PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ユダヤ教の途絶えぬ信仰」「ミシュナータルムードアヴォート」「勇気の価値」「忍耐の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠について ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「勇気の価値」 The value of courage 「忍耐の価値」 The value of patience について ◎ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠 ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に、「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。 新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。 この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが、他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。 他方、総督がネヘミアになり、神殿の城壁を修復して、信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。 これだけでなく、移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに、教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。 これらの、「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。 ◎「勇気の価値」 The value of courage 我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば、それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている、我々の各々の中に、利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer Tov」との間に葛藤がある、 我々の各々は自由な意思を与えられているこのように、我々は教えられている。Judaismは、宗教的な知覚を発展させ、そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを、我々は知っている。 それでは、なぜ我々は完全であることを要求されていないのか ◎「忍耐の価値」 The value of patience あなたは、人々が「欲求不満」になっている、と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で、欲求不満は最も共通な心の病気の現われである、と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは、わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは、やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時、それらが妨げられて挫折され、くじけられ、打ちのめされる時。欲求不満であるのは、我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に、欲求不満がやって来る。しかし多くの場合、我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。 欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは、あなたの制御を超えた全体的な事によって、自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。 全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉( Ecclesiastes)」で、我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。 何事にも季節があり、 天でない世界の事態に すべて定められた時がある。 生まれる時、死ぬ時 植える時、植えたものを抜く時 殺す時、癒す時 破壊する時、建てる時、 泣く時、笑う時 嘆く時、踊る時 石を放つ時、石を集める時 抱擁の時、抱擁を遠ざける時 求める時、失う時 保つ時、放つ時 裂く時、縫う時 黙する時、語る時 愛する時、憎む時 戦いの時、平和の時 ( Ecclesiastes 3:1-8) これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である、全てのものには一つの時間があり、各々はその季節にやって来なければならない。 我々はすでに、この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている、なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.7. 04:35
視聴回数:2146回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠について   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「勇気の価値」   The   value   of   courage   「忍耐の価値」   The   value   of   patience   について   ◎ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠   ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に   「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。   新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが   ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。   この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが   他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。   他方   総督がネヘミアになり   神殿の城壁を修復して   信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。   これだけでなく   移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに   教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。   これらの   「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。   紀元前   ユダ王国   622年   ヨシア王宗教革命   597年   バビロン補囚   申命記文書   ゼファニヤ書   エレミヤ書   ナホム書   ハバクク書   ヨシュア記   士師記   サムエル記上下   列王記上下   バビロン補囚時代   587年   ユダ王国滅亡   538年   クロス王の解放令   帰還   祭司(P)文書   エゼキエル書   イザヤ書(40年~55年)   詩編・哀歌   ペルシャ支配   515年   第二神殿完成   458年   エズラの改革   445年   ネヘミヤの宗教改革   モーセ五書   創世記   出エジプト記   レビ記   民数記   申命記   ◎「勇気の価値」   The   value   of   courage   我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば   それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている   我々の各々の中に   利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer   Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer   Tov」との間に葛藤がある   我々の各々は自由な意思を与えられているこのように   我々は教えられている。Judaismは   宗教的な知覚を発展させ   そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを   我々は知っている。   それでは   なぜ我々は完全であることを要求されていないのか   ◎「忍耐の価値」   The   value   of   patience   あなたは   人々が「欲求不満」になっている   と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で   欲求不満は最も共通な心の病気の現われである   と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは   わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは   やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時   それらが妨げられて挫折され   くじけられ   打ちのめされる時。欲求不満であるのは   我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に   欲求不満がやって来る。しかし多くの場合   我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。例えば   あなたは幾つかのあるいはほとんどのテーマでさえうまく行くが   しかしある一つのテーマには絶えず失敗している   と生物学者は言っている。あなたは挑戦し挑戦する   あなたは生活援助システムの定義とリストを記憶したとしも   しかし学年試験が公示され再び失敗したことを知る。そしてあなたは欲求不満になる。   欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは   あなたの制御を超えた全体的な事によって   自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。   全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉(   Ecclesiastes)」で   我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。   何事にも季節があり   天でない世界の事態に   すべて定められた時がある。   生まれる時   死ぬ時   植える時   植えたものを抜く時   殺す時   癒す時   破壊する時   建てる時   泣く時   笑う時   嘆く時   踊る時   石を放つ時   石を集める時   抱擁の時   抱擁を遠ざける時   求める時   失う時   保つ時   放つ時   裂く時   縫う時   黙する時   語る時   愛する時   憎む時   戦いの時   平和の時   (   Ecclesiastes   3:1-8)   これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である   全てのものには一つの時間があり   各々はその季節にやって来なければならない。   我々はすでに   この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている   なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。   我々は   夏にりんごが熟すとか秋にももが熟すことを期待してはいない。農夫は種を蒔く時   雨の時   成長する時   そして収穫の時を忍耐強く待つ。我々は雪の季節   そして暑さの季節を期待することを学ぶ。