PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」 「欧州のアウトカーストとユダヤ人」 『タルムード 2章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 「欧州のアウトカースト(階級制度と階級制度の外階級の外)と境界上のユダヤ人」 『タルムード:Avot 第2章』 「ギリシャの倫理」 霊魂と肉体とイデアについて 肉体の欲望を離れた霊魂の 理知的活動と 肉体が物質的・知覚的に 存在して死すべきものであるが 肉体は滅びても 霊魂は滅びないものであるから 霊魂は非物質的・非知覚的で不死であり 霊魂がイデアを知るために 感覚を必要とせず 霊魂自体知覚も無く 破壊もできぬものである ということについて 「ヘブライの倫理」 律法の十戒 戒めの1 私はあなたの神、主であって、 あなたをエジプトの地、奴隷の家から 導き出したものである。 あなたは私のほかに、 何者をも神としてはいけません。 神が、 「わたしのほかに神はいない」 ということ唯一絶対的な存在である と宣言して あれこれ自分の都合でいろいろな神をつくったり、 拝んだりすることは。 ほかの神々の存在を前提にしつつ 「わたしの面前」で 拝んではいけないという 拝一神教も感じさせるものです。 戒律でまず、 「君」に成就した 「出エジプト」の恵みを回顧して、 恵みで現われた神の前で 「君」は「他の神々」を持てるだろうか。 ということを示してございます。 ユダヤ教は当時 他国の支配を受けていたため 時刻の隠れた神々を嘆き、 他の国々、エジプトの神々に 右顧左眄(うこさべん)して迷っていたが 「君」は「君の神」に会い 恵みを知りました。 他の神を排除して 「君」の神への忠義を誓い 戒めを守り神の契約を全うしなさい というものが戒律の 厳密なものになります。 『タルムード:Avot 第2章』 第2章 1。 ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり、また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程、軽い掟にも留意しなさい。なぜならば、あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また、罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち、見ている目、聴いている耳、および、書に記されつづけるあなたのすべての行為。 2。 ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり、また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな、天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け、彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて、あなたたちがそれらを行ったかのごとく、神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。 3。 偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら、彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが、人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。 4。 彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。  ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また、わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.23. 23:17
視聴回数:3473回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」   「欧州のアウトカースト(階級制度と階級制度の外階級の外)と境界上のユダヤ人」   『タルムード:Avot   第2章』   「ギリシャの倫理」   霊魂と肉体とイデアについて   肉体の欲望を離れた霊魂の   理知的活動と   肉体が物質的・知覚的に   存在して死すべきものであるが   肉体は滅びても   霊魂は滅びないものであるから   霊魂は非物質的・非知覚的で不死であり   霊魂がイデアを知るために   感覚を必要とせず   霊魂自体知覚も無く   破壊もできぬものである   ということについて   「ヘブライの倫理」   律法の十戒   戒めの1   私はあなたの神   主であって   あなたをエジプトの地   奴隷の家から   導き出したものである。   あなたは私のほかに   何者をも神としてはいけません。   神が   「わたしのほかに神はいない」   ということ唯一絶対的な存在である   と宣言して   あれこれ自分の都合でいろいろな神をつくったり   拝んだりすることは。   ほかの神々の存在を前提にしつつ   「わたしの面前」で   拝んではいけないという   拝一神教も感じさせるものです。   戒律でまず   「君」に成就した   「出エジプト」の恵みを回顧して   恵みで現われた神の前で   「君」は「他の神々」を持てるだろうか。   ということを示してございます。   ユダヤ教は当時   他国の支配を受けていたため   時刻の隠れた神々を嘆き   他の国々   エジプトの神々に   右顧左眄(うこさべん)して迷っていたが   「君」は「君の神」に会い   恵みを知りました。   他の神を排除して   「君」の神への忠義を誓い   戒めを守り神の契約を全うしなさい   というものが戒律の   厳密なものになります。   『タルムード:Avot   第2章』   第2章   1。   ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり   また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程   軽い掟にも留意しなさい。なぜならば   あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また   罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち   見ている目   聴いている耳   および   書に記されつづけるあなたのすべての行為。   2。   ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり   また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな   天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け   彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて   あなたたちがそれらを行ったかのごとく   神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。   3。   偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら   彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。   4。   彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。   ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また   わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。   5。   ヒレルは言った:社会から自分を分離しないでください。そしてあなたの死の日まで自分を信頼していない。   あなたが彼の代わりになるまで   あなたの仲間を判断してはいけない。   理解することはできませんが   最終的に理解されるであろう何かを言うことはありません。   いないと言う:私はあなたが時間がないかもしれないので   私は勉強する時間があるとき。   6。   ヒレルは言うに使用される:野蛮な男が罪を恐れることはできません。無知な人は敬虔なことはできません。また   内気な男が学ぶことができるか   せっかちな人は教えています。   ビジネスに過度に従事する彼は賢明になることはできません。   全く男性が存在しない場所で人となるよう努めています。   7。   また   彼は水の表面に浮かんで頭蓋骨を見て   彼はそれを言った:あなたは他人を溺れさせたので   彼らはあなたを溺れさせ   そしてあなたが最終的に溺死され溺死したもの。   8。   彼が言うに使用される詳細の肉より多くのワームを   多くの財産を多くの不安   多くの女性より多くの魔力   より多くの奴隷みだらな   より多くのmanservants多くの盗難。   しかし   多くの律法より多くの人生   多くの学校より多くの知恵   より多くの助言より多くの理解を   より多くの正義の平和。   男は良い名前を取得したとき   彼は自分自身を豊かにする何かを得ています   しかし   彼は律法の言葉を取得したとき   彼は死後の世界を達成している。   rabbanのYochananベンZakkaiはヒレルからとshammaiから律法を受けた。   あなたは多くを学んだしている場合は律法はこの目的のためにあなたが作成されたために   あなた自身のために道徳的な卓越性を主張しません:彼が言っていました。   9。   rabbanのYochananベンZakkaiは   5人の弟子   これらを持っていた   彼らは   次のとおりです。エリエゼルベンHyrcanus   ジョシュアベ​​ンChananiah   ヨシ·プリースト   シモン·ベンNatanel   とエラザールベンArach。   彼は   彼らの賞賛を言うために使用しました。エリエゼルベンHyrcanusは   ドロップを失うことはありません漆喰水槽です。ジョシュアベ​​ンChananiah   -   幸せは彼に出産した彼女であるヨシ·プリーストは   聖人のような人間である。シモン·ベンNatanelは罪の恐ろしいです。   ;エラザールベンArachは絶えず流れる温泉です。   彼が言うに使用される:イスラエルのすべての賢人はバランスおよびその他の国におけるエリエゼルベンHyrcanusのいずれかの規模であった場合   彼はそれらすべてを上回るだろう。   アバシャウルは   しかし   彼の名前は次のように述べている。一緒にエリエゼルベンHyrcanusとイスラエルのすべての賢人は   バランスのいずれかの規模であった場合   エラザールベンArachはそれらを上回るだろう。   rabbanのYochananベンZakkaiは彼らに言った。移動して   いい男が最も大切にしなければならないです参照してください。   ラビエリエゼルは   良い目を言った。   ラビヨシュアは   良い仲間と述べた。   ラビヨシは   良き隣人と述べた。   ラビシモンは   先見の明は言った。   ラビエラザールは   良い心を語った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   彼は彼らに言った:移動し   男は避けるべき邪悪な方法です参照してください。   ラビエリエゼルは   邪眼は言った。   ラビヨシュアは   邪悪な仲間と述べた。   ラビヨシは   邪悪な隣人と述べた。   ラビシモンが言った   彼は借りて返済しないこと。   それは(詩篇37:21)書かれているために人から借りて   彼は神から借りて一人としては   "邪悪で借りて   返済しませんが   正しい者は寛大であり   与え続ける。"   ラビエラザールは   邪悪な心は言った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   10。   彼らはそれぞれ3つのことを言っていた。   ラビエリエゼルは言った:あなたの仲間の名誉は   あなた自身のようにあなたのように愛するとする。   簡単に怒りに移動しないこと。   あなたの死の前に一日後悔。   賢人の火災前に自分自身を暖めるが   その一口がジャッカルの咬傷で   その蛇のヒスサソリとそのヒスの痛みを刺すためにあなたは   焼かれることを恐れて   彼らの熱烈な石炭の気が利くとし   すべての彼らの言葉は火の炭のようなものです。   11。   ラビヨシュアは言った:邪眼は   彼の仲間の生き物の邪悪な欲望と憎しみは   世界の人を出した。   12。   ラビヨシは言った:あなたの仲間の男のプロパティは   あなた自身のようにあなたに愛するようになりましょう。   それの知識が継承によって自分のものでないために   律法の研究のためにあなた自身を準備します。   すべてのあなたの行為は天のために行われてみましょう。   13。   ラビ・シメオンは言う。シェマアの朗詠と祈りに気をつけなさい。またあなたが祈る時   あなたの祈りを決まりきった仕事でなく   偏在者   -   彼は頌むべきかな   -   の前で哀れみと嘆願の祈りにしなさい。