PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

如宝寺 七日堂市(福島県郡山市)

伝統の郡山のまつり  高嶽山如寳寺の七日堂まいり 七日堂まいりは毎年1月6日から7日にかけて、夜通し行われる如寳寺の境内にまつられている馬頭観世音の祭礼です。そもそもは「七日堂市」といわれ、古くは物々交換の場であったのが、物々交換がなくなり現在は参道に「だるま」や「まさる」「団子さし」の団子木などの縁起物を売る店が並んでいます。参拝のあと縁起物を買い求める人、また露店のお好み焼き、やきとりなどを求める人など様々です。 http://plaza.rakuten.co.jp/sinsenbikan/diary/201001070000/ 撮影場所:高嶽山如寳寺(福島県郡山市堂前町4-24)

投稿者:サイト名 新鮮美感
投稿日時:2010.1.8. 23:18
視聴回数:832回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般      
タグ: 七日堂まいり(福島県郡山市)  

サムネイル

如宝寺の七日堂まいり

伝統の郡山のまつり 高嶽山如寳寺の七日堂まいり 七日堂まいりは毎年1月6日から7日にかけて、夜通し行われる如寳寺の境内にまつられている馬頭観世音の祭礼です。そもそもは「七日堂市」といわれ、古くは物々交換の場であったのが、物々交換がなくなり現在は参道に「だるま」や「まさる」「団子さし」の団子木などの縁起物を売る店が並んでいます。参拝のあと縁起物を買い求める人、また露店のお好み焼き、やきとりなどを求める人など様々です。 http://plaza.rakuten.co.jp/sinsenbikan/diary/201001070000/ 撮影場所:高嶽山如寳寺(福島県郡山市堂前町4-24)

投稿者:サイト名 新鮮美感
投稿日時:2010.1.8. 23:10
視聴回数:655回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 地域      
タグ: 伝統の郡山のまつり   如宝寺の七日堂まいり  

サムネイル

如宝寺の七日堂まいり

伝統の郡山のまつり 高嶽山如寳寺の七日堂まいり http://plaza.rakuten.co.jp/sinsenbikan/diary/201001070000/ 七日堂まいりは毎年1月6日から7日にかけて、夜通し行われる如寳寺の境内にまつられている馬頭観世音の祭礼です。そもそもは「七日堂市」といわれ、古くは物々交換の場であったのが、物々交換がなくなり現在は参道に「だるま」や「まさる」「団子さし」の団子木などの縁起物を売る店が並んでいます。参拝のあと縁起物を買い求める人、また露店のお好み焼き、やきとりなどを求める人など様々です。 BGMの伴奏音楽は、ラジカセのテープをハンドマイクの拡声機を使って流すサウンド担当役の方がいるのです。まつりを華やかにする担い手が通りを盛り上げているのです。

投稿者:サイト名 新鮮美感
投稿日時:2010.1.7. 02:21
視聴回数:642回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般      
タグ: 郡山市:如寳寺の七日堂まいり  

