PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

1303240714 KAWASAKI Z1100GP.t

インジェクション化された第2世代Z Z1100GP 数多くの記録と伝説を作ったZ1(Kawasaki900Super4)は、十数年に渡り基本設計を変えず第一線を走り続けましたが、打倒Z1を目標に投入されるライバル達に対抗する為に、1981年に第2世代’Z’としてZ1000Jを発売、AMAスーパーバイクと世界耐久をターゲットとしたベース車両として開発され、徹底した軽量化とパワーアップを実現しました。 1981年Z1000Jをベースに、KAWASAKIのフラッグシップモデルとしてZ1100GP(B1)が誕生しました。1,089ccにボアアップ、DFI(DigitalFuelInjection)で燃料供給されるエンジンは、最高出力108ps/8500rpmを発揮し、大きな一体型メーターは、高速時のウインドプロテクション効果を狙った設計です。 1982年にはZ1100GP(B2)が登場、エンジンはヘッド周りを見直しで、109ps/8,500rpmとなり、液晶表示マルチインジケーターと、Z1000Rと同デザインのハンドルマウントのビキニカウルが装着されます。 ココがお勧め フルカスタムされた、Z1100GPです。 [掘出しバイクオークション]詳細写真多数掲載 http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/

投稿者:サイト名 ikmotorcycle12
投稿日時:2013.4.5. 16:24
視聴回数:838回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: カワサキ   空冷   角Z   Z1   Z1000J   Z1000R   GPz1100   旧車   ローソン   掘出しバイクオークション   中古バイク   ネット   販売   ヤフオク   バイク王ダイレクトSHOP   バイク   動画  

サムネイル

1211280744 KAWASAKI Z1-R.k

角Zカフェレーサー Z1-R 〈KZ(Z)1000-D1〉 1978年誕生Z1-R(KZ1000-D1)は、これまでの曲線を多用したZのスタイルから、直線を基調した(後に角Zと呼ばれる)デザインに変わり、金属感を強調したメタリックスターダストシルバー1色のみのラインナップで発売されました。当時Z1の後継車としてZ1000が存在していましたが、「Z1」 を復活させ、4in1カワサキ集合マフラー、前後18インチのカワサキ初のアルミキャストホイール、穴あきディスクを採用し、国産初ハンドルマウントのビキニカウル、メーター類はスピード・タコメーター、FUEL・AMPメーターの豪華装備で、70年代流行の「カフェレーサー」デザインに仕上がっています。スタイルを優先してデザインされた、燃料タンクは13Lと容量が少なめで、ヨーロッパでは22Lタンクがオプションとして設定されていました。 搭載される1015cc空冷4ストロークDOHC2バルブ並列4気筒エンジンは、Z1000(KZ1000-A2)をベースに大径キャブレターの採用等により最高出力90psを発揮し、1万5000台以上を販売するヒット作となりました。 【カタログデータ】 全長×全幅×全高:2160×800×1295mm ホイールベース:1505mm、乾燥重量:246kg、 燃料タンク容量:13.0L 最大馬力 90ps/8000rpm 最大トルク 8.7kg-m/7000rpm タイヤ:前 3.25H-18、後 4.00H-18 その人気の高さから、アメリカンターボパッケージ社製のターボチャージャー を搭載した、Z1-R TCと言う派生モデルがUSカワサキから発売となりました。 改 造 セパレートハンドル、ハイスロットル、リアサスレイダウン加工、WORKS PERFORMANCEリアショック、ヨシムラデジタルメーター、ウィンカー、ASウオタニコイルキット、PMCスイングアーム、PMCオイルクーラー、FCRφ35キャブレター、ファンネル、NHKステアリングダンパー、MORIWAKIマフラー、WORKSクラッチレリーズ、PMCスプロケカバー、リアフェンダーレス、シート、WORKSロックアップクラッチキット、ap racingブレーキキャリパー、MORIWAKIステップ、PMCフォークスタビライザー、SWORDホイール(前2.50x18 後4.25x18)、三又、フロントフォーク、NISSINブレーキ&クラッチマスターシリンダー、フレーム補強、ダンデムステップステーカット、カウルステー、外装ペイント、他 ココがお勧め ノーマルのカタチを崩さず、とてもセンス良く仕上げられたZ1-Rです。わかる範囲でカスタム箇所を記載しましたが、あまりにも改造箇所が多い為、把握出来ないほどです。 カスタム内容だけで軽く車両本体以上の資金を投入して入る事がわかる改造車を超お買い得プライスでスタートします。 ライダー身長 167cm 【カタログデータ】 全長×全幅×全高:2160×800×1295mm ホイールベース:1505mm、乾燥重量:246kg、 燃料タンク容量:13.0L 最大馬力 90ps/8000rpm 最大トルク 8.7kg-m/7000rpm タイヤ:前 3.25H-18、後 4.00H-18 [掘出しバイクオークション]詳細写真多数掲載 http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/

