が治めた記録でございます。   モノノベの職掌(軍人)を含むモノノベの方々の総数がわずか八百人に対して   ハタレの方々の総数が七十万九千人でございました。」   「シリア情勢がチェチェン紛争の情勢を思い起こし   ミャンマーの民主運動と仏教徒とイスラム教徒の対立も気になります。他方   イスラエルがNATO軍とトルコ軍の協定に参加できぬ情勢も気になります。」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州の政策展開形態と仏法の禅の問答についてと十二縁起について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 欧州の政策展開の ピラミッド型から放射状型の 移行についてと 各経済圏間の条約と協定が 国家と国家の場合と 国家と経済圏の場合の 差異についてと 欧州圏の国家間の場合、 ヨーロッパ合衆国構想を提唱 ヨーロッパ合衆国構想を提唱 (ウィンストン・チャーチル イギリス首相 1946年チューリッヒ) ECSC (欧州石炭鉄鋼共同体)の創設を提唱 (ロベール・シューマンフランス外相 1950年) ECSC設立条約 (=パリ条約)調印 (ベルギー、ドイツ連邦共和国、フランス、 イタリア、ルクセンブルグ、オランダ 1951年) マーストリヒト条約 (欧州連合条約) (1992年オランダ調印) がございます。 他方、 欧州と途上国間の 条約と協定の場合について ロメ協定(1975年トーゴ調印)が EEC(ヨーロッパ経済共同体(9ヵ国))と ACP(アフリカ・カリブ海・太平洋(45ヵ国)) ヤウンデ協定 (特恵貿易と開発援助に関する協定 1963年カメルーン調印) コトヌー協定(ACP諸国とEU) (2000年ベナン調印) がございます。 禅の問答についてと 十二縁起の 有為法と無為法について 四縁起(有情に関して領解)の 刹那縁起 連縛縁起 分位縁起 遠続縁起 刹那と連縛が品類足論の如く、 倶(とも)に有為に遍じて、 刹那縁起と連縛縁起の 解釈が異なることになりますが 他方、刹那と連縛を 有情数(うじょうす)であると 領納した場合、 刹那の頃、貪りに由って 殺すことを行ずる間に 十二支を倶すことから 刹那と連縛が 相依して相継いで 次第するということを 有為法が刹那ごとに滅するために、 因である刹那と果である刹那が 互いに結合して連縛になることを 根拠に領解します。 中観派が縁起を無為法と解釈して 有部が縁起を有為法と解釈いたしますが 有部の縁起の解釈の場合 縁起の項目を附則程度に扱い 胎生学的な分位縁起を説きますが、 縁起が時間的生起関係を 示すことを論じて 縁起法(縁起するもの)と 縁巳生法(えんいしょうほう =縁によって生じたもの)の 差別(しゃべつ)についての論争が、 縁起法と縁巳生法を 同義という場合 有部(アビダルマ =部派仏教)の場合の 縁起が有為法であるから 未来の有為法までも 過去という縁巳生 で示すという矛盾が起きますが、 有為法(=つくられたものの意)を 過去で示しても 未来の有為法が 含まれてございますから 未来法が縁巳生でも 矛盾しないと説くという 説がございますが、 いくつもの解釈があります。 他にも有部の解釈が 「諸支の因分を縁起とみなして 諸支の果分を縁巳生とみなす説」と 「四句分別(=有・無・ 非有無・非非有非無)の説」 <= 「知り得たということを 領納(感受)している。」 「知り得るを未だ非ず ということを 領納(感受)している。」 「知り得たということを 領納(感受)するに 未だ非ず。」 「知り得るを未だ非ず ということを 領納(感受)するに 未だ非ず。」 > がございます。 他方、 数学の証明 x に関する2つの条件  p が x=0.7, q が x^2=0.49 の場合、 p ⇒ q は成り立つが、 q ⇒ p は成り立たない。 ゆえに p は q であるための 十分条件であるが、 必要条件ではない。 q は p であるための 必要条件であるが、 十分条件ではない。 がございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.16. 09:53
