PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州の政策展開形態と仏法の禅の問答についてと十二縁起について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 欧州の政策展開の ピラミッド型から放射状型の 移行についてと 各経済圏間の条約と協定が 国家と国家の場合と 国家と経済圏の場合の 差異についてと 欧州圏の国家間の場合、 ヨーロッパ合衆国構想を提唱 ヨーロッパ合衆国構想を提唱 (ウィンストン・チャーチル イギリス首相 1946年チューリッヒ) ECSC (欧州石炭鉄鋼共同体)の創設を提唱 (ロベール・シューマンフランス外相 1950年) ECSC設立条約 (=パリ条約)調印 (ベルギー、ドイツ連邦共和国、フランス、 イタリア、ルクセンブルグ、オランダ 1951年) マーストリヒト条約 (欧州連合条約) (1992年オランダ調印) がございます。 他方、 欧州と途上国間の 条約と協定の場合について ロメ協定(1975年トーゴ調印)が EEC(ヨーロッパ経済共同体(9ヵ国))と ACP(アフリカ・カリブ海・太平洋(45ヵ国)) ヤウンデ協定 (特恵貿易と開発援助に関する協定 1963年カメルーン調印) コトヌー協定(ACP諸国とEU) (2000年ベナン調印) がございます。 禅の問答についてと 十二縁起の 有為法と無為法について 四縁起(有情に関して領解)の 刹那縁起 連縛縁起 分位縁起 遠続縁起 刹那と連縛が品類足論の如く、 倶(とも)に有為に遍じて、 刹那縁起と連縛縁起の 解釈が異なることになりますが 他方、刹那と連縛を 有情数(うじょうす)であると 領納した場合、 刹那の頃、貪りに由って 殺すことを行ずる間に 十二支を倶すことから 刹那と連縛が 相依して相継いで 次第するということを 有為法が刹那ごとに滅するために、 因である刹那と果である刹那が 互いに結合して連縛になることを 根拠に領解します。 中観派が縁起を無為法と解釈して 有部が縁起を有為法と解釈いたしますが 有部の縁起の解釈の場合 縁起の項目を附則程度に扱い 胎生学的な分位縁起を説きますが、 縁起が時間的生起関係を 示すことを論じて 縁起法(縁起するもの)と 縁巳生法(えんいしょうほう =縁によって生じたもの)の 差別(しゃべつ)についての論争が、 縁起法と縁巳生法を 同義という場合 有部(アビダルマ =部派仏教)の場合の 縁起が有為法であるから 未来の有為法までも 過去という縁巳生 で示すという矛盾が起きますが、 有為法(=つくられたものの意)を 過去で示しても 未来の有為法が 含まれてございますから 未来法が縁巳生でも 矛盾しないと説くという 説がございますが、 いくつもの解釈があります。 他にも有部の解釈が 「諸支の因分を縁起とみなして 諸支の果分を縁巳生とみなす説」と 「四句分別(=有・無・ 非有無・非非有非無)の説」 <= 「知り得たということを 領納(感受)している。」 「知り得るを未だ非ず ということを 領納(感受)している。」 「知り得たということを 領納(感受)するに 未だ非ず。」 「知り得るを未だ非ず ということを 領納(感受)するに 未だ非ず。」 > がございます。 他方、 数学の証明 x に関する2つの条件  p が x=0.7, q が x^2=0.49 の場合、 p ⇒ q は成り立つが、 q ⇒ p は成り立たない。 ゆえに p は q であるための 十分条件であるが、 必要条件ではない。 q は p であるための 必要条件であるが、 十分条件ではない。 がございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.16. 09:53
視聴回数:1644回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   欧州の政策展開の   ピラミッド型から放射状型の   移行についてと   各経済圏間の条約と協定が   国家と国家の場合と   国家と経済圏の場合の   差異についてと   欧州圏の国家間の場合   ヨーロッパ合衆国構想を提唱   ヨーロッパ合衆国構想を提唱   (ウィンストン・チャーチル   イギリス首相   1946年チューリッヒ)   ECSC   (欧州石炭鉄鋼共同体)の創設を提唱   (ロベール・シューマンフランス外相   1950年)   ECSC設立条約   (=パリ条約)調印   (ベルギー   ドイツ連邦共和国   フランス   イタリア   ルクセンブルグ   オランダ   1951年)   マーストリヒト条約   (欧州連合条約)   (1992年オランダ調印)   がございます。   他方   欧州と途上国間の   条約と協定の場合について   ロメ協定(1975年トーゴ調印)が   EEC(ヨーロッパ経済共同体(9ヵ国))と   ACP(アフリカ・カリブ海・太平洋(45ヵ国))   ヤウンデ協定   (特恵貿易と開発援助に関する協定   1963年カメルーン調印)   コトヌー協定(ACP諸国とEU)   (2000年ベナン調印)   がございます。   禅の問答についてと   十二縁起の   有為法と無為法について   四縁起(有情に関して領解)の   刹那縁起   連縛縁起   分位縁起   遠続縁起   刹那と連縛が品類足論の如く   倶(とも)に有為に遍じて   刹那縁起と連縛縁起の   解釈が異なることになりますが   他方   刹那と連縛を   有情数(うじょうす)であると   領納した場合   刹那の頃   貪りに由って   殺すことを行ずる間に   十二支を倶すことから   刹那と連縛が   相依して相継いで   次第するということを   有為法が刹那ごとに滅するために   因である刹那と果である刹那が   互いに結合して連縛になることを   根拠に領解します。   中観派が縁起を無為法と解釈して   有部が縁起を有為法と解釈いたしますが   有部の縁起の解釈の場合   縁起の項目を附則程度に扱い   胎生学的な分位縁起を説きますが   縁起が時間的生起関係を   示すことを論じて   縁起法(縁起するもの)と   縁巳生法(えんいしょうほう   =縁によって生じたもの)の   差別(しゃべつ)についての論争が   縁起法と縁巳生法を   同義という場合   有部(アビダルマ   =部派仏教)の場合の   縁起が有為法であるから   未来の有為法までも   過去という縁巳生   で示すという矛盾が起きますが   有為法(=つくられたものの意)を   過去で示しても   未来の有為法が   含まれてございますから   未来法が縁巳生でも   矛盾しないと説くという   説がございますが   いくつもの解釈があります。   他にも有部の解釈が   「諸支の因分を縁起とみなして   諸支の果分を縁巳生とみなす説」と   「四句分別(=有・無・   非有無・非非有非無)の説」   <=   「知り得たということを   領納(感受)している。」   「知り得るを未だ非ず   ということを   領納(感受)している。」   「知り得たということを   領納(感受)するに   未だ非ず。」   「知り得るを未だ非ず   ということを   領納(感受)するに   未だ非ず。」     がございます。   他方   数学の証明   x   に関する2つの条件   p     x=0.7   q     x^2=0.49   の場合   p     q   は成り立つが   q     p   は成り立たない。   ゆえに   p     q   であるための   十分条件であるが   必要条件ではない。   q     p   であるための   必要条件であるが   十分条件ではない。   がございます。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.