PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02 03 04

サムネイル

【金八アゴラ(2016/12/30)】(5/10)今年の生活保守News★二子玉川堤防予算失効の危機

12/30に放送の「金八アゴラ」の模様です。 ★今年の生活保守ニュース ★今年の生活保守ニュース ★二子玉川堤防予算が失効の危機(水辺地域づくりワーキング) ★給付型奨学金 ★食品安全の強化、HACCP、J-GAP ★公明党のギャンブル依存症対策チーム ★非正規雇用の給与水準引上げ、賞与等導入検討 ★長時間労働解消へ

投稿者:サイト名 PatriotesJapan
投稿日時:2017.1.4. 21:42
視聴回数:756回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故   ニュース全般   暮らし全般  
タグ: 田淵隆明   石川くみ子   生活保守   二子玉川堤防の予算失効危機   水辺地域づくりワーキング  

サムネイル

【金八アゴラ(2016/09/23)】(6/9)非正規職員にも育休

★育児・介護休業法改正により、非正規職員でも育休をとれる範囲が大幅に拡大 ★田淵氏は「1年以上継続雇用」を「通算1年以上」に修正するように要求

投稿者:サイト名 PatriotesJapan
投稿日時:2016.9.25. 19:42
視聴回数:234回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故   ニュース全般   暮らし全般  
タグ: 田淵隆明   石川くみ子   非正規職員   育休   基準緩和  

サムネイル

安定した職業・仕事で働きたい!という基準で仕事を選ぶ際の注意点

参考記事:http://perfectlifeproject.com/archives/3059 『大企業に就職すれば安定する。』といったことはよく言われていますが、 今の時代においても『安定した仕事・職業で働きたい!』と考えられている方々に、こうした考え方は危険極まりないということについてお伝えしていきます。 まず、現代においては『安定した職業・仕事』などといったものはほとんどありません。そして、今後も長期的な雇用が保障された仕事は減っていく傾向にあります。 また、こうした流れの中で安定した職業や仕事を求め続けることになれば、『安定』のために『時間とお金を犠牲にすること』になっていきます。

投稿者:サイト名 創職男子☆守淳史
投稿日時:2016.5.11. 11:01
視聴回数:145回
お気に入り登録:0
カテゴリ: ハウツー  
タグ:

サムネイル

ピラミッド前で観光ガイド連盟がイベント

エジプトの観光ガイド連盟が5日、カイロ郊外にあるピラミッドの前で、外国人観光客の呼び込みを図るイベントを開いた。国際NGO「世界旅行ツーリズム協議会」によると、エジプトでは約310万人が観光関連産業に従事し、雇用全体の約13%を占める。観光業者らは軍主導の暫定政権が治安回復を進めていることを訴えた。

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2013.9.12. 22:48
視聴回数:978回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 全国   ニュース・天気  
タグ: 動画   毎日   カイロ   エジプト   ピラミッド  

