PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)人間と労働と信仰と資本主義の生活の日常の論究・タルムード6章・聖クルアーン 45章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「メタ理論」 「人間の生命の維持と再生産を行なう労働の日常と宗教の信仰と戒律の日常と資本主義の生活の日常の論究」 「ミシュナー・タルムード ピルケ・アヴォート 第6章」 「聖クルアーン 第45章」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.27. 17:35
視聴回数:522回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ   (朗読)   (お話です)   「メタ理論」   「人間の生命の維持と再生産を行なう労働の日常と宗教の信仰と戒律の日常と資本主義の生活の日常の論究」   「ミシュナー・タルムード   ピルケ・アヴォート   第6章」   「聖クルアーン   第45章」  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読) (お話です)メタ理論・創造と生産と労働の心と身体の日常の論究・タルムード5章・聖クルアーン 44章

合唱組曲島よ (朗読) (お話です) 「メタ理論」 「創造と生産と労働の心と身体の日常の意識と行為の論究と資本主義市場の分析に対しての論究」 「ミシュナー・タルムード ピルケ・アヴォート 第5章」 「聖クルアーン 第44章」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.27. 15:24
視聴回数:459回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)   (お話です)   「メタ理論」   「創造と生産と労働の   心と身体の日常の意識と行為の論究と   資本主義市場の分析に対しての論究」   「ミシュナー・タルムード   ピルケ・アヴォート   第5章」   「聖クルアーン   第44章」  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajorRV589(お話です)タルムード3章・クルアーン9章・メタ理論

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「タルムード第3章」 「ソビエトの計画経済と 資本主義の市場経済」 「聖クルアーン第9章」 「メタ理論: 原初の人間と 自己同一性と 抽象的知覚」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.10. 09:33
視聴回数:258回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)「ソビエトの計画経済と   資本主義の市場経済」   「タルムード第3章」「聖クルアーン第9章」「メタ理論:原初の人間と自己同一性と抽象的知覚」  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「マーストリヒト条約」「資本主義と労働団体と資産の遮蔽と開示効果」「仏法の時制」「平和の伝道」

合唱組曲島よ(朗読) (お話です) 「マーストリヒト条約」 「マーストリヒト条約 第 17 節 130 条 u項」 「資本主義と労働団体と 資産の収支の 遮蔽と開示の 効果と必要性の是非」 第130条u項2 EU開発援助政策が マーストリヒト条約第130条u項に 国連貿易開発会議UNCTAD (United Nations Conference on Trade and Development)の政策が ロメ協定の政策が 「政治的コンディショナリー」を 重視の方向を示しました。 冷戦の時期の国際社会で、 開発援助政策に 政治的中立性が求められ 政治的調整項目が 付与されませんでしたが、 マーストリヒト条約の場合、 EUの価値基準の 民主主義、法の支配、人権を 政治的調整項目を付与して 援助国に要請することが 可能になりました。 ACP諸国(旧植民地など)の 全体に対する援助が コンディショナリティーで ACP諸国の各国個別に分けて 輸出所得安定制度STABEX (stabilization of export earnings system EUが1976年に設置)が 国際通貨基金IMF、 世界銀行の構造調整政策に はたらきかけが 可能なものになりました。 『第130条v項 EU実施する各種政策が 開発目的の相依性から 「整合性」を示します。 (ACP⇒EU:ACP諸国からEU諸国に対しての 自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』 『第130条x項 EUの開発政策と 構成諸国の反復から 「調整」を示します。 (EU⇒ACP:ACP諸国からEU諸国に対しての 自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』 『そして、ACP諸国の個別の国の権限に対して EUはじめ、UN,NGOなどの組織が 権限の活用の両立を行う 「相補性」を示します。』 ACP諸国内の国家間格差が 存在してございましたが、 ソビエトと、経済相互援助会議 (SEVセフ)諸国の枠内の国家格差、 欧州共同体の各国家の各職種政策 (産業貿易重視型、サービス重視型など)から 世界資本市場の視野を個々に包含して 国家間の情勢が大きく異なるという 現在の仕組みも気になります。 「欧州諸国の産業政策と 貿易と職種の事情と 為替の値の適性について」 「仏法の時制の存在」 「仏法の教えから 端を除いて「ありかた」を説く という手立てから 戦争時に 渇望する平和の伝道を 端諸を外して普遍的に 世から世に 伝えることができます。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.24. 23:44
