PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)仏法経典についてと欧州と中東欧とソビエトについて

合唱組曲島よ(朗読)(お話です) 仏法のの禅の問答についてと 浄土三部経と 法華経と 華厳経と 禅定についてと 経済相互援助会議 (COMECONコメコン結成) (ソ連、ブルガリア、 ハンガリー、ポーランド、 ルーマニア、チェコスロバキア) (1949年) コメコン諸国圏内の価格と 圏外の資本主義世界市場の 価格についての調整を思考して、 これまで、コメコン会議で コメコン諸国の価格を コメコン諸国の5ヵ年の枠内で 決定してございましたが、 1975年のコメコン会議で、 コメコン諸国の枠内でなく、 資本主義世界市場の平均価格で 決定していく取り決めを行いました。 コメコン枠内と 資本主義世界市場の 価格の差分が、 資源と織物と 機械製品の各価格が 15%から25%を示して 高価なものでございました。 このとき、 価格の選定時期が 課題でございます。 コメコン諸国の 資本主義諸国に対する輸出価格が、 世界市場に比べて低価格です。 コメコンの価格の 基底の形成のために コメコン内価格と コメコン外価格の 区別を行って、 コメコン内価格が 資本主義世界市場価格から 乖離してございますから 直接の価格の値を扱わずに コメコン内独自の値を扱います。 コメコン枠の価格と コメコン加盟国国内の 価格の直接的的関係性が 少ないという課題が存在して ここに通貨価値の 為替の課題がございます。 このことから国内価格と 国際価格の正当性を 主張しづらい側面がございます。 ここから価格の歪が 生じてございますから これを是正することが コメコンの価格の基底の形成に 必要な条件ということに なってございます。 欧州と中東欧とソビエトの 通商と貿易と協約について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.17. 11:14
視聴回数:1195回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)(お話です)   仏法のの禅の問答についてと   浄土三部経と   法華経と   華厳経と   禅定についてと   経済相互援助会議   (COMECONコメコン結成)   (ソ連   ブルガリア   ハンガリー   ポーランド   ルーマニア   チェコスロバキア)   (1949年)   コメコン諸国圏内の価格と   圏外の資本主義世界市場の   価格についての調整を思考して   これまで   コメコン会議で   コメコン諸国の価格を   コメコン諸国の5ヵ年の枠内で   決定してございましたが   1975年のコメコン会議で   コメコン諸国の枠内でなく   資本主義世界市場の平均価格で   決定していく取り決めを行いました。   コメコン枠内と   資本主義世界市場の   価格の差分が   資源と織物と   機械製品の各価格が   15%から25%を示して   高価なものでございました。   このとき   価格の選定時期が   課題でございます。   コメコン諸国の   資本主義諸国に対する輸出価格が   世界市場に比べて低価格です。   コメコンの価格の   基底の形成のために   コメコン内価格と   コメコン外価格の   区別を行って   コメコン内価格が   資本主義世界市場価格から   乖離してございますから   直接の価格の値を扱わずに   コメコン内独自の値を扱います。   コメコン枠の価格と   コメコン加盟国国内の   価格の直接的的関係性が   少ないという課題が存在して   ここに通貨価値の   為替の課題がございます。   このことから国内価格と   国際価格の正当性を   主張しづらい側面がございます。   ここから価格の歪が   生じてございますから   これを是正することが   コメコンの価格の基底の形成に   必要な条件ということに   なってございます。   欧州と中東欧とソビエトの   通商と貿易と協約について  

サムネイル

台湾・朝日温泉

緑島。 台湾東海岸の沖合いに位置する孤島。 かつては思想犯や政治犯を収監した地。 1949年、国共内戦に敗れた国府軍(国民党軍)は大挙して台湾に逃れ、“台独即台毒”、“滅共復国”の政治スローガンを掲げて恐怖政治を敷く。 その結果、多くの台湾知識人が冤罪で緑島送りになった。 その後、長期間続いた戒厳令が解除され、徐々にこの地は明るく変貌する。 今では台湾有数の海洋レジャー地となった。 その緑島に朝日温泉がある。 日本統治時代には旭温泉と呼ばれたが、戦後に朝日温泉と改称された。 海水を含んだ温泉で、珊瑚礁の傍らにあり、目の前には太平洋。 海上から朝日が昇るさまを、湯に浸かりながら味わえる。 荘厳そのもの。

投稿者:サイト名 Mei
投稿日時:2008.7.2. 15:38
視聴回数:2904回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 国内旅行  
タグ:

サムネイル

ようこそ南京へ

南京プロモーションVIDEO。 2005年10月9日、南京。 このまちには些か嫌な思い出がある。 25年前、文化使節訪中団の随行通訳として訪れた折、街中で老人から殴りかかられたことがある。 咄嗟の事で状況が判断できなかった。 幸い唇が切れた程度で事無きを得、老人はその場で民衆に制止され、後公安に連行されて行った。 当地での案内係は真っ青になっていたが、当方は敢えて事を大きくせず済ませた。 当時は外国人の参観団もさほど多くは無く、団体で行動していると行く先々で我々を見物する視線に閉口した。 恐らくはその老人は嘗ての南京大虐殺の被害者であったかもしれない。 或いは精神に異常をきたした人であったかもしれない。 彼は日本人の団体に偶然出くわして、結果私が殴られる羽目に遭った。 南京にはそれ以前に一度訪れたことがあるが、以来今日に至るまで再訪する機会は無かった。 以前のまちの様相も、記憶があの事件に集中しており、まったく思い出せない。 ただ中山陵(国父孫文の柩が眠るところ)の荘厳さだけは以前と変わらず、約300段の石段を登り周囲を俯瞰した記憶は鮮やかに残っている。 緑濃い紫金山(中山陵のあるところ)は今も変わらない。 このまちは中華民国の首都であった。 柩の安置されているドーム型の建物の天井には、中華民国旗である「青天白日満地紅」の白日が刻まれ、南京の空の青さと一対になって良く映えていた。 1949年「五星紅旗」の中華人民共和国成立以来、既に56年になる。 日本軍の進駐、国民党汪精衛南京政府、戦後の国共内戦を経て、国民党と国府軍及びその支持者たち(主に富裕層)は台湾に移り、南京も共産軍により「解放」された。 この半世紀余り孫文先生の柩はこの地にあって有為転変をどんな気持ちで見てきたのだろうか。 今年の4月下旬に国民党主席連戦がこの地を訪れた。 国民党のトップが中国を訪れたということは、中台関係において歴史に刻まれる大きな出来事である。 ちょうど私は上海でその実況中継を見ていた。 国民党が台湾に移り(逃げ)、「反攻大陸」「消滅共匪」のスローガンをまだ掲げていた頃、ちょうど国連脱退から何年も経たない1974年、私は台北にいたし、その後の台湾の民主化や経済発展も見てきた。 中国においては極左的な文化大革命の終焉時、1975年から1978年の間、私は北京にいた。 その後の開放路線から今日に至るまでの変遷もつぶさに体験してきた。 今年は抗日戦争勝利60周年の年で、テレビもいろいろな関連番組を放送しているが、南京にいるとそういった意味でも中台間、日中間、日台間の60年を考えてしまう。 明日は上海に帰る。本日の南京38度。

投稿者:サイト名 Mei
投稿日時:2008.2.5. 18:17
視聴回数:1105回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 国内旅行  
タグ:

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.