サムネイル

Vivaldi Gloria inDMajorRV589(お話です) 1 「ユダヤ教と意識と日常と信心」「タルムード」

Vivaldi Gloria in D Major RV589 (お話です) 1  「ユダヤ教と意識と 日常生活と信仰心」 「ミシュナー・タルムード」 「民族宗教と 世界宗教についてと 民族宗教に 教祖がいる宗教と 教祖がいない宗教があり ユダヤ教が 教祖も聖職者もいない 宗教でございます。」 意識と環境の (うちとそと) についてと 意識の (日常生活から 個人の人格と身体) についてと 環境界の (意識と環境の複合性と 解脱から信仰心) について 1967年 第三次中東戦争  ヨルダン西岸が イスラエル占領域になりましたが、 相互関係の歴史に、 イスラエルが土地を 統治して、 ヨルダンが人を統治していく という手立てを講じる歴史がございました。 これが 第三次中東戦争の 特長でございますが、 1968年に イスラエル企業が パレスチナ人労働者を 雇用することが認可されて ヒスタドルート労働総同盟が イスラエルの国民に 付加がががらないという 条件付で認可を行いました。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.8. 23:49
視聴回数:547回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV589   (お話です)   1   「ユダヤ教と意識と日常と信心」   「ミシュナー・タルムード」   「民族宗教と   世界宗教についてと   民族宗教に   教祖がいる宗教と   教祖がいない宗教があり   ユダヤ教が   教祖も聖職者もいない   宗教でございます。」   意識と環境の   (うちとそと)   についてと   意識の   (日常生活から   個人の人格と身体)   についてと   環境界の   (意識と環境の複合性と   解脱から信仰心)   について   1967年第三次中東戦争   ヨルダン西岸がイスラエル占領域になりましたが   相互関係の歴史に   イスラエルが土地を統治して   ヨルダンが人を統治していくという手立てを講じる歴史がございました。   これが   第三次中東戦争の   特長でございますが   1968年に   イスラエル企業が   パレスチナ人労働者を   雇用することが認可されて   ヒスタドルート労働総同盟が   イスラエルの国民に   付加がががらないという   条件付で認可を行いました。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「意識の解釈の基準変更頻度」「ソビエトと経済相互援助会議(SEVセフ)」「十住毘婆沙論」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 意識の解釈の基準の解釈についてと 解釈の基準の変更と頻度についてと、 価値基準の合意と否合意の頻度と 解釈のしくみと 価値基準の方向性と 価値尺度の厳密性と 力への意思と支配への意思が 固定的に領納していくことを 停止するとき 放射状のしくみが これらが固定していくことを防止して 解釈の固定も止めますが、 同時に、解釈の基準の 変更の頻度から 解釈と解釈の 差分を示すとき 不確実性が侵入します。 常識の強い健全性のについて ソビエトと 経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи ((СЭВ) SEVセフ)の諸国についてと 社会主義とソビエト共産党についてと 労働系、社会運動系の組織が 各国の政府与党であることから 雇用者が仮にも資本市場の取引を 開示してございますから、 組合費、農業団体の費用の 収支の開示の 必要性についてと 十住毘婆沙論について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.24. 02:41
視聴回数:407回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   意識の解釈の基準の解釈についてと解釈の基準の変更と頻度についてと   価値基準の合意と否合意の頻度と解釈のしくみと価値基準の方向性と価値尺度の厳密性と力への意思と支配への意思が固定的に領納していくことを停止するとき放射状のしくみがこれらが固定していくことを防止して解釈の固定も止めますが   同時に   解釈の基準の変更の頻度から解釈と解釈の差分を示すとき不確実性が侵入します。   常識の強い健全性のについて   ソビエトと経済相互援助会議(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   ((СЭВ)   SEVセフ)の諸国についてと社会主義とソビエト共産党についてと   労働系   社会運動系の組織が各国の政府与党であることから雇用者が仮にも資本市場の取引を開示してございますから   組合費   農業団体の費用の収支の開示の必要性についてと   十住毘婆沙論について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「意識の解釈の基準変更頻度」「ソビエトと経済相互援助会議(SEVセフ)」「十住毘婆沙論」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 意識の解釈の基準の解釈についてと 解釈の基準の変更と頻度についてと、 価値基準の合意と否合意の頻度と 解釈のしくみと 価値基準の方向性と 価値尺度の厳密性と 力への意思と支配への意思が 固定的に領納していくことを 停止するとき 放射状のしくみが これらが固定していくことを防止して 解釈の固定も止めますが、 同時に、解釈の基準の 変更の頻度から 解釈と解釈の 差分を示すとき 不確実性が侵入します。 常識の強い健全性のについて ソビエトと 経済相互援助会議(Советская и Совета Экономической Взаимопомощи (СЭВ) SEVセフ)の諸国についてと 社会主義とソビエト共産党についてと 労働系、社会運動系の組織が 各国の政府与党であることから 雇用者が仮にも資本市場の取引を 開示してございますから、 組合費、農業団体の費用の 収支の開示の 必要性についてと 十住毘婆沙論について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.23. 15:40
視聴回数:403回
お気に入り登録:0
カテゴリ: エンタメ全般   趣味・旅行全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)意識の解釈の基準の解釈についてと解釈の基準の変更と頻度についてと   価値基準の合意と否合意の頻度と解釈のしくみと価値基準の方向性と価値尺度の厳密性と力への意思と支配への意思が固定的に領納していくことを停止するとき放射状のしくみがこれらが固定していくことを防止して解釈の固定も止めますが   同時に   解釈の基準の変更の頻度から解釈と解釈の差分を示すとき不確実性が侵入します。常識の強い健全性のについてソビエトと経済相互援助会議(Советская   и   Совета   Экономической   Взаимопомощи   (СЭВ)   SEVセフ)の諸国についてと社会主義とソビエト共産党についてと労働系   社会運動系の組織が各国の政府与党であることから雇用者が仮にも資本市場の取引を開示してございますから   組合費   農業団体の費用の収支の開示の必要性についてと十住毘婆沙論について  