視聴回数:1054回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「マーストリヒト条約」「マーストリヒト条約第   17     130     u項」   「資本主義と労働団体と   資産の収支の   遮蔽と開示の   効果と必要性の是非」   「欧州諸国の産業政策と   貿易と職種の事情と   為替の値の適性について」   第130条u項2EU開発援助政策がマーストリヒト条約第130条u項に国連貿易開発会議UNCTAD(United   Nations   Conference   on   Trade   and   Development)の政策がロメ協定の政策が「政治的コンディショナリー」を重視の方向を示しました。冷戦の時期の国際社会で   開発援助政策に政治的中立性が求められ政治的調整項目が付与されませんでしたが   マーストリヒト条約の場合   EUの価値基準の民主主義   法の支配   人権を政治的調整項目を付与して援助国に要請することが可能になりました。ACP諸国(旧植民地など)の全体に対する援助がコンディショナリティーでACP諸国の各国個別に分けて輸出所得安定制度STABEX(stabilization   of   export   earnings   system   EUが1976年に設置)が国際通貨基金IMF   世界銀行の構造調整政策にはたらきかけが可能なものになりました。『第130条v項EU実施する各種政策が開発目的の相依性から「整合性」を示します。(ACP⇒EU:ACP諸国からEU諸国に対しての自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』『第130条x項EUの開発政策と構成諸国の反復から「調整」を示します。(EU⇒ACP:ACP諸国からEU諸国に対しての自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』『そして   ACP諸国の個別の国の権限に対してEUはじめ   UN   NGOなどの組織が権限の活用の両立を行う「相補性」を示します。』ACP諸国内の国家間格差が存在してございましたが   ソビエトと   経済相互援助会議(SEVセフ)諸国の枠内の国家格差   欧州共同体の各国家の各職種政策(産業貿易重視型   サービス重視型など)から世界資本市場の視野を個々に包含して国家間の情勢が大きく異なるという現在の仕組みも気になります。   「仏法の時制の存在」「仏法の教えから端を除いて「ありかた」を説くという手立てから戦争時に渇望する平和の伝道を平和の伝道を端諸を外して普遍的に世から世に伝えることができます。」  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「マーストリヒト条約」「資本主義と労働団体と資産の遮蔽と開示効果」「仏法の時制」「平和の伝道」

合唱組曲島よ(朗読) (お話です) 「マーストリヒト条約」 「マーストリヒト条約 第 17 節 130 条 u項」 「資本主義と労働団体と 資産の収支の 遮蔽と開示の 効果と必要性の是非」 第130条u項2 EU開発援助政策が マーストリヒト条約第130条u項に 国連貿易開発会議UNCTAD (United Nations Conference on Trade and Development)の政策が ロメ協定の政策が 「政治的コンディショナリー」を 重視の方向を示しました。 冷戦の時期の国際社会で、 開発援助政策に 政治的中立性が求められ 政治的調整項目が 付与されませんでしたが、 マーストリヒト条約の場合、 EUの価値基準の 民主主義、法の支配、人権を 政治的調整項目を付与して 援助国に要請することが 可能になりました。 ACP諸国(旧植民地など)の 全体に対する援助が コンディショナリティーで ACP諸国の各国個別に分けて 輸出所得安定制度STABEX (stabilization of export earnings system EUが1976年に設置)が 国際通貨基金IMF、 世界銀行の構造調整政策に はたらきかけが 可能なものになりました。 『第130条v項 EU実施する各種政策が 開発目的の相依性から 「整合性」を示します。 (ACP⇒EU:ACP諸国からEU諸国に対しての 自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』 『第130条x項 EUの開発政策と 構成諸国の反復から 「調整」を示します。 (EU⇒ACP:ACP諸国からEU諸国に対しての 自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』 『そして、ACP諸国の個別の国の権限に対して EUはじめ、UN,NGOなどの組織が 権限の活用の両立を行う 「相補性」を示します。』 ACP諸国内の国家間格差が 存在してございましたが、 ソビエトと、経済相互援助会議 (SEVセフ)諸国の枠内の国家格差、 欧州共同体の各国家の各職種政策 (産業貿易重視型、サービス重視型など)から 世界資本市場の視野を個々に包含して 国家間の情勢が大きく異なるという 現在の仕組みも気になります。 「欧州諸国の産業政策と 貿易と職種の事情と 為替の値の適性について」 「仏法の時制の存在」 「仏法の教えから 端を除いて「ありかた」を説く という手立てから 戦争時に 渇望する平和の伝道を 端諸を外して普遍的に 世から世に 伝えることができます。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.24. 13:15