視聴回数:1560回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   欧州の政策展開の   ピラミッド型から放射状型の   移行についてと   各経済圏間の条約と協定が   国家と国家の場合と   国家と経済圏の場合の   差異についてと   欧州圏の国家間の場合   ヨーロッパ合衆国構想を提唱   ヨーロッパ合衆国構想を提唱   (ウィンストン・チャーチル   イギリス首相   1946年チューリッヒ)   ECSC   (欧州石炭鉄鋼共同体)の創設を提唱   (ロベール・シューマンフランス外相   1950年)   ECSC設立条約   (=パリ条約)調印   (ベルギー   ドイツ連邦共和国   フランス   イタリア   ルクセンブルグ   オランダ   1951年)   マーストリヒト条約   (欧州連合条約)   (1992年オランダ調印)   がございます。   他方   欧州と途上国間の   条約と協定の場合について   ロメ協定(1975年トーゴ調印)が   EEC(ヨーロッパ経済共同体(9ヵ国))と   ACP(アフリカ・カリブ海・太平洋(45ヵ国))   ヤウンデ協定   (特恵貿易と開発援助に関する協定   1963年カメルーン調印)   コトヌー協定(ACP諸国とEU)   (2000年ベナン調印)   がございます。   禅の問答についてと   十二縁起の   有為法と無為法について   四縁起(有情に関して領解)の   刹那縁起   連縛縁起   分位縁起   遠続縁起   刹那と連縛が品類足論の如く   倶(とも)に有為に遍じて   刹那縁起と連縛縁起の   解釈が異なることになりますが   他方   刹那と連縛を   有情数(うじょうす)であると   領納した場合   刹那の頃   貪りに由って   殺すことを行ずる間に   十二支を倶すことから   刹那と連縛が   相依して相継いで   次第するということを   有為法が刹那ごとに滅するために   因である刹那と果である刹那が   互いに結合して連縛になることを   根拠に領解します。   中観派が縁起を無為法と解釈して   有部が縁起を有為法と解釈いたしますが   有部の縁起の解釈の場合   縁起の項目を附則程度に扱い   胎生学的な分位縁起を説きますが   縁起が時間的生起関係を   示すことを論じて   縁起法(縁起するもの)と   縁巳生法(えんいしょうほう   =縁によって生じたもの)の   差別(しゃべつ)についての論争が   縁起法と縁巳生法を   同義という場合   有部(アビダルマ   =部派仏教)の場合の   縁起が有為法であるから   未来の有為法までも   過去という縁巳生   で示すという矛盾が起きますが   有為法(=つくられたものの意)を   過去で示しても   未来の有為法が   含まれてございますから   未来法が縁巳生でも   矛盾しないと説くという   説がございますが   いくつもの解釈があります。   他にも有部の解釈が   「諸支の因分を縁起とみなして   諸支の果分を縁巳生とみなす説」と   「四句分別(=有・無・   非有無・非非有非無)の説」   <=   「知り得たということを   領納(感受)している。」   「知り得るを未だ非ず   ということを   領納(感受)している。」   「知り得たということを   領納(感受)するに   未だ非ず。」   「知り得るを未だ非ず   ということを   領納(感受)するに   未だ非ず。」     がございます。   他方   数学の証明   x   に関する2つの条件   p     x=0.7   q     x^2=0.49   の場合   p     q   は成り立つが   q     p   は成り立たない。   ゆえに   p     q   であるための   十分条件であるが   必要条件ではない。   q     p   であるための   必要条件であるが   十分条件ではない。   がございます。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)キリスト教の正教会。教育を踏まえての福祉国家と行政の制度。仏法の時制の存在について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)◎キリスト教の正教会について神性の無限と仏教の無量寿と数論の部分と全体の無限論からアリストテレスの無限論の有理整数環ZのZ(全体) ={0,1,2,...,n,n+1} についてと◎教育について親が子どもに期待する将来像についての分類から先ず『福祉国家と行政の制度のありよう』を示して、『保護と矯正』の必要性を確認して『子どもの権利論(⇔市民社会論)と社会秩序を外れた集団に対する強い感情(=モラル・パニック⇔生活保守主義)』を示して、ここから『大人の従属から解放(⇔社会批判論)と『大人と同等の責任(⇔新自由主義)』を示します。これらが社会的共有財としての子どもになり、グローバリゼーションに縮約してございます。◎仏法の「時制の存在」について思考したときに、「見ることと聞くことと感受作用ということ」をもつ主体が、「見る聞く感受する」という「はたらき」に比べて時制上、先に存在しません。主体が「見る側聞く側感受する側」の主体ですから受け手であり仕手でないので、主体が「見る聞く感受するはたらき」に比べて先に存在しません。「見る聞く感受するはたらき」をあわせて単体の主体として存在することを領納しますが「見る聞く感受するはたらき」をあわせてもつその主体と異なる別の「見る聞く感受するはたらき」をあわせてもつその主体の互いの「感受などの作用」が異なることで異なる時制を示します。◎ For Orthodox Christian ◎ schemes for the welfare state and government of the basis of education ◎ tense of Buddhism for the presence