サムネイル

伝統の郡山のまつり、「高嶽山・如寳寺 七日堂まいり」

2009年1月6日(火)午後3時~ 7日(水)午後4時 如寳寺は市の中央、堂前に位置する郡山屈指の名刹。正式には高岳山如宝寺。真言宗豊山派。 今から約1200年前、京に上った虎丸長者が平城天皇より馬頭観音像を賜り、帰郷して観音堂を建立、笹久根上人を招いて開眼供養を行ったのが始まりとされています。 七日堂まいりは商店街(通称:一心坂通り)を歩行者天国にし、夜通し露天が建ち並びます。 お参りする人の列は 如宝寺 境内から参道から門前そして一心坂通りにまで、その年の開運を祈願する人々で大変賑わいます。 七日堂まいりは毎年1月7日に行われる如寳寺の境内にある馬頭観世音の祭礼で 「馬が駆けるように早く願いごとがかなう」といわれる伝統行事。 参詣者は老若男女を問わず、また市外からの人々も多く、境内は真剣に合掌する参拝者であふれる。 聞こえてくる会話の中から矢祭町から参拝に来ていた若い人たちがおりました。 また境内では鐘楼が参拝客に開放されており、並んだ人たちが次々に鐘を突いて合掌をしておりました。 俗に「七日堂市」と云い、古くは物々交換の場、つまり初市から様変わりしたものとされています。 今では物々交換がなくなり、現在は参道にダルマ、宝船、まさる、団子さしの団子木などの縁起物を売る店が並びます。 境内は約十万人の人出で終日賑わい続ける云われ、参詣を終えた人々が縁起物を買い求める郡山の風物詩です。 一心坂通りの両側には植木市と夜店が並びます。 同時に門前商工会加盟店の七日堂初市のお楽しみ福引セールが開催されて賑わっている。 撮影時間は 2009/1/6 19:38 http://plaza.rakuten.co.jp/sinsenbikan/diary/200901070000/

投稿者:サイト名 新鮮美感
投稿日時:2009.1.7. 15:10
視聴回数:901回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 地域   ニュース全般      
タグ: 伝統の郡山のまつり   「高嶽山・如寳寺   七日堂まいり」  

サムネイル

伝統の郡山のまつり、「高嶽山・如寳寺 七日堂まいり」

2009年1月6日(火)午後3時~ 7日(水)午後4時 如寳寺は市の中央、堂前に位置する郡山屈指の名刹。正式には高岳山如宝寺。真言宗豊山派。 今から約1200年前、京に上った虎丸長者が平城天皇より馬頭観音像を賜り、帰郷して観音堂を建立、笹久根上人を招いて開眼供養を行ったのが始まりとされています。 七日堂まいりは商店街(通称:一心坂通り)を歩行者天国にし、夜通し露天が建ち並びます。 お参りする人の列は 如宝寺 境内から参道から門前そして一心坂通りにまで、その年の開運を祈願する人々で大変賑わいます。 七日堂まいりは毎年1月7日に行われる如寳寺の境内にある馬頭観世音の祭礼で 「馬が駆けるように早く願いごとがかなう」といわれる伝統行事。 参詣者は老若男女を問わず、また市外からの人々も多く、境内は真剣に合掌する参拝者であふれる。 聞こえてくる会話の中から矢祭町から参拝に来ていた若い人たちがおりました。 また境内では鐘楼が参拝客に開放されており、並んだ人たちが次々に鐘を突いて合掌をしておりました。 俗に「七日堂市」と云い、古くは物々交換の場、つまり初市から様変わりしたものとされています。 今では物々交換がなくなり、現在は参道にダルマ、宝船、まさる、団子さしの団子木などの縁起物を売る店が並びます。 境内は約十万人の人出で終日賑わい続ける云われ、参詣を終えた人々が縁起物を買い求める郡山の風物詩です。 一心坂通りの両側には植木市と夜店が並びます。 同時に門前商工会加盟店の七日堂初市のお楽しみ福引セールが開催されて賑わっている。 撮影時間は 2009/1/6 19:40 http://plaza.rakuten.co.jp/sinsenbikan/diary/200901070000/

投稿者:サイト名 新鮮美感
投稿日時:2009.1.7. 15:04
視聴回数:859回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 地域   ニュース全般      
タグ: 伝統の郡山のまつり   「高嶽山・如寳寺   七日堂まいり」  