視聴回数:785回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「マーストリヒト条約」「マーストリヒト条約第   17     130     u項」   「資本主義と労働団体と   資産の収支の   遮蔽と開示の   効果と必要性の是非」   「欧州諸国の産業政策と   貿易と職種の事情と   為替の値の適性について」   第130条u項2EU開発援助政策がマーストリヒト条約第130条u項に国連貿易開発会議UNCTAD(United   Nations   Conference   on   Trade   and   Development)の政策がロメ協定の政策が「政治的コンディショナリー」を重視の方向を示しました。冷戦の時期の国際社会で   開発援助政策に政治的中立性が求められ政治的調整項目が付与されませんでしたが   マーストリヒト条約の場合   EUの価値基準の民主主義   法の支配   人権を政治的調整項目を付与して援助国に要請することが可能になりました。ACP諸国(旧植民地など)の全体に対する援助がコンディショナリティーでACP諸国の各国個別に分けて輸出所得安定制度STABEX(stabilization   of   export   earnings   system   EUが1976年に設置)が国際通貨基金IMF   世界銀行の構造調整政策にはたらきかけが可能なものになりました。『第130条v項EU実施する各種政策が開発目的の相依性から「整合性」を示します。(ACP⇒EU:ACP諸国からEU諸国に対しての自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』『第130条x項EUの開発政策と構成諸国の反復から「調整」を示します。(EU⇒ACP:ACP諸国からEU諸国に対しての自由なアクセスとEUの地場産業の保護)』『そして   ACP諸国の個別の国の権限に対してEUはじめ   UN   NGOなどの組織が権限の活用の両立を行う「相補性」を示します。』ACP諸国内の国家間格差が存在してございましたが   ソビエトと   経済相互援助会議(SEVセフ)諸国の枠内の国家格差   欧州共同体の各国家の各職種政策(産業貿易重視型   サービス重視型など)から世界資本市場の視野を個々に包含して国家間の情勢が大きく異なるという現在の仕組みも気になります。   「仏法の時制の存在」「仏法の教えから端を除いて「ありかた」を説くという手立てから戦争時に   渇望する平和の伝道を端諸を外して普遍的に世から世に伝えることができます。」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)1945年~'60年代'70年代のソビエトのとについてと大乗二十頌論の唯心論について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 社会主義の資本の形成と 企業の利潤追求の姿勢と 環境政策と 現在の資本主義の 共通の課題についてと 国家と統治と 地方の平衡性と 憲法十七条の 君臣民の平衡性を基底に 国家の各組織の 統制形式が 階級型と放射状型の 重層性がございます。 この統制形式の 性質から 情勢に対して 各時制を軸に 伸縮的に諸政策を 執り行います。 このとき、立体的重層性の場合縦割り階級に対して各統制機関が各々の階級と自身の統制機関の階級も他方の統制機関の階級をも越えて、必要な段階と時制から相互各自の必要な資料の交信が放射状に存在して、立体的伸縮性を示すことも可能でございます。 他方、社会主義制度のソビエトも地方団体を意識していくためにソビエト機関からの組織という条件で各団体をつくりましたが、表層に掲げられた統制がきつく自由度が少ないため圧力と渇望の情勢に民衆が置かれたことと組織数が多ございますから複雑な統制を執り行う事態になり、行政立法の制度と政策が行き届かぬということと同様の課題が立体的重層性にございます。 このことから、「ありかた」が有るまで示さずに「ありかた」そのものを論ずる必要があると領解する姿勢を領納すれば過度な複雑性は外していくという意識を感得することができます。 大乗二十頌論の唯心論について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.22. 14:04
視聴回数:224回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)社会主義の資本の形成と企業の利潤追求の姿勢と環境政策と現在の資本主義の共通の課題についてと国家と統治と地方の平衡性と憲法十七条の君臣民の平衡性を基底に国家の各組織の統制形式が階級型と放射状型の重層性がございます。この統制形式の性質から情勢に対して各時制を軸に伸縮的に諸政策を執り行います。このとき   立体的重層性の場合縦割り階級に対して各統制機関が各々の階級と自身の統制機関の階級も他方の統制機関の階級をも越えて   必要な段階と時制から相互各自の必要な資料の交信が放射状に存在して   立体的伸縮性を示すことも可能でございます。