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.13. 07:11
視聴回数:436回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)◎キリスト教の正教会について神性の無限と仏教の無量寿と数論の部分と全体の無限論からアリストテレスの無限論の有理整数環ZのZ(全体)   ={0   1   2   ...   n   n+1}   についてと◎教育について親が子どもに期待する将来像についての分類から先ず『福祉国家と行政の制度のありよう』を示して   『保護と矯正』の必要性を確認して『子どもの権利論(⇔市民社会論)と社会秩序を外れた集団に対する強い感情(=モラル・パニック⇔生活保守主義)』を示して   ここから『大人の従属から解放(⇔社会批判論)と『大人と同等の責任(⇔新自由主義)』を示します。これらが社会的共有財としての子どもになり   グローバリゼーションに縮約してございます。◎仏法の「時制の存在」について思考したときに   「見ることと聞くことと感受作用ということ」をもつ主体が   「見る聞く感受する」という「はたらき」に比べて時制上   先に存在しません。主体が「見る側聞く側感受する側」の主体ですから受け手であり仕手でないので   主体が「見る聞く感受するはたらき」に比べて先に存在しません。「見る聞く感受するはたらき」をあわせて単体の主体として存在することを領納しますが「見る聞く感受するはたらき」をあわせてもつその主体と異なる別の「見る聞く感受するはたらき」をあわせてもつその主体の互いの「感受などの作用」が異なることで異なる時制を示します。◎   For   Orthodox   Christian     schemes   for   the   welfare   state   and   government   of   the   basis   of   education     tense   of   Buddhism   for   the   presence  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)縁起について有部の十二支の解釈と中観派の相依性の解釈の論争について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)縁起について有部の十二支の解釈と中観派の相依性の解釈の論争について十二因縁の各項の(無明→行→識→名色→六処→触→受→愛→取→有→生→老死)を示して、まるでメタ定理の如く否定の論旨を開示します。矢印の根の項目から滅していくとき矢印の先の方向の項目が生じないため苦蘊(くうん=苦の個人の存在)が完全に滅します。中観派は見・可見から有部の識・触・受・愛の四法についての解釈が縁起について領納できぬことを領解(りょうげ)して十二支ということを排斥しました。人間の輪廻からの縁起の解釈のアビダルマ(部派仏教)の有部の説を中観派が諸法を超えられぬ人間の煩悩を根拠に十二支を排斥して縁起を領解しました。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.7. 11:49
視聴回数:156回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)縁起について有部の十二支の解釈と中観派の相依性の解釈の論争について十二因縁の各項の(無明→行→識→名色→六処→触→受→愛→取→有→生→老死)を示して   まるでメタ定理の如く否定の論旨を開示します。矢印の根の項目から滅していくとき矢印の先の方向の項目が生じないため苦蘊(くうん=苦の個人の存在)が完全に滅します。中観派は見・可見から有部の識・触・受・愛の四法についての解釈が縁起について領納できぬことを領解(りょうげ)して十二支ということを排斥しました。人間の輪廻からの縁起の解釈のアビダルマ(部派仏教)の有部の説を中観派が諸法を超えられぬ人間の煩悩を根拠に十二支を排斥して縁起を領解しました。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)宗教神話の空間と現在の情勢のお話のもつ共通項と般若の空観について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)宗教神話の空間と現在の情勢のお話のもつ共通項と君・臣・民についてと有部(部派仏教)と中観派(大乗仏教)の論争について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.4.27. 07:55