「主は恵みに満ち   哀れみ深く   /   忍耐強く   慈しみに富み   /   くだした災いを悔いられるからだ」(ヨエル書2・13)といわれているからである。また自分自身の前で悪人であってはいけません。   14。   ラビ・エリアザルは言う。トーラー(律法)を勤勉に学びなさい。また不信心の者になんと答えればよいかを知りなさい。あなたが誰の前で労してるか知りなさい。あなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。   15。   ラビ・タルフォンは言う。日は短く仕事は多い。しかい労働者は怠慢で   報酬は多い。そして家の主人はせいている。   16。   彼は言っていた。仕事を完成するのはあなたの責任ではないが   あなたはそれから自由に手を引けるものでもない。もしもあなたがトーラー(律法)を多く学めばあなたに多大な報酬が与えられる。またあなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。しかし義人の報酬の授与は   将来であることを知りなさい。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajorRV589(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot第1章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第1章』 ソクラテスとプラトンについて 自然学者の 「超越への眼差し」を 嗣(し)する(=受け継ぐ) ソフィストと トラシュマコスの 強者の制議論と ソクラテスの反駁的対話(エレンコス) の論駁と (=反駁(はんば(ぱ)く) 他人の主張・批判に対し論じかえす) グラウコンの トラシュマコスの正義論の 検討についてと ギュゲスの指輪の 透明人間になり 戒めから開放されたことから 不義を行い尽くすという物語が 不義を行わぬ人間もいるということを 見落としているため ソクラテスがいう正義についても 幸福をもたらすか否かにかかわらず 成すべき事であるからであり ソクラテスはこれに殉じて処刑された ということについて プロタゴラスの対話でいう あること(x)が他のこと(y)に比べて善い、 と思い成す人は、 絶対に(y)を選択しない。 しかしプラトンが 欲望に従う(x)に比べて 欲望に従わない(y)方が 善いと思い成していても、 欲望に負けて(y)を選択して 欲望に従うことがある。 ことから、 理知に反する欲望の力を ソクラテスが考慮しなかったことを プラトンが破折してございます。 非 - 理知的な徳について 霊魂全体の理知的部分と 非 - 理知的部分の固有の関係を 形成することについて プラトンの霊魂三分説 (霊魂の 理知的部分、欲望的部分、気概的部分)と ギリシャの四元徳 (知恵sophi^a、勇気andrei^a、 節制s^ophrosyn^e、正義dikaiosyn^e) について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.21. 23:49
視聴回数:2338回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第1章』   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第1章』   ソクラテスとプラトンについて   自然学者の   「超越への眼差し」を   嗣(し)する(=受け継ぐ)   ソフィストと   トラシュマコスの   強者の制議論と   ソクラテスの反駁的対話(エレンコス)   の論駁と   (=反駁(はんば(ぱ)く)   他人の主張・批判に対し論じかえす)   グラウコンの   トラシュマコスの正義論の   検討についてと   ギュゲスの指輪の   透明人間になり   戒めから開放されたことから   不義を行い尽くすという物語が   不義を行わぬ人間もいるということを   見落としているため   ソクラテスがいう正義についても   幸福をもたらすか否かにかかわらず   成すべき事であるからであり   ソクラテスはこれに殉じて処刑された   ということについて   プロタゴラスの対話でいう   あること(x)が他のこと(y)に比べて善い   と思い成す人は   絶対に(y)を選択しない。   しかしプラトンが   欲望に従う(x)に比べて   欲望に従わない(y)方が   善いと思い成していても   欲望に負けて(y)を選択して   欲望に従うことがある。   ことから   理知に反する欲望の力を   ソクラテスが考慮しなかったことを   プラトンが破折してございます。     -   理知的な徳について   霊魂全体の理知的部分と     -   理知的部分の固有の関係を   形成することについて   プラトンの霊魂三分説   (霊魂の   理知的部分   欲望的部分   気概的部分)と   ギリシャの四元徳   (知恵sophi^a   勇気andrei^a   節制s^ophrosyn^e   正義dikaiosyn^e)   について   『タルムード:Avot   第1章』   第1章   第1章   1。   モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け   ヨシュアに伝え   ヨシュアは長老たちに   長老たちは預言者たちに   また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。   彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり   多くの弟子を養い育て   トーラーのための垣根をめぐらしなさい。   2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。   彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と   神殿の祭儀の上と   慈しみのわざの上である。   3。   ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。   4。   ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。   ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り   彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。   5。   あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである   貧しい人々をさせ   そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。   これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。   したがって   賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし   律法の研究を無視し   最後に地獄を継承します。   6。   ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai   Arbelite彼らから律法を受けた。   ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し   自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。   7。   邪悪な隣人から離れたまま   邪悪に関連付けることはできません   そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai   Arbeliteは述べています。   8。   ユダベンTabbaiとシモン·ベンShetachは彼らから律法を受けた。   ユダベンTabbaiは言った:裁判官の前に提示しているもののように自分自身をしないでください。   律法の訴訟の当事者があなたの前に立っているとき   彼らは邪悪な男として   あなたの目でなければなりませんが   彼らは判決を受け入れた場合   彼らが出発したとき   彼らは無実のようにあなたの目でなければなりません。   9。   シモン·ベンShetachは言った:熱心に証人を調べ   それらが改ざんすることを学ぶそれらを介しないようにあなたの言葉で注意が必要です。   10。   ShemayahとAvtalion彼らから律法を受けた。   支配を嫌い;愛の仕事は   政府の過度の親密さを求めていない:Shemayahは述べています。   11。   あなたは追放のペナルティが発生し   学習の水は不純と   それらを飲むと死ぬの後に来るの弟子である場所に呼ばれていないように賢者は   あなたの言葉で注意してください   そして天の名前が結果的に汚​​されています。Avtalionは言った。   12。   ヒレルとshammaiは   彼らから律法を受けた。   ヒレルは言った:平和を愛し   平和を追求し   アーロンの弟子である   あなたの仲間の生き物を愛し   律法に近いそれらをもたらす。   13。   彼ヒレルは言っていた。名声を得る者はその名声を失い   増やさない者は減らし   学ばない者は死罪の罪責を負う。冠を利用するものは過ぎ去るであろう。   14。   彼ヒレルは言っていた。わたしは自分のためでないときは   わたしのために誰がいるのであろうか。またわたしがわたし自身のためであれば   わたしは何者であろうか。そして今でなければ   いつであろうか。   15。   シャマイは言う。あなたの律法(トーラー)の学びを決まって行い   口数を減らして多くのわざをなし   すべての人をにこやかな面持ちで受け入れなさい。   16。   ラッパン・ガマリエルは言う。また師について疑問を晴らしなさい。推定から十分の一の捧げ物を納めすぎてはいけません。   17。   彼の息子のシメオンは言う。わたしは生涯を通じて賢者たちの間で大きくなったが   自分にとって沈黙にまさるものは見つからなかった。   肝要なのは律法(トーラー)の解釈でなく   実践である。誰であれ口数の多い人は罪を招く。   18。   ラッパン・シメオン・ベン・ガマリエルは言う。この世は三つの物の上に立っている。正義の上に   真実の上に   平和の上に。「城門では真実と正義に基づき/平和をもたらす裁きをせよ」(ゼカリヤ書8・16)と言われているからである。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajorRV589(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot第1章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第1章』 ソクラテスとプラトンについて 自然学者の 「超越への眼差し」を 嗣(し)する(=受け継ぐ) ソフィストと トラシュマコスの 強者の制議論と ソクラテスの反駁的対話(エレンコス) の論駁と (=反駁(はんば(ぱ)く) 他人の主張・批判に対し論じかえす) グラウコンの トラシュマコスの正義論の 検討についてと ギュゲスの指輪の 透明人間になり 戒めから開放されたことから 不義を行い尽くすという物語が 不義を行わぬ人間もいるということを 見落としているため ソクラテスがいう正義についても 幸福をもたらすか否かにかかわらず 成すべき事であるからであり ソクラテスはこれに殉じて処刑された ということについて プロタゴラスの対話でいう あること(x)が他のこと(y)に比べて善い、 と思い成す人は、 絶対に(y)を選択しない。 しかしプラトンが 欲望に従う(x)に比べて 欲望に従わない(y)方が 善いと思い成していても、 欲望に負けて(y)を選択して 欲望に従うことがある。 ことから、 理知に反する欲望の力を ソクラテスが考慮しなかったことを プラトンが破折してございます。 非 - 理知的な徳について 霊魂全体の理知的部分と 非 - 理知的部分の固有の関係を 形成することについて プラトンの霊魂三分説 (霊魂の 理知的部分、欲望的部分、気概的部分)と ギリシャの四元徳 (知恵sophi^a、勇気andrei^a、 節制s^ophrosyn^e、正義dikaiosyn^e) について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.21. 21:07
