PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)1945年~'60年代'70年代のソビエトのとについてと大乗二十頌論の唯心論について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 社会主義の資本の形成と 企業の利潤追求の姿勢と 環境政策と 現在の資本主義の 共通の課題についてと 国家と統治と 地方の平衡性と 憲法十七条の 君臣民の平衡性を基底に 国家の各組織の 統制形式が 階級型と放射状型の 重層性がございます。 この統制形式の 性質から 情勢に対して 各時制を軸に 伸縮的に諸政策を 執り行います。 このとき、立体的重層性の場合縦割り階級に対して各統制機関が各々の階級と自身の統制機関の階級も他方の統制機関の階級をも越えて、必要な段階と時制から相互各自の必要な資料の交信が放射状に存在して、立体的伸縮性を示すことも可能でございます。 他方、社会主義制度のソビエトも地方団体を意識していくためにソビエト機関からの組織という条件で各団体をつくりましたが、表層に掲げられた統制がきつく自由度が少ないため圧力と渇望の情勢に民衆が置かれたことと組織数が多ございますから複雑な統制を執り行う事態になり、行政立法の制度と政策が行き届かぬということと同様の課題が立体的重層性にございます。 このことから、「ありかた」が有るまで示さずに「ありかた」そのものを論ずる必要があると領解する姿勢を領納すれば過度な複雑性は外していくという意識を感得することができます。 大乗二十頌論の唯心論について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.22. 14:04
視聴回数:204回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)社会主義の資本の形成と企業の利潤追求の姿勢と環境政策と現在の資本主義の共通の課題についてと国家と統治と地方の平衡性と憲法十七条の君臣民の平衡性を基底に国家の各組織の統制形式が階級型と放射状型の重層性がございます。この統制形式の性質から情勢に対して各時制を軸に伸縮的に諸政策を執り行います。このとき   立体的重層性の場合縦割り階級に対して各統制機関が各々の階級と自身の統制機関の階級も他方の統制機関の階級をも越えて   必要な段階と時制から相互各自の必要な資料の交信が放射状に存在して   立体的伸縮性を示すことも可能でございます。他方   社会主義制度のソビエトも地方団体を意識していくためにソビエト機関からの組織という条件で各団体をつくりましたが   表層に掲げられた統制がきつく自由度が少ないため圧力と渇望の情勢に民衆が置かれたことと組織数が多ございますから複雑な統制を執り行う事態になり   行政立法の制度と政策が行き届かぬということと同様の課題が立体的重層性にございます。このことから   「ありかた」が有るまで示さずに「ありかた」そのものを論ずる必要があると領解する姿勢を領納すれば過度な複雑性は外していくという意識を感得することができます。大乗二十頌論の唯心論について  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.