サムネイル

第4回毎日新聞震災フォーラム「震災から半年余 課題と希望」 牧原出・東北大教授

 東日本大震災からの再生を考える「第4回毎日新聞・震災フォーラム」が26日、岩手県釜石市の県沿岸広域振興局で開かれた。野田武則市長、市内の水産加工会社、小野食品の小野昭男社長、市の復興計画づくりを支援している遠藤新・工学院大准教授、増田寛也・前同県知事、牧原出・東北大教授が、震災から半年余の課題と「希望」を話し合った。  野田氏は、釜石市が少子高齢化に悩む全国の地方自治体の典型で雇用確保が最大の課題と説明し「伝統あるラグビーを生かして若者にも魅力あるまちづくりを目指す」と語った。遠藤氏は計画づくりに市民が関わったことを紹介しつつ、「防災対策で手いっぱいになり、産業振興が一緒に論じられなかった感がある」と指摘した。小野氏は、取り扱いの大きいサケの漁期を目前に控え、「二重ローン問題への具体策を」と訴えた。フォーラムメンバーの増田氏は「世界各国にも復興の様子を伝えてほしい」、牧原氏は津波対策などを例に「市の枠を超えた広域的対応も重要」と強調した。 【動画】第4回震災フォーラム「震災から半年余 課題と希望」 http://goo.gl/tGdrW

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2011.10.6. 21:07
視聴回数:355回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 全国   岩手   ニュース・天気   東日本大震災   毎日動画ニュース   ニュース・天気  
タグ: 被災者へメッセージ   動画   毎日   東日本大震災   震災から半年余   課題と希望  

サムネイル

第4回毎日新聞震災フォーラム「震災から半年余 課題と希望」 増田寛也・前岩手県知事

 東日本大震災からの再生を考える「第4回毎日新聞・震災フォーラム」が26日、岩手県釜石市の県沿岸広域振興局で開かれた。野田武則市長、市内の水産加工会社、小野食品の小野昭男社長、市の復興計画づくりを支援している遠藤新・工学院大准教授、増田寛也・前同県知事、牧原出・東北大教授が、震災から半年余の課題と「希望」を話し合った。  野田氏は、釜石市が少子高齢化に悩む全国の地方自治体の典型で雇用確保が最大の課題と説明し「伝統あるラグビーを生かして若者にも魅力あるまちづくりを目指す」と語った。遠藤氏は計画づくりに市民が関わったことを紹介しつつ、「防災対策で手いっぱいになり、産業振興が一緒に論じられなかった感がある」と指摘した。小野氏は、取り扱いの大きいサケの漁期を目前に控え、「二重ローン問題への具体策を」と訴えた。フォーラムメンバーの増田氏は「世界各国にも復興の様子を伝えてほしい」、牧原氏は津波対策などを例に「市の枠を超えた広域的対応も重要」と強調した。 【動画】第4回震災フォーラム「震災から半年余 課題と希望」 http://goo.gl/tGdrW

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2011.10.6. 21:02
視聴回数:307回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 全国   岩手   ニュース・天気   東日本大震災   毎日動画ニュース   ニュース・天気  
タグ: 被災者へメッセージ   動画   毎日   東日本大震災   震災から半年余   課題と希望  

サムネイル

第4回毎日新聞震災フォーラム「震災から半年余 課題と希望」 小野昭男・小野食品社長

 東日本大震災からの再生を考える「第4回毎日新聞・震災フォーラム」が26日、岩手県釜石市の県沿岸広域振興局で開かれた。野田武則市長、市内の水産加工会社、小野食品の小野昭男社長、市の復興計画づくりを支援している遠藤新・工学院大准教授、増田寛也・前同県知事、牧原出・東北大教授が、震災から半年余の課題と「希望」を話し合った。  野田氏は、釜石市が少子高齢化に悩む全国の地方自治体の典型で雇用確保が最大の課題と説明し「伝統あるラグビーを生かして若者にも魅力あるまちづくりを目指す」と語った。遠藤氏は計画づくりに市民が関わったことを紹介しつつ、「防災対策で手いっぱいになり、産業振興が一緒に論じられなかった感がある」と指摘した。小野氏は、取り扱いの大きいサケの漁期を目前に控え、「二重ローン問題への具体策を」と訴えた。フォーラムメンバーの増田氏は「世界各国にも復興の様子を伝えてほしい」、牧原氏は津波対策などを例に「市の枠を超えた広域的対応も重要」と強調した。 【動画】第4回震災フォーラム「震災から半年余 課題と希望」 http://goo.gl/tGdrW

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2011.10.6. 20:52
視聴回数:350回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 全国   岩手   ニュース・天気   東日本大震災   毎日動画ニュース   ニュース・天気  
タグ: 被災者へメッセージ   動画   毎日   東日本大震災   震災から半年余   課題と希望  

01 02 03 04

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.