投稿者:サイト名 ikmotorcycle11
投稿日時:2013.2.4. 17:10
視聴回数:4563回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: カワサキ   Z1   Z2   角Z   ac-sanctuary   RCM-???   改造   旧車   絶版   掘出しバイクオークション   中古バイク販売   ヤフオク   バイク王   バイク王ダイレクトSHOP  

サムネイル

1212300154 KAWASAKI Z750GP.k 

Z750FX-IIIに国内初フューエルインジェクションを搭載 Z750GP エンジンはZ750FX-II以降搭載されるザッパー系空冷4サイクルDOHC2バルブ4気筒エンジンで、Z750FX-IIIをベースで燃焼室やカムシャフトの変更に加え、国内初のフューエルインジェクション「DFI」を搭載、マイコンによる燃料噴射を制御するシステムが採用され、最高出力は70PSを発揮します。 外見は、当時のフラッグシップモデルZ1100GPのイメージで、いわゆる『角Z』スタイル継承しています。 【カタログデータ】 全長×全幅×全高:2170×780×1130mm 軸間距離:1460mm、車両重量:216kg  エンジン形式:空冷4サイクルDOHC2バルブ4気筒 総排気量:738cc 最高出力:70ps/9500rpm 最大トルク:6.0kg-m/7,500rpm タイヤサイズ:前 100/90-19 後 120/90-18 バッテリー:YB12A-AK ココがお勧め "ノーマルのZ750GPが入荷いたしました。 パワーウォーズの時代、矢継ぎ早にニューモデルが投入されていました。デビューした翌年にGPZ750発売となり、Z750GPは最後の角Zとも言えます。 中古流通台数が少ない車輌で、コンディションを保った物は滅多に出てきません。この機会をお見逃しなく!!" ライダー身長 167cm [掘出しバイクオークション]詳細写真多数掲載 http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/

投稿者:サイト名 ikmotorcycle11
投稿日時:2013.1.23. 15:02
視聴回数:2286回
お気に入り登録:0
カテゴリ: オークション   趣味・旅行全般   バイク  
タグ: カワサキ   Z750GP   空冷4気筒   旧車   角Z   Z750FX   中古バイク販売   掘出しバイクオークション   バイク王ダイレクトSHOP   バイク王  