視聴回数:87回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)宗教神話の空間と現在の情勢のお話のもつ共通項と君・臣・民についてと有部(部派仏教)と中観派(大乗仏教)の論争について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)有部(部派仏教)と中観派(大乗仏教)の論争について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)有部(部派仏教)と中観派(大乗仏教)の論争について◎有部(カタヤーヤニプトラが始祖で教説書が「倶舎論」で、紀元前(ビフォークライスト)B.C.200年頃に成立しました。自我は非実在で諸法は実在であり、宇宙の法理(ダルマ)を五つの範疇と七十五の要素(五位七十五法)に分けて体系を示して、体を抽象的常識的な「ありかた」「本質」と領解(りょうげ)します。『「ありかた」が有る』ことを示して時間的空間的規定を領納(感受)して滅する場合と時間的空間的規定を超越して普遍的なものに領納する場合の2つの場合を領解します。体滅説(諸法が消滅)と用滅説(諸法の作用が消滅)も有部の思想です。有部が大乗の主要な論敵の部派になります。他方、上座部から大乗仏教の前身の大衆部が分派して、有部がこの200年後にやはり上座部から分派しました。)・・・・・・・・・・・・・・・・◎中観派(ナーガールジュナ(=龍樹)が始祖で教説書が「中論」で、紀元(アフタードミネ)A.D.2世紀頃に成立しました。『「ありかた」が有る』ということでなく「ありかた」そのものを示しました。有か無かという両極端を排斥して断見も排斥しました。有と無を相対的に区別して真実は空かつ中道であるとする教えで無に対して立脚するものが有でありこの『「有」と「無」』が無であるということを領解しました。時間的空間的規定を領納(感受)して滅する場合と時間的空間的規定を超越して普遍的なものに領納する場合の2つのうち時間的空間的規定を超越して普遍的なものの場合について領解します。万物は不変の実体のない空から成る(般若の空観)の大乗の教説を示しました。)

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.4.25. 21:20
視聴回数:257回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)有部(部派仏教)と中観派(大乗仏教)の論争について◎有部(カタヤーヤニプトラが始祖で教説書が「倶舎論」で   紀元前(ビフォークライスト)B.C.200年頃に成立しました。自我は非実在で諸法は実在であり   宇宙の法理(ダルマ)を五つの範疇と七十五の要素(五位七十五法)に分けて体系を示して   体を抽象的常識的な「ありかた」「本質」と領解(りょうげ)します。『「ありかた」が有る』ことを示して時間的空間的規定を領納(感受)して滅する場合と時間的空間的規定を超越して普遍的なものに領納する場合の2つの場合を領解します。体滅説(諸法が消滅)と用滅説(諸法の作用が消滅)も有部の思想です。有部が大乗の主要な論敵の部派になります。他方   上座部から大乗仏教の前身の大衆部が分派して   有部がこの200年後にやはり上座部から分派しました。)・・・・・・・・・・・・・・・・◎中観派(ナーガールジュナ(=龍樹)が始祖で教説書が「中論」で   紀元(アフタードミネ)A.D.2世紀頃に成立しました。『「ありかた」が有る』ということでなく「ありかた」そのものを示しました。有か無かという両極端を排斥して断見も排斥しました。有と無を相対的に区別して真実は空かつ中道であるとする教えで無に対して立脚するものが有でありこの『「有」と「無」』が無であるということを領解しました。時間的空間的規定を領納(感受)して滅する場合と時間的空間的規定を超越して普遍的なものに領納する場合の2つのうち時間的空間的規定を超越して普遍的なものの場合について領解します。万物は不変の実体のない空から成る(般若の空観)の大乗の教説を示しました。)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)有部(部派仏教)と中観派(大乗仏教)の論争について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)有部(部派仏教)と中観派(大乗仏教)の論争について◎有部(カタヤーヤニプトラが始祖で教説書が「倶舎論」で、紀元前(ビフォークライスト)B.C.200年頃に成立しました。