他方   社会主義制度のソビエトも地方団体を意識していくためにソビエト機関からの組織という条件で各団体をつくりましたが   表層に掲げられた統制がきつく自由度が少ないため圧力と渇望の情勢に民衆が置かれたことと組織数が多ございますから複雑な統制を執り行う事態になり   行政立法の制度と政策が行き届かぬということと同様の課題が立体的重層性にございます。このことから   「ありかた」が有るまで示さずに「ありかた」そのものを論ずる必要があると領解する姿勢を領納すれば過度な複雑性は外していくという意識を感得することができます。大乗二十頌論の唯心論について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州域内外の貿易とソビエトと経済相互援助会議の貿易についてと生死観の死と恐怖について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 欧州域内貿易と域外貿易と ソビエトと経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи (СЭВ)セフ)の諸国の 内外市場についてと 1980年~1999年までの 欧州(15カ国)と関係する 相手国別の貿易量が 欧州域全体>途上国>合衆国>日本 ◎各年貿易増加率 欧州 '80~'90 8.14% '90~'99 5.78% 合衆国 '80~'90 5.93% '90~'99 7.26% 日本 '80~'90 8.93% '90~'99 3.96% ◎各年貿易額 欧州 1980年 750 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 2,000 ×(10^9㌦) 合衆国 1980年 200 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 750 ×(10^9㌦) 日本 1980年 100 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 250 ×(10^9㌦) を示します。 他方、共同体内の現在からも ソビエトと経済相互援助会議の諸国と 資本主義世界市場のあり方も気になりますが 制度も時期も異なることを包含して思考します。 1990年代の 旧東欧諸国と欧州の貿易が 産業製品が過剰輸出で 織物製品が過剰輸入でした。 途上国と先進国また、 現在の国家間の 労働賃金の差分も気になります。 現在の中国または 新興国(BRICS)についての 国内のモデルが 資本主義世界市場の 設定に合致して 効果的な値を示すことから 資本主義世界市場の性質が 過去の先進国または 現在の新興国の領域についての 指標で効果的な機能の モデルであるということから 現在の 先進国と新興国と途上国の ありようを どうすり合わせていくべきかも 気になります。 生死観の死と恐怖について 安楽を 領納(感受)する時の 感覚的なものと 恐怖を 領納(感受)する時の 感覚的なものとに対して 論理的に身体の反応として 恐怖の場合筋肉は萎縮して 回避しようとすることになり 生存しますが 感覚的な安楽なものとの 反復(リトルネロ)もございます。 仏法でいう四句分別で、 数学の証明問題の ことでございますが 相依性ゆえに倶(とも)にあらず、 同じ時制で生滅がないことを 領解(りょうげ)します。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.21. 19:40
視聴回数:1899回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   欧州域内貿易と域外貿易と   ソビエトと経済相互援助会議(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   (СЭВ)セフ)の諸国の   内外市場についてと   1980年~1999年までの   欧州(15カ国)と関係する   相手国別の貿易量が   欧州域全体>途上国>合衆国>日本   ◎各年貿易増加率   欧州   '80~'90   8.14%   '90~'99   5.78%   合衆国   '80~'90   5.93%   '90~'99   7.26%   日本   '80~'90   8.93%   '90~'99   3.96%   ◎各年貿易額   欧州   1980年   750   ×(10^9㌦)     1999年   2   000   ×(10^9㌦)   合衆国   1980年   200   ×(10^9㌦)     1999年   750   ×(10^9㌦)   日本   1980年   100   ×(10^9㌦)     1999年   250   ×(10^9㌦)   を示します。   他方   共同体内の現在からも   ソビエトと経済相互援助会議の諸国と   資本主義世界市場のあり方も気になりますが   制度も時期も異なることを包含して思考します。   1990年代の   旧東欧諸国と欧州の貿易が   産業製品が過剰輸出で   織物製品が過剰輸入でした。   途上国と先進国また   現在の国家間の   労働賃金の差分も気になります。   現在の中国または   新興国(BRICS)についての   国内のモデルが   資本主義世界市場の   設定に合致して   効果的な値を示すことから   資本主義世界市場の性質が   過去の先進国または   現在の新興国の領域についての   指標で効果的な機能の   モデルであるということから   現在の   先進国と新興国と途上国の   ありようを   どうすり合わせていくべきかも   気になります。   