PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ定理 「インゲニウム」 「メトドゥス」 「批判術」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ定理 「インゲニウム(鋭敏)」 「メトドゥス(推理の能力の手立ての方法)」 「批判術」 リチュアル(儀式)と伝統と クレオール(言語・民族・国家に対する 自明の帰属関係を解除して自分という主体に 多様の環境を呼び込む) についてのお話を 途中からですが見てました !! 脳の言語野と言葉について 脳を持つ生き物が 相互の意識について 確実に了解(理解)できるが、 社会というものを 各生き物が 各々確認してから 相互の意識について 再度すり合わせを行うとき 相互の意識について 了解(理解)することが困難になる ということも気になります !! 音と光の脳の認識と 言葉の知覚を デジタルとアナログで捉える ということについても気になります !! (音と光は 波の性質という点で 合致しますが、 光が電磁波という点で 異なります。 音には縦波と横波があり、 縦波は波の進行方向に対して 平行に振動して、 横波は波の進行方向に対して 垂直に振動します。 音の場合、気体中で横波は存在せず、 縦波(疎密波)だけになります。 光については別で、 光は真空中で 空間の電界と磁界の強さの 横波で振動して、振動する 電界と磁界の強さを伝える 波の方向が進行方向に対して 直角ですから横波になります。 光の場合、偏光の現象が生じますが、 縦波に偏光が存在しません。 光が横波の性質ということを 知覚でいう色覚の波の周期の 枚挙の証明で説明します。 ) 言葉を遺伝子に種子(しゅうじ) として生理学的に備えてる可能性がある ということを 『ピジン (共通語を持たない人々の間で ある事象に対して限られた意思疎通の 必要性の存在から生まれる言語。  : エスペラント語も気になりました。)』 を扱う最初の世代があり その子供の世代が ピジンの言語を習うことなく 生理的に扱ってることを 伺わせるという事象から知覚して、 これらをいかに領納していくか ということについて

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.31. 12:23
視聴回数:1047回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   メタ定理   「インゲニウム(鋭敏)」   「メトドゥス(推理の能力の手立ての方法)」   「批判術」   リチュアル(儀式)と伝統と   クレオール(言語・民族・国家に対する   自明の帰属関係を解除して自分という主体に   多様の環境を呼び込む)   についてのお話を   途中からですが見てました   !!   脳の言語野と言葉について   脳を持つ生き物が   相互の意識について   確実に了解(理解)できるが   社会というものを   各生き物が   各々確認してから   相互の意識について   再度すり合わせを行うとき   相互の意識について   了解(理解)することが困難になる   ということも気になります   !!   音と光の脳の認識と   言葉の知覚を   デジタルとアナログで捉える   ということについても気になります   !!   (音と光は   波の性質という点で   合致しますが   光が電磁波という点で   異なります。   音には縦波と横波があり   縦波は波の進行方向に対して   平行に振動して   横波は波の進行方向に対して   垂直に振動します。   音の場合   気体中で横波は存在せず   縦波(疎密波)だけになります。   光については別で   光は真空中で   空間の電界と磁界の強さの   横波で振動して   振動する   電界と磁界の強さを伝える   波の方向が進行方向に対して   直角ですから横波になります。   光の場合   偏光の現象が生じますが   縦波に偏光が存在しません。   光が横波の性質ということを   知覚でいう色覚の波の周期の   枚挙の証明で説明します。   )   言葉を遺伝子に種子(しゅうじ)   として生理学的に備えてる可能性がある   ということを   『ピジン   (共通語を持たない人々の間で   ある事象に対して限られた意思疎通の   必要性の存在から生まれる言語。   :   エスペラント語も気になりました。)』   を扱う最初の世代があり   その子供の世代が   ピジンの言語を習うことなく   生理的に扱ってることを   伺わせるという事象から知覚して   これらをいかに領納していくか   ということについて  

サムネイル

流 氷

冬の流氷観光の超人気が流氷砕氷船「おーろら」です。船底が氷塊にぶつかり船全体が振動する迫力は圧巻です。また、流氷とともに訪れる動物たち。悠然と飛ぶオジロワシや流氷の上でのんびりと昼寝をするアザラシにも出会えるかもしれません。

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2008.2.5. 21:17
視聴回数:570回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 北海道   観光・旅行  
タグ: 北海道   流氷   おーろら   網走    

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.