サムネイル

伝統の郡山のまつり、「高嶽山・如寳寺 七日堂まいり」

2009年1月6日(火)午後3時~ 7日(水)午後4時 如寳寺は市の中央、堂前に位置する郡山屈指の名刹。正式には高岳山如宝寺。真言宗豊山派。 今から約1200年前、京に上った虎丸長者が平城天皇より馬頭観音像を賜り、帰郷して観音堂を建立、笹久根上人を招いて開眼供養を行ったのが始まりとされています。 七日堂まいりは商店街(通称:一心坂通り)を歩行者天国にし、夜通し露天が建ち並びます。 お参りする人の列は 如宝寺 境内から参道から門前そして一心坂通りにまで、その年の開運を祈願する人々で大変賑わいます。 七日堂まいりは毎年1月7日に行われる如寳寺の境内にある馬頭観世音の祭礼で 「馬が駆けるように早く願いごとがかなう」といわれる伝統行事。 参詣者は老若男女を問わず、また市外からの人々も多く、境内は真剣に合掌する参拝者であふれる。 聞こえてくる会話の中から矢祭町から参拝に来ていた若い人たちがおりました。 また境内では鐘楼が参拝客に開放されており、並んだ人たちが次々に鐘を突いて合掌をしておりました。 俗に「七日堂市」と云い、古くは物々交換の場、つまり初市から様変わりしたものとされています。 今では物々交換がなくなり、現在は参道にダルマ、宝船、まさる、団子さしの団子木などの縁起物を売る店が並びます。 境内は約十万人の人出で終日賑わい続ける云われ、参詣を終えた人々が縁起物を買い求める郡山の風物詩です。 一心坂通りの両側には植木市と夜店が並びます。 同時に門前商工会加盟店の七日堂初市のお楽しみ福引セールが開催されて賑わっている。 撮影は 2009/1/6 19:37 http://plaza.rakuten.co.jp/sinsenbikan/diary/200901070000/

投稿者:サイト名 新鮮美感
投稿日時:2009.1.7. 14:49
視聴回数:786回
お気に入り登録:0
カテゴリ: ニュース全般    
タグ: 伝統の郡山のまつり   七日堂まいり  

サムネイル

伝統の郡山のまつり、「高嶽山・如寳寺 七日堂まいり」

2009年1月6日(火)午後3時~7日(水)午後4時 如寳寺は市の中央、堂前に位置する郡山屈指の名刹。正式には高岳山如宝寺。真言宗豊山派。 今から約1200年前、京に上った虎丸長者が平城天皇より馬頭観音像を賜り、帰郷して観音堂を建立、笹久根上人を招いて開眼供養を行ったのが始まりとされています。 七日堂まいりは商店街(通称:一心坂通り)を歩行者天国にし、夜通し露天が建ち並びます。 お参りする人の列は 如宝寺 境内から参道から門前そして一心坂通りにまで、その年の開運を祈願する人々で大変賑わいます。 七日堂まいりは毎年1月7日に行われる如寳寺の境内にある馬頭観世音の祭礼で 「馬が駆けるように早く願いごとがかなう」といわれる伝統行事。 参詣者は老若男女を問わず、また市外からの人々も多く、境内は真剣に合掌する参拝者であふれる。 聞こえてくる会話の中から矢祭町から参拝に来ていた若い人たちがおりました。 また境内では鐘楼が参拝客に開放されており、並んだ人たちが次々に鐘を突いて合掌をしておりました。 俗に「七日堂市」と云い、古くは物々交換の場、つまり初市から様変わりしたものとされています。 今では物々交換がなくなり、現在は参道にダルマ、宝船、まさる、団子さしの団子木などの縁起物を売る店が並びます。 境内は約十万人の人出で終日賑わい続ける云われ、参詣を終えた人々が縁起物を買い求める郡山の風物詩です。 一心坂通りの両側には植木市と夜店が並びます。 同時に門前商工会加盟店の七日堂初市のお楽しみ福引セールが開催されて賑わっている。 撮影は2009/1/6 19:42 http://plaza.rakuten.co.jp/sinsenbikan/diary/200901070000/

投稿者:サイト名 新鮮美感
投稿日時:2009.1.7. 02:35
視聴回数:3887回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 地域   国内旅行        
タグ: 伝統の郡山のまつり   如宝寺   七日堂まいり  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.