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ユダヤ教の途絶えぬ信仰」「ミシュナータルムードアヴォート」「勇気の価値」「忍耐の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠について ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「勇気の価値」 The value of courage 「忍耐の価値」 The value of patience について ◎ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠 ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に、「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。 新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。 この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが、他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。 他方、総督がネヘミアになり、神殿の城壁を修復して、信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。 これだけでなく、移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに、教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。 これらの、「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。 ◎「勇気の価値」 The value of courage 我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば、それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている、我々の各々の中に、利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer Tov」との間に葛藤がある、 我々の各々は自由な意思を与えられているこのように、我々は教えられている。Judaismは、宗教的な知覚を発展させ、そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを、我々は知っている。 それでは、なぜ我々は完全であることを要求されていないのか ◎「忍耐の価値」 The value of patience あなたは、人々が「欲求不満」になっている、と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で、欲求不満は最も共通な心の病気の現われである、と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは、わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは、やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時、それらが妨げられて挫折され、くじけられ、打ちのめされる時。欲求不満であるのは、我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に、欲求不満がやって来る。しかし多くの場合、我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。 欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは、あなたの制御を超えた全体的な事によって、自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。 全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉( Ecclesiastes)」で、我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。 何事にも季節があり、 天でない世界の事態に すべて定められた時がある。 生まれる時、死ぬ時 植える時、植えたものを抜く時 殺す時、癒す時 破壊する時、建てる時、 泣く時、笑う時 嘆く時、踊る時 石を放つ時、石を集める時 抱擁の時、抱擁を遠ざける時 求める時、失う時 保つ時、放つ時 裂く時、縫う時 黙する時、語る時 愛する時、憎む時 戦いの時、平和の時 ( Ecclesiastes 3:1-8) これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である、全てのものには一つの時間があり、各々はその季節にやって来なければならない。 我々はすでに、この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている、なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.6. 19:17
視聴回数:1874回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠について   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「勇気の価値」   The   value   of   courage   「忍耐の価値」   The   value   of   patience   について   ◎ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠   ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に   「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。   新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが   ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。   この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが   他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。   他方   総督がネヘミアになり   神殿の城壁を修復して   信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。   これだけでなく   移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに   教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。   これらの   「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。   紀元前   ユダ王国   622年   ヨシア王宗教革命   597年   バビロン補囚   申命記文書   ゼファニヤ書   エレミヤ書   ナホム書   ハバクク書   ヨシュア記   士師記   サムエル記上下   列王記上下   バビロン補囚時代   587年   ユダ王国滅亡   538年   クロス王の解放令   帰還   祭司(P)文書   エゼキエル書   イザヤ書(40年~55年)   詩編・哀歌   ペルシャ支配   515年   第二神殿完成   458年   エズラの改革   445年   ネヘミヤの宗教改革   モーセ五書   創世記   出エジプト記   レビ記   民数記   申命記   ◎「勇気の価値」   The   value   of   courage   我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば   それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている   我々の各々の中に   利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer   Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer   Tov」との間に葛藤がある   我々の各々は自由な意思を与えられているこのように   我々は教えられている。Judaismは   宗教的な知覚を発展させ   そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを   我々は知っている。   それでは   なぜ我々は完全であることを要求されていないのか   ◎「忍耐の価値」   The   value   of   patience   あなたは   人々が「欲求不満」になっている   と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で   欲求不満は最も共通な心の病気の現われである   と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは   わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは   やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時   それらが妨げられて挫折され   くじけられ   打ちのめされる時。欲求不満であるのは   我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に   欲求不満がやって来る。しかし多くの場合   我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。例えば   あなたは幾つかのあるいはほとんどのテーマでさえうまく行くが   しかしある一つのテーマには絶えず失敗している   と生物学者は言っている。あなたは挑戦し挑戦する   あなたは生活援助システムの定義とリストを記憶したとしも   しかし学年試験が公示され再び失敗したことを知る。そしてあなたは欲求不満になる。   欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは   あなたの制御を超えた全体的な事によって   自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。   全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉(   Ecclesiastes)」で   我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。   何事にも季節があり   天でない世界の事態に   すべて定められた時がある。   生まれる時   死ぬ時   植える時   植えたものを抜く時   殺す時   癒す時   破壊する時   建てる時   泣く時   笑う時   嘆く時   踊る時   石を放つ時   石を集める時   抱擁の時   抱擁を遠ざける時   求める時   失う時   保つ時   放つ時   裂く時   縫う時   黙する時   語る時   愛する時   憎む時   戦いの時   平和の時   (   Ecclesiastes   3:1-8)   これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である   全てのものには一つの時間があり   各々はその季節にやって来なければならない。   我々はすでに   この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている   なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。   我々は   夏にりんごが熟すとか秋にももが熟すことを期待してはいない。農夫は種を蒔く時   雨の時   成長する時   そして収穫の時を忍耐強く待つ。我々は雪の季節   そして暑さの季節を期待することを学ぶ。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.