視聴回数:4161回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第1章』   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第1章』   ソクラテスとプラトンについて   自然学者の   「超越への眼差し」を   嗣(し)する(=受け継ぐ)   ソフィストと   トラシュマコスの   強者の制議論と   ソクラテスの反駁的対話(エレンコス)   の論駁と   (=反駁(はんば(ぱ)く)   他人の主張・批判に対し論じかえす)   グラウコンの   トラシュマコスの正義論の   検討についてと   ギュゲスの指輪の   透明人間になり   戒めから開放されたことから   不義を行い尽くすという物語が   不義を行わぬ人間もいるということを   見落としているため   ソクラテスがいう正義についても   幸福をもたらすか否かにかかわらず   成すべき事であるからであり   ソクラテスはこれに殉じて処刑された   ということについて   プロタゴラスの対話でいう   あること(x)が他のこと(y)に比べて善い   と思い成す人は   絶対に(y)を選択しない。   しかしプラトンが   欲望に従う(x)に比べて   欲望に従わない(y)方が   善いと思い成していても   欲望に負けて(y)を選択して   欲望に従うことがある。   ことから   理知に反する欲望の力を   ソクラテスが考慮しなかったことを   プラトンが破折してございます。     -   理知的な徳について   霊魂全体の理知的部分と     -   理知的部分の固有の関係を   形成することについて   プラトンの霊魂三分説   (霊魂の   理知的部分   欲望的部分   気概的部分)と   ギリシャの四元徳   (知恵sophi^a   勇気andrei^a   節制s^ophrosyn^e   正義dikaiosyn^e)   について   『タルムード:Avot   第1章』   第1章   第1章   1。   モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け   ヨシュアに伝え   ヨシュアは長老たちに   長老たちは預言者たちに   また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。   彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり   多くの弟子を養い育て   トーラーのための垣根をめぐらしなさい。   2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。   彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と   神殿の祭儀の上と   慈しみのわざの上である。   3。   ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。   4。   ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。   ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り   彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。   5。   あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである   貧しい人々をさせ   そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。   これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。   したがって   賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし   律法の研究を無視し   最後に地獄を継承します。   6。   ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai   Arbelite彼らから律法を受けた。   ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し   自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。   7。   邪悪な隣人から離れたまま   邪悪に関連付けることはできません   そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai   Arbeliteは述べています。   8。   ユダベンTabbaiとシモン·ベンShetachは彼らから律法を受けた。   ユダベンTabbaiは言った:裁判官の前に提示しているもののように自分自身をしないでください。   律法の訴訟の当事者があなたの前に立っているとき   彼らは邪悪な男として   あなたの目でなければなりませんが   彼らは判決を受け入れた場合   彼らが出発したとき   彼らは無実のようにあなたの目でなければなりません。   9。   シモン·ベンShetachは言った:熱心に証人を調べ   それらが改ざんすることを学ぶそれらを介しないようにあなたの言葉で注意が必要です。   10。   ShemayahとAvtalion彼らから律法を受けた。   支配を嫌い;愛の仕事は   政府の過度の親密さを求めていない:Shemayahは述べています。   11。   あなたは追放のペナルティが発生し   学習の水は不純と   それらを飲むと死ぬの後に来るの弟子である場所に呼ばれていないように賢者は   あなたの言葉で注意してください   そして天の名前が結果的に汚​​されています。Avtalionは言った。   12。   ヒレルとshammaiは   彼らから律法を受けた。   ヒレルは言った:平和を愛し   平和を追求し   アーロンの弟子である   あなたの仲間の生き物を愛し   律法に近いそれらをもたらす。   13。   彼ヒレルは言っていた。名声を得る者はその名声を失い   増やさない者は減らし   学ばない者は死罪の罪責を負う。冠を利用するものは過ぎ去るであろう。   14。   彼ヒレルは言っていた。わたしは自分のためでないときは   わたしのために誰がいるのであろうか。またわたしがわたし自身のためであれば   わたしは何者であろうか。そして今でなければ   いつであろうか。   15。   シャマイは言う。あなたの律法(トーラー)の学びを決まって行い   口数を減らして多くのわざをなし   すべての人をにこやかな面持ちで受け入れなさい。   16。   ラッパン・ガマリエルは言う。また師について疑問を晴らしなさい。推定から十分の一の捧げ物を納めすぎてはいけません。   17。   彼の息子のシメオンは言う。わたしは生涯を通じて賢者たちの間で大きくなったが   自分にとって沈黙にまさるものは見つからなかった。   肝要なのは律法(トーラー)の解釈でなく   実践である。誰であれ口数の多い人は罪を招く。   18。   ラッパン・シメオン・ベン・ガマリエルは言う。この世は三つの物の上に立っている。正義の上に   真実の上に   平和の上に。「城門では真実と正義に基づき/平和をもたらす裁きをせよ」(ゼカリヤ書8・16)と言われているからである。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.