生死観の死と恐怖について   安楽を   領納(感受)する時の   感覚的なものと   恐怖を   領納(感受)する時の   感覚的なものとに対して   論理的に身体の反応として   恐怖の場合筋肉は萎縮して   回避しようとすることになり   生存しますが   感覚的な安楽なものとの   反復(リトルネロ)もございます。   仏法でいう四句分別で   数学の証明問題の   ことでございますが   相依性ゆえに倶(とも)にあらず   同じ時制で生滅がないことを   領解(りょうげ)します。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)欧州域内外の貿易とソビエトと経済相互援助会議の貿易についてと生死観の死と恐怖について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 欧州域内貿易と域外貿易と ソビエトと経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи (СЭВ)セフ)の諸国の 内外市場についてと 1980年~1999年までの 欧州(15カ国)と関係する 相手国別の貿易量が 欧州域全体>途上国>合衆国>日本 ◎各年貿易増加率 欧州 '80~'90 8.14% '90~'99 5.78% 合衆国 '80~'90 5.93% '90~'99 7.26% 日本 '80~'90 8.93% '90~'99 3.96% ◎各年貿易額 欧州 1980年 750 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 2,000 ×(10^9㌦) 合衆国 1980年 200 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 750 ×(10^9㌦) 日本 1980年 100 ×(10^9㌦) ⇒ 1999年 250 ×(10^9㌦) を示します。 他方、共同体内の現在からも ソビエトと経済相互援助会議の諸国と 資本主義世界市場のあり方も気になりますが 制度も時期も異なることを包含して思考します。 1990年代の 旧東欧諸国と欧州の貿易が 産業製品が過剰輸出で 織物製品が過剰輸入でした。 途上国と先進国また、 現在の国家間の 労働賃金の差分も気になります。 現在の中国または 新興国(BRICS)についての 国内のモデルが 資本主義世界市場の 設定に合致して 効果的な値を示すことから 資本主義世界市場の性質が 過去の先進国または 現在の新興国の領域についての 指標で効果的な機能の モデルであるということから 現在の 先進国と新興国と途上国の ありようを どうすり合わせていくべきかも 気になります。 生死観の死と恐怖について 安楽で感覚的なものと 恐怖の感覚的なものに対して 論理的に身体の反応として 恐怖の場合筋肉は萎縮して 回避しようとすることになり 生存しますが 感覚的な安楽なものとの 反復(リトルネロ)もございます。 仏法でいう四句分別で、 数学の証明問題の ことでございますが 相依性ゆえに倶(とも)にあらず、 同じ時制で生滅がないことを 領解(りょうげ)します。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.21. 13:22
視聴回数:4623回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   欧州域内貿易と域外貿易と   ソビエトと経済相互援助会議の諸国(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   (СЭВ)セフ)の   内外市場についてと   1980年~1999年までの   欧州(15カ国)と関係する   相手国別の貿易量が   欧州域全体>途上国>合衆国>日本   ◎各年貿易増加率   欧州   '80~'90   8.14%   '90~'99   5.78%   合衆国   '80~'90   5.93%   '90~'99   7.26%   日本   '80~'90   8.93%   '90~'99   3.96%   ◎各年貿易額   欧州   1980年   750   ×(10^9㌦)     1999年   2   000   ×(10^9㌦)   合衆国   1980年   200   ×(10^9㌦)     1999年   750   ×(10^9㌦)   日本   1980年   100   ×(10^9㌦)     1999年   250   ×(10^9㌦)   を示します。   他方   共同体内の現在からも   ソビエトと経済相互援助会議の諸国と   資本主義世界市場のあり方も気になりますが   制度も時期も異なることを包含して思考します。   1990年代の   旧東欧諸国と欧州の貿易が   産業製品が過剰輸出で   織物製品が過剰輸入でした。   途上国と先進国また   現在の国家間の   労働賃金の差分も気になります。   現在の中国または   新興国(BRICS)についての   国内のモデルが   資本主義世界市場の   設定に合致して   効果的な値を示すことから   資本主義世界市場の性質が   過去の先進国または   現在の新興国の領域についての   指標で効果的な機能の   モデルであるということから   現在の   先進国と新興国と途上国の   ありようを   どうすり合わせていくべきかも   気になります。   生死観の死と恐怖について   安楽で感覚的なものと   恐怖の感覚的なものに対して   論理的に身体の反応として   恐怖の場合筋肉は萎縮して   回避しようとすることになり   生存しますが   感覚的な安楽なものとの   反復(リトルネロ)もございます。   仏法でいう四句分別で   数学の証明問題の   ことでございますが   相依性ゆえに倶(とも)にあらず   同じ時制で生滅がないことを   領解(りょうげ)します。  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)仏法経典についてと欧州と中東欧とソビエトについて

