PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

テレビを見ないことというテーマで話します

テレビはあなたを洗脳する装置です。はっきり言えば迷惑なテレビから解放するためにもテレビだけは見ないことをおすすめします。 ブログ Masatoshi Ueda Vlog(メインブログ) http://naoto.minibird.jp/vlog/ 植田雅俊note https://note.mu/japan2

投稿者:サイト名 masatosi95
投稿日時:2016.11.4. 17:04
視聴回数:348回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: テレビ   洗脳   電通   アホ番組   日本   アメリカ   NHK   総務省   電波利権  

サムネイル

【金八アゴラ(2016/10/22)】(5/12)電通で過労死★パワー・ポイント奉行

10/22に放送予定の「金八アゴラ」の模様です。 ★電通で過労死自殺。 ★上司のパワハラが原因かと言われている。 ★現在、「パワー・ポイント奉行」と呼ばれる、記載内容でなく些細な書式のアラを探すことに血道を上げる 上司によるパワハラが横行している。学歴コンプレックスなどがその背景にあり、非常にタチが悪い。 ★中高生向けの某塾では、壮絶な管理教育が行われている。

投稿者:サイト名 PatriotesJapan
投稿日時:2016.10.24. 23:54
視聴回数:484回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故   ニュース全般   教育全般  
タグ: 田淵隆明   電通   過労死   超管理教育の塾   パワポ奉行  

サムネイル

「こんにちは!ミラタです」

国際宇宙ステーション(ISS)に乗り込んだ人型ロボット「KIROBO(キロボ)」のバックアップクルー「MIRATA(ミラタ)」。東大先端科学技術研究センター、電通、ロボット・ガレージ、トヨタ自動車が協同開発しました。年内にもISSでキロボが本格活動を始めるのを前に、ミラタがごあいさつ。

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2013.10.11. 17:58
視聴回数:1270回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 全国   ニュース・天気  
タグ: 動画   毎日   ミラタ   ISS   バックアップクルー   キロボ  

サムネイル

WEB動画とマーケッティング 消費行動の変化

its a sotry 福岡インターネットテレビ WEB動画とマーケッティング 消費行動の変化 以前から広告手法の変化について考えてきていますが、 自分へのまとめも含めて、簡単にまとめておきたいと思います。 ちょっとした決断がいるものを買おうとしたとき→ 以前なら この間テレビで見  た    なんてものを  たぶん買っていたかもしれません。 これマーケッティングでは、 AIDOMAの法則(アイドマのほうそく) A(注意)→I(関心)→D(欲求)→M(記憶)→A(行動) といいます。 でも 最近は  当然 テレビコマーシャルや 日経トレンディ や その他諸々 で情報収集するけれど やっぱり   価格.com なんか参考にして 楽天や ヨドバシ や ビック なんか いきつつ ヤマダ や コジマ や デオデオ へ 時間のあるときは丁寧に ないときは それなりに といった買い方をしてます。 これ 、、、、、、、→ AISASの法則(アイサスの法則) (電通の商標登録?) A(注意)→I(関心)→S(検索)→A(行動)→S(情報共有) といいます。たぶん2Aまでは無意識のうちにしているような気がします。 消費行動特性はこちらに流れてきていると思う。 2005年10月18日 日経産業新聞より引用 電通は「ネットアクティブ男女の情報&消費生活」と題した報告書をまとめた。報告書では、ネットの普及により消費者が商品を知ってから購入するまでの過程で「検索、評価チェック」と「意見共有」といった行動が加わり、大きな変化が生まれるため、ネットの特色を生かした新たな企業広告づくりが求められると提言している。 報告書は20—30代の女性向けサイト利用者を対象に6月に実施した「女性インターネットライフ調査」(回答者数625)と、過去3年以内にデジタル家電購入経験のある男性を対象に8月に実施した「男性インターネットライフ調査」(同300)などを基にまとめた。 電通ではこれらの調査結果を受けて、消費者が商品を知って購入するまでの過程として広く知られる「AIDMA」(アテンション=注意喚起、インタレスト=興味、デザイア=欲求、メモリー=記憶、アクション=購入)に代わる、新たな商品購入過程を提唱した。欲求と記憶に代わり「サーチ(検索、評価チェック)」と「シェア(意見共有)」が加わり、「AISAS」になるという。 企業が消費者に対するコミュニケーションにおいて、口コミやネットを含めた複数のメディアの活用が求められるという。 具体的には(1)「CtoC(特にネット口コミ)の活用」(2)テレビCMからネットへの誘導を図るような「マス(メディア)からネット誘導型のコミュニケーションの進化」(3)ネットにある利用者の声を広告に反映するような「消費者視点の情報を(広告へ)フィードバック」(4)ネットから本のしおり、Tシャツまで様々なものをメディアとする「クロスメディア参加型コミュニケーション」の4つを注目点に挙げている。 http://www.sotry.jp 経営戦略

投稿者:サイト名 SOTRY
投稿日時:2008.6.26. 00:31
視聴回数:1232回
お気に入り登録:0
カテゴリ: ニュース全般   スポーツ全般   ビジネス全般  
タグ: sotry   福岡インターネットテレビ   WEB動画とマーケッティング   消費行動の変化  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.