サムネイル

1209270840 KAWASAKI Z750FX-1.t

国内モデル角Z Z750FX-I kawasakiの名車Z1から生まれた派生モデルZ1-Rは1977年に誕生し、カフェレーサー的位置付けで高出力エンジンと直線的なスタイルを持ち、高価格にもかかわらず多くの支持を集ました。Z1-Rで好評価の直線を基調としたスタイル取り入れた、Z1000Mk2は1978年に新たなカワサキフラックシップモデルとして誕生しました。 Z1→Z2と同じ関係のように、Z1000Mk2の国内モデルとしてZ750FXは1979年に発売となりました。Z1(Z2)から引き継がれたエンジンは、角型のカムカバーが採用され、フルトランジスタ点火、自動カムチェーンテンショナー、インナータイプジェネレーターコイルの採用など進化を遂げました。Z1000Mkのエンジンを、750ccに排気量ダウンしたZ750FX-Iのエンジンは、Z系の中でも耐久性バツグンで、現在でも数多くの車両が生き残っているのもそのおかげと言えます。 Z750FX-Iの生産台数は僅か3000台で、その後Z750FX-IIにバトンタッチされており希少度はとても高く、生産終了じわじわと人気が高まり現在ではプレミアム旧車となっています。生産台数の少なさから当然現存する車両は少なく、状態の良い車両の価格はうなぎ登りとなっています。 【カタログスペック】 全長×全幅×全高:2180×900×1190mm ホイールベース:1495mm、 重量:246kg エンジン:空冷4サイクル並列4気筒DOHC2バルブ ボア×ストローク:64.0×58.0mm、 排気量:746cc 最高出力:70ps/9,000rpm 最大トルク:5.7kg-m/8,500rpm ココがお勧め キレイなZ750FXです。各所カスタムも丁寧に施されており、お買い得感の非常に強い車両に仕上がっています。 ナナハンZの中ではZ2に次ぐ人気を誇り、年々中古車価格が上昇し、その人気は全く衰えを見せる気配すら感じさせません。 今のうちに一生モノの一台をどうぞ! ライダー身長 176cm [掘出しバイクオークション]http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/horidashi_bike_auc/

投稿者:サイト名 ikmotorcycle10
投稿日時:2012.11.2. 11:58
視聴回数:1841回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: カワサキ   Z750FX-I   Z1000MK2   空冷   ネイキッド   1型   角Z   Z2   旧車   バイク王ダイレクトSHOP   掘出しバイクオークション   中古バイク販売   バイク王  

サムネイル

1105010741 カワサキ Z400GP

"名車Z400FXの新化形Z400GP。 当時ペストセラーを続けた名者Z400FXに対抗すべく、各メーカーがXJ400、GSX400F、CBX400Fなどの新型を投入してきました、各社の新型に対抗する形で発売されたのがこのZ400GPです。ロードモデルとしては初のリアユニトラックサス(モノサス)と、セミエアフロントフォークを採用、マイコン制御液晶モニター採用のインストルメントパネル等豪華な装備を誇ります。いわゆるKAWASAKI角Zのルックスを持ち、後から、ビキニカウル、段付きシートのライムグリーンが限定発売発売され、ローソンレプリカを思わせるロックすで人気に拍車をかけました。 Z400GP発売後はバイクブームで、各メーカーの開発合戦状態が始まり矢継ぎ早に新型が発売されるようになました、Z400GPは2年に満たない販売期間で販売台数も約19000台と少なめで、現存する車輌が非常に少なくなり、プレミアム価格となる要因の一つでもあります。 [カタログスペック] 全長X全幅X全高:2170 X 750 X 1095mm、 ホィールベース:1445mm シート高:780mm、 最低地上高:145mm、 空車重量/装備重量:179/200kg ガソリンタンク:18.0L、 燃料消費量 60km/h:38km/L、 最高出力:48hp/10500rpm、 最大トルク:3.5kg-m/8500rpm タイヤ:前 90/90-19H、 後 110/90-18H、バッテリー:YB12A-AK " "【ココがお勧め】 FCRキャブレーターで抜群ピックアップの良さとVANCE&HINESマフラーでパワフルなエンジン!。F17インチ&R18インチホイールにラジアルタイアを組み込みサスペンションとスイングアームも強化、フロントフォークとスイングアーム大幅グレードアップ。極めつけはフロントダブルφ320ディスクディスクとBILLET6ポット!ブレーキキャリパーで超強力なストッピングパワー!!。中古流通台数少ない中で、ココまでカスタムされているZ400GP滅多に入荷いたしません。パーツ代を考えても超お買い得プライスでスタートです!掘出しバイクお見逃し無く!" ライダー身長 167cm 【掘出しバイクオークション】 http://www.technosports.co.jp/yahoo/horidashi/c/index.html

投稿者:サイト名 ikmotorcycle5
投稿日時:2011.6.3. 17:34
視聴回数:5123回
お気に入り登録:0
カテゴリ: バイク  
タグ: バイク王ダイレクトSHOP   掘出しバイクオークション   中古バイク販売   バイク王   KAWASAKI   Z400FX   GPZ   ゼファー  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.