合唱組曲島よ(朗読)(お話です) 仏法のの禅の問答についてと 浄土三部経と 法華経と 華厳経と 禅定についてと 経済相互援助会議 (COMECONコメコン結成) (ソ連、ブルガリア、 ハンガリー、ポーランド、 ルーマニア、チェコスロバキア) (1949年) コメコン諸国圏内の価格と 圏外の資本主義世界市場の 価格についての調整を思考して、 これまで、コメコン会議で コメコン諸国の価格を コメコン諸国の5ヵ年の枠内で 決定してございましたが、 1975年のコメコン会議で、 コメコン諸国の枠内でなく、 資本主義世界市場の平均価格で 決定していく取り決めを行いました。 コメコン枠内と 資本主義世界市場の 価格の差分が、 資源と織物と 機械製品の各価格が 15%から25%を示して 高価なものでございました。 このとき、 価格の選定時期が 課題でございます。 コメコン諸国の 資本主義諸国に対する輸出価格が、 世界市場に比べて低価格です。 コメコンの価格の 基底の形成のために コメコン内価格と コメコン外価格の 区別を行って、 コメコン内価格が 資本主義世界市場価格から 乖離してございますから 直接の価格の値を扱わずに コメコン内独自の値を扱います。 コメコン枠の価格と コメコン加盟国国内の 価格の直接的的関係性が 少ないという課題が存在して ここに通貨価値の 為替の課題がございます。 このことから国内価格と 国際価格の正当性を 主張しづらい側面がございます。 ここから価格の歪が 生じてございますから これを是正することが コメコンの価格の基底の形成に 必要な条件ということに なってございます。 欧州と中東欧とソビエトの 通商と貿易と協約について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.17. 11:14
視聴回数:1532回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)(お話です)   仏法のの禅の問答についてと   浄土三部経と   法華経と   華厳経と   禅定についてと   経済相互援助会議   (COMECONコメコン結成)   (ソ連   ブルガリア   ハンガリー   ポーランド   ルーマニア   チェコスロバキア)   (1949年)   コメコン諸国圏内の価格と   圏外の資本主義世界市場の   価格についての調整を思考して   これまで   コメコン会議で   コメコン諸国の価格を   コメコン諸国の5ヵ年の枠内で   決定してございましたが   1975年のコメコン会議で   コメコン諸国の枠内でなく   資本主義世界市場の平均価格で   決定していく取り決めを行いました。   コメコン枠内と   資本主義世界市場の   価格の差分が   資源と織物と   機械製品の各価格が   15%から25%を示して   高価なものでございました。   このとき   価格の選定時期が   課題でございます。   コメコン諸国の   資本主義諸国に対する輸出価格が   世界市場に比べて低価格です。   コメコンの価格の   基底の形成のために   コメコン内価格と   コメコン外価格の   区別を行って   コメコン内価格が   資本主義世界市場価格から   乖離してございますから   直接の価格の値を扱わずに   コメコン内独自の値を扱います。   コメコン枠の価格と   コメコン加盟国国内の   価格の直接的的関係性が   少ないという課題が存在して   ここに通貨価値の   為替の課題がございます。   このことから国内価格と   国際価格の正当性を   主張しづらい側面がございます。   ここから価格の歪が   生じてございますから   これを是正することが   コメコンの価格の基底の形成に   必要な条件ということに   なってございます。   欧州と中東欧とソビエトの   通商と貿易と協約について  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 戦没者の方々の抱く平和への渇望とプラサンガ(破邪)の論法の五求門破について

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 戦没者の方々の抱く平和への渇望をどう領納していくかについて社会主義と民主主義と資本主義と共産主義と君主制と共和制についての領解(りょうげ)の手立てとプラサンガ(破邪)の論法の五求門破(ごくもんは)の論理的必然性と不生不滅と不断不常について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.10. 13:45
視聴回数:154回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   戦没者の方々の抱く平和への渇望をどう領納していくかについて社会主義と民主主義と資本主義と共産主義と君主制と共和制についての領解(りょうげ)の手立てとプラサンガ(破邪)の論法の五求門破(ごくもんは)の論理的必然性と不生不滅と不断不常について  

01 02

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.