自我は非実在で諸法は実在であり、宇宙の法理(ダルマ)を五つの範疇と七十五の要素(五位七十五法)に分けて体系を示して、体を抽象的常識的な「ありかた」「本質」と領解(りょうげ)します。『「ありかた」が有る』ことを示して時間的空間的規定を領納(感受)して滅する場合と時間的空間的規定を超越して普遍的なものに領納する場合の2つの場合を領解します。体滅説(諸法が消滅)と用滅説(諸法の作用が消滅)も有部の思想です。有部が大乗の主要な論敵の部派になります。他方、上座部から大乗仏教の前身の大衆部が分派して、有部がこの200年後にやはり上座部から分派しました。)・・・・・・・・・・・・・・・・◎中観派(ナーガールジュナ(=龍樹)が始祖で教説書が「中論」で、紀元(アフタードミネ)A.D.2世紀頃に成立しました。『「ありかた」が有る』ということでなく「ありかた」そのものを示しました。有か無かという両極端を排斥して断見も排斥しました。有と無を相対的に区別して真実は空かつ中道であるとする教えで無に対して立脚するものが有でありこの『「有」と「無」』が無であるということを領解しました。時間的空間的規定を領納(感受)して滅する場合と時間的空間的規定を超越して普遍的なものに領納する場合の2つのうち時間的空間的規定を超越して普遍的なものの場合について領解します。万物は不変の実体のない空から成る(般若の空観)の大乗の教説を示しました。)

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.4.25. 13:17
視聴回数:220回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)有部(部派仏教)と中観派(大乗仏教)の論争について◎有部(カタヤーヤニプトラが始祖で教説書が「倶舎論」で   紀元前(ビフォークライスト)B.C.200年頃に成立しました。自我は非実在で諸法は実在であり   宇宙の法理(ダルマ)を五つの範疇と七十五の要素(五位七十五法)に分けて体系を示して   体を抽象的常識的な「ありかた」「本質」と領解(りょうげ)します。『「ありかた」が有る』ことを示して時間的空間的規定を領納(感受)して滅する場合と時間的空間的規定を超越して普遍的なものに領納する場合の2つの場合を領解します。体滅説(諸法が消滅)と用滅説(諸法の作用が消滅)も有部の思想です。有部が大乗の主要な論敵の部派になります。他方   上座部から大乗仏教の前身の大衆部が分派して   有部がこの200年後にやはり上座部から分派しました。)・・・・・・・・・・・・・・・・◎中観派(ナーガールジュナ(=龍樹)が始祖で教説書が「中論」で   紀元(アフタードミネ)A.D.2世紀頃に成立しました。『「ありかた」が有る』ということでなく「ありかた」そのものを示しました。有か無かという両極端を排斥して断見も排斥しました。有と無を相対的に区別して真実は空かつ中道であるとする教えで無に対して立脚するものが有でありこの『「有」と「無」』が無であるということを領解しました。時間的空間的規定を領納(感受)して滅する場合と時間的空間的規定を超越して普遍的なものに領納する場合の2つのうち時間的空間的規定を超越して普遍的なものの場合について領解します。万物は不変の実体のない空から成る(般若の空観)の大乗の教説を示しました。)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)大乗仏教と部派仏教の進歩派大衆部と保守派有部の教義、仏塔(ストゥーパस्तूप)信仰

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)大乗仏教の部派仏教からの派生について部派仏教の進歩派大衆部と正反対の保守派有部の教義に大乗仏教の源流の痕跡が見られ、仏陀の涅槃の葬儀を行った 在家の方々が持ち帰った 仏舎利(お釈迦様のご遺骨)を 納めた仏塔を建てた信仰の 仏塔(ストゥーパस्तूप)信仰も その大乗仏教の派生の痕跡が見られます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.4.2. 12:31
視聴回数:188回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)大乗仏教の部派仏教からの派生について部派仏教の進歩派大衆部と正反対の保守派有部の教義に大乗仏教の源流の痕跡が見られ   仏陀の涅槃の葬儀を行った   在家の方々が持ち帰った   仏舎利(お釈迦様のご遺骨)を   納めた仏塔を建てた信仰の   仏塔(ストゥーパस्तूप)信仰も   その大乗仏教の派生の痕跡が見られます。  

01 02 03 04 05 06

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.